オーダー家具の3rd -your life style shop-
2017.02.10

M邸 リフォーム、キッチンボード お届け

「友達のお宅で見た壁面収納がいいなと思って、どこでお願いしたのか聞いてみたら3rdさんだって聞いたの。」とご来店いただいたM様。
最初のご相談は椅子の補修についてでした。

そのお話から「収納が足りなくて困っているんです。」とご相談をいただきました。
お仏壇を納める場所とご主人の本、お子様のオモチャなどの収納場所に困っていたそうです。
リビング横の和室をうまく活用して収納を。と考えていたそうで、一度お伺いしてみる事に。

和室を見せていただくと、収納として押入れがありましたが、中はうまく使いこなせていないご様子。。。
押入れ収納はお布団を使わなくなった今、うまく使いこなせないと時々ご相談いただく事があります。
思い切って押入れは取り壊して、クロゼットとして作り替えてはいかがですか?とお話をすると。。。
壁紙、畳、襖、押入れ、照明を一掃して、和室からリビングから繋がる一つのお部屋にするリフォーム計画へとお話が進みました!

さっそく解体作業から!

和室は入り口の襖や建具を全て撤去。

建具をはがした後はダイニングスペースと似た、新しい壁紙と床材を取付ました。
畳を撤去した床はダイニングの床より一段下がっているので、段差が出ないようレベル合わせをしています。

襖と押入れ、畳のお部屋だったなんて、ちょっと思えない仕上がりです!!

押入れがあった場所はクロゼットとお仏壇の収納場所に。
襖からウォルナットの扉に付け替え、ガラッと雰囲気が変わりました!

照明もシーリングからスポットに変更。
壁を照らすことで光源が直接目に入らず、室内に柔らかな光が灯ります。

「とにかく本が多いんです。」との事で、和室となりの納戸のように使っていた洋室には壁一面の本棚を。
文庫本サイズが多いとの事でしたが、棚は可動式にしているのでお子様の絵本や図鑑、文庫本からハードカバーの本まで、これならたっぷり収納できますね!

ここまでのお届けで「これでやっとスッキリ片付けられそうです!」と嬉しいお言葉をいただきました!

まだ続きが。。。
リフォーム中から、もう一箇所悩んでいるところがあるとお聞きしていました。
完成後「リフォームをお願いしてこんなにイメージ通りにできるならと思って!」と、追加でキッチンボードのご依頼をいただきました!

・ゴミ箱を見せたくないので収納できるように
・炊飯器をそのままどんっと見える場所に置きたくない
・奥にあるストック用の棚に合わせた素材で
というご要望でした。

ご希望をクリアしながらスッキリ納めるために、下台は隣の収納と奥行きを揃えています。

吊り戸棚は隣の収納とデザインを合わせて、扉を少しインセット(側板より少し内側に取付)にしています。
吊戸の下には奥様のご希望で調味料を置ける可愛らしい棚もつけました!

引出しにした収納部は、下段にいくほど深い引出しになっていていますが、フルスライドレールで引出しが全開できるので奥にしまったものも見つけやすく、大鉢の食器やお鍋もたっぷり収納できます!

いつもオーナーの訪問を楽しみに待っていてくれた息子さん!
上手にお片づけできてますか?

お近くですので、またお店にもご来店くださいね!
M様、ありがとうございました!!

【ブックボード W2150×D350×H2130】
【キッチンボード 下台 W1320×D480×H920】
【キッチンボード 上台 W1320×D350×H550】

2014.04.25

I邸 特注 おぶつだん お届け

出逢いは、2008年の『3rd』OPEN当初。
I様は、『お部屋のリフォームで新しく家具を新調したい。』
とご依頼からのお付き合い。
その当時、お届けした際のブログがこちら。 I様邸 トータルコーディネート。
当時お届けした、サイドボードの写真がこちら。
④595

今回I様からのご依頼の際、少し気になるお問い合わせでした。
私たちは、当時お届けした家具の成長も一緒に拝見させて頂くことになり、I様邸へ。
お部屋に入ると、表情が優しく変わった家具たちも一緒にお出迎えしてくれました。
お部屋にも馴染んで、落ち着きのある、とっても素敵な空間になっていました。

