オーダー家具の3rd -your life style shop-
2017.02.27

N邸 カウンター下収納 お届け


ホームページを見てご来店頂いたN様。カウンター下収納をお探しでした。
既製品だと合う物が無く検索していたところ3rdのブログを発見!
ご来店いただいた時のご要望は、食器類とモデムなどや、ルンバを収納したいとのことでした。
ご要望を基にデザインをおこし、後日ご訪問させていただくことに。

お伺いしてお話しすると、「やっぱりルンバはソファの下で!カウンター下収納には書類とノートPCも入れたいんですけど…」ということでその場でデザインを修正しました。
「モデム類を入れるためカウンター天板に穴を開けましょう!」とご提案。ところがこれが納品時問題に…!

約2ヶ月ほどお待ちいただき納品にお伺いしました。まずはカウンターの穴あけから!

工場長:あれ。。。
店長:どうしたんですか?
工場長:これ人工大理石じゃないよ〜
店長:ええ〜 
工場長:石は無理だぞ
店長:なんとかしてください。。。
工場長:ホームセンター探して
私:はい

なんと、てっきり人工大理石だと思っていたカウンターが本物の大理石でした…汗
急ぎ足でホームセンターへ!!天然石用のホールソー(穴あけ)を買いに行きなんとか貫通!(よかった…!)
しかしホールソー3本ダメにしました…(笑)

天板の穴からコードをカウンター下収納へ!
今までカウンター上がごちゃごちゃしていたストレスもスッキリ解消です^^

生活動線を考慮して右側は角アールの飾り棚に。
その隣のガラス扉部分はワイングラスなどを入れて、引き戸部分は書類、モデム類をしまう仕様です。
N様ご要望の機能性とすっきりとしたデザインを兼ね揃えたカウンター下収納ができました^^

上部は小引き出しでカトラリー類とノートPCが入ります。

穴あけの際はご心配かけてしまい申し訳ありませんでした…
困った時になんとかしてくれる工場長は心強いです!

「とっても素敵〜!」ととても喜んでいただき、スタッフ一同ほっとしました!
N様、ありがとうございました!!

【特注カウンター下収納_W2380×D260/400×H800】

たまプラーザ店

2017.01.30

S邸 カウンター下収納 お届け

「カウンター下収納を探しているんです。」とご来店になったS様。

「サイズは図ってきました。イメージもほぼ考えてあるんです。」との事でしたので、詳しくお話をお伺いし、おおまかなイメージとお見積までお出しました。
その日は「一度帰って考えてみます。」とお帰りに。
後日「実際に設置場所を見てもらえますか?」とご連絡をいただき、お家が近かったので早速その日のうちにお伺いする事になりました!

設置場所のサイズを図りながら、仕様の修正と素材を決めました。素材は白のポリ合板。
白でも微妙な色の違いで迷いましたが、カウンターや建具と見比べて、あまり差がない色を選びました。

カウンターの天板すぐ下は小物などを入れるための小さな引き出しを。
ここはカウンターの出幅と合わせています。
下台の奥行きはカウンター向かって左側の柱に合わせています。

オープンになっている棚は可動棚で、お子様の本がたっぷり収納できる本棚になっています!
今はオープンですが、今後扉を付けられるよう内側の棚板は側板よりも短くしています。
お子様が成長して収納するものが変わった時にも対応できるよう、設計しています。

カウンターの右側は動線になっているので、じゃまにならないよう角を丸くした飾り棚にしました。
小さな一輪挿しや写真などを飾るのにぴったりです!

設置が完了すると「これで沢山ある本もやっと片付けられます!」と喜んで頂けました!

S様、扉が必要になったらご連絡くださいね!
これからもよろしくお願いいたします!

【カウンター下収納 W1750×D309×H1075】

東戸塚店

2016.10.24

K邸 キッチンボード お届け

「冷蔵庫を大きいものに買い替えたので、キッチンの中がなんだか狭くなってしまって。。。レイアウトを替えたいんだけどできるかしら?」とご相談をいただいたK様。
ご近所なので、すぐに現状を見せていただくことになりました。

現場を見せていただきましたが、冷蔵庫の位置を変更するのはちょっと無理がありそう。。。
一度、持ち帰ってプラン考えてみますね。とお話したところ「それなら一緒にカウンターもお願いします。キッチンカウンターが大きすぎて、出入りするのにちょっと邪魔だなと思っているの。なんとかなるかしら?」とご相談をいただきました。

収納力は減らさずに、工事はなるべく最小限で済ませたい。とのご希望を受け、ご提案したのは新たにカウンターを作り直すプランでした。
カウンターは元のものよりも60cm小さくし、収納力を確保するために上部に吊り戸棚を設置します。
これなら冷蔵庫を移動させることもなく、動線をしっかり確保することができます。

素材や色は「個性的でかわいい感じで!」との事で、色のついたポリ合板を材料に使用することになりました。
天板と木口はメープル材にし、配色はパターンをいくつか作りK様に選んでいただきました。

01

仕様が決まり、工事に取り掛かります。
まずは既存のカウンターの撤去からですが、これがなかなか苦労しました(笑)!

0001

カウンターをはずしてみると、フローリングの張っていないむき出しの床が。
「似たような素材で探すよりも、思い切って質感まで変えた方が面白そうね!」との事で、新しい床は石目調のタイル張りを選ばれています。

0002

床が有る場所と無い場所の水平レベルを出すため慎重に下地作り。
接着剤を塗布しタイル張り完了!

004

まずは下台から設置をします。
元々あったカウンターの天板位置に、新しい天板をはめ込みます。
ここは採寸の時、とっても気を使いました(笑)。

0003

新しい天板がぴったりはまり、ほっと一安心!
下台の壁側にはダイニング側に開く扉の中には電源を確保するための配線口が開けてあります。

007

吊り戸棚を支えるため、ブラウンに着色した鉄のパーツをアクセントに入れました。
上部はキッチン側からしか開きませんが、下台はキッチン側とダイニング側の両方から使える仕様にしています。
取り皿やグラスなど、キッチンへ回らなくてもサッと取り出せとっても便利!

005

左:キッチン側から見たところ  右:ダイニング側から見たところ

001

キッチン側にはアクセントに淡い水色を。ダイニング側のアクセントは淡いグリーンのポリ合板を使用しています。

仕上げに吊り棚を固定し、キッチン側には壁との隙間を埋めるためのコーキングをして完了です!

0004

完成を楽しみにしていただいていたK様。
「とっても満足です!」と嬉しいお言葉をいただきました!

また何かございましたらお気軽にご相談くださいね。
K様 ありがとうございました!

008

【キッチンカウンター:下台 W1050×D450×H1100】
【キッチンカウンター:上台 W1050×D350×H450】

たまプラーザ店

003

2016.08.08

Y邸カウンター下収納 お届け

003

ネット検索で3rdを知っていただいたY様。
カウンター下の収納をお探しとの事で、たまプラーザ店へご来店くださいました。

いろいろとお話を伺いながら、今までの事例を見て頂きデザインを詰めていきました。
だいたいのデザインが決まった所で、採寸をさせていただくため、後日Y様のご自宅へお伺いすることに。

002

実際に収納を置くカウンター下を見せていただき、寸法を確認。
現在お使いだったダイニングテーブルの高さにも合わせたかったのでそちらも一緒に確認することに。
収納の奥行寸法をできるだけ確保するために、慎重に採寸/設計を進めました。

製作に取り掛かり約2ヶ月程でお届けへ!

