オーダー家具の3rd -your life style shop-
2012.04.19

O邸 チェアお届け

横浜市栄区のO様邸へADチェアを3脚お届けしました。

ご新築への引越しをきっかけに新しい椅子をお探しということでご来店いただきました。
今使っている椅子はかなり年季が入っているそうで、『ずっと買い替えたいと思っているんだけど、気に入った椅子が見つからなくて・・・』とご来店いただきました。
 
まず、全ての椅子を座り比べて頂くと、気に入ったのがこちらのADチェアとneneチェア。
どちらも『座った時の腰当たりがイイ!』と座り心地をお気に入りいただきました。

気に入った椅子が見つかり、樹種もチェリー材がお気に入り頂いたところでお話しを伺うと、現在お使いのテーブルはそのまま使いたいということで、心配したのがサイズです。
椅子とテーブルは差尺が重要になります。

差尺とは椅子のシートハイからテーブル天板までの距離のことです。
この差尺が広すぎてしまうと肘があがってしまいかなりストレスになります。短すぎると姿勢が悪くなってしまうので、O様に一番合ったサイズにしなければなりません。
『実際にご自宅に行って、テーブルとの差尺を確認しましょう!チェリーとテーブルとの相性も確認できますし♪』とご提案すると、『イイの!?そうしてもらえると助かる!』と早速ご自宅に伺うことになりました。

お伺いすると立派なテーブル!想像以上でした(笑)
テーブルはチェリー材との相性も良く、早々とチェリー材に決定です。
次にテーブルに合わせてシートハイの確認です。
O様のベストな差尺は27㎝でしたので、それに合せて椅子の高さを決定しました。

3rdでテーブルセットや椅子をご購入される方には全て体型にあった高さでお作りします。
『そこまでするんだ!?』とビックリされる方もいらっしゃいますが、この高さ合せは本当に重要なことなので、椅子のご購入をお考えの方はこの高さを気にしながらお選びください。
地面に脚がつかない、テーブルと高さが合わない、身体に負担をかけるし、ストレスにもなります。
毎日使う物だからこそ、ミリ単位でこだわりましょう!

若干熱くなってしまいましたが(笑)お届けに伺い早速座って頂くと『おぉイイね~♪』とご満足頂き、高さもバッチリです。
O様ありがとうございました!
経年変化で変わってくるチェリーの色味を楽しみながら、団欒の一時を過ごして下さい♪

2012.04.17

K邸 チェア・テーブルのお届け

横浜市青葉区のK様邸にADテーブル、chair205、chair1000アームをお届けしました。

K様は、ご自宅を新築中にご来店いただきました。
はじめはソファをお探しで、展示しているソファを大変お気に入りいただけたのですが、
「引っ越してみないとわからない部分もあるから・・・。」
との事でした。

しかし、お話を伺っていくと、既にお持ちのダイニングテーブルに合せたダイニングチェアもお探しのとの事。
3rdでは、バリエーション豊かにダイニングチェアをご紹介しています。
張ぐるみのものから板座、アームのあるものやアーム無しのもの、協力工房が製作するものや著名なデザイナーによるもの等本当に様々!それぞれが素敵な個性を持っています!
そんな中、今回、K様にお選びいただいたのがchair205、chair1000アームです。

先ずはchair205です。

シャープな形が印象的な椅子で、軽快な見た目通りすごく軽いんです!
K様も
「ほんとに軽いですね~!お掃除のときとか動かすのに楽そうですよね!。」
とお気に入りいただけました。
シンプルですが、座や背は体に合う様に曲げてあるので、座り心地も快適なんです。

次にchair1000アームのご紹介です。

こちらは、ご主人用にとお選びいただきました。
特徴として、座面には、ソファ等で使われるSバネが入っていて、やわらかい座り心地です。適度なハーフアームは、ちょうどいい手掛けとなって、立ち上がりもサポートしますし、アームが椅子の前脚まで伸びていないので、座った時の足の取り回しも楽にできます。

それぞれの仕様は、お手持ちのダイニングテーブルとご新居の床材がウォルナットだったので脚部はウォルナットで製作し、張地はお部屋に溶け込むようにと、壁の色と合せてホワイトをご提案させていただきました。

さて、今回はご家族の中で奥様のご身長に合せて椅子の高さを設定させていただいたのですが、今度はお手持ちのダイニングテーブルの高さが高い!

椅子の座面の高さとテーブルの天板の高さには、「差尺」と言って理想的な高さの関係があります。
奥様に合せた椅子の高さでは、テーブルの高さが理想の高さより1cmほど高いことがわかりました。
この1cmという高さの違いで、本当に使い心地が違ってくるんです!
幸い、脚が組み立て式の脚でしたので、脚だけお預かりして、椅子の高さに合せてカットしてお届けしました。

ダイニングセットのサイズ決めは先ず椅子の高さから。
その高さに合せて、テーブルの高さを決めることで、抜群の使用感を持ったダイニングセットになるんです!
(高さ合せの様子は、また詳しくご紹介します!)

ところで、木製品が映えるインテリアを考えるとき、皆様はポイントをどの様にお考えになりますか?

私たちがコーディネートを考えるとき、もちろんお客様のお好みが一番ですが、基本として樹種や色を揃えまとまりのある部屋を演出し、壁やカーテンなど広い面積の部分は白や薄いベージュなど色味を抑えたものにすることで、家具やグリーン等がアクセントとして映るようにコーディネートしていきます。

今回は、まさにお手本のようなコーディネートとなりました。

・・・しかしお届けしたのが、お引っ越しの最中。ダイニングセットを配置した写真を撮ることができませんでした。。。
脚の長さを調節したダイニングテーブルも後日の組み立てとなり、写真がありません。。。

しかし!きっと素敵なインテリアになったはず!
全ての家具が収まった様子を拝見できなかったのが非常に残念です。。。

後日、玄関先に置くコンソールテーブルとして、ADテーブルも合せてご購入して頂きました。
こちらもウォルナットの無垢材で製作されていて、K様のご新居の雰囲気にピッタリだと思います。

K様ありがとうございました!!
機会がございましたら、お使いの様子を拝見させて下さい!

さて、3rdでは家具をお選びの際、インテリアのコーディネートもアドバイスをさせていただきます。理想のお部屋の様子を想像しながら、スタッフとの打ち合わせをお楽しみください!
それでは、ご来店お待ちしております!

2012.04.14

N邸ソファお届け

横浜市金沢区のN様邸へsofa waveをお届けしました。
以前にカタログをご依頼頂いていたN様。
『色々探した中で気に入ったのがこのソファだったんです♪』とご来店頂きました。

木枠のデザインをお探しだったので実際にご紹介すると『やっぱり実物みると欲しくなっちゃいますね!』とハートに火が付いてしまったご様子(笑)。
更にWave以外のソファをひと通り座って頂くと、デザインだけではなく座り心地もこれが一番!と気に入っていただけました。

このソファふんわりした見た目どおりお尻当たりが柔らかい座り心地です。
ですが、ただ柔らかいだけではなく、クッションの中をウレタン+フェザーにすることでしっかりとお尻・腰を支えてくれる構造になっています。
とご紹介しているのですが、実際に座るとそのがご納得いただける座り心地になっています。

N様はこのソファを気に入ってはもらったものの、サイズでお悩みが・・・。
『小さい子供がいるので、フリースペースが取れる二人掛けぐらいのサイズにしようと思っていて・・・』とおっしゃっていたので間取りを伺うと十分三人掛けも置けるスペース。
『三人掛けでも十分動線も取れますし、ご家族の人数も考えると三人掛けの方がおススメです♪』とご提案すると『ですよね・・・。子供達もすぐ成長するし、後で後悔したくないし、三人掛けにします!』とスッキリお悩み解決で決定です!

最後に生地を選ぶことに。
最初N様のイメージはグレー系の生地色が好みだったのですが、その時の展示ソファがグリーン生地だった為『グリーンも良いですね~』と迷われていました。
悩みに悩まれた結果『やっぱりグレーにします!』とご決断。
写真は東戸塚店展示のsofa waveです。
 
お届けに伺うとソファスペースがバッチリ用意されていました。
『後ろの格子が見えなくて残念ですけどレイアウト替えする時は楽しみです!』と喜んでいただけました。
N様ありがとうございました!
落ち着いたグレーがウォールナットに馴染んでカッコいい雰囲気でしたね♪

2012.04.10

I邸 TVボード、サイドボードお届け

鎌倉市I様邸へTVボードとサイドボードをお届けしました。

ご新築を建てるということで、住宅メーカーがある東戸塚に何度か打合せに来ていたI様。電車を利用していたI様は東戸塚駅にある3rdの看板を見てご来店いただきました。

お話しを伺うとご主人のこだわりがオーディオ関係ということで『なかなかピッタリ合う家具が無いんです』とご相談をいただきました。
オーダーメードなのでスピーカーやアンプ達にピッタリ合せてお作り出来ることや、デザインもご希望に合せてご提案が出来ることをご説明すると、『それならとことんこだわりたいです!』とI様。

その後も何度か打合せの為にご来店いただき、仕様を詰めていきました。
デザインは『スピーカーを収納する所を格子にしたいんです』とご要望を頂き、更に隣に置くサイドボードも同じように格子にしたいということで、早速デザインの案を作成してみました。

ご提案したのがこちらのデザイン。
A案の全体的に格子のデザインがまさにイメージ通りだったようで、早々とA案に決定!

寸法のお話しでは何をどこに入れたいかをお聞きします。
今回のポイントはここ!根本店長がんばりました!
スピーカー・アンプ・デッキ類の寸法を調べ、専用の区画をお作りしたのですが、各区画が結構ギリギリな寸法(汗)
配線ジャックの長さも気にしながら細心の注意を払って図面作成です。

レイアウトは左からスピーカー、アンプ、センタースピーカー&デッキ、ウーハー、スピーカーとなっています。
 
実はこのアンプの区画には秘密が・・・。
今回のボード奥行きは横の壁より出っ張らないという条件がありました。
そうするとこのアンプだけ入りきらない奥行きなんです。
この事実をお伝えするとI様なんと後ろの壁に加工を!!少しへこませてアンプがしっかり奥まで入るように!

ここまでこだわってくれたオーディオ機器は本当に幸せですね!

サイドボードはTVボードから格子が繋がっているようにしたかった為、格子区画はTVボードと同じ高さにし、その上にガラス引戸を入れているのでスッキリ感+まとまり感が出て素敵な雰囲気を醸し出しています。

お届けの際は壁をピンポイントで凹ましていたので、設置するまでぴったり納まるかちょっと不安でしたが、問題なく設置できホッと一安心。
それにともない、どのスピーカー・デッキもぴったりでI様からも『理想のTVボードが出来あがりました♪』と嬉しいお言葉を頂けました!
配線はまた後日行うということでしたが、それはきっとご主人様にとって楽しい時間になりますね。

I様ありがとうございました!
お引越し先は3rdが近くなったので、お気軽にお越しください♪

2012.04.05

I邸 ウッドデッキの解体・新設

横浜市麻生区のI邸にウッドデッキの解体・新設を行いました。

I様とのお話のきっかけは、昨年の9月にたまプラーザの新店舗告知を見てのご来店でした。
「マイホームを構えて半年ほどで、一通りの家具は揃っています。でも、インテリアショップで家具を見るのが好きなんですよ!!」
とIご夫妻。

テーブルや椅子の話、オーダーメードへの憧れや夢の話などをしながら盛り上がり、3rdのカタログをお渡ししてお見送り・・・、その時、目に止めていただいたのが店舗の道路側スペースに一部作りこんだウッドデッキでした。

「テラスの提案もして貰えるのですか!?」とI様。
「もちろんです!空間を教えていただければ、イメージスケッチを描いてみますよ!!」

とお伝えすると、実は今も既にウッドデッキはあるとの事で、改めてショップの中にお迎えし、詳しくお話をお聞きする事になりました。

お話によれば、現在お使いのウッドデッキは、SPF材(スプルス・パイン・ファー(モミの木)等の輸入建築材の総称)などを塗料で仕上げたものでした。

築3年ほどの物件ですが、怖くて外に出られずに困っていたのだそうです。
それなら3rdで何とかしましょう!とまたお話が盛り上がり、後日訪問して現状を拝見しプランを上げることになりました。

提案させていただいたのがこちらです。

そこから何度かの打ち合わせをさせていただき、
・現状のデッキ部分より奥行きを大きく製作する事
・腰壁に合せて横格子の柵を作ること
等が決定!後は素材です。

3rdがご提案するガーデン用のハードウッドにもいくつか種類があります。
イペ、セラガンバツ、ウリン、メルバウ等。

こちらが、イペでの施工例。

そしてこちらが、セラカンバツの施工例です。

ウリンの表情はこの様な感じ。

しかし、今回はその中からメルバウをチョイス!

ここで少し雑学です。
メルバウの樹は、マメ科の常緑広葉樹です。
そしてマメ科に属する「ハードウッド」は、かなり多く、特に「紫檀」などが有名です。
「メルバウ」の最大の特徴は自生地が広いという事です。
具体的には、フィリピン、ニューギニア、インドネシアなどの島々から、インドシナ半島へと広がっています。
このため名称も様々で、フィリピンでは「インピール」、ニューギニアでは「クウイラ」、タイでは「マカモン」などと呼ばれています。
で・・・I邸で使用するのは、その樹を燻製化し含水率を0%に近づけ使用する材になります。

さぁ、いよいよ施工開始!先ずは、解体からです。

残念ですが、もうほとんどスカスカになってしまっていたので、その分スムーズに撤去完了。

簡易ブロックの上に柱をあててあったので、こちらもすべて撤去し、壁に沿って新たに立ち上げる柱の位置に穴を掘り、コンクリートの基礎を埋め込みます。

ここで約二日間空けて、そこから柱を立てていきます。

柱の位置が決まると、次に根太の製作。
特殊なひし形をしたスペースにベースが組み上がります。

その上に継ぎ目のない長尺床板を乗せてビス止めします。

そして、高さ1100mmの柵を入れて完成です!

最後にポイントを何点かご紹介します。
今回の増設部分の床下には排水弁があり、点検用に開口蓋を設置。

さらにウッドデッキの高さをリビングの掃き出しの高さに合せたので、室外機横に階段をつけました。

完成した時、最後まで楽しみにされていたご主人はご不在で、後日感想をお伺いに行くと、既にテラスには、奥様のご趣味でこれから増やしていきます、というグリーンにテーブルと椅子、それにビールが・・・!

「実に心地いい空間です!」

とご満足そうにお答えいただきました。

I様これから良い時期ですね!
広くなったテラスでゆっくり楽しんでいただければと思います。
ありがとうございました!

2012.04.05

O邸 リビングボード、キッチンボードお届け

横浜市磯子区O様邸へリビングボード、キッチンボードをお届けしました。

ご新居へのお引越しを機に家具をお考えでご来店下さったO様。
TVボード・デスク・収納をリビングに、ダイニングボードをキッチンの対面壁にということでご相談を頂きました。
入居はまだ少し先だったのですが、オーダーメードで出来ることなどご説明させていただくとお話も盛り上がり「せっかくだから3rdのオーダー家具で揃えたい!」と、早々とリビングボードとキッチンボードをご依頼いただくことになりました。

何度か仕様のご相談を重ね、内覧会の際に採寸をさせていただくことに。
内覧会時の採寸だと入居時期に合せて家具をお作り出来るのもメリット。
新しい生活のスタートに合せて新しい家具!素敵です♪

リビングボード・キッチンボード共に木目を柾目で統一したことでスッキリ感が強調されたデザインになっています。木目の違いで見え方が変わるのも樹の家具の面白いところです。

キッチンボードの使い勝手を考慮してお作りしたのがこちら。
『キッチンだと汚れが気になるんです・・・』ということでキッチンボードの内部にプリント化粧板を使用しています。
水や汚れに強いのが良いところ。気を使わずに使って欲しいとご提案したところ、O様もご納得!

また、『できるだけ収納スペースがたくさん欲しい』とご要望も頂き、ご満足いただく大容量なデザインに出来ました。


リビングボードについてはTVボード・デスク・サイドボードが横一列に並んでいますが、機能ごとに分割してお作りしているので、後々生活スタイルが変わり『デスクだけ移動したい』となった時には単体で動かすことが出来ます。

全ての区画の天板には電源を移設しているので、延長コードなどが必要なく、雑然としがちなコード類もまとめやすくなります。

デスクの区画はノートパソコンを置く為のスライドトレーと、開き扉の中にはプリンター用のスライドトレーを用意しました。
使う時だけ引出すことで、常にキレイな状態で保たれる工夫。
 
O様のご要望をいっぱい詰め込んだ家具が出来あがり、本当に楽しみにお待ちいただいていたようで、お届けの際は「オーダーメードで作って本当に良かったです!」と納まったスッキリ感に大変喜んで頂けました。

実は私、お届けの時が一番楽しい時間なんです。
ご提案している段階や作っている最中ももちろん楽しいのですが、家具が出来あがり、お客様が待ちわびた家具と対面した時のあのハッピーな空気が病みつきなんです(笑)
 
O様ありがとうございました!
新しい家での生活を3rdの家具と共に満喫して下さい!

