オーダー家具の3rd -your life style shop-
2015.09.21

I邸 ダイニングテーブル・椅子・AVボード お届け

I様はお引越しを期にダイニングセットとTVボードを探してご来店になりました。

1418_01

ご新居の図面を持ってご来店頂いたのでさっそくレイアウトのお話から。
まず、レイアウトのお話をするとき、ダイニングテーブルやTVボード、ソファの大きさなど、家具の大きさや
家事動線のお話をしていきますが、その他にも大切な要素があります。

それは照明の位置です。
ダイニングテーブルの位置と照明の位置が決まるとレイアウトも決まってきます。
レイアウトが決まるとテーブルサイズも決まります。
I様のダイニングスペースにはW1500のテーブルをお薦めしました。

1418_02

しかし、I様には1点気になってた事が。。。
3rdで展示していたテーブルは角のあるシャープなデザインが多い事。
I様は角の丸いものがご希望でした。

そこでご提案したのが『T+S-01 table』です!
このテーブルは、前回のブログでご紹介した『T+S-02 table』と同じデザインで角が丸くなったものです。
シャープなラインはそのままに角が丸くなることで、柔らかな印象になります!

1418_03

「これなら優しい感じで部屋にも馴染むね!」とテーブルは『T+S-01 table』で、椅子は座り心地で選ばれた『T+S-01 chair』で決定となりました!

1418_04

『T+S-01 chair』は「3次元曲木」を使った背もたれが印象的なデザインの椅子です。
背もたれから脚までが緩やかな曲線でつながり、スッキリとし3rdの中では小さめの椅子です。
座面にダイメトロールを使っている為、おしりあたりも柔らかく長い時間座っていても疲れにくいのが特徴です。

座面はシックなチャコールグレーに決定しました!

1418_05

テーブルと椅子が決まると「せっかくだからリビングは同じ質感やテイストで揃えたい!」とI様からご要望があり
一緒にTVボードもご提案させて頂きました!

「すっきりしたデザインで扉は必要ないです。デッキとCDが置けて、高さも低めのものがいいです。」との事でしたので、「HELLA」のシリーズのオープンTVボードを見ていただきました。

1418_06

「HELLA」は3rdでも人気のシリーズです。切断面を見せない工夫がされた「HELLA」。
正面から見えるパーツは内側に向かって斜めになっているので、圧迫感がなくシャープな印象です。

1418_07

特に扉がないので、奥行きもコンパクト。
高めの脚がついたすっきりとしたデザインで「イメージにぴったり♪」と、とても気に入っていただきご契約となりました!

1418_08

お届けの時。
「本当に楽しみに待ってました!!」と、首を長くして待っていてくださったI様。
お近くにお越しの際には、ぜひお立ち寄りくださいね!

【T+S-02 table W:1500×D:850×H:700】
【T+S-01 アームレス chair  W:430× :485×H:770×SH:420】
【HELLA OPEN TVBOARD W1500×D450×H450】

2015.09.20

U邸・K邸 ダイニングセット お届け

今回はダイニングテーブルと椅子のお届けを2組ご紹介いたします!

line_02

U様はお引越しに伴い、ダイニングテーブルの買い替えを検討中でご来店になりました。

1443_01

「今後のライフスタイルの事を考えて、少しゆったりとしたサイズが欲しいなと思っているんですが、
サイズや色で迷っているんです。」とご相談を頂きました。
早速、お部屋の様子をお伺いしレイアウトやサイズからご提案をすることに!

ダイニングはキッチンカウンターが大きく平面図に書き出して見てみると、あまり大きなサイズは置けなそう。。。
ですが、よくお話をおうかがいすると、U様のご希望は「可能な限り大きめのテーブルを置きたい。」との事でした。

それでしたらカウンター下を有効的に使って長さを確保出来るように、また奥行きも大きくなり過ぎないようにしましょうとお話をし、サイズはW1500×D850×H700で決定となりました!

1443_02

サイズが決まったところで、今度は樹種。
濃い茶色のウォールナットにしようか?淡く白っぽい色合いのメープルにしようか??
確かに難しところですよね(^-^)

お部屋全体の色合いは、床も壁もキッチンも白がベースとの事。
そこで白い床や壁にウォールナットの様な濃い色目の家具を置くとお部屋全体が締まった印象になりますよ、と
以前にお届けした実例写真を見て頂きました。

1443_03

写真を見て頂きながら、デザインはどんなものがご希望ですか?とお伺いすると「シンプルですっきりが希望です。」との事。
それなら!と、ウォルナット材で出来た『T+S-02 table』をお薦めしました。

1443_04

『T+S-02 table』はすっきりとシャープなデザインが人気のテーブルです。
U様にもこのデザインを気に入って頂き、テーブルは『T+S-02 table』に決定しました!

続いて椅子です。
店内の椅子に一通り座って頂いた中でU様に気に入って頂いたのが『T+S-01chair』です。
『T+S-01chair』はこの時入荷したばかりの新作で、3rdでは珍しい「3次元曲木」を使ったデザインの椅子です。

1443_05

背中全体をしっかりと包み込み優しく支えてくれる背もたれと、背もたれから脚までが緩やかな曲線でつながった優しいライン。
横から見てもすっきりとしたデザインの『T+S-01 chair』。

1443_06

大きすぎず、軽量で座面にはダイメトロールを使用しているのでおしり当たりも柔らかく、長い時間座っていても疲れにくい椅子です。

U様も座った時のフィーリングがとっても気に入って、この椅子に決定となりました♪
座面の色は少し遊び心を入れて2色選ばれています!

1443_07

U様、そろそろお引越し後の荷解きも落ち着かれた頃でしょうか?
また何かございましたら、お立ち寄りくださいね!

1443_08

【T+S-02 table W:1500×D:850×H:700】
【T+S-01 アームレス chair  W:430× :485×H:770×SH:420】

line_02

K様は「ダイニングテーブルを探していて。ちょっと見せてください。」と、偶然お店の前を通りかかりご来店になりました。

店内を見ていただくと。。。
展示をしていた『T+S-02 table』に一目惚れをされたようでした。

2358_01

お部屋の間取りをお伺いすると、どうやらサイズもピッタリ。
なにより展示していたテーブルと椅子の組み合わせがとても気に入ったご様子でした。

2358_02

椅子は「3次元曲木」の柔らかなラインが綺麗な『T+S-01 chair』。
張り生地は人気のある明るいグリーンで生地も展示のものを気に入って頂きました。

2358_03

「もしよろしければ、このテーブルをお届けしますよ」とお薦めすると、
「一度帰って考えてみます。。。」と、とっても悩まれて、その日はお帰りになりました。

後日。
「先日テーブルを見せて頂いたのですが、あのテーブルと椅子のセットでお願いします!」とご来店頂きました!

2358_04

テーブルは展示していた木目を気に入っていただいたので現品を。
椅子の張地は気に入っていただいた展示と同じグリーンで改めて製作させて頂く事になりました。

2358_05

グリーンの張り生地は、明るいK様のダイニングにぴったりですね!

K様、使い心地はいかがでしょうか?
またお近くにお越しの際には、ぜひお立ち寄りくださいね!

【T+S-02 table W:1500×D:850×H:700】
【T+S-01 アームレス chair  W:430× :485×H:770×SH:420】

U様、K様、ありがとうございました!

