オーダー家具の3rd -your life style shop-
2016.11.29

K邸 トータルプラン 追加お届け 

2度目の引越の際にもご来店いただき、家具をお届けしているK様。
「自宅を事務所と兼用にするとの事になったので家具を追加でつくってもらいたくて。」とご来店いただきました。
以前のお届けはコチラ→K邸 TOTAL PLAN / ブログ→K邸 トータルプラン お届け

「前に届けてもらった家具を活かして、追加して欲しいパーツがあるんです。今回もデザインは店長に全ておまかせします。いい感じにしてください(笑)。」

space-design_H2430_K01

新たに追加する家具は、
ベッドを隠すパーテーション・人数が増えたので人数分のデスク・書類を入れるための鍵付きのロッカー。
クローゼットの追加としてパンツ収納とネクタイ収納 がご希望でした。

前回お届けしている図面を再確認。
元の家具を活かしつつ、家具の仕様を変えたり追加しても使いやすいレイアウトになるようにと、店長、試行錯誤でとっても悩みました(笑)。

完成がこちら!
まずはベッドを隠すためのパーテーション。

003

以前お届けしたオープンシェルフにフレーム付きのデザイン硝子、ネクタイ収納ケースのパーツを追加で制作しはめ込み、シェルフの奥にあるベッドが見えない様にリメイクしています。

002

鍵付きロッカーとパンツ収納は一体型収納として製作し。。。

009

ベッドを完全に隠す事ができました!

010

チェストと壁面収納の位置を替え、スーツと靴を収納していた壁面収納を資料用にリメイク。

000

以前はシューズクローゼットだったとは思えないほど、収納力たっぷりの書類用の収納に変身しました!

101

011

デスクは以前製作したものと同サイズで、二人での作業がしやすいように両袖の収納を無くした仕様でもう一台製作。
収納をなくした替わりに、可動式のワゴンを制作しました。

0000

お客様とのお打ち合わせ用にダイニングテーブルとベンチ、椅子もご用意。

014

K様には展示していた3rdで大人気の鉄脚のfeneシリーズをとっても気に入っていただき、テーブルとベンチとセットで、板座のベンチには特注のクッションも制作してお届けしました!

013

K様のお届けは、いつも総出でお伺いして作業になります(笑)。

004

012

お届けが無事に終わって、全てがスッキリと収まった様子を見てホッとした店長(笑)。

K様の新しいお仕事が順調に進むよう、全力でお手伝いさせていただきます!
お近くですので、また遊びにいらしてくださいね。

K様 ありがとうございました!

【特注収納 W1150×D380×H1640】
【デスク W1800×D600×H700】
【デスクワゴン W350×D530×H590】
【Fene Table W1600×D850×H700】
【Fene Bench W1300×D400×H420】

2016.10.23

新商品入荷のお知らせ!!

fene_t_03
鉄と天然木を組み合わせた3rdの”Fene(フェネ)”シリーズに新しい商品が加わりました!!

“Fene(フェネ)”シリーズはお客様の鉄脚ベンチのご依頼から始まり、サイドボード、ダイニングテーブルとシリーズ化していきました!
fene_004Fene Sideboard w.1600 x d.450 x h.850 ¥350,000(税別)
Fene Diningtable w.1600 x d.870 x h.700 ¥280,000(税別)
Fene Bench w.1300 x d.400 x h.425 ¥250,000(税別)
※素材,サイズ等オーダー可

そして今回は鉄のT字脚を製作しました!
T字脚ってなに!?と思う方もいらっしゃると思いますので少しご説明させていただきます。
天板をのせるだけで使えるテーブルの脚で、脚を横に倒すと座卓にもなるすぐれもの!!
大人数の来客の際は座卓にして、みんなでワイワイテーブルを囲むことができます。
天板と脚は連結していないのでダイニングテーブル、座卓にする際の工具なども不要!!
またテーブルの高さが変わる事で目線がかわるので空間を広く見せることもできおススメです!!!

今までの3rdの天然木のT字脚がこちら!
t%e5%ad%97%e8%84%9aこちらが新たに製作した鉄のT字脚!!
fene_01-1天然木のものよりも、線が細く、すっきりとシャープなイメージになりました。
またアジャスターを上下に入れてあるので安定感抜群です!!
fene_05-1Fene Iron(T字脚)w.700 × d.310 × h.660 ¥80,000(税別)

木の優しい温もりはそのままに鉄の異素材感を加えたことで、お互いを引き立て合う、絶妙な素材使いの家具ができました。
天然木も鉄も使用用途は同じですが、お部屋の雰囲気にあわせて選んで頂く事が出来ます。

気になる方は、たまプラーザ店に展示がありますので、ぜひこの機会にお立ち寄りください。
皆さまのご来店を心よりお待ちしております!!

3rdスタッフ一同

2016.08.21

Y邸_特注ベンチ HELLA LIVING TABLEお届け

東京都中野区からわざわざご来店頂いたY様。
「ダイニングセットに合うベンチが欲しいんです。」とご相談くださいました。
もともとHPやブログを見て下さっていたので、ベンチの仕様についてもイメージは出来ていらっしゃいました。
一緒にブログを見てみると「このクッション式のベンチがいいなあと思っていて。」ということでしたので、
おおよそのデザインを決定!

2548_01

次はベンチのサイズ。
座面の奥行は椅子のように傾斜角度をつける必要がないため、椅子よりも少し小さめに作ります。
ベンチを作る際注意したいのが、ベンチとテーブルを同じ幅で作ってしまっては使いにくいというところ。
Y様が使用しているダイニングテーブルの脚の内寸から、適正なサイズを出していきました。

2548_02

サイズが決まるとあとは素材を決めていきます。
クッションの色はどのようにしましょうか、とお伺いしたところ、
「今使っている椅子に合わせて、黒のレザーにしたいんです!」とのことでした。
サンプルをお持ちして実際に見てもらうと一発OK!
木枠も椅子に合わせてウォールナットで作る事に決まりました。

2548_03

お話しを進めていくと
「そういえば、家にリビングテーブルがないんです」と、Y様。
店内をご覧頂いて、気に入って頂いたのがHELLA LIVING TABLEでした。
サイズは展示してある商品と同じでお作りすることに!

2548_04

後日、ベンチとHELLA LIVING TABLEをお届けすると、お部屋にも違和感なく溶け込んでくれました。
これから長く愛用して頂けることを期待しております!

Y様ありがとうございました^^

【特注ベンチ_W1400×D420×H410】
【HELLA LIVING TABLE_W1000×D450×H350】

東戸塚店

2016.06.16

T邸 トータルプラン

お引っ越しを機に家具を探しにご来店頂いたT様。
展示してあるウォールナットの耳付きの矧ぎ板に一目惚れして頂きました。

「サイズが大きいから不安です。。。」という事で、サイズをご確認していただくためにその日の閉店後、気に入っていただいた板をお持ちし、T様のお宅へご訪問させていただきました。

000

実際に置いてみたらサイズもイメージもばっちり!
座卓としても使えるT字脚もお気に入り頂き、テーブルは決定!
「その後、イスとソファ、あと飾り棚も考えているんです。」とのことでしたので、お部屋全体のトータルコーディネートをさせていただきました!

002

ウォールナットのダイニングテーブルには、ベンチとアルコチェアを合わせました。
ベンチは過去の実例から気に入ってくださったデザインを採用。
お客様が来た時など、いつもよりダイニングを囲む人数が増えてもいいように少し大き目なサイズに設計しました。

003

アルコは弓を張ったような曲線が美しい形です。
横から出入りがしやすい形なので、椅子の引き幅を大きくとる必要がなく使い勝手も◎。
座面にダイメトロールを使用しており弾力のある座り心地です。
奥様は硬めの座面がお好みでいらっしゃったので、ダイメトロールではなく板座にウレタンを乗せた仕様に変更。
張り生地は合わせているので見た目ではわかりませんが、それぞれの好みに合わせた座りやすいチェアになりました。

ベンチもアルコチェアも汚れに強いアクアクリーンの生地を採用しました!
アクアクリーンは汚れが布地に浸透するのを防ぎ、食べこぼしや落書きなどで汚れてしまっても、少量の水だけで汚れを落とすことができるので、小さなお子様がいらっしゃるご家庭にはとっても人気の生地なのです。

004

ソファは色々座って頂き、しっかりとした座り心地、木枠のデザインを気に入って頂きラティスに。

ラティスの木枠は細目なので、お部屋の雰囲気もスッキリとまとまります。
座面は座っていると自分の身体の形にぴったりと合ってくるような…長い時間座っていても疲れにくい、心地良い硬さの座り心地のです。

その秘密は…

『レスピール』という新素材。
『レスピール』はアメリカ最大手科学メーカー『ハスマン社』で開発された低反発フォームです。
身体のラインに合わせて形状を変化させて圧力を分散することで、局部にかかる負担を減らす為、長時間座っていても疲れにくくなっています。
そして、一般的なウレタンと比較してもヘタリにくいので、耐久性にも非常に優れています。

005

ラティスの背クッションとピロークッションは『シリコンポラック』という素材を使用しています。
『シリコンポラック』はポリエステル綿100%でできており、羽毛のように軽くて柔らかい素材です。
動物アレルギーの方にも安心してお使いいただけ、なんといってもご家庭で水洗いが可能なのでとても衛生的です。
ソファは1年中、さらに座っている時間も長くなるだけに、手軽に手入れができるのは嬉しいですね!