2012.04.02

F社 ミーティングテーブル、カフェテーブル、スツールお届け

横浜市神奈川区のF社様新オフィスにblissテーブル、カフェテーブル、ORIスツールをお届けしました。

F社様には、以前にウォルナットのblissテーブルをミーティングテーブルとして納品させて頂いており、
blissテーブルのシンプルな造形や無垢材へのこだわりと使いやすさに惚れ込んでいただいていました。

そして今回、一部の事業部移転のためオフィスを増設されることを機に、また新たにミーティングテーブル用にとご依頼いただきました。


今回は、既にお手持ちの椅子があるとの事で、その素材に合わせ、ナラの無垢材で製作させていただきました。
ナラ材は、3rdで取り扱う基本的な樹種の一つ。
世界中で家具材として扱われ、素朴ながら力強さも感じるその表情に多くの人が魅了されています。

そしてBlissテーブルは、幕板がなく天板の四つ角に脚が着くスッキリとしたデザイン。

さて、幕板とは、テーブルや机などの天板下に横に取り付けられた板の事。
構造材としての意味合いと天板の裏を隠す目的で取りつけられます。
その幕板が無いという事は、blissテーブルの天板自体に充分な強度があり、裏を隠す必要のない仕上げを施しているという事!
脚との接合もシンプルながら構造として充分な組み上げをしています。
3rdの真摯な気持ちと技術によるテーブルなのです!


ナラ材の明るい色と軽快なblissテーブルのデザインがS様の窓が大きく開放的なミーティングルームをより爽やかに演出していますね!

そして今回はもう一つ。
エントランスにある休憩スペースにカフェテーブルとORIスツールもお届けしています。


カフェテーブルは店頭に展示してあったガーデン用のものをお気に入りいただいたもので、素材はチーク材となっています。
チーク材は、派手さはありませんが、飽きのこない、しっかりとした主張を持った表情をしていて、もともと油分が多く、昔から船の甲板等にも使用されてきた木材です。屋外で使用される家具にピッタリな素材なのです。

ORIスツールはナラ材で製作し、こちらも脚元がスッキリしているデザインで、ミーティングルームのblissテーブルと印象が似て、オフィス全体の統一感が生まれました!

木の無垢材の家具があふれるオフィス。
お仕事もリラックスして進めることができそうですね!
F社様、ありがとうございました!!

さて、少しずつ春めいてきた今日この頃!そろそろ屋外での過ごし方を考えてみてもいい頃ではないでしょうか!?
3rdでは、今回紹介したカフェテーブル以外にもガーデン用の家具もご用意しておりますので、是非お店でご覧ください!お待ちしております!

2012.04.02

4月のお休み

ようやく、ようやく、春らしくなってきましたね!

先月は毎週末、雨が降ったりとすっきりとしない天気が続いていましたが、近頃は桜も咲き始め、陽射しも心地いい!
納品に向かう車の中から遠くに望む山々も明るく感じます。
「山笑う」とは、春の季語。
まさにそんな季節になってきました
思いっきり背伸びして深呼吸すると清々しい気持ちになります。

ですが、冷たい風の吹く日もあります。
皆様くれぐれも体調管理には気をつけて下さい!

それでは、4月のお休みのお知らせです。

〈東戸塚店・たまプラーザ店〉
水曜定休
今月のお休みは4日、11日、18日、25日です。


定休日をお間違えのないよう、お越しください。
皆様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております!

2012.04.01

N邸 ダイニングテーブル、椅子補修お届け

横浜市港南区N様邸の、ダイニングテーブル、椅子の補修をさせていただきました。
お電話で『テーブルの補修って出来る?』とお問い合わせをいただいたN様。

実際に見て欲しいとご依頼をいただいたので、早速ご自宅へお伺いする事に。
そこには2mを超える大きなダイニングテーブルがありました。
天板にはたばこで焦がしてしまったという場所や、塗装が取れてしまっている場所など様々な様相になっておりました。
実はこのテーブルはご主人のお父様がご購入された物。
立派なテーブルで愛着もあり、これからも長く使っていきたいとのことでご依頼をいただきました。

補修は決して容易に出来る物ではありません。ですが、愛着がある家具は捨てがたいものです。私たちも長く使ってもらう家具を作っているので、そのような家具はこちらとしても頑張って補修の対応をさせていただくことがあります。

今回は着色され厚めの塗装がほどこしてあるテーブルだったので、まずは今ある塗装を全て剥がし、キズの深さに合せて削り直し、再塗装をしました。
元々の色を参考にしながら改めて染色・塗装をすると、買ったばかりの状態に戻ったような美しい仕上がりに!
これは努力した甲斐がありました♪
 
お届けに伺うと『ずっと気になってたんだよ!やって良かった!』と、N様も大満足!
『こんなにキレイにやってもらえるなら椅子も張替えたい!』と改めて椅子補修もご依頼を頂きました。
 
お使いの革張りの椅子は割れや脱色があり、こちらも年季のはいった立派な椅子。
 
今までは明るいブラウンの生地張りだったのですが、もう少し落ち着いた色にしたいとのご要望もあり、濃いめのブラウンをご提案。
 
背面もキレイに張替えました。

出来あがりは椅子も新品に生まれ変わったような仕上がりで、『イイじゃん!イイじゃん!色もイメージ通りだよ!』と喜んでいただけました。

N様ありがとうございました!
生まれ変わった家具とこれからも長く長く大事にお付き合い下さい。
今度はお店にも遊びに来て下さいね♪

2012.03.29

S邸 ダイニングテーブル・チェアお届け

川崎市麻生区のS様邸にTraditiontable・T字脚・2031アームチェアを納品しました。

ダイニングテーブルをお探しでご来店頂いたS様は当初、木の無垢材で作られたテーブルをお探しで、私たちもご希望に添えるようBlissテーブルをお薦めし、ヒアリングをさせていただいていました。

ところが、奥様が
「あの板がいいっ!」
と展示していたウォルナットの板に釘付けに。

無垢の木材は、一つとして同じ木目のものはありません。その木の生い立ちを知ることができ、気に入った表情を持つ板との出会いは、運命的なものを感じます。

しかし、その板はS様が希望していたサイズより一回り大きいサイズです。
ヒアリングの中でお部屋の広さと照らし合わせてみると充分使用できるサイズだと判明しましたが、それでもサイズが気になっていました。

スタッフもこの板を是非S様にご使用いただきたいという気持ちから、
「一度、実際にお部屋に入れてみましょう!そこで大きさが気になるのであれば、お好みのサイズにカット致します!」
とご提案させていただきました。

でも実は、ダイニングテーブルとして使用できるほど、長さや幅の取れる耳付きの板は、なかなか貴重な物。
できれば、そのままのサイズでご使用いただきたい、というのがスタッフの本音でした。

そしてその日の閉店後、早速S様のお宅に訪問し、実際にテーブルを設置。
レイアウトを打ち合わせる中で、なんとS様のほうから、
「中途半端に切るのであれば、このまま使いましょう!いや、むしろこのままで使ってあげたい!」
と大変嬉しいご決断を頂きました!

木目はもちろん、長さや幅も含めてすべてがその板の個性です。
それを感じ取とり、今回お届けした板の全てをお気に入りいただけた事にスタッフ一同は感動しきりでした。

そしてこの天板に合せた脚が、T字脚です。
耳付きの板の場合は、それ自体の自重が充分な事もあり、このT字脚に滑り止めのゴムを敷き、その上に乗せるだけなんです。
そしてデザインは直線的でシンプルなものになっています。
耳付きの天板は、どうしても民芸的な印象を受けてしまいますが、脚のデザインを工夫する事で、モダンなものになり、S様の温かみのある優しい印象のお部屋の空間をより魅力的に演出します。

このT字脚は、向きを変えておくことで、座卓の高さとなり多くの来客があった時は、椅子の数に関係なく、大勢囲む事ができる便利なアイテムです!使用場所が変わった時などにも対応できます。
今回は、お子様にモデルになって頂き、記念にパチリ!

そしてもう一つ、ご登場いただいたS様のお子様ですが、今回一緒にお届けした格子状の背もたれが印象的なチェアー2031を相当お気に入り頂いたようで、
「私もこの大人用の椅子に座りたい!」
と強いご要望をいただきました!

そこで、椅子の上に雑誌を積み重ねて高さを調整しながら、ピッタリくるサイズを探して、椅子の張地と同様のもので、特製のクッションを製作!
これで、高さの違和感なくテーブルをお使いいただけますね!

理想の板との運命的な出会いから、お子様への特性クッションの製作までこだわりの詰まったお届けとなりました。
S様ありがとうございました!

さて3rdたまプラーザ店には、たくさんの一枚板も展示しています。
S様にお選びいただいたウォルナットを中心に、モンキーポッド(この木、何の木、気になる木~♪の木)やウェンジやボセといった世界各地の銘木と言われる樹種を取り揃えています。それぞれがそれぞれの個性を持っているので是非、一度3rdにご来店頂き、その魅力を実際に体感していただきたいと思います!
スタッフ一同、お待ちしております!

2012.03.26

Y邸 ソファお届け

横浜市戸塚区のY様邸へsofa poundをお届けしました。

Y様は今お使いのソファを買い替えたいとご来店いただき展示ソファを一通り座り比べると、デザインと座り心地をお気に入りいただいたのがこちらのsofa pound。
しっかりとした座り心地のソファをお探しだったので、まさにこのソファのお尻当たりが理想だったとのこと。
ですがY様、他にも見たいソファがあるそうで一度お帰りに。

夕方になり『他のお店でお気に入り見つかったかな・・・』と話していたところにY様登場!!『他も見て来たけどやっぱりこのソファが一番だった♪』と嬉しい一言をいただきました!
写真は『見つかったかな・・・』と言っているちょっと寂しげな店長の後ろ姿です(笑)

このsofa poundはSバネをベースにし、その上にウレタンを積層にしてお作りしています。
しっかりした座り心地のなかにモッチリとしたお尻当たりがある特別な構造です。
座面も1シートなので寝転がって使いたい方にもご好評いただいています。

Y様にお気に入り頂いたアームのデザインも見どころの一つ。
実はこのアーム直線がほとんどない造りなんです。曲線だけでできたアームは見ているだけで触れたくなる魅力的なデザインになっています。
樹の質感が残る仕上げにこの絶妙なカーブが心地良いソファです♪
写真は現在展示中のsofa pound。

最後に樹種と生地色のご相談だったのですが、Y様は生地色など既にイメージをお持ちだったようで、まさに展示のソファが理想の色でと早々と決定です!
グレー地に茶色の織りがはいった落ち着いたセレクト。

お届けではお部屋の雰囲気にもマッチしていて『待ってました!イメージ通りでこのソファに決めて良かった!』と大変喜んでいただけました。

・・・みなさんさっきから気になってますよね。
私もお届けに伺ってビックリ!そうですツタンカーメン像!!
『これってなんですか!?』とお聞きすると『みんな聞くんです(笑)』とご紹介いただきました。中が収納になっているツタンカーメン像チェスト♪
私は実際に見るのが初めてだったのでビックリ新鮮な体験をさせて頂いたお届けとなりました。

Y様ありがとうございました!
このソファに座りツタンカーメンに見守られながらくつろぐ一時。うらやましいです!
また遊びにいらしてください。

2012.03.25

H邸 ダイニングテーブルお届け

川崎市宮前区のH様邸へBlissテーブルを納品しました。

H様は、お引っ越し間近の昨年11月にご来店され、年内にダイニングテーブルが欲しいとのと事でした。
ぐるっと店内をご覧いただき、一目でお気に入り頂いたものが今回お納めしたBlissテーブルです。

もしかしたら、お気付きの方もいらっしゃるかも知れませんね!
H様のBlissテーブルは、いつもと仕様が違います。
横浜市の旭区にあります自社の工房からの提案でいつもと違うBlissテーブルを製作してみたいとのこと製作した試作品なのです。

それでは、どこが違うかというと・・・。
そう、天板の面を大きく斜めにカットしているのです!

3rdのデザインは、基本としてシンプルで機能的であるようにと直線を大事にします。
ですので、通常は天板の四方の面の大きさは、触れた時に痛くない程度のわずかな面取りを施しますが、より大胆に面を落とすことで使用時に触れる角が線ではなく平面になり、当りに優しさが生まれ、見た目の特徴としても印象深くなっています!

さて、3rdではダイニングテーブルの場合、通常ご契約頂いてから製作いたしますので、ひと月からひと月半の納期を頂いております。
また、建築図面を拝見し、あるいはお住まいに訪問し、お客様のライフスタイルやお部屋の仕様に合わせてサイズや素材の打ち合わせを致します。

ですがお客様のご事情も様々です!
H様のご希望は、年内中でのお受け取り。
今回、納めさせて頂いたテーブルのサイズは、長さ1600mm、奥行き800mmのもので、当初はもう少し小振りのサイズをご検討されていました。

「デザインは、凄く気に入っているけどサイズが・・・。」

とお悩みのご様子。

しかし、ここからが3rdのスタッフがプロたる所以!
H様は図面をお持ちでしたので、ヒアリングをさせていただくと・・・。

現状のサイズでも充分、生活導線を確保でき、かつ理想とする大きさである事が判明!
「それでは!」
と、そのまま当日のご契約となりました!

そして年の瀬の迫る時期、お届けはお引っ越しのお荷物が到着した翌日でした。
まだ、開梱されていない段ボールを移動しながら設置場所を確保し、設置させていただきました。

まだまだ、片付いていないとはいえ、素敵なシャンデリアの下がるリビングダイニングは、高級感を感じます。

「うん、イメージ通り!満足です!」とH様の一言に、お部屋の完成形が拝見できなかったことが本当に心惜しい!

ですが、きっとお部屋の雰囲気、そしてH様のライフスタイルに溶け込んだテーブルとなるはずです!
H様、ありがとうございました!

さて今回の様に、角の面の形を少し変えるだけで受ける印象は大きく変わります。
面が家具の表情を作るのだと思います。
皆様も3rdで家具をご検討されるときは、角の面取りの事も少し気にして見て下さい。
より個性ある家具が生まれてくるはずです!

それでは、皆様のお越しをお待ちしております。

2012.03.20

K邸 サイドボードお届け

横浜市戸塚区K様邸へサイドボードをお届けしました。

K様はサイドボードをお探しでご来店いただき、ご希望の大きさ、収納したい物、間取りなど伺い、理想のサイドボードをご提案させていただくと『安い買い物ではないので・・・』と一度ご検討いただくことに。

検討に検討を重ねた結果『やっぱりこの場所に置くサイドボードが欲しいです!』と再度ご来店いただいたのでした。
 
今回のポイントは格子開き戸の区画です。
サイドボードを置きたい壁には換気口があったので、こちらを潰さないよう設置寸法に合せ丸く開口を開けました。また、扉を格子にすることで換気口としての機能を守っています。
開口の位置・サイズが違えばサイドボードが入らなくなってしまうので入念に採寸をさせて頂いた甲斐があってピッタリに!!
かなりイイ感じの出来あがりでした。
内心お届け完了までドキドキでしたけど・・・(汗)

また、サイドボードの前にはダイニングテーブルを配置するということだったので、開き扉だと前にスペースが必要になってしまうので、引戸をご提案。
K様もレイアウトを含めたご提案にご納得!
また、圧迫感を軽減したいとのご希望もあったので、ガラス戸で内を見せる様にしました。食器など飾っていただく楽しみもあるのが嬉しいですね♪
 
素材は当初ウォールナットとチェリーで迷われていたのですが、採寸の際にお部屋を見せていただくと、お使いのテーブル・椅子やフローリングなどの雰囲気からチェリー材を勧めさせていただきました。
なかなか決めずらい、樹種や生地色もお部屋を実際に見せていただくことで、より的確なアドバイスが出来ます。
フットワークの軽さも3rdの特徴です。お客様のお悩みを実際に見て聞いて解決させて頂きますので、ご検討の際はお気軽に『ちょっと家来てよ!』とご相談ください♪

今回お届けの際にはフィラー作業と言って、家具と壁との間にある隙間を埋める作業をしています。
 
実際にお客様の目の前で職人が隙間に合せてノミや鉋で削る作業は一見の価値ありです!
作業中も楽しんでいただき、出来あがりのキレイさにK様も『すごいピッタリで素晴らしいです!入れたい物も全部入れられそうで本当に良かったです♪』と喜んでいただけました。

K様ありがとうございました!
これから経年変化をしていき、よりお部屋の雰囲気に馴染んでくる様子も楽しんで下さい♪

2012.03.17

K様邸 和室リフォーム

青葉区K邸のリフォーム施工のご紹介。

K様が初めてご来店されたのは、ちょうど昨年の9月に開催したアーツ&クラフト展の頃でした。
1掛けのラウンジチェアをお探しで、展示されていたイージーチェアをお気に入り頂き、ご自宅にお届けしたところからリフォームのお話が始まりました。

現在、畳のお部屋をフローリングへ張替えし、押し入れをクローゼット仕様にする計画となりました。

和室が洋室に代わりつつある過程のお写真と一緒に、ちょっと分からない建築の言葉も含めてご説明して参ります!

