オーダー家具の3rd -your life style shop-
2017.04.17

I邸 壁面収納、カウンターボードお届け

お住まいのリビングとキッチンに収納家具を…とたまプラーザ店へご来店下さったI様。
圧迫感のないすっきりとした家具をご要望でした。
お店に展示してある壁面収納をご覧いただき、「こんなのが出来たら素敵ですね!」ということで、I様のライフスタイルに合わせた壁面収納をお作りすることになりました!

実際にご自宅へお伺いさせて頂き、採寸をしながらI様のご要望に合わせてその場でデザインをあげていきました。

エコカラット壁(湿度維持タイル壁)を埋めるのはもったいないので、その部分は中心にシンメトリーのデザインに。梁やパイプスペースなどに干渉しない様気を付けて設計をしていきます。
写真向かって左側にはインターホンがあったので、そちらは隠さずにスペースをあけてあります。
I様はダイニングテーブルからテレビを見られるとの事でしたので、TVボードの高さは通常よりも少し高めのH800設定に。
収納力抜群の仕上がりです!!

家具に開口を設けてコード類の取回しを家具内で完結できるようになっています。

キッチンのカウンターボードには、ゴミ箱や、炊飯器などを見えないように収納するよう設計しました。
わんちゃんを飼っていらっしゃるI様、ドッグフードの収納スペースも設けています!

壁面収納、キッチン収納どちらもお部屋の色に合わせて白のポリ材で制作いたしました。
I様にも大変喜んで下さり、悩んで設計した甲斐があります。
I様、ありがとうございました!!

【特注壁面収納_W3955×D440×H2030】
【特注カウンターボード_W1150×D440×H850】

2017.04.11

Y邸 吊戸棚、サイドボードお届け

マンションへのお引っ越しを機に家具を探してご来店下さったY様。お話しをお伺いすると、Y様のご要望は
・既存のキッチンボードを使いつつ、キッチン回りに収納を増やしたい
・収納と飾り棚にもなるサイドボード
の2点が最重要ポイントとのこと。また、お部屋のレイアウトも気になるとの事でしたので、レイアウトのご提案もさせて頂きました。


現状お使いのキッチンボードに合わせ、上の空いているスペースに吊棚を作りましょうとご提案。
当初、背の高いボードの方はダイニング側へ移動する予定でしたが、どうにも収まりが悪いのでそのままキッチンで使用することに。背の低いボードと隣同士に置いた状態で、上部に吊棚を作り、一体型のキッチンボードになるようにデザインしました!
3rdではインセット(箱の内側に扉)の仕様がベースですが、既存の家具のアウトセット(扉が外側)にデザインを合わせました。既存の家具に合わせられるのもオーダーの強みです!統一感が出て綺麗に収まりました。

こちらは、ダイニング側に置くサイドボード。
圧迫感をなくすために、背板は抜いてあります。お写真などを飾るのに壁の白さを生かすとぐっと明るい印象に!
右側にバスケットを積んで置くとの事でしたので、壁いっぱいにはつくらず空間をあけてあります。

中天板を右のカウンターの高さと合わせる事で、横のラインが通り綺麗にまとまります。

お住いのご自宅に既存家具の採寸に伺ったり、新居の内覧会にお邪魔してお部屋の採寸などをさせて頂き気の抜けない作業が続き店長は一苦労だったそうです。
Y様にぴったりの家具を作る為に何枚も絵を描き、こだわりの家具に仕上がりました!
長く使って頂ける事をスタッフ一同願っております!
Y様ありがとうございました^^

【特注吊戸棚_W1535×D460×H773/330】
【特注サイドボード_W1200×D335×H1400】

2017.04.09

M邸 キッチンボード お届け

「キッチン内に収納を作りたいんだけど、市販のものだとサイズが合わなくて。母の家にはキッチン収納があって、便利でいいな〜と思っていたんだけど、どうにもサイズがね。」と、ご来店になったM様。

オーダーですのでサイズに関しては自由に作れます、お任せください!とお話をし、ご希望の仕様についてお伺いしました。

キッチン内の壁側には段ボールのゴミ箱がならんでいるだけで、スペースがまったく使いこなせていないとの事。
ゴミ箱を収納出来るスペースは絶対必要で、他にはトースターを置くスペースと食品のストック、普段は使わない食器を入れるスペースが欲しいとの事でした。

キッチン内にゴミ箱が収納出来るキッチンボードは、ご相談がとても多くなっています。

M様は「ポイポイって捨てたいので扉や蓋は必要ないです(笑)。ただ、分類を細かくしなくちゃいけないのでゴミ箱5個は必要かな。」
下台はシンプルにゴミ箱スペースになりました。

上台も「扉の開け閉めが面倒なので、扉もなくていいです(笑)。」との事で、食品ストック棚はオープンに、普段使わない食器をしまうところにだけ扉をつけた、シンプルでスッキリとした収納になりました!

素材は壁に合わせて白ポリとメラミン材でおつくりしています。

「これでゴミ箱がスッキリ片付くわ〜(笑)」と、お届けを楽しみにしてくださっていたM様。
使い心地はいかがでしょうか?

ご近所ですので、お散歩がてらまたご来店くださいね。
お待ちしております!
M様、ありがとうございました!

【キッチンボード W1200×D450×H2290】

2017.02.21

M邸 パントリー収納、キッチンボード お届け

以前、ダイニングテーブルと椅子をお届けしているM様。
今回は「うまく使いこなせていない階段下のパントリーを使いやすくしてほしいんです。」とご来店いただきました。

「階段下なので市販の棚を入れるわけにもいかなくて。。。荷持を置いてしまうと、上部がまったく活用できないんです。」とのご相談をいただきました。

階段下の収納があるお家で、時々いただくご相談です。
天井までの高さが一定ではないので、なかなかの悩みどころですよね。

M様のご自宅は階段下とっいっても、高さがきちんと取れる構造だったので。。。

補強用のパネルに壁用フック金物を取付け、可動棚にした十分な収納を確保することができました!

天井高さが違う壁側にも棚を取付。
壁一面が目の高さまでの棚ですが、収納力はグンとアップしました!!

「実はメインは階段下じゃないんです。キッチンボードを新しくしたいと思っていて。。。」とのお話が!
階段下は普段は見えない場所なので、コストも抑えごくシンプルに制作。
キッチンボードは奥様のご希望をたっぷり詰め込んだものをお届けしました!

キッチンボードの天板には何も置きたくないんです。との事で、トースターを収納する場所も確保。
電子レンジは使わないときは扉の中に収納し、使うときは扉を上に引上げて天板下に扉を収納します。

できるだけスッキリと見せるため引き出しや扉はプッシュ式や彫り込んだ手掛にし、収納からはみ出す取手は使用していません。

取手が出っ張っていると、ニットのカーディガンやエプロンが引っ掛かってしまうことってありませんか?
3rdの家具には取手を使う事はあまりありません(ご希望がある場合は対応しますのでご相談くださいね)。
全面がツルンとしているのでひっかかる事もなく、プッシュ式の引き出しや扉はちょっとお行儀が悪いですが両手が塞がっていたり濡れていたりするとき、膝や肘でちょっと押すだけて開いてくれるのでキッチン収納にはとっても便利なんです!

大小様々な食器やカトラリーなど、たっぷり収納できるよう深さを変えた引き出しもついて、奥様のご希望がたっぷり詰まったキッチンボードの完成です!!

M様、使い心地はいかがでしょうか?
お近くに起こしの際には、ぜひまたお立ち寄りくださいね!
ありがとうございました!

【キッチンボード W1800×D550×H850 ホワイトアッシュ】

2017.02.14

Y邸キッチンカウンターボード_お届け

「ダイニングとキッチンを仕切る家具ができないかと思って…」とご来店頂いたY様。
お悩みであった場所を採寸した間取り図を持ってきてくださっており、そちらを基にお打合せをいたしました。

限られたスペースを有効的に使う事、収納力と機能性、ダイニング側から見た時のデザイン、そしてご予算などをお伺いしてご提案資料を作成!
後日、ご自宅にお伺いし採寸+詳細のお打ち合わせをすることに。

採寸にお伺いすると、冷蔵庫が丸見えにならないような工夫がされておりました。
入れるものに合わせて引出しの内寸や、吊り棚の高さ、吊り棚の背面のデザイン、カウンター天板など細かい仕様を決めていきます。
最終のお打合せが終わり、製作に取り掛からせていただきました!
たくさんのご要望が詰まったカウンターボード、スタッフ一同かなり気合がはいります!!

まずは今まで背面を布で目隠ししていた冷蔵庫!こちらはボックスで囲います。お家の中で組み立てて…

ボックスの中に冷蔵庫を収納!
しっかり収まったら下台と吊棚を連結していきます。

吊り棚を支える鉄のパーツは特注で。冷蔵庫の上のスペースも収納としてしっかり有効活用します!冷蔵庫には入れなくても良い食品類などもここに隠せるととっても便利です♪
キッチンでは意外といろんな家電を使用しますよね。ハンドミキサーや最近ではワッフルを焼く家電なんかもでているようで…!そんなときにコンセントが遠いととても不便…
そこでボックス横に移設のコンセントを!さすが店長、女心わかってます(笑)

調理器具のサイズは様々なので、引出しの内寸も入れる物に合わせ細かく設計しています。

「天板が浮いてる様に見せたい!」と奥様からのご要望にお応えして白い人工大理石の天板に!
暗めのウォールナットに異素材の白が入ると、ぱっと明るくとてもいいアクセントになりますね◎

最後にお持ちのダイニングテーブルを入れて完成!こだわりのたくさん詰まった家具ができました。
細部まで何度もやりとりをさせていただいたのでY様はとても大変だったと思います…しかし!その苦労があったこそできあがった時の感動もひとしお!
「もっとはやく相談すれば良かった~」とY様。
その後キッチンの使い心地はいかがでしょうか。
また是非お店にもご家族で遊びにきていただきたいです^^

【特注キッチンボード_W1760×D750×H2000】

たまプラーザ店

2017.02.10

M邸 リフォーム、キッチンボード お届け

「友達のお宅で見た壁面収納がいいなと思って、どこでお願いしたのか聞いてみたら3rdさんだって聞いたの。」とご来店いただいたM様。
最初のご相談は椅子の補修についてでした。

そのお話から「収納が足りなくて困っているんです。」とご相談をいただきました。
お仏壇を納める場所とご主人の本、お子様のオモチャなどの収納場所に困っていたそうです。
リビング横の和室をうまく活用して収納を。と考えていたそうで、一度お伺いしてみる事に。

和室を見せていただくと、収納として押入れがありましたが、中はうまく使いこなせていないご様子。。。
押入れ収納はお布団を使わなくなった今、うまく使いこなせないと時々ご相談いただく事があります。
思い切って押入れは取り壊して、クロゼットとして作り替えてはいかがですか?とお話をすると。。。
壁紙、畳、襖、押入れ、照明を一掃して、和室からリビングから繋がる一つのお部屋にするリフォーム計画へとお話が進みました!