2015.09.08

K邸 ダイニング・ソファ お届け

新築マンションへお引越しのK様。
家具を新調したいとのことでご来店くださいました。
お求めだったのは、ダイニングセットとソファ。

図面をお持ち頂いていたので、それを見ながらまずは大きさとレイアウトを一緒に確認です。
そして、家具のサイズ、置き方が決まったところで、店内の商品をいろいろ試していただきました^^

その中で気に入っていただいたのはこちら。

 ダイニングテーブル  T+S-02
 ダイニングチェア   Cervo
 ソファ        POUND

007床に合わせて、木材はウォールナットに。

ダイニングテーブル【 T+S-02 】は、天板が30mmと薄めで、反り止め用の金具を天板に埋め込んであるためスッキリ見えます。K様にもこの細見で軽快な印象を特に気に入って頂きました♪
木材はウォールナット材限定ではあるのですが、和・洋風限らずモダンな空間にフィットするダイニングテーブルです。img_table_05[1]          これが反り止め 奥行き方向に保定します
140309_02[1]のコピー木材の反りは水分の蒸発による乾燥時のねじれや収縮による変形のことを言いますが、この反りが起きるのはほとんどが幅方向になります。テーブルですと、奥行きに変化をきたしてきます。ですので、このように反り止めをするわけです。

K様のダイニング、木目も綺麗です~
DSC_6811                                                          

続いて、ダイニングチェアのセルボは、脚の木組みデザインが特徴なのですが、強度もあり、奥行があるため、ゆったりと座ることができます。オプションではありますが、取り外し式の背クッションもあるので、気分によって色も座り心地もかえられて楽しいですよ♪写真右、アームなしにすることも可能です。

DSC_0663K様のセルボチェアは赤色とえんじ色。009008
照明とも合っていて、とっても素敵ですよね^^DSC_6803
ソファは、【 POUND パウンド 】と【 CHILL チル 】でかなり迷われていましたが^^
座面が1シートということと、座り心地のお好みでパウンドに決まりました!
2265_06[1]-2パウンドはウレタン6層積層型で座面がやや硬めのソファになります。
しっかりとした座り心地がお好きな方におススメです!
背クッションはシリコン加工ポリエステル綿で高密度のウレタンを包みこんでおり、
上半身を優しく支えてくれる構造になっています。
また、フレームは張り込みなのですが、座面と背クッションは季節や気分によって替えることもできますよ♪

K様は、全体の雰囲気、汚れを考慮してブラックにされました^^空間をうまくまとめてくれていますよね。006DSC_6804010パウンドはやわらかなフォルムでかわいらしいイメージがありますが、樹種や生地によってガラッと雰囲気が変わるのも魅力の一つかもしれませんね^^

K様には納品を楽しみにお待ち頂ていたようで、当日はとても喜んでいただけました^^
それからいかがお過ごしでしょうか?
また何かありましたらお気軽にお声掛けくださいね。

ありがとうございました!

たまプラーザ店

2015.09.06

O邸/M邸 ソファ お届け

今回はフルカバーリングソファのご紹介です!
sofa1
シンプルなデザインが多い3rdのフルカバーのソファ達ですが、
細部にまでこだわっておつくりしています!

まずは大事な構造部分。
sofa
土台には耐圧分布にすぐれたウェービングテープという伸縮性のあるテープを使用。
1本1本ハンドメイドで編み込まれています。
そして、クッションにはウェービングテープと相性の良い高密度ウレタンと、
天然のハンガリー産スモールフェザーを組み合わせています。

ウェービングテープとクッションの組み合わせから生まれる、
身体をモッチリと包み込んでくれる座り心地が、何ともいえぬ安心感を感じさせてくれます〜!

アームにも厚めのウレタンを入れているので、万が一角に当たってしまっても痛くありません◎

また、カバーは土台まで全て替えカバーが可能!
DSC_3572
季節によって替えたり、ドライクリーニングできるので衛生的ですし、
土台とクッションで生地を分けたりもできるので、様々な表情が楽しめます^^
生地はかなりの数があるので迷ってしまいますが、お好みの生地がきっと見つかりますよ〜!

そんなソファを気に入っていただいた、2組のお客様をご紹介します。

まずは、ご新居へのお引越を機にソファをお探しでご来店されたO様。
3
店内をくまなくご覧頂いた上で、
ご夫婦で気に入っていただいたのがsofa ample(アンプル)でした。

特徴はなんといっても奥行きの広さ!
1100mmある奥行きは、足も一緒にソファに乗せてごろごろとくつろげるサイズです〜^^
アンプルは背クッション、座面どちらにもフェザーを使用しているので体全体を柔らかく包み込んでくれます。
1
O様にとても気に入っていただいたのですが、幾つか問題点が。。。
他の3rdのソファに比べて、アンプルは奥行きが大きいので、搬入経路を必ず確認しなければなりません。
間取りをお聞きしていくとリビングにはソファを置くスペースは十分にあるのに、
O様のリビングは2階にある為階段を通っての搬入ができないかもしれない、、、、
ということがわかりました。

せっかくソファを気に入っていただいたので、なんとかお届けしたいところです!
そこで、後日お伺いさせていただき搬入経路を確認させていただきました。

やはり階段からの搬入は難しいようでしたが、駐車場の真上に大きな窓があったため、
そこから吊り上げすることに。
4
生地サンプルもご自宅でみていただき、
いろいろとみていただきながら生地が決定!

さらに、造作であったウォールナットのTVボードにあわせて、
ウォールナットのリビングテーブルもご注文いただきました!

さわやかなブルーでお部屋も明るくなりますね!
2
お届け当日は3rd男性陣総出で吊り上げを行い、無事完了〜!

「一気に部屋らしくなりました!」
と喜んでいただき一安心でした^^

たくさんゴロゴロとくつろいで下さいね〜^^

O様、ありがとうございました!

line続いて、近くにお住まいのM様。
s2
出張で長らく県外にいたそうで、戻ってくる際にソファを手放してきてしまった為、
ソファをさがしている所だったそうです。

店内のソファをいろいろと座っていただき、
ゆっくりと吟味していただきました。

やっぱりこれかな〜と戻って来たのがSOFA SHAPE(シェイプ)!
座面がワンシートになっていて、広々と使えるのが特徴です。
s1
座面にもフェザーが入っているアンプルに比べて、
シェイプは座面が高密度ウレタンのみの構造になっているので、お尻をしっかり支えてくれます。
その代わりに、背クッションにはフェザーとウレタンを入れて背中をふわっと包んでくれる仕様で、
バランスの良い座り心地のソファです。

構造もしっかりしてシンプルなデザインだからこそ、飽きがこなくずっと使っていけます!

全体的な奥行きは90cm程ですが、ベースの部分を薄くつくっているので奥行きはゆったり!
背クッションを取って、コーナーにすわると自分だけのスペースもできちゃいます〜^^
s5
ソファがシェイプに決まった所で、一番迷ったのがカバーの種類!
さまざまな色、素材、織り方でつくられたイタリア製の生地を使用しています。
M様は茶系か赤系でだいたい決まってはいたものの、
同じ色味でも織り方や素材がそれぞれ違うので選ぶのがなかなか難しいんです。

生地を並べながら選んでいき、決定したのがコチラの赤!
s4
シンプルな織り目で、派手すぎない落ち着いた色味です。
ソファと合わせてオットマンもお届けさせて頂きました。

お部屋がぱっと明るくなりましたね!

その後いかがお過ごしでしょうか。
お近くなのでまた遊びにいらして下さいね^^

N様、ありがとうございました!

今回ご紹介したソファの他にも、お店では木枠のソファやレザーのソファ等、
様々な種類のソファを展示していますので、気になった方は是非お店にいらして下さいませ^^

たまプラーザ店

2015.08.31

K邸 ダイニングセット ソファ お届け

ご主人の仕事のご都合で、購入後住めていなかったというK邸。
配置を含めてコーディネートしてほしいとのことでご来店されました。DSC_8134のコピー今はお子様も成長し、テーブルが手狭になったということ、
来客があった場合でも対応できるようにしたいとのご要望があり、
大きさを伺いながら~3rdでの家具づくりのお話もさせてもらいながら~
レイアウトなどのイメージを一緒にふくらませて~♪の楽しい作業をさせていただきました^^
すると「可能であれば一度、部屋を見て欲しい」とK様。
そこで改めて訪問させていただき、寸法など見ながら具体的に配置を決めていきました。

リビングとダイニングの間にウッドデッキのあるとても素敵なK邸。
今までのダイニングは、キッチンと平行に置かれており、さらにテーブルの奥行きも950mmと広めだったため、
人の動く導線が少し狭い状態でした。。DSC_8127
そこで、ご提案させていただいたのが、奥行き800mmと少しスッキリとさせた【 Bliss ブリス 】というテーブルです。
たかが15センチの差とはいえ、これで印象も感覚もかなり違ってくるのです。DSC_8132DSC_8168'ブリスはさらに “レッグジョイント” といって、6角レンチ1本で脚が固定できるテーブルで、
同じ仕様で、リビングテーブルの天板と、替え脚を作ることによって、K様ご要望の来客時にも対応可能なテーブルにすることができるのです!!
その替え脚の付け替えによって、
 
 1.ダイニングテーブル、リビングテーブル、それぞれとして ~普段用~
 2.ダイニングテーブルの延長 ~来客時~
 3.たまにはダイニングを座卓として ~雰囲気をかえたい時や、さらに大勢の来客時など~

DSC_8144

という具合に高さのバリエーションに加え、一時的に大きいテーブルにすることも可能なのです。
K様にご提案させていただいた時には「斬新で機能的ですね!」
と大変興味をいただけたシロモノです^^

さらに居心地のよいダイニングにするには?
使いやすいダイニングセットとはどんなものでしょうか??

