オーダー家具の3rd -your life style shop-

3rd story [サードストーリー]

Episode
1 / 2 / 3

title_ep_01

Episode 1-1
「お店という舞台が好き。そんな男がいました。」

その男の一番はじめの舞台は、アパレルブランドの洋服をあつかうお店でした。お店が好きで、お客様が好きなその男は、毎日一生懸命はたらきました。しだいにがんばりが認められて、新しいお店の出店をとりしきるプロデューサーとなり、お店をつくって軌道にのせたら、また次へ。そして、そのまた次へのくりかえし。全国各地を飛び回る生活になっていきました。そんな生活が何年か続いたある日の夜中のこと。男は一人、つぶやきました。
「なんか違うな…」、と。
今の自分のしていることは、どちらかといえばお店という舞台そのものか、箱を作っているようなもの。自分はやはり、舞台の上に立ちたいのだ、そう思ったのです。

さらに、流行に左右されて消費され続けていくファッションの世界に、さびしい気持ちも感じていました。自分はやっぱり、お店という舞台の上に立つのが好き。お客さまと直接お話して、長い年月をかけて愛されるような商品をおすすめしたい。
そう思った男は約一年後、それら全ての希望を叶える舞台を見つけます。それは、家具のお店。いつだって人の生活のまんなかにいて、その人、そしてその人の家族と一緒に時を刻んでいく家具に関わっていきたいと考えた男は、すぐさま青山のとある家具店で働きはじめます。そこで家具の素材から設計、インテリアコーディネイトのことなど、なんでも貪欲に学びました。
そして、順調にいっているかのようにみえた2年後、「なんか違うな…」。また男はつぶやきました。
自分の理想とするお店とは、少し違うことに気づきました。「よし、もっと理想の自分に近づこう」。また決意を固め、まだ3店舗しかない、新しい家具店の4店舗目の店主としての道を歩み始めました。

Episode 1-2
「人に喜ばれるモノづくりが好き。そんな男がいました。」

モノをつくることが好き。人を喜ばせることがもっと好き。
そんな男が最初にはじめたのは、産業機器のプロダクトデザイナー。美術系の学校を卒業してから、2年半。多くの工具や機械をデザインし、いくつかのデザイン賞も受賞しました。順風満帆、そんな言葉がぴったりとくるような人生。
「でも、なんか違うな…」。
この男も、夜中にひとりで設計をしながら、そうつぶやきました。
産業機械とは、仕事のための道具。どんなに良いと言われるモノを作っても、時代が変われば、形も変わってしまう。大量に生産されて、消費されていくモノよりずっと残るモノを生み出していきたい。

その時、男の頭の中に家具が浮かびました。アンティークと呼ばれるような素晴らしい家具たちは、100年前に作られたものでも、現役で使われつづけている。そんな、家具を作りたい!男は強く願いました。どうすれば家具をつくる職人になれるのか。調べに調べて、とある家具屋の工房を見つけた男。そこに頼み込み、一から見習いとして修行を始めました。家具を作ったこともない素人。しかも、周りの職人の先輩はみな若い。しかし、そんなことは小さいこと。夢の世界に飛び込んだ男は、家具づくりにどっぷり漬かっていきました。
そして8年。すっかり職人として成長した男は、独立する道を選びます。小さいながらも、家具づくりだって、内装だって手掛けることもできる工房を借り、頼まれたものはなんでも一生懸命つくり続けました。
しかし、少し大きめの工房に移らなくてはいけないほどの製作依頼が舞いこむようになった時、またもや「なんか違うな…」 とつぶやきました。
もっと、直接使う人の顔が見たい。そして、その人を喜ばせるためにモノが作りたい。そう思ったのでした。

Episode 1-3
「2人の男が出会いました。」

お店という舞台が好きな男と、人に喜ばれるモノ作りが好きな男。2人が運命的な出会いをするのは、神奈川県の片隅にある家具店でした。最初は、その家具店の店主とお客さんとして。何気なくお互いに話し始めた2人。お店について、家具について、お互いの考えが似ていると気づくのにそう時間はかかりませんでした。お店が終わった後や、休日、気がつけばお互いに時間をつくり、「理想のお店像」や「理想のモノづくり論」なんてことについて語り合いました。

