オーダー家具の3rd -your life style shop-
2013.02.05

W邸 ダイニングチェア お届け


横浜市泉区のW様にPePeチェアをお届けしました。

ダイニングチェアを探してご来店されたW様。
ご自宅を新築し、今までリビングテーブルとして使っていたウォルナットの一枚板をダイニングテーブルとして使うので、そのテーブルに合せたいとご希望でした。

店内の展示品にひと通りお掛けいただいて、お気に入りいただいたのがPePeチェア。
PePeチェアは、このブログでも登場回数の多い3rdで大人気のダイニングチェア!

雰囲気も相まってお店に戻らず、のんびりしたいな~、なんて思ったり。

お土産にもコーヒーを頂戴し、そちらもおいしくいただきました。
W様、またお近くにお越しの際はお店にお立ち寄りください!
仕事のお話しもまたお聞かせいただけたらと思います。
ありがとうございました!

2013.02.03

M邸 ソファ お届け


横浜市青葉区のM様にソファWAVEをお届けしました。

長く使っていたソファを買い替えたいと3rdが定期的に発行しているチラシをご覧になりたまプラーザ店へご来店いただきました。

東戸塚店とたまプラーザ店では、展示しているソファのモデルが違います。
ご来店いただいた当時、普段は東戸塚店に展示しているソファWAVEをたまプラーザ店でたまたま展示しており、そこへM様が来店されたという運命的な出会い!

そのモッチリとした座り心地と後ろ姿もきれいな木枠の縦格子のデザインがソファWAVEの特徴です。

来店された時に生地を何色かお気に入りの物を選定いただき、サイズのご相談もあったので、直接ご自宅にお伺いすることになりました。

サイズは問題なく広々としたリビングに三人掛けのWAVE2台を入れることに決定。
もともと大きな一人掛けを二つ置かれたレイアウト。

もちろんM様邸のリビングの広さもありますが、WAVEの三人掛けのサイズは幅が1800mm、奥行きが845mmとコンパクトですので、今回の様なレイアウトも可能になります。

生地はサンプルをお部屋の光でご覧いただき、ラグやカーテンと合せ、グレーの上品なチェック柄をお選びいただきました。
ウォルナットの木枠もお持ちのアンティークの家具との相性もよく、落ち着きのあるリビングとなり、M様もとても満足されていました。

M様、ありがとうございます!
一度にソファを2台、レイアウトさせていただく機会もあまりありませんので、私たちも大変勉強になりました!
またなにか家具やインテリアについて相談ごとがございましたらお立ち寄りください!

東戸塚店、たまプラーザ店では随時展示の入れ替えもございます。
今回のM様のように普段展示されていないものとの偶然的な出会いもあるかもしれませんので、両店のお近くにお越しの際はぜひご来店下さい。

お待ちしています!

2013.02.01

F邸 ダイニングセット お届け

横浜市羽沢のF様にグロウダイニングセットをお届けしました。

グロウダイニングテーブル W1600 D800 H700
ADチェア SH420

お引越しをされ、ダイニングセットの買い替えをご検討されていたF様。

しっかりと味わい深く経年変化をする天然の木材の持つ雰囲気に魅せられ、そんな木材を使ったずっと付き合えるダイニングテーブルが欲しいとご来店いただきました。

まずは、ライフスタイルに合せたサイズを決めていきます。
ご家族の人数やお部屋の広さに合せてお作りすることが肝心。
今回は直接、スタッフがご自宅へお伺いして、お部屋の広さを確認しながら、しっかりと動線を確保できるサイズをお打ち合わせし決定しました。

そしてF様にお選びいただいた素材はアメリカンブラックチェリーです。

削りたては、優しい桃色をしていますが経年変化によって、濃くて深い赤みを帯びた茶色へと変化し、その肌は緻密で光沢があります。
F様は、その表情を大変気に入られたようでした。

椅子は、ADチェア。
背当たりから肘の笠木と座面の座繰りは職人が一つ一つ手で削り出していきます。
確かな座り心地と手仕事の温もりを感じられるダイニングチェアとして3rdでも抜群の人気を誇ります。

お届けしたときは、
「きた、きた、きた!」
とご夫婦とも大喜び!ご主人は、いろんな角度からテーブルを眺めて、
「天板の厚みも厚すぎず、薄すぎず完璧!脚のテーパーも雰囲気よし!」
と大満足!
このバランスがグロウダイニングテーブルのデザインの特徴です。

これだけ満足いただけると私たちも安堵と満足感で胸いっぱい!
帰りの際、「これをどうぞ!」といただいたビールも大変おいしくいただきました。

F様、ありがとうございました!
お使いの中での変化の様子や感想を是非教えて下さい!
またのご来店をお待ちしています!

2013.01.31

T邸 ダイニングセット テレビボード お届け

横浜市青葉区のT様にブリステーブル、アルコダイニングチェア、ADチェアとオリジナルTVボードをお届けしました。

ブリスダイニングテーブル W1550 D850 H670
アルコダイニングチェア SH390
ADチェア SH390

オリジナルTVボード W1800 D480 H465

ダイニングセットの買い替えを検討されてご来店いただいたT様。
大きさをしっかりと検討したいということで、ご自宅までお伺いし、採寸をさせていただきました。
現状お使いのダイニングセットを基準に動線をしっかりと確保しながら、使いやすいサイズを探していきました。

キッチンのカウンターのはみ出しに飲み込ませつつ、テーブルと窓までの距離を人が通れるようしっかり意識しながら幅を1550mm、奥行きは、テーブル中央にしっかりと大皿が
おける850mmとなっています。

高さは、少し低めのセットをご希望されていたので、テーブルハイが670mm、ダイニングチェアそれぞれのシートハイが390mmとなっています。

もうひとつ検討されていたのがTVボードです。

現状テレビが置かれていたのは、掃き出し窓の前で、逆光になりテレビも少し見えずらく、カーテンの溜まりとも納まりが良くないとお悩みでした。

そこで、思い切ってリビングのレイアウトからアドバイスさせていただきました。
まずはソファをぐるっと方向転換!
大きな壁面に向かわせます。

そしてテレビを壁面側にレイアウト!
このレイアウトであれば、テレビも見やすくなりカーテンの溜まりも気になりません。
さらにダイニングからもテレビを見る事もできます!

ソファを動かしても、ダイニングとの距離感はしっかりと確保できています。
納めさせていたTVボードがこちらです。

天板と地板が大きく斜めにカットされたデザインに特徴のあるボードです。
展示していたものをT様に大変お気に入りいただき、仕様をそのままにお届けしました。
両サイドが引出し、中央がオープンスペースにガラスの棚を配置していて、メリハリの利いたレイアウトになっています!

今回のT様のように実際にお伺いさせていただき、採寸の上、レイアウトをご相談しながら検討することで、使っていく感覚がより具体的にイメージでき、それぞれの環境に合せて細かい寸法設定が出来るのがオーダーで家具を一つ一つ製作する3rdの強み!

お届けの際、T様も
「来ていただいて、部屋のレイアウトも相談できてよかったです!サイズもバッチリですね!」
と喜んでいただけました!

皆様も家具を新調される際は是非3rdにご相談下さい!
図面上だけではなく、実際にお伺いさせていただいて、一緒に心地よいサイズや仕様を考えていきましょう!

T様ありがとうございました!
お店やお伺いの時もずっと絶好調だったお子様!
また遊ぼうね~!

2013.01.29

W邸 ラウンドダイニングテーブル お届け

横浜市保土ヶ谷区のW様に特注ラウンドテーブルをお届けしました。

特注ラウンドテーブル φ1300 H700

「息子の友達がたくさん遊びに来る事が多いので、大人数で座れるテーブルを探しているんです。」
と約一年前から県内、都内様々なインテリアショップを回られていたW様。

3rdにもご来店いただいており、3rdのショップの生い立ちや材料に対する考え方に共感され、ダイニングテーブルを相談してみよう!と再度ご相談いただきました。
「一生使えるものがいいんです!」
とご自身のご親戚が昔、木工所をやられていたという事もあり、木材の良さを肌身で感じてきた経験から木の無垢材をしっかりと使用したテーブルをご希望です。

まずはお部屋のレイアウトを相談しながら、大勢で囲めるようにと円形のテーブルに決定。
サイズについては、W様が自ら新聞紙で型紙を作って大きさを検討され、そこに私たちのプランをご提案し、直径1300mmのゆったりとした大きさで製作です。

しかし、脚の位置によっては囲みにくい物になってしまうという事で、普段の仕様より内側に配置し、太さもできる限り細くデザイン。

大きめの天板なので中央には中脚を入れて、たわみを防ぎます。

お手持ちのダイニングチェアのデザインとも相性が良く、ダイニングセットとしての完成度にW様もご満足の様子!

仕上げは、ご自身でしっかりとメンテナンスをしていきたいというご希望がありオイル仕上げを施しています。

お届けの際は、
「ニヤニヤがとまらないんです!ご近所に変な顔でみられちゃうわっ!」
と嬉しさが込み上げていたW様。

W様には、何度もご来店をいただき打ち合わせをさせていただきました。
少しずつでしたが、一つ一つと形や仕様が決まっていく様子は、まさに「お客さまと一緒に作った家具」、そのもの!
高さ合せには、息子さんにも来店をいただいたりと大変楽しいお届けとなりました!

W様、本当にありがとうございます!!
メンテナンスなど分からない事がありましたら、いつでもご相談下さい!

2013.01.27

H邸 特注AVボード お届け

横浜市青葉区のH 様に特注AV ボードをお届けしました。

お手持ちの真空管アンプを入れるオープンラックをお探しで、オーダー家具屋をネットで
検索し、3rdを発見されたH 様。
「入れたい物は決まっているんだけど、気に入るものがないんです。」
とご相談いただきました。

ラックなどを考えていく上で、重要なのは収納する物の大きさです。
それを基準として必要な内寸を出して、ラックの大きさを出していきます。

そこでお手持ちのアンプの大きさをお伺いすると、
さすが!しっかりと資料をご持参いただいていました!
おおむねのサイズが決まり、そこからデザインやレイアウトの打ち合わせです。

H 様のご要望は、
・扉もなく、できるだけシンプルなものに
・耐震面を考慮した物を考えたい
・ボードの角が尖っていないもの
・畳の部屋に置くので、考慮したもの
・本の置けるスペースも確保
・横に置くスペースの配線及びアンプとのコード取り回しはあるが、できるだけ背面を壁
に付けたい
との事。

一時間ほどの打ち合わせの後、後日メールでプランをお送りさせていただきました。
さて、こちらがH様のお手持ちのアンプ。
見る人が見ると思わずホレボレしてしまう逸品!。

何度も何度もメールでやり取りをしながら、時にはご来店いただきつつ、H様も納得の出来上がりがこちらです!

あれ?扉が付いている!?
と思われたかともおもいます。

H様が気にされていたのはアンプの熱のこもり。
今回は、扉を格子状にしたので、放熱もバッチリ。
私たちがご提案したこのデザインをH様にお気に入りいただき、下開きの扉を配置した仕様となりました!アンプの周りにも十分なスペース確保しています。

全体的に大きく面を取ったデザインは、H様のリクエスト。
板材で構成するのではなく、柱で棚を支えます。
背板も無くなり、スッキリしていますね!

棚にはそれぞれ配線のための穴を設けて、パソコンなどの配線を上下でスムーズにできるようにしています。

家具が壁から浮いてしまうとどうしても揺れやすくなりがち。
配線をしっかりにがしているので、本体をしっかりと壁に付ける事ができます。
棚の奥行きを変えたのは、それぞれに置く物にサイズを合せたから。
上に向うに従って、奥行きが少なくなるので、見た目にも安定します。

設置は、畳の上と伺っていたので、台輪で全体を支えます。
脚物にしてしまうと、点で自重を受けてしまい、畳を痛めますが、台輪にすると面で自重を分散するので、畳を痛める事も少なくなり安定感も出るんです。

お届け際は、もちろん喜んで下さったH様。
後日、お礼のメールをいただき、そこにはお届けに伺った職人にオーディオショップのアドバイスも!
またご来店いただき、いろいろお話を聞かせていただければと思います!

H様、本当にありがとうございました。

2013.01.22

O邸 キッチンボード納品

以前ADチェアをご購入頂いたOさん。その時に”キッチンボードもかんがえてるのよねぇ”とご相談いただきました。プランを考えご提案しましたがご予算合わず保留に。
それから半年くらいたちご連絡が!再度お打合せをし細かな仕様を決定。圧迫感を懸念されていたので、吊り戸の仕様に。この仕様は個人的にとても好きです。設置する状況にもよりますが、壁が一部分でも見えているととてもスッキリみえます。やはりシンメトリーなデザインは落ち着きます。デザインする側はよく”シンメトリーはもうあきあき”なんて言う人もいますが、あえてアシンメトリーにして失敗しちゃってる事例をよくみます。もちろん使う人、使う用途、置く場所によりますがオーダーメード家具は長い目で見た機能性が一番重要だと思います。その機能性に合わせて奇麗なデザインを組んでいくのが僕たちの仕事だと思っています。

左が以前お使いの家具です。中途半端な空間が使い難い、収納を増やしたいとのご要望でした。まさにオーダーメード家具用の空間ですね!




2013.01.21

M邸 壁面収納お届け


 横浜市戸塚区M様邸へ壁面収納をお届けしました。

リフォームをするので壁面収納を考えている、レイアウト含め相談したいとご来店いただきました。まずリフォーム前のご自宅を拝見し壁サイズ、入れるものなど採寸。(下の写真は工事中です)



Mさんの中でのイメージと採寸した物を基に、まずは叩き台の図面とスケッチを作成。”ここはこうして欲しい” ”この方がよくないですか?” ”じゃここ直してまた描きます”なんてやり取りを何回もやっていたら22枚のスケッチを描いてました!恐らく過去最高ですwww



壁面収納を考える場合、まずは外寸、次に収納するものに合わせた区画割り、そしてバランスと機能性をみながら扉の意匠や大きさを決め、木目方向や配線の取り回し等の詳細を考慮しデザインしていきます。
今回圧迫感を懸念されていたので奥行を最小限におさえています。TV台部分のみ50cm(アンプ類のサイズからコード類の取り回しを考慮したサイズ),全体的に37cmになっています。この37cmはスピーカーサイズ合わせ。

またデザイン面において、たまプラーザ壁面収納の格子デザインをとても気に入って頂いていたのですがコストとの兼ね合いがありかなり難航しました。永く使う物ですし、ここは妥協せずにいきましょうと格子案に決定。他には吊り戸案などなどいろいろありましたwww

天袋収納の高さ、飾り棚部分のガラス扉サイズ、正面向かって右の壁(タイル張り部分)の幅など1cm単位で調整しながらバランスを決めていきました。



スピーカーが入る箇所は将来、収納にする可能性があるとの事で棚板、扉を入れれる仕様にしています。またコンセント類はこちらからリフォーム業者さんに位置を指示。余談ですが最近、壁付けできる小さいwifiがでたんですね!これはなかなかよいなと思いました。
リフォームが進み再度、確認の採寸にお伺い。天井高が若干高くなったていたので再度、微調整し製作図面を完成させました。まだ納品前なのに、工房に図面送った時点で若干達成感ありました!



工場の職人ががんばってくれ短納期でしたがなんとか完成!いよいよお届け。リフォームは押し気味でまだ終わっていませんでしたが、家具は予定通り設置。コンセント位置、右の窓との兼ね合い、床のレベルなど不安点はあったのですが、問題無く無事設置。細かい事はいろいろありましたが、工場長に助けられました。。。汗

Mさんには”高かったけどお願いしてよかったよ〜想像以上の物が出来た!”と嬉しいお言葉を頂きほっとしました。毎回のことですがお届け前日の不安感とお届け後のお客さまの感想は緊張感ありすぎますね。後日sofa INNOSENCEもお届けしました!理想の空間で充実した日々をお過ごしください!!!ありがとうございました! ネモト/東戸塚店
2013.01.21

新商品のご紹介

今日のブログは、新たに入荷した3rdオリジナルトレーをご紹介します!

3rdオリジナルトレー W420 D290 t15
オーダーで家具をお作りする3rdですが、度々トレーの製作をご依頼いただいていました。
そこで、オリジナルのトレーをラインナップに加えよう!
ということで、昨年から企画し、年も明け、ついに入荷です!!
ラインナップはこちら!
ウォルナット×ウォルナット \7,350-(税込)



ウォルナット×化粧板(黒)\6,090-(税込)


ナラ×ナラ\6,615-(税込)

ナラ×化粧板(水色)\5,565-(税込)



大きな壁面収納からこの様な小物まで木材の魅力を生かしながら、暮らしの道具をつくる3rdならではのアイテム!
トレーの下は、角を大きく取っているので手も掛けやすくデザインとしてもスッキリと見えます。

また積み重ねが出来るようにもなっているので、数多く揃えても置き場所を取りません。

ご家庭でお食事される時はもちろん、飲食店で使っていただいてもバッチリ!!



いかがでしょうか。食卓を彩る名脇役として使い勝手もよいものになりました。
もちろんサードのダイニングセットとの相性も抜群です。


他にもグラスやお皿の小物も充実していますので、東戸塚店、たまプラーザ店のお近くのお越しの際は是非覗いて見て下さい。
ご来店をお待ちしています!
2013.01.14

Y様 ソファ・ダイニングチェア補修 お届け

横浜市金沢区のY様にソファWAVEと補修したダイニングチェアをお届けしました。

 ソファ「WAVE」2P W1500 D845 H790

以前テレビボードを納めさせていたY様。

久しぶりのご来店で、以前から気になっていたというソファWAVEをお求めいただきました。
「テレビボードをお願いした時から気になっていたんですよ!」
とデザインと座り心地にご納得のご様子。

今回お選びいただいた生地は、去年の秋に届いたばかりの新作の生地。

厚めに織られた生地は高級感があり、グリーンの鮮やかな色調も落ち着いたトーンなのでアンティーク家具を置かれたY 様のお部屋にピッタリのカバーです。

ダイニングチェアの張地の張替えも一緒にご相談いただいたので、今回はソファと同じ生地を使って張替えをさせていただきました。
家具の補修も得意の3rdならではのコーディネート!
同じ生地を使う事で、リビングとダイニングの統一感を出す事ができます!!

