オーダー家具の3rd -your life style shop-
2017.02.14

Y邸キッチンカウンターボード_お届け

「ダイニングとキッチンを仕切る家具ができないかと思って…」とご来店頂いたY様。
お悩みであった場所を採寸した間取り図を持ってきてくださっており、そちらを基にお打合せをいたしました。

限られたスペースを有効的に使う事、収納力と機能性、ダイニング側から見た時のデザイン、そしてご予算などをお伺いしてご提案資料を作成!
後日、ご自宅にお伺いし採寸+詳細のお打ち合わせをすることに。

採寸にお伺いすると、冷蔵庫が丸見えにならないような工夫がされておりました。
入れるものに合わせて引出しの内寸や、吊り棚の高さ、吊り棚の背面のデザイン、カウンター天板など細かい仕様を決めていきます。
最終のお打合せが終わり、製作に取り掛からせていただきました!
たくさんのご要望が詰まったカウンターボード、スタッフ一同かなり気合がはいります!!

まずは今まで背面を布で目隠ししていた冷蔵庫!こちらはボックスで囲います。お家の中で組み立てて…

ボックスの中に冷蔵庫を収納!
しっかり収まったら下台と吊棚を連結していきます。

吊り棚を支える鉄のパーツは特注で。冷蔵庫の上のスペースも収納としてしっかり有効活用します!冷蔵庫には入れなくても良い食品類などもここに隠せるととっても便利です♪
キッチンでは意外といろんな家電を使用しますよね。ハンドミキサーや最近ではワッフルを焼く家電なんかもでているようで…!そんなときにコンセントが遠いととても不便…
そこでボックス横に移設のコンセントを!さすが店長、女心わかってます(笑)

調理器具のサイズは様々なので、引出しの内寸も入れる物に合わせ細かく設計しています。

「天板が浮いてる様に見せたい!」と奥様からのご要望にお応えして白い人工大理石の天板に!
暗めのウォールナットに異素材の白が入ると、ぱっと明るくとてもいいアクセントになりますね◎

最後にお持ちのダイニングテーブルを入れて完成!こだわりのたくさん詰まった家具ができました。
細部まで何度もやりとりをさせていただいたのでY様はとても大変だったと思います…しかし!その苦労があったこそできあがった時の感動もひとしお!
「もっとはやく相談すれば良かった~」とY様。
その後キッチンの使い心地はいかがでしょうか。
また是非お店にもご家族で遊びにきていただきたいです^^

【特注キッチンボード_W1760×D750×H2000】

たまプラーザ店

2016.11.05

T邸 カウンター天板,カウンターチェア お届け

ご家族3人でご来店いただいたT様。
お店の雰囲気をとても気に入っていただき「マンションを購入した際に備え付けてあった人工大理石のカウンター天板をウォールナットの無垢板にしてイメージチェンジしたいのですが。」とのご相談をいただきました。

tamadsc_0295%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

「一度、お部屋の雰囲気を見させていただけませんか? 資料を作成した上でご提案させていただきますので。」
そうお伝えして、後日ご自宅にご訪問することになりました。

さっそくカウンターの天板がどのようについているかチェック。

04

天板の付け替えは問題なくできそうです!
天板はご来店時に気に入って頂いたブリステーブルの雰囲気をそのままカウンターにすることにしました。

02

ブリステーブルに使われている天板は無垢材をふんだんに使用し、使い込む事で味わい深い艶が出て来ます。
天板の反り止めには“蟻形追入れ接ぎ”という古来の技法を使っているのが特徴ですが、今回は既存のカウンターに乗せるので、天板裏を彫り込んで、特注反り止め金物を埋め込んでいます。

05

これで反り対策はばっちり!
椅子に座ってゆったりと使えるように、サイズは以前のカウンター天板より奥行きを広く取ることにしました。

001

作業開始です。
まずは人工大理石の天板を外して。。。

002

新しい天板を設置!
もともとの天板との誤差で生まれた隙間はウォールナットの化粧板を取り付けることで美観を損なうことなく、ばっちり隠せました。

003

カウンター下の収納もそのまま生かすことで機能性も問題なし!

カウンターが決まったら、次はカウンターチェアですが。。。
高さ850mmのカウンターに合う既製品はなかなか見つかりません。
ご来店時「ヤードチェア」を大変気に入ってくださっていたT様。

img_chair_yard%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

「ヤードチェア」は3rdオリジナルチェアの4作目。
一見シンプルなデザインですが脚を細く、幕板を厚く、縦と横のラインにメリハリを利かせたデザイン。
後ろから見た時、背もたれの曲線と脚の陰影が美しく映えます。
低めの背もたれは無垢材の削りだしで、腰を優しく支えてくれます。

「ヤードチェアをベースにしたカウンターチェアを作りませんか?」というスタッフの提案にT様も大賛成!
ヤードチェアの持ち味を生かしたカウンターチェアが誕生しました!

004

特注のカウンターとの相性もGOOD!

お子様用のキッズチェア、「アップライト」もカウンターチェアと合わせてレザー張りの特注仕様に。

03

アップライトは工具不要で高さが変えられ、大人になるまで末永くお使いいただける優れもの。
ですがアップライトが対応しているのは一般的なダイニングテーブルの高さ700~750mmまで。
850mmのカウンターに並べるには少し高さが足りません。
さあ困った。。。

しかしこんな時でも柔軟に対応できるのがオーダーメードの何よりの強み。
そもそも子供椅子って設置された場所で使うのが前提であまり動かす必要がないんです。
なので。。。

005

強度を持たせた専用の台を作ってしまいました!

006

小さなお子様も一緒にご家族3人肩を並べて過ごせる快適なカウンターダイニングの完成です!

最初に訪問した際にT様は「自宅のリビングダイニングの使い方とイメージを変えて、もっと機能的にしたいのですが。。。」とお悩みでした。
「今お手持ちの家具でもレイアウトを変えることでだいぶ印象は変わりますよ。」と急遽レイアウトのお話になり、ご提案したプランは当初T様が「ここにソファを置くのは変かな~??」と迷っていた場所でした。

お届けはそれから約2か月後。
レイアウトが変更されたリビングダイニングに家具をお届けしました。
「勧めて頂いたとおりにレイアウトを変えてみました。部屋が広く見えるし、居心地もグッと良くなりました!!」と、とてもご満足いただけました!
家具の設置も完了したT邸は。。。

007

レイアウトも変えたことで、ソファからの見晴らしも最高!
開放感あふれるリビングダイニングになりました!

設置が終わり、帰ろうとしていたちょうどそのとき、奥様からご連絡を受けたご主人様がご帰宅。
お仕事中も、設置工事の進捗具合が気になっていたそうです(笑)。
新しく生まれ変わったリビングルームをご覧になったご主人様より「思っていた以上にすっきりと、イメージ通りのリビングダイニングになりました!また何かあったらよろしくお願いします!!」
と大変うれしいお言葉をいただきました。

是非またご家族3人で遊びに来てくださいね♪
T様ありがとうございました!

【特注カウンター:W1800 D900 H850/ウォールナット】
【特注カウンターチェア:/W400 D430 H720 SH570/ウォールナット】
【特注UPRIGHT高さ増し台:W460 D541 H150/ウォールナット】