ご飯が食べやすいのはもちろんなのですが、、
ダイニングってもしかするとソファよりも居る時間の多い方、けっこういらしゃるのではないでしょうか?
私は、中高生の時にはそこで勉強していましたし、母はご飯の下ごしらえの場所としても使ってました。
家族みんなでテレビ見ながら話したり、雑用したり、
キッチンに近いので飲み物だってすぐに取りに行けちゃう便利な居場所ですよね^^

座って、物を取りに行って。。また座って、と。

けっこう使用頻度と動きのある場所なのがダイニングだと思います。
そこで、大切に考えていただきたいのが差尺といわれる空間になります。pict_interior_01_04[1]
差尺とは、” テーブルの高さ と 椅子の座り座面の高さの差 ” のことを言いますが、
これを” 280mm ” 前後に収まるようにすると、座った時、立ち上がる時に無理がなく、食事の際にも使いやすいダイニングセットになるのです。

K様はすでに使いたい椅子が決まってらっしゃいまして^^
それは【 Arco アルコ 】
アルコは弓を張ったような大きな曲線が特徴の椅子で、座り座面の高さが、420mmと
ブリスのテーブルとの差尺は280mm!ぴったりですね!!
ということで、バランスもクリアになり、後は楽しい生地選び♪
訪問時に実際に椅子をお持ちし、お部屋の雰囲気に合うものを選んでいただきました。

DSC_8160
と同時に、実は以前ちらっとソファについてもお話があったため、その際に気に留めていただいていた
【 LATTICE ラティス 】というソファも念のためお持ちしておりました^^
ラティスは、座面にNASAで開発されたレスピールという新素材が使われており、人の体温でゆるやかに沈み込み、部分的な圧力を分散してくれるため、長時間座っていても疲れにくいソファなのです。

もしお時間があればなのですが、置いて雰囲気など見てみませんか?とオーナー♪
K様にも快諾していだだき置いてみると、、

DSC_8169'
DSC_8153'DSC_8171ダイニングと同じ仕様で作った、リビングテーブルとも良くあってますよね。
後ろの格子デザインもK様に気に入っていただけたポイントでした。
展示品ではあったのですが、ソファはもちろん生地の状態も良いためご用意させてもらいましたが、
生地の色も大変気に入っていただき、
「せっかくなので、置いて行ってはもらえませんか?」とうれしいお言葉^^
もともとあったソファと入れ替えでそのまま置いてくることになりました♪

たくさんの方が訪れるというにぎやかなK邸。
これからまたさらにダイニング、リビングともに楽しそうな声が弾んできそうですね♪

K様、ありがとうございました。

たまプラーザ店

2015.08.29

M邸・H邸 ソファ お届け

hm1今回はソファをお届けした2組の実例をご紹介します!

M様、H様にお届けしたソファは、SQUARE(スクエア)です。sシャープでカッチリとした印象のスクエア。
固さの違うウレタンを何層にも重ねている座面はしっかりとカラダを支えてくれ、
ロッキングが特徴的な木部は、幅広にデザインされたサイドテーブル代わりにもなります。
全体的に背を低くおつくりしているので空間に圧迫感を与えず、
お部屋の真ん中に置きやすくレイアウトがしやすくなります。

また、ウレタンのみで構成されていて少し固めの座り心地なので、
ソファに座って作業したい方、腰が悪く立ち座りが楽なソファを探している方にはぴったりなソファです◎square横幅のサイズ、木部の樹種、カバーの材質(レザー/ファブリック)はお選びいただいてから製作しますので、
お部屋に合った自分好みのソファができますよ^^

さて、港区にお住まいのM様は、
ご来店してすぐにご夫婦でスクエアを気に入っていただきました。m3M様は、ご自宅で編み物をする為柔らかすぎないソファをお探しだったそうで、
スクエアに座って、
「固めで作業がしやすいかも!肘に物がおけるのもいいわね!」
とイメージにぴったりだったよう^^m2生地は汚れの目立たないものでお部屋全体が暗くならないものがご希望で、
茶とベージュの織りが組み合わせてある生地に決定!m1お部屋の雰囲気にもぴったりですね!
カバーをファブリックにすることでお部屋全体に優しく馴染みます。
木部は周りの家具にあわせてウォールナットで製作しました。

M様は追加でドレスラックもご注文いただきました。m4こちらも樹種はウォールナット。
高さもちょうどコートを掛けれる程なので使いやすいです。

ソファと共に末長くお使いいただければと思います。

line

2青葉区にお住まいのH様は、はじめにご来店いただき、
その後に奥様、最後にご家族でと何度かご来店していただきました。

いろいろとお店のソファを座っていただき、家族で意見が一致したのがスクエアでした!
一番悩んだのがカバーの種類。。。。4
「展示にあった黒の本革は、かっこいいけどちょっと家の雰囲気とちがう、、、
でも黒っぽいのがいいけどお部屋が暗くなっちゃいますかね〜」と悩んでいたH様。

そこでスタッフが、
「ファブリックの黒っぽい生地にして、クッションで明るめの色を合わせてあげれば
お部屋が暗くなる事はないと思いますよ〜」とご提案。

そして、ファブリックを色々とみてもらった結果、
少し青みがかったグレーに決定しました!1カーテンとも雰囲気があっています〜^^

ソファのほかにオットマンも一緒にお届けさせていただきました。
オットマンはソファとつなげるとカウチの形にもなり、
お客様が来た時にはスツールとして使用して対面しながら会話ができます。

お届けの時にはご家族みなさんにお立ち会いいただきました。
新しいソファにお子様も大はしゃぎ!5
季節に合わせてカラフルなクッションで遊んでみて下さいね^^

H様、M様その後いかがおすごしでしょうか?
また何かありましたらいつでもご相談下さいませ。

ありがとうございました!

たまプラーザ店

2015.08.22

K様 ダイニングテーブル・椅子 お届け

「時々、お店の前を通っていて気になっていたので。」とご来店になったK様は
ご新居にお引っ越しが決まっていて、ダイニングテーブルと椅子をお探しでご来店になりました。

「どんなデザインのテーブルがありますか?」との事で、今までお届けした写真を見ていただこうと
パソコンが置いてある店内のテーブルにご案内しまいした。
しばらくいろいろな写真を見ながらテーブルや椅子のご説明をしていると、
「このテーブル、いいですね。。。」と気にって頂いたのが『bliss table』でした。

2345_01

『bliss table』は3rdの定番で人気のテーブル。
無垢材の雰囲気をしっかりと持っていながら、すっきりとしたシンプルなデザイン。
天板の反り止めに「蟻形追入れ接ぎ(ありがたおいいれつぎ)」という技法を使っています。

ブリス

反り止めに幕板を使っていないので脚元のスペースが広く取れ、肘付きの椅子でもゆったりと使う事ができます。

2345_02

実際にテーブルと椅子を見ていただきながらご説明していると「ダイニングでゆっくり食事したいので、
椅子はこれがいいな!」と、その時に座っていた肘付きの椅子をそれぞれ選ばれました。

ご主人は『PEPEチェア』、お子様には『アップライト』、奥様は『Cervoチェア』です。

2345_03

PePeチェアとCervoチェアは座面が広く、どちらもゆったりとした座り心地で人気の椅子です。

奥様が選ばれたCervoチェアは座面にダイメトロールを使用しているので、おしりあたりが柔らかく
長い時間すわっていても疲れにくい椅子です。
さらにオプションの背もたれのクッションをつければ、ダイニングでゆったり過ごすのにはピッタリ!

2345_07

ご主人は座り心地とデザインが気に入ってPePeチェアを選ばれました。
フレーム全体の木部は丸く見えますが、実は背もたれからひじまでは丸みを帯びた四角になっています。
肘を置いた時の安定感と握りやすさが計算されたデザインで、座面幅が大きめなので男性でもゆったりと座れます。

2345_08

アップライトは座れるようになったお子様から大人になるまで使える椅子です。
お子様の成長に合わせてこまめに座面と足置きの高さの調節ができ、
「姿勢を守る椅子」として設計デザインされています。
広めの背もたれは大人が座っても腰がしゃんと伸びるよう、しっかりと背中をサポートしてくれます。
グリップ式で工具も不要。女性でも簡単に高さの調節ができます。

2345_09

K様ご夫婦が選ばれたダイニングセットがこちらです!

2345_04

何度かご来店いただいているうちに展示していた照明も気に入っていただき、照明まで含めたダイニングセットをお届けとなりました!

