オーダー家具の3rd -your life style shop-

[DINING編]家族とのコミュニケーションを大切にする空間にするためには?

ライフスタイルの多様化からダイニングは食事をする為の場所だけではなくなりました。
キッチンとのつながりや動線計画等をしっかりと立てて家族が自然と集まる場所にしていきましょう。

pict_interior_01

point_01

まずはリビングのメインとなる家具の必要寸法から
<DINING TABLE/CHAIR>

ダイニングテーブルの大きさはライフスタイルによっても変わってきます。ダイニングにいる時間が長いのか、それとも食事を終えたらすぐリビングに移動するのか、家庭によって様々です。ダイニングの計画をする際に4つのポイントを整理して、それぞれの家族にあった空間を考える必要があります。

●家具の大きさと部屋の広さが適切であること。
●通り抜け等の動線が少ない配置であること。
●キッチンとのつながりが適切であること。
●感覚的に落ち着ける空間であること。

食事の為の1人あたりの最低限幅は600㎜、奥行きは350㎜〜400㎜を目安とし、部屋の広さとダイニングテーブルの大きさを考えたとき1人の最低幅として考えましょう。
また、食事をする時は配膳の為のスペースが必要になるので食卓周りに必要な寸法も考慮します。

対面してダイニングテーブルを使うとき、対面距離としては750㎜程度からでおよそ800㎜取れれば余裕をもった距離感になります。
それ以下の寸法は配膳を考慮すると乗り切らない可能性があるので気をつけましょう。
椅子の引き幅はテーブル天板の端から約800㎜。これは椅子のアームがあるかないかでも微妙に変わりますが、人が座っている時の奥行きの幅は400〜500㎜くらい。男女関係なく共通する数字です。
椅子から立つ時はそこからさらに300㎜程、体が抜けられる隙間を作ります。
さらに、椅子の後ろに人の動線を作る場合人が座ってる背から600㎜以上のクリアランスを作ります。
壁やキッチンに対してどのように家具を配置するのか部屋の関係性も考えてレイアウトを考えましょう。

テーブルの大きさは日常の家族の人数+来客の人数で、頻繁に来客がある場合伸縮式のものは利便性が高くなります。ただし、ダイニングが広い部屋は、伸縮式は伸びた状態で維持することが多くなるので最初から家族の人数分より大きなダイニングテーブルにすることをお勧めします。

両面に壁があり、対面して使う場合の必要寸法

両側に壁があり、人の動線を含めて使う場合の必要寸法

ダイニングの必要寸法例
ダイニングの必要寸法例
ダイニングテーブルの高さ
ダイニングテーブルの高さ

ダイニングテーブルの高さは、椅子との差尺によって決めていきます。

差尺(椅子の座面の高さからテーブル天板トップまで)=270㎜〜300㎜

自分にあった差尺を見つけることで、長く座っていても疲れない椅子とテーブルの関係性ができます。
椅子の座面の高さは、深く座った時にかかとが床にきちんと接地しているかどうかを意識してみましょう。
特に女性は、座面の高い椅子に座ると背もたれに背中をつけないで、手前の方に座りがちです。寸法の合わない椅子に座っていると、腰痛や体調不良の原因にもなるので椅子選びは慎重に。
平均的に日本人の体系に合わせた座面の高さは390㎜〜420㎜、差尺を調整してテーブルの高さは670㎜〜720㎜程度。それに対して、海外製の椅子は450㎜〜480㎜、テーブルの高さは750㎜以上のものもあります。これはもともとの骨格の違いや靴を履いて生活するというライフスタイルから生じる寸法の差です。

point02

ダイニングテーブルと照明計画
<LIGHTING PLAN>

pict_interior_01_05

食事の際に大切なのは光を効果的に取り入れること。
ダイニングテーブルとチェアを揃えるとうっかり忘れてしまいがちですが、テーブルと照明器具の距離や配置を気にかけてあげることで、お部屋の完成度が変わります。
空間を華やかにするペンダントライトやキャンドルの光等を上手く使うと、同じダイニングでもイベントごとに雰囲気を変えられたりするので、空間を演出する立役者としてチェックしておきましょう。
ダイニングの明るさは300ルクス程度が最適です。(普通ランプ30W程度のもの)光色は食欲を増進する暖色系の色味のもので暖かみを。
ペンダントライトは取付ける位置が低すぎるとテーブル全体を照らせず、反対に高すぎると光源が直接目に入る為まぶしすぎてしまいます。
1灯で照らす場合はシェードの大きさはテーブルの長辺の1/3強が目安で、天板から600〜800㎜の高さが理想的です。
小径ライトなら天板から500〜800㎜で多灯付けをするとまた違った雰囲気が楽しめます。
照明を調光できるようにしておくと、シーンによって光の加減を演出できますね。

ペンダントライトの取り付け位置
ペンダントライトの取り付け位置

point03

キッチンとの関係性

近年、日本の住宅のLDKが一体化してきている中で、ダイニングとキッチンの関係性を考えながらレイアウトしていくのも大切な要素の一つです。
例えば、お母さんがキッチンで作業している時に、ダイニングで子供が勉強をするというケースが増えています。ここで、キッチンとダイニングのアイレベルを意識して配置するとよりコミュニケーションがとりやすくなります。
また、収納の少ないマンションの場合は生活動線として作業することが多いダイニングに収納を配置すると利便性が高くなります。
壁一杯ではなく、少し低い位置に作ることで圧迫感もなくすっきりと納まるでしょう。テーブルの後ろに置く場合は引き幅を意識してサイドボードの扉を引き戸にしたりすることで、コンパクトに使える工夫を。レイアウト位置としては、リビングとのパーテーションの役目としても使えるので、大きさ、奥行き、高さ等をお部屋の図面と一緒に専門家にチェックしてもらうと使いやすい空間が作れます。
自分の理想とする雰囲気を明確にして、生活環境を快適にしていきましょう。

キッチンとの関係性

CONTACT

ご紹介の商品についてのお問い合わせは、お気軽にお問い合わせページよりお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

前の記事へ