004

008

001

奥行きを上段はカウンターに、下段は右壁に合わせて作りました。
さらに、下段の高さはダイニングテーブルに合わせて、トレイがスムーズに出せるようにデザイン。
トレイにはテーブルの上に雑多になりがちな文具や小物、カトラリーなどを収納できます。

009

ダイニングテーブルの高さに合わせることで、収納力や使いやすさはもちろん、見た目もとてもすっきりとしたデザインになりました。
既存の家具にも馴染むようにデザインできるのがオーダーメードの強みでもあります。
素敵なダイニングセットと共に、末永く使っていただけると幸いです^^

Y様、ありがとうございました!

【特注カウンター下収納_W1747×D286×H807】

たまプラーザ店

2016.05.10

Y邸 ダイニングテーブル・カウンター収納・TVボード/サイドボード・他 お届け

「急ぎではない予定だった引越が急に来月することに決まって!家具は欲しいんだけど、どこまでオーダーで作ろうか悩んでいるので相談にのってもらえますか?」とご来店になったY様。

1609_01

ご新居は2階にリビングダイニング、1階に水回りと各部屋あるとの事。
図面と写真をいただき、今お使いの家具で持っていくもの、新しく必要なものを整理しました。
ご新居に合わせて「階段を上がってすぐの場所に腰高窓がある大きな壁があるので、そのスペースに合わせたサイズでTVボードと収納を考えています。ダイニングに置くテーブルにはなるべく大きなサイズが希望です。キッチンが壁に向かっていて、収納が何もないので間仕切りを兼ねてカウンターも考えています。あと、家の前が大通りで2階のリビングにいても下からの視線が気になるのでブラインドも。」
・TVボードと収納
・キッチンカウンターとダイニングテーブル
・ブラインド は、絶対必要!とお話がまとまりました。
まずは大まかなご希望をお伺いし、ご訪問することに。
ご新居で設置場所を確認しながら細かくお打ち合わせをしました。

1609_02

一番欲しかったのは収納との事だったのですが、ご新居を確認すると2階へ上がる階段やお部屋への間口が少し小さめ、大きな家具の搬入には外から吊り上げが必要では?との話になりました。
開口が大きく取れ、収納家具の搬入口になりそうなるダイニング側の窓の外にはウッドデッキがあり、目隠しの壁も立っているので吊り上げて、大きな家具を搬入すにもちょっと難しそうです。
なので、まずは搬入経路の確認をしながら家具のお話をし、プランニンを作成してご提案する事になりました。

お届けはまずはブラインドから。
2階のリビングダイニングは大通りに面していて、下からの視線がきになるとの事でしたので、ハンターダグラスの『DUETTE』トップダウンボトムアップをおすすめしました。

140529_121

トップダウンボトムアップはブラインド上部を下へ下げることが出来るので、下からの視線をさけ、日の光を室内に取り入れることができます。

1609_002

デュエットシェードは断面がハニカム(蜂の巣)構造になっています。
このハニカムが窓と部屋の間に空気の層を作り断熱材の役割をしてくれるので、冬は暖かく夏は涼しく、お部屋の温度を快適に保ってくれます。

次はダイニング。
テーブルはお子様が小さい間はここでお絵かきやお勉強までこなせるようにと、奥様の憧れだったという大きめサイズのダイニングテーブルです。
樹種はウォールナット材かチェリー材でお薦めしましたが、家具はお部屋の雰囲気に合わせチェリー材でお届けしています!

1609_05

日を改めてカウンター収納をお届けしましたが、このカウンターはキッチンとダイニングの間仕切りの役割も兼ねています。
ダイニング側から見たカウンター収納は、テーブルと一体になるようデザインしています。
普段はダイニングテーブルをカウンターに入れ込んで使いますますが、その時のテーブル長さは1400mm。
お客様が来た時にはカウンターから引き出せば長さ1660mmに。
カウンターと平行に置いても無理なく使えるサイズです。

1609_06

カウンターは、キッチン側とダイニング側とで仕様を変えています。
キッチン側は調味料などを収納するための可動棚と、炊飯器を収納するためのスライドトレーと移設コンセントを設置しています。

1609_07

その後、TVボードとサイドボードを。

1609_02

壁に合わせ真ん中から半分はTVボードです。
TVボードは高さ500mm、サイドボードは収納力を持たせるため窓下の高さ850mmに。

1609_03

サイドボードの壁側の一部には、ガラスの扉をつけて目線の高さに見せる収納部分をつくりました。

1609_08

お届けは、まずブラインド、ダイニングテーブルを先にお届けし、後日、カウンター、TVボード・サイドボードとお届けしました。
ご主人は毎回嬉しそうに届けを見ていてくださいました!

「実は納品直後に妻の誕生日があるんです。3rdの家具をとても楽しみにしているので、何かプレゼントできるような小物ありませんか?」とご相談いただきました。
そこでY様のご自宅で家具と一緒に時を刻むものとして、工場長デザインの1枚板を加工した3rdオリジナルの時計をプレゼント!
このサプライズに奥様にもとっても喜んでいただきました!

1609_09

後日、「ありがとうございました!家具も時計もとっても気に入ってます!」と嬉しいお礼のご連絡をいただきました♪
お部屋もすっかり落ち着いた頃でしょうか?
お近くにお越しの際には、ぜひ遊びにいらしてくださいね!

Y様、ありがとうございました!!
【TVボード&サイドボード W4410×D500×H500/850/2385】
【キッチンカウンター収納 W1800×D450×H1000】
【ダイニングテーブル W1660×D810】

たまプラーザ店

2016.04.03

S邸 カウンター下収納、ソファ、リビングテーブル、椅子、照明 お届け

半年後にお引越しが決まっていたS様。
「カウンター下に収納を考えているんです。」とご来店になりました。

2450_06

以前、お届けした写真をみていただきならがお話をお伺いすると、奥様は「絵本やファイルが入れられる収納で、カウンター前にダイニングテーブルを置くので引き戸がいいかな。」と、カウンター下収納のおおまかなイメージはすぐに決まりました。

2450_010

「今、座卓のテーブルを使っているんですが、子供が大きくなってきたのでこの機会に椅子の生活に切り替えようと思ってもいるんです。この椅子もソファも素敵ですね~。」と、お話がはずみました。
店内の椅子やソファを座り比べていただき、収納の他にもダイニングチェアとソファも考えているとの事でしたので、トータルでプランのご提案いたしますのでご検討してみませんか?とお薦めしました。

お手持ちの家具でお引越し後もお使いになるのがダイニングテーブルとTVボードとの事でしたので、サイズをお伺いしお部屋の図面をいただきプランをご提案。

2450_011

お届けしたのがこちらです!
カウンター下収納は奥様がご希望だった引き戸で、絵本やファイルがたっぷり収められる収納になりました。

2450_05

カウンター天板の出幅に合わせた収納部には小物などを入れるのに便利なBOXが2つ。

2450_03

下段は絵本や書類がしっかり収納できるよう、カンター出幅より深くなっています。
高さはダイニングテーブルと合わせ、テーブルをぴったりつけると一体感が出るようデザインしています。
樹種はテーブルに合わせたウォルナット材で!

