オーダー家具の3rd -your life style shop-
2018.07.30

Ⅰ邸 壁面収納+クローゼット内仕様変更

「奥行がありすぎるクローゼット。もっとうまく使えるようにしたいと思って。
上の方が取りづらくベルトやネクタイも掛けてスッキリ使いやすい収納にしたいんです。」と来店されたⅠ様。
わかります!クローゼットの中って使えない無駄なスペース・・・出来がちですよね~。突っ張り棒で突っ張ってみたり
引き出せる収納BOXを入れてみたり。結構、悩んでいる方多いと思います。そんな方は必見ですよ!!

まず、Ⅰ様と「どんな風にしたいですか?」「こんなのはどうですかね」「こんな事例もありますよ」などと
お話ししながら絵を簡単に描きながらお互いに想像を広げていきます。
ご要望通りになるようにじっくりと、お客様と相違がないように慎重に。

後日、お客様より寸法の連絡があった時「実は・・・壁面収納もお願いしたくて。」と。
早速プラン資料を作成しⅠ様宅へご訪問。打ち合わせをし、採寸もしてきました。

壁面収納は左下にお持ちの和家具を置きたいので吊戸棚にし、右半分を壁面収納に。壁にインターフォンがあるため
中段は背板を抜きました。圧迫感も軽減されましたね。
また、訪問した際に猫ちゃんの爪とぎが壁についていて残したいとのご要望がありました。

そこで最初にご提案させて頂いた右下の角アールの棚をやめ、更に左の吊戸棚を全部扉の収納で提案しましたが、
ここは収納より飾り棚を意識したいとのことで、右側の扉とラインを合わせオープンの空間を作りました。
よりスッキリとした印象になりました。

そして、クローゼットはと言いますと・・・

服を2段に掛けられるように、また何より取り出しやすいようにリフトハンガーを採用しました。
リフトハンガーとは、高い位置に掛かっているポール自体を手前に引き下ろすことができるものです。
高さや奥行きのあるクローゼットでもこれがあれば、高さの有効活用で大幅に収納力がアップします。

Ⅰ様のご要望だったベルトハンガーやネクタイハンガーはこんな感じで扉側に取り付けました。

更にクローゼットの前にベッドがあり十分な空間がなかったので、引き下ろしてもなるべく前に出ないようにしました。
どうですか?これならデッドゾーンもなくなりますよね。何より使い勝手が良さそう!

納品当日は大変暑い日でしたが、Ⅰ様が冷たい飲み物をたくさん出してくださりました。
とっても美味しかったです。ご馳走様でした。

後日、Ⅰ様よりこんな嬉しいお電話が。
「壁面収納は部屋が狭く、圧迫感が出るんじゃないかと思っていたけれど、むしろ部屋が広く感じる。
スッキリして大満足です!暑い中工場長さんたちも大変だったと思いますが、ありがとうございました。」
と。ご満足頂けて私どももホっと胸をなでおろしました。

I様、また何か困ったこと、家具の買い替えなどあった時は3rdを思い出して相談に来ていただけると光栄です。
ありがとうございました。

特注壁面収納【Size:w2565×D280/350×H2100】
クローゼット内仕様変更【Size:W780×D780×2300】

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。