さっそく解体作業から!

和室は入り口の襖や建具を全て撤去。

建具をはがした後はダイニングスペースと似た、新しい壁紙と床材を取付ました。
畳を撤去した床はダイニングの床より一段下がっているので、段差が出ないようレベル合わせをしています。

襖と押入れ、畳のお部屋だったなんて、ちょっと思えない仕上がりです!!

押入れがあった場所はクロゼットとお仏壇の収納場所に。
襖からウォルナットの扉に付け替え、ガラッと雰囲気が変わりました!

照明もシーリングからスポットに変更。
壁を照らすことで光源が直接目に入らず、室内に柔らかな光が灯ります。

「とにかく本が多いんです。」との事で、和室となりの納戸のように使っていた洋室には壁一面の本棚を。
文庫本サイズが多いとの事でしたが、棚は可動式にしているのでお子様の絵本や図鑑、文庫本からハードカバーの本まで、これならたっぷり収納できますね!

ここまでのお届けで「これでやっとスッキリ片付けられそうです!」と嬉しいお言葉をいただきました!

まだ続きが。。。
リフォーム中から、もう一箇所悩んでいるところがあるとお聞きしていました。
完成後「リフォームをお願いしてこんなにイメージ通りにできるならと思って!」と、追加でキッチンボードのご依頼をいただきました!

・ゴミ箱を見せたくないので収納できるように
・炊飯器をそのままどんっと見える場所に置きたくない
・奥にあるストック用の棚に合わせた素材で
というご要望でした。

ご希望をクリアしながらスッキリ納めるために、下台は隣の収納と奥行きを揃えています。

吊り戸棚は隣の収納とデザインを合わせて、扉を少しインセット(側板より少し内側に取付)にしています。
吊戸の下には奥様のご希望で調味料を置ける可愛らしい棚もつけました!

引出しにした収納部は、下段にいくほど深い引出しになっていていますが、フルスライドレールで引出しが全開できるので奥にしまったものも見つけやすく、大鉢の食器やお鍋もたっぷり収納できます!

いつもオーナーの訪問を楽しみに待っていてくれた息子さん!
上手にお片づけできてますか?

お近くですので、またお店にもご来店くださいね!
M様、ありがとうございました!!

【ブックボード W2150×D350×H2130】
【キッチンボード 下台 W1320×D480×H920】
【キッチンボード 上台 W1320×D350×H550】

2016.12.15

O邸 キッチンボード お届け

キッチンボードを探していて。。。とご夫婦でご来店になったO様。
写真とおおまかなサイズをお持ちいただいてご来店されたので、すぐに具体的なプランをご提案。
以前お届けした写真を見ていただきながら、ご希望をかたちにしていきました。

下台はカトラリーや小物を収納する為の引出しと、食品のストックや食器を入れるため、中が可動棚になった収納を。

炊飯器もすっきり収納させたいとの事で、使う時に引き出して使える炊飯器置き場と、O様もゴミ箱の置き場所に悩まれていたので、下台の中にゴミ箱を収納するスペースもご提案しました。
最初のご来店で仕様がほぼ決まり、後日収納する電化製品や実際の設置場所を採寸する為にご自宅にお伺いしました!

今後お引越の可能性もある事を考慮して設計。
家具は壁に打ちつけず、下台と側板で上台を支え自立する仕様にしています。

高さはお届けの時に微調整。
天井から床まで、ぴっったり収まりました!

下台の台輪の中にアジャスターが入っていて、水平を保ちつつ、壁にぴったりつけることができるので耐震性もバッチリです!

「洗い物がサッと置けるように水に強い素材で、少し変わったデザインがいいかな。」とのご希望で、下台の天板は白いタイル張りにしています!

お届けを楽しみにしていただいていたO様。
完成を見て「いいですね。とっても気に入りました!!」と嬉しいお言葉をいただきました!

O様、使い心地はいかがでしょうか?
お近くに起こしの際には、ぜひお立ち寄りくださいね!
ありがとうございました!

【キッチンボード W1270×D350/500×H2150】

たまプラーザ店

2016.12.06

I邸 キッチンボード お届け

「キッチンボードを新しくしたくて。上部に吊り戸棚はあるので、それに合わせた下台だけでいいんですけど。」とご相談をいただいたI様。
設置場所のサイズ、収納するものなど決まっていたので、おおまかな仕様やデザインはすぐにかたちにすることができました。
仕様のお話をし、ほぼご希望のデザインが出来た時「3rdが気になっていて、いつかここで何かお願いしよう!思っていたんです。これでお願いします!」と即決していただきました!

収納したいものは、炊飯器、電子レンジ、トースター、食材のストック場所など。
一度図面に起こし、設置場所の採寸の為に後日改めてご訪問させていただきました。

完成したのがこちら!

t2098_01

炊飯器はご飯を炊く時にはトレーを引き出し、使用しないときはボードの中に収納します。
天板に電子レンジやトースターを置くので、置き場所に迷った炊飯器もしっかり収納することができました。

t2098_05

内部に移設コンセントをつけているので、電源確保もしっかり出来ています!

t2098_03

ゴミ箱もボードの中に収納しています。
キッチンの中でゴミ箱の置き場所って、皆さんの悩み所。
3rdでもご相談いただく事は多いです。

t2098_07

出しっぱなしで見えてしまうのは嫌だけど、見えにくいところに置いてしまうと必要なときに使いづらいし。。。
I様もそんなお悩みがあったため、ゴミ箱もボードの中に収納しました。

t2098_04

キャスター付きのワゴンにしたので、必要なときはサッと引き出してゴミをポイッと捨てられて、
使い終わったらボードの中に収納できるのでキッチンの中はいつでもスッキリ!
ワゴンの取手はキッチン内の建具に合わせたシルバーのものを取付ました。

素材は既存の吊り戸に合わせるためサンプルを何点か取り寄せて、実際の吊戸と合わせて選んだので色味も木目もピッタリにできました!
横幅は壁にピッタリ!オーダー家具ならではです!

t2098_06

お届けを楽しみしていただいていたI様。
使い心地はいかがでしょうか?
またなにかございましたらお気軽にご相談くださいね!

t2098_02

I様、ありがとうございました!!

【キッチンボード W1200×D600×H850】

2016.10.24

K邸 キッチンボード お届け

「冷蔵庫を大きいものに買い替えたので、キッチンの中がなんだか狭くなってしまって。。。レイアウトを替えたいんだけどできるかしら?」とご相談をいただいたK様。
ご近所なので、すぐに現状を見せていただくことになりました。

現場を見せていただきましたが、冷蔵庫の位置を変更するのはちょっと無理がありそう。。。
一度、持ち帰ってプラン考えてみますね。とお話したところ「それなら一緒にカウンターもお願いします。キッチンカウンターが大きすぎて、出入りするのにちょっと邪魔だなと思っているの。なんとかなるかしら?」とご相談をいただきました。

収納力は減らさずに、工事はなるべく最小限で済ませたい。とのご希望を受け、ご提案したのは新たにカウンターを作り直すプランでした。
カウンターは元のものよりも60cm小さくし、収納力を確保するために上部に吊り戸棚を設置します。
これなら冷蔵庫を移動させることもなく、動線をしっかり確保することができます。

素材や色は「個性的でかわいい感じで!」との事で、色のついたポリ合板を材料に使用することになりました。
天板と木口はメープル材にし、配色はパターンをいくつか作りK様に選んでいただきました。

01

仕様が決まり、工事に取り掛かります。
まずは既存のカウンターの撤去からですが、これがなかなか苦労しました(笑)!

0001

カウンターをはずしてみると、フローリングの張っていないむき出しの床が。
「似たような素材で探すよりも、思い切って質感まで変えた方が面白そうね!」との事で、新しい床は石目調のタイル張りを選ばれています。

0002

床が有る場所と無い場所の水平レベルを出すため慎重に下地作り。
接着剤を塗布しタイル張り完了!

004

まずは下台から設置をします。
元々あったカウンターの天板位置に、新しい天板をはめ込みます。
ここは採寸の時、とっても気を使いました(笑)。

0003

新しい天板がぴったりはまり、ほっと一安心!
下台の壁側にはダイニング側に開く扉の中には電源を確保するための配線口が開けてあります。

007

吊り戸棚を支えるため、ブラウンに着色した鉄のパーツをアクセントに入れました。
上部はキッチン側からしか開きませんが、下台はキッチン側とダイニング側の両方から使える仕様にしています。
取り皿やグラスなど、キッチンへ回らなくてもサッと取り出せとっても便利!

005

左:キッチン側から見たところ  右:ダイニング側から見たところ

001

キッチン側にはアクセントに淡い水色を。ダイニング側のアクセントは淡いグリーンのポリ合板を使用しています。

仕上げに吊り棚を固定し、キッチン側には壁との隙間を埋めるためのコーキングをして完了です!

0004

完成を楽しみにしていただいていたK様。
「とっても満足です!」と嬉しいお言葉をいただきました!

また何かございましたらお気軽にご相談くださいね。
K様 ありがとうございました!

008

【キッチンカウンター:下台 W1050×D450×H1100】
【キッチンカウンター:上台 W1050×D350×H450】

たまプラーザ店

003

2016.09.08

Y邸_キャビネット お届け

以前チェアをお買い上げいただいたY様。
「今度は新しい食器棚を探してるんですが耐震性も考えて天井ぴったりに作りたいんです」
とのご相談をいただきました。

しかし、そのためにはいくつかクリアしなければならない難点があったのです。

1

(1)食器棚を置きたい場所に分電盤がある!
(2)さらに!大きなハリがある!
(3)さらにさらに!ダウンライトまである!