まず、畳からフローリングに張り替えている様子です。
下地の組み方が畳とフローリングでは違うので、一度すべてはがした後フローリング用の下地を作り直します。

畳は、フローリングの部材よりも厚いので下地に根太(※)を張り、床の高さに合わせて組み上げた後、その上にフローリング材を貼ります。
(※根太•ねだ とは、床板を受ける横木のこと。)

最初に、床から仕上げその上に押し入れ、壁紙と施行にはしっかりとした段取りを組んで職人さんが作業に入るようになっているんですね。

続いて、こちらは施行前の押し入れです。この一間半(※)のスペースをクローゼット兼収納にするため、一度押し入れをすべて取り払いました。
(※一間半•いっけんはん とは、一畳とその半分の大きさのこと。または、畳の長手方向と短手方向の長さを足したもの。約2700㎜)

そして、もともとお持ちのチェストが中で使えるように、押し入れの間仕切りごと移動してあるので、引き戸をすべて寄せるとクローゼットの間口が広く使えるようになっています。
隣の収納は可動棚にしてあるので、入れる物の大きさに合わせて無駄なく整理ができますね。一番下のスペースは旅行鞄等が入るようになっていて大きめの荷物も出し入れがしやすい仕様にしました。

引き戸自体もふすまから突き板の扉にすることでお部屋全体の雰囲気が変わり、施行前と同じ部屋には見えないですね。
それに合わせて、和風の壁紙からシンプルで清潔感のある壁紙に張り替え、全体的に明るい印象となりました。

入り口のふすまも上から同じ壁紙を貼ることで統一感が生まれ、ふすまでも違和感なくお部屋に馴染んでいます。その上の欄間(※)も洋室に変更する為、同じ壁紙で塞いであります。
(※欄間•らんま とは、障子や襖と天井までの空間。明かり取りや換気などに用いられるスペース。)
お部屋にあった物をこの際だからと、かなり整理して頂きお部屋もすっきりです。

窓のウッドブラインドは無垢の杉材で出来ているのですが、厚みが薄いのに木が反りにくく、耐久性も考えて作られています。
一般的なバーチカルブラインドに比べ、静電気がおきないので埃もつきにくくお手入れも簡単。
朝の光も隙間から入ってくれるので、気持ちの良い朝が迎えられそうですね。
お店にも展示してありますので、是非ご覧になって頂きたい商品です。
天然杉のほのかな香りや質感、木材特有の雰囲気をお楽しみ頂けると思います。

最後は照明。
こちらのライティングレールは引っ掛けシーリング用のプラグに付けられる仕様になっていて、電源が一つでも多灯使いが楽しめる便利な器具になっています。

照明の電源位置は設計の段階から決まっているので動かせないと思われている方も多いと思うんですが、このレールは電気工事も不要で、種類によってはレール自体がスライドしたり回転したりする物もあるので、自由に明かりの位置を動かせるように出来るんです!

普段忘れがちな明かりもデザインしてあげると、お部屋のインテリアをよりいっそう引き立ててあげられるポイントなんですね。

新しくなった寝室で、ゆっくりリラックスして頂ければと思います。
K様ありがとうございました。

2012.03.13

K様邸 トータルコーディネート

横浜市青葉区K様邸へカウンター下収納、デスク一式、AVボードをトータルでお届けしました。

ご新居のお引っ越しをきっかけに、トータルで家具をお探しにご来店頂いたK様。

レイアウトからお話が始まり、生活動線に対していかに有効に使える道具になるか、打ち合わせに打ち合わせを重ねてようやく完成したこだわりの家具を、ご自宅が出来上がっていく過程と一緒にご紹介していきます!!

新築中のお部屋のサイズに合わせてつくることもあり、住宅図面を基に工務店さんとも打ち合わせを重ね、こちらも想像を膨らませながらご提案させて頂きました。



まず、キッチンのカウンターとその下の収納スペースです。

こちらのカウンター天板は3rdの職人が取付けたもの。現場の職人さんと進行時期の調整をしながら採寸をし、ぴったりのサイズで下の収納が後から入るように先に搬入しています。

下部の収納にコンセントが移設できるよう、電源の場所もこちらで指定させて頂きました。

収納スペースはK様のこだわりが一番詰まったレイアウトになっています。
こちらでご提案したプランをたたき台として、ご希望の配置や入れる物の大きさ等細かくご指定頂きました。

そこから現実的な寸法をうまく入れていくのがオーダメイド家具の腕の見せ所!
実は、箱もの家具に対して内寸の制限が出てくると、構造や板厚の具合によりお客様の入れたい機能や仕様も少し限られてくることがあるんです。そこは、しっかりとご説明させて頂いた上で、出来る限りK様のこだわりを詰め込んだ収納となっています。



全体としては、引き戸の収納と引出しというシンプルな仕様ですが、上台は圧迫感をなくすため少し奥行きを減らして、中にはケータイ電話の充電用の2口コンセントが移設してあり、配線も気にならないようしています。
下台は、向かって右側に小物や文房具の入る引出しが2杯とその下に扉が一つ。扉の中は可動棚になっているので、棚を外すと縦に雑誌や新聞が入れられるように内寸を調整しながらつくった場所の一つです。
その隣の引き戸も中はすべて可動棚になっているので、K様の入れたい物に合わせて無駄なく収納できます!

さらに、側板はボードとキッチンの境目が不自然にならないようキッチンの側まですべて一つにしています。
こちらも職人の現場作業が光るところです!

続いて、デスク一式。
こちらのデスクもこだわりの機能がついており、普段使う時は書斎が窮屈にならないように奥行き600㎜で使えて、お持ちのダイニングテーブルと隣り合わせたとき、ぴったり幅が合うように150㎜広げられるバタフライ型となっています。



天板の裏にはオートマチックヒンジという金具がついており、折れている天板を起こすと自動的に金具が立ち上がりセットされるという優れもの!



お客様がたくさんいらした時も十分の広さのダイニングテーブルの出来上がりです。

その隣のワゴンは、プリンターやパソコンのハードディスク、モデムやルーター等、周辺機器を一つにまとめられるよう配線にも気を使った仕様となりました。


上の棚にプリンターが置ける場所にしているのですが、実は使う時だけ天板が上に開くようになっているので、通常はワゴンの天板もデスクの一部として使えるようになっています。コンセント側には開口を少し大きめにとり、配線も自由に動かせるようにしました。

ブックエンドも同素材のウォールナットでおつくりしています。
デスク周辺がすっきり使えると作業が捗りそうですね♪

そして、リビングスペースへと移ります。
AVボードの両脇にある収納はいずれお部屋のレイアウトを変えるとき、離して使えるように、すべての面を仕上げてお作りしました。
通常は、バラバラに作った物をボルトで結合してお部屋に設置するので、つなぎ目部分は仕上げをしないのですが、将来の使い道も考慮してどこに置いても見栄えがするようになっています。

さらに、台輪の部分は境目の隙間がみえないように、欠き込みカバーをはめています。ちょっとした職人さんの気遣いが、長く使えるオーダメイド家具にしているんですね!

最後のご紹介は、リビングテーブルです。
ウォールナットの一枚板を、箱脚の上にのせているのだけなのでひっくり返すと裏と表が両方使え、木目の表情も2つの顔が楽しめます。
この板の端の方に黒い線が一本入っているのですが、これは入皮といって樹木が生長の過程で外皮に傷などを受けると、その部分を樹皮が巻き込むように成長することでできる表情の一つです。
他には2つとない木目と出会えるのも運命的で、きっとこの板も何かの縁があってK様邸に納まることになったのではないかと思います!

素材はフローリングと同じくすべてウォールナットでお作りし、重厚感あふれる空間となりました。やがて、経年変化により艶がまし、より落ち着いた雰囲気になるのが楽しみですね。

新築のお家が出来るまでの間、進行状況と合わせながら工房と相談して製作し、納めるまでに3ヶ月程かかりましたが、時間をかけた分だけ、その場所にフィットする物ができたのだと思います。

住宅が完成する過程も近くで拝見することができ、今回も多くのことを学ばせて頂きました。
K様ありがとうございました。こだわりの詰まった家具を目一杯有効利用して頂ければと思います。

3rdでは、これから施行するというご自宅にも合わせて家具を作ることが出来ます。まだ、建つ前だし住んでから決めようと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、家具も家と同じように住む為の道具の一つなので、家の一部として同時に作っていくとより愛着の持てる空間になると思います。
是非、一度ご相談にいらして下さい。

2012.03.12

I邸 ソファお届け

千葉県船橋市I様邸へsofa frをお届けしました。

以前に本棚、TVボード、チェストをお届けしているI様。
2011/2/11のブログでご紹介中ですので、是非ご覧ください。
今回はソファのご検討ということで1年振りにご来店いただきました。

私たちも懐かしい思いや、わざわざ船橋市から来ていただいた嬉しい思いが重なってテンション高めでソファをご紹介させていただくと、色々と座り比べる中でお気に入りいただいたのがこちらのsofa fr。
座った瞬間に『これだ!』と求めていた座り心地がまさにこのソファだったと決定!!

積層構造のウレタンの上部に反発性の高い綿を入れて作ることによって【座った瞬間はふんわりとお尻が沈み、座ってからはしっかりと支えてくれる座り心地】が特徴、立ちあがるとフワッと綿が戻ってくれるメンテナンスフリーなところも好評いただいているソファです。

アームの樹種はもちろん以前にお届けしているTVボードと同じウォールナットです。
存在感バッチリなこのアーム、2段にお作りしているので上段はゆったりと腕をのせたり寝転んだ時に頭を乗せたり。
下段にはリモコンやティシューを乗せることができ、座り心地+αのデザインが心揺さぶるソファです♪

生地についても既にイメージを持っていたようで、最初にご提案させて頂いた色味がまさにI様のイメージに近く早々と決定!
ベージュの生地が柔らかい印象を更に引き立ててくれています。

お届の際は『やっぱりこのソファにして良かった』と理想のお部屋が出来あがったと喜んでいただけました。
ウォールナットで統一されたステキなリビングスペースが完成ですね!

また、まろやかな茶色へイイ感じに経年変化した家具とご対面出来たのも嬉しいお届けでした。
左の写真が今回お届けの際の一枚です。写真だと変化がちょっとわかりづらいですが(汗)。まだ1年程なので、これからも少しづつ変わってくれると思うとなんだかワクワクします。

更にお届け終わりにショートケーキをご馳走になったそうで、生クリーム好きな根本店長が髭を白くして一心不乱に食べているのが目に浮かびます(笑)

I様ご馳走様でした&ありがとうございました!
またお気軽に遊びに来て下さい♪
その後の家具達のお話しが聞けることを楽しみにしています。

2012.03.10

F邸 リフォーム完成

今回はF邸のリフォームをご紹介します。

以前、施工中の様子も紹介させて頂いていますのでこちらをご覧ください。

http://3rd-style.blogspot.com/search?q=リフォーム
(2011.11.24の記事です!)

実は工事は昨年の12月中に終了しており、遅れてのご紹介となります。
F様、大変申し訳ございません。今回、しっかりと紹介致します!!

さて、どこからお話すればよいのか迷うほど本当に盛りだくさん!

それでは、はじめにお部屋に入ってすぐ右手にあるキッチンからスタートです。

リフォーム前は、キッチンの背面に腰高のものと高さのあるキャビネットを置いて、キッチンの収納とされていたF様 。


実は、背の高いキャビネットが置かれているところは、本来であれば冷蔵庫を置くスペース。
そして居場所を失った冷蔵庫は、キッチンとなりの和室の中へ。。。

そこで今回は、収納力をましたキャビネットと吊り戸を設けてキッチン用具や食材を網羅!


プッシュオープン式の引き出しは両手が塞がりがちなキッチンにピッタリです!


晴れて冷蔵庫の居場所を確保する事ができました!

さらにキャビネット天板は樹脂系の素材を使用しているので、水気、熱、油に強く、お掃除も楽な仕様になっています。

次は冷蔵庫のあった和室です。

今回のリフォームでは、和室にあったお仕入れと壁を一度取り払い、隣接した洋室を広く確保しました。
和室では、残りのスペースで取り壊したお仕入れとほぼ同様の容量を持つ新規のお仕入れと向かいになる冷蔵庫と箪笥が並んでいたスペースにはクローゼットを新設しました。

間口が狭くなりますが、まるでウォークインクローゼットの様です!

お仕入れの後にお仕入れ、ワードローブの後にクローゼット、と仕様を変えても勝手を残すことで、物の配置など体が覚えている記憶を崩さず、違和感なく使用していただけるのではないでしょうか。

しかも、お仕入れ、クローゼット共に引き戸で構成する事で狭くなった室内でも導線をしっかりと確保しています。
開き戸や折れ戸では、開くときにどうしても手前に戸の幅それ以上のスペースが必要になります。
引き戸では、戸が手前に出ることはありません!


そして快適な生活に必要なものなのですが、できるだけ見せたくないエアコン。
エアコンを周りの建具や家具と仕様を合せた箱をつくりその中に収めて隠す方法がよく見られます。
今回は、エアコンと取り付けられている梁の奥行きを足した寸法より深く、クローゼットの奥行きを設定しています。


さらに、エアコンの幅を逃げたところから天井までを造作することで影に隠れるようになり、エアコンの存在を感じさせません。


また、エアコンのダクトを逃がすスペースは点検口の確保も兼ねており、普段はゴルフバックや、スキー道具などの長さのあるものをしまうスペースとして利用できますね!

お仕入れ横ウォークインクローゼット入口側にもスペースがあります。
梁が下がっているために生まれたスペースですが、こちらには可動棚を配置しました。
見せたくないけど、使用頻度の高いもの・・・、たとえばそうじ道具の収納にもってこい

そして、壁を取り払いリビングダニングと一体となった洋室の紹介です。
以前はご主人の書斎として使用されていましたが、今回は壁一面を取り払うことでリビングダイニングと一体化させ、大きなスペースを作り出します。


さらに、ワーキングデスクと飾り棚、そしてAVボードを一体とした壁面収納を製作することで、ご主人のコレクションや書籍、また以前のリビングダイニングに置かれたAV関係機器が一カ所に集りました。
壁の幅・高さいっぱいの壁面収納は、壁面一面を利用しますので十分な収納力を確保でき、引き出しや扉の構成によって様々な機能を集中させることが出来るのです。

F様は多くのコレクションをお持ちでしたので、オープンスペースやガラス扉ではコレクションを飾っていただきながら、天袋で収納力を充実させています。

そして今回は特別な姿見を設置。

クローゼットで服を選び、ここで身支度を整える。
格子の中に浮くように配置されたその姿見は、その存在を主張しながらも圧迫感なくデザインされています。

メープル材や白い壁に映えるウォルナット材で作られた壁面収納と特製の姿見が実用とアクセントとなり、上質な空間を生み出しました。


そして、もう一つ。
新設した壁に天然大理石モザイクタイルをあしらいました。

「もっと住まいの中に自然を取り込んでいきたい。」
「木の無垢材を使った家具を軸に天然素材の可能性をより追求していく。」

このような3rdの考えをご提案させて頂いたものです。


天然の異素材の組み合わせは、私たちにとってもF様にとっても、大変特別なものとなりました。

壁を抜いて、お部屋のレイアウト変更し機能をシンプルにするという引き算のリフォームになりましたが、解放感が生まれ、お部屋の使用のメリハリができました。

メリハリがあると、モノの場所が決まり雑多になる事もありません。


普段、何かと足すことで問題の解決を考えがちですが、削ぎ落とすという考え方も非常に大事なこと。
私たちも大変勉強になるお仕事をさせていただきました。

F様、本当にありがとうございました。

3rdでは、戸建てやマンションを問わずリフォームも積極的に行っており、3rdならではのご提案をさせていただきます。
より充実した生活を過ごせるよう、何かお悩みがあるようでしたら、是非お声掛け下さい!

よろしくお願いします!!

2012.03.08

S邸 キッチンボードお届け

横浜市都築区S様邸へキッチンボードをお届けしました。

ご友人のお宅でオーダーメイド家具をご覧になったのがきっかけで、3rdにご来店頂いたS様。キッチンにぴったり納まり長く使える収納を作りたいとのお話から、ご希望の機能や仕様に沿ったかたちをご提案させて頂きました。

今回のキッチンボードは下台の天板がポイントです。
素材を決める時「天板を人工大理石にすることは出来ますか。」というS様のこだわりで現在お使いのキッチンの天板と同素材となりました。
人工大理石は、割れにくく耐久性があり、お風呂や洗面台等の水回りにも広く使用されています。汚れもつきにくい上にお掃除もしやすいのでキッチンにはぴったりの素材ですね!

加工性や着色性にも優れ、色味や質感が多種多様なのでメーカーさんからサンプルを取り寄せ、お気に入りの一つをお選び頂きました。

天板以外は外側がメラミン材、内側は白ポリ材とこちらも水回りに強い素材に決定。写真だと分かりづらいのですが、白い中にも木目の模様を横目にして貼ってあり、フラットな白ポリよりも優しい質感となっています。

大きさはワイドが1700㎜もあるので、上台も下台も大容量の収納となりました。

上台は吊り戸とし、白い壁を見せてあげることで全体が広く感じるようになっています。しっかりと壁に打ちつけてあるので地震で倒れる心配もありません。中は可動棚になっていて、入れるものの大きさに合わせて棚を可動することで無駄なスペースをつくらず整理でき、さらに観音扉は両開きにすると間口が広くなるので大きな食器も難なく納まり、季節のものや普段あまり使わない食器もすっきり収納できます。

下台は引出しが9杯もあるので上の浅い引出しにはカトラリーやサランラップ等の細々しているもの、下の深い引出しにはお鍋やフライパン等大きなものを入れられるように、それぞれ引出しの深さを変えています。すべてスライドレールをつけているので、中に入っているものの荷重を気にしないで出し引きできるようにしました。

その隣にはゴミ箱が入るワゴンとなっており、奥行を余らせないためゴミ袋のストックが入るクリアランスをとりました。ワゴンと下台は別パーツとなっているので、勢い良くしまってもぶつからないようにクッション材として背板に扉あてをつけています。

スラット棚板もメープル材でおつくりし、白い木目のメラミン材とも違和感なく馴染んでいます。調味料やスパイスの瓶等かわいく飾りたくなるスペースですね。

異素材の組み合わせですが、全体の色調を合わせてあげることでおしゃれにまとまったキッチンボード。人工大理石を天板にすることで構造部分もいつもと違った製作図面を描き、今回もいろいろ勉強させて頂きました。

それぞれの特性を活かし、長くお使い頂ければと思います。S様ありがとうございました。

以前にもメラミン材やポリ材等でお作りしているものをブログでもご紹介していますが、3rdでは木材以外の素材もお取り扱いしておりますので、ご希望のイメージがありましたら、是非ご相談下さい!!

