オーダー家具の3rd -your life style shop-
2016.05.10

Y邸 ダイニングテーブル・カウンター収納・TVボード/サイドボード・他 お届け

「急ぎではない予定だった引越が急に来月することに決まって!家具は欲しいんだけど、どこまでオーダーで作ろうか悩んでいるので相談にのってもらえますか?」とご来店になったY様。

1609_01

ご新居は2階にリビングダイニング、1階に水回りと各部屋あるとの事。
図面と写真をいただき、今お使いの家具で持っていくもの、新しく必要なものを整理しました。
ご新居に合わせて「階段を上がってすぐの場所に腰高窓がある大きな壁があるので、そのスペースに合わせたサイズでTVボードと収納を考えています。ダイニングに置くテーブルにはなるべく大きなサイズが希望です。キッチンが壁に向かっていて、収納が何もないので間仕切りを兼ねてカウンターも考えています。あと、家の前が大通りで2階のリビングにいても下からの視線が気になるのでブラインドも。」
・TVボードと収納
・キッチンカウンターとダイニングテーブル
・ブラインド は、絶対必要!とお話がまとまりました。
まずは大まかなご希望をお伺いし、ご訪問することに。
ご新居で設置場所を確認しながら細かくお打ち合わせをしました。

1609_02

一番欲しかったのは収納との事だったのですが、ご新居を確認すると2階へ上がる階段やお部屋への間口が少し小さめ、大きな家具の搬入には外から吊り上げが必要では?との話になりました。
開口が大きく取れ、収納家具の搬入口になりそうなるダイニング側の窓の外にはウッドデッキがあり、目隠しの壁も立っているので吊り上げて、大きな家具を搬入すにもちょっと難しそうです。
なので、まずは搬入経路の確認をしながら家具のお話をし、プランニンを作成してご提案する事になりました。

お届けはまずはブラインドから。
2階のリビングダイニングは大通りに面していて、下からの視線がきになるとの事でしたので、ハンターダグラスの『DUETTE』トップダウンボトムアップをおすすめしました。

140529_121

トップダウンボトムアップはブラインド上部を下へ下げることが出来るので、下からの視線をさけ、日の光を室内に取り入れることができます。

1609_002

デュエットシェードは断面がハニカム(蜂の巣)構造になっています。
このハニカムが窓と部屋の間に空気の層を作り断熱材の役割をしてくれるので、冬は暖かく夏は涼しく、お部屋の温度を快適に保ってくれます。

次はダイニング。
テーブルはお子様が小さい間はここでお絵かきやお勉強までこなせるようにと、奥様の憧れだったという大きめサイズのダイニングテーブルです。
樹種はウォールナット材かチェリー材でお薦めしましたが、家具はお部屋の雰囲気に合わせチェリー材でお届けしています!

1609_05

日を改めてカウンター収納をお届けしましたが、このカウンターはキッチンとダイニングの間仕切りの役割も兼ねています。
ダイニング側から見たカウンター収納は、テーブルと一体になるようデザインしています。
普段はダイニングテーブルをカウンターに入れ込んで使いますますが、その時のテーブル長さは1400mm。
お客様が来た時にはカウンターから引き出せば長さ1660mmに。
カウンターと平行に置いても無理なく使えるサイズです。

1609_06

カウンターは、キッチン側とダイニング側とで仕様を変えています。
キッチン側は調味料などを収納するための可動棚と、炊飯器を収納するためのスライドトレーと移設コンセントを設置しています。

1609_07

その後、TVボードとサイドボードを。

1609_02

壁に合わせ真ん中から半分はTVボードです。
TVボードは高さ500mm、サイドボードは収納力を持たせるため窓下の高さ850mmに。

1609_03

サイドボードの壁側の一部には、ガラスの扉をつけて目線の高さに見せる収納部分をつくりました。

1609_08

お届けは、まずブラインド、ダイニングテーブルを先にお届けし、後日、カウンター、TVボード・サイドボードとお届けしました。
ご主人は毎回嬉しそうに届けを見ていてくださいました!

「実は納品直後に妻の誕生日があるんです。3rdの家具をとても楽しみにしているので、何かプレゼントできるような小物ありませんか?」とご相談いただきました。
そこでY様のご自宅で家具と一緒に時を刻むものとして、工場長デザインの1枚板を加工した3rdオリジナルの時計をプレゼント!
このサプライズに奥様にもとっても喜んでいただきました!

1609_09

後日、「ありがとうございました!家具も時計もとっても気に入ってます!」と嬉しいお礼のご連絡をいただきました♪
お部屋もすっかり落ち着いた頃でしょうか?
お近くにお越しの際には、ぜひ遊びにいらしてくださいね!

Y様、ありがとうございました!!
【TVボード&サイドボード W4410×D500×H500/850/2385】
【キッチンカウンター収納 W1800×D450×H1000】
【ダイニングテーブル W1660×D810】

たまプラーザ店

2016.04.18

A邸_ダイニングテーブル_チェア_特注ベンチ_特注ワゴン_トレーお届け

雑誌を見てご来店頂いたA様。
DSC_0022「自宅が小田原ですが…対応できますか?」と、ご来店されました。
「もちろんです!!」という事でお話を進めさせて頂きました。

