オーダー家具の3rd -your life style shop-
2017.11.19

E邸、Y邸 エクステンションテーブル お届け

「W2000~3000ほどのエクステンションテーブルをつくりたい」とメールにてご相談くださったE様。ご新居へお引っ越しを機にテーブルを新調されるとのことでした。
エクステンションテーブルのオーダーは最近少しずつ増えています。お客様が来られた時などもとても便利ですよね!しかし3m近くのエクステンションテーブルを作ったことはありませんでした。困ったときは頼りの工場長!相談すると3rdでの通常仕様の構造では3mは難しいとのこと…。適性な金物を探し、普段とは仕様の少し違ったタイプで、W2800までであれば可能と判断!デザインを図面に上げてE様へご提案すると「そのデザインでお願いします。」とご契約いただきました。


伸長せずに使用する際はW2000。W400の板を2枚中に仕込んで2000/2400/2800の3パターンで使用できる構造になっています。両側から天板を引っ張ると間に板を仕込む隙間ができます。そのレールの上に板を置いて両側からがっちゃんこ!とっても大きなテーブルのできあがりです。
樹種は明るめの木材が好みということでオークかメープルでご提案すると、「木目の印象がオークの方が好きです」オーク材で制作しました。

椅子も樹種を揃えたい!とのことでしたので3種類ほどご提案させていただいた中からアルコをお気に入り頂きました。椅子の張地はアクアクリーンのcarabuをご覧いただくと質感をとても気に入っていただきました。アクアクリーンは汚れに強く耐摩耗にも優れていてとても人気の生地です!お色はこちらも人気のネイビー◎

お届けの際は2階へ搬入するのにあまりの大きさにとても苦戦しましたが、E様の応援もありなんとか無事収めることができました!こんなに大きなエクステンションテーブルは初めてだったので、E様もスタッフも「素晴らしいー!」と感動!
是非お友達とパーティーなどの際にご活用くださいね!E様ありがとうございました!

【 Extension Dinig Table _ W2000~2800 × D1100 × H700 】

line_02

「ブログでラウンドのエクステンションテーブルを見ました。希望のサイズがあるのですが、製作は可能でしょうか?」とお問い合わせを頂いたY様。
希望のデザイン、希望のサイズが見つからない。と色々と探して来られたそう。。。

Y様の探していたデザインは、ラウンドの時は直径1050mm。伸ばした時1650mmになる伸張式のダイニングテーブル。
天板を広げる時に、板を後から乗せはめ込み式のもので、天板はナラ材で脚はウォルナット、がご希望のデザインでした。
天板と脚の樹種が違うエクステンションテーブル、しかも自宅に合うサイズでっていうのは見つけるの難しいですよね。。。

せっかくオーダーで作るなら!とってもこだわってデザインしているY様のテーブル。
サイズは少しでも大きくと直径1100mmに変更。
天板の面取りのサイズや足元をなるべく広く取りたいとの事で脚の取り付け位置や、アームチェアを使っているのでアームが幕板にぶつからないようにと幕板に欠き込みを入れたり。
お忙しいY様とはご来店の他にも図面の確認をメールや電話で取り合いながら仕様を決めて行きました!

お届けをとても楽しみにして頂いていたY様。
オーダー家具ならではのこだわりのたっぷり詰まったダイニングテーブルのお届けとなりました!

楽しい家族団欒の時間を3rdのテーブルで過ごしていただけたら嬉しいです!
Y様、ありがとうございました!!
また何かございましたら、お気軽にお問い合わせくださいね ♪

【 Extension Round Dinig Table _ W1100~1650 × D1100 × H710 】

WANTED
3rdではショップスタッフ、設計デザインスタッフを募集しています。インテリアや家具デザインに興味のある方は是非お問い合わせください。
また工房スタッフ(家具職人)も合わせて募集しております。

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2016.11.04

O邸_エクステンションテーブル_PEPE お届け

新居へ引っ越し予定のO様。
ダイニングテーブルを探して3rdのHPをご覧くださりご来店いただきました。

dsc_0013%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

O様のダイニングテーブルへのご要望は「来客時には大勢で囲めるテーブル!!」と、いうことで
『エクステンションテーブル』をご提案!