お届けの時に拝見した、以前お届けしたテレビボードもしっかりと味わい深く経年変化をしていて、オーダーで製作されたという真空管アンプやスピーカーとの相性がますます良くなっていました。
「2 人掛けだけど、ゆったりと座れるし、生地も雰囲気があってバッチリですね!ますますいい環境で音楽を聴けそうです!」
とご夫婦お揃いで大変喜んでいただけました!

Y様ありがとうございました!

今回、あまり詳しくはお伺いできませんでしたが、アンプやスピーカーについても色々と教えていただきたいな、と思います!
お近くにお越しの際は、また遊びに来て下さい!!

2013.01.12

S邸 ダイニングチェア お届け

横浜市港南区のS様にダイニングチェア2031とPePeチェアをお届けしました。

 ダイニングチェア「2031」板座 SH420

「PePe」ダイニングチェア SH425

新居を建てられて、引越しの際にダイニングチェアを新調したいので、とご来店いただきました。
「この無垢材の魅力がたまらないね!」
木材の魅力にゾッコンのS様、2031の板座にほれぼれ!

板座の椅子は、座り心地が硬いと印象をお持ちの方も多いと思いますが、人が座った時の体圧分布になぞって削り出しているため、心地よくお尻にフィットするようにできています。
2031の魅力は、その背中の格子。
シンプルながら、後ろ姿が品格のある印象的なデザインとなっています。

「肘付きの椅子も欲しいな~。」
と合せてお選びいただいたのが、PePeチェアです。

こちらのファブリックは、お手持ちのソファと生地の色を合せてコーディネート!
白木のフローリングに白い壁の優しい雰囲気のお部屋にウォルナットのダイニングセットはグッとお部屋を引き締めますね!

2031とPePeチェア、全く違うデザインですが、違和感なくセットとしてお使いいただけそうです!
「どちらもキレイな椅子ですね!ありがとうございます!」
とお喜びのS様。

お届けの際はお子様と一緒にお勉強をされていました。
これからは、この椅子を使ってのお勉強ですね!
座り心地もいいので、すご~くはかどるかも!?

S様ありがとうございました!

3rdでは、他にも様々なダイニングチェアをご用意しています!

それぞれが座り心地、デザイン共に個性的なものばかり!
是非ご来店いただいて座ってみて下さい!
きっとお気入りのものが見つかります!

それでは、みなさまのお越しをお待ちしております!!

2013.01.11

H邸 ダイニングセット お届け

川崎市宮前区のH様にブリスダイニングテーブルとPePeチェアをお届けしました。


「ブリス」ダイニングテーブルW1800 D850 H700
PePeダイニングチェアW536 D540 H755 SH425
PePeチェアを見に来ました!」
と3rdでも人気の高いPePeチェアをご指名のH様。
3rdのホームページでご覧になり、一目惚れしてしまったとの事!
早速、PePeチェアをお試しいただくと、
「座り心地もバッチリですね!デザインも良いし、軽い!これに合せてダイニングテーブルもお願いします!」
とダイニングセットでのご注文となりました!
ダイニングテーブルは、3rdが最もおすすめするブリステーブル!
天板の反り止めに幕板を使用しないタイプですので、肘付きのPePeチェアもしっかりと納める事ができます。こちらの写真は以前ナラ材でお届けした時の写真です。

H様のお部屋の挿し色は優しい赤い色。
収納ボックスやカウンター下の棚の色にあわせて張地をお選びいただきました!
お届けの際には、
「うんうん、いい感じだね!お気入りのものが使えるって本当に嬉しい!」
とのこと!
H様ありがとうございます。そのように言っていただけると私たちも大変嬉しいです!!
是非、みなさまもお好みの一脚を探しに来てください!

お待ちしています!!
2013.01.07

O邸 ダイニングセット お届け

横浜市青葉区のO様にダイニングセットをお届けしました。

定期的に発行しているチラシをご覧になり、オーダー家具をお作りする3rdということで、お住まいを新築されて際のコンポを置ける棚を検討したいとご来店いただきました。
お住まいの様子をお伺いしながら、3rdのつくる木の家具の質感と存在感、そして長く使い続けていくことへのこだわりをお話しさせていただくと、打ち合わせで使用していたテーブルを撫でながら、

「棚の注文を考えていたけど、このテーブルが気になっちゃって!予定していなかったけど思い切ってテーブルを変える事にします!!」

と少し驚きましたが、嬉しいご契約をいただきました!
そしてお部屋の大きさやイメージされている大きさをお伺いし、お届けしたのがこちら!

「デマンド」ダイニングテーブル W1250 D800 H700
ダイニングチェアS2SH420
ダイニングチェア「コードアームチェア」SH420
テーブルのご契約後、すべての椅子に座っていただきお選びいただいたのがこの二脚。

まず、このチェアS2は座面にダイメトロールというトランポリンのような生地を座面に張り込んでいて、柔らかい座り心地と扱いやすい軽さをもった椅子です。

そして、コードチェアは北欧の椅子によくみられる、ペーパーコードという防水加工を施した再生紙を編み込んだ椅子。
ペーパーコードは最初、張りを感じるのですが、使うたびに体に馴染むように伸びていきます。
すごくやさしい風合いを醸し出す、ナチュラルなダイニングチェア。
日差しの優しい日にお届けとなり、

「これからここで過ごす時間が楽しみになりました!」

と大変お喜びいただけました!

O様ありがとうございました。
ご新居の家具やレイアウトなどお悩みの事があればまたお越しください!!
お待ちしています!
2013.01.04

新春の営業のお知らせ

皆様、明けましておめでとうございます!
新春のご挨拶が遅れまして大変申し訳ございせん!

昨年末お知らせしていた通り、東戸塚店は昨日から営業をはじめております。

6周年アニバーサリーセールということで、三が日にも関わらず、非常にたくさんのお客様にご来店いただき、こちらでのご挨拶が遅れてしまいました。。。

さて、明日からは、たまプラーザ店の営業も始まります!

東戸塚、たまプラーザ両店、
2013年1月15日(火)まで6周年アニバーサリーセールを開催
して参りますので、家具の新調を検討されている方は是非ご来店下さい!

※2013年1月定休日:2日・9日・16日・23日・30日となっております。
お間違えのない様、お越しください。

3rdでは、今年も多くの方に素敵な暮らしをお送りいただけるようスタッフ一同、誠心誠意努力してまいりますので、7年目を迎える私たち3rdを何卒よろしくお願いします!

それでは、皆様のお越しをお待ちしています!!

株式会社3rd スタッフ一同

2012.12.27

年末年始の営業のお知らせ

皆様、大変寒い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。
年の瀬もせまり、大変慌ただしく日が流れていきますが、くれぐれもご自愛ください!

さて、今年一年本当にありがとうございました!

年末年始の営業日のお知らせです。

東戸塚店:冬期休業 12月27日(木)~2013年1月2日(水)
2013年は1月3日(木) 午前11時より営業

たまプラーザ店:冬期休業 12月27日(木)~2013年1月4日(金)
2013年は1月5日(土) 午前11時より営業

2013年1月定休日:2日・9日・16日・23日・30日となっております。
お間違えのない様、お越しください。

そして、新春の開店に合せて、東戸塚店では、2013年1月3日(木)から15日(火)までたまプラーザ店では、2013年1月5日(土)から15日(火)まで、3rd 6周年アニバーサリーセールを行います!!

年に一度の大感謝祭!!
詳しくは、下記セールのお知らせをご覧ください!!

それでは、7年目を迎える3rdにご期待下さい!
皆様のお越しを心よりお待ちしています!!

それでは、良いお年を!!

株式会社3rd スタッフ一同

2012.12.25

H邸 特注コンソールテーブル お届け

横浜市青葉区のH様に特注コンソールテーブルをお届けしました。

特注コンソールテーブル W450×D300×H850

「玄関先にちょっとした小物をおくものが欲しいんだよ。」
とご来店いただきました。

H様のご要望は、
・設置場所は、玄関を入ってすぐのシューズボックス前
・置くものとして郵便物と鍵などの小物、ハンドバックなど
・デザインは至ってシンプルなもの
この3点。

来店されたのが、閉店間際でお住まいもお近くということで、その足でお伺いし現調をさせていただきました。
設置場所を確認し、サイズを決めデザインをおこし製作したコンソールテーブルがこちらです!

上段とオープンスペースにバックや郵便物など仮置きスペースを作り、引出しも設けたので鍵やハンコなど玄関先で必要となる小物スペースを確保しています。

引出しには、ハンドルも手掛けも付けていません。
地板に欠き込みを入れて、引出します。

引出し下にも空間を設けて、背の高い物を逃がすスペースとして確保。
箱ではなく、脚物としてデザインを起こしたので、脚同士を貫で繋ぎ強度を出し、見た目の安定感もでます。

玄関の床は大理石張り、そしてH様のお部屋の雰囲気に合せて足先に真鍮を使いました。
さび止めをせず、金属の経年変化と木材の経年変化、両方の味わいを感じられるようにしています。

「おお!使っていくのが楽しみなものができたね~!ありがとう!」

と出来上がりにご納得のH様!

3rdでは、木の無垢材を基本としながら、今回のように真鍮のような金属などの異素材も使用できます。
適材適所、それぞれの素材の持つ良さを生かしながら生活に沿う家具を一緒にお作りします!

皆様のご来店とご相談をお待ちしています!

2012.12.23

K邸 サイドテーブル お届け

横浜市戸塚区のK様へサイドテーブルをお届けしました。

特注サイドテーブル W300×D320×H650

以前にsofa waveをお届けしているK様。
ソファ横に電話を置けるようにサイドテーブルが欲しいとご相談をいただきました。

最初にご提案したのはシンプルなサイドテーブルでしたが、

「せっかくソファの横に置くし、高さとデザインを揃えてつくったらどうかな!?」

とご要望をいただきました。
なるほどっ!と、Sofa waveのアーム部分の高さと背もたれのデザインに合せてご提案すると、

「イイじゃない、イイじゃない!こっちの方が一体感がでますねっ!」

とイメージ通りのテーブルができました!樹種はもちろんソファに合せてウォールナットです。
引出しを一杯もうけているので、リビングの小物の収納となり、中棚は可動棚になっています。
今回は、下段にルーターも設置!

天板に開口を設けているので配線もバッチリ!

お届けに伺い、ソファの横に配置するとサイズ、デザイン共にまさに理想通り!

「やっぱり良いですね!楽しみにしていた甲斐ありました!気に入ってるソファがより際立つ感じ!」

と大変喜んでいただけました!

K様ありがとうございました!
これでまた居心地のいいスペースが充実しましたね!
またのお越しをお待ちしていますっ!

2012.12.22

K邸 ソファ お届け

横浜市港南区のK様にソファbreath(ブレス)をお届けしましまた。

ソファ「breath」3P W2100×D930×H720

ご夫妻でご来店いただいたK様。
「ソファを新調したくて!」
と3rdをご指名!!
「デザインは、張ぐるみの方が部屋に合うんじゃないかな。」

とお気に入りいただいたのがソファbreathです。

クッションがフェザーとウレタンで構成され、しっかりと体を包むような座り心地に、大きめの肘がおおらかな肘がソファらしいソファ!

ご来店いただいたのが東戸塚店。
ソファbreathの展示があるのは、たまプラーザ店なんです。。。
その事をお伝えすると、

「じゃ、今からたまプラーザ店にいって来ま~す!」

とフットワークも軽く、一日で3rdのハシゴ!
実際にご覧になり、座ってみての決定となりましたっ!
K様のご自宅の床は長年しっかりと使い込まれたメープル材。
そこにカントリー調の家具が置かれた、ホッとするような雰囲気です。

3人掛けで製作したソファbreathは幅が2100mmあり、少し大き目ではありますが、選んでいただいた生地が優しいオフホワイトのもの。
カーテンやお部屋の雰囲気に馴染んで圧迫感を感じさせません。
織りもしっかりとしているのでいい表情ですね。

「部屋が見違えるようですね!ありがとうございます!」

と大喜びのK様にソファメンテナンスの講習会!
どうぞ末永くお付き合いください!

K様ありがとうございました。
なにかございましたら遠慮なくご連絡下さい!
またのお越しをお待ちしています!!

2012.12.20

H邸 ソファお届け

横浜市戸塚区のH様邸へsofa waveをお届けしました。

ソファ「WAVE」3P W1800×D845×H790
リビングテーブル W1000×D450×H350

購入を決めていたソファで本当に良いのか、他にも色々見なきゃ!と3rdにもご来店いただき、ご相談をいただきました。

ひと通りソファをご紹介すると、

「この木枠のソファ、カッコいいですね!」

とお気にいりいただいたのが、このソファ WAVEです。

ソファWAVEは、たっぷりとフェザーを使ったクッションが特徴!
そのモッチリと体を包むような感触に

「座り心地も最高!!」

とデザイン、座り心地両方を気に入っていただきお届けとなりました!
生地は実例の中で紫色が良いなとお気に入りいただいたのですが、ブラインドも紫と言う事で、

「色を揃えるのもいいけど、せっかくだし違う色にしようかな!?」

と選ばれたのが、黒系の中でも落ち着いた色味のスエード生地の濃いめのグレーに決定!

「楽しみだね~!」

とワクワクしているのが印象的でした。
リビングテーブルもソファの樹種と合せてウォルナットでお届け。

メープルの床材に白い壁のナチュラルなお部屋にウォルナットの品のある濃い色と優しい質感のカバー生地のソファWAVEの相性はバッチリ!
お部屋の小物などインテリアにこだわりあるH様のリビングに馴染むコーディネートとなりましたね!

後日、H様きってのご希望で、ソファのフレームに3rdの焼印を押させていただきました。

「これでますます雰囲気でましたね!ありがとうございます!」

と大喜びのご様子!

H様ありがとうございました!
オットマンやTVボードのご相談もお待ちしています!
また近くにいらしたらお立ち寄り下さい!
お待ちしています!!
 

2012.12.15

K様 ダイニングセット・ソファ お届け

横浜市都筑区のK邸にブリステーブルとセルボアームチェア、セルボチェア、ソファbuilt(ビルト)3Pをお届けしました。

ダイニングテーブル「ブリステーブル」 W1600×D850×H690
ダイニングチェア「セルボアームチェア」 W504×D595×SH430 ※背クッション付き
ダイニングチェア「セルボチェア」 W504×D595×SH430

ソファ「built(ビルト)」 W1800×D845×H790

3rdのチラシをご覧になり、ダイニングセットの買い替えを希望されてご来店いただいたK様。最初は奥様とお嬢様のお2人でいらっしゃいました。

「木の無垢材をしっかりと使った家具が欲しいんです!」

とのご希望通り、ダイニングテーブルは、3rdのテーブルの中でも一番人気のブリステーブルをおススメさせていただきました。

ブリステーブルは、厚さ40mm程もある天板に80mm角の脚が四隅に付く、無垢材を贅沢に使用したテーブルです。

お部屋の間取りをお伺いし、大体のサイズを決めた後、もう一回り店内をご覧いただきました。
そこでもうワンアイテム、お気に入りいただいのがソファbuiltです。

こちらのソファも木の無垢材をふんだんに使った枠を持ち、木材の温もりが伝わります。
横一直線に伸びた構造材がシンプルでモダンな雰囲気!

「こんなソファも欲しいのよね~!」

とフェザーの入ったクッションの座り心地も気に入っていただけたようで、あとはご主人のご相談もあるということで、一度お帰りになり後日、ご主人と改めてご来店されました。

まずは、ダイニングセットの検討です!
テーブルのサイズについては、キッチンカウンター下にのみ込ませつつ、4人のご家族がゆったりと使えるように幅が1600mm、奥行きを850mmとしています。

ダイニングチェアーは、このブログでは初お目見えの「セルボアームチェア」と「セルボチェア」をお選びいただきました。
なんと言ってもそのフレームの形が特徴!座面の奥行きもゆったりしているので、ダイニングでも長い時間を過ごせるのもいいところ!

そして、ご主人にもソファを大変気に入っていただき、

「横幅はどうだろう。。。三人掛けのサイズで欲しいし。。。」

とお悩みの様子です。
もちろん図面上では、納まる事はわかっていたのですが、やっぱり実際にお部屋に入ったところを見て決めたいですよね!!
ということで、翌日ご主人のお帰りになる時間帯に合せてお伺いし、実際にお部屋の中にレイアウト!!するとご主人、

「おお~、バッチリですね!今使ってるソファよりもすっきりするし、生地の色も部屋と合うな!それじゃ、ソファも一緒にお願いします!」

とご注文をいただきました!ご家族みんなで試し掛け!

ビルトの横格子とセルボの背のデザインも共通していて、お部屋の一体感もバッチリ!

記念にソファに座って写真をパチリ!

実はお嬢さん、お絵かきが大好きで、3rdにご来店の際はスタッフとずっとお絵かきを楽しんでいました!またあそぼ~ね~!!

K様ありがとうございました!お近くにお越しの際は、また遊びにいらしてください!
ダイニングセットやソファのその後の様子を伺いできればと思います!
お待ちしています!

2012.12.13

K邸 ソファ・オットマン・リビングテーブル お届け

横浜市西区のK様にソファshapeとオットマン、特注リビングテーブルをお届けしました。

ソファ「shape」3P W2160×D910×H780
オットマン W680×D600×H355
オリジナルリビングテーブル W1355×D350×H550

ソファをずっとお探しだったK様。
気に入るものがなかなか見つからず、3rdにもご来店いただきました。

張ぐるみのソファを希望されていて、展示してあったShapeに一目ボレ!!
Shapeは、張ぐるみのようですが、フルカバーリングになっているのでドライクリーニングでのメンテナンスができます。

また“shape”の名が指すとおり、シンプルなデザインがモダンな雰囲気のソファです。
座のクッションは、張りのあるウレタンを使ったワンシーター。
奥行きが深めになっていて、このソファの大らかさを感じる、3rdでもコアなファンを持つ逸品!