「ダイニングスペースに無垢材の家具を置きたくて色々見てきたんですけど….」という事で、
さっそく図面をもとにお部屋の広さ、A様のイメージ、ご希望をお伺いしていきました。
初めにダイニングテーブルのご要望。
●テーブルはなるべく大きいサイズのものを置きたい。
●片側にはベンチを置き反対側には気に入った椅子を2脚置きたい。
●一枚板の雰囲気が好みだけど、見た目も重さもあまり重たい感じにはしたく無い。
という事でした。
そこで3rdとしてご提案したのは、一枚板の雰囲気を残した耳付きはぎ板のトラディションテーブル!
ita“はぎ板”とは、幅方向に無垢材を接いでいる板です。
2枚の板を幅方向に接着した板が2枚はぎ、3枚の板なら3枚はぎ、4枚なら4枚はぎとなります。
はぎ板は板同士で反りを抑制するため1枚板より板厚を薄く抑えることができるので、見た目も重さも軽くすることができます。
hagiテーブルサイズは図面を確認し、2100mmに決定!
2メートルを超える迫力のあるテーブルなので、大人数で囲めるように座卓にできるT字脚をご提案しました。
T字脚は脚の向きを変えることで高さを変えることができます。
ダイニングテーブルにも座卓にもできるのでフレキシブルに空間を使えます。
座卓写真テーブルの次は椅子です。展示の椅子をいろいろと座ってもらい、お気に入り頂いたのが、HUG CHAIR(ハグ チェア)。
「生地だと汚れや張り替えの事が気になる。」というご希望で座面は、すのこ状の板座に決定!
isuお話をしているなかでA様から収納について、ご相談いただきました。
「子供のおもちゃと主人が使っている脱着式のハンモックの収納場所がなくて困っているんです。。。」との事でした。
そこで「ベンチを箱型で製作し、ベンチ収納にしてはどうですか?」とご提案させて頂きました。
普段はベンチを壁側にきれいに一列に並べて使い、大人数で使うときはベンチを移動しテーブルを囲むこともできます。
ベンチ普段はベンチを壁側にきれいに一列に並べることができます。
追加でパーティーなどの際、お料理などをまとめて運べるワゴンもご提案させて頂きました。
wagonnまた3rdオリジナルトレーをとっても気に入って頂き、「大勢で集まった時に使ったらいいですね~!」とワゴンと一緒にご注文頂きました。
使わないときトレーはワゴンに重ねて収納できるサイズでお届けしています。
トレーテーブルとベンチを設置した後ご主人のハンモックをつけて頂き、お届け完了です!!
DSC_0052最後にハンモックを体験させて頂きました(^^♪
hanmokkuハンモック、楽しませて頂きありがとうございました。
テーブルや収納ベンチの使い心地はいかがでしょうか?
お近くにお越しの際には、是非お立ち寄りください!
A様ありがとうございました。

TRADITION(4枚はぎ)【W2100×D970 t.40/WN】
HUG CHAIR【Size:W463×D475×H720(415)/WN】
収納ベンチ大【Size:W1400×D450×H420/WN】
収納ベンチ小【Size:W700×D450×H420/WN】
ワゴン【Size:W650×D450×H800/WN】

東戸塚店

2016.01.15

ダイニングテーブルお届け

前回に続きまして今回はダイニングテーブルお届けした実例を一挙にご紹介します。

まずは都筑区のS様。自営業の為、ご自宅のミーティングルームに置く家具が欲しいという事で、ご来店頂きました。店内をご説明をしながら見て頂き、細かい詳細を決め製作し、お届けしました。

ダイニングテーブルは耳つきのウォルナットの板を選んで頂き、サイドボードは店内を見て奥様が「これがいい!!」ということで、鉄と天然木を組み合わせた3rdの新作シリーズ ” Fene (フェネ) ”を参考に製作していきました。
当初、テーブルの脚は変わった形にしたいという事でした。いくつかアイデアがありましたが、最終的にWAVEというソファーの脚のデザインを参考にダイニングテーブル、サイドボードの脚の形を決定しました。
サイドボードの扉は前面にテーブルがくるのでスペースの確保の為、引き戸にしています。
DSC_7972

そしてFENE SIDEBOARDに置いてある額には奥様に設計図、スケッチ、工房の写真などを飾って頂いてます。ありがとうございます。(^^)
DSC_7132

椅子にはT+S-2 CHAIR(arm)を選んで頂きました。張地はご主人の好みの色という事で赤にすることになりました。更にTK-LINE LED PENDANTの照明も赤で統一しました。照明は天井面にはソフトな光をテーブル面には下向きの光により上質なあかりを実現してくれます。
DSC_7131

楽しいミーティングになりそうですね。(^^♪
S様ありがとうございました。

【EX TRADITION DININGTABLE:W1600×D850~890×H670/Material:Walnut】
【FENE SIDEBOARD:W1600×D400×H850/Mterial:Walnut/アッシュ黒染色】
【T+S-2 CHAIR ARM:W510×D550×SH420/Material:Walnut】
【TK-LINE LED PENDANT:W1400×D38×H72/Material:アルミ塗装仕上げ】

line1_1

続きまして港南区にお住いのK様。ダイニングテーブルと椅子、スポットライトとライティングレールをお届けしました。
椅子はお店で実際に一脚ずつ座って頂きAD CHAIRと2031 CHAIRを選んで頂きました。
当初テーブルサイズも迷っていらっしゃいましたので、実際にK様のお宅に訪問し床にダンボールで作った型紙を置いてサイズ感をイメージして頂きました。K様からも「イメージがしやすいですね!!」とのお言葉を頂き、サイズを決めることができました。
DSC_7843

もともと吊り下げ式の照明のみでしたがK様は「壁を明るくしたい!!」との事で、ライティングレールを取り付けスポットライトにしました。DSC_7841

ウォルナットの家具がアクセントになり引き締まって見えるのでとても良い空間になりました。(^^♪
K様ありがとうございました。

【TRADITION  TABLE:W1700×D850~900×665/Material:Walnut】
【AD CHAIR:W555×D480×H680 SH385/Material:Walnut】
【2031 ARM CHAIR(板):W532×D540×H807 SH385/Material:Walnut】
【ライティングレール:W1605×D145×H86/Material:銅,アルミ/オフホワイト】
【スポットライト:φ50 H265/電球付】

line1_1

最後に青葉区のF様。引っ越しのタイミングに合わせてダイニングテーブルと椅子、照明をお届けしました。

F様にお届けしたBliss tableは職人の技が光る3rdの一番人気のダイニングテーブルです。天板の反り止めに”蟻形追入れ接ぎ”という古来の技法を使うことで幕板なくし、さらに脚を外側ぎりぎりに配置することで座った時の脚周りのゆとりを確保しています。
今回のBliss Tableは天板の角と脚にRをつけています。更に脚にはシボリを入れ細くしています。
DSC_1145

F様に選んで頂いたPePe CHAIR(arm)も幕板を気にすることなく収まります。
DSC_1143
Can Canの照明も形が綺麗ですね(^^♪気に入って頂けましたでしょうか?
DSC_1123

引っ越しの方も落ち着いた頃だと思います。(^^♪
F様ありがとうございました。

【BLISSTABLE(角R):W1550×D850×H680/Material:Cherry】
【PEPE CHAIR(arm):W536×D540×H725 SH395/Material:Cherry】
【CAN CAN:φ347 H360/Material:Black/Purple】

line1_1

今回もまとめて投稿させて頂きました。皆さまありがとうございました。
これからも色々な実例を投稿していきますので、皆様宜しくお願い致します。

また3rdではオーダーという形で、1台1台丁寧に、暮らしに合ったデザインをおこし、専門の職人がつくりあげます。
探しているけど見つからない、こういうイメージがあるなど、お客様の頭の中にある理想を是非お聞かせください。サードだからこそできるテーブルづくりがあります。
皆さまお気軽にショップまでお問い合わせ下さいませ〜^^!