ラティスの生地の色はカーテンに合わせてグレーに。
全体的に落ち着いた雰囲気にまとまりました!

008

飾り棚には展示をしていたオープンシェルフSA-002を気に入って頂きました。
お部屋のサイズに合わせ大きめの特注サイズで製作しています。
こちらのオープンシェルフはご覧の通り用途に合わせてサイズを自由に動かすことが出来ます。
見た目は大きいですが、2人いればサイズ調整も楽々!
飾る物や季節によって大きさを変えたり、お部屋の模様替えのとき、パーテーション替わりにも使えるのでとっても便利です。

009

家具をウォールナットに揃えたメリハリのあるお部屋に仕上がりました。
ウォールナットは時間の経過と共に少し明るい茶色に変化していきます。そういった変化を楽しめるのが無垢材の醍醐味です!

3rdがお届けする家具は、お届けして完成!というわけではありません。
お客様が日々暮す中で、無垢の家具は一緒に成長していきます。
そうして世界にひとつしかない家具ができあがっていくのです。

010

T様、ゆったりとソファでくつろいでいらっしゃいますか^^?
また是非お店にも遊びにいらしてください。
ありがとうございました!

【TRADITION W2000×D920×T40】
【特注ベンチ W1800×D400×H420】
【アルコチェア W480×D560×H420】
【特注SA002 W1100~2000×D300×H1640】

たまプラーザ店

2016.04.18

A邸_ダイニングテーブル_チェア_特注ベンチ_特注ワゴン_トレーお届け

雑誌を見てご来店頂いたA様。
DSC_0022「自宅が小田原ですが…対応できますか?」と、ご来店されました。
「もちろんです!!」という事でお話を進めさせて頂きました。

「ダイニングスペースに無垢材の家具を置きたくて色々見てきたんですけど….」という事で、
さっそく図面をもとにお部屋の広さ、A様のイメージ、ご希望をお伺いしていきました。
初めにダイニングテーブルのご要望。
●テーブルはなるべく大きいサイズのものを置きたい。
●片側にはベンチを置き反対側には気に入った椅子を2脚置きたい。
●一枚板の雰囲気が好みだけど、見た目も重さもあまり重たい感じにはしたく無い。
という事でした。
そこで3rdとしてご提案したのは、一枚板の雰囲気を残した耳付きはぎ板のトラディションテーブル!
ita“はぎ板”とは、幅方向に無垢材を接いでいる板です。
2枚の板を幅方向に接着した板が2枚はぎ、3枚の板なら3枚はぎ、4枚なら4枚はぎとなります。
はぎ板は板同士で反りを抑制するため1枚板より板厚を薄く抑えることができるので、見た目も重さも軽くすることができます。
hagiテーブルサイズは図面を確認し、2100mmに決定!
2メートルを超える迫力のあるテーブルなので、大人数で囲めるように座卓にできるT字脚をご提案しました。
T字脚は脚の向きを変えることで高さを変えることができます。
ダイニングテーブルにも座卓にもできるのでフレキシブルに空間を使えます。
座卓写真テーブルの次は椅子です。展示の椅子をいろいろと座ってもらい、お気に入り頂いたのが、HUG CHAIR(ハグ チェア)。
「生地だと汚れや張り替えの事が気になる。」というご希望で座面は、すのこ状の板座に決定!
isuお話をしているなかでA様から収納について、ご相談いただきました。
「子供のおもちゃと主人が使っている脱着式のハンモックの収納場所がなくて困っているんです。。。」との事でした。
そこで「ベンチを箱型で製作し、ベンチ収納にしてはどうですか?」とご提案させて頂きました。
普段はベンチを壁側にきれいに一列に並べて使い、大人数で使うときはベンチを移動しテーブルを囲むこともできます。
ベンチ普段はベンチを壁側にきれいに一列に並べることができます。
追加でパーティーなどの際、お料理などをまとめて運べるワゴンもご提案させて頂きました。
wagonnまた3rdオリジナルトレーをとっても気に入って頂き、「大勢で集まった時に使ったらいいですね~!」とワゴンと一緒にご注文頂きました。
使わないときトレーはワゴンに重ねて収納できるサイズでお届けしています。
トレーテーブルとベンチを設置した後ご主人のハンモックをつけて頂き、お届け完了です!!
DSC_0052最後にハンモックを体験させて頂きました(^^♪
hanmokkuハンモック、楽しませて頂きありがとうございました。
テーブルや収納ベンチの使い心地はいかがでしょうか?
お近くにお越しの際には、是非お立ち寄りください!
A様ありがとうございました。

TRADITION(4枚はぎ)【W2100×D970 t.40/WN】
HUG CHAIR【Size:W463×D475×H720(415)/WN】
収納ベンチ大【Size:W1400×D450×H420/WN】
収納ベンチ小【Size:W700×D450×H420/WN】
ワゴン【Size:W650×D450×H800/WN】

東戸塚店

2015.12.26

ダイニングテーブル 椅子 お届け

すっかり寒くなりました!
皆様、風邪などひかれていませんか?

今回はダイニングテーブルのお届けをまとめてご紹介いたします!

ブログを楽しみに待っていてくださっている皆様や、ユーザーの皆様には大変申し訳ございませんが、
お届けが続いてしまったため一気にご紹介させていただく事となりました m(_ _)m

冬休みで初めてこのブログをご覧になる方もいらっしゃるかもしれませんが、気になるお届けがございましたらショップの方へお気軽にお問い合わせくださいね!

それではご紹介させていただきます!

line1_1

川崎市のN様。

T1449_04

テーブルはスッキリとしたデザインで人気の『T+S-02 Table』。
反り止めにステンレスのプレートを入れているので、幕板がなく肘付きの椅子でも無理なく使用することができます。

T1449_05

椅子は『Cervo Chair』を選ばれました。
座面に布バネのダイメトロールを使用しているので、お尻あたりが柔らかく、長い時間座っていても疲れにくい椅子です。
アーム付きとアームレスを2脚ずつ。
くつろぎの時間にはアーム付き、ちょっと忙しい朝はアームレスでと使い分けができますね!
張り生地に選ばれたツイードのグレーは人気の生地です ♪

T1449_03

【T+S-02 Table W1500×D850×H700】
【Cervo Chair W504×D595×H765】

line1_3

さいたま市からご来店いただいたS様。

T1561_02

テーブルは『Tradition EX Table』。
通常ダイニングテーブルをつくるとき、節(枝が生えていたところ)のない材料を使いますが『EX Table』は「節も自然のもの、節がある所を使ったら、個性的な一枚ができるのでは!」と作られました。

無垢材の雰囲気を十分に味わっていただける3rdで人気のシリーズです!

T1561_01

椅子はテーブルの雰囲気に合わせたベンチを。
ベンチは使っていない時、テーブルの下に収まるサイズでお届けしています!

T1561_03

【Tradition EX Table W1600×D870×H650】
【Bench W1300×D400×H370】

line1_4

川崎市のN様。

T1452_02

N様のテーブルも『Tradition EX Table』。

S様の時にもご紹介しましたが『Tradition EX Table』はそれぞれ個性がある板なので、ご来店いただいた皆様それぞれに出会いがあります。
ぜひ気に入った板を選んでみてくださいね!

N様は天板の厚みが30mmとスッキリしているのに合わせて、脚も下へ少しずつ細くスッキリと見せています。

T1452_03

椅子は弓を張ったような大きな曲線が特徴の『Arco Chair』。
座面には人間の脂肪の感覚に近いと言われ身体にフィットする座り心地を実現する「ダイメトロール」という素材が使われています。
布バネのためとっても軽く、スプリングなどを使用している椅子と違い金属の軋み音がなく錆や折れといった心配もないということもあり耐久性が高いのも特徴です♪

T1452_01

【Tradition EX Table W1600×D870×H700】
【Arco chair W:480×D:530×H:800】

line1_1

川崎市のM様。
「モダンなイメージのものを探しているんですけど、なかかな気に入ったものがなくて。」と、ダイニングテーブルと椅子、背もたれ付きのベンチを探してご来店になりました。

T1674_01

テーブルは『Tradition EX Table』。
耳付きのウォルナット材の天板ですが、厚みが30mmとすっきり薄めで人気のテーブルです!

T1674_02

椅子は『AD chair』の板座とM様のご希望のベンチで決まりました。
ベンチはすっきりとしたシンプルなデザインで『AD chair』と合わせた板座です。

T1674_04

ベンチの脚もテーブルの脚も『AD chair』の脚のデザインと合わせています!

T1674_03

脚の形状を揃えた事で統一感が出てすっきりとまとまりました!

T1674_05

【AD chair wood W:555×D:480×H:680】
【Bench W:1400×D:490×H665】
【Tradition EX Table W1600×D850×H690】

line1_2

横浜市のA様が選ばれたのは天板厚が40mmあり、無垢の存在感をしっかりと感じて頂ける『Tradition Table』。

T1541_01

椅子は『AD chair』。
職人がパーツを曲げずに直接削り出して形をつくり、一脚一脚組み上げて出来ています。
腰をしっかりと支えてくれる背もたれ、肘置きのバランスと座り心地がとっても人気の椅子です。

オプションで付けられるクッションも一緒にお届けとなりました!