K様は、お部屋に入れた時のその大きさを気にされていたので、実際に現物を持ってお伺いしてサイズを検証し、

「これなら大丈夫だねっ!」

と納得されてのご注文となりました。

一緒にお届けしたリビングテーブルですが、3rdの定番のテーブルを基本として、ソファに掛けながらお食事をされるということで高さを350mmから550mmへ、そして来客のときなどレイアウトを楽しめるように奥行き方向で二つに分割できるようになっています。

こちらは、図面とイメージスケッチです!
3rdでは、パースを作成して打合せをさせていただきます。
図面よりスケッチの方がイメージが湧きやすいですよね!!

そして、オットマン用にクッションをひとつ追加!
壁際にオットマンをおいてクッションを背中に当てれば、一人掛けソファの出来上がりです!

さらに、写真では分かりづらいですがK様のご要望で背クッションは裏と表で生地の目を縦、横になる様にカバーを作成しています。

同じ生地でも縦目と横目では雰囲気が随分と変わるので、気分によって使い分けるのも良いですね!

「迷って迷って、3rdさんにたどりついて良かったです!これでも飲んでいって!」

と、いただいた栄養ドリンク、効きました!身に染みました!
K様、ありがとうございました!
今回お届けしたソファとリビングテーブル、調子はいかがでしょうか!?
お近くにお越しの際は、是非ご来店下さい!

お待ちしていますっ!

2012.12.10

O邸 ソファ お届け

逗子市沼間のO様にソファFRをお届けしました。

ソファ「FR」2P W1750×D920×H720

以前にソファFRを購入されているO様。
久しぶりにご来店されて、しばし談笑。ソファのその後の様子をお伺いしていると、

「実は今日は、もう一台同じソファが欲しくて来たんです!」

と、大変嬉しい一言!

ソファFRは柔らかいながらもしっかりコシのある座り心地が特徴的!

肘がサイドテーブルとして使える幅のある木枠のものなので、木の無垢材にこだわる方に人気のソファです!

デザインもクッションが丸みを帯びていて、ふっくらとした優しい雰囲気。
色んなお部屋に馴染みやすくコーディネートしやすいソファです。
さらに肘は二段になっているので、テレビのリモコンなど小物を置くすスペースとして利用できます。

さて、こちらは前回オットマンと一緒にお届けしたソファFR。
普段からの良くお使いの様子で、少しクッションがクッタリしていたので、お届けに伺ったスタッフがメンテナンスをしてふっくら元通り!

今回の設置場所は、リビングからダイニングへ抜けるテレビボードの前。
ソファ同士を離して置く少し変わったレイアウトですが、お部屋の使い方にメリハリがでて居心地も良さそう!!

座り心地はもう十分にご承知のO様。
メンテナンスの方法を改めてお伝えした事で、

「なるほどね!メンテナンスのやり方がわかったので、どんどん手を掛けてやれますね!どうもありがとう!」
とお喜びいただけました!

O様ありがとうございました!
2台とも思う存分可愛がってあげて下さい!!

またのお越しをお待ちしています!!

2012.12.08

O邸 ダイニングチェア・補修ダイニングテーブル お届け

川崎市宮前区のO様にダイニングチェア205と補修したダイニングテーブルをお届けしました。

今度、自宅を引っ越しされるということでダイニングチェアの買い替えを検討されてご来店いただきました。
展示している中で一番気に入っていただけたのがこちらのダイニングチェア205です!

この椅子は、3rdの椅子の中でも軽量で、少し背を起こすように支えてくれるので立ち座りがしやすい椅子となっています。
O様はそんな座り心地はもちろんデザインも非常にお気入りの様子で

「一見、華奢だけど、しっかりと支えてくれるところが良いですね!」

と早速その日にお届けのお約束!

ご新居にダイニングチェアをお届けすると

「テーブルの補修ってお願いできますか?」

とのこと。
幸い、ご新居と前のお住まいは近くにあり、お引っ越しも完全に終わっていませんでしたので、お届けしたその足でテーブルを拝見!

「ずっと使ってきたものなので、引っ越しをしても使えるなら使っていきたくて・・・。表面も焦げの跡が残っていたり、奥行きのサイズも大きいので新居にあうかどうか・・・。」

とご相談いただきました。
天板の材料は、ナラの集成材、黒く着色された足も同様です。
天板と脚部はジョイントボルトでの連結だったので取外しで、本体を痛めるような事はありません。

「これであれば、天板の磨き直しもできますし、幅を詰めることもできますよ!」

とご説明すると、

「それならお願いします!」

と、テーブルをお預かりすることに。こちらの写真は補修の様子!

補修をするにあたり、天板にも着色をご希望されたので、色サンプルを製作。
お打ち合わせをさせていただいたのち、濃いウェンジ色で着色を施しました。
そして、こちらがお届けした様子です!

今までお使いだったテーブルが装いを新たに置かれた時のO様の本当に嬉しそうな笑顔に私たちもお届けして良かった!と一緒に嬉しくなりました~。

O様!ありがとうございました!!

3rdでは、補修のご依頼も随時お受けしています。
ですが、状態によっては補修しかねることも・・・。
もし補修をお考えの方がいらっしゃいましたら一度、ショップへお問い合わせ下さい!
しっかりと診断させていただいてからご対応を説明し、補修が可能であれば、お見積りを致します!

ご連絡お待ちしています!

2012.12.06

O邸 ダイニングセット 照明 お届け

川崎市高津区O邸に特別仕様3rdオリジナルアファブルテーブル、ダイニングチェア2031、KuKuチェア、HUGチェアとペンダントライト、スポットライトをお届けしました。

ダイニングセットの買い替えでご来店いただいたO様。
ご主人が海外赴任が多く、世界各地で集められた家具に囲まれたお部屋に馴染み、大勢で使えるダイニングセットがご希望でした。

お部屋の床や家具が濃く着色されているものが多く、製作の樹種はウォルナットに決定。
ダイニングチェアは、ご主人、奥様がそれぞれお気に入りいただいたチェア2031の肘付きとKuKuチェアを張地の色を揃え各一脚づつ。

そして、ブログで初めてご紹介するHUGチェアを4脚ご用意しました。

HUGチェアの特徴は、まずスタッキング(積み重ね)できること。
4脚まで積み重ねることができます。

スタッキングできることで使わない時に省スペースで置いておくことができるんです。
ハーフアームの形状で座り心地も良く、アーム付きの椅子ながらサイズもコンパクトなのでサブチェアとして大活躍が期待できる椅子となっています!

テーブルは角を丸くしたデザインが特徴のアファブルテーブルです。
アファブルテーブルは幕板の入るタイプのテーブルでどうしてもこの幕板に椅子の肘があったてしまいます。

その肘を逃がし、ダイニングチェアをしっかりとテーブルの中に納められるように幕板に欠き取り加工をしています!

「雰囲気もバッチリだし、サイズも大き過ぎる事もなくちょうど良いですね!
ありがとうございます!!」

と大変お喜びいただけたところで、

「この部屋は前にリフォームをしているんだけど、シーリングライトとダイニングテーブルの位置が合わないのが気になっていて。。。どうにかならないものかしら?」

とご相談をいただきました。

もちろん電機工事で位置をずらすこともできますが、大きな工事を伴う為今回は、ライティングレールを使用して照明の位置を調整できるようにしました。
このレールは、回転し伸縮するタイプのものなので、任意の位置でライトの吊元を設定することができます!

このペンダントライトは3rdでも人気のデザイン!
東戸塚店では常時、展示もしています。

スポットライトも合せて取り付つけて落ち着いた雰囲気でお部屋全体を照らします。

3rdでは、オーダー家具以外にもグリーンや照明などインテリアのことならなんでもご相談いただけます。
今回ご紹介したようにシーリングライトからペンダントライトへ工事をせずに変更する事も可能です。
照明を工夫するだけでお部屋の雰囲気もグッと変わっていきます。
照明の取り替えなどご検討されている方がいらっしゃいましたら、3rdにご相談ください!

O様ありがとうございました!!

2012.12.01

I邸 ダイニングセット お届け

東京都品川区のI様に特注ブリステーブルとダイニングチェア2031をお届けしました。

ダイニングテーブル「特注ブリステーブル」W1500×D1200/600×H700
ダイニングチェア「2031(板座・張座)」W455×D540×SH420

横浜市からお引越しをされるという事で新居に合せたダイニングセットをお探しだったI様。
ですが、なかなかお部屋に合うものが見つからない・・・とお悩みのところご来店いただきました。
なぜ、お気入りのダイニングセットが見つからないかお尋ねすると、

「実は・・・。」

とご新居の図面を見させていただきました。

・・・スタッフも図面を一目見て納得。

お部屋が角部屋になっていて建物の外観の形そのままに大きなアーチを描いている形状になっていました。
陽も良く入り、開放感のあるお部屋ですが、独特のRの形状が一般的な四角のテーブルでは納まりが悪く、動線をしっかりと確保できません。。。

そこでご提案させていただいたプランがこちらです!

壁面の形状に沿わすような形状の天板で製作!
こうすることで、動線をしっかりと確保できます。
変形させる分、奥行き方向が狭くなりますが、それでもしっかり向かい合わせで座っても十分な距離を保てるように大きさを確保しています。

キッチンからの様子もバッチリですね!!

また天板角を丸く、脚も先に向かって細くなる仕様としています。
ゆったりとした大きさの中にも柔らかさと軽さを出しました!

「オーダー家具のすごいところは、こういうところなんですね!」

とご満悦のI様!

そうです、お部屋の環境に合せて自由に形を作る事がオーダー家具の大きな魅力!

お困りの事がございましたら一度3rdにご相談下さい!
皆様のお越しをお待ちしております!!

2012.11.25

Y邸 ダイニングセット お届け

横浜市青葉区のY邸に3rdオリジナルブリステーブルとチェア2031をお届けしました。

ダイニングテーブル「ブリステーブル」W1800×D900×H700
ダイニングチェア「チェア2031」W455×D540×SH420

ご自宅をお引っ越しされるという事で、ダイニングセットの買い替えを検討されてご来店いただきました。
最初は奥様お一人でみえ、3rdのテーブルの仕様をご覧いただて、

「木材もしっかりしているし、ここでなら注文してもよさそう!今度、家族と一緒に見に来ます!」

と後日改めて、ご家族と一緒にご来店!
ひと通り、テーブルをご覧いただき、デザインを詰めていきましょう!となりました。
ご主人は、オーバル型の形を、奥様と息子さんがシンプルなスクエア型をデザインとして希望され、ご家族の中で意見が真っ二つ!!
それぞれが強い希望をお持ちでスタッフもタジタジ・・・(笑)

そんな家族会議@3rdを二度ほど開催し、結局ご主人が折れて(?)、お届けしたのがこちらです!
テーブルの素材は3rdが新たにメインの樹種として取り扱いの準備を進めているホワイトアッシュ材。
野球のバットとしてよく使われている材料で、木目がハッキリしている木材らしい材料です。

ダイニングチェアは縦格子のきれいなチェア2031をお部屋の雰囲気と合せて白いファブリックで張り込みました。材はナラ材となっています。
Y様のご新居はリビングダイニングがゆったりとした空間でしたので、テーブルを幅1800mm、奥行きを900mmと大きめのサイズでお届けしましたが、余裕を持ってお使いいただけそうです。

お引越し直後のお届けとなりダイニングの照明などまだ揃いではありませんでしたが、おどけのダイニングセットとお部屋の雰囲気はバッチリ!

ご主人も

「おお~!キレイだね~!ありがとうございます!」

と大変喜んでいただきました。デザインについてもご納得の様子で一安心!

Y様ありがとうございました!

最近は、冷え込みが厳しくなって冬らしくなってきましたね!
日が暮れるのも随分と早くなってきました。

この時期になると新年度頃のお引越しに向けて家具をお探しの方が多くなってきます。
このブログでは、たくさんのお届けのご紹介をしています!

夜長の候、お時間ある時に是非過去のブログをさかのぼって気になっているアイテムの紹介をご覧になってみて下さい!

お探しのものにピッタリの物が見つかるかも!?

よろしくおねがいしまーす!

2012.11.20

M邸 ダイニングセット お届け

横浜市青葉区のM様に3rdオリジナルブリスラウンドテーブルとADチェアをお届けしました。

・ダイニングテーブル「ブリスラウンドテーブル」 φ1050×H650
・ダイニングチェア「ADチェア」 W555×D480×SH370

3rdたまプラーザ店のお近くにお住まいのM様は、以前に通り掛りで来店してくれていた娘さんから

「お母さんの好きそうな家具屋が近くにあるよ!」

と聞いてご来店いただきました。
早速お話しを伺うと、引越しをしたばかりで、ダイニングセットだけが揃っていないとの事です。

「ウォルナットが好きでウォルナットのダイニングセットを探しているんだけど、なかなか気に入いるもの
がないんです。質感や色・デザインがなかなかね。。。」

そこで3rdの仕様の説明をさせていただきました!
まず、色にいついてですが、3rdが取り扱う樹種は、ウォルナット、ブラックチェリー、メープルにナラの4種類。

それぞれが個性的な色味をもっていますので、お客様に自然な経年変化を楽しんでいただけるように私たちは木材には着色をせずにお届けしています。

そして塗装ですが、木材に保護膜を張るウレタン塗装を施します。
ウレタン塗装は、水気や油汚れに強くしっかりと家具を守ってくれる塗装です。
しかし、どうしても木肌の質感は失われがちです。
3rdでは、塗装の際に工程を増やして、木肌の質感を残しつつ、しっかり表面を保護できるように磨き込んでいきます。

「なるほどね!だから自然で優しい雰囲気なんですね!」

と質感と色はまさに探していた物と気に入っていただきました!

あとはデザイン。最初にスタンダードな四角い形のテーブルを見ていただきましたが、

「あたしい家が床も壁も白い室内なんです。色の濃いウォルナットで作るとこれだと少し重くなってしまうかも。もう少し軽いイメージのテーブルはないかしら。」

とご要望いただきましたので、展示していたメープルのブリスラウンド(丸)テーブルを見ていただくと、

「天板の丸みも良いけど、この脚がすごく好み!」

と一目惚れ!

さて、デザインが決まったところで、椅子も合せて購入したいとの事でした。

せっかくラウンドテーブルで作るので、柔らかいイメージの椅子が良いんじゃないかとご提案し、大きすぎず、小さすぎず、ちょうど良い大きさと腰当たりの気持ちよさでADチェアに決定。テーブルに合せてウォルナットで製作する事になりました!

最後の悩みがサイズ。

間取りをお伺いし、椅子の引き幅なども考えるとまさに展示と同じφ1050がベスト!

「じゃあ帰って測ってきます!」

ということだったので、お近くですし、もしよかったら仮置きしてみましょうか?とお話しすると、

「そんなことまでしてくれるの!?それだったら確実だしお願いしたい!」

とお喜びいただき、早速その日の夜にお持ちする事になりました!

実際に置いて見ると、サイズはピッタリ!

「これでお願い!」

とφ1050のサイズでお作りすることになりました!

M様のお部屋はお話しの通り、床も壁もオフホワイトの爽やかな室内です。
そこにウォルナットのダイニングセットを設置すると落ち着いた雰囲気となりました。

「やっぱり、丸テーブルにして正解でしたね!存在感はしっかりとあるけど、圧迫感は感じない!お願いして良かったです!」

と大変お喜びいただきました!
M様ありがとうございました!

今回は店舗近くへのご訪問でしたが、3rdでは可能な限り、お伺いしてテーブル等のサイズ検討も行いますので、ご検討中の方がいらっしゃいましたら是非ご相談下さい!お待ちしています!

2012.11.16

Y邸 TVボード、ワードローブお届け


横浜市都築区Y様邸へTVボード、ワードローブをお届けしました。
 rdたまプラーザ店お近くにお住まいのY様。「前から気になっていたんだけど、TVボードもオーダーできるんですか?間取りや耐震のことを気にすると、既成のものではなかなか見つからなくて。長く使えるものを探しているんです。」とのご相談を頂き、早速御提案資料をもって訪問させて頂くこととなりました。



 シンプルで長く使えるデザインのTVボード。
Y様邸はリビングとダイニングの間仕切りがあり、その間仕切りにTVボードを固定させ、地震で揺れた時もTVボードが動くことのないように打ちつける仕様となりました。また、TVも倒れることのないように天板に欠き込みを入れ、固定が出来るようにしています。




リビングダイニングの入り口側は、動線を遮らないように角を丸く加工しています。中の可動棚も同様の円弧にし、ゲーム機等をのせられるようになっています。
 素材はおなじみのアメリカンブラックウォールナット。天板/側板/扉框/引出し前板は無垢材の仕様になっています。長く使う間に、無垢材本来の経年変化を感じられるように3rdこだわりのウレタン仕上げに。
 


サイズはお部屋の間仕切りとぴったりの幅に合わせ、ワイドが1830㎜、奥行きはデッキが余裕をもって配線が出来るように500㎜、高さは中の収納も考え下の引出しにDVDCD、上の扉にデッキが入るようにすることも含め530㎜になりました。また、巾木も少し大きめだったので通常の70㎜の台輪より20㎜高くなっています。


 
デッキが3台とゲーム機との配線の為後ろの開口は少し大きめにとり、コンセント位置からのコードの取り回しも煩わしくありません。


 つづいて、娘さんのお部屋に取付けるワードローブ。
実は、TVボードのご提案と採寸にお伺いした時、「娘の部屋も少しご相談したいのですが…」とのこと。ハンガーやアウター、バック等いつも使うお洋服を気軽に掛けられる収納を、現在使われているウォークインクローゼットとは別にお作りすることになりました。


 向かって左側は服飾小物等を整理して入れられるよう可動棚と引出しをつけています。
天袋は季節のものを収納できると便利ですね。

右側は、よく使うカバンやお気に入りのお洋服を掛けられるようハンガーラックを設置し、季節によってアウターがなくなったらブラケットからレールを外し上の方まで可動棚が動くようになっています。
サイズはワイドが980㎜奥行きはハンガーが入るように600㎜高さは天井ぴったりの2355㎜となっています。
 素材はメラミンとウォールナット材を合わせ個性的且つお部屋に馴染む質感となりました。


 また、ハンガーレールにとおっているフックも3rdオリジナルデザインで、マフラーやスカーフ等を引っ掛けることができるようになっています。
ワードローブに一つあると急ぎの時もすぐにお気に入りのマフラーを手に取ることが出来る優れもの。


 納品時はロフトスペースの下に設置することもあり、天井の複雑な作りに対応できるよう、隙間にはぴったりのフィラーを工場長がはめてくれました。
現場で加工する3rdならではの仕上がりです。
うつくしー!