2015.12.26

ダイニングテーブル 椅子 お届け

すっかり寒くなりました!
皆様、風邪などひかれていませんか?

今回はダイニングテーブルのお届けをまとめてご紹介いたします!

ブログを楽しみに待っていてくださっている皆様や、ユーザーの皆様には大変申し訳ございませんが、
お届けが続いてしまったため一気にご紹介させていただく事となりました m(_ _)m

冬休みで初めてこのブログをご覧になる方もいらっしゃるかもしれませんが、気になるお届けがございましたらショップの方へお気軽にお問い合わせくださいね!

それではご紹介させていただきます!

line1_1

川崎市のN様。

T1449_04

テーブルはスッキリとしたデザインで人気の『T+S-02 Table』。
反り止めにステンレスのプレートを入れているので、幕板がなく肘付きの椅子でも無理なく使用することができます。

T1449_05

椅子は『Cervo Chair』を選ばれました。
座面に布バネのダイメトロールを使用しているので、お尻あたりが柔らかく、長い時間座っていても疲れにくい椅子です。
アーム付きとアームレスを2脚ずつ。
くつろぎの時間にはアーム付き、ちょっと忙しい朝はアームレスでと使い分けができますね!
張り生地に選ばれたツイードのグレーは人気の生地です ♪

T1449_03

【T+S-02 Table W1500×D850×H700】
【Cervo Chair W504×D595×H765】

line1_3

さいたま市からご来店いただいたS様。

T1561_02

テーブルは『Tradition EX Table』。
通常ダイニングテーブルをつくるとき、節(枝が生えていたところ)のない材料を使いますが『EX Table』は「節も自然のもの、節がある所を使ったら、個性的な一枚ができるのでは!」と作られました。

無垢材の雰囲気を十分に味わっていただける3rdで人気のシリーズです!

T1561_01

椅子はテーブルの雰囲気に合わせたベンチを。
ベンチは使っていない時、テーブルの下に収まるサイズでお届けしています!

T1561_03

【Tradition EX Table W1600×D870×H650】
【Bench W1300×D400×H370】

line1_4

川崎市のN様。

T1452_02

N様のテーブルも『Tradition EX Table』。

S様の時にもご紹介しましたが『Tradition EX Table』はそれぞれ個性がある板なので、ご来店いただいた皆様それぞれに出会いがあります。
ぜひ気に入った板を選んでみてくださいね!

N様は天板の厚みが30mmとスッキリしているのに合わせて、脚も下へ少しずつ細くスッキリと見せています。

T1452_03

椅子は弓を張ったような大きな曲線が特徴の『Arco Chair』。
座面には人間の脂肪の感覚に近いと言われ身体にフィットする座り心地を実現する「ダイメトロール」という素材が使われています。
布バネのためとっても軽く、スプリングなどを使用している椅子と違い金属の軋み音がなく錆や折れといった心配もないということもあり耐久性が高いのも特徴です♪

T1452_01

【Tradition EX Table W1600×D870×H700】
【Arco chair W:480×D:530×H:800】

line1_1

川崎市のM様。
「モダンなイメージのものを探しているんですけど、なかかな気に入ったものがなくて。」と、ダイニングテーブルと椅子、背もたれ付きのベンチを探してご来店になりました。

T1674_01

テーブルは『Tradition EX Table』。
耳付きのウォルナット材の天板ですが、厚みが30mmとすっきり薄めで人気のテーブルです!

T1674_02

椅子は『AD chair』の板座とM様のご希望のベンチで決まりました。
ベンチはすっきりとしたシンプルなデザインで『AD chair』と合わせた板座です。

T1674_04

ベンチの脚もテーブルの脚も『AD chair』の脚のデザインと合わせています!

T1674_03

脚の形状を揃えた事で統一感が出てすっきりとまとまりました!

T1674_05

【AD chair wood W:555×D:480×H:680】
【Bench W:1400×D:490×H665】
【Tradition EX Table W1600×D850×H690】

line1_2

横浜市のA様が選ばれたのは天板厚が40mmあり、無垢の存在感をしっかりと感じて頂ける『Tradition Table』。

T1541_01

椅子は『AD chair』。
職人がパーツを曲げずに直接削り出して形をつくり、一脚一脚組み上げて出来ています。
腰をしっかりと支えてくれる背もたれ、肘置きのバランスと座り心地がとっても人気の椅子です。

オプションで付けられるクッションも一緒にお届けとなりました!

T1541_02

テーブルの脚は『AD chair』に合わせ、内側の上から下へ細く絞ってあります!

T1541_03

T1541_04

【AD chair wood W:555×D:480×H:680】
【Bench W:1400×D:490×H665】
【Tradition EX Table W1600×D850×H690】

line1_2

横浜市のT様。
「探しているソファが3rdさんにあると聞いて来ました。あとご相談もあって。。。」とご来店になりました。

T1566_01

T様が探していたのは『Sofa CHUNK』。
シートハイが低めにつくられた「ダイニングでくつろぐ」ためのソファです。
座面の底にはソファで使われているものと同じ、ダイメトロールを使用。
その上に厚めにウレタンを敷き、長い時間座れるようクッション性を持たせています。

T1566_02

食事の時にじゃまにならないよう、低めの肘がついていて、この肘は左右のどちらか、または無し、両肘付きと選ぶことができます。

T1566_03

そしてご相談というのが「今使っているリビングテーブルを『Sofa CHUNK』が使える高さにしてほしい。」との事でした。
「3rdでは自社工房を持っているので、テーブルをお預かりしソファに合わせた高さになるようパーツをお作りしましょう。」とお話をすると「それならお願いします!」とご契約いただきました。

T1566_04

オーク材でできたパーツが新たに追加された脚です。

T1566_05

お届けの時「探していたソファも見つかったし、テーブルもリメイクしてもらえるし、本当に嬉しいです!」とのお言葉をいただきました!