2450_01

椅子は座り心地を気に入っていただいた『Cervo(セルボ)チェア』を。
『セルボチェア』は座面に布バネのダイメトロールを使用しているので、お尻あたりが柔らかく、長い時間座っていても疲れにくい椅子です。
特徴的な脚のデザインとゆったりしたサイズが人気なんです!

お子様用には『UPRIGHT(アップライト)』を。
『アップライト』は成長するお子さまの姿勢を一番に考えた、大人になるまで座っていただける椅子です。
腰と背中をしっかり支え、背骨がきれいにS字カーブを描くように、3つの曲線を組み合わせた背もたれがポイント。
座面、足台の高さも成長に合わせてネジグリップで簡単に細かく調節できるので、とっても使いやすく勉強机にも活躍してくれる、今大人気のお子様用の椅子です。

『セルボチェア』はテーブルと合わせてウォルナット材を選ばれ、『アップライト』はお子様用なので明るめのナチュラル色に赤い座面カバーで合わせました!

2450_02

ソファも座り心地とデザインで『LATTICE(ラティス)』を選ばれました。
サイズは生活動線の事を考えて2Pに。

2450_08

『ラティス』はフレームがスッキリとした細身の木枠でできているので、2Pでもゆったりとした広さが人気のソファです。
座面には体圧分散素材「レスピール」という新素材を使用しています。
レスピールは体のラインに合わせて形状を変化させ、最適な形で安定し、抜群のサポート力を発揮します。
体にかかる圧力を効率よく分散することで、部分的な圧迫を緩和し、長時間座っていても疲れにくい特性があります。

4

背クッションには「シリコンポラック」という、軽くて柔らか、弾力性に富みへたりが少ない素材を使用しています。
「シリコンポラック」は通気性も良く、羽毛に比べ復元力があり、ご家庭で丸洗いもできるのでクッション材としては最適な新素材なのです!

ここまでが最初のご契約でした。
後日「ダイニングとリビング用に照明もお願いできますか?」「玄関にちょっとしたコート掛けみたいなものがあると便利なんだけど。。。」「子供が小さいので洗い替え用にソファの替えカバーも必要かなと。あと、ソファの前に置くリビングテーブルやっぱり、あれがいいかなと思って。」と、いろいろとご相談をいただきました!

2450_09

照明は、リビング側にはガラスを透過して優しく光るシーリングライトを。
ダイニング側にはテーブルの上に照明位置が来るようにライティングレールを取り付け、ペンダント照明とスポットライトを合わせています。
ライティングレールはスライド式で90度回転させることもできるので、ダイニングテーブルをカウンターと平行に置いた時でも、ペンダント照明をテーブル位置に合わせる事ができます。

2450_002

玄関横の壁には『PIANO(ピアノ)』という、デンマークの家具ブランドの壁付けコート掛けを。
ピアノの鍵盤のようなデザインの『ピアノ』は、コートを掛けないときはフックを畳んでおけて「おそらく世界で最も薄いコート掛け」と言われる、すっきりとしたデザインのコート掛けです。
以前のお届けの写真を見た奥様にとっても気に入っていただき、お届けとなりました!

2450_001

ご新居へのお引越しと家具のお届けを楽しみに待っていてくださったS様。
新しい家と家具の使い心地にも、もう馴染んだ頃でしょうか?

お近くにお越しの際には是非、遊びにお立ち寄りくださいね!
S様、ありがとうございました!

【カウンター下収納 W2400×D350×H810】
【Sofa LATTICE 2P W1760×D800×H640】
【Cervo チェア W510×D570×H750】
【UPRIGHT W460×D550×830】
【HELLA living table W1000×D400×H250】

東戸塚店

2016.02.13

N邸 カウンター下収納 お届け

キッチンのカウンター下に収納を探していたN様。
「奥行きが浅いので市販の物で合うサイズがなくて。」とご来店になりました。

2473_01

壁と壁に挟まれたキッチンカウンター。
お話をお伺いすると「カウンター前にダイニングテーブルを置くので、カウンターから出っ張らせたくないんです!」とのご希望が。
ご自宅がお店の近くだったので、日を改めて実際の場所を見せていただくことになりました。

2473_02

設置場所を見ながら細かく仕様を確認しました。
N様のもう一つのご希望が「目の前がダイニングになるので、中が見えないようにお願いします。」との事でしたので、下の収納部分は扉付きに。
扉を付ける事により奥行きが減ってしまうので、背板を抜いています。

2473_04

上部の引き出しはカウンターの出幅に合わせて、下部の収納は両側の壁に合わせています。

2473_03

素材はカウンターや他の収納と合わせて白のポリエステル化粧合板でおつくりしています。

引き出しの取手は「まるっこくて柔らかいデザインのものがいいです。」と、N様がいろいろとこだわって探してこられたアンティークの取手です!

2473_05

気に入るものが見つかるまでいろいろとお店を探したそうで、柔らかい印象がとってもN様ご夫婦にピッタリでした!

3rdではカウンター下のスペースについてのご相談もよくいただきます。
もし、お悩みの方がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談くださいね!

N様、ありがとうございました ♪♪

【 カウンター下収納 W1370×D255×H1058 】

東戸塚店

2015.12.25

T邸 納戸収納とカウンター下収納 お届け

たまプラーザ店、近くのマンションにお住まいのT様。納戸が使い難くどうにかしたい、食器の収納が足りないのでカウンター下収納を作りたい、とご来店いただきました。001カウンター下収納はお持ちのキッチンボードとイメージを合わせましょうという事でグレーのポリ化粧合板にて製作。カウンター下収納の前にはダイニングテーブルがあるので椅子の引き幅、収納する物など考慮し奥行サイズに気をつかい設計しています。黒の手掛がアクセントになり引き締まった印象になりました。

002

納戸は2カ所ありました。たしかにこのままじゃどうにもこうにも、どう使えばよいでしょう。。。という感じです。オプションで何かしら棚を入れて下さい的な空間でした。写真は引きで取れずわかりにくいので上記図面参照ください。機能性と強度、そしてコスト重視で考えました。素材は白ポリ材でガチャ柱(自由に棚の高さを変えることができる可動棚を設置する際に使用する棚受けレール)を使用しています。来客用の寝具、水のストックなどなど収納します。

004

005

採寸にお伺いした際に、鏡の取り付けもお願いできますか?という事で、お手洗いに鏡も設置させて頂きました!こちらも引きで写真が撮れず分かり難くて申訳ありません。。。。006

設置後、”うれし〜!これでいろいろと片付くわっ!”とご満足頂きました。T様ありがとうございました!!!

 

2015.12.19

K邸 カウンター下収納

HPをみてご来店いただいたK様。
ネット検索でカウンター下収納を検索したところ、3rdがヒットしたのだそうです。

さっそくお話をお伺いしていくことに!
カウンター下のボードに入れたい物としては、
食器類をいれる場所や細かい雑貨をいれる引出しがほしいとのことでした。
3
カウンター下収納で1番悩むのが奥行きです。
とても収納に適した場所ではありますが、カウンターの出幅(約270〜300mm)
に合わせて作ってしまうと、奥行きの内寸がとれないという欠点があるので、
収納するものをある程度決める事が重要になります。

K様は、食器類を入れる事や、横の壁にある食器棚との兼ね合いをみて、
奥行きをカウンターに合わせるのではなく、パイプスペースの柱に合わせることになりました。
5
さらにお部屋のレイアウト、生活スタイルなど細かくヒアリングし、
お部屋のお写真をメールで送っていただいて、後日図面とイメージをご提案し製作させていただきました。
1
ボードの高さは、横にある食器棚の天板の下面に合わせる事をご提案。
食器を入れる部分は、お店の展示で見ていただいたボードのようなカラーガラスにしました。
ガラスの軽さを残しつつも、中の物が見えすぎないので素敵です〜^^

下部は、内寸をより広くとる為に、ダウンステイの扉に。
中にかごをいれて整理すれば、引出しのようにも使用することができます。
4
さらに、小物を入れる場所としてボードとカウンター下の間に小物入れを設置。
内部もウォールナットで仕上げてあるので、
小物入れだけを外に出しておいておいても良いですね。
2
壁の幅ぴったりにおつくりしたのでスッキリおさまりました!