扉の内側には鏡も現場で位置を調整し、足下まで映るようにしています。
今日のコーディネートも全身チェックできますね。



 Y様有難うございました!また、お部屋でお困りのことがありましたらお気軽にご相談下さい。
 

2012.11.15

S邸 カウンター下収納、チェスト、TVボード、下駄箱扉交換、吊棚、お届け

東戸塚駅の看板を見てご来店いただいたSさん。
『カウンター下がうまく活用出来なくて・・・。』とご相談を頂きました。おおまかなサイズ、ご要望を聞き後日、ラフ図面/スケッチを作成しお伺いしました。そこで更にご相談頂いたのが、お部屋の使い方でした。今置いているものは間に合わせで買ってしまったという事で、『カウンター下収納をやるならせっかくだしひと通りやっちゃいたい!  』と更にTVボードと本棚・ワードローブ・飾り棚の機能を備えたチェストをご提案することに。


既に生活されている場所への設置の為、収納したい物がある程度決まっていました。
その収納したい物と置きたい場所ピッタリになるようにご相談しながらデザインすることに。
『こんなに自由に出来るんだ!自分もモノづくりの仕事してるからスゴイ楽しい』と話しが盛り上がりました。しかもご主人は僕と同じ高校だったのです〜!びっくり!アンド親近感!








カウンター下収納は奥行で悩ませられる事が多いです。カウンターの出幅が290mmで面落ちに合わせる為、家具の外寸は285mm。シュレッダーを入れたいとご希望があったのですが本体奥行が260mmでコードの逃げもみないといけない為、扉と背板分を入れるとどうしても入りません。なので今回はこの部分のみ背板を抜き内寸を確保。オーダーじゃないとなかなか出来ない荒技!またスライドトレー、コンセントをつけました。メインの収納部分はこの前にダイニングテーブルがある為、引戸に決定。モデム類もボード内部に収納する為、カウンターに穴をあけコードを落としています。これでとてもスッキリ!


TVボードは入れるオーディオ類を採寸し、ある程度のクリアランス(電化製品は基本的には家具より早く変わるので)をみて設計。 右の引出し2杯には生まれてくるお子さまのおもちゃを入れる為、大きめに。



次にチェスト。左ガラス扉部分はご主人のお持ちだった腕時計の飾り棚、この飾り棚には自動巻き上げ機を使えるように電源も移設しています。右側には洋服をかけられる様、コートハンガーを付けました。もちろん収納として使える様、可動の棚板も入っています。下部の引出しには衣類を収納。また、このチェストは階段からリビングへのメインの動線に置いてあるので下台の角に脚をぶつける可能性が高い為、デザインも考慮し側板を斜めに落としました。





今回予想以上にすっきりした玄関。収納が足りないという事で吊棚のご依頼をいただきました。でも下台をそのままの訳にはいかないので扉交換、既存の天板に天板をかぶせる仕様に。既存の下駄箱はまだまだ使えるし奇麗、撤去して新たにつくるとなると壁紙にも影響しコストもかかるのでこの方法に決定。見違えました!!明るくなりました!!前回のブログでも紹介しましたが扉交換はお薦めです!!


最後に。。。打合せをしている最中にペットのバーディーちゃんが遊びに来てくれて、猫好きな話題で盛り上がりました。その話しの中でご提案したのが爪とぎです。中身の段ボールは既成品なのですが、この大きさにバッチリと合せた爪とぎ台を製作。家具より先にお届けしていたのですが、バーディーちゃん使ってくれているようでよかったです!写真撮れなくて残念でした〜


S様ありがとうございました!また落ち着いたらお店にお子さまと遊びにきて下さいね!


2012.11.09

H邸 クローゼット リフォーム

横浜市戸塚区H邸クローゼット扉交換、棚板設置。
既存のクローゼットが使い難いとご来店。見た目もよい物にしたいとご相談を受けました。予算が合えばゆくゆくはテーブル、デスクもご検討との事。
お部屋の間取りからするとこのクローゼットの前にダイニングをくっつけて置くのがベター。その横にはデスクを置いて下さいといわんばかりのスペースが!現状、デスク、ダイニングテーブル共にお使いの物があるので、まずはクローゼットの扉を交換して雰囲気を見て下さいとご提案。上下3分割にし、下段はテーブルの高さに合わせ中段のガラス扉が開くように、中段の目線位置をガラス扉にし飾り棚部分をつくり抜け感を出す、上部は奥行がありどうしても使い難い収納になるので普段使わない季節物等をおさめます。
下の絵がデスク、テーブルを含めた完成予想図です。


さて工事開始。まずは現状の扉を外しお掃除。次にレーザーで水平を確認しながら固定の棚板の設置。桟を壁両側面に固定し欠き込みの入った棚板を差し込む印籠という方法で固定しています。クローゼットの幅が前と奥で若干誤差があるので削り合わせました。わたくしもお手伝い!現場仕事は楽しいですね。最後に丁番とプッシュオープンのラッチを付け調整をし棚板を入れ完了!扉は全て押して開ける3rd仕様です。



















どうですか!?扉を変えるだけで凄く印象変わります。キッチンや玄関等施工するととても雰囲気かわります。



実は同じ様な事例を2件施工済みですがどちらも素敵な仕上がりです。
また追ってご報告します。

Hさま、デスク、ダイニングテーブルお待ちしております!
ありがとうございました!
2012.11.06

S様 椅子補修 お届け

川崎市高津区のS様のダイニングチェアを補修しました。

「ダイニングチェアが壊れてしまったんですが、修理はできますか!?」

とお電話でのお問い合わせを頂き,後日、ご自宅までお伺いして早速、診断!!
と、いくところですが一目瞭然。。。

座面下の貫のホゾ先がむしれてバラバラになっていたんです。。。

後ろ脚と貫の接合部分は椅子の構造の中で一番負荷がかかる場所です。
木の部材が割れてしまったり、ホゾが抜けたりする壊れ方は良くあるのですが、ホゾ先がむしれてしまっているのは初めてです。

お話しを伺うと以前にもこの箇所を修理されたとの事。
その時は、金物のL字アングルを取りつけただけの応急処置だったようです。

これだけでは、形としては一応直りますが、普段の使用に耐えるだけの強度は全くありません。

そこで私たちは、貫に新たにホゾを作り、後ろ脚にもホゾ穴を開け直してしっかりと組み上げる補修をさせていただきました。

座り心地が大変気に入っていると何度も修理をしているS様のダイニングチェア。
ここまで使ってもらえる椅子もなかなかありません。

私たち3rdがこれまでにご紹介してきた椅子もこんな風に使われていってもらえたら・・・。
これからもしっかりとお客様に合うものを紹介していかないと!
と、気持ちが引き締まる補修のお仕事となりました!

S様ありがとうございました!

今回の補修で強度をしっかりと出しました!この先もずっと使い続けていって下さい!

皆様も昔からお使いになっている家具はありませんか?
修理をしてみようかな、と思ったら一度、3rdにお声掛けください。
一度拝見させていただき、それに相応しい補修をご案内させていただきます!!

ご相談お待ちしています!

2012.11.05

S邸 ソファ お届け

横浜市都筑区のS邸にソファ breath(ブレス)をお届けしました。

以前からソファをお探しだったS様。
ちょうどタイミングよく3rdのソファ特集のお知らせをご覧になってご来店いただいきました。

ひと通り展示品をお試しいただきお気に入りいただいたのがこのソファbreathです。

Breathの特徴は、3rdでご紹介する木枠ソファのクッションと同じカバーリングの構造であること。

さらに本体もフルカバーリングになっています!

クッションは直接、肌が触れる場所ですので、汚れや傷みについて気にされる方が多いですが、少し見落としがちなのが本体張地のメンテナンス。

クッションほどではないですが、肘の部分はやはり肌が触れますし、背中や側面も普段の生活の中でホコリを吸ったり、ものとぶつかっているので定期的なクリーニングが必要です。

カバーリングですので定期的なクリーニングでソファを清潔に保ち、替えカバーを用意すれば季節の衣替えでお部屋の気分転換!生活にもメリハリが生まれます!!

下の写真のように剥がすも簡単!

3rdのソファはすべて受注生産。

お客様の生活のスタイルやお部屋の大きさに合せて、幅方向の大きさを設定し、お気に入りのファブリックをお選びいただきお作りしていきます。

今回は、奥様が小柄な方でしたので、実はシートハイを少し低くして製作しました。

体に合わない座面の高さだと、背中をクッションにつけた場合、踵が浮いてしまう。
踵をつけると今度は背中のクッションに掛けられない。
これじゃ、せっかくの憩いの中心であるソファが台無しです。

3rdのソファは高さの設定も可能!
ご家族にピッタリのサイズでお作りします!

breathのデザインをお気に入りいただいたのはもちろんですが、このような細かい気配りにもご納得いただきご契約いただきました。

さて、お届けしたS様のお部屋はモノトーンを基調としたシンプルなお部屋。
S様には、グレーの厚みのしっかりした生地をお選びいただきました。
色はもちろんしっかりお部屋に馴染み、breathのゆったりした大きさが存在感バッチリ!

ところで、みなさまのお部屋の間取りはどのようになっていますか?
きっとリビングとダイニングが大きな一間となっていることがほとんどだと思います。

その時のソファのレイアウトはリビングとダイニングの間仕切りのような形で置かれる事が多くなってきます。
その場合、ダイニングからソファの後ろ姿を見ることになりますよね。
そこで3rdのソファは、

「後ろ姿を美しく!」

 と言うことで、木枠のソファは木組みをデザインとして見せていますが、breathのようなカバーリングのソファは、縫い目を見せないようにカバーを製作しています。

壁際につけて使う事を考えたソファは、後ろ姿を気にする必要がないので、縫い目などを隠すような事はしません。
 ですが、今の日本の住宅事情を考えるとどうしてもソファの後ろ姿が見えてくるレイアウトが多くなりがち。
 3rdのソファは座り心地はもちろん、実際に置かれる環境を考えたデザインを心掛けています!

「高さもバッチリで座り心地も申し分ないですね!幅の大きさも部屋にピッタリです!」
と大変お喜びいただきました!

S様ありがとうございました!

またのお越しをお待ちしております!!


2012.11.03

I邸 デスク・ワゴンお届け

横浜市港南区のI邸へデスク・ワゴンをお届けしました。


最初お電話にてお問い合わせをいただいたI様。
前にデスクを購入したのですが匂いがきつく、体に合わず返品してしまったとの事。
匂いが気にならない、仕上げ・製作方法をご要望でご依頼をいただきました。まずは、オイル仕上げとウレタン仕上げの特徴をご説明させて頂いたところIさんのご希望はウレタン仕上げ。
ただニオイが気になり返品されているのであまりお薦めできませんでした。やはり個人差もありますし。。。
店内に展示している家具は9割ウレタン仕上げの物なので、しばらく店内で様子をみることに。
その間にデスクのデザイン、仕様のお打合せ。Iさんの中である程度イメージが出来ていたので脚の太さ、引出しサイズ等細かな仕様を決め後日お部屋を見せて頂きそこで最終決定しましょうという流れになりました。雑談も含めそんな話しをしながら2時間が過ぎ「問題ないな」と一言。仕上げはウレタンに決定。念の為、完成後時間をおいてからお届けする事にしました。


後日、お伺いし採寸。ほぼ打合わせた内容で問題なかったのですが、お気に入りのLEDのスタンド照明を置きたいとの事で天板に欠き込みを入れる事に。また天板を壁にぴったりと付ける為に左右と後部は脚位を10mm内にいれ、ワゴン下部引出しはお持ちのファイルが入るサイズに。入れたとき倒れない様、取外しできるの仕切板をいれました。


製作後、約2週間程おきお届け!

仕上がったデスクをなでながら「やっぱり無垢の木はいいねぇ〜、ちょっと予算オーバーだったけどお願いしてよかったよ」とうれしいお言葉をいただきました!使い込んでいいアジを出して下さい!
東戸塚店にあるテーブルで約6年使っているのものがあります。すごくいいアジが出ますので使っていく変化を是非お店に見にきて下さい。
ご来店お待ちしております!




2012.10.30

F邸 ダイニングセット お届け

横浜市青葉区のF様に3rdオリジナルダイニングテーブル、ブリスとチェア2031をお届けしました。

以前からダイニングセットをお探しで何度もご来店されていたF様の奥様。
お部屋のイメージやすでに使われている周りの家具との相性を考えて、ウォルナット材でダイニングセットを作りたいとお話を伺っていました。
脚が四つ角について、椅子などを置くスペースにゆとりがあり、厚みがあり木の無垢材の魅力をしっかりと伝えてくれる天板をもったブリステーブルに

「やっぱり無垢材は高級感もあるし、温かい雰囲気もありますよね!」

と奥様は一目惚れ!

迷われたのは椅子でした。
奥様は何度かのご来店の中でチェア2031の座り心地をお気に入りいただいていたのですが、
ご主人が大変お忙しい方でなかなか試し掛けできず、決めかねていました。
椅子の座り心地とテーブルのとの高さの関係がダイニングでの居心地を決めます。

「ちゃんと主人にも試して貰ってから椅子を決めたいんです!」

とダイニングセットに妥協したくない奥様のお気持ちに私たちも共感!しばらく待ちする事になりました。
そしてある日曜日、ようやくご主人も一緒にご来店され早速、チェア2031を試していただくと、

「お~!これいいじゃん!背中をしっかりと支えてくれる感じだねっ!」

とようやくダイニングチェアは2031で決定!
そうでしょう!という奥様の表情がとても印象的でした~!
そして高さについては、椅子のシートハイが420mm、テーブル700mmの理想的なサイズでご用意。

このような経緯で決定したチェア2031。

今回は張地が特別仕様となっています。
3rdでは、ご紹介している椅子にはそれぞれ定番の張地をご用意していますが、リクエストがあれば特別に生地を取り寄せて張り込む事もできます!
F様ご夫妻がご希望されたのは、この2パターン。

光沢があり手触りがサラッとした質感のある生地と型押しが特徴の本革のタイプをそれぞれ2脚づつでご用意!

樹種をウォルナットで統一されているので張地が変わっていてもダイニングセットとして違和感などはまったくありませんし、両方ともF様ご夫妻にお似合いのもの!
お届けするとお部屋の雰囲気との相性もバッチリでした。

実は、テーブルのサイズも細かくご注文いただきました。

ヒアリングの中で幅1500mm×奥行き800mmのサイズでご提案させていただいたのですが、実際にそのサイズのテーブルを試していただき、もう1cm、もう1cmと細かくサイズ感を想定し、今回は幅1550mm×奥行き830mmというサイズでのお届けになっています。

「決定までに少し時間がかかったけど、お願いして良かった!ウォルナットの木目もしっかりとしていてきれいですね!」

とお喜びの奥様。ご主人も

「うん、かっこいいし落ち着きもあるね!」

とご納得の様子!F様ありがとうございました!

3rdでは、

「あるものを選ぶのではなく、一緒につくっていく」

という考えで家具をデザイン、製作していきます。
それは例えば壁面の収納や特注の家具ばかりではなく、この様なダイニングセットも同じです。
基本の形からサイズを考え、素材を選び、仕様にとことんこだわる。
そうする中でつくった家具は、家庭の中で一生付き合っていける道具となっていくのだと思います!

皆様もぜひ3rdにお立ち寄りいただきご希望やお悩みをお話し下さい!
3rdと一緒に一生ものの家具をつくっていきましょう!

お待ちしています!

2012.10.27

H邸 特注テレビボード お届け

川崎市宮前区のH邸に特注テレビボードをお届けしました。


 

「テレビボードがなくて、ボードと一緒にまわりのものも一緒に収納できるようなものが欲しいんです!」
とH様。
お話を伺うと

・現在はテレビボードがなく、床に置いた状態でテレビを見ている。低めの位置に慣れてしまったので極力高さは低くして欲しい。
・テレビ周りにあるレコード、CD、レコードプレーヤーや本をしっかりと収納出来るボリュームが欲しい

とのご要望でした。

お部屋の寸法と収納物の大きさを詳しくヒアリングさせていただいてプランをおつくりすることになりました。

がっ!!

収納物のボリュームとご希望されているボードのサイズがなかなか合わない。。。
また設置予定の壁面右の袖壁には点検口もあり、万が一のための事も考慮しなければなりません。

コンセント移設のための配線の取りまわしや、収納物のレイアウト、そして点検口などの課題をクリアしてお届けしたボードがこちらです!!

まずは、一つ目の課題、高さについては収納するレコードの高さを基本として、脚の高さ、箱の構造材の厚さを足したミニマムの寸法550mmとなりました。

次に幅の寸法ですが、普段の仕様ですとボード本体と壁の間にある程度の隙間を設け、フィラー材で、その隙間を埋める作業を行います。
しかし今回は、少しでも幅を大きく取るために本当にギリギリまで壁側まで近づける寸法で製作しました。

この様に壁にくっついてしまうと、端の扉を開く時に壁をこすってしまうんじゃないか!?とご心配される方もいらっしゃると思います。
しかし、それももちろん想定済み!!
扉を少し前に押し出すような形で開ける事のできる特殊な丁番を使用しているため問題なく開け閉めできるようになっています!