【Sofa CHUNK アームレス1P W540×D600×H680】
【Sofa CHUNK 1アーム1P W570×D600×H680】
【Sofa CHUNK 1アーム1.5P W840×D600×H680】

皆様、ありがとうございました!

2015.11.10

S邸 ダイニングテーブル・椅子 お届け

ご新居引っ越しを機に、ダイニングセットの入れ替えをしたいということでご来店くださいました。
S様が今まで使っていたテーブルのサイズはW1200xD800くらいとの事。

「ちょっと手狭な感じなんです。マルチテーブルとして活用したいので、もう少し大きめのサイズが欲しくて。。。」とご相談いただきました。

ダイニングテーブルはお部屋の図面を見ながら、置き場所や家族構成を考慮しサイズを決めていきますが、照明の位置が決め手になることもあります。
S邸では吊り下げタイプの照明をお使いでしたので、効果的に照らされる位置を確認し、キッチンカウンターに直角に置く置き方のご提案をしました。
この時、奥行きを大きく取ってしまうと圧迫感が出てしまうので、長さは1600mm、幅は850mmでお薦めしました。
このサイズであればカウンターから離して、平行に置いて使うこともできます。

T1547_01

「カウンターに付けて置くとゆったりとして、お部屋も広く見えますね!!」

ダイニングテーブルに必要なサイズを考える時。
テーブルは1人分でW600mm×D400mmは必要となります。
椅子に座った時、テーブル端から椅子の背もたれまでが約400~500mm。
椅子から立ち上がる時、椅子の引き幅は約800mm。
これが1人分に必要なサイズとなります。
4人で使う事を考えると、畳で約3畳分のスペースが必要となるのです。

pict_interior_01_02

サイズのご説明をしながらテーブルを見て頂き、S様が選ばれたのが3rdで定番人気の『bliss table』。
天板に40mm厚の無垢材を贅沢に使いながら、すっきりとシンプルなデザイン。

T1547_03

脚が天板の四隅に付いているので、足もとのスペースをゆったりと確保することができます。
また、天板の反り止めに幕板を使わず「蟻形追入れ接ぎ(アリガタオイイレツギ)」という技法を使っています。
幕板をなくしたことで、肘付の椅子もスッキリと収める事ができるんです!

3

テーブルが決まったので、次は椅子選びです♪

「リビングよりダイニングでゆったりとした時間を過ごしたい!」ということで『T+S-02 チェア』をご紹介いたしました。
『T+S-02 チェア』の座面には、ダイメトロールという弾力性のある布バネが使用されていて、お尻あたりが柔らか。
座面の傾斜や背座角度など『人間工学』を用いて設計されているため、食事の他に、パソコン作業やTVを見たり、本を読んだりと、くつろぐにも最適な椅子です。

T1547_02

背もたれにしっかり身体を預けてくつろぐために、オプションで背もたれ用のクッションもご用意しています。
S様は「木の背もたれの後ろ姿も好きです!必要になったら後で買い足しできますよね?」との事で、2脚だけ背もたれを付ける事になりました!

T1547_04

お届けはお引越しに合わせて、2ヶ月後。。。
設置後、皆様に座っていただき記念撮影!
「ほんとにゆったりできるダイニングセットが出来ました。ありがとうございました!」と嬉しいお言葉を頂きました~!

T1547_05

そのお届けから約1週間、
「いやーホントに座りやすい椅子で(笑)」とご来店いただきました!
リビングに併設された「DEN」というお部屋にパソコンとお子様の机が一緒になったワークスペースがあり「そこに同じ椅子をもう2脚置こうかと思っているんです。」とのことでした。
同じデザインだと、来客時にも使えていいですよね!とお話は進み、張り生地の色違いで2脚、ご契約いただきました!

T1547_06

「DEN」とは、巣・洞穴を意味する英語から出来た言葉だそうで、「隠れ家のような小さな部屋」、書斎や趣味の部屋など多目的な小部屋を指します。
お届けした椅子でお子様と並んでお勉強やお仕事、お食事の時間が楽しく進むといいですね!

全てのお届けが終わり「3rdさんにお伺いして良かったです!」と、またまた嬉しいお言葉をいただけました!

T1547_07

ダイニングでのくつろぎ時間をお楽しみくださいね!
S様、ありがとうございました!

【bliss table W1600×D850×H700】
【T+S-02アームレスチェア W460×D545×H730】

たまプラーザ店

2015.10.31

K邸 ダイニングテーブル、椅子 お届け

茅ヶ崎にお住まいのK様。

ダイニングテーブルと椅子をお探しでご来店になりました。
椅子は2脚。片側はナラ材の収納付きのベンチに決まっていました。

H2191_01

店内のテーブルを見ていただき、気に入ったのが『トラディションEX』。

通常ダイニングテーブルをつくるとき、節(枝が生えていたところ)のない材料を使っていますが
『トラディションEX』は節も自然のもの、節がある所を使ったら、個性的な一枚ができるのでは?と
作られた、3rdで人気のシリーズです!

K様もピン!とくる出会いがあったようで、「これ、いいですね~。」と、
たくさんある板の中から1枚の板を選ばれました。

H2191_02

「でも、ベンチをナラ材で作っているので、ウォールナットとの組み合わせってどうなんでしょうかね。。。?」
ベンチもとても気に入って選ばれたもので、樹種が違ってしまうのを気にしているご様子でした。

トラディションの両側は「耳」と呼ばれる辺材(木の皮に近い部分)で、
心材(木の中心に近い部分)から比べるとかなり明るい色合いをしています。

H2191_03

「心材から辺材、椅子へとグラデーションのようになっていい雰囲気になると思いますよ?
気に入っていただいた椅子もナラでできるので、ベンチと素材合わせ出来ますよ!」と、おすすめしました。
「あの椅子、ナラで出来るんですか?じゃ、その組み合わせでお願いしようかな!!」

H2191_04

座り心地とデザインで気に入っていただいたのは『アルコチェア』。
張り生地に明るいグリーンを選ばれて、ウォールナットとは違った優しい雰囲気です!

H2191_05

お届けを楽しみにして頂いていたK様。
使い心地はいかがですか?

近くにお越しの際にはぜひ、お立ち寄りくださいね!
K様、ありがとうございました!!