T1541_02

テーブルの脚は『AD chair』に合わせ、内側の上から下へ細く絞ってあります!

T1541_03

T1541_04

【AD chair wood W:555×D:480×H:680】
【Bench W:1400×D:490×H665】
【Tradition EX Table W1600×D850×H690】

line1_2

横浜市のT様。
「探しているソファが3rdさんにあると聞いて来ました。あとご相談もあって。。。」とご来店になりました。

T1566_01

T様が探していたのは『Sofa CHUNK』。
シートハイが低めにつくられた「ダイニングでくつろぐ」ためのソファです。
座面の底にはソファで使われているものと同じ、ダイメトロールを使用。
その上に厚めにウレタンを敷き、長い時間座れるようクッション性を持たせています。

T1566_02

食事の時にじゃまにならないよう、低めの肘がついていて、この肘は左右のどちらか、または無し、両肘付きと選ぶことができます。

T1566_03

そしてご相談というのが「今使っているリビングテーブルを『Sofa CHUNK』が使える高さにしてほしい。」との事でした。
「3rdでは自社工房を持っているので、テーブルをお預かりしソファに合わせた高さになるようパーツをお作りしましょう。」とお話をすると「それならお願いします!」とご契約いただきました。

T1566_04

オーク材でできたパーツが新たに追加された脚です。

T1566_05

お届けの時「探していたソファも見つかったし、テーブルもリメイクしてもらえるし、本当に嬉しいです!」とのお言葉をいただきました!

【Sofa CHUNK アームレス1P W540×D600×H680】
【Sofa CHUNK 1アーム1P W570×D600×H680】
【Sofa CHUNK 1アーム1.5P W840×D600×H680】

皆様、ありがとうございました!

2015.03.19

Fene series

fene_001
fene_003
fene_004

鉄と天然木を組み合わせた3rdの新作シリーズ”Fene(フェネ)”

始まりはお客様の鉄脚ベンチのご依頼から。サイドボードは3rdのスタッフで
デザインを出しお客様に人気投票をしてもらうコンペから生まれました。

3rdの得意とする木の優しい温もりはそのままに鉄のシャープなイメージを加えたことで、
お互いを引き立て合う、絶妙な素材使いの家具ができました。

fene_100
Fene Sideboard w.1600 x d.450 x h.850 ¥350,000(税別) ※素材,サイズ等オーダー可

fene_101
Fene Diningtable w.1600 x d.870 x h.700 ¥280,000(税別) ※素材,サイズ等オーダー可

fene_102
Fene Bench w.1300 x d.400 x h.425 ¥250,000(税別) ※素材,サイズ等オーダー可

2014.11.14

K邸 ベンチ・チェア お届け

141103_01

こんにちは!
すっかり寒くなりましたね。
木のぬくもり感じるこの頃です。

さて、今回は、藤沢市のK様へベンチとチェアのお届けを紹介です。

「イメージしているものがあるのですが、それに添うものってつくっていただけます?」

というご質問がK様とのお話の始まりでした。

早速内容を伺うと、新築で使う椅子とベンチをご検討中とのこと。
ベンチは、以前どこかで見たベンチに近い物で。。。ということで、ベンチの写真を持参してくださいました。

「それでは、椅子は、お店にある多種多様な椅子を座り比べてみてください。
ベンチに関しましては、まるっきり同じものではなく、欲しい条件をふまえて
一緒に新しいものをつくるというのはいかがでしょう?」

というお話をしたところ、

「そういうところを探してたんです!」

とのお言葉を頂き、K様理想のベンチづくりへ向けて動き出したのでした。

K様とお話しながら、ご希望の条件を整理したのがこちら

1.一枚板 であること
2.片側に肘のせが欲しい
3.大きすぎず小さくなりすぎず、いい具合のサイズ感

一枚板は唯一無二の天然のもの。
ご希望に添うサイズ感と木目の板がご提案できるかにかかってきます。

という訳で、少しお時間を頂き、板を探してみることに。
3rdで持っている材料をごそごそと捜索し、
ご希望に近いだろうと見つけたのが、この板でした。

141103_02

一枚板は、木のはえていた形状がそのまま耳のカタチとして板の形状に現れてきます。
人間の顔と同じで、様々な個性があるため、気に入っていただけるか、少々緊張しながらK様に見て頂くと、

「良いですね。節の雰囲気も気に入りました。」

と、お気に入り頂き、一安心。
合わせてベンチの完成イメージのスケッチも見て頂きました。

141103_03

もともと長めだった板の端を切り、肘のせにするデザインでご提案すると、

そんな事ができるんですね、それで!と、お気に入りいただけました。
そしてもうひとつご要望。
壁にぴったりとくっつくように設置したい
とのことで、片耳を一番細い所が奥行き400mmになるようにカットすることにしました。

141104_06

それからおよそ3ヶ月。。。
ついにお届けです。

椅子は、優しい曲線の美しいアルコチェアです。
張り地は、きれいな赤の生地でおつくりしました。

141104_05

ベンチはこちら。

141104_04

ご夫婦揃って、

本当にイメージ通りです!

とお喜びいただきました。
いやあ、お客様と一緒に考えたことが実際のものとして出来上がるのはやっぱり嬉しいですね!

これからご家族と一緒に時間を歩む木の家具たち。
経年で変わってゆく無垢材の表情も是非楽しんでくださいね。

K様、ありがとうございました!!
東戸塚店

2014.10.23

T邸 ダイニングテーブル、椅子、ベンチ、照明 お届け

ご新居建築中にダイニングテーブルと椅子を探してご来店になったT様。

「いろんなお店を見てきたけどなかなか希望のものが見つからなかったんです。あったとしてもいい値段がして。
それなら思い切ってオーダーで自分の希望のものをつくってもらおうと思って。」

ご希望は、ご家族で使う以外にお仕事関係のミーティングにも使うので6名で使えるサイズである事。
扉やキッチンの吊戸棚に合わせたいので「濃い色で」との事でした。

他にも、椅子を6脚置くか、片側をベンチにするか。
ベンチにした場合どんなデザインにするか。
照明も新しくしたいけど。。。など。

T様が一番気にしていたのは建具との色合せでした。

2220_01

3rdではご希望があれば着色もしますが、基本は着色せず、木、本来の色でおつくりしています。
お部屋の写真を見せていただいたところ、着色なしのウォールナットでも十分素敵だと思うのですが。。。
「一度、見てもらえますか?」との事で、完成したばかりのご自宅を見せていただく事になりました。

お部屋を見せていただきながら、改めてご希望をお伺いしました。
「テーブルは縦にも横にも置いて使えるようにしたいです。」と『T+S-02 table』がご希望だったので、
動線を考慮してサイズはW1800mmに。
お子様の事を考え、角は丸くしたデザインです。

2220_02

ご家族で日常使う椅子3脚はアルコに決め、対面側はベンチでおすすめしました。

2220_03

ベンチの図面とイメージ図を見て「いいですね!張り座のベンチにします。生地は椅子と合わせて黒にします!」
と、ベンチの方向に無事に決定しました!

2220_08

2220_04

ベンチは使わない時、テーブルの下に収めてスッキリ使う事ができます!

2220_05

照明も「シンプルなものがいいです。」との事でしたので、スポット照明をおすすめしました。
ライティングレールを取付たのでスポットの数を増やしたり、模様替えでペンダント形の照明に
付け替える事も可能です!

2220_06

最後まで「濃い色」を気になさっていたT様。
着色してしまうと、せっかくのウォールナットの雰囲気がなくなってしまいますよ。とお話すると、
「そうですよね、せっかくオーダーしたのにもったいないですよね。着色しないで届けてもらって、
どーしても気になったら、その時お願いすることにします。」

2220_07

お届け後、着色なしでも綺麗に収まったと思うのですがいかがですか?とお伺いすると、
「そうなんですよ。このままでよかったと思います!」とお返事が。
お使いいただいて、いかがでしょうか?
何かございましたら、お気軽にご相談くださいね!

T様、ありがとうございました!