2012.03.05

H邸 ダイニングボードお届け

横浜市神奈川区H様邸へダイニングボードをお届けしました。

以前にTVボードを納めさせていただいているH様。
2011/12/19にもブログにてご紹介中です。
お届けの際に「本物が入っちゃったなー。」と、お部屋を変えたいモードに火が付いてしまったようで(笑)、次はダイニング側をと採寸をし、ダイニングボードをご提案することに。資料をお送りして程なく、改めてお願いしたいとご来店下さり、再びお部屋作りをお手伝いさせていただくことになりました。

前回のTVボードはご主人様のご意見が多く盛り込まれたスペースで、今回のダイニングボードは奥様のご意見を中心にお作りしたスペースです。
一番使う人が使いやすいように相談しながら作れるのが3rdのオーダーメード家具。
今回もこだわりが詰まったダイニングボードになっています。
 
まず、設置したい場所には腰高窓があったので、下台は窓の高さに合せることに。
向って左側の食器棚はカーテンレールまでの大きさにお作りしました。
しっかりと採寸した甲斐あって素晴らしい精度でお作りすることが出来ています。

ご要望として「食器棚は中身が見えない方がいいけど木の扉だと重くなりすぎるのが・・・。」と、言うことで中身の見えにくい摺りガラスにしました。
リビングからも見えるこの場所は、乱雑に置きたくないところ。気になりますよね。

また、収納したい物も多く、引出しを多くお作りしたのも特徴です。
浅い引出しにはカトラリーや文具、爪切りなどを収納できる定位置になりますので、
「使いたい時にない!」なんてことも決められた収納場所があれば心配ありません。

以前にお届けしたTVボードに対面する壁に設置でしたので一緒に撮影することが出来なかったのが残念ですが、お部屋の両側壁にボードがキッチリと納まっているのは本当に素敵でした。
左の写真が以前にお届けしたTVボードです。

お届けの際はご主人様も奥様も一緒に見守っていて下さり、「両サイドに本物が入って部屋が出来あがりました♪」と喜んでいただけました。
私たちも、一度3rdの家具を使っていただいた上でまたご依頼いただくことは本当に嬉しいことで、つい話しも弾むお届けとなりました♪
H様ありがとうございました!

こだわりが詰まったダイニングボード、TVボードを末長く可愛がって下さい。

2012.03.04

O様 ラウンジチェアお届け

川崎市宮前区のO邸にBKFチェアをお届しました。

3rdでは、木の無垢材を使用したオリジナルや特注の家具をご提案していますがセレクトの商品もあります。


今回ご紹介するBKFチェアは、1900年代のミッドセンチュリーと呼ばれる時代にデザインされました。当時売れた数は、なんと500万脚以上!エポックメイキングなものとしてその時代に支持されていたようですね。バタフライチェアとも呼ばれていて蝶の羽が広がった様な背もたれは、おおらかな大きさがあり、崩して座っても安心して体を預けることができます。しばらく生産が中止されていたものの近年復刻されました。

O様は、お引っ越しされたばかりで寝室に置くラウンジチェアをお探しでご来店されました。

寝室にラウンジチェア・・・、なんとも贅沢な癒しの空間になりそう!とご紹介させていただいたのがBKFチェアです。
サイズは高さ900mm、幅、奥行き共に850mmあり、その大きさを心配されていましたが、 ご覧の通り脚元は細い金属性のフレームのみで構成されていて、角のない有機的な優しさを感じるデザインとなっているので圧迫感はまったくありません。

最初のご来店は旦那さまだけでしたが、後日一緒にいらした奥さまも「素敵ですね~!」と大変お気に入り頂いてご購入となりました。

そのシンプルな構造はノックダウン(組み立て)式になっていて、女性でも簡単に組み立てることができます。 下の写真は、脚のフレームのパーツです。
これを組み立て、カバーを掛けて出来上がり!

「玄関、通るかな・・・。」
と納品の時に玄関を通るか心配されていましたが、問題ありません!

設置させて頂いたお部屋は、雛人形が飾ってある籐張りの中板をあしらったサイドテーブルと木製シェードのフロアランプで、温かで落ち着いた雰囲気。
そこに置かれたBKFチェアは、照明やテーブルとの色味と天然素材同士の組み合わせが相性良く、違和感なく溶け込みました。

素材の良い革のお財布や靴と同じで、使い始めは硬く感じるかもしれませんが、使いこむことで馴染み、そして色も深く飴色に変わっていきます。そのエイジングは木材と同様、大きな魅力ですよね。

BKFチェアは、たまプラーザ店にて常時展示しておりますので、その座り心地を是非お試しください!お待ちしております!

O様ありがとうございました!

2012.03.03

3月のお休み

だんだん春らしい陽が差してきたかなと思うと雪が降ったりと最近は忙しい天気ですが、春本番まであともう少しだと思うとなんだかワクワクしますね♪
3月のお休みのご連絡です。

<東戸塚店・たまプラーザ店>
水曜定休
今月のお休みは7日、14日、21日、28日です。

定休日をお間違えのないよう、お越しください。
皆様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております。

2012.03.01

S邸 トラディションテーブル&M・テレビボードお届け

今回のブログですが、実は昨年暮れのお届け事例で少し遅い更新となります。
S様、大変お待たせしました!

さて今回のお届けしたトラディションテーブルですが樹種はモンキーポット、サイズが1700mm×960mm、厚みは70mmと本当に立派な一枚板でした。

馴れ初めは、お引っ越しを機にダイニングテーブルをお探しのS様が、昨年の12月初旬に3rdが掲載された雑誌<Discover Japan Design>をご覧になり、たまプラーザ店へお越し頂いたところから始まります。

マンション購入後の内覧会を終えて、幾つかのインテリアショップを回っていましたが、まだまだボンヤリとしたご自身の持つイメージに近い商品を模索検討中だったS様。
3rdにご来店されて、真っ直ぐ引き寄せられるように一枚板のコーナーに!!
お声を掛けさせていただくまでの時間、ジーっと板を見つめていらっしゃいました。

しばらくして如何ですか!?とお声掛けすると、
「これ、イメージにすごく近いのですが、今度の部屋には大きいかも知れない・・・。」
と板の前で一言。

当然、一枚の無垢板なので多少の長さであれば調整可能ですが、一枚板は樹齢を重ねて幅方向を作ります。そして切り出した後の乾燥にかける時間が本当に長い!
そして、単純に大きな木から良い板が取れるという訳でもないのです。

伐採後、乾燥工程を経ていない木材は<生材>と呼ばれていて、その含水率は樹種にもよりますが、広葉樹で70%前後という状態。
十分に乾燥されていない木材は重くて腐りやすく、収縮・変形して強度もありません。材料として適した含水率に調整するためにたっぷりと時間を掛けて乾燥させるんです。
そのあと職人が削りだし製材して行きます。
下の写真は、含水率を計測しているところです。

木材は乾燥中に<反り・捻じれ・割れ>を起こし、とくに水分を多く含んだ木表(樹皮側)の方向に反り上がります。
その反り上がった木表の底辺と木裏(中心側)の両端に合せて厚みを決めるので、中々大きい厚みに仕上がった材が取れないし、割れてしまうために長さも取れません。

「今ご覧になっている板は、その過酷な工程に耐えて勝ち残ってきた希少な板なのです。本当は、今製作し得る最大限を使っていただければ・・・。」
と、力説するスタッフに「そうですよね!一度帰ってよく確認してきます。」とその日はお帰りになりました。

その後、数日たった夕方にS様からお電話を頂きました。

「先日見た一枚板はまだありますか!?」
色々悩んだ結果、どうしてもあの板が気になって仕方がないので部屋のレイアウトを相談したい。可能であれば、先日見た大きさをそのまま使いたいとの事でした。

翌日、再度ご来店いただき、リビング・ダイニングのプランについてお話をさせていただきました。すると一枚板の大きさはまったく問題ありません!

今は座卓として使用し、将来はダイニングテーブルとしても使いたいとのご要望でした。
それであればウォルナットのT字脚を組み合わせて使用されては!?素材こそは違いますが、雰囲気は合うと思います。と紹介させていただくと「これは良いですね!」とすぐにOK!こちらでお届けすることになりました。

そして、もう一点
座卓の前に置くAVボードもお探しだったS様は、新作として展示してあったTVボードを見ながら「そこにあるTVボードは、この部屋に入りますか?セットで欲しいんです。」とウォルナット材でサイズ1600mm×450mm×330mmのM・TVボードもご注文頂きました。

座卓を置く空間での使用に合せたTVボードなので、高さの無いテレビ台をお探しだったS様のご要望にピッタリです!
翌週の引っ越しに間に合うようにと展示品でのご購入となりました。

配送時、当初のレイアウトを何通りか実演しながらのお話で盛り上がってしまい、ついつい長居をしてしまいました。
S様ありがとうございました。
木材の経年変化とライフスタイルの変化を楽しみながらご新居での生活を存分に楽しんでください!

2012.02.28

Y邸 ソファ、OT、リビングテーブルお届け

横浜市緑区Y様邸へsofa shape、OT、モンキーポッドのリビングテーブルをお届けしました。

引越しに合せてお部屋の家具を改めてお考えということで奥様お一人でご来店いただきました。
店内商品のご紹介や、オーダーメードで自分だけの家具が作れることをご説明すると、『次は主人も連れてきます!』と後日一緒にご来店いただきました。

リビングの家具を中心に考えていらしたので、展示のソファなどを改めてご紹介すると座り心地をお気に入りいただいたのがこちらのsofa shapeでした。
写真は東戸塚店展示ソファです。張地はグレーの生地で作っているので明るい印象を与えてくれます。

Y様お気に入りの座り心地ですが、座面のウレタンは日本で最高反発のウレタンを使い、積層構造にすることで、硬すぎず柔らかすぎずなモッチリとした座り心地になっています。
奥行きも広いのであぐらをかいてソファの上に座ったり寝転んだりといろいろと座り方を楽しんでいただけ、クッションも適度な大きさなので頭の下に入れたり、抱きかかえたりと使い方は三者三様なソファです。

『やっぱり好みはこれかな♪』と他にも色々と試した中で一番気に入ったとsofa shapeに決定!
ソファが決まったところで生地を選ぶことになったのですが、フルカバーリングタイプですのでこの生地によってお部屋の雰囲気がガラッと変わることになります。ここは慎重かつ大胆に決めることに。

100種類以上ある生地の中から迷いながらも、茶色系のご要望をいただきご提案させていただいた中、少しゴールドの入ったキレイな茶色い生地を気に入っていただき決定です。
茶色と聞くと少し落ち着きすぎる印象もありますが、この生地は落ち着いた雰囲気の中にもゴージャス感があり、お部屋の雰囲気をグッと締めてくれたコーディネートでした。

また、ソファと一緒にモンキーポッドの一枚板をリビングテーブルとしておススメしたところ、陰影がハッキリとした木肌に一目惚れ♪

お手持ちだったTVボードがウォールナット色だったので、モンキーポッドとソファの雰囲気がピッタリ合い、素敵なリビングスペースが出来あがりました。

引越しの日に合わせて製作・お届けをさせていただいたので、まさに今から新しい生活が始まる!という貴重な時間に立ち会えたお届けになりました。
スタッフにも人気の高いこのソファ。ご家族みなさんで仲良く使っていただき、いつも団欒の中心にある家具として愛用して下さい。
Y様ありがとうございました!

2012.02.27

N邸 キッチンボードお届け

横浜市青葉区N様邸へキッチンボードをお届けしました。

ご新築マンションへのお引っ越しをきっかけに、キッチンにキレイに納まる収納棚をお考えでご来店頂いたN様。
初めてご来店頂いた時は、ちょうどアーツ&クラフト展の準備をしているところで、通常営業はしていなかったのですが当日にお電話を頂き、是非ご来店下さいと3rdスタッフ総メンバーでお迎えし、とても印象深い初来店になったのではないかと思います。

展示品や実例写真をご紹介し3rdの家具の仕上がりや質感をお気に入り頂いた上で、マンションの図面を基にご希望の仕様や機能をお伺いし、奥様の使いやすさを優先したキッチンボードをお作りすることとなりました。

全体としては上台を吊り戸にすることで下台と連結する側板をなくし圧迫感のないすっきりとしたデザインとなりました。

まず、天袋の吊り戸はマンション特有の梁や下がり天井の凸を欠き込み、端まで隙間なく設置しています。中は可動棚になっているので入れる食器の大きさに合わせて棚板の位置を変えることができる大容量収納スペースです。

続いて下台は炊飯器をしまうため、ご飯を炊く時だけ蒸気が逃げるように引き出して使えるスライドトレーが入っています。コンセントを移設してあるので、配線も気になりません。

その下には、乾物やストック等が収納できる深い引出しとし、スライドレールをつけることで重いものを収納しても簡単に出し入れができるようになっています。
N様のご希望により、引出しはすべてスライドレールの機能がついています。

真ん中の扉は、開けたときキッチンが狭くならないように引き戸仕様となっており、隣の引出しの前板を少し中にいれ、全部しまっている時に引き戸がスライドするようにお作りしました。
動作業が多いキッチンは省スペースも大事な条件ですよね!

そしてもう一つのポイントは、同素材で作ったスラット棚板です。調味料や小物等をのせられる場所があると、下台の作業スペースが大きくなってとても使いやすくなります。すぐ手が届く位置に調整しながら取付けられるのもオーダーメイドならではですね。

素材は床のフローリングと同じメープル材とし優しい木目がキッチン全体を明るい印象にしています。

キッチンの水回りに木の家具を置いてもいいの?という疑問をもたれる方も多いと思いますが、3rdのウレタン仕上げは水にも強いので少々濡れても大丈夫!
しかも、しっかりメープルの木肌の質感を残しているので飴色に変わっていく経年変化も楽しめ、一般的な塗装にみられる不自然な艶感が出ないのも特徴の一つです。

お届けの際は旦那様にお立ち会い頂き、職人が作業する姿を静かに見守ってくださいました。
メープルの質感を大変お気に入り頂けたようで、後日奥様とご来店頂き、「収納もたくさん増えて、キレイに納まってほんとによかったです!!」とお喜びの声を頂き、配達したスタッフや製作図面を描いた私もホッと一安心。

N様ありがとうございました!メープルの飴色に変わる様子をお楽しみ頂きながら、こだわりの詰まった機能を長く使って頂ければと思います。

またのご来店心よりお待ちしております。

2012.02.25

M邸 特注SA-002お届け

横浜市青葉区のM様邸へ特注SA-002をお届けしました。

M様は木で作られた家具がお好きという事でご来店いただきました。
家具好きの方にはテンション高めで細かく細かく3rdのこだわりをご説明させていただいちゃうんです。

飽きることなく聞いてくれたM様から『今使ってる収納棚も良いんだけどレイアウトを変えるのも一苦労で、できればサイドボードのような気軽に花を飾ったり出来る物が欲しいんです』とご相談を頂きました。

最初のご希望は腰高のサイドボードのイメージだったのですが、店内の商品をご紹介していると目に留まったのがこちらのSA-002

伸縮出来ることや直角に変形出来る事をご説明すると『面白いですね♪もし腰高にして、あと服を掛けておく事ができたら嬉しい』とだんだんやりたい事が具体的になってきたM様。

『せっかく作るならお部屋ピッタリのサイズでお作りします』とご提案させていただき、ご自宅へ採寸にお伺いしました。

サイズが測れた所で絵を描くと、『これ借りてもイイですか?』とM様。
『大丈夫ですよ??』とお渡しして一度お帰りに。

後日ご来店いただいたM様はレイアウトのイメージを書き込んでくれていたんです。

『分かりやすい!』心の声がつい出てしまいました(笑)
後はもう少しやりたい事を追加してM様特注SA-002が完成です!
 
ご要望だったハンガーラックと、バックも掛けられるようにとフックを作りました。金属の既製品などもあるのですが、『木製パーツで製作しましょう!』のご提案にM様も賛同いただきウォールナットでお作りしました。

また、一番上の区画は小さなお仏壇スペースになっています。
お供え物やお線香を焚くこともあるので側板を格子状にし、煙が逃げるようお作りしました。
今回の特注SA-002は天井との突っ張り機能を持たせる為アジャスターを入れました。
部分的ではあっても天井としっかりと合わせる事でより安定感の出た仕様になっています。
 
もちろん伸縮機能は残したまま、小さくスッキリとさせたり、広げて収納力をUPしたりとその時の気分でレイアウトを楽しんで頂けます。
   
お届けの際は『イメージ通りです!』と大変喜んでいただき、M様のやりたい事が満タンに詰まった収納で思う存分レイアウトを楽しんで下さい。
M様ありがとうございました!

2012.02.20

N邸 コート掛けのお届

横浜市青葉区のN邸にコート掛けをお届けしてきました。
お引っ越し前から何度もご来店されていて、実は先日のブログでもその様子をご紹介しています。

http://3rd-style.blogspot.com/2012_02_01_archive.html
(2012年2月2日の記事です!ぜひご覧ください!)

今回は、お引っ越しも落ち着かれたお正月明けに来店いただき、お話を伺うと探し物はコート掛けとのことでした。
それであれば、こんな形のものはいかがですか!?とご紹介したのがこちらです!