【トラディションEX W:1600×D:850×H:700 / ウォールナット】
【アルコチェア W:480×D:530×H:800×SH:420 / オーク】

東戸塚店

2015.09.28

Y邸 ダイニングセット・ソファ・AVボード お届け

DSC_7062マンションにお住まいだったY様。
一戸建てを購入され、お部屋の雰囲気に合った家具をと、ご来店くださいました^^

図面をお持ちということでしたので、早速シュミレーションしてみることに!
Y様のリビングは横長で、仕切りの壁がまったくない広々としたお部屋。DSC_7056南側にお庭につながる掃出し窓が中央の壁(1500mm)を挟んで2面あり、
解放感と明るさを持ち合わせた素敵なリビングでした。DSC_7058
Y邸のような、ひろびろとした空間に家具等を配置する場合は、
壁を使ってモノを置くと、どうしてもうまく動線が取りきれないこともあります。
加えて、見た目的にもバランスが難しくなってきます。

そこでY様にはソファ等の家具を、真ん中付近に配置することを提案させていただきました。
リビングの掃出し窓に挟まれた壁を有効利用し、ここにはTVを持ってくる。
TVを中心としてキッチン寄りにダイニングを、
和室に少し寄るようにソファを配置する。

DSC_7062-1そうすることで、動線の確保とともに空間をやわらかく仕切るということができます。
解放感を残しつつ、さらにはお部屋の機能性を持たせるというわけです。

暮らしの中で『食べる場所』『くつろぐ場所』『寝る場所』等を分けることは、
生活にメリハリをつける意味でも大切なことですよね。
しかもそこには、その目的の場所に対して、ストレスなく行き来できるということが基本になければなりません。

どこからどのような配置にすれば・・・と迷っている方は、こうして空間の軸になるところを決めてから、
動線を意識しつつ展開していく方法もあるのでぜひ試してみてくださいね^^

Y様のご希望としましては、
・ダイニングテーブルは部屋の雰囲気に合ったものを。
・できればお庭も見れるような配置に。
ということでしたので、それを踏まえながらお話をさせていただきました。
そして、おおよそ決まったところで、イメージ見えてきました!とこの日はお帰りに。

それから1週間。もう一度お話しをということで再度来店してくださいました^^
「あれから、私達もイメージつけた上で部屋をもう一度見てみました。」
「他の所にも行ってみたのですが、、やはり3rdのものが~」
と嬉しいお言葉まで!ありがとうございます!!

さらにお聞きすると、約1ヶ月半ほどで引っ越しすることが決まっておられました。
「それまでには欲しい。。
 とにかく決められるものから、決めたいと思います!」とY様^^

それでは!と、寸法をもう一度確認し、まずはテーブルから見ていくことに。

ご希望はお部屋の雰囲気にあったものをということでしたので、
これからご家族でお使いになる上で、雰囲気が出てくるもの、味になっていけるものとして
無垢材一枚板の【 トラディションEx 】をご紹介しました。

板写真(お店)595[1]通常3rdの定番商品のテーブルに使われる天板は、節と呼ばれる枝の生えていた痕を表面に出さないように
多くの剪定を加えながら作っていくのですが、このトラディションExは、
もともとの剪定過程を少なくし、木のもつ本来の表情、形状を極力自然な状態で板剥ぎをして製作しています。
本来当たり前にある表情を当たり前に。それがトラディションEXです。

サイズは、W1600 x D900
この板であればお部屋にぴったり!板はこれに決めます!!ほぼ一目ぼれに近い状態で決まりました♪

あとは付属する椅子ですね。
すると、ご主人は前に来た際にもう決めていたという椅子が^^
それが【 NENE chair 】DSC_7077NENEは、3rd工場長 山下谷(やましたや)デザインのオリジナルチェアで、
男性でもゆったりとできる大きめの座面に、長時間座っていても疲れないように
お尻当たりにはなめらかな座刳り(ざぐり)を施した椅子になります。

張り座もあるのですが、奥様も同意見で板座になりました♪DSC_7088

ただ、フルアームな為、立ち座りの多い奥様はそこが気になるご様子。
「さっと出れた方がよいのだけど、全くないのも...。」
そうですよね。少しだけでも肘が乗せられると楽なんですよね~ということで、
ハーフアームの【 AD chair 】をご紹介しました。

NENE chair フルアーム                 AD chair ハーフアームDSC_7085深くなり過ぎない奥行き感と、腰を支えてくれる背もたれから流れるように少しだけ前に突き出したアームのAD。
これですと、条件が満たされているのでは?DSC_7082-1奥様にも気に入っていただき、完成したダイニングセットがこちらです。
お部屋の雰囲気にしっくりと合ってますよね^^
DSC_7076-1DSC_7066
おつぎは~お部屋の中心となりますリビング空間のTVボードです。

壁のサイズに合わせたこんな感じは?と【 HELLA TVB 】を見ていただきました。
「引き出しがあるのは助かるなぁ~」とY様。
そこで、一度お部屋を見せてもらい、細かく採寸後お作りすることに。

出来上がったのがこちらです!DSC_7074HELLAは、切断面を見せないように板の接合部を45°に仕上げて組み立てられており、
職人芸の光るスッキリとシンプルながらも機能的に作られているボードなのです!
さらに木目が通るように接合されていますので、細部まで美しいボードなのですよ~

さらにテレビを見ながらゆったりと過ごすソファは~と♪
お店にあるもの全てにに座っていただきました。
3rdでは、座り心地の違うものを揃えていますので、
みなさまにも、どれかは!おそらく!気に入っていただけるのではないかなと思います^^

Y様に選ばれたソファは【 INNOSENCE 】
ゆったりとした形の中にも、もっちりと体を支えてくれる、そんな座り心地を気に入っていただけました。
座面クッションの下にある土台にはイタリア直輸入のウェービングテープを使用しているため、耐久性と体圧分散性能に優れています。
また、クッションには高密度ウレタンとともに、ハンガリー産マザーグースのスモールフェザーをふんだんに用いています。特有の臭いが少ない上に、弾力性と発散性に優れているので、ふんわりとしたクッション性を保つことが出来ます。
天日干しすることで、さらにふんわりさせることができますよ♪DSC_7095生地選びは少々悩まれていましたが、お部屋に合うものを選ぶのですから当然ですよね^^
たくさんある生地の中で、今回は〈 ALDECO アルデコ 〉というブランドの物も紹介させていただきました。
アルデコはポルトガルのブランドで、ヨーロッパ全土で注目を受ける新鋭のファブリックブランドになります。
艶やかでエレガントなものや、多彩な糸を織り込みながらもシックで大人な雰囲気であったりと、ワンランク上の空間を演出してくれます。

Y様にも大変気に入っていただき、オリジナリティのあるソファが出来上がりました。DSC_7096

さらにさらに^^「少しお茶とかも飲みたいけど、リビングテーブルではなくて、そのかわりになるようなものは~?」
ということで、ソファに差し込んで使うサイドテーブルのような【 Plug table 】をおススメすると、

「コレコレこうゆこと!圧迫することなくくつろげそうです。」と喜んで下さったY様。

DSC_7094DSC_7068

居心地はいかがでしょうか~くつろげていますでしょうか?