2345_05

2345_06

お引っ越し直後にお届けとなりましたが、もう落ち着いた頃でしょうか?
また近くにお越しの際にはぜひお立ち寄りくださいね!

K様 ありがとうございました!

bliss table / W1500×D850 / Walnut 
PePep chair / W536×D540×H755 / Walnut
Cervo chair / W504×D595×H765 / Walnut
UPRIGHT(ベビーシート付)/ W460×D550×H830
maxray照明 MP40281-21 / φ158×H275×L1800 

東戸塚店

2015.08.20

I邸 ダイニングセット お届け

DSC_7415

ご新居に合わせてテーブルをお探しでご来店されたI様。
お部屋の図面をみせていただき、レイアウトのお話から進めていきます。
すでに大きさは決まっていて、レイアウトもほぼお客様の方で決めてくださっていました!

” 一枚板 ” がご希望で他のお店でも色々と見ていたのだそう。
ちょうど見て頂ける一枚板の展示が無かったため、たまプラーザ店にある事をお伝えすると、
その日のうちにたまプラーザ店へご来店いただきました。

そこでご提案させて頂いたのは【 ボセ 】の一枚板。
ボセは、あまり聞きなれない樹種ですが、実はアフリカの樹。
ウクレレなどで有名なマホガニーの仲間であり属種は違いますが、色がピンク色をしているため、
一般的には「アフリカンチェリー」とも呼ばれています。
中部~西部に分布されており、木の中央のほうは桃色~淡赤褐色。 表皮に近いほうは淡色の木材です。
やはりチェリー(桜)と呼ばれるだけあって、経年で徐々に色味は深まり、使えば使うほどツヤもでてきます。140711_06[1]-1肌目はやや粗く、木理は通直、波状、また交錯光沢が特徴で、その美しい表情が魅力です。
一般には木理直通の材は衝撃に弱いため裂けやすいのですが、ボセは直通にもかかわらず割裂に強い!!
加工前の木の乾燥時には小割れが入りやすいものの、乾燥後は狂いが生じません。

I様にも、「こんなのが使いたいです〜!」
と気に入って頂けた様子^^

同じ樹種だからといってよいとは限らず、それぞれに個性を受けた表情があります。
それだけにやっぱりフィーリングが合う合わないってあると思うんです。
これだ!と思うものに出会っていただけて本当に良かったです^^

「この分厚い一枚板には東戸塚店で見た”T字脚”がいい!」
と次は土台選びです♪
T字脚は、椅子が使える高さで使用したり、脚を横に倒して座卓にかえられる便利アイテムです。
お客様など人数が増えた時には、座卓にしてみんなでテーブルをかこめちゃいます♪T-legs[1]さらに「同じ樹種で作ることは出来ませんか?」とI様
そうですよね。できることなら合わせたいですよね!
そこで色味具合が似ているアメリカンブラックチェリーをご提案させていだきました。DSC_7419ボセよりも表情が緩やかでボセの華やかさを調和し支えてくれるため、相性ピッタリ!
違和感なく溶け込んでいますよね。

そしてダイニングの椅子は【 2031 chair 】に。
こちらもフィーリングを大事に、そんなに悩まずに選ばれていました。DSC_7413ボセの表情とのバランスもきれいにまとまっていて素敵した^^
また、この椅子はシンプルながら、細めの格子が背中を面で受け止めてくれます。
格子が背中の丸みに沿って角度を微妙に変えながら配置してあるためです。

DSC_7411配送時にはご主人も立ち会ってくださり、本当に楽しみにしてくださっていたのだろうなぁというのが分りました♪
木が樹齢を経ていくように末永いご愛用を頂けますと幸いです^^

I様、ありがとうございました。

2015.08.18

I邸 DININGSET/SOFA/TVB&WORK SPACE お届け

011青葉区のN様に、トータルで家具をおとどけさせて頂きました!
N様は、お引越の約1年前に3rdにご来店して下さいました。

モデルルームでみた、ワークスペース兼TVボードをもっと機能的な自分に合った仕様でつくりたい!
とのご要望。

まずはお部屋の図面をみながらレイアウトからお話を進めていき、
ソファ、テーブル等トータルでご提案させていただきました。006002一番苦戦したのがワークスペース兼TVボード!
TVボードの裏にワークスペースを設けたもので、
TVボードを間仕切りにして、小さな部屋が出来る様なデザインでした。
ボード内にはオーディオ機器やパソコン関係の機器がいろいろと置かれるので、コード類が多く出てしまいます。

配線の取り回しや機器類を上手く収納するため内寸を考慮して設計するのに、
複雑な構造だったため設計を担当した店長も苦戦したそう。。。001また、お店の展示にあったデザインガラスを気に入っていただいたので、
ポイントで入れる事に〜^^

そして完成したのがコチラ!003

コード類は一切表に出ず、スッキリ納まりました!
リビングにもうひとつの素敵なお部屋ができましたね^^005ダイニングセットは、スッキリデザインのT+S-02テーブルと、2031チェアの組み合わせ!
T+S-02は天板と脚が細めにデザインされているので、お部屋にすっとなじんでくれます。
反り止めには幕板の代わりにステンレスのプレートを天板裏に入れているので、
脚まわりの空間にゆとりが持てるのも使いやすいポイントです。004

2031チェアは3rdオープン時からの定番商品!
背もたれの縦格子が特徴で、背中の丸みに合わせて1本1本角度を変えておつくりしているので、
座っていても背中が痛くなりません。
4脚揃うと重厚感が出てとても良い雰囲気になりますね〜

ソファは、お店の展示を座り比べてもらい決定したのがスクエア!009
スクエアは、サイドテーブル代わりになる広い肘が特徴的。
密度の違うウレタンを何層にも重ねて仕上げている座面は、固めのしっかりとした座り心地です。
全体的に低めにデザインされているので、お部屋に圧迫感を与えません。
生地はお店で何度もサンプルをみていただき、3rdオーナーも使っているアクアクリーンのカラブという生地に。008
ヌバックの滑らかな質感でオススメの生地です〜!
また、コチラの生地は、汚れが水拭きで落とせるというすぐれもの◎
替えカバーが気軽に出来ない椅子やソファにはぴったりです。

色はネイビーに。とてもキレイな色でした!
ちなみに、椅子の座面もアクアクリーンのベージュにしています。
汚れが気になる薄い色でも、この生地なら安心ですね。

さらに、ミセスコーナー(お化粧等する場所)がキッチンの横にあったのですが、
場所的にはレンジ等を置きたいスペース。
ただ、既存の棚の対荷重が15kgと重い物が置けなかったため、棚の下に補強を入れて
電源もとれるように天板に開口を開けました。007約1年、何度も何度もお店に来て打ち合わせさせていただきありがとうございました!
とても愉快なN様ご夫婦〜^^
Nさまと楽しみながら一緒にいい空間がつくれたとおもいます!010時間をかけて決めていけるのもオーダー家具の良い所です。
これから長く使用していく物だからこそ、細かところもこだわっていきたいですね。

またお店に遊びにいらして下さい^^
N様、ありがとうございました!

たまプラーザ店

•TV BOARD&WORK SPACE:W2200 D1750 H1400
•T+S-02 TABLE:W1500 D850 H700
•2031 CHAIR:W455 D540 H807
•SOFA SQUARE 3P:W2000 D900 H700
•SOFA SQUARE OT:W800 D590 H340(×2)

2015.08.16

K邸 トータルプラン お届け

K様は以前にもトータルでご提案をして、お届けをしているお客様。
以前のお届けはこちら→K邸 お届け

「引っ越すことになったので、またコーディネートお願いしようと思って。今の部屋も
とっても気に入っているんだけど、あの家具はあの部屋に合わせたコーディネートだから、
そのまま両親に使ってもらう事にしたんだ。」と、ご相談にいらっしゃいました。

「実は前回プランを作ってもらって、それが実際に部屋に入ったのを見たときの感動が
忘れられなくてまた来ちゃいました(笑)。」と嬉しいお言葉をいただきました!

前回のプラン↓
H2430_K01_02

お引越先は東戸塚店から歩いても行ける場所。
「今から見に来てほしいくらいだよ。」との事で、慌てて支度をして一緒にお引っ越し先へ!

お部屋と図面を確認しながらご希望をお伺いしました。
「希望はこんな感じかな。後はお任せで。プラン楽しみにしてます(笑)」と言われ、
訪問から帰って来た店長は若干緊張しておりました。。。

こちらが今回ご提案したプランです!