【T+S-02 table W1800×D850×H700 / ウォールナット】
【アルコ W480×D830×SH420 / ウォールナット】
【ベンチW1600×D420×SH420 / ウォールナット】

2014.10.13

O邸 特注ベンチお届け

全体(上から)595
お引っ越しを機に、ダイニングテーブルで使うベンチをお探しだったOさまは、
既製品ではなかなか気に入るベンチがなく、、、

『それならオーダーで考えてみよう。』 ということで、3rdへご来店♪

Oさまのご要望としては、
『実際に使っているテーブルに合うデザインのベンチにして欲しい。』
『背もたれがあるベンチとないベンチの2台』

という事で、まずはお店の雰囲気と今までお届けしてきた事例をご紹介。
実際にお使いのダイニングテーブルのお写真を見せて頂き、
その場である程度のデザインを一緒に決めることにしました。

後日テーブルなどの採寸の為に、ご自宅にお伺いすることになり、
『その時までにベンチのプランを製作します。』
とお約束をさせて頂き、この日はお帰りになりました。
0518-FIN595
数日後、出来上ったプランを持ってOさま邸へお伺いしたところ、
ベンチのデザインを大変気に入って頂きました。
【Bench 2P(背あり) : W1100 x D455 x H695 SH430】
ベンチ前595
【Bench 3P : W1600 x D400 x H430】
ベンチ全体595
実際に、ベンチの座面や背もたれのデザインは、
ご自宅のダイニングテーブルのデザインに似せたデザイン!
ベンチの脚に関してもダイニングテーブルの脚と同じで、
足元に行くにつれ細くなるように統一感を出したデザインに!
【ダイニングテーブル天板】
天板595
【ベンチ座面】
ベンチ座面595
set
Oさまからは、『あとは、お任せします。』ということでご契約頂きました。

Oさまありがとうございました。

お届けの日。
実際のベンチを見るのはもちろん初めて!
今までは、お写真や図面などでのお話しだったので、お部屋に入ったベンチを見て『やっぱりいいね!』と
とても嬉しそうな表情のOさまが印象的でした♪
お部屋にも統一感が出て、完全オリジナルなダイニングセットの完成ですね♪

Oさまその後、いかがお過ごしでしょうか?
お近くにお越しの際は、是非遊びに来てください。

たまプラーザ店

2014.10.11

F邸 ダイニングチェア・テレビボードetc… お届け

141003_01

3rdのホームページを見てご来店いただいたF様。

ご自宅のお引越〜リフォームを機に、家具の買い替えをご検討中でした。
早速お話を伺うと、ご主人は新居へ向けて色々とお勉強をされていました。

当時お住まいのご自宅は、ご自身が思うように手を入れられなかったというF様。
今回はそのお部屋を売って、お引越され、同時にリフォームをするので、
住んでいく自分の城として色々とこだわりたいとのこと。

141003_02

そうであればと、3rdでは、トータルのレイアウトからご相談に乗っていることをお伝えすると、

「それはいいですね!その相談ができるなら、改めて家の資料をもって来ます。」

と次回、お打ち合わせのお約束をしたのでした。
お話をした帰り際、

「それから、手持ちの一枚板で脚をつくってもらう事は可能ですか?
3rdさんの家具の仕上がりの感じが気に入ったので、可能ならお願いしたいです。」

とF様。

「ありがとうございます。ただ、本来、お手持ちの一枚板に加工は、
あまりやらないんです。というのも、世界に1枚だけの板を
お預かりして、万が一なにか起きた場合に同じ物を。という事が
できないからです。そのリスクを考慮していただけるのであれば
製作は可能なのですが。」

というお話をしたところ、それをふまえた上でご注文頂けるということでしたので
丁重にお預かりすることとなりました。

次のご来店時、板のお写真や、お部屋の図面を頂いて打ち合わせをしました。

F様のお手持ちの板は、2850mmあるチークの立派な一枚板でした。

141003_03

この板をどう加工するのか、テーブルサイズも脚の形状もレイアウトが決まらない事には、決まらない。。
という事で、レイアウトのお話から始まりました。

当初、F様の中で、ある程度レイアウトのイメージは、固まっていたのですが、
生活のスタイルや、購入予定の家具の話を伺いながら、3rd,の今までの経験をふまえて
レイアウトのおすすめをご提案させていただくと、

「思ったよりも部屋をゆったり使えるんですね!」

と、その提案をとても気に入っていただけました。

お打ち合わせの結果、テーブルは2mで製作することに。
脚は、T字脚。 座卓にも変更可能なフレキシブルな脚です。

「あとは、板の残りの部分をどうするかですね。」

とお話しすると、

「実は私、もう思っている物がありまして、、ベンチにしたいんです。」

とF様。

「なるほど。それであれば、実際に板をみて打ち合わせしましょう。」

ということで、工房へ板を搬入し、後日、テーブルの脚と、ベンチ形状についてを
工房で板を見ながら、決定しました。

ベンチ以外の椅子は、奥様が雰囲気をとても気に入っていたコードチェアに決定。
ペーパーコードで編まれた座面が、優しい風合いです。
チークとウォルナットで出来た、雰囲気のあるダイニングセットとなりました。

【Dining table / w2000 d800 h700・350 / 天板:teak 脚:walnut】

141003_04

141003_06

テーブルが決まると、お部屋全体のレイアウトが鮮明に見えてきます。

「TVボードを置くなら、どんな感じですかね?」

というF様に、お店の展示のTVボードををご提案すると

「うちに入るなら、これいいなあ。。。」

と、とても気に入っていただきました。
納品したTVボードがこちら。
壁一面ウォルナットの板になるのでとっても高級感がでますが、
デザインはとってもシンプルなのでお部屋に圧迫感を与えません。
F様のご自宅に合うよう、少し加工し直し、
リフォームも、計画的にこの壁にはスイッチ棟を配置しないようにして。。

141003_15

キレイに納まりました!!

【wall storage / w2200 d550 h2170 / walnut】
141003_07

その後も、ご自宅のリフォームが進む中、

「3rdさんならここどうします?」

と、ご相談で度々ご連絡をいただきました。
熱心にご自宅のことを考えているF様。
オーダー家具屋として冥利に尽きるとはまさにこのこと。
こちらも非常に楽しみに、いつもお話しておりました。

ある日、お店の看板を見たF様。

141003_12

「表札はこんな感じがいいんですが、お願いできます?」

とのご要望を頂き、表札も製作いたしました〜!

141003_14

その表札の下に、ご自身で製作された素敵な傘立ても出来ていました!
これは、店頭で売っている、家具の端材でF様ご家族がつくったものです。

141003_13

141003_09

リビングテーブルは、以前にお店で見ていた物が気になる。
という事で、タイルが印象的な、HUSHテーブルをお届けしました。
【hush table / w905 d480 h400 / walnut・tile】

141003_10

お引越の日は、スタッフもわくわくと現場へ向かいました。

出迎えてくれた奥様が

「主人も午後には一旦戻ってきます。気になって仕方ないみたいで。」

と笑顔でおっしゃっていた通り、午後にはご主人も駆けつけて、
こだわりを楽しそうにお話されながら、作業を見守っていたのが印象的でした。

141003_11

141003_05

作業が終了して帰る時、

「本当にあの時出会えてよかったです。ありがとうございました。」

と嬉しいお言葉をいただきました。

私達は、3rdの家具を納品させて頂いたこの時からお付き合いが始まると考えて
おります。なにかありましたら、お気軽にご相談くださいね。
F様、ありがとうございました。

たまプラーザ店

2014.09.30

A邸 ダイニングセット・サイドボードお届け

opennig595
『お引っ越しを機に、ダイニングセットを新しいものにしたい。』
ということで、3rdにご来店になったAさま。

ご来店時は新築中という事で、お部屋の図面を持ってきて下さいました。
Hさまは、
『どのサイズのテーブルがこの部屋に合うのか?』
『この部屋にはどの様な家具がいいのか?』
などの、トータルでのご相談!

まず、図面を基にサイズ感のシミュレーションをさせて頂き、
おおよその必要な大きさが分かったので、一度店内を見て頂くことになりました。
その中でAさまが急に立ち止ったのが、トラディションコーナー!
トラディションコーナー595
『こんな表情の板が部屋に入ったら、温かいなぁ。』とAさま。

それなら、一度家具の色を決めてみるのもいいかもしれませんね!
Aさま邸の床の色や扉の建具の色などお伺いした中で、
お部屋に合いそうなチェリーなどはどうですか?
とご提案したところ、Aさまは『私も、チェリーが好きなんです。』

ということで、もう一度トラディションコーナーのチェリー材の板を見てもらうことに!
木にも人間と同じで表情があり、その並んでいる板の表情を眺めているAさまは、とても楽しそうでした♪
そして、その中に一目見て気に入って頂けた板があり、
突然Aさまから、『是非この天板で一度お部屋のイメージ作りをさせてほしい。』

早速椅子を置いてお部屋のイメージ作りをすることになりました。
ここでは皆さまに一脚ずつ座り比べて頂き、座り心地もデザインも気に入って頂いたのが、
こちらのPePeチェアです。
pepe arm chair
さらに、椅子の他にベンチもご検討中のAさま。

それなら、ダイニングに合わせたサイズとデザインのベンチを製作しましょう!
とご提案させて頂き、『是非。』ということなのでデザインを一緒に考える事になりました。
まず、ベンチのサイズはゆったりとした大きさの横幅が1300㎜のベンチをご提案。
今のところリビングにソファを置く予定ははなく、
そのかわりに、『ダイニングで過ごす時間を大切にしたい。』ということでした。

長い時間過ごせるようにベンチに背もたれを付け、
座面には座っていても痛くならないように張座仕様にするなど、
こだわったデザインのベンチの出来上がり!
ベンチ595

こうしてAさまご家族とお話しをしている時にご主人さまから、

『この椅子座り心地いいね。』

実は、お話しをしていた間、ずっとお座りになっていたのがこちらのセルボチェア。
セルボWNアーム
ご主人さまにとても気に入って頂いたのです。
実は、ここまでのダイニングセットのイメージは全てチェリー材だったのですが、
唯一セルボチェアだけは、ウォールナット材のみでのご案内になってしまうんです。
と、その事をお伝えすると、
『私はウォールナットでいいよ。』とご主人さま。

奥様から、『それならいいんじゃない!』

ということで、ご主人さまの特別な椅子『マイチェア』の完成♪

これで、ほぼイメージが出来上がったAさま邸のダイニング!
とっても気に入って頂き、あとはベンチのイメージを一度図面などで確認してもらうことになり、
数日後に完成したベンチのイメージをお伝えし、とっても気に入って頂けました。
そして、Aさまより
『やっぱり、あのチェリーの板がいいです。』
『脚は、座卓タイプにもなるT字脚でお願いします。』
それと、初めにご提案したPePeチェアとセルボチェアも一緒にご契約いただきました。