「すべての難点をクリアした上で装飾性のあるものにしたいんですが……」とY様。

お任せください!
問題が難しいほど燃え上がるのが我々3rdスタッフです。
アイデアをふり絞り一つひとつ課題をクリアして行きました。

まず天袋の幅を小さめに作り、余裕を持って分電盤の扉を開けられるスペースを確保しました。
そして扉を引き戸にすることで扉が梁に当たってしまうのを防ぎました。

2

3-2

素材はお部屋の色味に合わせてナラに決定!
引手部分のウォールナットがデザインのアクセントになっています。

3

扉の中は可動棚でどんな大きさの食器も対応できます。
カトラリーの出し入れがしやすい様、引き出しは左右の真ん中の位置に作りました。

4

設置の際には職人がダウンライトの位置を移動。
明かりをふさぐことなくすべての難点をクリアしました!

「耐震性の部分もクリアできてこれで安心です。やっぱりオーダー家具ってすごい!」
Y様にも大変喜んでいただけました。

これからどんな食器を入れていただけるのでしょうか?
沢山使っていただけると嬉しいです。

Y様、ありがとうございました。

【特注キャビネット W1000×D450×H2254】

たまプラーザ店

2016.05.10

Y邸 ダイニングテーブル・カウンター収納・TVボード/サイドボード・他 お届け

「急ぎではない予定だった引越が急に来月することに決まって!家具は欲しいんだけど、どこまでオーダーで作ろうか悩んでいるので相談にのってもらえますか?」とご来店になったY様。

1609_01

ご新居は2階にリビングダイニング、1階に水回りと各部屋あるとの事。
図面と写真をいただき、今お使いの家具で持っていくもの、新しく必要なものを整理しました。
ご新居に合わせて「階段を上がってすぐの場所に腰高窓がある大きな壁があるので、そのスペースに合わせたサイズでTVボードと収納を考えています。ダイニングに置くテーブルにはなるべく大きなサイズが希望です。キッチンが壁に向かっていて、収納が何もないので間仕切りを兼ねてカウンターも考えています。あと、家の前が大通りで2階のリビングにいても下からの視線が気になるのでブラインドも。」
・TVボードと収納
・キッチンカウンターとダイニングテーブル
・ブラインド は、絶対必要!とお話がまとまりました。
まずは大まかなご希望をお伺いし、ご訪問することに。
ご新居で設置場所を確認しながら細かくお打ち合わせをしました。

1609_02

一番欲しかったのは収納との事だったのですが、ご新居を確認すると2階へ上がる階段やお部屋への間口が少し小さめ、大きな家具の搬入には外から吊り上げが必要では?との話になりました。
開口が大きく取れ、収納家具の搬入口になりそうなるダイニング側の窓の外にはウッドデッキがあり、目隠しの壁も立っているので吊り上げて、大きな家具を搬入すにもちょっと難しそうです。
なので、まずは搬入経路の確認をしながら家具のお話をし、プランニンを作成してご提案する事になりました。

お届けはまずはブラインドから。
2階のリビングダイニングは大通りに面していて、下からの視線がきになるとの事でしたので、ハンターダグラスの『DUETTE』トップダウンボトムアップをおすすめしました。

140529_121

トップダウンボトムアップはブラインド上部を下へ下げることが出来るので、下からの視線をさけ、日の光を室内に取り入れることができます。

1609_002

デュエットシェードは断面がハニカム(蜂の巣)構造になっています。
このハニカムが窓と部屋の間に空気の層を作り断熱材の役割をしてくれるので、冬は暖かく夏は涼しく、お部屋の温度を快適に保ってくれます。

次はダイニング。
テーブルはお子様が小さい間はここでお絵かきやお勉強までこなせるようにと、奥様の憧れだったという大きめサイズのダイニングテーブルです。
樹種はウォールナット材かチェリー材でお薦めしましたが、家具はお部屋の雰囲気に合わせチェリー材でお届けしています!

1609_05

日を改めてカウンター収納をお届けしましたが、このカウンターはキッチンとダイニングの間仕切りの役割も兼ねています。
ダイニング側から見たカウンター収納は、テーブルと一体になるようデザインしています。
普段はダイニングテーブルをカウンターに入れ込んで使いますますが、その時のテーブル長さは1400mm。
お客様が来た時にはカウンターから引き出せば長さ1660mmに。
カウンターと平行に置いても無理なく使えるサイズです。

1609_06

カウンターは、キッチン側とダイニング側とで仕様を変えています。
キッチン側は調味料などを収納するための可動棚と、炊飯器を収納するためのスライドトレーと移設コンセントを設置しています。

1609_07

その後、TVボードとサイドボードを。

1609_02

壁に合わせ真ん中から半分はTVボードです。
TVボードは高さ500mm、サイドボードは収納力を持たせるため窓下の高さ850mmに。

1609_03

サイドボードの壁側の一部には、ガラスの扉をつけて目線の高さに見せる収納部分をつくりました。

1609_08

お届けは、まずブラインド、ダイニングテーブルを先にお届けし、後日、カウンター、TVボード・サイドボードとお届けしました。
ご主人は毎回嬉しそうに届けを見ていてくださいました!

「実は納品直後に妻の誕生日があるんです。3rdの家具をとても楽しみにしているので、何かプレゼントできるような小物ありませんか?」とご相談いただきました。
そこでY様のご自宅で家具と一緒に時を刻むものとして、工場長デザインの1枚板を加工した3rdオリジナルの時計をプレゼント!
このサプライズに奥様にもとっても喜んでいただきました!

1609_09

後日、「ありがとうございました!家具も時計もとっても気に入ってます!」と嬉しいお礼のご連絡をいただきました♪
お部屋もすっかり落ち着いた頃でしょうか?
お近くにお越しの際には、ぜひ遊びにいらしてくださいね!

Y様、ありがとうございました!!
【TVボード&サイドボード W4410×D500×H500/850/2385】
【キッチンカウンター収納 W1800×D450×H1000】
【ダイニングテーブル W1660×D810】

たまプラーザ店

2015.12.25

T邸 壁面収納 お届け

000
都内のマンションへお引っ越しのT様。壁面収納をご検討でご来店。
マンションのオプション会で提案されたデザインが今ひとつとの事でご相談頂きました。
001

幅4m80cm、迫力の壁面収納です!ご要望はなるべく圧迫感が出ない事、グラス等食器類を収納、ワインセラーを収納、本を面出しで置ける場所が欲しいという事でした。上記を踏まえその場でざっくりデザインを起こし、後日、ラフ図面、パースを作成し再度お時間頂き打ち合せしました。

007

003

圧迫感を軽減するため上段左のスペースは背板を抜き、壁が見える仕様に。全て可動式の棚板にし、本を収納したり飾って頂くスペースです。その下は本を面出しし置けるように。提案段階では8区画に細かくしていたのですが打合せしフリッパー扉を大きく4区画に変更。スッキリしました!

004

008

上段右側はグラスや食器類の収納スペース。中が見えすぎないようガラスにブラウンのフィルムを貼っています。落ち着いた雰囲気になりウォールナットとの相性抜群です。下段はワインセラーを置く場所です。手前にダイニングテーブルがきます。ご提案資料には入ってないですが、筆記用具など文具類や細かいものを入れる場所があると便利ですよ、という事で引出しをご提案。全体的に使い勝手のよい壁面収納が完成しました!ながく使い、大きいものなのでデザインはなるべくミニマルに、棚板の位置や入れるものでアクセントをつけその時々で雰囲気を変えられる事を意識し設計しました。

009

今回、6分割にて家具を製作しました。搬入時、1個1個が大きかった為、お客様は”大きいな、大丈夫かな…”と心配されていましたが壁にびしっと収まると”おお〜、いいですね〜”と喜んでいただけました。T様ありがとうございました。お引っ越しでお店からは遠くなってしまいましたが、またのご来店お待ちしております!

[SIZE:w.4800 x d.450/330 x h.2190] [MATERIAL:ウォールナット突板ウレタン全消し仕上げ]

2015.11.24

K邸 キッチンボード お届け

キッチンボードをお探しでご来店頂いた青葉区のK様。

まずは店内の家具を見て頂きながら作り方や素材、仕上げ等のご説明。
その後、ご要望をお伺いしました。
K様のご希望は
・レンジ、炊飯器、ホームベーカリーなどのキッチン家電を置くスペース。
・縦長の米びつとゴミ箱が入るスペース。
・食器や乾物等の収納スペース。
を確保することでした。

お伺いしたご要望をふまえてその場でラフイメージを作成。
後日、採寸も含めて図面、スケッチ、素材サンプルを持って訪問させていただきました。
実際の置き場所と収納したい物など確認し、詳細をお打ち合わせ。
『イメージ通りの使いやすそうなキッチンボードができそう!』とご注文いただきました!

それから、製作期間を経てお届けです!
こちらのスペースに吊り戸とキッチンボードを設置します。

DSC_0590

まずは吊り戸から!
吊り戸は向かいにあるキッチンの吊棚と合わせて白のポリメラミン材で製作。

3rdではお届け、設置までを職人、ショップスタッフで行います。
ベニヤ材を壁に取り付け、水平垂直を確認しながら家具を箱の内側からビスで固定します。

000

こちらの吊り戸はお客様のご要望で耐震ラッチをつけました。
揺れると扉にロックが掛かり、揺れがおさまるとロックが解除されるものです。

004

そして下台の設置です!
腰高位置にカトラリーを入れる浅めの引出し、左下の空間に米びつとゴミ箱が入るように設計しています。
右下は食器類を収納します。
向かい側がシンクなので開扉だと扉が邪魔になるので、引き違い扉にしています。

005

建具や他の家具に合わせて素材はメープル材で製作。

006

きっちりとおさまり完成しました!
「素材感もぴったりでとても使いやすそう!」と喜んでいただけました。

001

K様ありがとうございました!
また何かありましたらお気軽にご来店下さい。
スタッフ一同心よりお待ちしています♪

【吊り戸:w1600×D350×H570/ポリ】
【下台:w1600×D450×H870/メープル突板】

たまプラーザ店

2015.03.19

K邸 リビングダイニング

K邸 リビングダイニング -2016-

カウンターパネル

キッチンボード




K邸 リビングダイニング -2014-

K_046
K_044
K_043
K_042

◎ダイニングスペース(※写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)

K_011-2 K_010 K_011
K_045 K_012 K_016
K_003 K_001 K_002

 
◎バーコーナー&リビングスペース(※写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
  <バーコーナー作業風景>

K_054 K_055 K_057
K_058 K_050 K_051
K_059 K_060 K_004

K_040 K_015 K_041
K_014 K_005 K_013
K_022 K_008 K_017

 
◎テラス
K_021
(※写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)

K_019 K_020 K_030
2015.02.02

S邸 キッチンボード お届け

お引っ越しが落ち着いて来て、そろそろキッチンもすっきり片付けたいと考えてご来店になったS様。
スチールラックを使っているので、それをやめてきちんとした収納にしたいと考えていらっしゃいました。

図面を確認しながら、冷蔵庫のサイズや食器棚のサイズなどお伺いし、奥様のご希望をお伺いしました。
「ちょっとした調理台にも使いたいんです。圧迫感も出ないようにしてほしいな。」との事でしたので
壁いっぱいにはつくらず、上には吊り戸棚、下にはキッチンカウンターに合わせた収納をご提案しました。

H2258_01

調理台としても使うので天板の素材にこだわって、キッチンカウンターに合わせた人工大理石を使用しています。
人工大理石はカラーバリエーションも豊富。

H2258_08

汚れがつきにくく、見た目が美しい高級感のある素材です!