H2430_K01_04

プランご提案の中で一番最初に出たご希望は「収納」でした。
お引越先に収納がほとんどない事が一番気になっているというK様。
また「革靴が沢山あるのでお店のディスプレイのように見せる収納ができたらいいな~。」と
収納に関してのご希望がありました。

H2430_K01_03

完成したクロゼットは右側はK様ご希望のシューズクロゼット。
中段には革靴のお手入れをするための道具などを入れられるよう引き出しに。
可動棚の棚板は斜めに入れられ、お店のディスプレイのように靴を見せて収納する事ができます!

左側はスーツが多いというK様のために、ハンガー掛けがたっぷりできる上下二段になったクロゼットです。

space-design_H2430_K03_1

クロゼットの隣には畳んでしまう洋服などがたっぷり収納できるチェストを!
チェストの上には額縁に入ったグリーン『MY GALLERY』。

space-design_H2430_K004

ラグはたまプラーザ店に展示していた『KYMO』のラグを気に入っていただき、お届けしました!

デスクはご自宅でパソコン作業もあるとの事で、パソコンと書類を広げてもゆったり使えるサイズです。
デスクサイドには照明もご提案。
明るさも十分確保でき、長いアームが広い範囲を明るくカバーしてくれます!

space-design_H2430_K05

space-design_H2430_K05_2

ベッドは畳ベッドに。
ベッドサイドにはオープンラック『SA002』。
このオープンラックは2つのパーツから出来ています。
L字型にしたりI字型にしたり、置き場所に合わせてサイズを調整できる優れもの!
オープンなので圧迫感もなくお部屋側からもベッド側からも棚を使うことができ、
広げて使えばパーテーションとしても使えます!

space-design_H2430_K007

最後にソファです。
今回はソファをレザーにしたいとのご希望があったので、たまプラーザ店で展示をしていたソファ『FR』を
見て頂いた所、とっても気に入っていただきました!
張地も展示と同じキャメルカラーのオイルレザーに。
オイルレザーはしっとりとていて、革本来のやさしい肌触り。
使い込めば使い込むほどに革の風合いが増してからだに馴染んでいくような使い心地です。

space-design_H2430_K06

K様のお届けは「空間デザイン」のページからもご覧いただいけます。→ K邸 TOTAL PLAN
こちらもぜひご覧下さいね!

「まるっとお任せでお願いします。」と言われて緊張していた店長。
お届け完了して、ほっとしていました(笑)。

前回のお届けも含め、今後も長いお付き合いをこれからもよろしくお願いします!
K様、ありがとうございました!

OPEN SHELF -SA002- / W1650×D350×H1640
DOUBLE BED / W1500×W2050×H400
CHEST / W1600×D450×H900
WARD ROBE / W2400×D600×H2000
DESK / W1800×D600×H700
SOFA -FR- / W2000×D920×H780
LAG -KYMO- THE MASHUP Pure Edition / W1700×D2400
GREEN -MY GALLERY L- / W900×H500×D90
-FORESTARIUM- / φ490×H510(植物含まず)
LIGHTING -FLOOR STAND- ELLE2 / Φ340×H1270/2000
-LED SROT- OS047212LD
VERTICAL BLIND -フェスタII –

東戸塚店

2015.08.11

S邸 ダイニングセット ソファ お届け

ダイニングテーブルの買い替えをご検討でご来店頂いたS様。
ご自宅は東戸塚に近いのですがHPを見て
「たまプラの方が広いし、いろいろありそうだから~」
とたまプラーザ店にご来店頂きました。

まずはお部屋の間取り、現状のお写真等を見せて頂きながら家具の大きさやレイアウトを決めていきました。

店内の商品をいろいろ見てもらいテーブルはシンプルでスリムなデザインの【 T+S-02 】テーブルに。
DSC_635230mm厚の天板とシンプルな四本脚のデザインが特徴で、洋風和風に限らず、
モダンな空間にフィットするダイニングテーブルです。

ダイニングチェアはご主人と奥様でそれぞれ気に入った物を2脚づつお選びいただきました。
ご主人はアーム付きで脚のデザインが特徴的な【 Cervo セルボ 】、
奥様は立ち座りする回数も多いのでアーム無しで横からの見た目が印象的な【 Arco アルコ 】に。
DSC_6354セルボ、アルコ、ともに座面の横幅と奥行きがゆったりしているため、長時間ダイニングで過ごされる方におすすめのイスです。
座面には、人間の脂肪の感覚に近いと言われ身体にフィットする座り心地を実現する「ダイメトロール」という素材が使われています。ダイメトロールは、布バネが荷重を面で支え、硬すぎず柔らか過ぎない座り心地。
布バネのため大幅な軽量化と、金属の軋み音がなく錆や折れといった心配もないということもあり耐久性が高いのも特徴です。

ダイニングをお探しでご来店頂きましたが、ソファ【 LATTICE ラティス 】の座り心地をとてもお気に入り頂き、
「この際一緒におねがいしちゃおうかしら~」ということでご注文いただきました。

ラティス は細めの木枠でスッキリラインが特徴のソファです。
img_sofa_11[1]後ろの格子デザインも素敵ですよね。
座面には体圧分散素材「レスピール」が使用されています。
もともとは、NASAでロケット発射時の強い重力から宇宙飛行士を守る為に、宇宙服の内張り材として開発されたもので、その素材に改良を加えてできたのが「レスピール」という最新素材です。

体圧分散性素材とは、体にかかる圧力を効率よく分散し、座った時にかかる部分的な圧迫を和らげ、
長時間座っていても疲れにくい特性があります。

また、「レスピール」は体のラインに合わせて形を変化させ、最適な形で安定してくれるので、
抜群のサポート力も発揮します。

背中のクッションには「シリコンポラック」という、こちらも新素材が使われています。
「シリコンポラック」はポリエステル綿100%の中空糸をシリコンコーディングし、ボール状に丸めた直径約3mmの球状素材です。

羽毛のように軽くやわらかで、ソフトで繊細な風合いが得られます。
また、動物アレルギーのある方にもお使いいただけ、
ご家庭で水洗いもできるのも衛生的でおすすめしたいポイントです。

DSC_6346ソファに合わせてリビングテーブルは、軽やかな印象の3rd定番【 Hella ヘラ 】に。
天板と側板の接合部を45度に仕上げ、木目が通るように接合する「留め加工」で製作された、
職人の技が光るリビングテーブルです。

納品日はあいにくの天気でしたが、ゆかいなご夫婦でとても喜んでくださいました^^
「ソファ…大きすぎたかも。」と心配されていましたが、
DSC_6344搬入してみると、「ちょうどいい!」と喜こんで下さり何よりでした^^
DSC_6344

DSC_6353
ゆったりと過ごされてますでしょうか?
S様、ありがとうございました。

たまプラーザ店

2015.07.31

K邸 ソファ お届け

kDSC_8246ご自宅で使われているソファが古くなったので、新しいソファを探しにご夫婦でたまプラーザ店にご来店されたK様。

お話をお聞きすると、ご主人は現在単身赴任をされているのだそう。
「自宅へはたまにしか帰ってこられないけれど、
帰ったらソファでゆっくりくつろぎたいんですよ。
でも、今使っているソファは長く使ってきたから、
いつも座るところがくたびれた感じがしちゃって…。」

現在、革張りのソファを使っていらっしゃるK様は
新しいソファも革張りを考えているご様子。
店内のソファをご覧いただいてK様が気になったのが、
オイルレザーを張ったSOFA FRでした。
s10fr_frontFRは、サイドテーブルのかわりにもなる幅広の木部が特徴のソファ。kDSC_8239背のクッションはやわらかいのにつぶれにくい、シリコン加工ポリエステル綿を使用しています。
積層ウレタンを使用した座り座面は、弾力のある座り心地です。

さっそくK様に座っていただくと、
「座り心地もいいですね。でも、背中のクッションがもう少ししっかりしてる方がいいかなぁ…」
「それなら、背クッションを固めで作ることができますよ!
固めのクッションも是非試してみてください。」
たまプラーザ店では、ちょうど展示用に固めの仕様の背クッションを
作ったところだったので、試していただきました。
「あら、いいわね!このくらいしっかりした固さがある方が好きだわ〜。」と奥様。

張り地も、展示のキャメルのオイルレザーの色や風合いを気に入っていただいたご様子。
kIMG_1045「このギャッベに合うかしら?」と写真を見せてくださった奥様。
K様のリビングの床に敷いているのは、きれいなブルーのギャッベ。
キャメルのレザーと近い色みの木のモチーフがポイントに織り込んであるので、
相性はよさそうです♬

「それならこのソファの3人がけでお願いしたいんだけど…」
K様から次にご相談されたのが搬入経路のこと。
ご自宅の2階のリビングへ繋がる階段は、らせん状の階段で
幅が狭いので、ソファを上げる搬入経路が確保できません。
3人がけのFRは横幅がちょうど2mあります。
そして、今お使いのソファもとても大きいサイズで、こちらを下におろすのも大変!
kDSC_8237K様がご自宅を新築された頃は、周囲に建物がなく
家の裏側から吊り上げて入れたそうですが、
今では周りに家が出来てしまい、ソファを下ろすに下ろせません。
そこで、K様のご自宅に伺い搬入経路を確認させていただくことに。
家の周りをぐるっとまわってみると、
お庭のスペースからならなんとか吊り上げ可能なようです。

搬入経路も確保でき、改めてSOFA FRご契約いただきました!
ちょうどこのとき、K様から
ご主人の単身赴任が終了してご自宅に戻るご予定だとお聞きしました。
「新しいソファでくつろぐのを楽しみにしてますね!」とK様。
がんばって作らせていただきます!