椅子の生地選びの際、ご主人さまの『マイチェア』というのをを皆さまが気に入って頂き、
それぞれの椅子の座面を好きな色を選んで頂いたんですが、
その色を選んでいるご家族のとても楽しそうな姿が印象的でした。
椅子595

ベンチ2595
さらにAさまから、『小物を収納できるサイドボードも欲しいんですが・・・』
実際に置くとしたら、その大きさと置き場所が決まらないとお悩み中でした。
もう一度図面を見ながら、それなら階段とキッチンの間に置くサイドボードはどうでしょう?
幅はちょうど1000㎜位の大きさ。
チェスト595

チェスト2595
お店にあるサイドボードの幅が2000㎜なので、ちょうどこれの半分の大きさですね。
とご案内すると、その半分にしたサイズとデザインを気に入って頂き、
Aさまより『これでお願いします。』と、サイドボードのご契約も頂きました。

一ヶ月後の内覧会の日に、私たちもお伺いさせて頂き、
サイドボードの置く場所の採寸をさせて頂きました。
この時、お部屋に入る家具のシミュレーションをした際に、

Aさまより、『ますます、楽しみになって来ました!』

と嬉しそうな笑顔を拝見し、私たちもいい緊張感を感じる事が出来ました。
ラスト595
それから、約1か月後のお届けの日。
一つ一つ運び込まれていく家具達を眺めているご家族の皆さま。
梱包を剥がしオリジナルの椅子やこだわったベンチ、一目ぼれしたテーブルにサイドボードたちが、
お部屋に収まった瞬間のご家族のとても嬉しそうな笑顔が拝見できて良かったです。

Aさま、その後いかがお過ごしでしょうか?
お近くにお越しの際は、是非また遊びに来てください。

ありがとうございました。

【Tradition Table:W1630xD900xH700】
【PePe arm chair:W535xD540xH755】
【Cervo widearm chair:W510xD570xH750】
【特注Bench:W1300xD490xH650】
【特注Side Board:W1000xD450H850】

たまプラーザ店。

2014.09.25

S邸 ベンチ お届け

DSC_3791

以前に本棚を納品させて頂いたS様。
当時の納品の様子はこちら

その時に、ベンチを考えてほしいいという宿題を頂いて、店長はお店に戻ったのでした。
S様のご要望は、

・一枚板を使う事
・かっこいい事!!

この日から店長は、何枚もスケッチを書き直しておりました。
S様とメールのやりとりを何回もして、細かく修正。
そしてついに、

これですよ!!!これ!!僕が欲しかったのは!!

と、S様の理想のベンチのイメージをご提案できたのでした。

お届けした、店長の力作がこちらです。
既存のテーブルに合わせて、ベンチの座面にも金物を見せているデザインにもご注目ください!!

【Iron bench / w1400 d300 h420 / walnut】
DSC_3796

DSC_3794

お届けしたベンチをご覧になって、とても喜んでいただき、こちらも嬉しい限りでした。
S様、どうもありがとうございました^^
また何かありましたら、是非よろしくお願いいたします。

現在、サイズ違いの同じデザインのものをたまプラーザ店に展示中です。

140925_01

気になった方は、是非見にいらして下さい!

たまプラーザ店

2014.03.22

O邸 ダイニングセット TVボード サイドボード お届け

DSC_1408
ご家族揃ってご来店されたO様。

TVボードとダイニングテーブルの買い替えを考えているとの事で
展示品や写真を見てもらっていましたが、
O様が最初に気になったのがこちらのサイドボード!
img_board_10
真ん中が引き戸で両側が引き出しの仕様。たっぷり収納できるのサイドボードです。
展示品のウォールナットの素材感も気に入っていただいたO様。
サイドボードをつくるならダイニングテーブルも同じ素材で揃えたい!
ということで、次はダイニングセットを見てみる事に。
ダイニングテーブルは3rd定番のブリステーブルをおススメ。
img_table_01
とてもシンプルでお部屋にも馴染みやすいデザインで、
天板下の幕板をなくしているのでテーブル下の内寸を広くとることができます。

次は椅子を決めていきましょう。
片側はベンチがご希望という事で、板座のウォールナットに決定!
椅子は、AD chair をお気に入りいただきました!
t0367_03のコピー
AD chairは独特な腰あたりとお尻あたりが特徴的な3rdでも人気の椅子。
ハーフアームなので椅子からの出はいりがしやすいのもいいですね。

樹種はウォールナットで揃えようと思ったのですが、
ご主人がチェリー材のAD chairをとても気に入っていただき、
ご主人の椅子だけチェリー材でおつくりすることになりました!

さらに、来客用としてあと2脚ほしいということで決まったのがPEPE arm chair。
img_chair_18
座面は広めに作られており、アームも座面の先までついているのでゆったりとくつろげます。
構造を考慮しながらも、軽量につくられているので掃除もしやすい!

TVボードも展示品のデザインで、O様のお部屋のサイズに合わせて制作することに。

そして、図面とお部屋をみさせていただいて動線を考慮しながら
それぞれの家具の適正サイズをだして製作に入らせていただきました。

約2ヶ月後、、、
PEPE chair以外のモノを先に納品。
【ダイニングテーブル:w1650×d900×h700 / walnut】
【AD chair:sh420 / walnut / cherry】
1
ご主人の椅子と奥様の椅子。
それぞれのマイチェアとして椅子をそろえていくのも特別感があっていいのではないでしょうか?

【特注ベンチ:w1200×d350×h420 / walnut】
DSC_1159
片側にはシンプルな板座ベンチ。
テーブルに収まるようにサイズは小さめに、ロの字脚で強度もだしました。

【特注サイドボード:w2000×d450×h800 / walnut】
DSC_1146
コンセント位置なども考慮して採寸した結果、展示品のサイズがピッタリ!
そのままのサイズで製作しました。

【Affable TVボード:w1600×d500×h500 / walnut】
DSC_1166
天板には移設コンセントと配線孔を設置し、テレビのコードがなるべく見えないように。
中の方立の奥行を小さくすることでボード内のコードの取り回しがしやすいように設計しています。

そして、後日PEPE chairをお届けさせて頂くと、
ベンチは窓際に置いてありワンちゃんのお気に入りスペースになっていました^^
DSC_1404
アームのあるPEPE chairですが、ブリステーブルは幕板がないため
スッキリおさまります!
【PEPE arm chair:sh420 / walnut】
DSC_1405

「やっぱり素敵ですね!」
ととても喜んでいただいたのが印象的でした。

使い心地はいかがでしょうか?
また何かございましたらいつでもご相談ください!

O様、ありがとうございました!

たまプラーザ店

2014.03.16

W邸 sofa・リビングテーブル・デスク下収納・ベンチ・小物ラック お届け

3rdがオープンして間もなくからお付き合い頂いているW様。

ご自身で開業されたクリニック用にカウンター、待ち合いソファ、等々。
様々な家具を製作させていただきました。

140314_01

3rdのブログでも度々ご紹介させていただいています!

スタッフルーム ダイニングテーブル・ソファ お届け

クリニック 受付カウンター お届け

クリニック 待ち合いロビーへ お届け

クリニック 待ち合い 一式 お届け

今回は追加で、ベンチと小物ラックをお届けしました。

レントゲン室前の通路に今までは椅子1脚を置いていましたが、
待っている間、患者さんが横にもなれるよう、ベンチを設置。

【bench / w1100×d420×h420 / walnat】
140314_02

小物ラックは、机の形状にあわせて製作しました。

【小物ラック / w700×d180×h250 / ホワイトポリ合板・ステンレス】
140314_03

また、今回はご自宅の方の家具もご依頼をいただきました。

本当に忙しいW様。素敵なご自宅がありながら中々ゆっくり出来ないそうです。。。
座って眠れるくらいの楽なソファが欲しいとの事。
オープン当初からいろいろなソファに座ってもらった結果、
W様のお気に入りは、至福の座り心地の木枠ソファ「innocence」です

140314_04

幅広のフレームが高級感を醸し出しております (^^)

ソファの種類は決まったものの、Shopではイメージが湧きづらいとのことで、
今まで、何度となくお会いしてきたW様ですが、初めてご自宅へお伺いしました。
ソファの実物を持ち込んで、レイアウトを実際に動かしながら検討です。
結果、定番サイズより大きめのゆったりサイズで製作する事に。
ご主人が横になることが多いということで、奥様用に一人掛けも合わせてお届けです。

【sofa innocence特注サイズ / w2240×d900×h800 / walnut】
【sofa innocence1P / w940×d900×h800 / walnut】
【living table / w1400×d700×h380 / walnut】
140314_05

樹種は、ウォルナットに。
合わせてリビングテーブルもお届けしました。
ここでものを書いたりも出来るように大きめでシンプルな形状です。

既存の天板にあわせて、収納もお届けしました。
天板下は奥行きがあったので、脚を入れるスペースをしっかり確保しつつ、
収納を製作することができました!