点検口については、右側扉二つ分を分割した箱で製作しています。
分割式にすることで、点検口を除く場合、連結を解いて右側の箱だけを引き出す事が出来き、見た目はひとつの箱のような仕上がりになります。

これは、材料の選定や寸法正確に上げてくる職人の技の見せどころ!
連結の方法は、プラスドライバーで脱着できる金具を使用しました。
普段は、いたずら防止のために特殊な道具での連結方法を採用していますが、プラスドライバーでの作業であれば、どなたでも簡単に箱の連結を外すことができます。

レイアウトでは中央部分に、デッキやレコードプレーヤー等の電化製品類、両脇に本やレコードの収納となっています。レコードプレーヤーはスライドトレーを配置して引出して使いやすくする工夫も!!

お届けの際に、
「すごくキレイですね!扉の木目も全部通ってる!」
とお喜びいただきました!

そうっ!デザイン上でもう一つこだわったのが、木目の通し!
幅2600mm、左から右までしっかりと木目が通るように特別に材料をおつくりました。

サイズやレイアウトはもちろん、このように仕様までしっかりとリクエストにお答えしていきます!!
テレビ周りもスッキリとし大変喜んでいただけたのH様、ありがとうございました!
お好きなチェリー材の経年変化も楽しみですね!またお立ち寄りいただき、その後の様子を是非お伺いできればと思います!

皆様もなにかご不便な事はありませんか!?
3rdにご来店いただき、お悩みをどうぞお話し下さい!

お待ちしております!!

2012.10.23

S邸 ダイニングセット お届け

横浜市青葉区のS邸に3rdオリジナル新作ダイニングテーブルのデマンドテーブルとPePeアームチェアをお届けしました。

S様はこのブログをみてお問い合わせいただきました。
以前お届けしてご紹介しているダイニングテーブルに一目ぼれされて、このテーブルが欲しいんです!とご来店!
そのテーブルとは、こちらのテーブルです。

このテーブルは、お客様が細かく注文された完全オーダーメイドのもの。(ご紹介ブログはこちら)

以前からこのテーブルについてのお問い合わせが多く、今回のS様のご注文を機会に3rdの定番のダイニングテーブルとしてデザインを起こそう!とスタッフの中で盛り上がり、今回新作として紹介させていただきました。

このテーブルの特徴は、少し天板の内側に入った脚が外に向かって細くなりながら広がっていく形と、天板の下端を大きく面取りした形状。

この二つの効果で非常にすっきりとスタイリッシュなデザインとなっています!
S様はもっとすっきりさせたいとの事で天板の面取りをさらに大きく落としたデザインとなりました。

ダイニングチェアは、3rdでも人気のPePeアームチェア。
張座は、黒のビニールレザーを使用しました。
すごく落ち着いた雰囲気で同じくウォルナットでお作りしたデマンドテーブルとの相性もバッチリです!
さて、このデマンドテーブルは、幕板の着くタイプのテーブルです。
この幕板は、無垢材の天板の反り等の動きを抑制するために取り付けられる物なのですが、今回のようなアームチェアとのセットの場合、椅子の肘が幕板に当たってしっかりと中に入らない事も。。。
そこで今回は、PePeアームチェアの肘がしっかりと納まるように幕板に欠き込みを入れた仕様としています。

このようにお好みのダイニングセットを使いやすいように条件に合せて仕様を変更できるのは、3rdが自社工房を持ち、オーダーでひとつひとつ丁寧に作って行けるからこそ!
細かい部分ではあるのですが、かゆいところに手が届く、3rdならではの特徴です!

実はご契約をいただいた時はご夫婦お2人でしたが、お届けの際にはお子様が誕生されていました!

お子様が生まれた同じタイミングでS様のご自宅にお届けしたこのダイニングセットは、これからのお子様の成長と共に同じ時間を過ごしていきます。

ダイニングチェアもまだご夫婦の2脚のみですが、これからご家族が増えるたびに新たに揃えていくのも楽しみの一つですね!!

私たちもすごく幸せな気持ちになるお届けとなりました!

S様ありがとうございました!

お子様のお散歩がてら、お近くにお越しの際は、是非お立ち寄りください!
お待ちしています!!

2012.10.21

A邸 サイドボード・チェスト お届け

東京都文京区のA様に特注のテレビボードとチェストをお届けしました。

テレビボードとチェストをお探しだったA様は、たまプラーザ店がオープンして間もない頃一度ご来店いただき、お話をさせて頂いた中で一度、プランをご案内しました。

その時はお帰りになりましたが、この度改めてご来店いただき前回のプランを基に再度ご提案をさせていただきました。

今回のA様のリクエストは、
①テレビボードについては、今後サイドボードとなるようあまりテレビボードっぽくないデザインとして欲しい。
②チェストについては、今回はテレビボードと並べておくけれど、将来は今使っているチェリー材のデスクと並べて使いたい

という「将来を見据えたデザイン」でした。
まず材料については、チェストを将来デスクと一緒に使われるという事でデスクの材料に合せてチェリー材に決定。
また収納する物もお決まりでしたので、それに合せて引出しのレイアウトを起こしています。

そしてテレビボードですが、サイドボードとしての使用も視野にチェストと高さを揃えて製作しました。

少し高い位置にテレビを置くことになりますが、お手持ちのテレビのサイズであれば、問題ありません。
裏面もしっかりと仕上げた仕様にし、配線孔や天板の欠き込みも必要最小限のサイズにすることでテレビボードの雰囲気を感じさせてないようにしています。

レイアウトも扉をつけず、オープンの仕様とし可動棚を配置しただけのものとしました。
実は、中央の可動棚にはひと工夫!
棚板の奥行きを減らすことで、テレビボードとしてデッキ類を置いた時に上下での配線の取り回しをできるようにしています。

一見するとすごくシンプルなサイドボードとチェストですが、天板を無垢板とすることで高級感が増し、使い込むほどのグッと味の出るものになっています!

さて、こちらはA様愛用のチェリー材のデスクです!

チェリー材の特徴は、はじめは薄いピンク色をしていますが、経年変化によって深く濃く色づいていきます。
今回お届けしたテレビボードやチェストも月日を経て、このデスクのように育っていくのでしょうね!!
「このボードやチェストが色づいていくのが楽しみですっ!デザインもスッキリとしていて良いですね!」
とチェリーの魅力を十分に楽しまれているA様。
デザインについてもご満足頂きました!
使い方もしっかりと先を見越したものなっているので、今後もますます楽しみですね!

使用方法を限定せずに色んな使い方を想定してお作り出来るのがオーダー家具の魅力です!
皆様も家具に対して
「もっとこうだったらな~。」
と考えた事があるかと思います!
そんな時はお気軽に3rdへお声掛けくださいっ!

A様、ありがとうございました!
またのご来店をお待ちしています!!

2012.10.18

I邸 ソファ お届け

横浜市青葉区のI邸にソファ innocence(イノセンス)とオットマンをお届けしました。

3rdのお届けしているチラシを見てご来店頂いたI様。
ご家族みなさんでいらして、大変賑やかなこちらも明るくなるようなご家族です。

「ソファを前から探しているんですよ♪」

とひと通り展示のソファにお掛けいただいて、

「うわぁ、すごく良い座り心地!!パパ、これにしようっ!」

とお子様のイチオシがこちらのソファ innocenceでした。

3rdのお薦めする木枠のソファの中でもゆったりとした大きさのあるソファinnocence。
大らかな印象はI様ご家族にピッタリのデザインです。

このソファは、クッションがフルカバーリングですので、カバーを手軽にクリーニングする事ができます。

さらにソファの座り心地の要であるウレタンを交換出来る構造となっているのも特徴!

ウレタンはどうしても傷みがきてしまう素材です。
一般的なソファでは、このウレタンが傷んでしまうと家から工場へ運び出し、張地をすべて剥がして中身を入れ替えるという作業が出てきてしまいます。

木枠の部分は他の木製家具と一緒で大事に使い込む事で一生付き合っていけるもの。
カバーやウレタンはどうしても傷みが来てしまいますが、パーツ、パーツで交換できる構造にすることで大きな手間をかけることなく、最初と変わらない座り心地でずっと使っていける、まさに「一生もののソファ」となるのです!


 

さらにそのウレタンを守る工夫も充実しています。
クッションの下にはウェービングテープを張り込んだ土台を配置。
座った時の上からの荷重をしっかり逃がしてくれるのでウレタンやカバー生地の面づれによる傷みを防ぎます。

ウレタンの大敵は水気。ウェービングテープは吸湿効果のある木の無垢材に張り込んであるのでクッションに湿気が溜まるのを防いでくれているんです!

デザインや座り心地だけではなく、様々な工夫が詰まった3rdのソファに非常に関心いただいたI様。
その日は一度お帰りになりましたが、後日改めてご来店いただきご契約となりました!

I様のご自宅は、高台の上にありました。
ソファを配置するお部屋からの景色はとても穏やか。
休日の昼下がり、ご家族みんなでゆっくり過ごされている様子が浮かびます。

今回、木枠はチェリー材、張地は光沢のあるシルバーの組み合わせ。
お部屋との相性もバッチリでした!

お届けの際は、奥様だけでしたので、ご家族みなさんの感想をお伺いできていないのですが、いかがでしょうか!?きっと楽しい時間を過ごしていただけている事と思います!

お近くにお越しの際は、ご来店いただき感想をお聞かせ下さい!!

I様ありがとうございました!!

2012.10.15

K邸 ダイニングセット お届け

横浜市青葉区のK邸に3rdオリジナルデザインのブリステーブルとneneチェア、ADチェアをお届けしました。


 

ご自宅をお引っ越しされて、ダイニングの雰囲気と合うダイニングセットが欲しい!とご来店されたK様ご夫妻。
お部屋の雰囲気を伺うとメープル材の床に白い壁、幅木や建具も白木が使われていて、やさしさのあるナチュラルな雰囲気の様でした。
そこで、床材と合せてメープル材でのブリステーブルをご提案。

もちろんウォルナットやチェリー材など濃い色を入れてお部屋のポイントとなるようにご提案する事もありますが、今回はご夫婦の雰囲気やお部屋の様子を伺う中で、より明るく、そして爽やかになるようなコーディネートを心掛けました。

メープル材は、その名の通りメープルシロップの採れるカエデの木。

その木肌は非常に緻密で木目も優しい雰囲気。ですが、ボーリングのレーンやビリヤードのキュー、最近では野球のバットに使われる程、非常に硬い打ち傷の付きにくい材料なのです。

ダイニングチェアも素材を合せ、メープル材でハーフアームのADチェアとフルアームのneneチェアを二脚づつご用意。

なんと言ってもポイントはパッと目を引く色鮮やかな張地ですよね!
ビビットながら、かわいらしい色ですし平織りの生地ですので雰囲気はとてもナチュラル!

このたくさんの中からのベストチョイス!K様ご夫妻のセンスが光る色合わせです!

Neneチェアは張地のタイプでお作りしましたが、ADチェアは後乗せのクッション仕様。
これなら板座の椅子としてもお楽しみ頂けますね!

実は、
「テーブル天板の厚みは出来る限り厚くして下さい!」
とオーダーされる程、木の無垢材に魅せられているK様ご夫妻。

お子様もまだ小さく、これから傷もたくさんついていくと思いますが、その傷も「味」として将来に残してくれる無垢材のダイニングセットはきっとK様のご家庭の中で素敵な道具として使われていくのだと思います!

K様ありがとうございました!

3rdでは、ダイニングテーブルを家具の王様と呼んでいます。
ダイニングは家庭の中で、家族が集い顔を合わせる家の中の中心。
将来ずっと使っているけるダイニングテーブルをお探しの方は是非、3rdまでご来店下さい!

お待ちしています!!

2012.10.14

O邸 ソファ お届け

横浜市青葉区のO様に3rdオリジナルデザインのソファPOUNDをお届けしました。

家具や絵画が大変お好きなO様の趣味はインテリアショップ巡り。

一年ほど前、ご自宅近くにたまプラーザ店が出来た事はご存じだったようですが、都合がつかず、なかなか立ち寄れなかったとの事でした。


初めてご来店頂いた時も閉店間際でした。


「ちょっと覗かせてね~。」

と店内に入り、一目見たとたんに心奪われたのがソファPOUND(パウンド)でした。

 
既にお持ちの一枚板のリビングテーブルは少し高さが高く、床に座って使っても使いにくい・・・とお悩みだったO様。

お部屋の雰囲気にも合い、ソファPOUNDにお高さがリビングテーブルの高さともちょうどよさそう!!とずっと座っていたのが印象的でした。

「今夜一晩、ゆっくり考えてからお願いするかご連絡しますね!」

と一度お帰りになりましたが、早速翌日には

「是非お願いしますっ!」

と嬉しいご連絡を頂きました。

今回お届けしたソファPOUNDは肘の形が横から見るとまるでパウンドケーキの様な形をしていることがこのネーミングの由来。O様もこのデザインを大変お気に入り頂いたようです!


座り心地は、並んで座りやすいワンシートのクッションに、柔らかめの背クッションが背中をふわっと受け止めてくれるもの。その優しい座り心地からか女性に大変人気があるんです。


 


さて今回は、ウォルナットで肘を製作し、張り感と光沢のあるシルバーグレーの生地のコーディネートでお届けです。



お話しに伺っていたO様のお部屋は、「和モダン」という言葉がピッタリの落ち着いた、それでいて個性的な空間。

その空間に馴染むように置かれたソファPOUNDを見て、和風の空間にもしっくりくるというソファPOUNDの魅力を改めて発見する事となりました!

 


「サイズも雰囲気もピッタリね!これで寛げるリビングの完成!」


と大変お喜びのO様でした!


 
O様ありがとうございました!

お近くですので、是非また遊びにいらしてください!お待ちしています!


 
さて、ソファPOUNDで選べる生地は素材感やカラーも豊富!

きっとお気に入りの雰囲気を持ったソファになると思います!


その優しい座り心地と合せて、是非3rdにご来店いただきご覧下さい!


お待ちしています!!


 

2012.10.12

M邸 特注チェスト お届け

横浜市青葉区のM邸に特注のランプ用チェストをお届けしました。

ご自宅や身の回りもモノに、とてもこだわりをお持ちのM様は、ダイニングでお使いのテーブルランプ専用のチェストをオーダーしたいとご来店されました。

ご要望は、

地震などでランプが倒れない構造とすること

ダイニングの動線をしっかりと確保すること

引出しが一杯ついていること

この三点。

そのご要望を叶えるべく3rdが製作した仕様はこちらになります。

 

まず、地震等の転倒防止のために、ランプ用チェストの下に既存のオープンラックまで伸びたステージを設けました。

このステージとチェストをボルトで連結することで、テーブル自体の転倒を防ぎます。


ボルトを外してしまえば、もちろん単体としての使用も可能です。



さらに、チェスト天板ではランプのスタンドの高さギリギリのところまで近づけたところにクリアアクリルを配置しランプ自体が暴れるのを防いでいます。


ちなみにクリアアクリルのスリットは、ランプのスタンドに配置されたスイッチを押すための開口と、ランプをチェストに収める際のガイドを兼ねています。

 
サイズについては、ランプシェードの大きさを意識しながら、既存のオープンラックと奥行きを揃えています。

このようにすることで、歪だったダイニングの動線をすっきりさせています。

一見すると本体は四角い箱形。

しかし、ダイニングとは逆の方に引出しが仕込まれています。


 
これは「留め」という角を直角に組み上げる際の木の小口を見せない仕口の応用です。

引手のないシンプルなデザインは培われてきた3rdの技術だからこそ。


オーダーならではの見せ場となっています。


 

天板の回り縁もしゃくり上げになっていて、幾何学の外見の中に有機的な優しさを出しています。

 

「なかなかのできだね!」


とこだわりのあるM様からお褒め頂いた時は正直、ほっとしました!

 

M様ありがとうございました。

またM様のこだわりあるご要望におつきあいできればと思いますので、よろしくお願いします!


 


皆様も「こんなの出来ないかな〜。」と考えたことがあると思います。


それを実現するのが私達、3rdのお仕事!


ぜひぜひ私達にご相談下さい!


お待ちしていますっ!

2012.10.09

K邸リビング&ダイニングなどお届け

以前ご来店頂いた方の紹介できていただいたKさんご夫婦。
ご主人がとても気さくで勢いのある方でした。
マンション購入したので家具を一式揃えたいと来て頂いたのですが、幸いにもお店を見た瞬間、雰囲気を気に入って頂きさくさくとお話が進みました。『全部任せるから~』とありがたいお言葉をいただきましたが、なかなかのプレッシャー!ソファ、椅子はそれぞれ座った瞬間にこれとこれと決めて頂き、サイズ/配置に関しては
お家の図面をお預かりし後日訪問するまでに考える事になりました。

『テーブルは普通はいや、おもしろいやつ』とKさんから唯一のご希望がありました。ダイニングスペース、つかうのはご夫婦2人、将来的に引っ越す予定あり、などの条件から夜なべして考えた末、半円形状でデザイン。
大きさ、形状が既製品には少なくオーダー感がある。
来客が来た時はテーブルを斜めに置き4人で使える。
将来的に家族が増え引越した時には半楕円のテーブルを新たにつくり合わせる事により5人くらいで使えるものになる。
上記3つが主なポイントです。


後日、気に入って頂いた椅子3種、テーブル型紙、ブラインドサンプル、照明、提案資料などなどお持ちし採寸しながらお打合せ。

まずはダイニングテーブル。
「いいね!さすが!」と言って頂きほっとしました。脚の形状、面の取り方等、細部を詰めこの形状に決定!