H2258_01

天板にはコンセントではなく延長コードが使えるようにしてほしいとのご希望でしたので、
コードを出す為の欠込みをいれています。

H2258_02

右下はゴミ箱置き場になります。

H2258_03

奥に棚がありますが、すべて可動棚でゴミ袋のストックなどちょっとした物を置けるようになっています!
一番上の棚はほかより少し長くなっていて、ゴミ箱のふたが全開しないよう、ストッパーの役割もはたしています。

H2258_05

上の吊り戸棚は中がすべて可動棚で収納力たっぷり!

H2258_04

下台も深さの違う引き出しと可動棚で、キッチンまわりの小物から調味料のストックなど、
サイズの違うさまざまな物がたっぷり収納できるようになりました!

H2258_05

人工大理石の天板がきれいで清潔感のある収納の完成です!
S様、使い心地はいかがでしょうか?

また何かございましたら、お気軽にご来店くださいね。
ありがとうございました!

H2258_06

H2258_07

【吊り戸棚 W1650×D400×H900 】
【下台 W1650×D550×H850 】

東戸塚店

2014.08.11

K邸 キッチンボード お届け

2以前お引越しされる前に3rdにご来店頂きご案内させていただいていたK様。
ご新居にお引越しされて落ち着いたところで、キッチンボードをお探しで再びご来店頂きました。

K様のご要望としては、
・棚を何個か使って収納していたが、一つの家具に全て収納できるようにしたい。
・収納したいものとしては、大きい鍋と炊飯器、フィッシュロースターなどの家電類、その他細かなもの
・引き出しはゆっくり閉まるダウンステイが良い。

せっかくオーダーできるなら!とイメージは膨らみます^^
お聞きしたご要望をふまえてイメージを作成し、採寸も含めて後日訪問させていただきました。
6
5
イメージはピッタリ!という事で、ボードを置きたい場所と収納したい家電や鍋類などを採寸し、
その他詳細を決めていき、ご注文いただきました。

それから1ヶ月半、製作期間を経てお届けです!
幅が2500と大きさがあったため、分割して製作し、その場で組み上げ作業を行いました。
1

ケトルや炊飯器、フィッシュロースターを入れられるところは
スライドトレーで前に引き出せるように製作し、
電源は天板のすぐ上にあったので、移設コンセントは設置せずに配線孔のみにしました。
3

引き出しは上段は箸など細かなものを、
中段はワイングラスなど食器類、下段は大きな鍋や一升瓶などが入るように内寸を調整しました。
7
素材は、キッチン台と同じような茶色の素材にするか、壁の色に合わせて白にするかで悩みましたが、
何度かお打ち合わせを重ねた結果、天板は白の人工大理石に、その他は壁と同色の白でツヤのあるに素材決定!

【KITCHEN BOARD:w2500×D500×H880/ポリ】
4圧迫感が出ずにスッキリ収まりました!

K様は、完成したボードを見て
「サイズも素材もいい感じですね!お願いして良かったです。」
と喜んでいただけてよかったです^^

お届け当日は家電などを収納するまで写真に収めることが出来なかったのですが、
その後問題なくお使いいただけているでしょうか?

また何かございましたらお気軽にご相談ください!
K様、ありがとうございました!

たまプラーザ店

2014.06.10

K邸サイドボード納品

始めはメールでの問い合わせからで、カウンター下収納を探されていたKさま。
ご自分で図面を書いてきてくれたご主人!
実はご主人、無垢の樹がとてもお好きで、自ら板矧ぎしたりガーデン用のテーブルまで
作ってしまうほどの腕前!!!鉋の仕込みなども出来ちゃいます!
3rdスタッフも自然と『すごい!』って言っちゃいました。

そんなKさまに気に入って頂いたのが、たまプラーザ店に展示しているこちらのサイドボード。
img_board_1
このサイドボードのデザインをベースにKさま仕様にサイズをアレンジし設計しました。
幅が3100㎜ × 奥行350㎜ × 高さが1000㎜と大きく、収能力たっぷりです。
そして、このサイドボードに合わせて吊棚も製作させて頂くことに!
【特注サイドボード】
【Walnut】
【W3100 × D350 × H1000】
001
吊棚は圧迫感を軽減する為ガラス扉に。
上部はカーテンボックスに干渉してしまうため為、収納部を分け引戸の仕様にしています。
【特注吊棚】
【Walnut】
【W1300 × D350 × H1000】
0101
そして、もう一つご主人から奥様の為にとキッチンボードも作らせて頂きました!
シルバーのゴミ箱は、3rdでご提案したものを気に入っていただいたので、
このゴミ箱の大きさに合わせたキッチンボードの台を基に、
ペットボトルやキッチン用具を収納できるボックスを設けました!
【特注キッチンボード】
【Walnut】
【W600 × D450 × H1500】
0201
自然とお部屋に馴染んだ雰囲気の3rdの家具。
収まった感じがK邸にぴったりで、その家具を眺めているKさまの嬉しそうな顔が
とても印象的でした。

そして、家具が大好きなご主人さまから、

『新しい家族ができたみたいでうれしい♪』 

と言って頂けたのが本当に嬉しかったのを覚えています。
Kさま、その後の新しい家族とはいかがお過ごしでしょうか?
引き続き3rdの家具達もよろしくお願い致します。

Kさま、ありがとうございました。

たまプラーザ店

2013.10.19

Y邸 キッチン収納 お届け

以前にソファとリビングテーブルをお届けしていたY様。
→以前のお届け Y邸 ソファ、OT、リビングテーブルお届け

「そろそろキッチンの収納を新しくしようと思って」とお電話をいただきました。

2072_01

早速、お伺いして設置場所の採寸をしました!

2072_02

オーダー家具は、設置場所にピッタリのサイズでお作りする事ができます。
現場を見させていただき、何をどんな風に収納したいのかなどのお話をしながらご希望をかたちにしていきます。

お客様のご要望をしっかり具体的にお伺いし、サイズや仕様が決まればその場でお見積もりまでご案内することも
できます。

設置場所には市販の置き型のキッチンボードがありました。

2072_03

新しく作るにあたり、使いやすさと収納力を上げたい事、
今あるゴミ箱の位置を変えたくないとのご希望を基にお届けしたのがこちらです!

2072_04

上台は天井の高さを生かし、たっぷり収納できる吊戸。
食器類が入るスペースは、何が入っているのかすぐにわかるようにガラス扉にしました。

2072_06

中が確認できるという機能性と圧迫感が少なくなるという効果もあります。
中の分割は、扉二枚分をワンスペースとしたので、とても広々!
大きなお皿も楽々収納出来ます。
一番左端の中の見えない板の扉は、ご主人が大好きな焼酎置き場なんです!

2072_05

下台左側にはご希望通りゴミ箱スペースを設けています。

2072_07

引出しはすべてプッシュオープン、ソフトクローズ仕様になっていて、
両手がふさがりがちな家事作業中の引き出しの開け閉めがスムーズに運びます!

2072_08

右側のオープンスペースは、炊飯器置き場。
こちらはスライドトレーで引き出せるようになっていて、ご飯を炊いたりよそったり、使用の際は引出して使います。
引き出して使うことで、炊飯中に出る蒸気で箱を痛める心配もありません。

天板は、今回ポストフォームという化粧合板を使用しています。
水気に強いので、キッチンの周りに多く使われる材料です。

2072_09

色はキッチンに合わせて石目調に。
天板の上でちょっとした作業もできるメリハリのきいた下台となりました!

2072_010

吊戸と下台と分けた事で圧迫感をなくし、ウォルナットと白のコントラストがすっきりした、
たっぷり収納のキッチンボードが完成しました!

お届けの日。
実は、上の吊戸と下のボードと別々のお届けになってしまい、ご迷惑をおかけしてしまいました。。。
やっと上下そろってお届け完了したのをご覧になって、「待ったかいがある、いいものができてよかったわ~」と
嬉しいお言葉をいただきました。

Y様、2度に渡りお時間さいていただき、ありがとうございました。

使い勝手はいかがでしょうか?
また何かございましたら、お気軽にご来店ください!
スタッフ一同、お待ちしております!

東戸塚店

2013.08.15

K邸 キッチンボード お届け

001

戸塚区にお住いのK様。
キッチンカウンターの後ろの壁に収納をお探しでご来店になりました。

一番のご要望は「全部隠すこと」!

素材は床やカウンター回りの色に合わせてオーク。
扉は何パターンかデザインをご提案し、その中から「ブックマッチ」という本を見開くように突板を並べて貼るデザインに決定。
とてもうつくしかったです。

002

130319-黒田園子様KB

内部はシンプルな可動棚。
中に入れる物によって高さを変え自由に使えます。
中段には電子レンジが入ります。奥行きいっぱいまで使いたいので背板を抜いています。

003

棚板と背板はポリ合板。赤い板がアクセントになってとってもかわいく仕上がりました!

004

壁の奥行きと同じ奥行き(450mm)で棚を作ると電子レンジが収まらなくなるので、
奥行きを壁に合わせ、引き戸はアウトセット(壁の外側に扉があり、そこで開閉する引戸)にしました。

005

すっきりとしてシンプルだけど、使い勝手にこだわったオーダー家具ならではのキッチンボードになりましたね!

K様ありがとうございました!!

東戸塚店

2013.07.28

O邸 キッチンボード お届け

麻生区にお住まいのO様。
ご自宅を建て替えで食器棚をお探しでお嬢様とご来店になりました。

「置く場所が決まっていて、そこにぴったり収まるものを探してみたんだけど、
サイズが合うものがなくて、オーダーしかないかなと思って。」

場所はリビングからキッチンへの入り口で、右側は袖壁で左側には廊下からの入り口ドアがあり、
棚を置こうとしている場所の前には部屋を仕切る為の壁があるとのお話が。

0510_001

置く場所を実際に見ていただけませんか?ということになり、一度、お伺いすることになりました!