【デスク下収納 / w1680×d780×h700 / walnut】
140314_06

140314_08

右端は柱のでている形状だったため、ワゴンを追加して、スペースを有効利用しました。
移動できるので奥の引き戸の出し入れの際も、邪魔にならないですし、作業時は手元に置いておけます。

140314_07

お届けの際、お忙しい中、お部屋にいらっしゃったW様。
「イメージ通りだよ。ありがとう!」
と喜んでいただけました。

W様、いつもありがとうございます。
今後とも宜しくおねがいいたします!

たまプラーザ店

2013.12.23

Y邸 ダイニングセット お届け

町田市にお住いのY様。

以前にも3rdにご来店いただいていたY様。
「ダイニングテーブルを買い換えるときはここで!」と、決めていたそうで改めてご来店いただきました!

店内のダイニングテーブルを一通り見て頂き、気に入っていただいたのが3rdでも人気の『bliss table』。
「以前見た時から気になっていたんです!」

0620_01

定番の『bliss table』は角のあるカッチリした印象。

img_table_01

過去の納めた写真などみていただきなから「角が丸みがあったほうがいいかな」とのご要望で天板と脚の角は丸くし、
脚は内こぎにしました。

「内こぎ」は脚の内側を下へ向かって細くしていくデザイン。
内寸を広く取れて、シャープなイメージになります。

0620_02

お部屋の図面を見ながらリビングダイニングの大きさを確認。
テーブルのサイズは、椅子の引きしろなどのミュレーションをしながら計算していきます。

幅は4人でゆったり使えて、ソファの邪魔にならないよう、あまり大きすぎない1400mm×800mmに決定!

0620_03

あとは椅子を決めていきましょう!
店内の椅子を座り比べてもらい、気に入っていただいたのが『ADチェア』。

腰をしっかり支えてくれる背もたれや、少し突き出した肘置きが、
座った時に体を包み込んでくれるようなやさしいデザインです。

角を丸くしたY様のダイニングテーブルのデザインにもぴったり!

0620_04

ADチェアは2脚にして、反対側はベンチにしようかと考えていたY様。
背もたれ付や、店内にある新作のベンチなどいろいろ見て、気に入っていただいたのが
1枚板にロの字脚のついたベンチでした。

ちょうど、ベンチのサイズに合う板が倉庫にあるので、見てみませんか?とご案内すると、
「これで作れたらとってもいい!!」と気に入っていただき、「主人に相談してきます!」と一度帰られて、
その日の内にご主人を連れてご来店になりました!

ご主人にも板を見て頂いたところ、「これでつくれるならいいね!」とご契約になりました!

0620_05

完成まで2か月。
お届けしたのがこちらです!

0620_08

テーブルについたお子様もご満悦な様子!

0620_07

使い心地はいかがでしょうか?
新しいテーブルをみなさんで囲んで、よいお年をお迎えください!

Y様、ありがとうございました!

たまプラーザ店

2013.11.07

F邸 階段下収納 お届け

131107_01

「階段下に収納を検討しているのですが、打ち合わせの予約などできますか?」
と電話でお問い合わせ頂いた、F様。
「もちろんです。ご予約を頂ければ、より確実に対応できるかと思います!」

ということでさっそくご来店頂いてF様のご要望をお聞きしながら打ち合わせとなりました。
家具にこだわりを持っていらっしゃるF様の頭の中には、しっかりとしたイメージができていたので、
まずはお話を伺いながら、打ち合わせをしました。
後日、伺ったお話から、F様の頭の中にあるイメージを実現できるよう、
私達でご提案資料を作成して、ご自宅に伺いました。

131107_02

素敵なご新居で再度打ち合わせです。
具体的なカタチにおこした、図面とスケッチをもとに
「こんなことは可能ですか?」
「それであれば、こういったつくりかたができます!」
というやりとりをしながら詳細の仕様を決定していきます。

F様のこだわり詰まった、まさにオーダーメイド家具のお届けとなりました!!

それからおよそ1ヶ月半のお時間を頂き….
ついにお届け当日、大きな家具を納める為に、小さいパーツから組み上げていきます。

131107_03

131107_04

最終的な現場での調整を丁寧に行い……ついに完成です!!!

131107_05

下台はお客様が見えたとき等にちょっと腰掛けられるようなベンチになっています。
大きな引出しはキャスター付きのワゴンになっています。収納力も抜群!
ベンチ天板はウォルナットの無垢材を贅沢に使用しています!

131107_06

上台は、飾り棚兼本棚になっています。階段下の壁一面を埋める収納なので、
圧迫感のでないように背板をつけずに向こう側の壁が見えるデザインにしています。
実はこの棚板、ほとんどが稼働棚になっているので、中に飾るものや、
入れる本のサイズによって自由にレイアウトを変えられるようになっています

131107_07

一番右側にも今回のこだわりがキラリ。
下のおっきな扉を開けた中は、地板を付けずに床が続くようになっています。
こうすることで床から収納の段差がなくなるので、お掃除をした後、
そのまま掃除機をゴロゴロと転がして、持ち上げずに収納できます。

上の取手を引っ張ると、、大きな引出しが出てきます!
ここは、オープンの棚であまりみせたくないような書類をガサっと収納できるスペースです。
この大きさの引出しに耐えられるよう、専用の大きなスライドレールを取付て、安全面もしっかり確保!!

コンセントも、ベンチ天板にしっかり移設し使い勝手もばっちりです!

木目は、木がお好きなF様なので、あえて個性のでる板目(タケノコ状の木目)がでている材料を使用して、
木目を強調した仕上がりとなりました。

131107_09

出来上がった家具を見て、
「イメージ通りです!」
と笑顔のF様!
お客様のこの表情を見れる瞬間が、何より嬉しいです!

納品中、常に私達を気遣ってくれるお母様から美味しい差し入れをたくさん頂いてしまいました。
お母様、ごちそうさまでした!

飾り棚の使い方を納品中から考えていらしたF様!
その後どのようなアレンジが加えられたでしょうか?!
またお店にも是非いらしてください!
F様ありがとうございました!!

たまプラーザ店 渡邉

2013.08.17

N邸 ダイニングセット リビングテーブル お届け

お引越にあたり、ダイニングセットをお探しだったN様

今までは、座卓でお食事をされていて、引越を機にダイニングテーブルがほしいとのことでしたが、
どこにどう置いたらいいでしょう…!?
というご相談に図面を持っていらっしゃいました。
頂いた図面をもとに、家具の配置をした時の寸法を数字で出して、イメージを掴んでもらいます。
実際の商品を選ぶ前に、ライフスタイルをお伺いしながら適正のサイズ、何がいくつほしいのかを一緒に考えて、
本当に必要な道具を一緒に探していきました。
3rdはこういった、レイアウトの相談も大得意です!皆様も是非お気軽にどうぞ。

そして、お届けしたダイニングセットがこちらです!

130817_01

N様のお部屋には、出幅が25〜30センチ程度のカウンターがあります。
ダイニングテーブルをカウンターの下から置くことで、ダイニングテーブルを設置するスペースを拡げて
160センチという、ゆったりとご使用頂けるサイズのテーブルが配置できました。

130817_02

当初の予定では、130-140センチ程度で検討中だったN様も、
「本当は、大きめのものがよかったんです、こうすればよかったんですね。」と、お喜び頂きました!
こちらのテーブルは、トラディションというシリーズです。
板の表情を最大限に活かしたテーブルにしたこのシリーズは、同じ樹種でも、木の個体差でかなり表情が
変わってくるので2つと同じものがなく、その時の出会いが大切です。
N様はこれ以外考えられない!というくらい、来店時に展示されていたこちらの板を気に入ってもらえました。

130817_03

とってもいい表情の板ですね。

…しかし、ダイニングセットの他に、リビングテーブルも購入予定だったN様。
このテーブルに合わせて、椅子4脚とリビングテーブルを揃えると全体でコストオーバーしてしまうとのこと。

という訳で、ちょっと面白いご提案をしました。

ダイニングテーブルに合わせる椅子は、ご主人と奥様が本当に気に入ったもの1脚ずつにして、
来客時にはベンチを使用することに。
ここでポイントになってくるのが、ベンチです。ベンチ座面はテーブルに合わせて一枚板をご紹介。
丁度、この時倉庫にあった、まだ仕上前の板の表情を確認して頂きました
「これでベンチなんて、最高です!」と親指を立てながら、笑顔のN様。
そして実はこのベンチ、リビングテーブルと兼用でご提案しました。
通常は、リビングテーブルとしてお使い頂き、来客時にはベンチになるように出来ています。
高さは42センチでおつくりして、ベンチとしても、リビングテーブルとしても適切なものとなりました!!

こちら↓がリビングテーブルとして
130817_04

こちら↓がベンチとしての使用時です。
130817_05

どちらも、お部屋にしっくりときています。

椅子は、ご主人がアルコチェア、奥様がセルボチェアに。
どちらの椅子も、個性的なラインの椅子です。
形状の異なる2脚ですが、生地と樹種を合わせておつくりすることで、ぐっと統一感がでました!
この2つの椅子は、座面に板が入っておらず、ダイメトロールと呼ばれる、ゴム状の素材つくってあります。
トランポリンのようなイメージの座面です。そのため、お尻をテンションでささえてくれるので、とても快適な
座り心地です。

130817_06

今回は、2つの椅子とも取り外し可能な背クッションをつけてお届けしました。

納品を待ちわびてくださっていたN様。今回のポイントとなったリビングテーブル兼ベンチをご確認頂き、
「感動!完璧です!」とのお言葉をいただきました!
数々のお届けを経験してきた3rdの、アイデア光るリビングダイニングになりました。

130817_07

お客様のライフスタイルを丁寧に汲み取り、長くつきあって頂ける家具をつくるための柔軟な対応ができることが
3rdの魅力の1つです。
こんなことできるのかな、なにか良い案はないかななどお悩みございましたら、是非お気軽にご相談下さい!