Y様、ありがとうございました!

たまプラーザ店

2015.09.21

I邸 ダイニングテーブル・椅子・AVボード お届け

I様はお引越しを期にダイニングセットとTVボードを探してご来店になりました。

1418_01

ご新居の図面を持ってご来店頂いたのでさっそくレイアウトのお話から。
まず、レイアウトのお話をするとき、ダイニングテーブルやTVボード、ソファの大きさなど、家具の大きさや
家事動線のお話をしていきますが、その他にも大切な要素があります。

それは照明の位置です。
ダイニングテーブルの位置と照明の位置が決まるとレイアウトも決まってきます。
レイアウトが決まるとテーブルサイズも決まります。
I様のダイニングスペースにはW1500のテーブルをお薦めしました。

1418_02

しかし、I様には1点気になってた事が。。。
3rdで展示していたテーブルは角のあるシャープなデザインが多い事。
I様は角の丸いものがご希望でした。

そこでご提案したのが『T+S-01 table』です!
このテーブルは、前回のブログでご紹介した『T+S-02 table』と同じデザインで角が丸くなったものです。
シャープなラインはそのままに角が丸くなることで、柔らかな印象になります!

1418_03

「これなら優しい感じで部屋にも馴染むね!」とテーブルは『T+S-01 table』で、椅子は座り心地で選ばれた『T+S-01 chair』で決定となりました!

1418_04

『T+S-01 chair』は「3次元曲木」を使った背もたれが印象的なデザインの椅子です。
背もたれから脚までが緩やかな曲線でつながり、スッキリとし3rdの中では小さめの椅子です。
座面にダイメトロールを使っている為、おしりあたりも柔らかく長い時間座っていても疲れにくいのが特徴です。

座面はシックなチャコールグレーに決定しました!

1418_05

テーブルと椅子が決まると「せっかくだからリビングは同じ質感やテイストで揃えたい!」とI様からご要望があり
一緒にTVボードもご提案させて頂きました!

「すっきりしたデザインで扉は必要ないです。デッキとCDが置けて、高さも低めのものがいいです。」との事でしたので、「HELLA」のシリーズのオープンTVボードを見ていただきました。

1418_06

「HELLA」は3rdでも人気のシリーズです。切断面を見せない工夫がされた「HELLA」。
正面から見えるパーツは内側に向かって斜めになっているので、圧迫感がなくシャープな印象です。

1418_07

特に扉がないので、奥行きもコンパクト。
高めの脚がついたすっきりとしたデザインで「イメージにぴったり♪」と、とても気に入っていただきご契約となりました!

1418_08

お届けの時。
「本当に楽しみに待ってました!!」と、首を長くして待っていてくださったI様。
お近くにお越しの際には、ぜひお立ち寄りくださいね!

【T+S-02 table W:1500×D:850×H:700】
【T+S-01 アームレス chair  W:430× :485×H:770×SH:420】
【HELLA OPEN TVBOARD W1500×D450×H450】

2015.09.20

U邸・K邸 ダイニングセット お届け

今回はダイニングテーブルと椅子のお届けを2組ご紹介いたします!

line_02

U様はお引越しに伴い、ダイニングテーブルの買い替えを検討中でご来店になりました。

1443_01

「今後のライフスタイルの事を考えて、少しゆったりとしたサイズが欲しいなと思っているんですが、
サイズや色で迷っているんです。」とご相談を頂きました。
早速、お部屋の様子をお伺いしレイアウトやサイズからご提案をすることに!

ダイニングはキッチンカウンターが大きく平面図に書き出して見てみると、あまり大きなサイズは置けなそう。。。
ですが、よくお話をおうかがいすると、U様のご希望は「可能な限り大きめのテーブルを置きたい。」との事でした。

それでしたらカウンター下を有効的に使って長さを確保出来るように、また奥行きも大きくなり過ぎないようにしましょうとお話をし、サイズはW1500×D850×H700で決定となりました!

1443_02

サイズが決まったところで、今度は樹種。
濃い茶色のウォールナットにしようか?淡く白っぽい色合いのメープルにしようか??
確かに難しところですよね(^-^)

お部屋全体の色合いは、床も壁もキッチンも白がベースとの事。
そこで白い床や壁にウォールナットの様な濃い色目の家具を置くとお部屋全体が締まった印象になりますよ、と
以前にお届けした実例写真を見て頂きました。

1443_03

写真を見て頂きながら、デザインはどんなものがご希望ですか?とお伺いすると「シンプルですっきりが希望です。」との事。
それなら!と、ウォルナット材で出来た『T+S-02 table』をお薦めしました。

1443_04

『T+S-02 table』はすっきりとシャープなデザインが人気のテーブルです。
U様にもこのデザインを気に入って頂き、テーブルは『T+S-02 table』に決定しました!

続いて椅子です。
店内の椅子に一通り座って頂いた中でU様に気に入って頂いたのが『T+S-01chair』です。
『T+S-01chair』はこの時入荷したばかりの新作で、3rdでは珍しい「3次元曲木」を使ったデザインの椅子です。

1443_05

背中全体をしっかりと包み込み優しく支えてくれる背もたれと、背もたれから脚までが緩やかな曲線でつながった優しいライン。
横から見てもすっきりとしたデザインの『T+S-01 chair』。

1443_06

大きすぎず、軽量で座面にはダイメトロールを使用しているのでおしり当たりも柔らかく、長い時間座っていても疲れにくい椅子です。

U様も座った時のフィーリングがとっても気に入って、この椅子に決定となりました♪
座面の色は少し遊び心を入れて2色選ばれています!