ご覧になったN様も「おっ!見たことがない形だね!いいねっ!」とすぐにお気に入りいただきました!
組み立て式になっていて、組み立てをしたスタッフはその形に「広場にあるモニュメントみたい!」とその立体的な形に感動していました!コート掛けのイメージをがらりと変えたオブジェに近い雰囲気で、高さも1785mmあり迫力があります。

今回の設置場所は階段を上がった踊り場です。

その踊り場から各部屋へと繋がるのですが、コート掛けに誰かのコートが掛かっているだけでその存在を確認できる、そんなコミュニケーションもあるかもしれませんね。
先端部は美しいだけではなく帽子やコートが掛けやすい角度になっています。

3rdでは、グリーンのご提案もさせていただいているのですが、プライベートルームやゲストルームなどの個室では、このコート掛けの中天板に垂れるタイプのグリーンを置く事でお部屋の雰囲気づくりができそうですね。

玄関先では定期やカギなどポケットの中の置き場所としてはどうでしょう。定位置が決まると繁雑になりがちな小物がまとまりそう!
お出かけ前にスッと必要な物を用意してくれている、帰ってくると受け取ってくれる、なんとも気のきくお手伝いさんといった感じでしょうか。

そして合せて購入いただいのが、靴べらです。
高さがあって立ったまま使用でき、ホルダーがついているので壁にフックなど取り付ける必要がありません。手軽に使え、一本の材料から削りだした技も光る、3rdで人気の逸品です。
こちらはチェリーとウォルナットでご用意しております。

普段は壁面の収納やデスクやテーブルなど家具のご紹介が多いですが、今回の様な無垢材を使ったコート掛けや靴べらも暮らしのアクセサリーとして、心豊かな生活に一役買ってくれそうです。

3rdでは、他にも生活を彩る雑貨や小物もご用意しております。
気になる方は是非ショップへお越しください!

N様ありがとうございました!またのご来店お待ちしております!

2012.02.20

A邸 家具の補修お届け

横浜市保土ヶ谷区A様邸へダイニングテーブル、ダイニングチェア、ラウンジチェア、リビングテーブルそれぞれの補修をさせていただきました。リビングでお使いの革張りのラウンジチェアが、随分見た目に変わってしまって、張替えをしたいとのことでご来店下さいました。
早速実物を見せていただきながら生地見本をお持ちしてどうしようかというお話をさせていただいていると、昔から使っている想い出のつまったリビングテーブルの表面の削り直し、座り心地が変わり色あせてしまったダイニングチェアの張替えも一緒にご依頼いただき、さらに、せっかくの機会だからと、ダイニングテーブルの削り直しもやらせていただくことになり、リビングダイニング家具のプチリフォームとなったのでした。
まず最初に、ラウンジチェアはまた革張りにしようか布張りにしようかと悩んだ結果革張りで再度張替え。以前よりも少し濃いめの生地にして、明るい家具のお部屋の中で引き締めポイントとなるようにしました。ダイニングチェアは、以前の張地はピンク系の明るい張地だったものをグリーンで張替え。
リビングダイニングがつながっていることもあって、見本から気に入った生地の中でさらにラウンジチェアの茶色、ソファの黄色との相性を考えました。
強めのグリーンですが、何色か入ったストライプにも見える生地が高級感もあり、色の愛称はバッチリ!生地の雰囲気もリビングのソファと似ていて、全体的にお部屋の雰囲気に落ち着きが増しました。ダイニングテーブルも所々塗装がはげてしまっている部分があったので、全体的に表面を削り、脚の色に合せて最初のころよりも使い込まれた色の雰囲気を再現。
新しいテーブルに生まれ変わりました。

リビングテーブルは随分長くお使いの突き板タイプのものだったので、表面が少し割れてめくれあがっているようなところもあり、塗装をすべて剥がしてしまうと表面の木目がキレイに残らないかもしれないからと、塗装をギリギリまで削り、必要なところは少し木目を書き足し再塗装をするという手の込んだ仕上直しをしたのですが、写真を撮り忘れてしまいました!
せっかく「新品みたいですね。」と喜んでいただいていたのに・・・ご紹介出来ずスイマセン(汗)アイテムがいくつかあったので分割してのお届けになったのですが、最後のお届けとなったダイニングテーブルで、お届けして早速テーブルをはさんでお話させていただきましたが、「こんなキレイだったんですね。」と、驚きながらもお喜びいただきました。
前段階で納めていたチェアのグリーンやラウンジチェアの茶色など、どれも「やって良かった。」と思える色合いと仕上がりにもご満足いただいていて、一緒に選んだ私も嬉しくなりました。(写真が夜の写真で分かりにくいかもです・・・。)

A様ありがとうございました!
また何かありましたらいつでも駆けつけますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

2012.02.18

N邸 サイドボードお届け

横浜市戸塚区N様邸へ特注サイドボードをお届けしました。以前にウッドデッキを納めさせていただいているN様。お久しぶりにご来店をいただき、今回はお部屋の中の家具を製作させていただくことになりました。

場所は、リビングダイニングとなるお部屋のダイニング側。
壁一面のサイドボードは今回もこだわり盛りだくさんで、明るく滑らかな木目が美しいメープル材で仕上げました。まず向って右側カウンターとサイドボードの隙間ですが、ここにはモデムなどをつなぐコンセントと、それを隠せるように箱状のカバーを製作。結構ピッタリサイズで作ったので、現場で最終調整をしてはめ込みました。
カバーがあるだけでぐちゃぐちゃしたコンセントのたまりも見えません。コンセントつながりで、向って左側のガラス扉の奥にもコンセントを移設。天板上にも蓋を付けて、上に置くスピーカー、中に入れるデッキ共に使えるようにしています。天板の上にコンセントを移設すると、コードが気になってしまうからというN様のこだわりです。また、サイドボードの真ん中の天板を少しえぐった形状にしているのですが、下の台の高さをちょうどダイニングテーブルの高さと同等になるようにH700㎜で設定しており、将来的にここにダイニングテーブルを置いた時に、同じ高さになって、天板がサイドボードの方まで延長して少しでも広く使えるようにというご希望に合せました。
ダイニングテーブルを置かなくても、変な感じもなく、むしろアクセントになっていい感じです。下の扉もダイニングテーブルを置くことを考えて、3枚引戸にして扉を開けるクリアランスの無いようにしました。将来の展望があったので、まだ見ぬダイニングテーブルを想像しながらデザインをしていきましたが、単体でも違和感の無いサイドボードは、抽斗や扉の中身、奥行きなどA4サイズをベースに考えていったので、無駄のない収納としてもしっかり使っていただけると思います。

ここまでたどり着くのにかなりの時間を要しましたが、細かいこだわりが全面に押し出されることなくスッキリとまとまって、デザインした店長も「いやー良かったよ。」なんて言いながら帰って来ました。
もちろん、たくさん迷ったり、考えたりを繰り返してたどり着いたのはN様も同様。出来た時には同じようにお喜びいただき、共にドキドキを分かち合っていたんだなぁ・・・と、改めて感じました。いつかこのサイドテーブルに合せたダイニングテーブルを製作させていただく時が来るのを楽しみにしております。
その時はお子様も、ビックリするくらい成長しているんだろうなぁ・・・なんて。
N様ありがとうございました!またのご来店心よりお待ちしております。

2012.02.14

S邸ソファお届け

今回は、横浜市青葉区のS邸にsofa builtとオットマンをお届けしました。
何度も確かめて、充分に時間をかけて選んだものは愛着がわき、永く付き合っていくことができますよね。
今回は改めて家具を選ぶ「こだわり」の大切さを感じるお届けでした。

今回S様にお選び頂いたsofa builtは、適材適所に配置された密度の異なるウレタンや厳選されたフェザーを使い、座り心地はもちろんのこと、永くご使用いただく為にメンテナンスが簡単にできるなどクッション内部の素材や構成に特徴のあるオリジナル仕様。
もっちりと体を受け止めるクッションと高い木工技術で製作された、まるで建築物の構造を連想させる直線が印象的な木枠を持つソファです。

たっぷりと時間をかけてご説明し、展示しているsofa builtに掛けていただくと、
「心地いい~!」と大変嬉しい一言をいただきました。
この日は、充分にsofa builtの魅力をご理解いただきつつ、お引っ越しまで時間があるのでもう少し考えます、とお帰りになりましたが、その後も何度か足をお運びいただく度に「やっぱりイイんですよね~!」とずっと悩まれていたご様子でした。

・・・そして年が明け、お正月のイベント開催中に来店されたS様。
「座り心地も忘れられないし、他で買って後悔したくないし・・・、そろそろ決めなきゃ!」
と、ついに!お気に入りいただいていたsofa builtにオットマン、クッション2つを付けてのご決断となりました!

オットマンを一つ足すだけで、足を伸ばし、よりくつろいで掛けることができるだけではなく、単体で座るなどグッと使用の幅が広がります。

仕様は、デザインのポイントとなっている木部をお部屋の建具と合うようにウォルナットで製作し、紫色のファブリックとの組み合わせは、落ち着いた中にも高級感のある3rdでも人気のあるコーディネート!カーテンとの色の相性もバツグンです。
「やっぱりこれにして良かったッ!」と大変喜んで頂きました~。

引っ越しの際の家具選びには、新しい生活への期待が溢れますよね。理想とするイメージも膨らみ、納得するまで時間がかかるのだと思います。
ソファは、生活の団欒の中心となるもの。
強いこだわりを持たれたS邸ご家族の癒しの中に置かれ、充分に納得されたソファを3rdからお選びいただけた事を誇らしく思います!

今後、当店の展示ソファの生地色が変わることをお伝えすると、また見に行きます、とおっしゃっていただきました。カバーはすべて取り外しができますので、気分や季節に合せてソファの衣替えができます。
是非もう一度、S様のこだわりにお付き合いさせていただきたいと思います。

スタッフ一同お待ちしております!

2012.02.12

F邸 ダイニングテーブル、ベンチ、チェアお届け

茅ヶ崎市F様邸へbliss table、ベンチ、kuku chairをお届けしました。ご自宅のリフォームに合せてテーブルセットをお探しだったF様。
ご家族で色々とお店を回られているなかで、3rdにもお立ち寄りいただきました。
こんな感じのものがいいというイメージをお持ちで、「楕円形状もいいかな。」とおっしゃられていたのですが、面積的に多く取れる四角いbliss tableの角を丸くして製作した実例をご覧いただくと、「これくらいの丸みでもでもいい」と、お気に入りいただき、見た目の可愛さや座り心地にもご満足いただいたkuku chairが3脚横に並べられるように脚の間の距離を考え、W1800のサイズでお作りすることになりました。
やっぱりメープル材は白肌がキレイです。テーブルは定番のbliss tableの角丸タイプで製作。
通常の角丸仕様よりも、より四角に近いものをご希望だったので、角のR寸法を少なくして製作。それによって脚と脚の間の距離も少し広がりました。
小さなお子様がいらしたので、角を気にされて少し丸みが欲しいということだったのですが、そのポイントは十分クリアー。四角いイメージを崩さず、程良い柔らかさです。一緒にお届けしたベンチは、あまり角を丸めない方がいいということで、テーブルの脚の角を丸めたのと同じようなイメージで面を取り、テーブルの脚とのクリアランスも最小限使いにくくないサイズで製作。
もちろんぴったりです。kuku chairの可愛らしい形とメープルの滑らかな木肌、そこにグリーンの張地の組み合わせがとってもキレイで、無垢材だからこそ醸し出される存在感に、大人の可愛らしさみたいなものを感じました。
ベンチにも同じグリーンのマットをご用意されていて、とっても素敵でした。後日、改めてお喜びいただいている旨のメールをいただき、「実際にお伺いしたかったなぁ・・・。」と、お届けに伺えなかったことを後悔するくらい嬉しかったです。
F様ありがとうございました。また是非何かありましたらご来店下さい。心より待ちしております。

2012.02.07

K邸 壁面TVボードお届け

川崎市多摩区K様邸へ壁面TVボードをお届けしました。以前に東戸塚店のお近くにお住まいだったというK様。「いつか引っ越したら3rdで家具を・・・。」と思っていて下さったようで、マンションへのお引越しを機にご来店下さったのでした。
とりあえず家具は今までお使いだったものを持っていくとのことでしたが、新しいお部屋の内覧などでイメージも出てきたようで、お部屋の図面を拝見しながらおおよそのデザインをご提案出来る資料をお作りして、後日お引越しほやほやのご自宅を見せていただくことになりました。さっそく設置する場所をみるとちょうど上の梁のところにエアコンが。
天井までお作りするのは難しかったので、梁合わせに・・・と思ったのですが、エアコンの吹き出し口を下げると梁下まで作った時に当たってしまうことが判明。
そこで、エアコンの吹き出し口に当たらない程度の高さまでとして設計。
幅もダイニング側に影響の無いW1600でお作りすることになりました。

今回のポイントは、向って左上の扉です。すべて板の扉なのですが左上だけちょっと違っているのがわかりますか?
実はここ、「扉一カ所だけテキスタイルなどが入るようにしたい。」というご希望で、額縁みたいになっているのです。
裏を見ると、フォトフレームのような方式で留めてあり、裏板を外すとそこにお好みのものを入れられるようになっています。まだ入れる布をご用意されていなかったので、最終形がどんな感じになったのか拝見することができなかったのですが、テキスタイルが入ったら是非見てみたいなぁと思います。下台は向かって左側に抽斗を3杯、真ん中はデッキを入れるガラス扉、右側は中身の見えない板の扉になっており、用途に合せて使い分けていただけます。
右の壁側にマルチコンセントがあったので、右側面に開口をして壁にもぴったりです。壁面収納の場合、今までウォールナットやチェリーでお作りすることが多く、探してみたら実はナラの壁面収納を今まで3rdでご紹介したことが無かったみたいで、ちょっとびっくり。
でも、木目がハッキリしているので木の雰囲気も感いていただけ、明るい中でも落ち着きがあるので、今後ナラの壁面収納、増えていくんじゃないかなーと勝手に期待してしまうような仕上がりでした。

ご主人様も奥様も「思ったより圧迫感が無い。ナラで良かった。」と、お喜びいただきました。K様ありがとうございました!またのご来店心よりお待ちしております。

2012.02.05

H邸 ダイニングテーブル、チェアお届け

川崎市宮前区のH様邸へダイニングテーブルとチェアをお届けしました。

お引越しの為に新しいダイニングテーブルをお探しでご来店いただいたH様。
3rdのテーブルは木の質感を残す為のこだわりや裏面もしっかりと仕上げている事などご説明させていただくと『テーブルってどこ行っても形が同じだからなにが良いのか分からなかった』とH様のお悩みが少し解決出来た所でご相談いただいたのが『テーブルに棚板付けられる?』ということでした。

お話しを伺うと『ティシューとか細々した物をテーブルの上に置きたくないから、天板の下に棚板があればスッキリすると思うんだけど、なかなかイメージピッタリの物がないんだよね・・・』ということで『H様の理想を教えて下さい!』とご指定いただいたサイズがW1500mm×D850mm。
棚板はティッシュや新聞・雑誌を置く為ゆとりのあるサイズでご提案。
『これが出来るなら良いな~♪主人と相談してきます!』と検討される為に一度お帰りに。

後日、『やっぱり棚板付きが諦めきれないのでお願いします!』とご主人と一緒にご来店いただき、最終段階の樹種選びとなりました。
ウォールナットかチェリーで悩まれていたのですが、艶っぽい肌触りと赤味が増す経年変化をお気に入りいただきアメリカンブラックチェリーに決定!

『椅子も合わせて欲しいんです』とH様。
ご主人はアーム付きが好みで、奥様は立ち座りの回数も多いのでとアームレスが良いとの事。
また、使うほどに味が出る板座にしたいとのご要望もあり、それではと椅子の講釈の始まりです。

3rdには3種類板座の椅子があります。
広い座面のnene chair
幅・奥行きが少し小さめのAD chair  
そして体圧分布を形にした2031 chair
H様の条件を満たす椅子がコレ、2031アームが2脚とアームレスが2脚で決定です。

お届けの際は奥様が大変興味を持って組み立てを見られていて、奥様だけで組み立て直せるぐらい理解してくれました♪
構造に興味を持っていただくとついつい話し込んでしまうので、ご飯時に危うく長居してしまうところでした(笑)

今回のお届けにはチョットしたアクシデントが・・・。
お届けを間近に控えH様へ『仕上がりの目処がたちました!』と連絡をした後に工房から連絡が。
H様の配送日を変更できないかと工場長からお店に電話がありました。
何事かと思い聞いてみると乾燥続きのせいか仕上げの工程前には見当たらなかったクラックを発見!板剥も終わっているので急遽作り直したいとの事。
これは一大事とH様にも事情をご説明して板選びからやり直し(泣)
結果H様には納期遅れでご迷惑をおかけしてしまいましたが快くご理解いただきまして本当にありがとうございました。

欲しかった形状、大きさでお作りした棚板付きテーブル、載せたい物を思う存分載せて楽しんでください♪

2012.02.05

K邸 ソファお届け

横須賀市K様邸へ特注ソファフォレッタ、クッションをお届けしました。随分前にご来店いただいていたK様。改めてその時のソファが見たいということで、ご案内させていただきました。
その時にお気に入りいただいていたのが、スッキリとしたデザインと、幅広いアームが特徴の革で張ったsofa riveraだったようで、改めて展示のものにお座りいただきました。ただ、「革がいい。」と思っていらしたようなのですが、「布でもいいんじゃないか。」「クッション部分だけでもカバーが外せる方がいいんじゃないか?」「柔らかい方もいいんじゃないか?」という一緒にご来店になったご家族の意見もあり、フォレッタに決定。
それでもやはり、アーム部分は広いriveraをご希望だったので、最終的に、背中までふわっとした座り当たりの柔らかいフォレッタに、riveraのアームという特注仕様でお作りすることになりました。
NEWフォレッタの誕生です!どうですか?比べてみると違いますよね。展示はベージュの張地なので、お店の中では一番可愛らしいタイプのソファなのですが、濃い茶色の張地にすると雰囲気が随分違います。さらに、同じ生地でマルチカバーも製作。
カバーをかけてしまうと、座面が1シートになったみたいで、アームの存在感、濃い茶色の張地と合わせてまた少し雰囲気も変わりますね。

背もたれのクッションも、沈み込むような柔らかさを出す為に綿をたっぷりと使用して作っているのですが、もう少し硬めをご希望だったので、中にウレタンを入れた仕様にしました。
中身も外見も特注フォレッタ、新境地を開拓してカッコ良く仕上がりました!!実は、お届けから帰って来た店長にお店で留守番をしていた私が「今回のriveraアームの特注仕様どうでした?」と聞いてみたところ、「あー、だからか~。なんか違うと思ったんだよ~。」と、気がつかないというまさかの答えにビックリ!!
写真を見て改めて確認して、納得していました(笑)。
K様も喜んでいて下さったことを確認し、別注仕様だっただけにホッと一安心。
一緒にご来店下さったご家族も、気に入っていただけるといいなあ・・・と思います!