お届け時には、ご夫婦でずっと作業を見守っていただき、
「オーダー家具ってすごいんですね!ちょっとの事で妥協しなくてよかったです!」
と喜んでいただきました!

ガラス戸があることで奥行き感が出て
とても素敵なスペースになったと思います。

また何かありましたらお気軽にお問い合わせ下さいませ。
K様、ありがとうございました!

たまプラーザ店

2015.11.20

Y邸 トータルプラン

5Y様は、3rdオープン当初のお客様。
以前はダイニングセット、ソファ、ボードなど、トータルでご提案させていただきました。
当時のブログがこちら〜!〈2009.1.20 blog

ご自宅の方も落ち着き、奥様がカラーセラピストのお仕事を始めて恵比寿にサロンを開く事になったのだそうで、
今回3rdではカウンセリングルームのトータルコーディネートをご提案することになりました。

Y様のサロンは、その場でお客様のパーソナルカラーや骨格新診断を行い、
それぞれに合ったカラーや骨格に合わせた洋服の選び方等をご提案していくのだそうです。
お部屋でお話しする時間も長いので、お客様がリラックスできる空間にしていきたいですね〜!
とオーナーも気合いをいれて、早速お伺いさせていただきました!

Y様のご要望は、
・ゆったりとカウンセリングするスペースが欲しい事
・自宅で使っているソファ(スクエア)を置きたい
・大きな姿見をいれたい
・座って鏡を見る為の重くない椅子が欲しい。
・窓が大きいため目隠しが欲しい。
と、おおまかなモノは決まっていました。

現場では、採寸も含めて実際にY様にカウンセリングしていただきながら、
必要な家具とサイズを考えていきました。

そして完成したのがこちら!
4
ソファは、Y様がご自宅でも使用しているスクエア!
スクエアは、がっしりとしたデザインが特徴的。
肘も広めにつくられており、飲み物などを置けるサイドテーブル代わりにもなります。
固めでしっかりした座り心地なので、今回の様なサロンや、待合室などにぴったりのソファです。

オープンまで1ヶ月もないというスケジュールでしたので、
一度お貸し出しして使用してみてもらい、そのまま展示品をお届けさせて頂きました。

ソファに合わせて、オットマンも!
オットマンがあると、ソファに座った方と向かい合いながらお話し出来るので、
カウンセリングや打ち合わせなどがしやすくなります。
今回はすこし横長にゆったり座れる仕様にしました。
8
椅子は、重くないものがご希望でしたので、アクリルのエンジェルポップチェアに。
クリアの座面にシルバーの脚で見た目もスッキリで軽いデザインです。
13
大きな窓には、ハンターダグラスのドュエットシェードを取付ました。
140529_121
こちらのブラインドは、トップダウンボトムアップという
上からも下からも高さの調整ができる機能がついているので、
目線の部分だけかくして採光はしっかりと取り入れる事ができます。
隣の建物が近くにある場合などにぴったり◎
140529_13
また、断面が蜂の巣の様なハニカム構造になっていることで、
窓と部屋の間に空気の層を作り、断熱材の役割をしてくれるので、
夏は涼しく、冬は暖かなお部屋を保つ事ができるブラインドです。
10
15
カーテンのように横にたまることも無くすっきり納まるので、
お部屋も広く見えますね!

追加で、オープンボードとラグもご注文いただきました。
63オープンボードは、生地サンプルをいれるもので、生地のサイズに合わせてボードを設計。
テーブルにも使用出来るよう同じサイズで2台おつくりしました。

ラグはドイツのKymoに!
光沢感があり、とっても高級感のあるラグです。
今回はポリエステル製の毛足の長めのものをお届けしました。
しっかり編んであるので、土足でも十分な強度のあるラグですし、
素足で使用しても毛量がたっぷりとあるので安心感があります。
full_7705040e-1d33-4630-9dfc-fa99199403ae

姿見は素材にもこだわりました。
シュミレーションをしながら鏡の適正なサイズをY様とお打ち合わせをし、サイズやデザインを決定。
Y様のサロンは色がキレイに見える事が重要になります。
そこで今回は高透過クリアミラーを使用することに!
通常のクリアミラーと比べてガラス特有の緑色の成分を少なく、
色を忠実に再現できる鏡で、高級ブティックや美容室で使用されています。
9枠を無くし、3cmの面をいれることで重厚感のある鏡になりましたね!

鏡の設置や搬入で深夜までの作業となってしまいましたが、
翌日、お客様にみていただくと、
「イメージ通りです!!!」と大変喜んでいただきました。
2
ゆったりと落ちついたお部屋になりましたね^^
その後問題なくご使用できているでしょうか?

Y様のサロン、Color&Style1116。
ご興味ありましたら、是非お問い合わせしてみてください♪
HPはこちら

Y様、ありがとうござました!
今後ともよろしくお願い致します!

たまプラーザ店

2015.10.23

K邸 カウンター下収納/カップボード お届け

002国立市にお住まいのK様。
ネット検索で3rdのカウンター下収納のブログをみてご来店いただきました。

サイズを測って来ていただいていたので、
カウンター下にいれたい物や、お部屋のレイアウト、雰囲気などを
お伺いしながらデザインを考えていきました。003仕様が決まり、後日お伺いさせていただく事に。
採寸と詳細のお打ち合わせを行い、ご注文をいただきました!

カウンターの出幅が小さかったため、ボード自体の奥行きを大きくし、
カウンターの横にカップボードも製作することに。

2つのボードがちょうど重なってしまうコーナーの部分は、
デッドスペースにならないように、引き戸を開けると置くまで収納出来るようにおつくりしています。001引き戸の木目はブックマッチに。
木目は板の切り方(板目・柾目)、張る方向によってデザインを変えることができます。
今回の様なブックマッチや、矢張り、ダイヤモンドカットなど、、、15それぞれで違った表情がでるのが、木のおもしろいところでもあります^^

ボードもぴったり納まりました!
白い床と壁にウォールナットが映えますね〜

またなにかありましたらご相談下さいませ。
K様、ありがとうございました!