N様、ありごとうございました!!

たまプラーザ店

2013.05.07

A邸 キッチンカウンターリフォーム ベンチリフォーム レンジ台 ライティングレールカバー

1
横浜市戸塚区のA邸のキッチンリフォームを行いました。

以前、3rdでAVボードをご購入いただいたA様。
blogはこちら→http://3rd-style.com/?p=401

今回は「キッチンカウンターをかえたくて、、、、」
とご来店頂きました。
いつも完璧なイメージを持ってきてくれるAさん!
今回も採寸し、イメージをもってきてくださいました。

2
ご要望を伺い、構造を踏まえて図面とイメージスケッチを作成し訪問。
細かく採寸をし、何度か打ち合わせを重ねデザインを決定します。
素材は今ある家具に合わせてウォールナットに!

また、追加で既存のベンチ改造、レンジ台、ライティングレールカバーをお作りすることになりました!

3
納品は3日間にわたって行われました。
まずは解体から!
時間も限られているのでがつがつ作業を進めていきます。
正直、初日の時点では終わるのか不安でした。。。

4
やはり壁の中は実際にあけてみないとわからない、、、、、
「あちゃ〜こうなってんのか〜」みたいな事は多々ありますが、工場長は瞬時にベストな方法を見つけ対応してくれるので頼りになります!
現場では臨機応変に対応出来る職人の勘と経験がとても重要なんです!

5
今回のキッチンカウンターは、上下、左右、奥行が決まっていて、逃げを取ることができない、
というのが一番の難関でした。
店長は図面をかくのに苦労したそうです。

6

12
工場長の技術も光り、見事きれいに納まりました!!!

10
右下の欠き込みはガス線を通す為のもの。
カウンターでPCも行うということだったので、配線孔も設置しました。
さらに、写真では見えづらいですが、ブラインドが天板に被る分をカットしています。

8 9
4杯あるように見える引き出し、、、、。
実は上段2杯、下段1杯の全部で3杯なんです。
A様のご要望で、見え方を揃える為、下段の引き出しの前板に溝を入れて上段とあわせています。

13 14

ベンチは、もともと設置してあったベンチを収納付きにリフォーム!
既存の天板にメルパウ(luxe wood)を被せ、下にCD、DVDを入れる収納を新たに製作。
高さが決まっているので内寸を確保するのに苦労しました。。。
コストの面も考慮し、内部がシナのベニヤ、前板が突板の仕様となっています。

【メルパウ】
メルパウとは、リュクス材と言われ、ウッドデッキなどに使用されることが多い木材です。
薬剤を使わずに、熱と水蒸気だけの高圧乾燥技術(サーモウッド処理)によって人と自然に優しく作られました。
ハードウッドのメルパウ(東南アジア産)を熱処理をすることにより、防腐性・防虫性・耐久性が上がります。
また、含水率、吸水率も減少するため、そりや割れの経年変化が少ないのも特徴の木材です。

17

16さらに、A様のご提案でレンジ台と以前使用していたライトの開口部分を隠すために、レールカバーを設置しました!

 

11

お部屋がウォールナットで更に統一感が出て、想像を越えた良い雰囲気になりました!

ZEND

A様ありがとうございました!!!!

東戸塚店 横尾

2012.09.13

O邸 リビングダイニングのコーディネート

横浜市戸塚区のO様邸へリビングダイニングのトのコーディネートをさせていただきました。
今回ご提案したアイテムはダイニングセットとソファと壁面収納、更にブラインドもご提案させて頂きました。
東戸塚店のお近くにお住まいだったO様は以前にもご来店いただき、樹の家具の雰囲気やオーダーメードで作るお客様専用の家具に興味を持って頂き、マイホーム建設にあたって再度ご来店頂いたのでした。
ご新築の図面を持ってきて頂いたので、その図面を基にレイアウトを考えました。
左手側がリビングスペース、右手のキッチン側がダイニングスペースとなります。全体的にウォールナットでご提案したことで統一感のある、落ち着いたコーディネートになりました。
リビングスペースには収納力バッチリな壁面収納とソファをご提案。
ソファは以前にご来店頂いた際に気になっていたsofa wave
座り心地ももちろん、背面のデザインをお気に入りいただきました。
今回のレイアウトは玄関から入ってくるとお気に入りの背面のデザインがまず目に入る形になっています。
サイズもご家族の人数に合せて3Pよりも更に大きいW2100mmでお作りしたので、存在感溢れるソファとなりました。
生地は以前にお作りしたパープルのソファを見ていただくと、一目でお気に入りいただき、早々と決定です。
写真はご提案の際に見て頂いた写真です。
次に壁面収納です。
今回根本店長苦労しました()
置きたい場所のサイズは図面を基に割り出し、そこへ収納したい物をリストアップしました。
今回収納したい物はこちら。
・テレビ、ゲーム機2台、HDDレコーダー、ウーハー、DVD(多数)、ヴァイオリン、楽譜(A3)、ミニコンポ、雑誌、パソコン3台、プリンター、お子様の勉強道具、と盛りだくさん♪
そこへ飾り棚も付け、更にエアコンを隠すため、天袋部分を格子にすることになりました。
『これをこっちに入れて、これはあっちに入れて』と何度もシミュレーションをし、O様のご要望の物全てを網羅する壁面収納&デスクが出来あがりました。
盛りだくさんの仕様に苦労していた根本店長がやっとのことで完成した図面を前に『俺もまだまだだな、、、』と渋い一言が漏れるほど疲れ切っていました()
デスクスペースにはご主人一目惚れのori stoolもご用意することに。樹種は遊び心を入れてウォールナット・チェリー・メープルを1脚ずつ計3脚です。
デスクにも使え、来客の際にはダイニングテーブルにも合せて使ったりと活躍が期待できるセレクトになりました。
次にダイニングスペースはアイランドキッチン前のスペースを使います。
キッチンに対して直角にテーブルを置くと動線が悪くなってしまう為、平行に設置することに。
サイズはご夫婦にお子様が3人でお使いになるということもあり、W2100mmのテーブルをご提案。
更に、O様のお好みはトラディションテーブルでした。
ご来店頂いた際に展示のあったトラディションテーブルを見ていただくと『キレイだね!せっかく一生物になるんだしこっちの方が良いな♪』とW2100mmのトラディションテーブルをご用意!迫力満点のダイニングテーブルになりました!
ダイニングテーブルに合せたのはnene chairとベンチです。
椅子は色々と座っていく中で気に入ったのがnene chairでした。
ゆったりとした座り心地と隅々まで気を使ったデザインがお気に入りいただいたポイントとです。
こちらをご夫婦用に2脚ご用意。
張地はソファに合せた発色の良い紫色にしました。
また、長手に使っていただくようにベンチのデザインをいくつかご用意すると、その中で気に入ったデザインのこちらのベンチが決定。
今回は新しいデザインでのご提案だったので、私たちも出来上がりがワクワクでした。
また、特注でベンチ用のクッションもお作りしています。
ベンチにそのまま座るのはお尻が痛くなってしまうだろう、という事でご用意させていただくことに。
ただの四角いクッションではつまらないと、ori stoolの座面の形に合せてお作りしました。
勉強の時にはこのクッションをori stoolにも使っていただきたいと思ってご提案しています。
最後にブラインドもご提案。
今回はハンターダグラスというオランダ発のブラインドブランドをご紹介です。
ダイニングスペースの窓にはシルエットシェード、リビングスペースの腰高窓にはデュエットシェードを3連で取付けさせて頂きました。
シルエットシェードはパッと見横型ブラインドなのですが、ブラインドの羽根を前後から2枚のレース生地で挟み込んでいます。
ブラインドを開いた時にはレース生地のおかげで柔らかな光を取り入れる事が出来ます。
ブラインドを閉じた時には紫外線を99%カットしてくれ、開いた時にも80%カットと、フローリングや家具焼けも防いでくれるのも嬉しいポイントです。
写真はたまプラーザ店に展示のあるシルエットシェードです。
横から見るとこんな感じになっています。
デュエットシェードは今回トップダウンボトムスといって下からはもちろん上からもブラインドを開ける事ができます。
実はO様邸はリビングの腰高窓からお墓が見えてしまうのが悩みでした。
『ずっとブラインドを締めきっているわけにもいかないし・・・。』ということでしたので、こちらのデュエットをご紹介しました。
自然光を取り入れたい時には上から開けることで、外の景色は隠しつつお部屋を明るくしてくれます。
ブラインドも寸法バッチリで全て窓枠内に納めた事で、スッキリとした印象になり、素敵なお部屋の雰囲気を作り出してくれました。
全ての家具を納めさせていただくと、『おぉ!やっぱり実際に家具が入ると雰囲気が増すね♪』と喜んで頂き、私たちも苦労した甲斐がありました()
O様ありがとうございました!
ウォールナット×紫で統一したリビングダイニングで家族団欒を楽しんで下さい!
また今回、雑誌家具コレクションにO様邸の取材が載っております。
プロの撮った写真でO様の家具が更に映えたご紹介となっております。
現在書店にて絶賛発売中ですので、是非ご覧ください!
2012.08.10

M邸 特注収納ベンチ お届け

横浜市青葉区のM様に特注収納ベンチをお届けしました。

収納できるベンチが欲しいと来店いただいたM様。
あるととても便利なのですが、既製品ではなかなか見ることが無い収納ベンチ。
3rdでは、以前にも収納の機能をもつベンチを製作したことがあったので、実例をご紹介しながら、仕様とサイズを検討させていただきました。こちらがご覧いただいた過去の実例の一つです。

サイズについては、二人が並んでもゆったりと座れるようにと幅が910mm、奥行きは450mm、高さは一般的な椅子の座面の高さの420mmとなっています。
そして今回のポイントは、M様のアイディアで天板にウォルナット材を、そして箱の本体にメープル材を使ったマルチ仕様!
さらに天板の角は丸く落して、それに合せて本体の角も丸く落しています。
こうすることで、全体に表情が生まれて見た目も優しい印象になりました!