ただ、お部屋に入った際に、今回I様が御呼び立たてした内容がすぐにわかりました。

奥様から、
ご主人様がお気に入りだったこの家具たちの近くに、この好きだった空間に、
一緒に落ち着ける場所を設けてあげたい。

『この部屋の雰囲気に合うようにしてください。3rdさんにお任せします。』
との、ご依頼でした。

希望は、
●開閉できる扉が欲しい。
ここは、扉が全て隠れる様に、サイドに隙間を作り、その隙間の中へ扉が収納できるようにしました。
①595

次に、●仏具などを置ける台。と、●収納スペース。
台には、スライド式の台を設置し、必要な時だけ引き出せるようにして、
収納スペースには、両サイドにコンパクトな収納箱を設けました。
必要な物は常にここにしまっておけるので、すっきりとしたデザインになりました。
②③595
I様から、この3っのご希望をお伺いし、後は全て私たちにお任せ下さいました。

そしてお届けの日、ご主人様のお気に入りの空間に納めさせて頂きました。
全体595の2
無垢材の木には「経年変化」といって、時間を経ると濃くなるもの、反対に明るくなるものがあり、樹種によっても様々です。
今回製作に使用した樹種は、ウォールナット(クルミの木)です。
初めは濃い色をし、月日が経つごとに明るくなり、あたたかい印象の色へと変化していくのが特徴的です。
なので、以前お届けしたサイドボードとの色が、今は違って見えます。
木によって変化のスピードは異なりますが、月日が経ち、
また一緒の生活をすることにより必ず色は追いついてきます。
ゆっくりと変わる木の表情も一緒に眺めながら、
これからも、長いお付き合いを宜しくお願い致します。

私たちにとっても感慨深いものになりました。

たまプラーザ店

2012.07.16

T邸 仏壇 リビングテーブル お届け

今回は、以前にご紹介したT様のお父様にお届けした特注仏壇、3rdオリジナルneneリビングテーブルのご紹介です。

さて前回、T様にソファをお届けした際、どうしても2階の設置場所へ搬入できず、やむを得ず1階のお父様の寝室をソファの置き場にしてしまったことは、恥ずかしながらT様お届けブログ(こちらからご覧いただけます。)でご紹介させていただきました(苦笑)

ソファの吊り上げまでの三日三晩、3rdの商品に触れていたお父様に見込まれて、お届けしたものはこちらです。
まずは、特注のお仏壇から!

お父様自ら、もともとお使いだった仏壇を元にデザインを起こし、そこに3rdならではのアイディアを盛り込みました!

ガラスケースは上フタを開けて、写真等を入れるスペースになり、上フタ自体も棚としてお使いいただけます。

さらに充分な収納量のある下台にはスライド棚を配置!
こちらの棚は、二段階で伸縮するので必要な分だけ引き出すことができます。

そして素材は、ケヤキを使用しています。この仏壇の並びには以前からお使いのタンスがあり、そのタンスに合せました。この仕様もお父様のこだわり!

ケヤキは、昔から日本で銘木として扱われてきた木材ですので、仏壇としても相応しい材料ですよねっ!

そしてもう一つ。私たち3rdのオリジナルデザインのneneリビングテーブルも合わせてお届け!
私たちも驚く位に形や仕様にこだわりをもったお父様に一目ぼれいただいたリビングテーブルなのです!

「いや~、美しいっ。」
と待ち焦がれていたものが届いたお父様の表情に私たちも本当に嬉しくなりました!

無事に仏壇、リビングテーブルを設置した後は、3rdのものづくり談議に花が咲き、思わず長居をさせていただきました!商品はもちろんのこと、私たち3rdの考え方に共感していただけることがなによりも嬉しい限りです!
そして、後日わざわざお礼のメールまでいただき、そこにはこんな写真も!
今回は特別に紹介させていただきます!

まずは、愛犬小太郎君!

小太郎君もneneリビングテーブルを気に入ってくれているみたいですね!
そしてお孫さんとのほのぼのとした一幕も!

ご親族からのお仏壇の評判も上々との事!お父様、ありがとうございました!

またのお越しをお待ちしております!