%e3%82%a8%e3%82%af%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3_0022

『エクステンションテーブル』とは必要に応じて甲板の大きさを変えられるテーブルの事です。

dsc_0015%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

3rdでご提案のエクステンションテーブルは、テーブルの脚自体が外に広がり、天板を
2枚入れられるのでテーブルを伸ばした状態でも天板下の幅を広く取れるようにしています。

dsc_0016%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
「そんなこともできるんですねー!ただテーブルを置く部屋の奥行が狭いから…」と
サイズ感を心配され一旦ご帰宅。ご検討頂く事に。。。

後日改めてお部屋の図面をご持参いただきました。

間取りを拝見すると、O様がご心配されていたダイニングテーブルの奥行は850で問題なく
部屋の全体感から素材はウォールナットに決めました!

椅子は旦那様と奥様で2脚のご用意。
店内の色々な椅子に座っていただいた結果『pepe chair』をお気に入りいただきました。

pepe
PePechairは座面は大きくゆったりとした座り心地で、緩やかなカーブの背もたれが
優しく背中を支えてくれるしっかりとしたデザイン。
大きいのにアームや脚が細いのでとても軽くできています。

背もたれから脚まで丸いラインが続いているように見えますが、実は背もたれからアームへ続くラインは
断面が丸から四角へ変化しています。
肘を置きやすくしたり、立ち上がりのとき握りやすくするためのデザインです。
そして、アームから脚に向かって丸に戻っていきます。

座面が奥様にはちょっと高めだった為、脚をカットして丁度良い高さにしました。

奥様の椅子の高さに合わせてダイニングテーブルも高さを670でお造りし、使い易い高さにしました。

dsc_0176%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

実は寸法には食事をとる時に、食べやすい姿勢になる“差尺”というものがあります。
“差尺”とは、テーブルの天板までの高さと、椅子の座面までの高さの差の事。
何気なく使っているテーブルと椅子ですが、実は使いやすい差尺は決まっていて一般的に
差尺は27cm~30cm程度がいいと言われています。

o%e6%a7%98_interior_01_04

お届けは引っ越し当日の為少しバタバタしていましたが、テーブルの場所はしっかり確保してくださっていました。

%e5%ae%8c%e6%88%90_0175

「しっかり納まって安心しました。落ち着いたらリビングの方にも手をかけたいなぁ~。」と、
O様から嬉しいお言葉!
その時は是非またご相談ください。
スタッフ一同心よりお待ちしております。

O様、ありがとうございました。

【pepe arm chair_W535 D540 SH390】
【エクステンションテーブル_W1000~1550 D850 H670】

たまプラーザ店

2016.06.13

E邸 エクステンションダイニングテーブル お届け

新宿区にお住まいのE様。
「エクステンションテーブルを探しているんですが、希望通りのテーブルが見つからなくて。オーダーで作ってもらえますか?」とメールでお問い合わせいただきました。

001

まずはメールでご希望をお伺いし、ご要望を元にデザインを起こしプラン制作をしました。
プラン完成後、3rdで作った家具の仕上げや質感を実際に見て、触っていただくためにE様にもご来店いただきました。

デザインを見て頂きながら、お部屋のサイズや雰囲気なども詳しく聞かせていただき、サイズや樹種についてなど詳細なお打ち合わせを。
その後、お忙しいE様とはメールで図面の確認のやり取りをし、デザインを決めました。

zu_01

樹種は床材やお部屋の雰囲気にあわせて、メープル材を選ばれました。
メープルは白色~クリーム色の優しい色合い。経年変化でゆっくりと飴色に変化します。
木目が細かく、仕上がるとほほずりしたくなるような滑らかな肌触りが特徴の木です。

普段はお二人で使うとの事でしたのでサイズはW1000×D850mmに。
お客様が来た時に大きく使うため、300mmづつ、2段階にに伸ばせるようなデザインになっています。
幅は1000→1300→1600と、一番大きくしたときには4名でゆったりと使える大きさです。

505

天板は框組というデザイン。
もともと框組とは四方枠を作り、中に鏡板と呼ばれる平たい一枚板をはめ込んだ構造で、木の伸縮を極力抑えることができ軽くするための構造ですが、E様はデザインとしての框組がご希望でした。

005

天板縁もRの曲線がデザインで施されていて、いつものテーブルデザインとは一風変わったデザイン。

003

002

脚も3rdでは珍し仕様の角絞りに。
緩やかなカーブがエレガントで、E様のお部屋の雰囲気にぴったりの美しいテーブルになりました!

004

お届けをとっても楽しみにしてくださっていたE様。
「希望していたデザインにピッタリ!お願いしてよかったです!!実はもう一つ、お願いしたいものができたんですが。。。」と新しいご相談をいただきました。

そのお届けは後ほどご紹介させていただきます!

0044

E様、ありがとうございました!