お伺いしたところ、なるほど、この場所にぴったりのサイズの市販のものはなさそう。。。
さっそく採寸し詳細の打ち合わせに!

高さは天井までめいっぱいはいらないとの事なので、ドアの高さに合わせるか冷蔵庫の高さに合わせるかで悩み、
圧迫感のない方がいいと冷蔵庫の高さに合わせる事になりました。

0510_002

上から下まで同じ奥行きだと重たい雰囲気になってしまうので、下台は腰の高さくらいまでで奥行き500mm、
上台は奥行き400mmでご提案。

「廊下側のドアを開けてキッチンに入ってくるとき、圧迫感はないかしら?」とちょっと不安なご様子。

向かって左、廊下の入り口の上台の側面をガラスにするか、板を入れるかでお嬢様と悩まれました。
廊下側からの圧迫感もなくしたい事と中に食器なども飾れるからとの事でガラスに決定!

0510_003

下台には引き出しをつけて、カトラリーや小物を収納できるようにしています。
扉の中は可動棚にして中に入れる物に合わせて棚の高さをかえられるようにして、
オーダー家具ならではのO様のご希望がいっぱい詰まった使いやすいキッチンボードの完成です!

樹種もやさしい色合いのメープルに!

0510_004

お届けの時、「メープルの色もやさしい色で、横から見ても圧迫感もなくガラスにしてよかったわ!」
と喜んでいただきました!

横から見た上台と引出部分↓

0510_005

初めてお伺いした時は、まだお庭や門回りを作っている途中で、
ダイニングテーブルも、裏にあった庭木を利用して作るのだと言っていらっしゃいました。
あちらこちらにO様のアイデアの詰まったご新居はすっかり完成したでしょうか?

また何かお悩みの事がありましたら、お気軽にご相談くださいね!

O様、ありがとうございました!!

たまプラーザ店

2013.07.22

M邸 壁面収納リペア キッチンボードリペア

壁面2

M様の初めてのご来店はたまプラーザ店オープン当初。

奥様のご出産をきっかけにお引越しをされ、家具をお探しにご主人がご来店頂きました。
3rdの家具を気に入っていただき、壁面収納と、キッチンボードをお届けしました。
ブログがこちら→http://3rd-style.com/?p=172

それから2年、、、、
今年の2月にご主人とご成長されたお子様と一緒にご来店いただきました。

お話をお聞きすると、
「また引っ越すことになったんですが、以前作っていた家具がとても気に入っているので、
新居に持っていきたいんです!」
とのこと。

とてもびっくりしましたが、そういったご相談であれば、是非今までのものを使っていただきたい!

という事で、以前お作りした壁面収納とキッチンボードも一緒に引っ越しすることになりました。

後日、ご新居の図面を送っていただき、マンションの内覧会へ。
三島様現調写真
リビングをみてみると、以前のお部屋にはなかった大きな窓と大きな梁が。。。
梁があることで今までの天袋の部分が使えず、
さらに横幅が以前より大きい為スペースが余ってしまいます。

どうしようかと考えた結果、、、
天袋はサイドボードに作り替えることに!
余ってしまう横幅のスペースは棚を増やすことになりました。

キッチンボードも、ご新居のサイズに合わせて作り替えることに。

それから約2か月の製作時間を頂き、ついにお届けです。

3rdでは職人が直接納品に伺い、その場で作業します。
お子様も興味津々(笑)
三島様作業中
完成品がこちら。
メインの壁面収納!
DSC_1053
今回のお部屋は大きな窓があったので、AVボードの部分の飾り棚をなくし、オープンに。
8
さらに、以前よりも横幅が広いので、飾り棚と、デスク脇の収納部分をプラス。
今回もピッタリ収まりました!!!!

壁面収納の天袋は、サイドボードに変身!
天袋
サイドボード
天袋だけでは高さが低すぎるので、引き出しと脚をプラス。
窓下いっぱいのサイドボードと、コンパクトなサイドボードに仕上がりました。
キッチンボードは、上台・下台を分けておつくりしました。
DSC_2943
6
上台は吊戸式、梁の書き込みを入れて壁ピッタリのサイズに!
下台は、ごみ箱のあったスペースを米櫃入れに変更し、天板も新しくしました。
お届けした際には、
「こんなふうにも出来るんですね!」
と、とても喜んでいただきました。

ご新居での使い心地はいかがでしょうか?

また何かあれば、お気軽にご相談ください!

ありがとうございました!

たまプラーザ店 横尾

2013.05.23

S邸 キッチンボード・ニッチ収納 お届け

以前、モンキーポッドのテーブルをご購入いただいた文京区にお住まいのS様。
たまプラーザ店オープン時からのお客様です。

0411_01

今回はキッチンの冷蔵庫横にキッチンボードをお考えでご来店いただきました!

以前にもお伺いしているので、勝手知ったるS様のお部屋。
さっそくプランのお話になりました!
奥様から「なるべく細かく収納ができる様に!」とリクエストがあったのでボードは引き出しを多めにしたレイアウト!

0411_02

引き出しの中に入る物はほとんど決まっていたのですが、
中のレイアウトが変更できるように可動式の間仕切りを作りました!

便利ポイント その1!!
後々、物が増えた時、上台を増設できるようにキッチンボードの天板を取り外す事ができます!

さらに冷蔵庫と壁の間のニッチ収納がもうひとつ。
こちらも炊飯器や米櫃など、入る物が決まっていたので改めてご自宅にお伺いし、詳しく採寸。
高さは冷蔵庫と合わせ、下部は冷蔵庫と全面を合わせているので奥行きが深くなっています。

0411_03

そこで、奥の物が出しにくくならないように引き出しの奥までしっかり引き出せるように、
120%スライドレールを使用して、深さをしっかり利用できる作りになっています!
便利ポイント その2!!

0411_05

炊飯器台はご飯を炊く時に出る水蒸気を逃がせるようにスライド式に。
これで家具を傷めません!
便利ポイント その3!!

お伺いした時、追加で洗面所からお風呂場にかけての壁にタオル掛けが欲しいとご相談をいただきました。
箱物を置いてしまうと動線をふさいでしまうので直接取り付ける壁フックを採用。

0411_06

さて、これからお2人での新しい生活が始まるそうですが (>▽<)きゃー♪

家がくつろぎの楽しい場所になりますように!
これからも何かお手伝いできることがありましたら、ぜひご来店くださいね!!

0411_07

S様、ありがとうございました!

たまプラーザ店 鈴木

2013.05.07

A邸 キッチンカウンターリフォーム ベンチリフォーム レンジ台 ライティングレールカバー

1
横浜市戸塚区のA邸のキッチンリフォームを行いました。

以前、3rdでAVボードをご購入いただいたA様。
blogはこちら→http://3rd-style.com/?p=401

今回は「キッチンカウンターをかえたくて、、、、」
とご来店頂きました。
いつも完璧なイメージを持ってきてくれるAさん!
今回も採寸し、イメージをもってきてくださいました。

2
ご要望を伺い、構造を踏まえて図面とイメージスケッチを作成し訪問。
細かく採寸をし、何度か打ち合わせを重ねデザインを決定します。
素材は今ある家具に合わせてウォールナットに!

また、追加で既存のベンチ改造、レンジ台、ライティングレールカバーをお作りすることになりました!

3
納品は3日間にわたって行われました。
まずは解体から!
時間も限られているのでがつがつ作業を進めていきます。
正直、初日の時点では終わるのか不安でした。。。

4
やはり壁の中は実際にあけてみないとわからない、、、、、
「あちゃ〜こうなってんのか〜」みたいな事は多々ありますが、工場長は瞬時にベストな方法を見つけ対応してくれるので頼りになります!
現場では臨機応変に対応出来る職人の勘と経験がとても重要なんです!

5
今回のキッチンカウンターは、上下、左右、奥行が決まっていて、逃げを取ることができない、
というのが一番の難関でした。
店長は図面をかくのに苦労したそうです。

6

12
工場長の技術も光り、見事きれいに納まりました!!!

10
右下の欠き込みはガス線を通す為のもの。
カウンターでPCも行うということだったので、配線孔も設置しました。
さらに、写真では見えづらいですが、ブラインドが天板に被る分をカットしています。

8 9
4杯あるように見える引き出し、、、、。
実は上段2杯、下段1杯の全部で3杯なんです。
A様のご要望で、見え方を揃える為、下段の引き出しの前板に溝を入れて上段とあわせています。

13 14

ベンチは、もともと設置してあったベンチを収納付きにリフォーム!
既存の天板にメルパウ(luxe wood)を被せ、下にCD、DVDを入れる収納を新たに製作。
高さが決まっているので内寸を確保するのに苦労しました。。。
コストの面も考慮し、内部がシナのベニヤ、前板が突板の仕様となっています。

【メルパウ】
メルパウとは、リュクス材と言われ、ウッドデッキなどに使用されることが多い木材です。
薬剤を使わずに、熱と水蒸気だけの高圧乾燥技術(サーモウッド処理)によって人と自然に優しく作られました。
ハードウッドのメルパウ(東南アジア産)を熱処理をすることにより、防腐性・防虫性・耐久性が上がります。
また、含水率、吸水率も減少するため、そりや割れの経年変化が少ないのも特徴の木材です。

17

16さらに、A様のご提案でレンジ台と以前使用していたライトの開口部分を隠すために、レールカバーを設置しました!

 

11

お部屋がウォールナットで更に統一感が出て、想像を越えた良い雰囲気になりました!

ZEND

A様ありがとうございました!!!!

東戸塚店 横尾

2013.01.22

O邸 キッチンボード納品

以前ADチェアをご購入頂いたOさん。その時に”キッチンボードもかんがえてるのよねぇ”とご相談いただきました。プランを考えご提案しましたがご予算合わず保留に。
それから半年くらいたちご連絡が!再度お打合せをし細かな仕様を決定。圧迫感を懸念されていたので、吊り戸の仕様に。この仕様は個人的にとても好きです。設置する状況にもよりますが、壁が一部分でも見えているととてもスッキリみえます。やはりシンメトリーなデザインは落ち着きます。デザインする側はよく”シンメトリーはもうあきあき”なんて言う人もいますが、あえてアシンメトリーにして失敗しちゃってる事例をよくみます。もちろん使う人、使う用途、置く場所によりますがオーダーメード家具は長い目で見た機能性が一番重要だと思います。その機能性に合わせて奇麗なデザインを組んでいくのが僕たちの仕事だと思っています。

左が以前お使いの家具です。中途半端な空間が使い難い、収納を増やしたいとのご要望でした。まさにオーダーメード家具用の空間ですね!