それから約2か月後に完成したソファをお届けに伺いました。
古いソファと入れ替えでリビングにFRを設置すると、
お部屋が明るく華やかになった印象です。
kDSC_8249kDSC_8238「やっぱりいいですね~」と新しいソファをとても喜んでくださったK様。
今頃ご夫婦でくつろいでいらっしゃるのでしょうか^^

P.S.その後、オイルレザーのメンテナンスオイルも3rdでご購入いただきました。
オイルレザーは使い込んでいくうちに味が出てきますから、これから経年変化も楽しんでくださいね!
ありがとうございました。

たまプラーザ店

2015.07.31

K邸 カウンター下収納 お届け

以前、TVボードをお届けしている鎌倉にお住まいのK様。お届けは → こちらから
今回はキッチンのカウンター下収納をご検討でご来店いただきました。

2385_00

カタログやブログを見ていろいろと研究していただいたそうで、おおまかなイメージは決まっていました。
ご希望は
・右端は動線になるので角は丸くして、飾りなど置けるような棚に。
・折りたたみが出来ないランチョンマットの収納スペース。
・ダイニングでCDを聞くのでCDも収納できる場所があったらいいな~。
・グラスやカップを見せて収納できるように。
・ワインがストックできる場所。これが市販ではなかなかなくて。。。お願い出来ますか?
と、ご要望がいろいろありました!

お客様のご希望をかたちにできるのがオーダー家具です!
以前お届けした写真を見ながら、K様の希望をかたちにしていきます。
この過程が楽しめるのも、オーダー家具ならでは!

今までお届けした写真がこちら↓

2385_06

完成したK様のカウンター下収納がこちらです!

2385_03

右側はご希望通り、Rにした可動棚に。
季節のちょっとした飾りをしたり、CDの収納場所としても使えます。
オープン棚なのでCDを並べた時、ジャケットがパッと見えて取り出しも楽ちん♪

真ん中はガラス扉の飾り棚のスペースです。
照明を入れているので、中の棚板は木ではなくガラス板。
照明の光が下まで落ちて、下段に飾ったグラスやカップも綺麗に見せることができます!

2385_04

照明用の配線工事の様子です。

2385_05

飾り棚の左横にワインラック。ボトルが棚の中で転がらないようにボトルホルダがついています♪

2385_07

右端は引き出しです。
この引き出しは、ご希望があったランチョンマットが折らずに入るサイズです!

2385_08

ボードの天板高さはテーブルと同じ高さです。
今はボードとテーブルを離して置いていますが、カウンター側に付けた時にボードの天板高さとテーブルの高さがフラットになるよう設定しています。

でも、この高さにするとボード天板とカウンター下に微妙なスペースが。
引き出しにするには浅すぎるけど、オープンのままにしておくのもちょっと。。。というスペースです。
そこで以前お届けした実例を見て頂き、トレーをおすすめしました。

2385_09

ちょっとした筆記用具や鍵など、カウンターの上に乱雑に置いてしまいがちな細々したものが入れられ、必要なときにさっと取り出せる便利なトレーです!

2385_001

K様のご希望がたっぷりつまったカウンター下収納が出来ました!

2385_012

お届けのとき「壁に飾り棚を付ける事なんて出来ますか?」と新しくご相談をいただきました。
直接壁に取付する場合、壁に固定できる場所と出来ない場所があるので、まずは壁の確認します。
固定できる場所を見つけて、後日、改めて棚を作ってお届けにお伺いしました!

2385_011

初めてお届けにお伺いしたときは「まだ何もそろっていなくって。徐々に揃えて行こうと思っているんです。」と言っていたK様。
新しい家具を少しづつ入れて、住み心地のよい空間に。
TVボードはすっかりお部屋に馴染んでいるようでした!

2385_002

新しい家具が早くK様の生活の一部として馴染んでいきますように。。。

また何かありましたらお気軽にお声掛けくださいね!
K様、ありがとうございました!!

2385_01

【カウンター下収納 W2590×D400×H806】

2385_003

【SLAT BOARD W520×D170×H80
  W750×D170×H80】

東戸塚店

2015.07.30

たまプラーザ商店街 夏祭り 2015

毎年恒例の「たまプラーザ駅前通り商店会夏祭り」♪
今年は7月25日(土)26日(日)の2日間行われました!
nDSC_0838nDSC_0726nDSC_0854

焼きそばやフランクフルトなどをはじめとするさまざまな出店や、ダンスやゲームなどのイベントでにぎわう中、
我々3rdも、毎年好評をいただいているキッズワークショップで参加しました!

3rdの工房で家具を制作するときに余る木材を細かくカットした“木っ端(こっぱ)”を組み合わせて、
家や動物、乗り物など…いろんなものをつくってみよう!という工作のワークショップと、
簡単な組み立てとオイル塗装でできる写真立てのワークショップを開催。
nDSC_0709そして、お家に持ち帰って工作したいという方には、
木っ端の「袋いっぱい詰め放題」もご用意しました!nDSC_0708

天候も良く、お祭りは多くの人でにぎわっていて、
3rdのブースにも「何をやっているの?」と徐々に人が集まってきました。
nDSC_0759ちょうどお子さんたちは夏休みの真っ最中なので、
「夏休みの自由工作にいいかも〜」とたくさんの人が参加してくれました。
昨年ワークショップに参加してくれた子が今年も来てくれたり、
お祭りの2日間続けて遊びに来てくれた子まで!ありがとうございます♬

最初は工作に自信がないと参加するのを迷っていた子も
スタッフがアドバイスしながら一緒に組み立てていくと、
最後の飾り付けまでとても楽しそうにやってくれました。
nDSC_0874最初はスタッフが作った見本を真似しながら作っていましたが、
ちょっとコツを掴むと、みんな思い思いの形を創造しながら
オリジナルの作品を作ってくれました。
お子さんたちの発想力はさすがです!
nDSC_0753

今年もこのワークショップで、すばらしい作品がたくさんできあがりました。
それではここで、写真をOKしてくれたお子さんたちの作品と笑顔をご紹介します!
【1日目】
kansei1【2日目】
kansei2がんばって作った自分の作品と一緒に
写真にうつるお子さんたちは、みんないい笑顔ですね~^^

作品が完成すると「ママできたよ〜!」「パパ見て〜!」と、
お父さんお母さんに自信作を披露していました。nDSC_0734

イベントは終了しましたが、3rdでは
いつも入り口のところで袋に詰めた木っ端を販売しています。
夏休みの工作を木っ端で何か作りたいな〜と思ったら
是非お店に遊びにきてくださいね!

たまプラーザ店

2015.07.23

M邸 ダイニングテーブル、椅子 お届け

ダイニングテーブルを探してご来店になったM様。

2365_05

サイズはおおよそ決めてご来店になったので、デザインを見て選んでいただきました。

見ていただいたのが「bliss table」「T+S-02 table」「demand table」「TRADITIONAL TABLE」

2365_01

その中で気に入っていただいたのがウォールナットのT字脚と耳付き板のセット『TRADITIONAL TABLE』でした。

2365_02

T字脚はダイニングテーブルにも座卓にも高さを変更でき、存在感のある耳付き板とT字脚は人気の組み合わせです!