またお店に行きますとおっしゃって下さったK様、ありがとうございました。いつでもお待ちしておりますので、よろしくお願い致します。

2012.02.02

N邸 ソファ、ダイニングテーブル、チェアお届け

横浜市青葉区のN様邸へソファとダイニングテーブル・椅子をお届けしました。

お引越しに合わせてリビングダイニングの家具をお探しでご来店いただいたN様。
最初は奥様がご来店いただき、ソファから始まりダイニングテーブルや椅子などご紹介させていただくと、『気に入りました!自宅に近い家具屋さんを探していたの♪また主人と来ますね。』と笑顔でその日はお帰りになり、後日改めてご主人様とご来店下さいました。

初めていらっしゃったご主人様にもダイニングテーブルやチェアはもちろんソファの中身や構造までご説明させて頂くと、『中身をこんなに説明されることってないよね。』とご納得いただき、リビングダイニングをトータルでコーディネートさせていただく事になりました。

まずはダイニングスペースですが、展示のテーブルを一通りご紹介すると、耳付き3枚剥ぎのトラディションテーブルに『カッコイイ!』と一目惚れ。

また、椅子はお気に入り頂いたのがchair2031とnene chair。
『どっちも良いんだよな~』と悩んでいらっしゃったのですが、『2脚ずつレイアウトすれば綺麗なダイニングセットになりますよ』と実際に組み合わせてみると、『そうだね!どっちも気に入ってるしそうしよう!』とchair 2031とnene chairを2脚ずつお作りする事になりました。
ダイニングセットだけでも椅子のレイアウトを変えて楽しむ事が出来ますね♪

樹の表情が残る耳付きテーブルにする事で、落ち着いた中にも迫力のあるダイニングとなり、存在感あふれるスペースになりました!

そしてリビングに置くソファは木枠が好みという事で3rdの2つのタイプで迷われていたのですが、アームが太くゆったりしているデザインをお気に入りいただき、『イイね♪座り心地もデザインも気に入りました!』とsofa innocenceに決定!

『リフォーム完成までまだ日があるから生地はゆっくり決めます』ということで、その後何度かご来店いただきじっくりと生地選びとなりました。
『N様の生地どれが良いかな~♪』とイメージに合うご提案をする為にスタッフの間でもミーティングを何度か繰り返しOKを頂いたのがシルバーグレーの生地!
ウォールナットとの良い組み合わせもバッチリ!納得のリビングダイニングスペースとなりました。 
 
お届け当日は奥様の体調が優れず、ご主人の立ち会いのもと設置させていただいたのですが、ついにお部屋が完成した事にもご満足いただき大変お喜びいただきました。

その後も『3rdの家具を知り尽くした!』と思えるくらいに何度もご来店いただき、木の小物を見に来て下さったり、こんなのが欲しいとご相談下さったりとお会いできる機会が多いのも嬉しいかぎりです。
N様ありがとうございました!
またいつでも遊びに来て下さい!心よりお待ちしております♪

2012.01.31

H邸 ソファ、TVボード、デスク、サイドテーブル、スツールお届け

横浜市旭区H様邸へsofa wave、TVボード、PCデスク、プラグテーブル、ori stoolをお届けしました。お引越しを機に家具を揃えたいとご来店下さったH様。
早速、お部屋の図面やお写真などを拝見しながらお話をお伺いすると、壁の一部が初めから色が違っているデザインウォールのリビングに、壁を生かしてサイズピッタリのTVボードやデスク、ソファをお考えでした。
何パターンかレイアウトも含めてデザインをし、お気に入りいただいたものをさらに、少しでもリビング空間を広く取れるようにサイズの調整などをし、最終的にお部屋でさらにお部屋に合せた家具となるように細かい仕様の調整を経て、お作りすることになりました。

やっぱり今回のポイントはTVボードとデスクのつなぎです!このピッタリ感、スゴイです!結構攻めてます。
実はこの壁、色の違う壁の両側に柱が立っており、TVボードはこの柱と柱の間にすっぽりハマるように作っているのです。奥行きも前面で合わせ、デッキ類の奥行きを考慮しながらリビングが少しでも広くなるように奥行き450㎜で製作。
そして向って右側にあるデスクは、柱の部分に合せて形を切り欠き、TVボードとの隙間をあまり取りたくなかったので、クリアランスを数ミリに抑えてギリギリのサイズで攻めました。
前から見ても上から見ても隙間なく納まっているのがスゴイです。デスク側は、柱の奥行き分スライドトレイの奥行きも減らしているのですが、PC自体はしっかり乗るので、使わない時はしまっておけるのがいいですね。
下の扉を開けると、中もスライドトレイを入れていて、プリンターの小型のものであれば入るようになっています。引出すことができるので、他にも便利な使い方が出来たりすると思います。デスクにはori stoolを合わせて。
違う場所でも使えたり、サイドテーブルとしても使えるのがいいですね。
ソファは、座り心地をお気に入りいただきwaveの3人掛けをグリーンの張地で。
全体的に明るいお部屋だったので、挿し色のグリーンがキレイに映えます。
差し込み式のサイドテーブルも便利に使っていただけるはず!
お子様も気に行ってくれたみたいで、すでにソファでは、ご主人様と同じ格好で一緒にTVを見ているそうで、なんだかほほえましい♪実はお届けの際にはご主人様は長期出張に出たばかりで、実際にご覧いただけたのは1ヶ月ほど経ってからになってしまったようなのですが、出張から帰って来て、お部屋の変わり様とお子様の成長っぷりの喜びと驚きがダブルで訪れたようです。
私も、後日スツールをお届けした時には、「しっかり歩いてる!」とビックリしました(笑)。

小さい時から素敵な家具に慣れ親しんで、ちょっとした傷もつけながら一緒に育っていって欲しいなぁと思いました。
H様ありがとうございました。またのご来店、心よりお待ちしております!!

2012.01.31

2月のお休み

まだまだ寒い毎日が続いておりますが、そろそろお正月に貯め込んだお腹周りを何とかしなければと気にしつつ、2月のお休みのご連絡です。
みなさん春に向けて頑張りましょう!!(・・・自分だけかな(汗))

≪東戸塚店・たまプラーザ店≫
水曜定休
2月のお休みは1日、8日、15日、22日、29日です。

定休日をお間違えのないよう、お越しください。
皆様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております。

2012.01.29

K邸 ワゴンお届け

横浜市戸塚区K様邸へワゴンをお届けしました。今お使いのデスクに納まっていたワゴンが壊れてしまい、作り直したいとご来店下さったK様。今お使いのワゴンのサイズを測って来て下さっていたので、それに合せてお作りすることになりました。今回は、かなりサイズのせめぎ合いでした。
根本的に、しっかりとしたものを作ろうとする私たちの基本の仕様があるのですが、それが一般的に流通しているものと同じとは限らない為、いつも通りに図面を書いていくと、サイズ的にどうしてもA4サイズのファイルが納まりきらなかったり、今お使いの筆記用具用のトレイをそのまま使おうと思っても納まりきらなかったりと、本当に何ミリかの世界での中での戦いが繰り広げられた今回のワゴン。大きさがそんなにあるものでもなかった為、大きな箱を作る仕様よりも板厚など強度的に問題ないくらいまで少しだけ薄くし、金具なども内寸に影響のある一番上の抽斗は、吊桟にして内寸を減らさないようにしました。一番下はスライドレールでも問題なかった為金具で対応。大きな抽斗で一番重さも出るところなので、開けた時に前に倒れないよう抽斗下部にもキャスターを付けた安心設計は嬉しいですね。
もちろんワゴン自体のキャスターにはロックも付いているので、必要に応じて使い分けて頂ければと思います。ここまでギリギリなラインで作るとお届け前の私たちのドキドキもかなりのものなのですが、実際に入れなければいけないものがちゃんと納まった時や、家具に対してのサイズ感などがぴったり決まった時には嬉しさも一入です。
K様にもご満足いただけてホッと一安心したお届けとなりました。
K様ありがとうございました。
お近くですので、またお気軽にお立ち寄りくださいね。

2012.01.28

T邸 チェアお届け

東京都世田谷区のT様邸へchair 2031とchair S2をお届けしました。

以前に3rdのカタログをお送りしていたT様。
『2031を見たいんです』とお目当ての椅子が決まってのご来店。

Chair2031は格子一本一本を背もたれのカーブに合わせて調整しているので、背中にゴツゴツとした背中当たりはなく、フィットしてくれる椅子になっています。
また抜け感があるので軽いイメージも印象的です。

T様にご説明しながら座っていただくと『うん、イイね。』と静かに座り心地と作り方へのこだわりにご納得をいただきました。

生地の色もイメージが固まっていて、ネイビー色の無地の生地でお作りしました。
生地によって同じ椅子でもイメージがガラッと変わります。
このウォールナットとネイビーの組み合わせも落ち着いた雰囲気でとてもカッコイイchair2031になっています。

また、『書斎用にもう一脚椅子を考えているんです』とご相談をいただいたので、ご紹介したのが、こちらのchairS2です。
こちらの椅子、座面にダイメトロールといって薄い弾力のある生地を張っているんです。
その為、ソファに座っているような柔らかいお尻当たりが特徴です。
T様に座っていただくと『ホントだ!さっきの椅子とはまた違った座り心地だ!』と驚きと共にこのお尻当たりをお気に入り頂きました。

生地はダイニングチェアとは色味を変えて真っ白な生地に決まりました。
ウォールナットの渋い茶色に良く映えて、存在感バッチリなchairS2となりました♪

お届けに伺うと、『イメージ通りです!』と喜んでいただき、スッキリとしたchair2031がお部屋の雰囲気に合い、ステキなダイニングスペースが出来上がりました。
T様ありがとうございました!

2012.01.28

S邸 ソファ補修お届け

横浜市旭区S様邸のソファを補修しました。最近お店では補修のお問い合わせが多いような気がしますが、春に向けてリニューアルの季節なのでしょうか?
そんな中、S様のソファも張替えさせていただきました。

W1400ほどの2人掛けソファは、いつも同じところに座っていらした為、左右でウレタンのへたり具合が触るとわかるくらいに違っていたので、中身も一緒にリニューアル。カバーも、今までの濃いグリーンから明るい黄色に変えてお部屋の雰囲気も変わりました。実はこの元々のカバーは、立体的に縫い合わせて一枚の布にしたものを本体に被せるという作りになっていたので、今のカバーを外して型を取り、また同じように縫い合わせて被せるという方法で再現しました。
最初から量産品として作る訳ではないので、最初の形状から崩れたものから型を取るのも大変だろうと思いますし、曲線が多いものはより立体的に縫い合せなければいけないので、なかなか難しいものです。

でも、その甲斐もあって、「クッション性が良くなった。明るくなった。」「今度は偏らないように座らなきゃね。」と喜んでいただけました。
新しく生まれ変わったソファで、くつろぎの時間を楽しんで下さい。
S様ありがとうございました。

2012.01.24

M邸 壁面収納、キッチンボードお届け

横浜市青葉区M様邸に壁面収納、キッチンボードをお届けしました。

きっかけは、ご主人様がお一人でご来店下さり、≪夫婦ともに忙しく、『入居から4か月ほど経っているのですが、まだ家具もない状態が続いていて、なかなか落ち着く時間や場所が無いんです・・・。それでも来年からは家にいることも多くなるから家具を揃えたいと思っていて』とのご相談でした。

詳しくお話しを伺うと、ご出産をきっかけにお引越しをされて、以前よりお使いの家具を取り敢えず置いて居ますが片附かず、新居に合った家具を探していた所3rdたまプラーザ店の壁面収納が目に留まりご来店頂いたのでした。

お話しでは≪リビングにTVボード+収納スペースそれとkitchen boardを検討中!≫言うお話でしたので、部屋の図面をお預かりして、早速イメージ資料を作成させて頂く事に!!
後日資料が出来た旨をご連絡すると、翌日にはご家族でご来店いただき、早速具体的なお話しとなりました。

まずはイメージパースをご覧いただくと、こんな感じで出来るのならお願いしますとご夫婦そろってお気に入り頂き、其れではとその足でご訪問し現場採寸をさせて頂く事に為りました。
お気に入り頂いたポイントをご紹介します。
まずは≪TVボード+収納スペース≫。
こちらは壁面収納でご提案をさせていただきました。
   
TVスペースは50インチをお考えだったので、空間サイズを合わせ、壁中央に配置向かって右側にはPCスペースとしてのデスクを入れています。
ご家族が集まるリビングにPCスペースを作ることで、忙しい中でも家族と過ごす時間が取れるようにとご提案させて頂きました。
 
また、左の収納スペースには照明を入れ棚板には8㎜の強化ガラスを仕様、圧迫感を軽減して飾り棚としても効果的なスペースに、TV上部の飾りスペース同様見せ方をアレンジしながら楽しんで使っていただけるスペースを取りました。

現場採寸の際『何やら障害に為りそうな装置が左上の壁に付いているのを発見』これは何ですか?と質問すると警報機の類で隠すことには問題ないです。との事でしたので側面に開口を入れて壁面収納の中に納める事にしました。
『本当に細かい相談も出来るんですね!!』とオーダーメードの提案力にご理解を頂きました♪

リビングの素材については、たまプラーザ店の壁面収納を見てご来店頂いた事もあり展示品同様ウォールナットに決定。
フローリング・建具の色とも合い、お届け完了時には『やっぱりウォールナットにして良かった』と喜んでいただきました。
ビジュアルももちろんの事、収納力・使い勝手も機能的な壁面収納となりました♪

次に≪キッチンボード≫
主能力を強化し、見える所と隠すところが欲しい・・・だけど天井に梁があり、既製品では中々イメージに合うものが無いンですよね~!!とM様
そこは、任せてくださいと、サクサク採寸♪♪
 
キッチンボードは耐水性を考えて水・熱にも強いメラミン材を使用。
サイズは背面の壁に収まり、大きめのレンジも乗せられるように奥行は500㎜でご提案
上台は400㎜と、少し奥行きを変えて腰から上の圧迫感を軽減。

右天板はスライドトレーになっていて、炊飯器を置いていただくようにお作りしています。
ご飯を炊いている時はスライドトレーを引き、磨ぎ汁蒸気をよけてお使いいただけます。

また、ゴミ箱を入れていただく為に可動式のワゴンを製作。

お届けの際はご主人様が立ち会って下さったのですが、ワークスペースの椅子が無いからということで、設置の合間にshopへ再来店!KAKI no isuをご購入
 
ご主人様は、『やっぱりオーダーって違いますね。』と職人さんが設置しているのを楽しそうに見ていてくれて、奥様も『家で過ごす時間も多くなるので、家にいるのが楽しみになります。』と後日、お立ち寄り頂き褒めて頂きました。
M様ありがとうございました!
その後ご家族みなさんでお使い頂いた感想などもお聞かせ下さい♪

2012.01.23

T邸 ダイニングテーブル、チェアお届け

横浜市旭区T様邸へbliss table、pepe chairをお届けしました。お引越しを機にテーブルセットをお探しでご来店下さったT様。
お店にあるbliss tableの無垢材の質感や、シンプルな形状をお気に入りいただき、即決定!チェアもご夫婦ともにお気に入りいただいたpepe chairという組み合わせでお届けすることになりました。テーブルは3rdでも定番のbliss table。
40㎜ある天板の厚みも、80㎜ある脚の太さも、無垢材を感じるには十分なボリューム感で、お部屋にちょうど良い存在感を与えてくれます。
合わせたpepe chairはアームタイプなのですが、こちらも問題なく納まる、障害物の無いスッキリ感が嬉しいですね。また、このpepe chairは、見た目の可愛さに反して、結構ゆったりとしているので、男性の方でも十分なサイズがあります。
細身で軽いので、男性だけでなくお掃除をする女性にも優しいのですが、ただ華奢と言う細さではなく、接合部分に工夫をすることで強度的にも問題なく、丈夫に使っていただけます。

セットとしてもウォールナットで揃えて、全体的に落ち着いた雰囲気になりました。今回はお引越しに合せてのお届けだったのですが、椅子が間に合わず、テーブルの方だけ先にお届けして代わりの椅子をお持ちしていたのですが、お引越し後すぐだったこともあり、「まだ片付いてなくてまだテーブルが使えないんです・・・。」とおっしゃっていたT様。
後からお届けした椅子も揃って、やっとこれから本格的にお使いいただけるようになるのではないかと思います。そして、お届けの際にお見えになったお母様にもお喜びいただけて良かったです。
T様ありがとうございました!またのお越しを心よりお待ちしております。

2012.01.21

K邸 AVボードお届け

横浜市戸塚区K様邸へ特注AVボードをお届けしました。TV周りの周辺機器などにこだわってらっしゃったK様は、お手持ちのデッキやアンプなどがピッタリ納まるようなAVボードが欲しいとご来店下さいました。
お話をお伺いしながらおおよそのデザインはその場でお出しし、「新たに購入予定のデッキやスピーカーが確定したらまた来ます」と、私たちのご提案にもご納得いただきその日は帰られました。
後日、「デッキ類も決まったので実際に見に来て下さい。」とご連絡を下さり、ぴったりとすべてが納まるようにしっかりと採寸させていただいたのち、製作を進めさせていただくことになりました。

TVボードは、背中までピタリと付けられるスッキリさがポイントです!今回はあえて左の壁までボードを作らず、スピーカーを両側に床置き出来るスペースを取って、TVがソファの正面になるようなサイズでお作りしたので、コンセントからの引き込み配線は少し出てしまいますが、それ以外の配線は後ろにたまることなくボードの中で取り回しをしているのでスッキリです。
実際スピーカーを置いてしまえば配線は気にならなくなると思います。また、真ん中の区画にはセンタースピーカーを配置したいということで、ボードにもスピーカーと同じサランネットを貼って音の通りが良くなるようにしました。
下段にはレコードプレーヤーを配置したので、スライドトレイを入れてレコード盤の入れ替えも簡単です。向って右側には、CDを仕切って収納出来るようにトレイを入れて。お届けの際には新しいスピーカーがまだ到着しておらず、本当の完成形を見ることができなかったのが残念でしたが、スピーカーが来ると、ちょうど良いバランスで納まってくれると思います。
基本的には旦那様のテリトリーになるこの場所を、気にされていたのは旦那さまだけではなかったようで、「妻もこれなら喜んでくれると思います。」と、立ちあっていただいたご主人様も太鼓判を押してくださいました。私たちもリビングルームをどうにか良くしたいという、ご夫婦の思いに答えることが出来、嬉しく思います。
K様ありがとうございました!
また何かありましたらいつでもお気軽にお問い合わせ下さいね。

2012.01.20

S邸 チェアお届け

千葉県柏市のS様へpepe chairをお届しました。

『前から気になっていた椅子があるんですけど・・・。』とご来店いただいたS様は『欲しかったんだけど、今使ってる椅子もまだ使えるし』となかなか決めかねている内に今になってしまったとの事。

S様の気になっている椅子と言うのがこれ、≪pepe chair≫
この椅子は無垢材でお作りしている椅子ですが比較的軽いことや、アーム付きで座り座面も広い為ゆったりと座れる椅子になっています。
S様も『やっぱりこの椅子イイよね・・・』と悩みながらその日はお帰りになりました。

後日『新しいマンションへ引っ越しをするので、この機会に新しい椅子を購入しようと思います!』とpepe chair購入を胸に再度ご来店いただき、ウォールナットにクリーム色の生地の組み合わせに決定!
丸く柔らかいフォルムもウォールナットでお作りするとカッコイイ表情になりますね。

お届けに伺うと『カッコイイですね!決めてよかった』と念願のpepe chairにご満足いただきました。
お届け前夜にお引越しと言う事でお疲れのご様子のなかご対応いただきありがとうございました。
少し遠くなってしまいましたが、また遊びに来て下さい♪
S様ありがとうございました!