2012.10.09

K邸リビング&ダイニングなどお届け

以前ご来店頂いた方の紹介できていただいたKさんご夫婦。
ご主人がとても気さくで勢いのある方でした。
マンション購入したので家具を一式揃えたいと来て頂いたのですが、幸いにもお店を見た瞬間、雰囲気を気に入って頂きさくさくとお話が進みました。『全部任せるから~』とありがたいお言葉をいただきましたが、なかなかのプレッシャー!ソファ、椅子はそれぞれ座った瞬間にこれとこれと決めて頂き、サイズ/配置に関しては
お家の図面をお預かりし後日訪問するまでに考える事になりました。

『テーブルは普通はいや、おもしろいやつ』とKさんから唯一のご希望がありました。ダイニングスペース、つかうのはご夫婦2人、将来的に引っ越す予定あり、などの条件から夜なべして考えた末、半円形状でデザイン。
大きさ、形状が既製品には少なくオーダー感がある。
来客が来た時はテーブルを斜めに置き4人で使える。
将来的に家族が増え引越した時には半楕円のテーブルを新たにつくり合わせる事により5人くらいで使えるものになる。
上記3つが主なポイントです。


後日、気に入って頂いた椅子3種、テーブル型紙、ブラインドサンプル、照明、提案資料などなどお持ちし採寸しながらお打合せ。

まずはダイニングテーブル。
「いいね!さすが!」と言って頂きほっとしました。脚の形状、面の取り方等、細部を詰めこの形状に決定!

お次ぎは”椅子” 当初2脚の予定でしたが、テーブルの脚位置、来客の事を考慮し3脚あった方がバランスが良いという事になりnene chair,AD chair,2032 chairに決定。
この様に違うデザインの椅子を置いても樹種、張地を揃える事で違和感はないです。

そして”sofa” お店で展示のPOUNDを気に入って頂き張地も決まっていたので型紙でサイズを確認。
リビング広いためオットマンをご提案し追加しました。
余談ですが、このsofaは横から見るとパウンドケーキみたいなんでPOUNDって名前です!かわいい!

sofaといえば前に置くリビングテーブル。
天板と側板を留(45°)で接合し面を45°にすることによりすっきりシャープなデザイン。3rdの定番デザインです。TVボードもこのデザインに合わせ設計しました。壁にぴったりとつく様、巾木分を欠込みコード類がボード内で収まる仕様にしています。Kさんは奥行感を懸念されていたので、デッキサイズぎりぎりまで攻めて製作。

リビングスペースに関しては、お引越の可能性もあるとの事だったのである程度どんなお部屋でも収まる様、制限が出ないサイズでご提案。また模様替え出来るように考えています。僕自身、部屋の模様替えをすると気分が変わって新鮮な気持ちで生活できるのでお薦めしています。
これまた余談ですが一個のもので2通りの使い方が出来る物とかに魅力を感じてしまいます。

照明とブラインドもご提案しました。ダイニングはペンダントライト。もともとの位置だとテーブルの上にこない為、ペンダントサポーターというものを付け位置調節しています。キッチンからの眺望が良いため、なるべく視界を邪魔しない様、薄めの物になりました。広いリビングは光を満遍なく散らすためライティングレール+スポットライトの仕様に。
ブラインドに関しては僕の好みでバーチカルブラインドを激押ししました!!!このような横に広く高さもある窓には最適です。縦のラインが天井を高く感じさせ、開けた時も非常にスッキリします。
木製の物もいいかなと思ったのですが床,建具の色を考慮すると重厚感出過ぎと思い今回はご提案しませんでした。
3rd ではブラインド、照明、ラグなどカタログやサンプルで色々とご提案出来るので是非お声掛け下さい!
もちろん採寸から設置までやります。

最後にキッチンボード。といっても凄くシンプルなレンヂを置く台です。下に置いてあるゴミ箱も3rdでご用意しました!このゴミ箱、蓋が観音開きでなかなか使い勝手いいです。

今回はお引越後の為sofa→照明/ブラインド→テーブル/椅子→ボード類という順序で分納になってしまったのですが徐々に完成していく様子に「だんだんできてきたねぇ」と楽しんで頂き、最後の納品の際には「お願いしてよかった」と言って頂きとても嬉しかったです。
オーダー家具は設計から製作、お届けまで気が抜けないのでなかなか大変ですが、キッチリ収まりお客さんが喜んでくれると家具屋やっててよかったと毎回感じます。
お届け前日になかなか寝れない事も多々ありますが、家具って滅多に買い替える物じゃなくて、凄く長い間つかってもらう物じゃないですか!世の中には沢山の家具屋さんがある中で3rdを選んで頂けるって凄いなと、とても光栄だなと思います。これからもその為に日々精進していきます。
2012.08.09

M邸ダイニングボード、プラグテーブルお届け

横浜市西区のM様邸へダイニングボードとプラグテーブルをお届けしました。
お気に入りのムーミンマグカップをバッチリと収納できるダイニングボードをお探しだったM様。
色々な家具屋さんへ探しに行ってもなかなかイメージにピッタリな物が無かったのですが、ポストに入っていたチラシを見てくれて東戸塚店にご来店いただきました。
既にデザインのイメージをお持ちだったので具体的なお話しをお聞きし、詳細な図面とデッサンをお作りすることになりました。
後日、用意した資料を持ってご自宅に伺い、作成した図面とデッサンを見ていただくと、『イメージにピッタリです!!』とまさに探していたダイニングボードと出会えたと喜んでいただけたM様。
今回のポイントは奥様のコレクションのムーミンマグカップの高さに合せて棚ダボ位置を調整したことです。マグカップを置いた時に上に5cmの隙間が出来るように微調整しています。
分かりづらい点ですが、こだわりの強い部分です!
また最上部の引出しはカトラリーを収納したいということだったので、水にも強く気軽に拭けるようにとプリント合板を使用しています。
また、仕切り板を入れる事で細かいものがスッキリと納まる仕様にしました。
最下部の引出しにはファイルを収納するということだったので、こちらも仕切り板仕様になっています。
こちらのスライドトレーはパソコンを使用する為にお作りしました。
使わない時にはスッキリとしまえるのが嬉しい仕様です。
樹種に関してはTVボードをナラ材で作っていたので、同じくダイニングボードもナラ材でお作りしました。
後日お届けに伺い設置させていただくと『想像してたよりカッコ良くて、圧迫感もなくて良かった!』とご満足頂けました。
また、その後たまプラーザ店にもご来店いただきお使いのソファに合せたいとプラグテーブルもお作りさせていただくことになりました。
もちろんこちらもナラ材です♪
更にM様は3rdのブログを熱心に見ていただいたようで、以前にお客様のご要望で作った【3rdshopプレート】に魅力を感じて頂き、こちらも『付けて欲しい!』とご要望を頂きました。
プラグテーブルのお届けと共に3rdshopプレートを取付け、ダイニングボードの本当の完成となりました!
M様ありがとうございました!
これから使うほどに味が出てくれる家具を存分に楽しんで下さい。
2012.06.29

青葉区I様邸にサイドボード、キッチンボードお届け

青葉区I様邸にサイドボード、キッチンボードお届け致しました。

ご新居へお引っ越しをきっかけに、収納をお探しにご来店されたI様。
新しいマンションには収納が少ないので、今のご自宅の押し入れにしまっているものをどこにいれたら良いのか…というお悩みをご相談頂きました。

まずは、キッチンの収納。
キッチンは作業動線が一番重視されるので、機能と使いやすさを兼ね備えたデザインをご提案。
天袋は吊り戸にし、上下を分割させ、上の箱の奥行きを下台より小さくすることで圧迫感を減らし
すっきりとした見栄えになります。

吊り戸は壁の中に入っている芯の部分に打ちつけるので、耐震的にも安心です。
実際、どのように吊り戸が設置されているのか工場長の動きを追ってみました。
まずは、壁の下の芯を探し打ちつける部分を採寸していきます。

続いて、天袋を引っ掛ける為の根太と呼ばれる下地をネジでもんでいきます。

②で固定した根太に天袋を打ちつけます。

最後に、棚板、扉を取付けて、しっかりと固定されているかを確認し、全体調節します。

一見、簡単そうに見えますが、これも職人さんの経験によって仕上がりと作業スピードが全然違います。

吊り戸の設置が完了してから、下台を搬入します。
下台は、上部にキッチン小物をいれる浅い引出しをいれ、その下向かって右側にはゴミ箱用のワゴンと、
左側には炊飯器を置くスライドトレーを。そして、その下には乾物等がストックできる深い引出しをいれています。

天板には、電子オーブンをのせるため、下台全体の少し奥行きを大きめにとっています。
入れるもの、乗せるものの大きさを考えながら微妙な寸法調整をすることも3rdの得意とする仕様の一つです。
下台の奥行きもきれいに納まり、キッチンの使い勝手もワンランクアップです。

続いて、ダイニングの収納です。

リビング、ダイニング、キッチンが一体となった空間には、収納スペース
を工夫して取り入れることで、生活動線が変わります。
近年の住宅の多くは、掃き出し窓の位置や他の部屋に続く扉の開き方向等によって、
壁の大きさが制限されてしまうので、既製品の収納では納まりきらないことがほとんどです。
この悩みを解消する為に3rdでは、ご自宅の図面とそれぞれの生活スタイルを当て込みながら、
必要とされるカタチをデザインします。

I様も同様に、外に出しておきたいもの、普段は使わないのでしまっておきたいもの等を
区別していくことで、お部屋をすっきりとさせる収納をご提案させて頂きました。

さらに、ダイニングテーブルの後ろに配置することを考え、扉は開き戸よりスペースを省ける引き戸にすることに。

向かって左側は、ワークスペースとしてパソコンとキーボードを収納するスライドレール(引き出すと丁度ダイニングチェアを使える高さにしています)
その下の引き戸を開けると、プリンターを使う時だけスライドレールごと引き出せるような仕様にしています。
隣の配線スペースは、もともとのマルチコンセントから家具自体にコンセントを移設する際に、
配線しやすいように作りました。