お次ぎは”椅子” 当初2脚の予定でしたが、テーブルの脚位置、来客の事を考慮し3脚あった方がバランスが良いという事になりnene chair,AD chair,2032 chairに決定。
この様に違うデザインの椅子を置いても樹種、張地を揃える事で違和感はないです。

そして”sofa” お店で展示のPOUNDを気に入って頂き張地も決まっていたので型紙でサイズを確認。
リビング広いためオットマンをご提案し追加しました。
余談ですが、このsofaは横から見るとパウンドケーキみたいなんでPOUNDって名前です!かわいい!

sofaといえば前に置くリビングテーブル。
天板と側板を留(45°)で接合し面を45°にすることによりすっきりシャープなデザイン。3rdの定番デザインです。TVボードもこのデザインに合わせ設計しました。壁にぴったりとつく様、巾木分を欠込みコード類がボード内で収まる仕様にしています。Kさんは奥行感を懸念されていたので、デッキサイズぎりぎりまで攻めて製作。

リビングスペースに関しては、お引越の可能性もあるとの事だったのである程度どんなお部屋でも収まる様、制限が出ないサイズでご提案。また模様替え出来るように考えています。僕自身、部屋の模様替えをすると気分が変わって新鮮な気持ちで生活できるのでお薦めしています。
これまた余談ですが一個のもので2通りの使い方が出来る物とかに魅力を感じてしまいます。

照明とブラインドもご提案しました。ダイニングはペンダントライト。もともとの位置だとテーブルの上にこない為、ペンダントサポーターというものを付け位置調節しています。キッチンからの眺望が良いため、なるべく視界を邪魔しない様、薄めの物になりました。広いリビングは光を満遍なく散らすためライティングレール+スポットライトの仕様に。
ブラインドに関しては僕の好みでバーチカルブラインドを激押ししました!!!このような横に広く高さもある窓には最適です。縦のラインが天井を高く感じさせ、開けた時も非常にスッキリします。
木製の物もいいかなと思ったのですが床,建具の色を考慮すると重厚感出過ぎと思い今回はご提案しませんでした。
3rd ではブラインド、照明、ラグなどカタログやサンプルで色々とご提案出来るので是非お声掛け下さい!
もちろん採寸から設置までやります。

最後にキッチンボード。といっても凄くシンプルなレンヂを置く台です。下に置いてあるゴミ箱も3rdでご用意しました!このゴミ箱、蓋が観音開きでなかなか使い勝手いいです。

今回はお引越後の為sofa→照明/ブラインド→テーブル/椅子→ボード類という順序で分納になってしまったのですが徐々に完成していく様子に「だんだんできてきたねぇ」と楽しんで頂き、最後の納品の際には「お願いしてよかった」と言って頂きとても嬉しかったです。
オーダー家具は設計から製作、お届けまで気が抜けないのでなかなか大変ですが、キッチリ収まりお客さんが喜んでくれると家具屋やっててよかったと毎回感じます。
お届け前日になかなか寝れない事も多々ありますが、家具って滅多に買い替える物じゃなくて、凄く長い間つかってもらう物じゃないですか!世の中には沢山の家具屋さんがある中で3rdを選んで頂けるって凄いなと、とても光栄だなと思います。これからもその為に日々精進していきます。
2012.10.07

T邸 ソファ・リビングテーブル お届け

横浜市青葉区のT邸にsofa built、オリジナルリビングテーブルをお届けしました。

ソファを以前からお探しだったT様。
3rdたまプラーザ店にご来店いただき、お気に入り頂いたソファがこちらのsofa built(ビルト)です。

リビングとダイニングがつながる間取りでは、ソファを間仕切りのように配置することが多くなります。その時に気になるのが、ソファの後ろ姿。
3rdのオリジナルソファは、前からはもちろん、後ろからの姿にも十分配慮してデザインをしています。

木枠のソファを多くご紹介している3rdですが、そのうちの一つであるsofa builtの特徴はこの美しい横格子!

座り心地はもちろん、その後ろ姿にゾッコンの様子でした!

今回はオリジナルのリビングテーブルも合せてお届けしましたが、そのリビングテーブルは素材のマルチ仕様となっています。

実は、お使いのダイニングテーブルが同じようにナラ材とウォルナット材のマルチ仕様。
お部屋全体の統一感を考えて、T様からのご要望でオリジナルのリビングテーブルとなっています!!

ソファカバーのホワイトと木枠のウォルナットの組み合わせもその流れを意識したもの。

お届けしてから後日、お店に遊びに来ていただいた際にも
「うちの色の組み合わせが一番ね♪」
と、出来上がりのご満足の様子でした!

自分たちのために“あつらえる”事ができるのがオーダー家具の魅力!
それを存分にお楽しみいただいたT様。
そのお手伝いが出来きた私たちも大変楽しませていただきました!

T様、ありがとうございます!またのお越しをお待ちしております!!

2012.10.06

3rd東戸塚店 ソファのご紹介

東戸塚店に新しいソファが入荷しました!

今回は、この新しいソファをご紹介しつつ、3rdのソファに対するこだわりをご紹介していきます!
まず本日、東戸塚店に到着したこちらのsofa innocence(イノセンス)は、ゆったりとした肘のデザインが特徴的です。

 

皆さんお分かりになりますか?

脚先から背の笠木と繋がるところまで木目が通っています。
3rdのソファは受注生産となっているので、受注をいただいてから、そのデザインに合わせて木取りを行います。この事で、一本一本の材料をしっかりと見極め適材適所、無駄なく美しくレイアウトしていくことができます。肘の木目の流れはこのような生産体制の賜物なんですね。
材料もアメリカンブラックウォルナット、アメリカンブラックチェリー、メープル、ナラと4種類から選ぶ事が出来ます。
しかもそれぞれ厳密に管理された材料ばかり。
その材料を日本で、家具作りのプロフェッショナルが製作していきます。

 3rdでは、ソファの後ろ姿にもこだわってデザインを起こします。
というのも、現在の住宅の間取りは、ダイニングとリビングが一つに繋がる一体型が大変多くなっています。すると家具のレイアウトとして、ソファは間仕切りのように配置される事がほとんど。
すると必然的にソファの後ろが見えてきてしまうのですが、後ろ姿までこだわってデザインされているソファはなかなか見つけられません。
後ろ姿こそ、ソファのデザインとして一番重要なポイントだと考えます。
sofa innocenceの後ろ姿は、幅広の貫が特徴的で高級感と安心感があります。

気になる座り心地は、「もっちり」とした感触。
まずは体をたっぷりのフェザーで受け止めて、その下にあるウレタンで背中と腰をしっかりと支えます。

その程よい柔らかさと安定感は、映画一本を姿勢を変えずにみることも出来るほど!
フェザーは、ハンガリー産マザーグースのスモールフェザーを100%使用し、目の細かいダウンプルーフ生地を大変細かなピッチで縫製したフェザーバックで包んでいます。

実際に体を支えてくれるウレタンは高密度・異高度積層ウレタンを使用していて、フェザーだけでは出せない安定感のある座り心地を実現しています。
さらに心地よい座り心地を実現するためのさらなる工夫がクッションの下に隠されているんです!

フェザークッションのしっとりとした座り心地の良さを最大限に発揮するために、ベースクッション材として最高級とされるイタリア製のウェービングテープをつかっています。
このウェービングテープは、一本あたり20kg前後のテンションでフレームに張り込んであります。
そのため、ドカッと座りこんでも優しく受け止めるように体をあずけるられますし、クッションの中身のウレタンやフェザーの痛みも軽減してくれます!
まさに縁の下の力持ち!!

このような様々な工夫をすることで、包み込まれるようで、それでいてしっかりと体を支えてくれる独特な「もっちり」とした座り心地が実現します。

そして、もうひとつの大きな特徴がフルカバーリングであること!

色や織り方、素材の異なるイタリア製の生地と仕上げの違うレザーからカバーをお選びいただけます。生地のカバーであればドライクリーニングで清潔に保つ事ができ、替えカバーを用意しておくと季節での衣替えもできます。

 無垢の家具と一緒で、このソファの木枠は一生使っていけるもの。
クッションの部分をメンテナンスできる構造とすることで、ご自身で手入れをしていきながらずっと付き合って行ける3rdのソファ。

十分に魅力は伝わったでしょうか!?
今回はsofa innocenceでご紹介しましたが、たまプラーザ店、東戸塚店とも違うモデルも常時展示しています!
ソファの良さは実際に腰掛けてみて初めて分かります。

ソファの買い替えや購入を検討中方がいらっしゃいましたら、是非お試しください!
スタッフ一同お待ちしています!!

2012.10.05

A邸 ダイニングセット お届け

横浜市都筑区のA邸にBlisstable、nenechair、kakinoisuをお届けしました。

今まではリビングテーブルでお食事などを済まされていましたが、お引っ越しを機にダイニングセットの購入を検討されご来店いただいたA様ご夫婦。

3rdのダイニングテーブルには様々なタイプがあります。その中でも大変人気のあるモデルが、Blisstableです。

Blisstableは、幕板ではなく蟻型吸い付き桟という古来の伝統技法を用いて木の無垢材の反りを抑制したテーブルです。
幕板を必要としないため、肘付の椅子もしっかりと奥まで納める事が出来ますし、何より脚の取り回しがすごく楽になります。

またシンプルなデザインであるため、置くお部屋を選びませんし、その安定感のある雰囲気は木の無垢材の魅了を十分に感じさせます。

そんなBlisstableに合せてお選びいただいた椅子は、3rdオリジナルのnenchairとKakinoisuです。

ダイニングセットの場合、椅子のデザインをそろえる方が多い中、今回はそれぞれがお気に入りのマイチェアを選ばれました。
実は奥様は腰をしっかりと支えてくれる椅子を以前からお探しでしたが、なかなか見つからないとお悩みでした。
そこでお勧めしたのが、nenechairです。

椅子には大きく分けて二通りの体の支え方があります。
まずは、nenechairのように腰を支えるもの。
そして、kakinoisuのように背中を支えるもの。

腰をしっかり支えつつ、背中のS字カーブに沿うように削り出された笠木は、すべて手作業。座りやすさと職人の技術が詰まったnenechairに一目ぼれ頂きました!

そしてご主人は、背中をしっかり受け止めてくれるkakinoisuをチョイス!
それぞれお部屋の雰囲気に合せて木部をウォルナットで製作し、張地はオフホワイトのビニールレザーでお作りしました。

お届けの際、ご主人がご不在で感想をお聞き出来なかったのが残念ですが、奥様は椅子の座り心地やBlisstableの出来上がりに大変ご満足の様子でした。

「引っ越しがだいぶ落ち着いてきたので、次はソファかな!?照明やブラインドも考えたいな♪」

と、これからの先の充実したご自宅を想像されていた奥様が大変印象的でした!!

・・・実はご主人がブログの更新を大変楽しみにされいたそうで、なかなか更新できず、本当にごめんなさい!
お近くにお越しの際は、3rdにお立ち寄りいただき感想をお聞かせ下さい!
展示品も大きく変わっていますのでお楽しみいただけると思います!

それではまたのご来店、お待ちしています!!

2012.09.28

F邸 ソファ、プラグテーブルお届け

鎌倉市のF様邸へソファとプラグテーブルをお届けしました。
千葉から鎌倉へお引越しの予定だったF様。
『今回新調する家具がソファだけなので、とことんこだわりたくて♪』とわざわざ遠方からご来店いただきました。
実際に店内に展示のあるソファに座って頂くとお気に入りいただいたのがsofa waveです。
ホームページでも見て気になっていたこのソファ、『想像以上だね!』とこのモッチリとした座り心地に惚れこんでいただきました。
また、お部屋の中心にレイアウトするということもあり、背面から見た木枠のデザインもお気に入りいただいたポイントでした。
このsofa waveはフェザーとウレタンの組み合わせによって、最初のお尻当たりはフワッと沈み込み、その下のウレタンがしっかりと腰を支えてくれる構造になっています。
フェザーもハンガリー産のスモールフェザーを使う事で柔らかさの中にコシがあり、包み込んでくれるような包容力があります。
実際に座ると映画一本同じ体勢で見る事ができ、いつの間にか寝てしまっている程です。
木枠にももちろんこだわりがあります。
無垢の樹に着色をせず使う事で、樹本来の経年変化をしてくれるのが特徴。
今回F様が選ばれたウォールナットもだんだんと明るくキレイな色へと変化してくれます。
また、節を入れないのも特徴です。ここから割れが出てしまう事も多く、節を入れないのも長く使っていただく為のポイントです。
生地色は今までお作りした実例を見ていただくと目に留まったのが紫生地のsofa wave
最初から紫のソファを求めて来る方はなかなか少ないのですが、ウォールナット×紫の組み合わせを見て一目惚れで『これが良い!』と決める方が多い生地色です。
ウォールナットに多く含まれるタンニンが紫と相性が良く、渋い色味の木肌に良く映えるセレクトです。
ソファを試して頂く中で気になったのがこちらのプラグテーブル。
ソファに座りながらお茶やお酒を楽しんでいる時、リビングテーブルだと少し遠く感じる事などもありますが、このプラグテーブルだとベストな位置で楽しめあす。
F様も『ソファの周りにあまり物を置きたくないから丁度良いね!』とプラグテーブルの使い勝手に惚れこみ、同じウォールナットでお作りさせて頂きました。
お届けに伺ったところ、リビングが二階ということで、今回は階段から上げることができなく、吊り上げで搬入させていただきました。
サードの頼れる男、4人でお伺いし、バッチリと納める事が出来ました。
奥様からも『この色にして良かった!』と待ちに待ったソファとのご対面を喜んで頂け、早速座り心地を確かめながら楽しんでいるお子さんが印象的でした。
F様ありがとうございました!
お気に入りのソファに座りながら、家族団欒を楽しんで下さい♪
2012.09.25

I邸 TVボード、カウンター下収納お届け

川崎市幸区のI様邸へTVボード、カウンター下収納をお届けしました。
チラシをご覧いただいて、お電話いただいたI様。
スピーカーを隠せるボードをお探しだったのですが、そのスピーカーがなかなかの大物で、ピッタリのボードが見つからないとご相談を頂きました。
実際にスピーカーを見せていただくのが一番とお伺いさせていただくことになり、後日そのスピーカーを拝見すると、想像していたよりも大きいスピーカー!
こちらのスピーカーなんとご主人の自作のスピーカーなんです!
良い雰囲気も醸し出していたので、『隠すにはもったいないですよ!』とご提案すると、『ほらっ!』とご主人も隠すのには少し反対だったご様子で、奥様も『そこまで言ってくれるなら』とスピーカーは隠さず、その間にTVボードをお作りすることになりました。
TVボードのサイズもこだわりサイズです。
ご主人はスピーカーだけでなく、もちろんアンプも特別です。
『これが欲しいんだよ!』とご紹介頂いたのが、マッキントッシュのアンプでした。
ゆくゆくはこちらのアンプをご購入するということだったので、しっかりと収納出来るサイズでお作りしました。
奥行きも大きかったアンプに合せてD650mmと少し大きめのサイズでお作りしました。
また、アンプは熱対策も重要です。
今回は天板奥に通気口を作り熱対策としました。
何を入れるか決まっているからこそご提案できるのがオーダーメードの良さですね♪
樹種に関しては『やっぱりこのスピーカーに合せるならウォールナットだよね』と渋い色味のウォールナットに惹かれ決定です。
また、奥様からは『これから部屋作りをしていきたいけど、なにを置いていいのかさっぱりで・・・。』とご相談を頂きました。
お話しを伺う中でポイントになったのが、ご主人がお酒好きということで、奥様がセレクトしたグラスを飾れるボードをご提案しました。
キッチンカウンタ-前にちょうど梁が出っ張っていたので、その奥行きに合せてデザインをすることに。
その場で絵を描くと、『イイね!この角の丸みが良い!』とお気に入りいただいたのですが、TVボードと一緒にやろうか悩まれていました。
ご主人から『やろう!!今やっても後でやってもやるんだから♪』と背中を押してくれた一言で、奥様も『お願いします!!』とお作りすることに決定!
カウンター下収納も同じくウォールナットでお作りすることになりました。
最後にお部屋の採寸をさせていただいていると、以前にお住まいだったのがお店のある東戸塚だった事もあり話しが盛り上がりながらの採寸となりました。
『なんだか懐かしくなりました』とその当時の想い出話しなども伺えて、私たちも楽しい訪問となりました!
完成し設置させていただくと『イイね!やっぱり質感が違うね!』と喜んでいただけました。
I様ありがとうございました!
お時間がありましたら是非お店の方にも遊びにいらしてください!
2012.09.21