たまプラーザ店

2015.10.11

K邸 カウンター下収納 お届け

カウンター下収納を探してネット検索中に3rdを見つけました。とK様。
「市販のものでぴったり収まるサイズがないので、作ってもらった方がいいかなと思って。」と、ご来店になりました。

お子様が小さいうちはダイニングテーブルが勉強机替わりに。
なので収納棚にはファイルや本の他に、お子様の教科書やノート、おもちゃを収納したいと考えていらっしゃいました。

お部屋の様子などお伺いしてみると、キッチンカウンターの左横には柱があり、柱から壁までの間には凹んだ空間が。
そこには本棚を置いていて、その前にダイニング用のベンチと椅子があるとの事でした。

2391_01

そのため「カウンターの幅から出っ張るとダイニングスペースの邪魔になるので、なるべくカウンターと同じ奥行きのものを。」と考えていらっしゃいました。

しかし、K様のご自宅のカウンターの奥行きは270mm。この奥行きではファイルなどを収納するには十分な収納スペースは確保できません。
そこで、カウンター横の壁の奥行き350mmに合わせ、フルオープンの棚にすればファイルや本も入るようになりますよとご提案しました。

「中に入れるものがたくさんあるので、出来ることなら扉をつけて中は隠したいんです。。。」とK様からご希望が。
それでは一度現場を見ながらお話させてください!と、お願いしお伺いすることになりました。

2391_02

実際の設置場所を見せていただいたところ、やはり壁に合わせても十分な収納力は保てない。。。
見た目もよく、収納力を持たせるためには思い切って奥行きを400mmまで大きくしませんか?とお薦めしました。

2391_03

その際に、カウンターの天板下からすぐに奥行きを400mmに出してしまうと圧迫感が出てしまうので、トレーの様な引出を1段つけてから下段を可動棚の入った収納棚にしませんか?とお薦めしました。

2391_05

さらに、廊下側から入ってきたときの動線の邪魔にならないように角をRにする事をご提案しました。
これで圧迫感はかなり軽減されます。

2391_04

素材も「なるべく、圧迫感を感じないもので。」とのご希望で壁に合わせて白のメラミン材でご提案。

このプランを気に入っていただき、その場でご契約をいただきました!

お届けの時、奥様が
「もっと早くお願いすればよかった~。これで子供もお片付けしてくれるかも!」と、
とっても喜んでいただきました(^-^)。

2391_06

お子様と楽しくお片付け出来ていますでしょうか?
なにかありましたらまたご来店ください!

2391_07

K様 ありがとうございました!

東戸塚店

2015.07.31

K邸 カウンター下収納 お届け

以前、TVボードをお届けしている鎌倉にお住まいのK様。お届けは → こちらから
今回はキッチンのカウンター下収納をご検討でご来店いただきました。

2385_00

カタログやブログを見ていろいろと研究していただいたそうで、おおまかなイメージは決まっていました。
ご希望は
・右端は動線になるので角は丸くして、飾りなど置けるような棚に。
・折りたたみが出来ないランチョンマットの収納スペース。
・ダイニングでCDを聞くのでCDも収納できる場所があったらいいな~。
・グラスやカップを見せて収納できるように。
・ワインがストックできる場所。これが市販ではなかなかなくて。。。お願い出来ますか?
と、ご要望がいろいろありました!

お客様のご希望をかたちにできるのがオーダー家具です!
以前お届けした写真を見ながら、K様の希望をかたちにしていきます。
この過程が楽しめるのも、オーダー家具ならでは!

今までお届けした写真がこちら↓

2385_06

完成したK様のカウンター下収納がこちらです!

2385_03

右側はご希望通り、Rにした可動棚に。
季節のちょっとした飾りをしたり、CDの収納場所としても使えます。
オープン棚なのでCDを並べた時、ジャケットがパッと見えて取り出しも楽ちん♪

真ん中はガラス扉の飾り棚のスペースです。
照明を入れているので、中の棚板は木ではなくガラス板。
照明の光が下まで落ちて、下段に飾ったグラスやカップも綺麗に見せることができます!

2385_04

照明用の配線工事の様子です。

2385_05

飾り棚の左横にワインラック。ボトルが棚の中で転がらないようにボトルホルダがついています♪

2385_07

右端は引き出しです。
この引き出しは、ご希望があったランチョンマットが折らずに入るサイズです!

2385_08

ボードの天板高さはテーブルと同じ高さです。
今はボードとテーブルを離して置いていますが、カウンター側に付けた時にボードの天板高さとテーブルの高さがフラットになるよう設定しています。

でも、この高さにするとボード天板とカウンター下に微妙なスペースが。
引き出しにするには浅すぎるけど、オープンのままにしておくのもちょっと。。。というスペースです。
そこで以前お届けした実例を見て頂き、トレーをおすすめしました。

2385_09

ちょっとした筆記用具や鍵など、カウンターの上に乱雑に置いてしまいがちな細々したものが入れられ、必要なときにさっと取り出せる便利なトレーです!

2385_001

K様のご希望がたっぷりつまったカウンター下収納が出来ました!

2385_012

お届けのとき「壁に飾り棚を付ける事なんて出来ますか?」と新しくご相談をいただきました。
直接壁に取付する場合、壁に固定できる場所と出来ない場所があるので、まずは壁の確認します。
固定できる場所を見つけて、後日、改めて棚を作ってお届けにお伺いしました!

2385_011

初めてお届けにお伺いしたときは「まだ何もそろっていなくって。徐々に揃えて行こうと思っているんです。」と言っていたK様。
新しい家具を少しづつ入れて、住み心地のよい空間に。
TVボードはすっかりお部屋に馴染んでいるようでした!

2385_002

新しい家具が早くK様の生活の一部として馴染んでいきますように。。。

また何かありましたらお気軽にお声掛けくださいね!
K様、ありがとうございました!!

2385_01

【カウンター下収納 W2590×D400×H806】

2385_003

【SLAT BOARD W520×D170×H80
  W750×D170×H80】

東戸塚店

2015.07.18

O邸 サイドボード お届け

oDSC_8025

ご自宅のリビングダイニングにサイドボードを検討されていたO様。
たくさん物が入る収納をご希望のO様は、
高さは腰高の窓に合わせて、幅はダイニングの壁いっぱい、およそ3500mm幅の
大きなサイドボードを作りたいとお考えでした。

しかし、そこには難点がありました。
サイドボードを設置予定のダイニングの壁の右手にはカウンターがあり、
そのカウンター下には作り付けの収納家具が。
カウンターの手前までいっぱいにサイドボードを作ってしまうと、
作り付け収納の扉が開かなくなってしまうんです…。
oDSC_8004-0755この作り付けの収納ですが、O様によると
収納力の面では今ひとつのご様子。
カウンター下に収まるサイズなのであまり奥行きが取れておらず、
入れる物が限られてしまうのだそう。
「このカウンター下の収納、もし取れるものなら取ってしまいたいのですが…」とO様。
「それでは…このカウンター下収納は外してしまいましょう!」

ということで、カウンター下収納の扉の開け閉めを気にする必要がなくなったので
壁いっぱいの幅のサイドボードを製作することに。
ご自宅を拝見し、新しく作るボードのサイズ感やレイアウトなどを
プランニングさせていただきました。

ここでまたしても問題が発生!
外す予定のカウンター下収納の背面の壁には、なんと壁紙が付いていなかったんです。
今回のサイドボードのプランでは、この部分の壁は壁紙が貼られていないと
どうしても目立ってしまいます。

「それなら壁紙を張り替えてはどうでしょうか?」とご提案しましたが、
「う~ん、全体を張り直すことは全然考えてなかったので…」とO様。
部分的に張り替えた場合、近い色の壁紙を探して張ったとしても
やはり微妙に色は変わってしまいます。