もちろんパソコンとプリンターも配線がすっきり納まるよう、背板に配線孔を開けています。

真ん中の引出しは横幅が大きいので、中には仕切り板を入れてより整理整頓がしやすいように、
浅い〜深い引出しと入れるものを区別できるようにしています。

右側の扉は可動棚になっているので、入れるもののサイズを選ばずに収納が可能です。

一番上のオープンのスペースは、新聞や机に出してあるものをさっとしまえるようになっているので
出し入れがしやすい高さを意識しました。

素材はキッチンボード、サイドボード共にナラ材の突き板です。
柾目の流れがキレイに出ていて、木種選びに悩まれていたI様も、「やっぱりナラ材にして良かったです!」と
お喜び頂きました。

お届けまでの間、お引っ越しの準備等でとてもお忙しかったようで、
「素敵な収納が出来て片付けもできるので、ようやく一段落しました。」とのお言葉を頂き、お届けした私達も一安心。

I様ありがとうございました。
また、お部屋のお悩みがありましたら、お気軽にご相談下さい。

2012.04.05

O邸 リビングボード、キッチンボードお届け

横浜市磯子区O様邸へリビングボード、キッチンボードをお届けしました。

ご新居へのお引越しを機に家具をお考えでご来店下さったO様。
TVボード・デスク・収納をリビングに、ダイニングボードをキッチンの対面壁にということでご相談を頂きました。
入居はまだ少し先だったのですが、オーダーメードで出来ることなどご説明させていただくとお話も盛り上がり「せっかくだから3rdのオーダー家具で揃えたい!」と、早々とリビングボードとキッチンボードをご依頼いただくことになりました。

何度か仕様のご相談を重ね、内覧会の際に採寸をさせていただくことに。
内覧会時の採寸だと入居時期に合せて家具をお作り出来るのもメリット。
新しい生活のスタートに合せて新しい家具!素敵です♪

リビングボード・キッチンボード共に木目を柾目で統一したことでスッキリ感が強調されたデザインになっています。木目の違いで見え方が変わるのも樹の家具の面白いところです。

キッチンボードの使い勝手を考慮してお作りしたのがこちら。
『キッチンだと汚れが気になるんです・・・』ということでキッチンボードの内部にプリント化粧板を使用しています。
水や汚れに強いのが良いところ。気を使わずに使って欲しいとご提案したところ、O様もご納得!

また、『できるだけ収納スペースがたくさん欲しい』とご要望も頂き、ご満足いただく大容量なデザインに出来ました。


リビングボードについてはTVボード・デスク・サイドボードが横一列に並んでいますが、機能ごとに分割してお作りしているので、後々生活スタイルが変わり『デスクだけ移動したい』となった時には単体で動かすことが出来ます。

全ての区画の天板には電源を移設しているので、延長コードなどが必要なく、雑然としがちなコード類もまとめやすくなります。

デスクの区画はノートパソコンを置く為のスライドトレーと、開き扉の中にはプリンター用のスライドトレーを用意しました。
使う時だけ引出すことで、常にキレイな状態で保たれる工夫。
 
O様のご要望をいっぱい詰め込んだ家具が出来あがり、本当に楽しみにお待ちいただいていたようで、お届けの際は「オーダーメードで作って本当に良かったです!」と納まったスッキリ感に大変喜んで頂けました。

実は私、お届けの時が一番楽しい時間なんです。
ご提案している段階や作っている最中ももちろん楽しいのですが、家具が出来あがり、お客様が待ちわびた家具と対面した時のあのハッピーな空気が病みつきなんです(笑)
 
O様ありがとうございました!
新しい家での生活を3rdの家具と共に満喫して下さい!

2012.03.10

F邸 リフォーム完成

今回はF邸のリフォームをご紹介します。

以前、施工中の様子も紹介させて頂いていますのでこちらをご覧ください。

http://3rd-style.blogspot.com/search?q=リフォーム
(2011.11.24の記事です!)

実は工事は昨年の12月中に終了しており、遅れてのご紹介となります。
F様、大変申し訳ございません。今回、しっかりと紹介致します!!

さて、どこからお話すればよいのか迷うほど本当に盛りだくさん!

それでは、はじめにお部屋に入ってすぐ右手にあるキッチンからスタートです。

リフォーム前は、キッチンの背面に腰高のものと高さのあるキャビネットを置いて、キッチンの収納とされていたF様 。


実は、背の高いキャビネットが置かれているところは、本来であれば冷蔵庫を置くスペース。
そして居場所を失った冷蔵庫は、キッチンとなりの和室の中へ。。。

そこで今回は、収納力をましたキャビネットと吊り戸を設けてキッチン用具や食材を網羅!


プッシュオープン式の引き出しは両手が塞がりがちなキッチンにピッタリです!


晴れて冷蔵庫の居場所を確保する事ができました!

さらにキャビネット天板は樹脂系の素材を使用しているので、水気、熱、油に強く、お掃除も楽な仕様になっています。

次は冷蔵庫のあった和室です。

今回のリフォームでは、和室にあったお仕入れと壁を一度取り払い、隣接した洋室を広く確保しました。
和室では、残りのスペースで取り壊したお仕入れとほぼ同様の容量を持つ新規のお仕入れと向かいになる冷蔵庫と箪笥が並んでいたスペースにはクローゼットを新設しました。

間口が狭くなりますが、まるでウォークインクローゼットの様です!

お仕入れの後にお仕入れ、ワードローブの後にクローゼット、と仕様を変えても勝手を残すことで、物の配置など体が覚えている記憶を崩さず、違和感なく使用していただけるのではないでしょうか。

しかも、お仕入れ、クローゼット共に引き戸で構成する事で狭くなった室内でも導線をしっかりと確保しています。
開き戸や折れ戸では、開くときにどうしても手前に戸の幅それ以上のスペースが必要になります。
引き戸では、戸が手前に出ることはありません!


そして快適な生活に必要なものなのですが、できるだけ見せたくないエアコン。
エアコンを周りの建具や家具と仕様を合せた箱をつくりその中に収めて隠す方法がよく見られます。
今回は、エアコンと取り付けられている梁の奥行きを足した寸法より深く、クローゼットの奥行きを設定しています。


さらに、エアコンの幅を逃げたところから天井までを造作することで影に隠れるようになり、エアコンの存在を感じさせません。


また、エアコンのダクトを逃がすスペースは点検口の確保も兼ねており、普段はゴルフバックや、スキー道具などの長さのあるものをしまうスペースとして利用できますね!

お仕入れ横ウォークインクローゼット入口側にもスペースがあります。
梁が下がっているために生まれたスペースですが、こちらには可動棚を配置しました。
見せたくないけど、使用頻度の高いもの・・・、たとえばそうじ道具の収納にもってこい

そして、壁を取り払いリビングダニングと一体となった洋室の紹介です。
以前はご主人の書斎として使用されていましたが、今回は壁一面を取り払うことでリビングダイニングと一体化させ、大きなスペースを作り出します。


さらに、ワーキングデスクと飾り棚、そしてAVボードを一体とした壁面収納を製作することで、ご主人のコレクションや書籍、また以前のリビングダイニングに置かれたAV関係機器が一カ所に集りました。
壁の幅・高さいっぱいの壁面収納は、壁面一面を利用しますので十分な収納力を確保でき、引き出しや扉の構成によって様々な機能を集中させることが出来るのです。

F様は多くのコレクションをお持ちでしたので、オープンスペースやガラス扉ではコレクションを飾っていただきながら、天袋で収納力を充実させています。

そして今回は特別な姿見を設置。

クローゼットで服を選び、ここで身支度を整える。
格子の中に浮くように配置されたその姿見は、その存在を主張しながらも圧迫感なくデザインされています。

メープル材や白い壁に映えるウォルナット材で作られた壁面収納と特製の姿見が実用とアクセントとなり、上質な空間を生み出しました。


そして、もう一つ。
新設した壁に天然大理石モザイクタイルをあしらいました。

「もっと住まいの中に自然を取り込んでいきたい。」
「木の無垢材を使った家具を軸に天然素材の可能性をより追求していく。」

このような3rdの考えをご提案させて頂いたものです。


天然の異素材の組み合わせは、私たちにとってもF様にとっても、大変特別なものとなりました。

壁を抜いて、お部屋のレイアウト変更し機能をシンプルにするという引き算のリフォームになりましたが、解放感が生まれ、お部屋の使用のメリハリができました。

メリハリがあると、モノの場所が決まり雑多になる事もありません。


普段、何かと足すことで問題の解決を考えがちですが、削ぎ落とすという考え方も非常に大事なこと。
私たちも大変勉強になるお仕事をさせていただきました。

F様、本当にありがとうございました。

3rdでは、戸建てやマンションを問わずリフォームも積極的に行っており、3rdならではのご提案をさせていただきます。
より充実した生活を過ごせるよう、何かお悩みがあるようでしたら、是非お声掛け下さい!

よろしくお願いします!!

2012.03.08

S邸 キッチンボードお届け

横浜市都築区S様邸へキッチンボードをお届けしました。

ご友人のお宅でオーダーメイド家具をご覧になったのがきっかけで、3rdにご来店頂いたS様。キッチンにぴったり納まり長く使える収納を作りたいとのお話から、ご希望の機能や仕様に沿ったかたちをご提案させて頂きました。

今回のキッチンボードは下台の天板がポイントです。
素材を決める時「天板を人工大理石にすることは出来ますか。」というS様のこだわりで現在お使いのキッチンの天板と同素材となりました。
人工大理石は、割れにくく耐久性があり、お風呂や洗面台等の水回りにも広く使用されています。汚れもつきにくい上にお掃除もしやすいのでキッチンにはぴったりの素材ですね!