I邸 ダイニングセット、ソファお届け

横浜市戸塚区のI様邸へtradition tablepepe chairsofa poundをお届けしました。
マンションご購入をきっかけに家具を新しく揃えたいとご来店頂いたI様。
ご家族みなさんが樹の家具が好きということで、『キレイだね♪やっぱり樹の家具が良いよね!』と職人の真面目さが出た家具をお気に入りいただきました。
その際に、レイアウトを含め家具のサイズ感など全体的なご提案が出来る事をお伝えすると『それ良いかも♪自分たちだけだと全部良く思えちゃうから決まらないんです()』と後日具体的なご提案をさせていただくことになりました。
図面を基に、ダイニングテーブルのサイズ、ソファのレイアウトなどをご提案しながら、ご要望をお聞きしました。
まずダイニングセットです。
『テーブルはこっちが良いな~』とお気に入り頂いたのが、トラディションテーブル。
展示のあったウォールナットのテーブルを見ると、一目惚れしてしまったようでこちらのトラディションテーブルをご用意することに。
大きさはご両親がよく遊びにいらっしゃるということだったので、4人掛けに少しゆとりを持たせたW1500mm×D800mmに決定です。
椅子は奥様の強いご要望pepe chairです。
『最初から気になっていて♪』とお気に入りいただきました。
ただ、他にも気になっている椅子があるということで、何度も座り心地・触り心地を確かめていらっしゃいました。
『うん、コレ!』とご決断頂き、pepe chairを2脚お作りしました。
生地も『結構色々あるんですね!』と楽しみながら選んでいらしたのが印象的でした。
しっかりと吟味しながら選ばれたのがこちらのブラウンの落ち着いた色です。
ブラウンとホワイトの織りがしっかりと出ている生地でウォールナットにも良く馴染んだ良い色味です。
最後にソファです。
少し硬めの座り心地が好みだったI様。色々と試して頂く中で『ちょうど良い!』とお気に入りいただいたのがsofa poundです。
こちらはSバネと積層にしたウレタンの組み合わせによってしっかりとしたお尻当たりと、弾力のある座り心地になり、腰をしっかりと支えてくれる構造になっています。
I様のご要望としては座り心地とデザインはバッチリだったのですが、『もう少し背もたれが硬いと良いかも』ということで、こちらもしっかりと合せてお作りしました。
通常より倍のウレタンを入れる事で背クッションを硬くお作りし、I様にも『おぉ!イイ感じ!』と喜んでいただけました。
Sofa poundOTのデザインもソファのアームに合せてロの字にしています。
こちらのデザインも『カッコいい!』とお気に入りいただきお作りしました。
ソファ・OTの生地も悩みました()
一番最初に気に入った生地で作らせて頂いたのですが、『でもこれも良いし・・。』としっかりと悩みに悩んだ末、最初のインスピレーションを大事にし決定しました。
意外と最初に『あっ!』と目に付いたものが一番良かったりするものですよね♪
椅子との生地とも相性が良く、絶妙なセレクトです!
お引越しに合せてお届けさせていただくと『わぁ!やっぱりカッコいいね♪』と喜んで頂き、お母様にも『部屋が広く見えるね!』とお褒めのお言葉を頂けました。
I様ありがとうございました!
新しい家具が揃った新居生活を存分に楽しんで下さい。
お店からは更に近くなったので、またご家族で遊びにいらしてください。
2012.09.16

K邸、N邸 ダイニングチェアお届け

座間市のK様邸へchair10002脚お届けしました。
以前にラウンドエクステンションテーブルをお作りしているK様。
そのテーブルに合せてダイニングチェアをお探しとご来店いただきました。
久々のご来店に私たちもつい嬉しく、テンション高めの接客になりました()
K様のご希望は『お尻当たりの良い椅子!』ということだったので、何脚か試して頂くと、その中でお気に入りいただいたのがこちらのchair 1000でした。
この椅子は構造が少し変わっていて、通常座面にはベニヤの上にウレタンを乗せカバーリングするという方法をとるのですが、ベニヤの代わりにSバネを使用することで、お尻当たりがソファのような感覚になります。
この硬すぎず柔らかすぎずの座り心地をお気に入りただき、最後に生地選びとなりました。
生地見本を見ていく中でお気に入りいただいたのが、こちらのグレーの生地。
汚れが気にならない方が良いというご要望にも合った、落ち着いたキレイな生地色で製作させていただきました。
お届けに伺い合せると、『前から使ってるかと思うぐらい馴染んでるね♪』と、以前にお作りしたテーブルとも相性抜群のセレクトになりました。
お子様にもお喜び頂けたご様子で、写真を一枚♪
テーブルをお作りした際の想い出話しもお聞き出来て、楽しいお届けとなりました。
K様ありがとうございました!
少し遠くなってしまいましたが、また遊びにいらしてください♪
続いてN様邸へお届けしたkuku chairをご紹介します。
N様も以前に鏡台をお作りさせて頂いたお客様です。
一度きりの付き合いではなく、何度もご依頼いただける事に本当に嬉しく思います。
今回はお子様用の椅子を作りたいということでご来店いただきました。
いろいろと座って頂く中でお気に入り頂いたのがkuku chairでした。
ですが、まだ小さい身長にはシートハイが足りませんでしたので、そこで提案したのが極厚のクッションの製作でした。
N様も『それ良いですね!身体が大きくなったらクッション外すだけで良いしね♪』と座面の形状ピッタリに合せた厚み6cmのクッションをお作りしました。
生地は娘さんのお気に入りの色です。
『これが良い!!』と赤味の強いピンク色に早々と決定。
ウォールナットにもしっくりくるセレクトが見事でした♪
また、後日再度ご来店頂いたN様。
お母様の椅子も一緒に欲しい!ということで、椅子を一通りご紹介すると、お孫さんから『私これにしたの!』とkuku chair押しのご紹介()
お母様も『イイじゃない!イイじゃない!これにしよう♪』とkuku chairに決定です。
もちろん座り心地もお気に入り頂きました♪
お母様は少し落ち着いたベージュ系の色味をご用意させていただくことになりました。
孫とおばあちゃんがお揃いの椅子に座るとは、なんだか嬉しくなる光景ですね。
お届けに伺うと、出来あがったkuku chairに『やっぱりこれにして良かったね♪』と喜んで頂けました。
N様ありがとうございました!
お揃いの椅子で家族団欒を楽しんで下さい♪
2012.09.13

H邸 壁面収納お届け

横浜市青葉区H様邸へ壁面収納をお届けしました。

お引越しを機に、お部屋に壁面を使った収納をお考えでご来店下さったH様。
「こんな感じで考えています。」という資料をお持ちだったので、それをもとにして後日プランをご提案させていただくことになりました。
最初にご来店下さったのが奥様お一人だったのですが、後日お作りした資料を見にご家族でご来店下さり、イメージにもご納得!お作りすることになりました。

TVボードをメインとした壁面収納は、幅4mの壁一面を使っているので、収納力もかなりあります。
実は設置した壁は上部に少し梁が出ており、そこの納まりがうまくできないかと気にして見えたので、天袋の収納部分の後ろ側を梁合わせにして奥行きを少し小さくし、正面からの見た目にはわからないようになっています。

一番左のカウンター側にはPC用のデスクを入れたのですが、デスクの左上に点検口があったことと、大きな梁が出ていたので、ここはデスク単体で。

TVなどの電源は右下にあるコンセントから引っ張っているのですが、その部分を開口にし、ルーターなどの表に出ていると気になる機器をしまいこんでいるので、表面的なごちゃごちゃ感もありません。

今回の素材は天然の木ではなく、いわゆる合板と言われるもので、白いプリントタイプの表面材を使ったボードなのですが、「安っぽい感じなんじゃないの?」と、お思いの方もいらっしゃるかもしれません。
でも、私たちは基本的には「長くお使いいただけるもの。」を、と思い家具をお作りしているので、内部の芯の素材や芯の入れ方など、見えない部分にも手を抜くことなく、無垢材を扱う家具職人が作るので、仕上がりもキレイです。

また、色も白といっても、黄色っぽい白もあれば、青っぽい白もあったり、艶があるものもあればマットなものもあり・・・といった感じで様々ある白の中から、少し黄色みのある、マットな白をお選びいただきました。
床が少し木目を残した白い床だったので、黄色みがかった白が雰囲気も柔らかくてキレイでした。

全体的に、収納部分は中身が見えない方が良いということでフラットな扉を付け、壁が少し前に出てきたようになっていますが、白ということもあり、全体的に明るく馴染んでいるので、最初からそこに合ったかのように圧迫感もなくスッキリです。.

設置の際は、分割して作ったものを組み上げ、1cm程のクリアランスの隙間を埋めるという作業をさせていただいたので、少し長いお時間をいただいたのですが、2人いらっしゃるお子様もずっと楽しそうに作業を見守ってくれていて、出来あがりも嬉しそうに一緒に確認してくれていました。
もちろん一緒に見守って下さっていた奥様も「スッキリしていいですね~。」と、一緒におよろこびいただきました。

後日棚板をもう一枚欲しいということで、追加の棚板をお持ちした時に撮影させていただいたのですが、すっかりしっかりH様の収納として大活躍していました♪
実際に収納してみて、「今まで出せるところが無くて、ずっとしまってあった食器をやっと飾ることができて、毎日どれを使おうか選ぶのが楽しいです!」と、使い心地にもご満足いただけているご様子をお伺いすることができて、嬉しくなりました。

H様ありがとうございました。
新しい生活と共に、末長くお使い下さい。

2012.09.13

O邸 リビングダイニングのコーディネート

横浜市戸塚区のO様邸へリビングダイニングのトのコーディネートをさせていただきました。
今回ご提案したアイテムはダイニングセットとソファと壁面収納、更にブラインドもご提案させて頂きました。
東戸塚店のお近くにお住まいだったO様は以前にもご来店いただき、樹の家具の雰囲気やオーダーメードで作るお客様専用の家具に興味を持って頂き、マイホーム建設にあたって再度ご来店頂いたのでした。
ご新築の図面を持ってきて頂いたので、その図面を基にレイアウトを考えました。
左手側がリビングスペース、右手のキッチン側がダイニングスペースとなります。全体的にウォールナットでご提案したことで統一感のある、落ち着いたコーディネートになりました。
リビングスペースには収納力バッチリな壁面収納とソファをご提案。
ソファは以前にご来店頂いた際に気になっていたsofa wave
座り心地ももちろん、背面のデザインをお気に入りいただきました。
今回のレイアウトは玄関から入ってくるとお気に入りの背面のデザインがまず目に入る形になっています。
サイズもご家族の人数に合せて3Pよりも更に大きいW2100mmでお作りしたので、存在感溢れるソファとなりました。
生地は以前にお作りしたパープルのソファを見ていただくと、一目でお気に入りいただき、早々と決定です。
写真はご提案の際に見て頂いた写真です。
次に壁面収納です。
今回根本店長苦労しました()
置きたい場所のサイズは図面を基に割り出し、そこへ収納したい物をリストアップしました。
今回収納したい物はこちら。
・テレビ、ゲーム機2台、HDDレコーダー、ウーハー、DVD(多数)、ヴァイオリン、楽譜(A3)、ミニコンポ、雑誌、パソコン3台、プリンター、お子様の勉強道具、と盛りだくさん♪
そこへ飾り棚も付け、更にエアコンを隠すため、天袋部分を格子にすることになりました。
『これをこっちに入れて、これはあっちに入れて』と何度もシミュレーションをし、O様のご要望の物全てを網羅する壁面収納&デスクが出来あがりました。
盛りだくさんの仕様に苦労していた根本店長がやっとのことで完成した図面を前に『俺もまだまだだな、、、』と渋い一言が漏れるほど疲れ切っていました()
デスクスペースにはご主人一目惚れのori stoolもご用意することに。樹種は遊び心を入れてウォールナット・チェリー・メープルを1脚ずつ計3脚です。
デスクにも使え、来客の際にはダイニングテーブルにも合せて使ったりと活躍が期待できるセレクトになりました。
次にダイニングスペースはアイランドキッチン前のスペースを使います。
キッチンに対して直角にテーブルを置くと動線が悪くなってしまう為、平行に設置することに。
サイズはご夫婦にお子様が3人でお使いになるということもあり、W2100mmのテーブルをご提案。
更に、O様のお好みはトラディションテーブルでした。
ご来店頂いた際に展示のあったトラディションテーブルを見ていただくと『キレイだね!せっかく一生物になるんだしこっちの方が良いな♪』とW2100mmのトラディションテーブルをご用意!迫力満点のダイニングテーブルになりました!
ダイニングテーブルに合せたのはnene chairとベンチです。
椅子は色々と座っていく中で気に入ったのがnene chairでした。
ゆったりとした座り心地と隅々まで気を使ったデザインがお気に入りいただいたポイントとです。
こちらをご夫婦用に2脚ご用意。
張地はソファに合せた発色の良い紫色にしました。
また、長手に使っていただくようにベンチのデザインをいくつかご用意すると、その中で気に入ったデザインのこちらのベンチが決定。
今回は新しいデザインでのご提案だったので、私たちも出来上がりがワクワクでした。
また、特注でベンチ用のクッションもお作りしています。
ベンチにそのまま座るのはお尻が痛くなってしまうだろう、という事でご用意させていただくことに。
ただの四角いクッションではつまらないと、ori stoolの座面の形に合せてお作りしました。
勉強の時にはこのクッションをori stoolにも使っていただきたいと思ってご提案しています。
最後にブラインドもご提案。
今回はハンターダグラスというオランダ発のブラインドブランドをご紹介です。
ダイニングスペースの窓にはシルエットシェード、リビングスペースの腰高窓にはデュエットシェードを3連で取付けさせて頂きました。
シルエットシェードはパッと見横型ブラインドなのですが、ブラインドの羽根を前後から2枚のレース生地で挟み込んでいます。
ブラインドを開いた時にはレース生地のおかげで柔らかな光を取り入れる事が出来ます。
ブラインドを閉じた時には紫外線を99%カットしてくれ、開いた時にも80%カットと、フローリングや家具焼けも防いでくれるのも嬉しいポイントです。
写真はたまプラーザ店に展示のあるシルエットシェードです。
横から見るとこんな感じになっています。
デュエットシェードは今回トップダウンボトムスといって下からはもちろん上からもブラインドを開ける事ができます。
実はO様邸はリビングの腰高窓からお墓が見えてしまうのが悩みでした。
『ずっとブラインドを締めきっているわけにもいかないし・・・。』ということでしたので、こちらのデュエットをご紹介しました。
自然光を取り入れたい時には上から開けることで、外の景色は隠しつつお部屋を明るくしてくれます。
ブラインドも寸法バッチリで全て窓枠内に納めた事で、スッキリとした印象になり、素敵なお部屋の雰囲気を作り出してくれました。
全ての家具を納めさせていただくと、『おぉ!やっぱり実際に家具が入ると雰囲気が増すね♪』と喜んで頂き、私たちも苦労した甲斐がありました()
O様ありがとうございました!
ウォールナット×紫で統一したリビングダイニングで家族団欒を楽しんで下さい!
また今回、雑誌家具コレクションにO様邸の取材が載っております。
プロの撮った写真でO様の家具が更に映えたご紹介となっております。
現在書店にて絶賛発売中ですので、是非ご覧ください!
2012.09.06

N邸ダイニングセットお届け

以前にサイドボードとウッドデッキを作らせて頂いたN様。
サイドボードをお作りした際に、ゆくゆくは高さを合せたダイニングテーブルをというお話しをさせていただいておりました。
N様としてはまだまだ先のお話しと考えていらしたのですが、なんと双子をご妊娠されたということで、『家族が増える前に揃えたくて♪』と再度ご来店いただきました。
お腹の大きい中ご来店頂いたのは私たちにとってすごく嬉しい再開となりました。
ダイニングテーブルは以前にお作りしたサイドボードの高さにピッタリと合せダイニングテーブルに寸法を合わせH650mmでお作りすることに。
大きさはキッチンカウンターに合せW1800mmに決定。
テーブル天板はサイドボードの天板と同じ20mmの厚みにした事で、大きいテーブルでも軽やかなイメージなダイニングテーブルになりました。
また、樹種はサイドボードと同じメープル材でお作りしています。
メープル好きのN様。樹種決定はかなり早々と決定でした♪
今回脚の形状もこだわりポイントです。
テーブルを置いた際にサイドボードからの物の出し入れがしにくくなる事を懸念されていた事と、座卓にもしたいというご要望もあったので、たまたま居合わせた工場長も含めて打合せをさせていただきました。
今回製作は工場長ご指名で製作です♪
N様のご希望はT字脚だったのですが、いつも作らせていただいているデザインだと存在感が出過ぎてしまう為、細身のT字脚をお作りすることに。
デザインも根本店長がこだわり抜いた形状に。
『これ絶対いいでしょ!』と興奮していたのが印象的でした()
脚位置はすこし内側にし、サイドボードからの出し入れの障害にならないようにしています。
今回テーブルに合せた椅子はpepe chairkuku chairです。
展示の椅子を一通り座って頂き、デザインと座り心地で奥様がkuku chairをお気に入りいただきました。
ご主人はkuku chairだと少し小さく感じたので、『こっちの方が良いな♪』とkuku chairよりもゆとりのあるpepe chairに決定です。
こちらも同樹種のメープルで製作!
生地が悩みました()
白くメープルで統一されたお部屋なので色味を強めにした生地でと悩まれたのですが、実際に採寸する際にお部屋に伺い、生地見本をお持ちしイメージを固めていただくことに。
悩んだ末決まったのが、キレイなブルーの生地です。
白いメープルに良く映えて見事な選色になりました!さすがです♪
お届けに伺い設置させていただくと『おぉー!イイねイイね♪』と喜んでいただけました。
メープルで統一された素敵なダイニングスペースが完成し、あとはご出産を待つのみとなりました!
その後可愛い双子ちゃんを連れてお店にご来店頂きました。
ブログが遅くなってしまったので、ご出産後のブログアップとなってしまいました。ごめなさい!!
これから更ににぎやかになった食事をこのダイニングセットで楽しんでください!
N様ありがとうございました!

また、ご家族で遊びにきてください♪

2012.09.03

N様 ダイニングセット お届け

横浜市青葉区のO様に特注TVボードをTraditionテーブルとチェアS2をお届けしました。

O様は、リビングテーブルを座卓の様に使って食事などをされていましたが、そろそろダイニングセットを揃えようかっ!とご夫婦でご来店されました。
O様は、ダイニングセットを置くキッチンカウンター前周りの採寸をされて、メモとしてお持ちになっていました。

お手持ちのメモを参考にさせていただき、生活の導線などを考えキッチン前のダイニングを含むお部屋全体の様子を把握するとダイニングテーブルのサイズは幅が1600mm、奥行きが650mmのサイズがバッチリのサイズ!この大きさは3rdがお勧めする4人がゆったりと座ることのできるサイズです!

オーナーからたっぷりと無垢材の魅力をお伝えさせていただいたO様。
すっかり無垢材に魅せられたようで、商談に使用していたウォルナット耳付きのTraditionテーブルをお気に入りに!
そして今回は、新しく材料を購入するタイミングと重なったためブックマッチという手法で天板を製作しました!