そしてとうとう、2人でお店をつくることを決めました。気づけば40代。ギャンブルができる年齢でもありません。でもチャレンジします。これ以上「なんか違う…」と言いたくないから。
お店の名前は「3rd」。
それぞれの人生で3度目の大きな岐路という意味をこめました。二人の男の夢が今、はじまります。

Episode2

Episode 2-1
「お店にひとり。工房にひとり。」

pict_3rdstory_02_01

それぞれの場所で、それぞれの男は早朝から深夜まで精一杯働きます。理想のお店を叶えるためには、あまりにもすべきことが多かったのです。男たちがつくりたかった理想のお店は、お客様と打ち合わせをしながら、理想の家具や空間をいっしょにつくっていくお店です。「あるもの」を売るのではなく、「ないもの」をいっしょにつくるということは、労力が何倍もかかるということ。

お店では、お客様といっしょに話しをしながら、どうすれば理想の家具や空間が実現できるのかを考える毎日。
工房では、そのお客様といっしょに考えた家具たちをつくる毎日。
でもふたりで頑張ってもできることは限られていました。「もっとこのお店に協力してもらえる人を探そう!」全国へ自分たちがやりたいことを伝える活動をはじめます。

Episode 2-2
「しだいに全国に協力者が…。」

理想を叶えるために、「できない」を言わないお店をつくる。
北は北海道から、南は九州まで、時間を見つけては、協力してくれる人を探し、自分たちの想いを伝えていきました。こんなふたりの想いに共感する職人さんや工房、工場、メーカーがすこしづつ増えていきました。協力者が増えれば、増えるほど、できることが増えていく・・・。お客様の叶えたい理想を叶えられるお店へ成長していく、そんな実感がふたりは嬉しかったのです。

しかし、お店にひとり、工房にひとりという体制でつづけるのにも、限界を感じてきた時期でもありました。小さな、小さなお店でしたが、ひとりしかお店にいないため、せっかくお店に来ていただいても、お話もできないままのお客様も多く、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。
「そうだお店にも、工房にも人を増やそう。」
ホームページに募集のページをつくりました。求人広告を出せるほどの資金はありませんでした。ほんとうにこれを見て人が応募してくれるのか不安でもありました。

Episode 2-3
「ひとりずつ、ひとりずつ・・・増える仲間たち。」

ある男は、幼いころから絵を描いたり、ものをつくるのが好きで、いつの日か職業訓練校で家具づくりを学ぶようになりました。同時に、音楽を聞くのも弾くのも同じぐらい好きで、仲間とバンドを組みライブ活動をはじめました。その後、その男は自宅に小さな工房をつくって、家具をつくりながら、ライブ活動をつづけるように…。
ある男は、社会人になってから、家具をつくる職人という生き方を知りました。そんな生き方はいつの日か憧れになり、憧れを現実にしようと職業訓練校で家具づくりを学ぶようになっていきました。「再スタートだけど、怖さは無い。もうなんとなく生きているのは嫌だったから・・・。」学校でとにかく努力をしつづける日々でした。
そしてふたりの男は、ある日、3rdに出会うのです。

ふたりは、小さな、小さなお店だけど、やっていること、目指していることに共感し、気づけば、音楽活動をしながら、お店で働くように・・・。気づけば、工房で日々家具づくりをするように・・・。
仲間が増えたことで、出来ることも増えていきました。協力してくれる全国の工房や工場に打ち合わせに行ったり、お店だけではなく、実際にお客様のご自宅にお伺いしてお話を伺ったり・・・。そんなことも、日々できるようになっていきました。実際の空間を見て、実際の暮らしを見て、お客様と話しをしてつくっていく。さらに、より希望に沿ったものを工房とつくっていく。手間は掛かりますが、「お客様の理想を叶える」お店としてはふさわしい形になっていっている。
その手応えを感じるように、次第にわたしたちに家具や空間を任せていただけるお客様も増えていきました。