1443_07

U様、そろそろお引越し後の荷解きも落ち着かれた頃でしょうか?
また何かございましたら、お立ち寄りくださいね!

1443_08

【T+S-02 table W:1500×D:850×H:700】
【T+S-01 アームレス chair  W:430× :485×H:770×SH:420】

line_02

K様は「ダイニングテーブルを探していて。ちょっと見せてください。」と、偶然お店の前を通りかかりご来店になりました。

店内を見ていただくと。。。
展示をしていた『T+S-02 table』に一目惚れをされたようでした。

2358_01

お部屋の間取りをお伺いすると、どうやらサイズもピッタリ。
なにより展示していたテーブルと椅子の組み合わせがとても気に入ったご様子でした。

2358_02

椅子は「3次元曲木」の柔らかなラインが綺麗な『T+S-01 chair』。
張り生地は人気のある明るいグリーンで生地も展示のものを気に入って頂きました。

2358_03

「もしよろしければ、このテーブルをお届けしますよ」とお薦めすると、
「一度帰って考えてみます。。。」と、とっても悩まれて、その日はお帰りになりました。

後日。
「先日テーブルを見せて頂いたのですが、あのテーブルと椅子のセットでお願いします!」とご来店頂きました!

2358_04

テーブルは展示していた木目を気に入っていただいたので現品を。
椅子の張地は気に入っていただいた展示と同じグリーンで改めて製作させて頂く事になりました。

2358_05

グリーンの張り生地は、明るいK様のダイニングにぴったりですね!

K様、使い心地はいかがでしょうか?
またお近くにお越しの際には、ぜひお立ち寄りくださいね!

【T+S-02 table W:1500×D:850×H:700】
【T+S-01 アームレス chair  W:430× :485×H:770×SH:420】

U様、K様、ありがとうございました!

2015.09.08

K邸 ダイニング・ソファ お届け

新築マンションへお引越しのK様。
家具を新調したいとのことでご来店くださいました。
お求めだったのは、ダイニングセットとソファ。

図面をお持ち頂いていたので、それを見ながらまずは大きさとレイアウトを一緒に確認です。
そして、家具のサイズ、置き方が決まったところで、店内の商品をいろいろ試していただきました^^

その中で気に入っていただいたのはこちら。

 ダイニングテーブル  T+S-02
 ダイニングチェア   Cervo
 ソファ        POUND

007床に合わせて、木材はウォールナットに。

ダイニングテーブル【 T+S-02 】は、天板が30mmと薄めで、反り止め用の金具を天板に埋め込んであるためスッキリ見えます。K様にもこの細見で軽快な印象を特に気に入って頂きました♪
木材はウォールナット材限定ではあるのですが、和・洋風限らずモダンな空間にフィットするダイニングテーブルです。img_table_05[1]          これが反り止め 奥行き方向に保定します
140309_02[1]のコピー木材の反りは水分の蒸発による乾燥時のねじれや収縮による変形のことを言いますが、この反りが起きるのはほとんどが幅方向になります。テーブルですと、奥行きに変化をきたしてきます。ですので、このように反り止めをするわけです。

K様のダイニング、木目も綺麗です~
DSC_6811                                                          

続いて、ダイニングチェアのセルボは、脚の木組みデザインが特徴なのですが、強度もあり、奥行があるため、ゆったりと座ることができます。オプションではありますが、取り外し式の背クッションもあるので、気分によって色も座り心地もかえられて楽しいですよ♪写真右、アームなしにすることも可能です。

DSC_0663K様のセルボチェアは赤色とえんじ色。009008
照明とも合っていて、とっても素敵ですよね^^DSC_6803
ソファは、【 POUND パウンド 】と【 CHILL チル 】でかなり迷われていましたが^^
座面が1シートということと、座り心地のお好みでパウンドに決まりました!
2265_06[1]-2パウンドはウレタン6層積層型で座面がやや硬めのソファになります。
しっかりとした座り心地がお好きな方におススメです!
背クッションはシリコン加工ポリエステル綿で高密度のウレタンを包みこんでおり、
上半身を優しく支えてくれる構造になっています。
また、フレームは張り込みなのですが、座面と背クッションは季節や気分によって替えることもできますよ♪

K様は、全体の雰囲気、汚れを考慮してブラックにされました^^空間をうまくまとめてくれていますよね。006DSC_6804010パウンドはやわらかなフォルムでかわいらしいイメージがありますが、樹種や生地によってガラッと雰囲気が変わるのも魅力の一つかもしれませんね^^

K様には納品を楽しみにお待ち頂ていたようで、当日はとても喜んでいただけました^^
それからいかがお過ごしでしょうか?
また何かありましたらお気軽にお声掛けくださいね。

ありがとうございました!

たまプラーザ店

2015.08.31

K邸 ダイニングセット ソファ お届け

ご主人の仕事のご都合で、購入後住めていなかったというK邸。
配置を含めてコーディネートしてほしいとのことでご来店されました。DSC_8134のコピー今はお子様も成長し、テーブルが手狭になったということ、
来客があった場合でも対応できるようにしたいとのご要望があり、
大きさを伺いながら~3rdでの家具づくりのお話もさせてもらいながら~
レイアウトなどのイメージを一緒にふくらませて~♪の楽しい作業をさせていただきました^^
すると「可能であれば一度、部屋を見て欲しい」とK様。
そこで改めて訪問させていただき、寸法など見ながら具体的に配置を決めていきました。

リビングとダイニングの間にウッドデッキのあるとても素敵なK邸。
今までのダイニングは、キッチンと平行に置かれており、さらにテーブルの奥行きも950mmと広めだったため、
人の動く導線が少し狭い状態でした。。DSC_8127
そこで、ご提案させていただいたのが、奥行き800mmと少しスッキリとさせた【 Bliss ブリス 】というテーブルです。
たかが15センチの差とはいえ、これで印象も感覚もかなり違ってくるのです。DSC_8132DSC_8168'ブリスはさらに “レッグジョイント” といって、6角レンチ1本で脚が固定できるテーブルで、
同じ仕様で、リビングテーブルの天板と、替え脚を作ることによって、K様ご要望の来客時にも対応可能なテーブルにすることができるのです!!
その替え脚の付け替えによって、
 
 1.ダイニングテーブル、リビングテーブル、それぞれとして ~普段用~
 2.ダイニングテーブルの延長 ~来客時~
 3.たまにはダイニングを座卓として ~雰囲気をかえたい時や、さらに大勢の来客時など~

DSC_8144

という具合に高さのバリエーションに加え、一時的に大きいテーブルにすることも可能なのです。
K様にご提案させていただいた時には「斬新で機能的ですね!」
と大変興味をいただけたシロモノです^^

さらに居心地のよいダイニングにするには?
使いやすいダイニングセットとはどんなものでしょうか??