【エクステンションダイニングテーブル W1000/1300/1600×D850×H700 】

たまプラーザ店

2012.06.24

Y邸 ダイニングテーブル お届け

神奈川県平塚市のY邸にラウンドエクステンションテーブルをお届けしました。

「そちらで作ったテーブルを見たんですけど、同じものが欲しいんです!」
とY様からお電話でのお問い合わせがあり、一度ご来店ください。色々とご説明いたします!と、お伝えすると、
「わかりました!都合をつけてみます!」
と、数日後、早速ご来店いただきました

Y様が見たというテーブルはこちらです。
2008/05/19  K様伸張式丸テーブル お届け ブログ
(お届けブログになります!是非ご覧ください!)

4年前にK様にお届けしたラウンドテクステンションテーブルです。
しかし実は、K様はお仕事で自宅を離れていることから、このテーブルをご両親に預けておいででした。ご両親のお宅では、自宅で教室を開いており、そこへY様が通われていて、そこで出合い、一目ぼれしたのが、いきさつのご様子。

4年間お使いの中で、色艶共に完成に近づいていたのでしょう、Y様は、
「伸び縮みするのも便利だし、木の質感もすごく素敵だったんです!同じものはできますか!?」
とリクエスト。

3rdでは、お使いになる方が家具を完成させると考えています。

私たちができることは、お客様のライフスタイルを汲み取とり、よりよい暮らしができるように形を考え、正直なモノづくりをしてお届けをするところまで。

そこから先、木材の魅力を引き出し、本物の“生活の道具”として完成させるのは、普段の使い方や環境など、お客様のライフスタイルそのものなのです。

最初から、気に入る様な色艶はありません。
Y様が使用される中でY様自身の生活の道具となるのです。
とお話させていただきました。

するとY様は、
「私も自分の生活の道具として、このテーブルを使っていきたいと思います!」
と、ご決意とともにご契約いただきました。

さて、お届けの際にY様のお部屋には以前まで使われていた大きなダイニングテーブルがあり、
「子供たちが、それぞれ家を出て大きなテーブルが必要なくなったから。」
と、今回のご依頼の切っ掛けを改めてお話下さいました。

家族の構成は、お子様の自立などで年月の流れとともに変化し、必要な家具も変わってきます。

今回、Y様が普段は4人掛けとして、そして必要な時に大きくできるテーブルをお選びになったのも、この様な経緯があったからなのでした。

出来あがりの良さに大変驚くY様は、
「すごく丁寧さを感じる作りですね!伸び縮みもスムーズでやりやすそう!本当にきれい!」
と大変嬉しいお言葉を掛けていただきました!

そして、
「次はこのテーブルに見合う椅子を探しに行きますね!」
と楽しそうなY様が印象的なお届けとなりました。

普段の生活はもちろん、ご家族が戻られた時などあらゆる場面に相応しいテーブル、存分にお楽しみください!Y様、ありがとうございました!

またのご来店お待ちしております!

2010.05.27

O邸 シェルフ、AVボードお届け

横浜市戸塚区O様のお宅へ、AVボード、オープンシェルフSA-002をお届けしました。

O様は3rdオープン当初のお客様で、再度買い足しにいらっしゃいました。

以前はウォールナットでダイニングセット、サイドボード、ソファをお届けしており、
今回はテレビの買い替えを機に、テレビまわりをスッキリさせたいとのことでした。

壁面の白さを生かしたいとの事だったので、天井までの壁面収納にしてしまうのではなく、
TVを乗せる台の部分とオープンシェルフでご提案。

TVボードは正面のデッキを入れる部分をオープンにして、下の引出しは凹凸のない
木目を生かしたデザインにしました。

お部屋を見せていただいた時は、TV周りの配線がうしろでたまっている状態でした。
TVの周辺はコードも多く、ボードのうしろをみると配線やほこりがたまっていたりするのに掃除もしにくくて、
コードがあるから家具をうしろにピッタリつけることが出来なかったりしませんか?

でも、そういった配線類のごちゃごちゃは家具の中に納めてしまえば、こんなにスッキリするんです。

シェルフは2つ組み合わせの飾り棚です。
L字にも、ストレートにもできるので、小物の飾りつけや、時には棚の置き方も変えたりして
楽しんでいただければと思います。

以前よりも家具自体の大きさは大きくなっているのですが、隠すところ、見せるところが分かり易くなり、
素材の統一感が出たことで、スッキリしました。

これからも少しずつお気に入りの小物で、お部屋作りを楽しんでいただければと思います。