加工性や着色性にも優れ、色味や質感が多種多様なのでメーカーさんからサンプルを取り寄せ、お気に入りの一つをお選び頂きました。

天板以外は外側がメラミン材、内側は白ポリ材とこちらも水回りに強い素材に決定。写真だと分かりづらいのですが、白い中にも木目の模様を横目にして貼ってあり、フラットな白ポリよりも優しい質感となっています。

大きさはワイドが1700㎜もあるので、上台も下台も大容量の収納となりました。

上台は吊り戸とし、白い壁を見せてあげることで全体が広く感じるようになっています。しっかりと壁に打ちつけてあるので地震で倒れる心配もありません。中は可動棚になっていて、入れるものの大きさに合わせて棚を可動することで無駄なスペースをつくらず整理でき、さらに観音扉は両開きにすると間口が広くなるので大きな食器も難なく納まり、季節のものや普段あまり使わない食器もすっきり収納できます。

下台は引出しが9杯もあるので上の浅い引出しにはカトラリーやサランラップ等の細々しているもの、下の深い引出しにはお鍋やフライパン等大きなものを入れられるように、それぞれ引出しの深さを変えています。すべてスライドレールをつけているので、中に入っているものの荷重を気にしないで出し引きできるようにしました。

その隣にはゴミ箱が入るワゴンとなっており、奥行を余らせないためゴミ袋のストックが入るクリアランスをとりました。ワゴンと下台は別パーツとなっているので、勢い良くしまってもぶつからないようにクッション材として背板に扉あてをつけています。

スラット棚板もメープル材でおつくりし、白い木目のメラミン材とも違和感なく馴染んでいます。調味料やスパイスの瓶等かわいく飾りたくなるスペースですね。

異素材の組み合わせですが、全体の色調を合わせてあげることでおしゃれにまとまったキッチンボード。人工大理石を天板にすることで構造部分もいつもと違った製作図面を描き、今回もいろいろ勉強させて頂きました。

それぞれの特性を活かし、長くお使い頂ければと思います。S様ありがとうございました。

以前にもメラミン材やポリ材等でお作りしているものをブログでもご紹介していますが、3rdでは木材以外の素材もお取り扱いしておりますので、ご希望のイメージがありましたら、是非ご相談下さい!!

2012.03.05

H邸 ダイニングボードお届け

横浜市神奈川区H様邸へダイニングボードをお届けしました。

以前にTVボードを納めさせていただいているH様。
2011/12/19にもブログにてご紹介中です。
お届けの際に「本物が入っちゃったなー。」と、お部屋を変えたいモードに火が付いてしまったようで(笑)、次はダイニング側をと採寸をし、ダイニングボードをご提案することに。資料をお送りして程なく、改めてお願いしたいとご来店下さり、再びお部屋作りをお手伝いさせていただくことになりました。

前回のTVボードはご主人様のご意見が多く盛り込まれたスペースで、今回のダイニングボードは奥様のご意見を中心にお作りしたスペースです。
一番使う人が使いやすいように相談しながら作れるのが3rdのオーダーメード家具。
今回もこだわりが詰まったダイニングボードになっています。
 
まず、設置したい場所には腰高窓があったので、下台は窓の高さに合せることに。
向って左側の食器棚はカーテンレールまでの大きさにお作りしました。
しっかりと採寸した甲斐あって素晴らしい精度でお作りすることが出来ています。

ご要望として「食器棚は中身が見えない方がいいけど木の扉だと重くなりすぎるのが・・・。」と、言うことで中身の見えにくい摺りガラスにしました。
リビングからも見えるこの場所は、乱雑に置きたくないところ。気になりますよね。

また、収納したい物も多く、引出しを多くお作りしたのも特徴です。
浅い引出しにはカトラリーや文具、爪切りなどを収納できる定位置になりますので、
「使いたい時にない!」なんてことも決められた収納場所があれば心配ありません。

以前にお届けしたTVボードに対面する壁に設置でしたので一緒に撮影することが出来なかったのが残念ですが、お部屋の両側壁にボードがキッチリと納まっているのは本当に素敵でした。
左の写真が以前にお届けしたTVボードです。

お届けの際はご主人様も奥様も一緒に見守っていて下さり、「両サイドに本物が入って部屋が出来あがりました♪」と喜んでいただけました。
私たちも、一度3rdの家具を使っていただいた上でまたご依頼いただくことは本当に嬉しいことで、つい話しも弾むお届けとなりました♪
H様ありがとうございました!

こだわりが詰まったダイニングボード、TVボードを末長く可愛がって下さい。

2012.02.27

N邸 キッチンボードお届け

横浜市青葉区N様邸へキッチンボードをお届けしました。

ご新築マンションへのお引っ越しをきっかけに、キッチンにキレイに納まる収納棚をお考えでご来店頂いたN様。
初めてご来店頂いた時は、ちょうどアーツ&クラフト展の準備をしているところで、通常営業はしていなかったのですが当日にお電話を頂き、是非ご来店下さいと3rdスタッフ総メンバーでお迎えし、とても印象深い初来店になったのではないかと思います。

展示品や実例写真をご紹介し3rdの家具の仕上がりや質感をお気に入り頂いた上で、マンションの図面を基にご希望の仕様や機能をお伺いし、奥様の使いやすさを優先したキッチンボードをお作りすることとなりました。

全体としては上台を吊り戸にすることで下台と連結する側板をなくし圧迫感のないすっきりとしたデザインとなりました。

まず、天袋の吊り戸はマンション特有の梁や下がり天井の凸を欠き込み、端まで隙間なく設置しています。中は可動棚になっているので入れる食器の大きさに合わせて棚板の位置を変えることができる大容量収納スペースです。

続いて下台は炊飯器をしまうため、ご飯を炊く時だけ蒸気が逃げるように引き出して使えるスライドトレーが入っています。コンセントを移設してあるので、配線も気になりません。

その下には、乾物やストック等が収納できる深い引出しとし、スライドレールをつけることで重いものを収納しても簡単に出し入れができるようになっています。
N様のご希望により、引出しはすべてスライドレールの機能がついています。

真ん中の扉は、開けたときキッチンが狭くならないように引き戸仕様となっており、隣の引出しの前板を少し中にいれ、全部しまっている時に引き戸がスライドするようにお作りしました。
動作業が多いキッチンは省スペースも大事な条件ですよね!

そしてもう一つのポイントは、同素材で作ったスラット棚板です。調味料や小物等をのせられる場所があると、下台の作業スペースが大きくなってとても使いやすくなります。すぐ手が届く位置に調整しながら取付けられるのもオーダーメイドならではですね。

素材は床のフローリングと同じメープル材とし優しい木目がキッチン全体を明るい印象にしています。

キッチンの水回りに木の家具を置いてもいいの?という疑問をもたれる方も多いと思いますが、3rdのウレタン仕上げは水にも強いので少々濡れても大丈夫!
しかも、しっかりメープルの木肌の質感を残しているので飴色に変わっていく経年変化も楽しめ、一般的な塗装にみられる不自然な艶感が出ないのも特徴の一つです。

お届けの際は旦那様にお立ち会い頂き、職人が作業する姿を静かに見守ってくださいました。
メープルの質感を大変お気に入り頂けたようで、後日奥様とご来店頂き、「収納もたくさん増えて、キレイに納まってほんとによかったです!!」とお喜びの声を頂き、配達したスタッフや製作図面を描いた私もホッと一安心。

N様ありがとうございました!メープルの飴色に変わる様子をお楽しみ頂きながら、こだわりの詰まった機能を長く使って頂ければと思います。

またのご来店心よりお待ちしております。

2012.01.24

M邸 壁面収納、キッチンボードお届け

横浜市青葉区M様邸に壁面収納、キッチンボードをお届けしました。

きっかけは、ご主人様がお一人でご来店下さり、≪夫婦ともに忙しく、『入居から4か月ほど経っているのですが、まだ家具もない状態が続いていて、なかなか落ち着く時間や場所が無いんです・・・。それでも来年からは家にいることも多くなるから家具を揃えたいと思っていて』とのご相談でした。

詳しくお話しを伺うと、ご出産をきっかけにお引越しをされて、以前よりお使いの家具を取り敢えず置いて居ますが片附かず、新居に合った家具を探していた所3rdたまプラーザ店の壁面収納が目に留まりご来店頂いたのでした。

お話しでは≪リビングにTVボード+収納スペースそれとkitchen boardを検討中!≫言うお話でしたので、部屋の図面をお預かりして、早速イメージ資料を作成させて頂く事に!!
後日資料が出来た旨をご連絡すると、翌日にはご家族でご来店いただき、早速具体的なお話しとなりました。

まずはイメージパースをご覧いただくと、こんな感じで出来るのならお願いしますとご夫婦そろってお気に入り頂き、其れではとその足でご訪問し現場採寸をさせて頂く事に為りました。
お気に入り頂いたポイントをご紹介します。
まずは≪TVボード+収納スペース≫。
こちらは壁面収納でご提案をさせていただきました。
   
TVスペースは50インチをお考えだったので、空間サイズを合わせ、壁中央に配置向かって右側にはPCスペースとしてのデスクを入れています。
ご家族が集まるリビングにPCスペースを作ることで、忙しい中でも家族と過ごす時間が取れるようにとご提案させて頂きました。
 
また、左の収納スペースには照明を入れ棚板には8㎜の強化ガラスを仕様、圧迫感を軽減して飾り棚としても効果的なスペースに、TV上部の飾りスペース同様見せ方をアレンジしながら楽しんで使っていただけるスペースを取りました。

現場採寸の際『何やら障害に為りそうな装置が左上の壁に付いているのを発見』これは何ですか?と質問すると警報機の類で隠すことには問題ないです。との事でしたので側面に開口を入れて壁面収納の中に納める事にしました。
『本当に細かい相談も出来るんですね!!』とオーダーメードの提案力にご理解を頂きました♪

リビングの素材については、たまプラーザ店の壁面収納を見てご来店頂いた事もあり展示品同様ウォールナットに決定。
フローリング・建具の色とも合い、お届け完了時には『やっぱりウォールナットにして良かった』と喜んでいただきました。
ビジュアルももちろんの事、収納力・使い勝手も機能的な壁面収納となりました♪

次に≪キッチンボード≫
主能力を強化し、見える所と隠すところが欲しい・・・だけど天井に梁があり、既製品では中々イメージに合うものが無いンですよね~!!とM様
そこは、任せてくださいと、サクサク採寸♪♪
 
キッチンボードは耐水性を考えて水・熱にも強いメラミン材を使用。
サイズは背面の壁に収まり、大きめのレンジも乗せられるように奥行は500㎜でご提案
上台は400㎜と、少し奥行きを変えて腰から上の圧迫感を軽減。

右天板はスライドトレーになっていて、炊飯器を置いていただくようにお作りしています。
ご飯を炊いている時はスライドトレーを引き、磨ぎ汁蒸気をよけてお使いいただけます。

また、ゴミ箱を入れていただく為に可動式のワゴンを製作。

お届けの際はご主人様が立ち会って下さったのですが、ワークスペースの椅子が無いからということで、設置の合間にshopへ再来店!KAKI no isuをご購入
 
ご主人様は、『やっぱりオーダーって違いますね。』と職人さんが設置しているのを楽しそうに見ていてくれて、奥様も『家で過ごす時間も多くなるので、家にいるのが楽しみになります。』と後日、お立ち寄り頂き褒めて頂きました。
M様ありがとうございました!
その後ご家族みなさんでお使い頂いた感想などもお聞かせ下さい♪