ご飯が食べやすいのはもちろんなのですが、、
ダイニングってもしかするとソファよりも居る時間の多い方、けっこういらしゃるのではないでしょうか?
私は、中高生の時にはそこで勉強していましたし、母はご飯の下ごしらえの場所としても使ってました。
家族みんなでテレビ見ながら話したり、雑用したり、
キッチンに近いので飲み物だってすぐに取りに行けちゃう便利な居場所ですよね^^

座って、物を取りに行って。。また座って、と。

けっこう使用頻度と動きのある場所なのがダイニングだと思います。
そこで、大切に考えていただきたいのが差尺といわれる空間になります。pict_interior_01_04[1]
差尺とは、” テーブルの高さ と 椅子の座り座面の高さの差 ” のことを言いますが、
これを” 280mm ” 前後に収まるようにすると、座った時、立ち上がる時に無理がなく、食事の際にも使いやすいダイニングセットになるのです。

K様はすでに使いたい椅子が決まってらっしゃいまして^^
それは【 Arco アルコ 】
アルコは弓を張ったような大きな曲線が特徴の椅子で、座り座面の高さが、420mmと
ブリスのテーブルとの差尺は280mm!ぴったりですね!!
ということで、バランスもクリアになり、後は楽しい生地選び♪
訪問時に実際に椅子をお持ちし、お部屋の雰囲気に合うものを選んでいただきました。

DSC_8160
と同時に、実は以前ちらっとソファについてもお話があったため、その際に気に留めていただいていた
【 LATTICE ラティス 】というソファも念のためお持ちしておりました^^
ラティスは、座面にNASAで開発されたレスピールという新素材が使われており、人の体温でゆるやかに沈み込み、部分的な圧力を分散してくれるため、長時間座っていても疲れにくいソファなのです。

もしお時間があればなのですが、置いて雰囲気など見てみませんか?とオーナー♪
K様にも快諾していだだき置いてみると、、

DSC_8169'
DSC_8153'DSC_8171ダイニングと同じ仕様で作った、リビングテーブルとも良くあってますよね。
後ろの格子デザインもK様に気に入っていただけたポイントでした。
展示品ではあったのですが、ソファはもちろん生地の状態も良いためご用意させてもらいましたが、
生地の色も大変気に入っていただき、
「せっかくなので、置いて行ってはもらえませんか?」とうれしいお言葉^^
もともとあったソファと入れ替えでそのまま置いてくることになりました♪

たくさんの方が訪れるというにぎやかなK邸。
これからまたさらにダイニング、リビングともに楽しそうな声が弾んできそうですね♪

K様、ありがとうございました。

たまプラーザ店

2015.08.22

K様 ダイニングテーブル・椅子 お届け

「時々、お店の前を通っていて気になっていたので。」とご来店になったK様は
ご新居にお引っ越しが決まっていて、ダイニングテーブルと椅子をお探しでご来店になりました。

「どんなデザインのテーブルがありますか?」との事で、今までお届けした写真を見ていただこうと
パソコンが置いてある店内のテーブルにご案内しまいした。
しばらくいろいろな写真を見ながらテーブルや椅子のご説明をしていると、
「このテーブル、いいですね。。。」と気にって頂いたのが『bliss table』でした。

2345_01

『bliss table』は3rdの定番で人気のテーブル。
無垢材の雰囲気をしっかりと持っていながら、すっきりとしたシンプルなデザイン。
天板の反り止めに「蟻形追入れ接ぎ(ありがたおいいれつぎ)」という技法を使っています。

ブリス

反り止めに幕板を使っていないので脚元のスペースが広く取れ、肘付きの椅子でもゆったりと使う事ができます。

2345_02

実際にテーブルと椅子を見ていただきながらご説明していると「ダイニングでゆっくり食事したいので、
椅子はこれがいいな!」と、その時に座っていた肘付きの椅子をそれぞれ選ばれました。

ご主人は『PEPEチェア』、お子様には『アップライト』、奥様は『Cervoチェア』です。

2345_03

PePeチェアとCervoチェアは座面が広く、どちらもゆったりとした座り心地で人気の椅子です。

奥様が選ばれたCervoチェアは座面にダイメトロールを使用しているので、おしりあたりが柔らかく
長い時間すわっていても疲れにくい椅子です。
さらにオプションの背もたれのクッションをつければ、ダイニングでゆったり過ごすのにはピッタリ!

2345_07

ご主人は座り心地とデザインが気に入ってPePeチェアを選ばれました。
フレーム全体の木部は丸く見えますが、実は背もたれからひじまでは丸みを帯びた四角になっています。
肘を置いた時の安定感と握りやすさが計算されたデザインで、座面幅が大きめなので男性でもゆったりと座れます。

2345_08

アップライトは座れるようになったお子様から大人になるまで使える椅子です。
お子様の成長に合わせてこまめに座面と足置きの高さの調節ができ、
「姿勢を守る椅子」として設計デザインされています。
広めの背もたれは大人が座っても腰がしゃんと伸びるよう、しっかりと背中をサポートしてくれます。
グリップ式で工具も不要。女性でも簡単に高さの調節ができます。

2345_09

K様ご夫婦が選ばれたダイニングセットがこちらです!

2345_04

何度かご来店いただいているうちに展示していた照明も気に入っていただき、照明まで含めたダイニングセットをお届けとなりました!

2345_05

2345_06

お引っ越し直後にお届けとなりましたが、もう落ち着いた頃でしょうか?
また近くにお越しの際にはぜひお立ち寄りくださいね!

K様 ありがとうございました!

bliss table / W1500×D850 / Walnut 
PePep chair / W536×D540×H755 / Walnut
Cervo chair / W504×D595×H765 / Walnut
UPRIGHT(ベビーシート付)/ W460×D550×H830
maxray照明 MP40281-21 / φ158×H275×L1800 

東戸塚店