2187_02のコピー

「雰囲気はとってもいいんだけど、この色がうちにはちょっと重たい感じかな。。。」

樹種のサンプルをみていただきながら、他の樹でもおつくりはできますよとお話をしたところ「こんな雰囲気がいいな~」と選んでいただいたのがチェリー材でした。

2365_04

チェリー材は経年変化がとてもはっきりしている樹で、初めは白木に近いピンク色。
年々色が濃く、赤みかかった優しい茶色に変化していきます。

くつべら595

淡く優しい木目で、すべすべとした滑らかな肌触りもチェリー材の特徴です。

東戸塚にはチェリー材トラディションの展示は無かったのですが、確認するとたまプラーザにちょうどいいサイズの展示があるとの事で、すぐに写真を取り寄せて見ていただきました。

20150720_001

「おぉ~、これは雰囲気も色もいいね!」と気に入っていただき、脚の形状もT字脚が良いとの事でしたのでセットでご提案させていただきました。

2365_07

テーブルがイメージ出来たので次は椅子ですね!

椅子もいろいろ座っていただいたのですが、中でもお気に入りいただいたのが『Cervo chair(セルボ チェア)』。
セルボチェアはウォールナット材でのおつくりしかありませんが、チェリー材が経年変化で色濃く変わっていく事、ウォールナット材は逆に明るい茶色に変わっていく事をお話しすると「座り心地が気に入ったのでこれにします!」と、ご契約いただきました!

2365_06

テーブルと椅子、素材は合わせた方がいいですよね?とご質問いただきますが、樹種は合わせなくても素材違いで楽しむ選び方もあります。
皆さんも、無垢材の組み合わせを楽しんで家具選びをしてみてくださいね!

M様、ありがとうございました!

20150720_002

【TRADITIONAL チェリー板 W1600×D800 】
【T字脚 チェリー】
【Cervo chair W504×D595×H765】

東戸塚店

2015.07.20

K邸 カウンターテーブル お届け

blog3
都筑区にお住まいのK様にダイニングテーブルをお届けしました!

K様のご要望はキッチンカウンターに付けて使用するカウンターテーブル。
はじめはキッチンカウンターと同じ高さでおつくりするイメージでしたが、
やはりゆっくりお食事をしたりするには高すぎるということで、
ダイニングテーブルで使用しやすい700mmの高さでおつくりすることになりました。
blog9
ご自宅にお伺いし採寸をし、製作期間をいただいてお届けさせていただきました。
blog8カウンターに合わせて幅が2070mmと長かった為、安定感とたわみ防止に中脚を入れています。
また、なるべくスッキリ見せる為に脚は60角の脚です。

今回はテーブルを付けるカウンターと壁に段差があったため、その部分は欠き込んで製作。
また奥行き方向にも窓があるのでサイズの制限がありました。
クリアランスはみて製作したものの、ちょっと入らず、、、、、(゚口゚;
工場長にその場で削ってもらいました。
お子様もはじめてみた鉋(かんな)を珍しそうにみていました^^
blog4
3rdでは自社工房を持って家具を製作し、お届けしているので、
このように何かあった時にはすぐ対応できます!
blog2
ぴったり納まりました!!ほっ!
blog-1
K様にも仕上がりを喜んでいただけけたようで良かったです!

これから末長くご使用していただければと思います。
またなにかありましたらご相談下さいませ。

ありがとうございました!

たまプラーザ店

2015.07.18

O邸 サイドボード お届け

oDSC_8025

ご自宅のリビングダイニングにサイドボードを検討されていたO様。
たくさん物が入る収納をご希望のO様は、
高さは腰高の窓に合わせて、幅はダイニングの壁いっぱい、およそ3500mm幅の
大きなサイドボードを作りたいとお考えでした。

しかし、そこには難点がありました。
サイドボードを設置予定のダイニングの壁の右手にはカウンターがあり、
そのカウンター下には作り付けの収納家具が。
カウンターの手前までいっぱいにサイドボードを作ってしまうと、
作り付け収納の扉が開かなくなってしまうんです…。
oDSC_8004-0755この作り付けの収納ですが、O様によると
収納力の面では今ひとつのご様子。
カウンター下に収まるサイズなのであまり奥行きが取れておらず、
入れる物が限られてしまうのだそう。
「このカウンター下の収納、もし取れるものなら取ってしまいたいのですが…」とO様。
「それでは…このカウンター下収納は外してしまいましょう!」

ということで、カウンター下収納の扉の開け閉めを気にする必要がなくなったので
壁いっぱいの幅のサイドボードを製作することに。
ご自宅を拝見し、新しく作るボードのサイズ感やレイアウトなどを
プランニングさせていただきました。

ここでまたしても問題が発生!
外す予定のカウンター下収納の背面の壁には、なんと壁紙が付いていなかったんです。
今回のサイドボードのプランでは、この部分の壁は壁紙が貼られていないと
どうしても目立ってしまいます。

「それなら壁紙を張り替えてはどうでしょうか?」とご提案しましたが、
「う~ん、全体を張り直すことは全然考えてなかったので…」とO様。
部分的に張り替えた場合、近い色の壁紙を探して張ったとしても
やはり微妙に色は変わってしまいます。

一番いい方法は…と考えてO様にご提案したのが、“壁紙の移植”でした。
先日のブログでもお部屋の壁紙の張り替えの様子をご紹介しましたが、
今回行おうと考えているのは、今貼ってある壁紙の一部を剥がして、
他の場所に張り直すという作業です。
「どこまできれいにできるかはお約束しずらいのですが…
サイドボードを設置するところの壁は隠れてしまいますから、ここから壁紙をはがして、
カウンター下収納を外したところの壁に移植しましょう。」
壁紙を剥がしたところは少し色味が違っても遜色ないですから、
代わりの壁紙を張っておきましょう。」
「そんなことができるんですか?」と驚きのご様子のO様。
「それでは、ぜひやってください!」
という訳で、壁紙の張り替え作業を行いました。
oIMG_0747
作業を行うこと数時間、きれいに張り替えが完了しました!oDSC_8005

壁紙の移植作業を進める一方で、
サイドボードについてもO様と何度か打ち合わせをさせていただき、
製作を進めていました。

O様にお話を伺うと、
・使いやすい高さに、小物を入れる引き出しがほしい。
・奥行きを有効に使いたいので、引き戸がよい。
・背面の壁にコンセントがあるので、そこを使いやすく。
・パソコンやプリンタも置きたいので、機能的にデザインしてほしい。
などのご要望がありました。

サイドボードはカウンターに高さを合わせ、
下の収納を外して空いたスペースも有効活用できるように、
引き出して使う取っ手付きのワゴンを作ることになりました。
oDSC_8022-8036
O様のご要望に応えるサイドボードのイメージスケッチがこちら!o-sbd-imageサイドボードの上部は小物が整理できるよう引き出し6杯を付け、
下部の4枚の引き戸の中は稼働棚。
向かって左側はパソコンスペースにするため、
キーボードなどを収納できるスライドトレーを、
引き戸の中にもプリンターを入れる為にスライドトレーを設置します。
oDSC_8026

図面とともにスケッチをご確認いただくと、
「すごい、、私が欲しいと思っている収納のイメージが網羅されています。
ぜひこれで作ってください!」とO様。
それから約1ヶ月後、完成したサイドボードをお届けに伺いました。
oDSC_8012

デザインに個性を出したいというO様のリクエストもあり、
真ん中2枚の引き戸の木目は「矢張り」という張り方でデザイン性を加えています!
oDSC_8015O様からは
「イメージ以上のものができました!ありがとうございます。」
とのお言葉までいただき、私たちもうれしい限りです^^

そして、採寸や配送などでO様のご自宅に伺うたびに
奥様が手作りのお菓子と美味しい紅茶を入れてくださいました。
作業に伺った人たちは、みんな大喜び♪
本当にありがとうございました。

oDSC_8033壁にぴったり収まったサイドボード、これからたくさん活躍してくれそうな予感です♬
チェリー材のやさしい色合いもO様のダイニングの雰囲気に合っています。
色の経年変化も楽しんでいってくださいね!

たまプラーザ店

2015.07.17

東戸塚店 新商品のお知らせ!

毎日暑い日が続きますが、皆様夏バテなどしていませんか?

少し前にたまプラーザ店のレイアウト変更の様子が紹介されていました。
最近、東戸塚店でもひっそりと変わりましたのでお知らせいたします。

変更前

20150713_02

変更後

20150713_01

この違い。。。
サイドボードの代わりに、黒い箱が真ん中に設置されています。

これが新商品

20150713_03

「ペレットストープ」なんです!!
少し暑苦しい写真ですね。これから夏本番なのですが。。。ストーブを設置しました!!