一番いい方法は…と考えてO様にご提案したのが、“壁紙の移植”でした。
先日のブログでもお部屋の壁紙の張り替えの様子をご紹介しましたが、
今回行おうと考えているのは、今貼ってある壁紙の一部を剥がして、
他の場所に張り直すという作業です。
「どこまできれいにできるかはお約束しずらいのですが…
サイドボードを設置するところの壁は隠れてしまいますから、ここから壁紙をはがして、
カウンター下収納を外したところの壁に移植しましょう。」
壁紙を剥がしたところは少し色味が違っても遜色ないですから、
代わりの壁紙を張っておきましょう。」
「そんなことができるんですか?」と驚きのご様子のO様。
「それでは、ぜひやってください!」
という訳で、壁紙の張り替え作業を行いました。
oIMG_0747
作業を行うこと数時間、きれいに張り替えが完了しました!oDSC_8005

壁紙の移植作業を進める一方で、
サイドボードについてもO様と何度か打ち合わせをさせていただき、
製作を進めていました。

O様にお話を伺うと、
・使いやすい高さに、小物を入れる引き出しがほしい。
・奥行きを有効に使いたいので、引き戸がよい。
・背面の壁にコンセントがあるので、そこを使いやすく。
・パソコンやプリンタも置きたいので、機能的にデザインしてほしい。
などのご要望がありました。

サイドボードはカウンターに高さを合わせ、
下の収納を外して空いたスペースも有効活用できるように、
引き出して使う取っ手付きのワゴンを作ることになりました。
oDSC_8022-8036
O様のご要望に応えるサイドボードのイメージスケッチがこちら!o-sbd-imageサイドボードの上部は小物が整理できるよう引き出し6杯を付け、
下部の4枚の引き戸の中は稼働棚。
向かって左側はパソコンスペースにするため、
キーボードなどを収納できるスライドトレーを、
引き戸の中にもプリンターを入れる為にスライドトレーを設置します。
oDSC_8026

図面とともにスケッチをご確認いただくと、
「すごい、、私が欲しいと思っている収納のイメージが網羅されています。
ぜひこれで作ってください!」とO様。
それから約1ヶ月後、完成したサイドボードをお届けに伺いました。
oDSC_8012

デザインに個性を出したいというO様のリクエストもあり、
真ん中2枚の引き戸の木目は「矢張り」という張り方でデザイン性を加えています!
oDSC_8015O様からは
「イメージ以上のものができました!ありがとうございます。」
とのお言葉までいただき、私たちもうれしい限りです^^

そして、採寸や配送などでO様のご自宅に伺うたびに
奥様が手作りのお菓子と美味しい紅茶を入れてくださいました。
作業に伺った人たちは、みんな大喜び♪
本当にありがとうございました。

oDSC_8033壁にぴったり収まったサイドボード、これからたくさん活躍してくれそうな予感です♬
チェリー材のやさしい色合いもO様のダイニングの雰囲気に合っています。
色の経年変化も楽しんでいってくださいね!

たまプラーザ店

2014.06.10

K邸サイドボード納品

始めはメールでの問い合わせからで、カウンター下収納を探されていたKさま。
ご自分で図面を書いてきてくれたご主人!
実はご主人、無垢の樹がとてもお好きで、自ら板矧ぎしたりガーデン用のテーブルまで
作ってしまうほどの腕前!!!鉋の仕込みなども出来ちゃいます!
3rdスタッフも自然と『すごい!』って言っちゃいました。

そんなKさまに気に入って頂いたのが、たまプラーザ店に展示しているこちらのサイドボード。
img_board_1
このサイドボードのデザインをベースにKさま仕様にサイズをアレンジし設計しました。
幅が3100㎜ × 奥行350㎜ × 高さが1000㎜と大きく、収能力たっぷりです。
そして、このサイドボードに合わせて吊棚も製作させて頂くことに!
【特注サイドボード】
【Walnut】
【W3100 × D350 × H1000】
001
吊棚は圧迫感を軽減する為ガラス扉に。
上部はカーテンボックスに干渉してしまうため為、収納部を分け引戸の仕様にしています。
【特注吊棚】
【Walnut】
【W1300 × D350 × H1000】
0101
そして、もう一つご主人から奥様の為にとキッチンボードも作らせて頂きました!
シルバーのゴミ箱は、3rdでご提案したものを気に入っていただいたので、
このゴミ箱の大きさに合わせたキッチンボードの台を基に、
ペットボトルやキッチン用具を収納できるボックスを設けました!
【特注キッチンボード】
【Walnut】
【W600 × D450 × H1500】
0201
自然とお部屋に馴染んだ雰囲気の3rdの家具。
収まった感じがK邸にぴったりで、その家具を眺めているKさまの嬉しそうな顔が
とても印象的でした。

そして、家具が大好きなご主人さまから、

『新しい家族ができたみたいでうれしい♪』 

と言って頂けたのが本当に嬉しかったのを覚えています。
Kさま、その後の新しい家族とはいかがお過ごしでしょうか?
引き続き3rdの家具達もよろしくお願い致します。

Kさま、ありがとうございました。

たまプラーザ店

2014.04.28

S邸 カウンター下収納/ブックボード お届け

12駅ビラをみてご来店してくださったS様。
本棚と、カウンター下収納をお探しでした。

お話をお聞きしていると、S様が一番心配していたのが耐震面。
「今使っている本棚は突っ張り棒で支えているから、何かあった時にとても不安なんです。」
ということでした。

3rdの家具は、基本的には置き家具です。
台輪の中にアジャスターを入れているので、家具を水平に保つことができ、
家具が後ろの壁にピッタリと付くようになることで耐震性も高くなります。
14お引越しの可能性がある方や、マンションなどの共有壁に家具を置きたい場合におススメ。
戸建のご自宅や共有壁でない場合は、壁に打ち込むことも可能なのでお客様のご要望に合わせておつくりしていきます。

M様は、ご希望のサイズや入れたいものがほぼ決まっていたので、
これまでの納品写真をみていきながら一緒にデザインを固めていきました。
その日は検討されるという事でご帰宅されましたが、後日再来店頂き
ブックボードとカウンター下収納のご契約となりました。

後日現調をさせて頂きサイズや仕様の確認を行い、お届けさせて頂きました!

3rdでは、お届けに直接職人がお伺いして設置していきます。
今回はM様のご要望により、カウンター下収納とブックボードどちらも壁に打ち付けることに。
壁に釘を打ち込める場所をさがし、固定しました。

そして、家具が収まったところでフィラー作業を行っていきます。
フィラー作業とは、家具と壁との間にある隙間を埋めていくことです。
家の壁や天井はきっちりと水平垂直が出ているわけではないので、
壁いっぱいに家具を作る場合、ぴったりのサイズでつくってしまうと家具が入らない可能性があります。
その為、あらかじめ10mmほどの余裕をもって製作しますが、これでは隙間ができてしいますね。。。12その隙間を、写真のように職人が現場で板を隙間に合わせて微調整しながら切り出してピッタリと埋めていきます!37こういった職人の現場での微調整があってこそ、きっちりとした納まりになるのです!

朝から作業をはじめて、終了したのは夕方。。。
そして完成したのがこちら!!!
【カウンター下収納:W2040.D250.H880/Cherry】
6材質は、カウンターの色味にあわせてチェリーに。
出来立ては写真のように白っぽいですが、時間が経つごとに色味が濃くなり、きれいな飴色になってきます。
もともとのカウンターの角が丸くアールがとられていたので、下の収納も合わせて角をアールにして製作。8角はゴミ箱を置く為、オープンにしましたが、
「なるべく収納するものを隠したい!」というご要望で、全面扉式にしました。

カウンターと家具の隙間もなくピッタリです!