今回の設置はリビングのテレビボードの横。なにかと細々したものが多くなりがちなリビングですが、たっぷりとした収納力があるので片付けに大変便利ですよね!
他にも、頻繁に使うけど、あまり見せておきたくないもの、例えば掃除道具などの収納にも良さそうです!
M様は書斎に置かれる事も検討されていたので書類の整理などにも役立ちそう!

天板を閉める際にバタンッ!と閉じないようにゆっくり閉まるよう、ダンパーも取り付け。

そして本体を支える脚は少し内側に入れています。
こうすることで本体が浮いているように見えて、見た目の重さも軽減されます。

M様のリビングは吹き抜けになっていて、グリーンの映えた爽やかなお部屋。
細かいこだわりを詰め込んだベンチを見て、
「部屋にも合うし、これに合せて他にもいろいろと家具を揃えていきたいねっ!」
と大満足のご様子!
深みのあるウォルナットと明るくきめ細やかなメープルの組み合わせは、リズムがあって見ていてなんだか楽しくなりますねっ!

樹種をマルチに使って製作する事はなかなかないので、私たちも新たな発見となりました。

M様ありがとうございます!またのお越しをお待ちしております!

2012.06.12

A邸 ベンチ、チェア お届け

横浜市青葉区のA邸に特注オリジナルベンチと特注仕様ダイニングチェア2031をお届けしました。

A様はご自宅を新築され、近々引っ越しという事でご来店いただきました。
「ダイニングテーブルは既に決めてあるんですけど、まだダイニングチェアは決めかねているんです。なかなか気に入るものが見つからなくて・・・。」
とお悩みの様子でした。どの様なダイニングチェアをお探しかをお伺いすると、
「ダイニングテーブルが木の無垢材のもので、色を塗っているものなんです。できれば、テーブルの色を一緒にしたものが欲しいんです。」 
なるほど!ではダイニングテーブルは具体的にどの様なものかお伺いすると、ナラ材をダークブラウンに着色した物とのこと。
「テーブルを購入した時に、色の見本を貰っているんですけど、合せられますか!?」
とご要望いただきました。
もちろん大丈夫です!3rdでは、木材それぞれの個体の木目や色を最大限に生かすために基本的に着色はしません。ですが、お作りするのはお客様の生活の道具です。ご要望があればもちろんお好みの色に着色しますし、お手持ちのものに色を合せたいのであれば、色を揃えることもできます。今回は、サンプルをお持ちだったので、それに合せて色を揃えることができます!
「そうなんですね!色が揃うのはすごく嬉しいです!!それじゃ、椅子を選んでみようかな~!」
とのことで、A様は無垢材の家具がお好きのようでしたので、ご紹介したダイニングチェアがこちらです!

このダイニングチェアのデザインの特徴は、背の無垢材で出来た縦格子。さらに無垢の木を剥ぎ合わせた座面は、体圧分布に沿って削り出しをしています。

体圧分布とは、体と接する面のどこにどれだけ圧力が掛かっているかを数値化したもの。この場合は、椅子に掛けた時の座面とお尻との関係を計り、それに合せて形を作っています。
「木の質感も感じるし、キリッとした雰囲気がいいですね!この座面もしっかり受け止めてくれるし!この椅子で、テーブルに色を合せてもらおうかな!」
とお気に入りいただいたところで、
「実は、この椅子は二脚にして向かい合わせで座る方はベンチにしたいんです!」
とのご要望をいただきました。
今までも、オリジナルのベンチ製作のご依頼をいただいてきた3rd。
そこで、オリジナルのデザインをA様用に起こして、一度見ていただく事をご提案。
「それじゃ、そのデザインを見てから決めたいと思います。楽しみにしてますね!」
と一度お帰りになりました。

それから一週間、たくさんのアイディアスケッチを起こし、デザインや構造を工場と打ち合わせしながら起こしたデザインがこちらです!

オリジナルベンチのデザインが決定したことをお伝えし、再度ご来店いただくと、
「イメージとピッタリですね!ダイニングチェアのとの相性も良さそう!これで製作お願いします!完全にオリジナルなんですよね!?」
そうです!もちろんオリジナルです!
オーダー家具は製作しなければ、実物がありません。
ホームページやカタログで、多くの実例をご紹介していますが、これは3rdのポートフォリオです。
ご覧いただくと3rdの出来る事、得意な事がご理解いただけると思います。
今回は、A様にはアイディアスケッチとともに過去の実例をご紹介しながらご提案し、
「これだけいろんな事をやられているのであれば、大丈夫ですね!よろしくお願いします!」
と、納得いただき契約となりました!

さてA様のお宅は、メープル材の床に白い壁、ブラインドやカーテンもホワイトで揃えてあり、とても清潔感が溢れるダイニングでした。
そこに置かれていたダイニングテーブルは、お部屋の雰囲気とは対照的に着色の色合いがどっしりとした安心感を感じるものでした。
そこに今回ご依頼いただいたベンチとチェアの設置です。

そしてこちらがベンチの完成品です!

背のデザインはダイニングチェア2031と合せ縦格子とし、幅いっぱいにするのではなく、必要最低限の本数と配置にすることで、メリハリが生まれ、デザインとしての完成度が増しました。落ち着いた色味の中にも見た目の軽さがあり、圧迫感もありません。
「ダイニングチェアもベンチもダイニングテーブルと相性もいいし、色味ももちろんバッチリですね!ベンチは本当にかっこいいです!お願いして良かった!ありがとうございます!」
と、大変喜んでいただきました!

これから使い続けることによって、色味も落ち着きどんどん味が出てくると思います。
この先もますます楽しみですね!
A様ありがとうございました!

自分だけのオリジナルを作ることができるのがオーダー家具の醍醐味!
皆さんも何かお考えのものありましたら、是非スタッフまでご相談ください!

お待ちしております!

2012.01.06

Y邸ダイニングテーブル、ベンチお届け

川崎市宮前区のY邸へダイニングテーブルとベンチをお届けしました。

引き出し付きダイニングテーブルとベンチをお探しでご来店いただいたY様。
お話しを伺うと、『いろいろと探したんだけどイメージばっちりなものがなくて』と希望に合う大きさ+引き出しというダイニングテーブルがなかなか見つからなかったとの事。

更に『せっかく買うんだから一生物にしたい!』というご希望もあった為、『オーダーメードで無垢材のY邸だけのテーブルとベンチを作っちゃいましょう!』とおススメすると、条件をいくつか頂きました。
① お子様の勉強道具などを入れるための引出が欲しい
② 4人家族なのでW1400以上の大きさをキープ
③ スッキリとしたデザイン
ということだったので、具体的なお話しに。

①の引き出しは幕板の高さと合わせて長手に1杯ずつ付けることにしました。
また、取手については、いくつか金物のサンプルをお見せしたのですが、なかなかお気に入りが見つからず、木製のオリジナルを製作する事に。

デザインは『お任せします!』とご依頼いただき、何通りか作ってお見せしたところ、この四角いデザインの取手をお気に入りいただき決定!

テーブルのデザインは脚をうちこぎの角絞りにして、シャープな印象になりました。
絵にしてみると、『欲しかったテーブルはこれです!』と、笑ってOK頂いたのが印象的でした。

樹種は悩む事無くチェリー材をお選びいただいたので、出来立てはピンクのきれいな色で仕上がりました。
だんだんと赤みを増して出来あがるテーブルを楽しんでいただけたらと思います。

椅子については現在お子様用の物を2脚お使いだった事、近い将来お友達を連れて来ても座れるようにベンチもご提案しました。
テーブルと同じデザインでお作りすることになり、合わせて作った事でスッキリとまとまりのある、ステキなダイニングテーブル&ベンチが完成です。

お届けの際は、お子様が『やったやった!』とベンチに飛び乗るほど喜んでくれて、奥様ももちろん喜んでいただいたのですが、≪主人が一番楽しみにしていて、朝出社する時に『今日帰ってきたらテーブル来てるんだよね♪』とワクワクしていていましたよ≫とお伺いしました。
ご主人様、テーブル&ベンチはいかがでしたでしょうか!?
お子様たちの成長と共に出来あがる“味(キズや経年変化)”を楽しみながら、いつまでも近くに置いて使って下さい。
Y様ありがとうございました!