設置の様子をご紹介!
この日は朝から真夏の暑さでしたが、作業開始です。
まずは煙突用の穴を壁に開けます。壁をコンコンして、柱にぶつからない場所を探しております。

20150713_04

場所が決まると壁に専用の穴あけ機をグリグリして、ギュイーンと穴を開けていきます。

20150713_05

穴が開きすっかり外の景色が見えるように!
壁の向こうの作業員さんのオレンジのつなぎがよく見えます。

20150713_06

家の壁に穴が開くなんて、ちょっと不思議な光景です。。。

20150713_07

外から見るとこんな感じです。

20150713_08

煙突用のカバーも付いたので、いよいよ本体を設置します。

20150713_09

このストーブが重いんです!重さ約90kg。
手伝いますよ!と言ったオーナーが、持ち上げようとして重さにびっくりしてよろけていましたよ(笑)。

先ほど開けた煙突用の穴とストーブの排気口を接続して、

20150713_010

無事に設置完了となりました!

20150713_011

このペレットストーブは『コンコード・オルコット』。
日本製のストーブで2011年にグッドデザイン賞を受賞しています。

日本の家に合わせてコンパクトなデザイン。
「薪ストーブを使いたいけど、薪って扱いが大変そう。。。でも、炎が見えるストーブが欲しい。。。」と言う方におすすめです。

燃料は「木質ペレット」。木質ペレットは環境にも優しいエネルギーとして注目の素材です。

ペレットの原材料は樹。
材木用に製材された時に出る端材、小枝や樹皮なども利用しています。
これを細かく粉砕。おがくずのようにして、乾燥させたものを写真のような小粒の固形燃料に成形します。

20150713_013

ペレットの良いところは、材料が自然の樹である事。
通常燃料を燃やすと二酸化炭素が発生しますが、ペレットは二酸化炭素の排出にも影響を与えません。
ペレットが燃えた時に出る二酸化炭素は、もともと樹が成長過程で吸収したもの。
それが空中に戻るだけなので、新たな二酸化炭素を生み出す事はありません。
この循環を「カーボンニュートラル」といい、CO2削減エネルギーとして注目されているのです!
接着剤を使わず圧縮して固めているので、燃やしても有害物質も出ません。

材木の成分と変わらないペレットは、持ち運びや保管も便利で、乾燥、圧縮させてあるので火の付きもよく、熱量も薪を燃やしている時のような暖かさがあります。

20150713_012

着火も火力の調節もスイッチで簡単にできます。
燃料タンクにペレットを入れておけば、ペレットの供給も自動。量もスイッチで調節できます。
カバーを外せば、小さなやかんを温めておくこともできます。

地震の揺れや、タンクにペレットが無くなったときなど、燃料供給が自動で止まり消火してくれる安全装置もしっかりついているので安心♪

設置後、火入れを楽しみにしていたのですが「初めて使うときは5時間くらい燃やし続けてくださいね。」と言われてしまい、冬が来るまで待つことになりました。。。

20150713_014

まだ梅雨明けもしていないのに、冬が待ち遠しいです♪
使い始めた頃、またご紹介させていただきますので、お楽しみに!!

今後、たまプラーザにもデザイン違いのストーブが展示されますよ!

ペレットストーブ『コンコード・オルコット』
外形寸法:W470×D507×H772
使用燃料:木質ペレット
暖房目安:木造(戸建)15畳まで、コンクリート(集合)20畳まで
暖房方式:強制給排気・ 強制対流型
点火方式:自動点火
安全装置等:感震消火装置・過熱防止装置・逆圧防止装置

東戸塚店

2015.07.12

K邸 壁紙張り替え、TVサイドボード、クロゼット お届け

2年前に一度、TVボードをご検討中でご来店になったK様。
サイズと仕様をお伺いし、おおまかなお見積りのお話をしてその時は「考えてみます。」とお帰りになられました。

2345_001

その後。。。
「ずいぶん前に一度、テレビボードの見積もりを出してもらったんだけど、お願いしようと思って。」と再度ご来店いただきました!

前回を思い出しながらお話をしていると、K様から「仕事の都合で大阪と横浜を行き来していたんだけど、こっちに帰ってくることになったんです。なのでTVボード綺麗に作ってもらうことにしました。思い切って壁紙もきれいに張替えようと思っているんだけど、そういう事はやっていないの?」とのご質問が。

お受けできますよ。今はリフォームのお話も多くお受けしているんです。とお伝えすると「まとめてお願いしようかしら。」と、TVボード、クロゼット、壁紙の張替えなどのお話をいただきました。

ご自宅が東戸塚店からすぐ近くだったので、すぐお伺いさせていただきお部屋を見ながら仕様を決めていきました。
壁紙は見本帳をお持ちして気になったものを選んでいただきます。
そこからサンプルを取り寄せし、再度お打ち合わせ。
壁紙が決まった所で、日程を調整し作業開始です!

2345_01

メリメリと壁紙を剥がしているところです。
普段出来ない事なので、ちょっとやってみたいと思いませんか?。。。( ̄ー+ ̄)

2345_02

1面だけ少しグレーかかった壁紙がアクセントになりました!

2345_04

照明もプランをご提案させていただいた中から選んでいただき、新しくなりました!

2345_06

2345_03

綺麗に張り替えらたリビングの壁には日を改め、TVをボードをお届けです!

2345_05

TVボード兼サイドボードはK様が最初にイメージしていたものにかなり近いデザインになっています。
圧迫感がない方がいいとの事で、天井方向への収納棚はありませんが。。。

2345_07

壁の横幅いっぱいまで使い、引き出しと引き戸の棚で収納力たっぷりのボードが完成です!

2345_08

別のお部屋の壁にはクロゼットを。

2345_09

工房からも全員来て設置作業にあたります!

2345_10

クロゼットは半面はコートなどの丈の長いものが入るよう、半面はジャケットなど丈の短いものと引出で小物も収納できるようになっています。
天袋もついているので、シーズンものなどもたっぷり収納できます!

2345_002

2345_003

リフォーム中はまだ行ったり来たり、忙しそうだったK様。
お届けも終わり、すっかりこちらに落ち着いた頃でしょうか?

お近くですので、お散歩がてらまたご来店くださいね。
K様、ありがとうございました!

2345_004

2345_11

【ワードローブ W2700×D600×H2360 ウォールナット】
【TV/サイドボード W3450×D500×H630 ウォールナット】
【シーリングライト P-FLAT G1485C H119巾×□500mm】
【ライティングレール OA075347 W1605×D40】
【スポットライト OS047212 Φ50×H157】

東戸塚店

2015.07.10

K邸 特注サイドボード お届け

kaDSC_7043以前、たまプラーザにお住まいだったK様。
現在はリフォームした青梅のご新居にお引っ越しされ、
3rdでブラインドなどをご提案させていただきました。
取り付けのためご自宅に伺った時に、K様からこんなご相談が。
「キッチンの収納を考えているんだけど、
ちょっとデザインが変わったボードが欲しいんですよね〜。」
K様のイメージを伺うと、
「箱は本体はアクのない“白”で作って、扉の色を思いきって“赤”にするなんてどうかしら?」
白×赤の収納家具は、3rdではこれまでにない組み合わせ!
どんなサイドボードができるか楽しみです♪

K様からお聞きしたイメージをもとに、
大きさや色のバランスなどを考えて、スケッチや図面を作成。
ka-colorサイドボードのサイズは、
設置スペースや使い勝手を考慮し、また、並べて置く収納家具との奥行きなども合わせて
W850×D450×H900で決定しました。
上部は小物類を整理できる引き出しを2杯、
下部の開き扉を2枚付けて、中は稼働棚という仕様です。

そして、本体と引き出しや扉の前板には
硬度が高くて耐熱性・耐水性のあるメラミン化粧板を使い、
引き出しの中は桐材で作ります。
kaimage5後日、K様にスケッチや図面、素材のサンプルなどを確認していただくと、
「うん、いいですね!これで作って下さい」とK様。

それから約一か月後、完成したサイドボードをご自宅にお届けに伺いました。
迎えてくださったK様は、キッチンに元々置いてあった物を動かして、
設置場所を作ってくださっていました。
kaDSC_7029
そのスペースにサイドボードを置いてみると…
kaDSC_7042「うん、イメージ通りね!」と、K様。
白と茶系の色味が多かったK様のキッチンには
赤がとても映えますね!

kaDSC_7039
こうした遊び心を取り入れた家具を作る時は、
お客様のご希望に応えられるかとドキドキしながらも、
どんなものが作れるだろうか、とお客様と一緒にワクワクしながら
イメージを膨らませてご提案しています。
オーダー家具だからこそできることですね♪
kaDSC_7049
K様、ありがとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願い致します!