【ブックボード:W1350.D450.H2360/Cherry】
5こちらも材質は、周りの家具の色味に合わせてチェリー材に。
天井までいっぱいにおつくりしました。
9扉の中は可動棚になっているので、文庫本やハードカバーなどのサイズに合わせて棚の位置を変えることができます。
隣にあるデスク側に移設コンセントを設置したのでコードの取り回しも楽になりました。
たくさん本が並んでいたS様のお家。これでスッキリと安心して収納できますね(^_^)

立会してくださった奥様は、
「さすがですね!もとからあったみたい!最初からこういう家具にすればよかったわ~」
ととても感心していたのが印象的でした。

使い心地はいかがでしょうか?
また何かございましたらお気軽にご相談ください!

S様、ありがとうございました!

たまプラーザ店

2014.03.16

W邸 sofa・リビングテーブル・デスク下収納・ベンチ・小物ラック お届け

3rdがオープンして間もなくからお付き合い頂いているW様。

ご自身で開業されたクリニック用にカウンター、待ち合いソファ、等々。
様々な家具を製作させていただきました。

140314_01

3rdのブログでも度々ご紹介させていただいています!

スタッフルーム ダイニングテーブル・ソファ お届け

クリニック 受付カウンター お届け

クリニック 待ち合いロビーへ お届け

クリニック 待ち合い 一式 お届け

今回は追加で、ベンチと小物ラックをお届けしました。

レントゲン室前の通路に今までは椅子1脚を置いていましたが、
待っている間、患者さんが横にもなれるよう、ベンチを設置。

【bench / w1100×d420×h420 / walnat】
140314_02

小物ラックは、机の形状にあわせて製作しました。

【小物ラック / w700×d180×h250 / ホワイトポリ合板・ステンレス】
140314_03

また、今回はご自宅の方の家具もご依頼をいただきました。

本当に忙しいW様。素敵なご自宅がありながら中々ゆっくり出来ないそうです。。。
座って眠れるくらいの楽なソファが欲しいとの事。
オープン当初からいろいろなソファに座ってもらった結果、
W様のお気に入りは、至福の座り心地の木枠ソファ「innocence」です

140314_04

幅広のフレームが高級感を醸し出しております (^^)

ソファの種類は決まったものの、Shopではイメージが湧きづらいとのことで、
今まで、何度となくお会いしてきたW様ですが、初めてご自宅へお伺いしました。
ソファの実物を持ち込んで、レイアウトを実際に動かしながら検討です。
結果、定番サイズより大きめのゆったりサイズで製作する事に。
ご主人が横になることが多いということで、奥様用に一人掛けも合わせてお届けです。

【sofa innocence特注サイズ / w2240×d900×h800 / walnut】
【sofa innocence1P / w940×d900×h800 / walnut】
【living table / w1400×d700×h380 / walnut】
140314_05

樹種は、ウォルナットに。
合わせてリビングテーブルもお届けしました。
ここでものを書いたりも出来るように大きめでシンプルな形状です。

既存の天板にあわせて、収納もお届けしました。
天板下は奥行きがあったので、脚を入れるスペースをしっかり確保しつつ、
収納を製作することができました!

【デスク下収納 / w1680×d780×h700 / walnut】
140314_06

140314_08

右端は柱のでている形状だったため、ワゴンを追加して、スペースを有効利用しました。
移動できるので奥の引き戸の出し入れの際も、邪魔にならないですし、作業時は手元に置いておけます。

140314_07

お届けの際、お忙しい中、お部屋にいらっしゃったW様。
「イメージ通りだよ。ありがとう!」
と喜んでいただけました。

W様、いつもありがとうございます。
今後とも宜しくおねがいいたします!

たまプラーザ店

2013.08.13

I邸 ダイニングセット 特注壁面収納 MAミラー リビングテーブル カウンター下収納 デスクセット 

全体
今回は、トータルでご提案したI様をご紹介します。

マンションへのお引っ越しを期にご来店されたI様。
今まで使用していた家具は持ち込まずに新しい家具の購入をお考えで、
「まずはリビングダイニングから揃えていきたいんです!」と、ご相談いただきました。

お話ししていくにつれ、3rdのオーダー家具における製作の仕方やお客様へのご提案方法を気に入っていただき、
「モデルルームを一緒に見てもらえませんか?」とのご依頼を頂き、その日の内に見に行くことに!

実際に住む間取りをモデルルームで確認しながら、ダイニングテーブ・TVボードのご要望をお聞きし、
イメージをおつくりした上で後日ご提案することになりました。

それから1週間。
さっそくご来店頂き、お店の家具もみながらプランをご提案です。

そしてお気に入りいただいたのが、定番人気のブリステーブル。
ダイニング
ブリステーブルは、80mm角の脚が四隅に付き、テーブル下のスペースにゆとりがもてるテーブルです。
厚みのある天板は、無垢材の魅力をしっかりと伝えてくれます。
サイズは導線をジャマしないようにお部屋の大きさにに合わせた、w1500 × d850 × h700 に決定。

テーブルに合う椅子として、3rdではオープン当初からご紹介している2031チェアをお気に入りいただき、
ダイニングセットが決まりました。

次は壁面収納のご提案。
下がり壁の場所にエアコンを設置するので、それをよけて天袋を付けたいとのご要望でした。

そんな要望にもお応えできるのがオーダー家具の良い所でもあります!!

天袋は収納と飾り棚。
壁面
飾り棚のガラス部分はフレームをなくしよりシンプルになデザインにし、
お部屋に圧迫感が出ないように工夫しました。

天袋の下はTVボード。
TVボードの天板に照明を設置しまして壁を照らすことで、お部屋に広がりをもたせました!
TVボード2
TVボードの横に、腰高の棚もほしい!
カーテンにかからないように奥行を小さくしたL字型の棚を設置し、
細かいものも収納できるよう引き出しを付けました。

さらに、その日ご一緒に来ていたI様夫妻のお母様が、
お店でお客様用にお出ししているカップに一目惚れ!
陶遊さんカップ
このカップは、たまプラーザ店近くの陶器屋さんで3rd仕様に作っていただいたオリジナルカップなんです。
とても気に入っていただき、ご購入いただきました。

そして、マンションの内覧会にもお邪魔し、細かい打合せ。

ご契約頂いているプランニングを確認していただきました。
すると、「奥様から、ダイニングの壁に鏡を掛けたい!」
とのこと。
鏡
奥様は、以前からお店で展示品している鏡をとても気に入ってくださっていたので、
その鏡をお届けすることになりました。

また、既存のソファの前に置くリビングテーブルとしてハッシュテーブルをご提案。
ハッシュ2
ハッシュテーブルは、さまざまな形のガラスタイルを埋め込んでおり、お部屋のアクセントにもなります。

これで、リビングダイニングのセットが全て決定!

「あとは3rdさんにおまかせします!」
と言っていただき、私たちも張り切って製作!

リビングダイニングがシンプルかつ統一感のある、素敵な空間となりました。

納品後も、近くを通ると立ち寄ってくださっていたI様。
ある日、お電話があり、
「引っ越しが落ち着き、必要になった家具があるのですが、、、」
と、ご相談をいただきました。

まずは、奥様ご希望のカウンター下収納!