2012.01.19

S邸 壁面収納お届け

鎌倉市S様邸へ壁面収納をお届けしました。お部屋のレイアウトを変えて、今お使いの飾り棚タイプの収納を変えたいとおおよそお部屋のサイズを測ってご来店下さったS様。
まずレイアウトとしては、この食器棚の場所にTVを持ってきたいと思ってらっしゃったのですが、この場所にTV用のマルチコンセントが無く、少し離れたところから配線を取るのではコードが邪魔になるので、マルチコンセントを移動するところから始めないといけないという障害が。
また、地震の事も考えて、天井いっぱいまでのサイズで作りたいと、TVボードを入れた形状での壁面収納をお考えだったので、それに沿ってデザインをしていくことになりました。問題は、天井まで作ることによって多少天袋収納の部分は増えますが、TVの区画を取ってしまうので、今のものよりも飾っておける部分が減ってしまうということ。
これは今回のボードに入れたいというものを詳しくお伺いして、出来る限りご要望に合せた何パターンかのデザインを出し、良い方を手直ししていくという方法で最終決定し、お作りすることになりました。今回の素材は、木目をプリントした合板での製作です。
少し艶のある、ウォールナットの木目タイプなので、他のお手持ちの家具や、建具などの雰囲気ともバッチリでした。また今回、スピーカーの位置をどうするかで悩んだのですが、TVの区画を広げて中に一緒に入れるのはスピーカーの上の空間がもったいない。かといって、TV横にスピーカー用の枠を入れるのもあんまり・・・。ということで左右の上部に配置することになったのですが、位置が高いので、スピーカーの音がいい感じに届かないかもしれないからと、実は見た目にはわかりにくいのですが、少しだけ前倒しの傾斜を付けています。
角度は、採寸に伺った時に新たにソファを置く予定の場所に向かうようにと、計測をした上で出した角度になっていて、コンセントは裏から通し、手前には落ち留めを付けて・・・と、ちょっとしたコダワリです。(内部の写真が無いのが残念・・・!)真ん中にはTV、両サイドには棚を配置したタイプの今回の壁面収納。
上下で分けると、下側は隠せるような扉付きの収納、上側は飾り棚として使えるようなガラス扉の収納というデザインは、天袋は隠す収納にする方が多い中、飾る部分にしたという、TVボードタイプの形状としては珍しい形状ではないのですが、仕様としては今までにないタイプの壁面収納になりました。そしてもちろん電機工事もお届けと一緒に行っているのですが、壁面収納に向って左側の壁にあったTV用のモジュラー配線を、壁や天井の中を通して壁面収納の上に開けた穴からおろすというやり方で、お部屋に長ーいコードが見えることなく設置完了!お手持ちの家具を移動するところからだったので、盛沢山の1日作業になりましたが、無事に納まり一安心。。。
年末のお届けだったのですが、新しい年を越す前に納められたので、お正月はきっと新しい空間でご家族みんなで過ごされたのではないかと思います。
S様ありがとうございました!

2012.01.17

S邸 ワゴンお届け

川崎市麻生区のS様へワゴンをお届けしました。

既に具体的なイメージをお持ちでご来店いただいたS様。
『こんな感じのワゴン作れますか?』とご指定いただいたサイズがW400mm×H700mm。

お話しを伺うと『今置いている家具の横にすき間が出来ているから、そこにピッタリのワゴンが欲しいんです』との事だったので、『ご自宅に行って採寸すればもっとピッタリにお作り出来ます!』とご提案するとS様の賛同もいただきお伺いする事に。

お伺いしてみると、娘さんのご紹介で購入したというサイドボードとキッチンの入り口の間に420mmのすき間があり、若干空きが出来てしまう書類入れがありました。
ご指定いただいたサイズより少し大きく作ることでよりすき間に合うワゴンが作れることが分かり、S様も『是非そのサイズでお願いします!』とお作りさせていただく事になりました。
ミリ単位でお作りする家具はオーダーメードならではですね♪

ワゴンには4杯の引き出しを作っていますが、一番下の深い引き出しはスライドレールを入れているので、たくさん入れて重くなってもストレスなく使う事が出来ます。
また、キャスターもお付けしているので他の場所で使いたくなっても、移動が楽々です。

樹種はお隣のチェストとも合うウォールナットに決定!
最初はチェストとの色の違いがはっきりしていますが、だんだんと馴染んでくる経年変化も楽しんで頂けます。

イメージにもすき間にも合うワゴンが出来上がり、お届けの際は、『想像以上に立派ね!』とウォールナットで出来たワゴンの存在感に満足いただいたのが印象的でした。
S様ありがとうございました!
これから使っていただくにつれだんだんと艶が出る家具の表情も楽しんで頂ければと思います。

2012.01.13

M邸 ダイニングテーブル、チェアお届け

横浜市旭区M様邸へbliss table、pepe chairをお届けしました。テーブルと椅子をお探しでお立ち寄り下さったM様。
最初にご来店下さったのはご主人様で、お店の家具やどのように作っているのかなど、色々とお話させていただきました。
「また今度家族と来ます。」とおっしゃられてから程なくして改めてご来店下さり、ご主人様のお気に入りだったpepe chairとbliss tableをお届けすることになりました。すでに奥様とお子様用にウォールナットでお気に入りの椅子を持ってみえたので、今回はご主人様用の椅子としてアームが有りゆったりと掛けられるpepe chairをブルーの生地で製作しました。
他の椅子がオフホワイトの張地なので、ちょっとしたアクセントになっていいですね。そしてもちろん、この幕板の無いbliss tableは、天板の下に反り止め用の桟という障害物しかないので、アームチェアでも問題なく納まります。
腿上を気にせず脚を組める自由さも嬉しいです。お手持ちのデザインが違う椅子を合わせても、同じ樹種なので雰囲気は壊さすことなく、急がず気に入ったものを揃えたいとおっしゃっていたご主人様と奥様の、コラボダイニングセットが出来ました。

お届けの際、うちの工房からもとってもお近くにお住まいでビックリしましたが、何かありましたらすぐに駆けつけられる距離ですので、お気軽にお問い合わせ下さい♪
M様ありがとうございました。

2012.01.12

S邸pepeチェア、コードスツールお届け

横浜市青葉区のS様邸へpepe chairとコードスツールをお届けしました。

最初ご来店頂いた際に、たまプラーザ店に展示のある椅子をご紹介させていただくと、『私、椅子好きなんです♪』とスタッフと意気投合。

そこでpepe chairをご紹介すると丸いフォルムをお気に入り頂き、素材はメープル材で張り座は白いビニールレザーでお作りする事に。

展示がウォールナットだったので、『出来上がりがワクワクだった』と楽しみにお待ちいただき、出来あがりは柔らかい色のメープルに更に白い張り地が映えて、綺麗なpepe chairとなっていました。

お届けの際は奥様が不在だったのですが、後日お話しを伺う事が出来『綺麗な仕上がりで本当に満足です!』と喜んでいただきました。

pepe chairのお届けから数日経ち、再度ご来店頂いたS様。
『こちらのコードスツールが気になって』とのご来店でした。

このスツールは再生紙のペーパーコードを使用して、職人が一本一本丁寧に編み込んでいるんです。使い込んでいくとだんだんと身体に馴染んできて、まさに自分だけのスツールが出来上がります。
『前の椅子を購入した時から気になっていたんです。主人からなかなかOKもらえなかったんですけど、これなら良いよ!って言ってもらえたんです』と、こちらのコードスツールをpepe chair同様メープル材でお作りする事に。

更にコードスツールは4脚までスタッキングが可能!!数を増やしても場所をとりません。

最初は白く柔らかい色が、だんだんとS様のお部屋にの雰囲気に合った、良い味を出してくれます。
お気に入りの椅子に囲まれた生活を満喫してください♪
S様ありがとうございました!

2012.01.10

M邸ダイニングローテーブルお届け

東京都国立市のM様邸へダイニングローテーブルをお届けしました。

前からお使いだったテーブルから買い替えをしたいとご来店頂いたM様。
『今のテーブルが古くなってきちゃって、ずっと探してるんだけど気に入った物が見つからなくて』と言う事でお話しを伺うと、≪サイズをW1400mm×D750mmにしたい≫それと≪出来るだけ軽くしたい≫というご希望でした。

サイズについてはオーダーメードの強み!!お客様のご希望通りで製作できます。
次のご希望≪軽くしたい≫に関しては、天板厚を調整することで、無垢材の重みを軽減。
脚の形状も細くして外側にハの字に広げ、天板下に幕板を回し脚を固定することで、見た目にもしっかりと安定感のあるテーブルが出来上がりました。
 
また、デザインも≪角に丸みが欲しいけど丸すぎるのもイヤ≫というご希望があり、店内の商品をご紹介していると、目に止まったのがコチラ!
3rdの職人・丸山が【将来、自分の子どもに使わせたい】とデザインして作ったKids用のテーブルとイス。
『この丸みが丁度いい!』とまさにM様の理想のデザインが見つかりました♪

樹種は明るいフローリングとも合うウォールナットをお気に入りいただき決定。
ウォールナットの経年変化は特別で、切りたてが一番濃くだんだんとまろやかな茶色に変わってくれます。
無垢材ならではの味が日を追うごとに体感していただけます♪

お届けの際はテーブルを見ていただくなり『コレいい!頼んで良かった!ずっと悩んだ甲斐がありました!』と大変喜んで頂きました。
今まで以上に長く使って頂き、テーブルにM様の歴史を刻んでいって頂ければとお思います。
M様ありがとうございました!

2012.01.09

I邸シングルソファお届け

横浜市青葉区のI邸へシングルソファをお届けしました。

最初に元々お持ちだったソファを直せないかと御相談を頂いたI様。
お話しを伺うと『新しいソファが欲しいんだけど、今のソファに合う物がなくて』と、あるショップで一目惚れをして購入したソファと合わせる物がないとお困りのご様子。

I様のご希望としては雰囲気が似ていて、シングルソファが良いという事だったのですが、ソファを拝見させていただくと、私達もよく知っている木工屋さんのソファで、確認するとお作りする事が出来るとのこと。

早速どのような生地でお作りしようかとご相談になったのですが、残念なことに同じ生地が廃番になってしまっていたので、生地サンプルを何種類か取り寄せ見ていただく事になりました。
今のソファ生地とお部屋の雰囲気とも合う、この大柄な生地をご提案すると『綺麗ね!』とI様もお気に入り頂きました。

お店でちょっと雰囲気を出して一枚♪

お届けの際は『頼んで良かった!』と大変喜んで頂き、一緒にいらっしゃったお子様もシングルソファの座り心地にご納得して頂き、リビングスペースにまとまりが出たように思いました。
I様ありがとうございました!
また気軽に遊びに来てください!

2012.01.08

M邸 壁面収納お届け

横浜市青葉区M様邸へ壁面収納をお届けしました。

4畳半のお部屋に、お子様二人とご主人が並んで、みんなで使える勉強スペースを作りたいとご来店下さったM様。

W2700㎜の壁に収めたいとのことだったので、一人W800mm程のワークスペースをお作りする事になりました。
お話をお伺いしながら、ご希望を整理し絵にしてみると『分かりやすいですね!』とM様に具体的なイメージを持っていただけました。

レイアウトはお子様用のワークスペースを左右に、まん中はご主人様用になっていますので、お子様に挟まれながら楽しいワークライフを送れます♪

こだわったのはレイアウトだけではありません!機能性もバッチリです!
まん中のご主人用スペースには大きいPCモニターを置くという事で、オープンスペースを広く取っています。
また、全てのデスク上にはブロック毎に照明を2灯ずつ設置したので、手元も明るく作業も快適です。意外とデスクライトって場所を取るので、照明を内蔵してあげると机上を最大限使う事が可能です。
デスクは奥行きを550mmに、上台の本棚は350mmにし、オープンになっているので出し入れもしやすい上、圧迫感も軽減出来るよう工夫されています。
ワークスペースの機能以外にも、ボードを天井まで作ることで耐震性もばっちりです。

最初は壁に合せて白いボードにしようかと迷ってらっしゃったのですが、自然な木目のあるウォールナットに魅力負け、ウォールナットでの製作をさせて頂きました。

お届け時には「ウォールナットにして良かった。木目がキレイですね」と立ち会った奥様も満足して頂いたようでした。≪本当にカッコイイです。≫
後日ご主人がご来店されて『すごく気に入っています!みんながあの部屋に集まっちゃって(笑)』とお褒めの言葉を頂きました。

お子様二人も終始作業を見ていて、興味深げで楽しそうでした。
もう少し大きくななったら、いっぱい勉強してね!!
M様ありがとうございました。

2012.01.06

Y邸ダイニングテーブル、ベンチお届け

川崎市宮前区のY邸へダイニングテーブルとベンチをお届けしました。

引き出し付きダイニングテーブルとベンチをお探しでご来店いただいたY様。
お話しを伺うと、『いろいろと探したんだけどイメージばっちりなものがなくて』と希望に合う大きさ+引き出しというダイニングテーブルがなかなか見つからなかったとの事。

更に『せっかく買うんだから一生物にしたい!』というご希望もあった為、『オーダーメードで無垢材のY邸だけのテーブルとベンチを作っちゃいましょう!』とおススメすると、条件をいくつか頂きました。
① お子様の勉強道具などを入れるための引出が欲しい
② 4人家族なのでW1400以上の大きさをキープ
③ スッキリとしたデザイン
ということだったので、具体的なお話しに。

①の引き出しは幕板の高さと合わせて長手に1杯ずつ付けることにしました。
また、取手については、いくつか金物のサンプルをお見せしたのですが、なかなかお気に入りが見つからず、木製のオリジナルを製作する事に。

デザインは『お任せします!』とご依頼いただき、何通りか作ってお見せしたところ、この四角いデザインの取手をお気に入りいただき決定!

テーブルのデザインは脚をうちこぎの角絞りにして、シャープな印象になりました。
絵にしてみると、『欲しかったテーブルはこれです!』と、笑ってOK頂いたのが印象的でした。

樹種は悩む事無くチェリー材をお選びいただいたので、出来立てはピンクのきれいな色で仕上がりました。
だんだんと赤みを増して出来あがるテーブルを楽しんでいただけたらと思います。

椅子については現在お子様用の物を2脚お使いだった事、近い将来お友達を連れて来ても座れるようにベンチもご提案しました。
テーブルと同じデザインでお作りすることになり、合わせて作った事でスッキリとまとまりのある、ステキなダイニングテーブル&ベンチが完成です。

お届けの際は、お子様が『やったやった!』とベンチに飛び乗るほど喜んでくれて、奥様ももちろん喜んでいただいたのですが、≪主人が一番楽しみにしていて、朝出社する時に『今日帰ってきたらテーブル来てるんだよね♪』とワクワクしていていましたよ≫とお伺いしました。
ご主人様、テーブル&ベンチはいかがでしたでしょうか!?
お子様たちの成長と共に出来あがる“味(キズや経年変化)”を楽しみながら、いつまでも近くに置いて使って下さい。
Y様ありがとうございました!

