オーダー家具の3rd -your life style shop-
2017.08.13

K邸 ブラインド お届け

トータルでリビングダイニングのご提案をしているK様。
オーナーが一人でお店を始めた頃からの長いお付き合いをさせて頂いています。→K邸 トータル

以前から「日当たりが良すぎるから、いつかはブラインドを入れたいな。入れるならあれがいいな。」と話していたのが『 hunterdouglas デュエットシェード 』でした。

リビングダイニングの海側に面した窓が全面窓ガラスのK邸は通常のカーテンを取り付けすると、窓の両側にカーテン溜まりのスペースがかなり必要になります。
せっかく室内をスッキリ見せるようにデザインしたのにカーテンが部屋の隅に溜まると、そこだけモッタリとした見栄えになってしまう。
それならいっそカーテンは無くてもいいかなと言っていたK様が気に入ったのがデュエットシェードだったのです。

デュエットシェードは細い筒状のハニカム(蜂の巣状)構造になっていて、このハニカムの中に空気の層が抜群の断熱性を発揮し、夏は涼しく冬は暖かく室内の温度を保ってくれるブラインドです。

そして、一番の特徴は「トップダウン・ボトムアップ」という仕様です。
通常、ブラインドは下から上に生地が上がっていきますが、この仕様は上からもブラインドが下りてきて、しかも同時に下からも上げるこができるのです!

K様が選んだファブリックは紫外線カット率も95%以上と、日当たりの良いお部屋にはバッチリ合ったブラインドです!
日中、ブランドで締め切っていても柔らかな自然光は取り入れてくれます。

K様のお部屋はマンションの上層階のため、日中は上部からブラインドを下ろし、直射日光を遮り。。。

夜、室内の照明をつけた時、マンション下からの視線を遮るため、上部は開けて下からの視線を遮るようにブラインドを下から上へ上げます。

夜景が綺麗に見えるので、下からほんの少しブラインドを上げるだけでも下からの視線を遮る事ができるのでゆっくりと夜景を楽しむ事ができるんです。

こんな夜景を毎晩見られて、とっても羨ましいです!

まだまだ何か考えている様子のK様。
またご相談いただけるのを楽しみにしています!
ありがとうございました!

【hunterdouglas デュエットシェードTDBU W1245×H1680 / W1920×H1680 / W1285×H1680 】

WANTED
3rdではショップスタッフ、設計デザインスタッフを募集しています。インテリアや家具デザインに興味のある方は是非お問い合わせください。
また工房スタッフ(家具職人)も合わせて募集しております。

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

前の記事へ