ご要望として、
・カウンターと同色に
・A4サイズの入る引き出し
・扉があること
・壁の幅に収まるように

採寸してみると、カウンターの奥行は250mmで、A4サイズを入れるには、
通常の構造では入らないことが発覚、、、!

そこで、背板をギリギリまで外に出し、内寸を広くとることができました。
カウンター
A4サイズも収納することができ、スッキリとしたデザインの、
奥様のイメージにピッタリな収納家具が出来上がりました!

そしてご主人のご要望はデスク!
デスク2
寝室にゆっくり本が読めるようなデスクが欲しいとの事。
チェアとデスク下にはキャスター付きワゴンもお付けしてデスクセットをおつくりすることになりました。
デスクはシンプルですが、移設コンセントを設置しより使いやすいよう工夫しました。
チェアはデスクにあわせてシンプルなデザインに。

細かく採寸し、限られたスペースにピッタリ収まるデスクセットに
仕上がり、ご主人にもご満足していただけたようでよかったです!

I様が最初にご来店されてから約半年、、、、

「ようやくイメージしていた家具が揃いました!トータルで非常にいいものが出来ました!」
と、嬉しいお言葉をいただきました。

またいつでもご相談ください!

おまちしております!

I様ありがとうございました。

たまプラーザ店

2013.06.23

H邸 壁面収納 etc…お届け&リフォーム

0001

今から約1年前にご来店してくれたH様。
新築マンションにご入居予定のH様は、壁面収納、カウンター下収納、デスクなどをご検討中でした。
お話していく中で、3rdの家具の仕上がりの丁寧さや、オーダー家具ならではの、
デザインの自由度の高さを気に入って下さり、ご依頼をいただきました!!

まず始めにご紹介するのは、壁面収納です。
H様のお宅の壁の形状はなかなか複雑なかたちです。天井の梁が段差になっていて、左側の柱の奥は窪みがあります。

130621_01-服部様

そこでお客様からのご要望で、左端には大きな扉を取付け、窪み部分を棚にしました。
扉を開き、左を向いて棚を使う形状になっています。
右上の梁の部分も家具に段差をつけて、しっかり壁の形状に合わせてつくっています。
棚の中間部分は、ガラス扉にして照明を入れ、飾り棚のスペースになっています。
こういった空間の抜けている部分を、収納の間に組み込むことで、家具の圧迫感が軽減され
壁面いっぱいの収納でも見た目に重たくならないようにしています。
壁の凸凹に家具をいれたのでフラットな印象になり、すっきりした仕上がりに!

 

0002

h_002

左下の写真は、壁面の一番上、天井の梁の部分です。
壁いっぱいに家具を作る場合、ぴったりのサイズでつくってしまうと、家の壁や天井は、
きっちりと水平垂直が出ている訳ではないので、家具が入らない可能性があります。
そのため、あらかじめ10mmほどの余裕をもって製作します。しかし、これでは隙間ができてしまう…
この家具と壁との間にある隙間を埋める作業をフィラー作業と言います。家具を納めた後に職人が現場作業で、
板を隙間に合わせて微調整しながら切り出して、家具と壁の間をぴったりと埋めていきます!
こういった職人の現場での微調整があってこその、このきっちりとした納まりなんです。
この作業を終始見て下さっていたご主人も、この職人の仕事ぶりにびっくりされていました!
そして、右下の写真をご覧下さい!家具をつくる場合、事前に現場にお伺いして、
壁サイズ・コンセント位置・巾木サイズ等を採寸し、図面化していくので、写真にあるように
コンセント位置に開口をして、巾木分をよけるように製作することができます。
これによって、家具を壁ギリギリまで近づけることができるんです!既製品では不可能な、
オーダー家具ならではの仕様です!
さらに家具の外側にコンセントを移設して、掃除機等の使い勝手もばっちりです!

0003

0010

 

カウンター下収納もぴったり納まりました!もともとの打ち合わせでは、この半分の幅でご提案していました。
しかし実際に内覧にお伺いして、ここは壁いっぱいでつくった方が、良くなりそうと判断し、こちらのサイズに変更!
壁いっぱいにした事で、見栄えも収納力も格段に良くなりました!
ご主人のお好きな焼酎もこの中に納めるそうです!新居での晩酌が楽しみですね〜。

0004

0006

デスクは、なるべくシンプルに。また、お手持ちのカウンタースツールと合わせるために、通常より高さの高いものに!

0005

H邸では、壁紙などのリフォームもさせて頂きました!
3rdは家具だけではないんです。ちょっとした小物もあれば、照明やウッドデッキ、リフォームまでやっています!

0011

こちらは、玄関の様子です。
玄関にはエコカラットを貼り、姿見を取付け。廊下には腰壁の柄の壁紙をはりました。
エコカラットとは、内装用のタイルで、表面に細かい孔を持っています。
そのため、家の中の湿度に合わせて、湿気を吸ったり出したりして、調節してくれます。
さらに、家の中の嫌な生活臭を吸着したり、ホルムアルデヒドなどの有害な物質をキャッチしてくれたり
という性質のある、優秀な壁材なのです!

0008 0009

こちらは寝室の様子です。

1 壁紙張替えをしました。梁の部分にはピクチャーレールをとりつけて、
  壁に飾るものを上から吊るすことができるようになっています。
  張替えのため、新築のお家の綺麗な壁紙をバリバリはがすのは、中々勇気が必要でした!笑

2 以前のお手持ちのボードをリメイクしたもの。以前のお写真がこちら。

130621_02-服部様

  下の部分はそのままお使いになるとのことで、上下をカットして、面材を貼り、調色してリメイクしました。
  こういった加工ができるのは、工房を持つオーダー家具屋ならではの楽しみです!

3 このような金属製のブラインドフックのお取扱いもしています。帽子や、服をかけるためのフックです。
  ウォルナットで統一されたH様のお宅にアクセントで金属のものがあることで、
  ぐっとモダンな雰囲気になりますね。

下の写真はリビングです。向かって左側の壁は、玄関でもご紹介したエコカラットを貼っています。
ネイビーの壁紙でシックな印象のお部屋になりました。どちらの壁の上にもピクチャーレールが入っています。
この他に、ガラスのフィルム貼りといったこともさせて頂きました。

0007

シックな雰囲気で統一された素敵なお部屋になりました〜!
H様新居でのご生活はいかがでしょうか。
またのご来店、心よりお待ちしております!

渡邉

2013.02.06

01.カウンター下収納

bliss_chair

01.カウンター下収納

サイズ
W:2200 D:220 H:930
価格
¥650,000(税別)

3rdの収納家具は、お客様との対話と空間から必要なサイズ・デザインを作ります。まずは、お気軽にご相談ください。

<進め方>
1. planning
ショップの専門デザイナーがどの様な用途と収納が必要かをヒアリングさせて頂きます。その内容に合わせてデザインのベースをご提案させて頂きます。間取り図やお部屋のお写真をお持ち頂ければ、より具体的なお話が出来ます。

2. 現場採寸
空間に合わせ機能性や耐久性・耐震性を考慮しながらディテールを決めて行きます。

3. 製作
図面で最終確認後 自社工房・協力工房での製作にかかります。

4. 納品
shopスタッフと3rd工房スタッフによる納品を致します。一壁面であれば約1日で現場施工までを完了致します。