Episode3

Episode 3-1
「できることを伝えたくて。」

お客様の話しに耳を傾け、「どんな暮らしが理想なのか?」「そのためにはどんな家具や空間が必要なのか?」その繰り返しの中で生み出される家具は多種多様。テーブルひとつでも、そのデザインや素材、高さなど家族ごとに違います。だから、お客様の家にお届けした家具を撮影して記録し、伝えていく。そのためにブログをはじめました。
気づけば、お届けした際に撮影した写真は数千枚にもなり、ブログを見てくれる人も次第に増えていきました。

「こんなものを作りたいんだけど…」。
相談をいただくのもお店のある東戸塚周辺から神奈川県、関東へと広がり北海道から沖縄まで、すこしづつですが、問い合わせをもらえるようになってきました。「次第に伝わっている・・・。」手応えを感じるとともに、できることが増えていくなかで、それを作れる自社工房のスペースが無いこと、それを紹介できるスペースが今のお店には無いことが、すこしづつ歯がゆくなっていきました。

Episode 3-2
「工房をつくる。お店をつくる。」

冬は外よりも寒く、夏は外よりも暑い。小さなスペースがゆえに、ひとつひとつ作業をする度に、すべてを移動してスペースを確保する自社工房。せっかく家具をつくれる職人が集まっていても、それぞれが思うようなスピードでつくれない。「お客様を待たせてしまっていること。」を解消しようと、新しい工房をつくることを決めました。
まずは場所探し、1年をかけて探した新しい工房は、今までの3倍のスペースがありました。家具と同じように、工房だって自分たちの手でつくろうと、それぞれの仕事が終わった夜にみんなで集まっては、壁を張ったり、床を張ったり、色を塗ったりと新しい工房をつくっていきました。冬も夏も、今までより快適な空間。職人たちがそれぞれ思うスピードでつくれるスペース「お客様へのお届けを延ばさない。つくれるものが増える。」そんな自社工房ができたことが、もっと「できない」と言わない家具屋、理想を実現する家具屋へと近づいていくと思いました。

それに対して、小さな、小さなお店には、紹介したくても、思うように紹介できていないものがたくさんたくさんありました。「写真でいつも紹介しているけれども、もっとスペースがあれば見本を見てもらって確かめてもらえるのに…。
つくれるものが増えた新しい工房と同じように、もっとできることを紹介できるお店が必要だ。そう思った時にはすでに、新しいお店をつくろうとお店探しをはじめていました。時間をつくってはお店を見にいく日々、「ここだ」という場所はなかなか見つかりません。
探し始めて2年ほどたったある日――――。

「ここならやりたい。」という場所が見つかりました。広いスペースと、いろんな人が訪れやすい場所。田園都市線「たまプラーザ」駅からほど近い場所の1階にその場所はありました。
震災が起きた直後ということもあり、不安もありましたが、「暮らしを大切にしたい。」というお客様の声も多く、「やはりやるべきだ!」と新しいお店をつくることを決めました。今まで紹介できなかったこと、もっとやれることを増やすために・・・。

テーブル1台から、家一軒のリフォームまで、理想の暮らしを全て実現するための新たな拠点として3rdたまプラーザ店をオープンしました。
ふたりの夢だった「理想のお店をつくる」は、気づけば仲間みんなの夢に。そしてそれを応援してくれる全国の職人さんや協力工房、工場、メーカーに支えられて、実現していきます。
―でも、まだまだ理想のお店には近づくには遠くけわしい・・・。
もっとできること、やれることを増やして「お客様の理想を叶える家具屋」を目指し、これからも、わたしたち3rdは進化し続けます。
いままで以上に、これからもずっとずっと・・・。
<つづく>

CATALOG REQUEST

この3rd storyが掲載された3rdのカタログを無料でお送りしております。ソファでゆっくり、何度でもお読み頂けます。お気軽にお申し込みください。

カタログ請求