ブックマッチとは、厚い板材を割り、その割った材を本の様に見開きを広げるように並べて矧ぎ合わせます。このようにすると、写真の様に木目がシンメトリーになって無垢材ならではの魅力あふれる天板となります!!

「キレイな板になりましたね!こういうものは、実物を見ないとなかなか決めきれないけど、お任せした甲斐がありました!」

と大変関心のされた様子のO様!
これが、お客様の要望に応えるために材料選びから制作まで自社の工房で請け負うことのできる3rdならではの完成度なのです!

そしてダイニングチェアは、ダイメトロールという座面にトランポリンの様な素材を使用した座り心地が特徴的なチェアS2をチョイス。
木部は天板に合せてウォルナットで製作。張り地についてはお部屋の壁紙と合うようにホワイト系のビニールレザーで張り込んであります。

明るめの室内にウォルナットの濃い色が指色として落ち着いた雰囲気になり、特徴ある天板が有機的な印象を与えてくれるお部屋となりました!

「素敵なダイニングセットになりました!ありがとうございます!」

ご夫婦とも大変お喜びのご様子!
僕らも納得いただけるものを製作、お届けできて大変嬉しいです!

O様、ありがとうございました!

3rdでは、今回お届けしたような木材の魅力あふれる一枚板を常時展示しています!

樹種もウォルナットから日本古来の材であるケヤキ、アフリカ産の希少価値のあるものなど取り揃えていますので、是非ご来店いただき実際に触れていただきたいと思います!

それでは皆様のお越しをお待ちしておりますっ!

2012.09.01

K邸 ダイニングテーブルお届け

横浜市戸塚区のK様邸へBLISS tableをお届けしました。
お子様が生まれるのを機に、3人でゆとりを持って使えるテーブルが欲しい!とご来店いただきました。
工房の丁寧な仕事ぶりや、使いやすくする工夫などをご紹介すると、『イイですね!欲しいな~!!でももう少し悩みます!』と後ろ髪を引かれながらご帰宅されたK様。
後日『やっぱりお願いします!今回は椅子を我慢してテーブルに全てを掛けます()』と嬉しいお電話を頂きました。
今回K様は、この天板厚40mm80mm角の脚のどっしりとした雰囲気をお気に入りいただきました。『存在感があってイイですよね!』と上から横から下からとじっくりと見ていらしたのが印象的でした。
また、仕上げの方法もこだわっています。
今回はウレタン仕上でお作りしているのですが、ウレタンは厚く塗ってしまうと、樹の質感が無くなってしまいます。
無垢板を使って作っても樹の質感が無くなると、せっかくの手触りの良さがなくなるので、仕上げに3rd独自の工夫を入れる事で質感を残し、更に水にも強いテーブルが出来あがります。これは実際に3rdのテーブルを触って頂くと『なるほど!』と感じて頂けます。
毎日手で触れてハードに使うテーブルだからこそ、【道具】として使いやすいテーブルの仕上げも心がけている大事なポイントです。
樹種は展示のウォールナットテーブルの色味に魅力を感じて頂き、早々と決定です。
ウォールナットが多く含んでいるタンニン色素が抜ける事によって、明るくなる経年変化をしてくれるのが特徴。ただ明るくなるだけではなく赤みが強くなりキレイな色味に変化してくれます。
更に、手で触れたり、毎日の拭き掃除で繊維が寝て、樹の自然な艶が出てくれるのも魅力的。
東戸塚店に展示のある、オープンからこれだけは絶対に売らないと決めているBLISS tableを見て、『こんなキレイな色になってくれるんだね!無着色の良さが分かりました!』とK様も使いこんだ時に出る味を楽しみなご様子でした。
上の写真は東戸塚店で使い始めて6年目のテーブルです。
ご主人はBLISS tableの角を残したシャープなイメージがお好きだったようなのですが、奥様が幼少期テーブルの角に頭をぶつけた記憶があり、これから生まれる子供の為にどうしても丸くして欲しいとご要望を頂きました。
ご主人と奥様のご要望の間をとって、出来る限りの小さい経で加工をさせていただきました。
BLISS tableのシャープさを残しつつ、お子様の為の愛情も見える素晴らしいテーブルになりました!
最後にご要望を頂いたのが、3rdショッププレートです。
『ブログを見て付けて欲しいです!3rdの烙印を押してもらって更にカッコいいテーブルにしてください!』とご依頼頂き、こちらも是非に!とお届けに伺った際に、場所を相談しながら取付させていただくことに。
後日完成したテーブルをお届けに伺ったところ、奥様は出産の為ご実家に帰られているということで、ご主人とテーブルのご対面となりました。
設置の間、写真を撮っていらしたのも印象的でした。
『テーブルの裏側を見るのはこれからないかもしれないから()』と楽しそうにしている様子に私たちもすごく嬉しい気持ちになりました。
テーブルの届く2週間前に無事お子様が生まれたそうで『子供と同じ年のテーブルになりました!』と、これから一緒に年を重ねる記念的なテーブルになり、テーブルについても『キレイですね!ホントにお願いして良かった!』と喜んで頂けました。
K様ありがとうございました!
またお子様とご家族揃って遊びにいらしてください♪
私たちもテーブルと同じ年のお子様に会えるのを楽しみにしています!
2012.09.01

Arts&Craft 2012 開催のお知らせ


3rdの誇る職人とデザイナーたちのオリジナル作品の展示•販売会を行います。
普段表に出ることなく、裏で3rdを支えてくれる職人たち。
いつもは特定のお客様の為に家具をつくり続け、日々新しいことをに挑戦しながら腕に磨きをかけています。
そんな、つくりに関して妥協を許さない彼らのオリジナル作品を発表。また、家具だけではなくデザインを手掛けるアーティストたちの作品も展示•販売します。
なかなか他では見ることのない作品ばかりですので、この機会に是非3rdたまプラーザ店にお立ち寄り下さいませ。
スタッフ一同心よりお待ちしております!!

期間:2012年9月6日(木)〜9月11日(火)
時間:11:00〜19:00
場所:3rdたまプラーザ店
   〒225-0004
            神奈川県横浜市青葉区美しが丘1-11-10ポリニアA

2012.08.27

N様 特注TVボード お届け

横浜市青葉区のN様に特注TVボードをお届けしました。

N様は、TVの買い替えを機にTVボードをお考えでご来店いただきました。
「TVを見るより音楽を聴いている時間の方が長いから。」
とTVよりもお気に入りのスピーカーを生かすようなものをご希望されていて、しばらくお話をうかがっていると、
「実は、デザインを考えてきてるんだよね!」
と、置きたい場所、スピーカー、オーディオの寸法やこれから買うテレビの品番など詳しく書き込んだメモとそれを落し込んだTVボードのスケッチをお持ちでした。

見事なくらい詳しく書き込まれたメモとスケッチをもとに打ち合わせをさせていただくと、テレビやオーディオを設置するには寸法がギリギリ過ぎていたり、機器の持つ熱の逃げ場がなかったりと改善すべき点が見つかったため、それらを解決する案をこちらからもご提案!
「なるほどね、なるほどね!」
とN様もご納得の様子で、後日ご自宅にお伺いしスピーカーや設置場所を拝見させていただきました。

現状置かれているキャビネットやCDラックを移動させ,そこに今回お作りするTVボードを置くという配置。スピーカーの位置は変えずTVやオーディオをすっきりと収納したTVボードがこちらです。

背板には機器の放熱のための大きな開口が空いています。
さらに現場で配線の取り回しをもっと楽にするために収納する機器に合せて開口を広げました。これは製作した職人が現場設置に伺う3rdだからこそできるワザです!

そしてボード本体の両側にはスピーカーケーブルを通すための穴も設けています。
こうすることで無駄な配線を表に出すことなく見た目の納まりがすっきりとします。

現場調査では飾られている額の寸法もしっかりと計らせていただいていたので、額との高さ関係もバッチリ!
お部屋のポイントとなるような関係性を持たせました。

N様も、
「バッチリだね!何度も打ち合わせをさせてもらった甲斐があったよ!ありがとう!」
とご納得、お喜びの様子でした! 

N様ありがとうございました!
3rdでは、お客様と一緒につくっていくというプロセスを大事にさせていただいています。
N様の様に具体的なご要望や、もちろん一からのご相談でもかまいません。
3rdと一緒に納得のいく、よりよい生活のための道具をあつらえてみませんか?
皆様のお越しをお待ちしております!

2012.08.25

K邸ラウンジチェア補修とリビングテーブルお届け

横浜市戸塚区のK様邸へラウンジチェアの補修とクッションをお作りし、合せてリビングテーブルをお届けしました。
以前にご来店いただき、自社工房が近くにあるので家具製作だけではなくウッドデッキや家具の補修など、『なんでも出来ます!』とご説明をさせていただきました。
その後、長野にある別宅の家具を処分するということで、籐で出来たラウンジチェアだけは持ってきたいとの事でした。
すごく座り心地が気に入っていて、せっかく持ってくるなら補修して使っていきたいと、ご来店いただいたK様。
そのラウンジチェアを持ってくるにあたって、いくつかご要望を頂きました。
まずは補修です。
イイ感じに経年変化をしている籐の色味はそのままにアームやヘッド部分の毛羽立ちを落としクリア塗装をする形で補修をすることになりました。
次にそのラウンジチェア用のクッションです。
展示のあったsofa waveの後ろ姿を見てイメージが膨らんだK様。
『ラウンジチェアの後ろからクッションが見えればキレイよね♪』ということで、クッションを作らせていただくことに。
生地はご自宅でお使いのソファと同じ生地を探しました!
籐と白い生地の組み合わせがキレイな印象で、お部屋を明るいイメージにしてくれます。
本を読んだりするには頭に合せるクッションも欲しいということで、ヘッドクッションも合せてお作りしました。
固定する紐を合皮のブラウンで作ったのもポイント。
四角いクッションを作る予定が、ヘッド部のカーブに合せて丸く作ってしまい、新たに四角いクッションを作るというハプニングもありました()
その丸いクッションはプレゼントさせて頂くことに。
『餃子みたいだけど、これ腰に入れるとちょうど良いよ!職人さんにお礼言っといて♪』とK様には大変好評を頂いたのでした。
最後にリビングテーブルです。
以前からお使いのリビングテーブルがあったのですが、ラウンジチェアを持ってくると大きさが合わないと、少し小さいリビングテーブルをお作りすることになりました。
樹種はダイニングテーブルやカウンターと合せてナラに決定です。
高さもラウンジチェアに座った時にちょうどコーヒーに手が届く高さにしたのもポイント。
また、お客様がいらっしゃることが多いので、気軽に片づけられる事が出来るのもご要望の一つでした。
脚部は二枚の板を十字に組み、そこに天板を乗せるデザインにしました。
分解すると3枚の板になるので片づけた時に場所も取りません。
お届けに伺い設置が完了すると、『キレイに仕上げてもらって、頼んで良かった!待ってる時間も楽しかったしね♪』と喜んでいただけました。
K様ありがとうございました!
お近くですのでまた散歩がてら遊びにいらしてください♪
2012.08.23

S邸 ダイニングチェア補修 お届け

横浜青葉区のS様のダイニングチェアを補修しました。

「前から使っているダイニングチェアの張地が破けちゃって、補修とかもやっているんですか?」
とご来店いただきました。

詳しくお伺いすると3脚ダイニングチェアをお使いで、1脚痛みがひどいとの事。
せっかくなので3脚とも色を揃えての張り直しがご希望でした。

ご家族が増える度に一脚、一脚と買いそろえたダイニングチェアだそうで、ご家族の思いが詰まったもの。
大事に、そしてしっかりと補修させていただきました!

今回、お選びいただいた生地は鮮やかな青のビニールレザーです。

ビニールレザーはメンテナンスが楽なのが特徴です。
汚れた場合には、さっと水拭きするだけで大丈夫!
発色もきれいで豊富なカラーバリエーションも魅力ですねっ!

3rdでは、ビニールレザーの他にも綿の平織りや本革もご用意していますので、ご希望に沿って張り替えできます。

色味に関してもスタッフがお部屋の雰囲気をしっかりお伺いして一緒にお選びしますので、補修を機会に思いっきりイメージチェンジなどもできます!
下の写真は、以前ソファの張り替えをさせていただいた時の写真です。
張り地を変えるだけで、お部屋の雰囲気も変わります!

S様、新しく生まれ変わったダイニングチェアはいかがでしょうか!?
中身のウレタンも痛みがきていたのでしっかりと取り替えていますので、座り心地も新品以上に生まれ変わっています!

皆様も張り替えに限らず、木部の修理など補修したい家具がございましたら、是非3rdにご相談ください!大事な家具をしっかりとメンテナンスさせていただきます!

お待ちしております!!

2012.08.21

U邸 ソファ・オットマン・リビングテーブル・ソファ補修 お届け

横浜青葉区のU様に3rdオリジナルsofa Builtとオットマン、リビングテーブルをお届けし、お持ちだったソファの補修をご依頼いただきました。

以前にカタログ請求をいただいていたU様。
カタログで充分に3rdのソファについてお調べいただき、ご夫婦で来店されました。
最初は改めて、展示品の座り心地を確かめていただき、お気に入りいただいたのが、sofa breathとsofa builtです。

こちらはそれぞれ、フェザーをたっぷり使用した、フルカバーリングクッションタイプのソファ。フェザーで体を柔らかく包みつつ、ウレタンでしっかり体を支えてくれる“もっちり”とした感触の座り心地です。

「どっちのソファが部屋に合うんだろう?生地もどれがいいかな~。」

と大変迷われたU様。そこでスタッフが、是非お部屋の写真をお持ちください!写真があるとピッタリのデザインをご提案できますよ!とアドバイスさせていただくと、早速後日、お部屋の写真を撮ってきて下さいました!

お部屋の写真を拝見すると、床の縁どりに大理石が張られ、見切りには真鍮が埋め込まれている高級感のあるリビングです。

ソファのデザインについては、全てファブリックで包まれたsofa breathではなく、床との相性を考えてウォルナットの木枠のsofa builtで決定!
そして、一番悩まれた生地については、お部屋の雰囲気に合うようにこちらをご提案させていただきました。

サラッとした質感に張りのある生地で、品良くラメが入っているので光を感じ、非常に高級感のあるものです。
色もウォルナットとの相性の良いパープルですので木枠とも調和します。
リビングテーブルについてもウォルナットで製作です。

「この張り地、やっぱり素敵ですね!部屋にピッタリです!!オットマンも便利そう!」
とご納得のご様子!
さらに、最初は買い替えで新しいソファを購入されたU様でしたが、

「捨てようかと思っていたけど、娘が大事にしたいって言うんです。」

と今まで使用されていたソファの張替の依頼もお受けすることに!

当日早速、生地見本をお持ちして打ち合わせをさせていただきました。
出来あがりはこちらです!

こちらも張り感のある生地で色はカーテンやラグとの調子を考えてチョイス!
見た目もすっかり新しくなりましたが、座り心地も購入当初のようにフカフカでもっちりです!

思い出のいっぱい詰まったソファ、娘さんにも喜んでいただけたでしょうか!?
新しいソファと生まれ変わったソファどちらも末長く大事に使っていただけたらと思います!
U様ありがとうございました!

2012.08.18

N邸ダイニングセットお届け

横浜市神奈川区のN様邸へトラディションテーブルとADチェアをお届けしました。
以前にご新築完成と共にダイニングテーブルをお探しだったN様。
色々と見て回る中で気に入った物がなかなか見つからず、そのままテーブル熱が下がってしまったとの事で、現在はあり合わせのものを使っていました。
子供も生まれ、そろそろ気に入ったテーブルを見つけたい!とご来店いただいたのでした。
まずお探しだったテーブルというのが、樹の表情をそのまま残したトラディションテーブルです。
実際に店舗に展示していたトラディションテーブル(ウォールナットの3枚剥ぎ板)を見ると『イイね!今まで見てきた中でもキレイ!!』とお気に入りいただきました。
サイズもまさに探していたサイズだったということで、展示していたトラディションテーブルと運命の出会いを果たしました♪
3rdのトラディションテーブルは『キレイ』に仕上げる秘密があります。
それは、同じ丸太から取れる友木を使って作ることで、木目も合い、その樹の持っている表情を生かして作ることが出来ます。
同じ樹から取れる材料を使うということは、反り方や、うねり方なども全てに同じ個性が出ている為、それをうまく合せる事が必要になってきます。
キレイに出来てしまえば分からない事ですが、木目を見て個性を見極める職人技が光るポイントでもあります。

今回のテーブルはウォールナットの3枚剥ぎで仕上げています。
奥行きも800mmとダイニングテーブルとしては十分なサイズです。
ですが、ウォールナットというのはあまり大きくなる木ではないんです。
3枚剥ぎで十分なサイズになるということは元々の樹が樹齢を重ねしっかりと育ってくれた証です。
3rdでは『キレイ』なトラディションテーブルを作る為に、使用する樹の選定から手を抜かないところが今回お気に入りいただいた大きなポイントになりました。

このテーブルに使用しているT字脚もお気に入り頂いた中のポイントです。
ダイニングテーブルの脚としても、座卓の脚としても使える2wayなこのT字脚。
大人数が集まった時には座卓に変えて周りを囲みながら使うことができます。
次に椅子も一緒に!ということだったので、展示の椅子を一通り座って頂くとお気に入りいただいたのがこちらのADチェア。
座り心地がバッチリということで奥様が惚れこんでいただき早々と決定です!
背中のS字カーブにフィットするデザインが、しっかりと腰を支えてくれ、長時間座っていても疲れにくい椅子なのが特徴。
樹種はテーブルと同じくウォールナット、座面は板座でお作りすることになりました。
その後、お届けに伺い設置させていただくと『やっとお気に入りが揃いました!』と喜んで頂けました。
N様ありがとうございました!
これから経年変化をして良い味が出て来るテーブルセットで家族団欒を楽しんで下さい♪