2012.01.05

M邸 TVサイドボードお届け

横浜市戸塚区M様邸へ特注TVサイドボードをお届けしました。ご自宅のリフォームを機に、壁いっぱいのサイドボードをお考えでご来店下さったM様。早速資料をお作りして、お部屋を見せていただくことに。

おおよそご来店の際にお話はお伺いしていたのですが、ご主人様と奥様でなかなかうまく意見が合わないことも多く、何度も何度もお話を繰り返しデザインを決定!
晴れてお作りすることになりました。

今回の素材は、木目をプリントしたポリ合板です。お食事の際のダイニングテーブルが座卓で、床座での生活がメインということだったので、下台はサイドテーブル側も含めて床に座ってテレビを観る高さの低めで統一。4mの長さが同じ高さで抜けているので、スッキリさも増して、見た目でお部屋自体が広く長く感じるのではないでしょうか。

ボード自体の高低差は窓に合せているので、向って左側は下台のみでTVボードとして。そして向って右側は、低めの上台を設置しているのですが、実はここ、3区画の1カ所だけお仏壇が入るように製作。それ以外は普通に収納として使えるのですが、ボードの一部分になって扉も付いているので、扉を開けなければどうなっているかなんてまったくわからないですね。扉も、プッシュオープンの折れ戸になっているので、出張りが全くなく、フラットでかなりスッキリしています。TV台の部分は、配線などをボードの中で取りまわす為、奥行きが500㎜あるのですが、壁ピッタリくっつくように製作しているので、ごちゃごちゃした感じもなく大きさも感じません。
実は今回、TVを2台並べて置きたいということで、向って左側のTVボード部分には移設のコンセントを2カ所付けました。(ちなみにTVは奥様用とご主人様それぞれが好きなものを観たいとのことから。)
もちろんデッキを入れる部分も必要だったので、上台のあるサイドボード側の下台と形状的には左右対称ですが、TVボード側はガラスの引戸、サイドボード側は板の引戸にしています。さらに、このボードの横にはキャスター付きのサイドボードを設置。引戸なのでTVボードと少し重なっている部分があっても扉が開かないことはないのですが、普段あまり使わないようなものでも、いざという時の為にキャスターを付けて動かせるようにしました。引出し部分を作ろうか迷っていらしたのですが、最終的には少し深めのトレイを入れることで製作。意外とこういった奥まで何が入っているのか引出せばわかるボックス型のトレイって便利だったりしますからね。
場所を変えることも出来るので、今後こういった仕様が増えてもいいんじゃないかな~と思ったりします。お届けの際も、ご夫婦で楽しそうにご覧になられていたM様。
色々と細かいところまでどうしようかと悩み、1度ブレイク期間があり、製作までのご相談期間も長かっただけに、想い出深いお届けになりました。
M様ありがとうございました!
また何かありましたらいつでもご相談下さい。

2012.01.04

2012年スタート!!

皆様、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

2012年1月3日より、一足先に東戸塚店がオープン致しました!

毎年の事ですが、1月3日は3rdのオープン記念日なので、東戸塚店では3日~15日までanniversary saleを開催中です。

たまプラーザ店のオープンは1月6日からになります。
もうすでにご来店下さった方もいらっしゃるみたいで、ごめんなさい。。。

今年もたくさん方々の夢を叶える家具作りをがんばっていきたいと思いますので、よろしくお願い致します!!

皆様のご来店心よりお待ちしております。

3rdスタッフ一同

2011.12.27

年末年始の営業のお知らせ

今年も1年ありがとうございました。

東戸塚店:冬期休業 12月28日(水) ~ 1月2日(月)
2012年は1月3日(火) AM.11:00~ 営業

たまプラーザ店:冬期休業 12月28日(水) ~ 1月5日(木)
2012年は1月6日(金) AM.11:00~ 営業

<東戸塚店、たまプラーザ店>
定休日 水曜日
※東戸塚店のみ4日は営業です。
今月のお休みは11日、18日、25日です。


また、来年2012年からは、たまプラーザ店、東戸塚店共に水曜日定休になります。(祝日の場合は営業)
定休日をお間違えのないよう、お越しください。

来年1/3~1/15まで5周年のanniversary SALEを行います。
年に1度しかないこの期間のみの感謝イベントですので、ぜひこの機会にお立ち寄りください♪
6年目に突入する3rdを、来年もよろしくお願い致します!!

3rd スタッフ一同

2011.12.27

C邸 ソファ、オットマン、リビングテーブルお届け

川崎市宮前区C様邸へsofa pound、オットマン、リビングテーブルをお届けしました。3rdたまプラーザ店のオープンの頃に1度ご来店頂いているT様。
「ソファを探してはいるんだけどなかなか満足できるものがなくて・・・。」と、おっしゃっていたので、3rdに新作である「sofa pound」をご紹介させていただくと、座り心地や、デザインをお気に入り頂きました。

その時はお帰りになられたのですが、しばらく経って改めてご来店頂き、「やっぱり色々見たけどpoundが一番良いです!これしか考えられない!」とおっしゃっていただきお作りする事になりました。1シートで張り感のあるこのpoundは、座面が硬めなので、しっかりと座っていただけます。
脚となるアームが独特で、ロの字脚なのですが、ただの真四角ではなく、細かくすべて違う角度が交り合っているので、実は作るのにもとっても手間がかかってるんです。
その苦労の分、手当たりも良く丸みがあって可愛らしさもあるけれど、スッキリとした印象に仕上がっています。実はT様、最初はカウチソファをお考えだったのですが、「実際カウチはどうなんでしょう?」とも思ってらっしゃったようで、カウチだと脚を伸ばせる場所が決まってしまう事や、小さいお子さんもいらっしゃるので、脚乗せを固定してしまうのはもったいないとオットマンをご提案。
・・・したのはいいのですが、実はまだこの時点ではオットマンのデザインが決まっていなかったのですが、「このソファのデザインをした方ならオットマンのデザインも任せます!」とおっしゃっていただき、パウンドの特徴であるロの字脚のモチーフはそのままにオットマンのデザインを考える事に。
今後定番となるデザインですから、もちろん手は抜けません。出来あがったデザインを早速ご覧いただくと、C様もご納得で、やっと定番となるpoundのオットマンがC様とpoundとの出会いによって誕生したのでした。
(う~ん、素敵なお話♪)
実際並べてみると、あまり見えないのがもったいないくらいの存在感と統一感が素敵です。リビングテーブルもウォールナットでシンプルなデザインなので、スッキリしたセットになりました。お届けの際は早速お子様がソファに座り、座り心地をご満足頂いた様子でした♪
C様ありがとうございました!
Pound第一号、オットマン第一号を、末長くよろしくお願い致します!!

2011.12.26

K邸 壁面収納お届け

横浜市緑区K様邸へ壁面収納をお届けしました。今までお使いだった壁面収納を買い替えたいとご来店下さったK様。
TVを買い替えて大きくなったり、昔使っていたけど今はもう使っていないものが入ったままだったり、開かずの扉があったりと、全体的にリフレッシュしたいという思いをお伺いし、ご提案資料をお作りして早速ご自宅へお伺いしました。何を残し、何を無くすのか・・・。

ここがK様のボードでの1番のポイントだったのかもしれません。
収納力は欲しい。でも、TVも大きくなり収納スペースはどうしたって少なくなる。
天井いっぱいまでになる為、若干サイズは大きくなるけれど、入れるものが少なくならないとやはり納まりきらない。
開かずの扉に納まっていたものや、古くなって使わなくなったものなどを減らすという作業をK様には頑張っていただき、私たちは残すものをしっかりと収納でき、飾ることも楽しめるボードを作り上げる。と言うことで、お届けさせていただくことになりました。まず、お部屋には普段使う入口がボードを設置する壁の左側、向って右側面にあったので、人の動く動線が決まっていました。
そして、ドアがあっても生活空間は壁面収納を設置する壁に向かってソファなどが配置されていたので、ボードの中心にTV部分を配置するのではなく、壁の中心にTV部分がくるよう、あえてボード自体はアシンメトリーにして、お部屋全体でみた時にバランスよくなるようになっています。まず、向って右側は娘さんのスペースです。
下台は引出しを4杯入れて、収納メインで。
中段にはお花など日々何かを飾り楽しめるような場所になるようにしたいとのご要望で、あえて大きくオープンの部分を作りました。そして天袋は、様々なものを隠してしまえるようにと大きめの板の扉を付けました。そして、向って真ん中から左側にかけてはお父様のスペースとして。
オーディオ類が多く、レコードや大きなアンプなど、メインで入れたいものが多かったので、どのように配置するのか試行錯誤・・・。さらに、元々のボードもそうだったのですが、TVアンテナやケーブルなど、別の部屋から持って来なくてはいけないものがあり、(全体の写真の向って左手の上と下にコードが出ているのがそれです。)それに伴って配線をどのように取り回してコードを通すのかを考えるところに頭を悩ませました。
何とか、あまり見えないように様々なところに通し穴を空けたり、後ろを通したりして設置完了。
電機類がボードに納まっている写真が無いのが残念ですが、何とかまとまり一安心。上段は中身の見えない天袋を作ろうという案もありましたが、大きなガラス戸にしているので、圧迫感も軽減されています。
中身が見えるので、何がどこにあるのか分かりやすくていいですね。娘さんのスペースとお父様のスペースと、左右を区分けしていますが、それぞれの区画の中に天袋の板戸、TV横のスピーカー部分を入れるなど、少しずつお互いの要素を入れることで全体のまとまり感が出たのではないでしょうか。設置の際には、作業の様子をずーっと興味深げに見ていたお父様。
「改めて入れがいがありますね。」と、完成時にはおっしゃっていて、新しいボードでの生活への、意気込みのようなものを感じました。
K様ありがとうございました!
こだわりを盛り込んだ新しいボードでの新たなお部屋を楽しんで頂ければと思います。

2011.12.25

S邸ブックラックワゴンお届け

横浜市青葉区にお住まいのS様へブックラックワゴンをお作りしました。

S様はだいたいのイメージが固まっている中でワゴンのご相談を頂きました。
ご要望としては、
① ダイニングテーブルの下に入れられるワゴン
② 上から本をしまえるようにしたい
③ 高さ600mmと幅380mm
④ ナラで作りたい

『ココまで決まっていたら後は使い勝手を考慮したデザインですね!』とお聞きしたイメージを元にご提案をさせて頂きました。

高さをテーブルからのクリアランスを考えて600mmでご希望だったのですが、そのままの深さでお作りしてしまうと、上から本を入れるには深すぎると、ブックラックの深さは300mmの高さでご提案し、その代わり下に出来たスペースには小物などを入れられる引き出しを付けることに。
このご提案に『そのような事が出来れば最高です!』とお気に入り頂き、お作りする事に。

また写真を見ていただくと表側にも裏側にも取手が付いていますが、これはダイニングテーブルの長手両側から引き出せる為にご提案をしました。
両側からワゴンの取り合いにならないようにして下さいね(笑)

キャスターはラバーで巻いているタイプを使用しているので、床を傷つける心配がありませんし、今回は本を入れるということだったので、結構な重さになることも考え、対荷重のキャスターになっています。
これなら長編の小説を入れても、分厚い辞書を入れても心配ありません♪

ナラでお作りしているので、初めは白く綺麗な木肌が日々過ごすほどに灰褐色に経年変化をしてくれます。
ナラのテーブルをお使いとのことでしたので、最初はワゴンとの色の違いが目立つかもしれませんが、だんだんとテーブルの経年変化した色に追い付いてくるのが楽しみですね。
本を取るたびに木で出来た家具のぬくもりを感じて頂ければと思います。
S様ありがとうございました!

2011.12.24

S邸ダイニングテーブル、チェアお届け

東京都世田谷区のS様邸へbliss tableとnene chairをお届けしました。

S様はダイニングテーブルとイスをお探しでご来店いただいたのですが、お話しを伺うと『リビングダイニングが変わった形をしていて・・・』と4人家族でベストなテーブルのサイズが分からないとご相談をいただきました。

ご来店の際にお部屋の図面をご用意頂いて、どのようなレイアウトが良いかとご提案する事に。
テーブルのサイズはW1500mm×D850mm×H700mm、ダイニングテーブルだけではなくTVボードやソファも含めて全体的なレイアウトを絵にしてみると、動線やイスの引き幅なども分かり、生活の中でのイメージが具体的になりました。
最初はカウンターに対して縦に置くことを考えていたのですが、『このサイズなら横でも置けますね!』と絵にした事で購入する前にレイアウトを楽しんで頂く事ができました。

横に置いた時は片側の長手をカウンターに付けて、リビングダイニングを広く使い、妻手に一人×2、長手に2人で4人家族がゆとりを持ってテーブルを囲む事が出来ます。
妻手は850mmとっているので大きい体格の男性が座っても十分に余裕があります。

合わせたイスは工場長デザインのnene chair。
お店で見た瞬間『このイス良いね~!!』とデザインも座り心地も一目惚れで、ご主人は板座、奥様は張り座と≪my chair≫としてお作りしました。
ですが、『アームチェアはテーブルの収まりが悪いんじゃないか。』と心配をされていたので、ご提案したのがbliss tableです!

bliss tableはアームの障害となる幕板の代わりに、追入れ蟻桟という加工がしてあり、アームチェアでもスッキリと収まりが良く、3rdのnene chairとbliss tableの組み合わせはゴールデンコンビです!
合わせた時の収まりといい、雰囲気といいカッコイイ組み合わせになります。

お届けの際は、お子様も今か今かと待ちわびていた様子で、配置が完了すると近所のお子様にも『テーブル届いたよー!』と声をかけ、早速子供達がテーブルを占領していました(笑)
S様ありがとうございました!
これから、お子様の成長と共に、時間が経つほどに趣きが出てくる無垢材家具の成長も楽しんで頂ければと思います。

2011.12.23

C邸 sofa、オットマン、リビングテーブルお届け

横浜市港北区C様邸へsofa innocence、オットマン、リビングテーブルをお届けしました。ソファをお探しだったC様は、ご来店前からお店のブログを見て下さっていて、本当に気に入ったものを選びたいと、ご来店いただいたのでした。

張地は汚れやホコリが気になるからと、最初からビニールレザーで考えてらっしゃったとのこと。そこで、様々な色のビニールレザーをご紹介したのですが、白っぽい色にしたいというご意向もあって、ベージュ系と迷って見えたのですが、最終的に白で決定!
シンプルで存在感のある木枠がカッコいい、真っ白なsofa innocenceをお作りすることになりました。今回、このタイプのsofaをビニールレザーでお作りするのは初めてだったので、いつもの布で製作したものとは違った雰囲気ですが、コントラストがキレイで、一見ビニールレザーには見えないので高級感もあります。中身のクッションはもちろん変わらず高密度ウレタンとフェザーを使用しているのですが、特に空気が入ることでふわっとなるフェザーの為に空気の抜け道を作ってあげないと、座った時のお尻当たりが変わってきてしまうので、見えない部分に空気を逃がす工夫がしてあります。
生地とは硬さや質感がまったく違うので、多少しっかり感は増しますが、ふわっとした感覚は変わらず感じていただけます。お部屋の真ん中に置かれるということで、背面も木枠でしっかりと組まれたinnocenceはダイニングからの見た目も素敵です。また今回、足乗せとしてもお使いいただけるオットマンも一緒にお作りしているのですが、最初はカウチタイプも考えられていたそうなのですが、機能性、機動性、間取りなどから、オットマンの方が使いやすいとご提案させていただき、お届けしました。
同じ木枠のものなので、単体で見ても結構カッコいいんですよ。リビングテーブルも同じウォールナットでお作りして、落ち着いた雰囲気がより一層引き立ちました。お届けの際にご主人様は不在だったのですが、奥様に立ち会っていただき、「イメージ通りのものができました。」と、おっしゃっていただきました。
C様ありがとうございました。ご主人様のその後の感想などもお聞かせいただければと思います。

2011.12.22

I邸 畳ベッドお届け

横浜市旭区I様邸へ畳ベッドをお届けしました。先にホームページを見てカタログ請求をいただき、今お使いのベッドを買い替えたいとのことでご来店下さったI様。
早速お話をお伺いすると、ベッドでも、マットレスだと日干しできないから布団を使いたいとお考えで、畳ベッドをご希望でした。
ベッドのイメージや今のお部屋のお話、これからお部屋をどうしたいというところまでお話も楽しく進み、早速その日のうちに、製作させていただくことになりました。

最初、少し腰かけるのにはちょうどいい高さになるように、ベッド自体の高さを500㎜くらいで考えていたのですが、床をお掃除出来るくらいの隙間があれば、少し低めの方がお部屋も広く見えるからとのご希望で、最終的に高さは350㎜で製作。畳の枠になる無垢材のフレーム部分は幅のある材料なので、それだけで木目の美しさも味わえますが、脚の接合部が留め加工になっているので、木がすべてつながっているみたいで仕上がりもキレイです。畳の下には、有効合板が入っていて畳自体を面で支え、木で枠を組んだ真ん中部分には中脚も入っているので、身体を支えるベッドとしての強度にも問題ありません。ヘッドボードのない、フラットでシンプルなベッドですが、無垢材と畳という自然な素材の組み合わせによって、存在感が引き立っています。
う~ん、布団で隠してしまうのがもったいないですね・・・。
畳には二酸化窒素を吸ってくれるという、自然の空気清浄機とも言えるような効果があったり、イ草のいい香りがしたりと、洋室の中にも日本を感じさせてくれるものでもあると思うので、布団を敷かなければ畳ベンチにもなりますし、夏場なんかは、このままお昼寝っていうのも気持ちよさそうなので、このベッド自体を楽しんでもらえる時もあって欲しいなぁと思います。図面の段階から想像を膨らましてベッドが来るのを心待ちに、お部屋を片付けて待っていて下さっていたI様。お届けの際にはとっても喜んで下さり、私たちもホッと一安心。。。
でもやっぱり、シンプルな形かもしれませんが、自然なものの力を感じるこのベッド、カッコいいです!!
I様ありがとうございました!
畳の気持ちよさや、無垢材の経年変化を感じながらいつまでも長くお使い頂ければと思います。