オーダー家具の3rd -your life style shop-
2018.04.14

H邸 ウッドブラインド 椅子補修 お届け

ヨツバコ店へご来店くださったH様、当初は一枚板やキッチンボードなどにもご興味をいただいていましたが、展示してあったブラインドを見て「こういうのいいわよね、うちカーテンないのよ」とのこと。
現状外からの視線はないのでカーテンもブラインドも取り付けていないとのことですが、夏場は暑かったり少し困っている・・・。色々見て回って、これ良いなと思っても、採寸や取り付けはご自分でお願いしますというところばかりで嫌になっちゃって!とH様。
3rdでは採寸も取り付けも私たちでお伺いしますよ、とお伝えするととっても喜んでくださいました。また、ブラインドのイメージもお部屋に合わせて選んで欲しい!とご要望をいただきましたので、サンプルを持って採寸へお伺いしました。
ご自宅へお伺いするととても雰囲気のある素敵なお部屋!



床や他の家具に合わせてJBSの『DARK JAVA』という赤みの少ないカラーのウッドブラインドをおすすめさせていただきました。
ウエスタンレッドシダーと桐のどちらかをお選び頂けて、どちらも無垢材でできているのです高級感のある本物の質感です。
H様は桐でのお届け。


「この椅子もどうにかならないかしら・・・」
と見せていただいたのは、背が籐張りのチェアでした。とても思い入れのあるチェアとのことですが、籐自体も古くなり穴が空いてしまい、座面もシミだらけで・・・と少し落ち込んだご様子。


こちらも綺麗にしてスッキリさせましょう!と背と座面の張替えを行いました!
籐は木部に合わせて着色を施し、座面は光沢感のあるグリーンの生地に。


ブラウンとグリーンで統一された空間に、以前にも増して素敵なお部屋になりました!
見違えるように綺麗になった椅子を見て「お願いしてよかった!これで毎日嫌なところなく過ごせるわ」
と嬉しいお言葉をいただきました。

H様、ありがとうございました!

【JBS ティンバーベネチアンブラインド_W1605×H2032 etc】

WANTED
3rdではショップスタッフ、設計デザインスタッフを募集しています。インテリアや家具デザインに興味のある方は是非お問い合わせください。
また工房スタッフ(家具職人)も合わせて募集しております。

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2015.05.18

S邸 椅子補修・テーブル お届け

「椅子のお直しはやっていただけますか?」と、新聞のチラシを見てご来店になられたS様。

「とっても気に入っているんだけど、どうも座り心地が良くない。。。」という、海外で購入したチークの椅子。
お引っ越しが決まったタイミングで「もし直せるものなら、新しい家でもまた使い続けたいと思って。」と、
ご来店になられました。

「もともとついていたクッションはへたってしまったからもう使っていないの。代わりに座布団を座面にも背中にも置いて使っているんだけど、滑ってしまって落ち着かないの。座面クッションは椅子にくっつけて、背クッションもずれないようにしっかり止まるように出来ないかしら?」との事。
座面はレザー張りのクッションが乗っているだけ、背クッションはマジックテープで取り外しが出来る仕様になっているそう。
それなら一度、椅子を見せていただけますか?と、ご自宅にお伺いする事になりました。

2388_01

見せていただいたところ、椅子の木枠はしっかりとしていて、傷みもなさそうです。

「これでしたらクッション部分を新しくすれば、ぐっと座り心地もよくなりますよ!」とお話した所、
「とても気に入っていたので、捨てるのには忍びないと思っていたの。直せるならお願いしたいわ!」と奥様。
「張り替えるなら生地は明るい色、グリーンがいいな。」とご主人。

2388_02

お二人で仲良く生地選びをし、2種類のグリーンを選ばれました!

2388_03

座クッションは木枠と一体にし、背クッションはずれないように背もたれをすっぽり覆うように制作しました。

2388_04

ご自宅にお伺いした時に「この椅子とセットになっているテーブルがあるんだけど、人が増えた時に使うには少し狭いの。お客様が来た時にはダイニングテーブルの横に付けて、普段はデスクのように使える補助のテーブルがあったらいいなと思っているんだけど、そんな小さなテーブルは作れますか?」と、ご相談いただきました。

2388_05

ご新居の図面を見せていいただいたところ、補助テーブルは奥行き450mmから最大600mmまでは置けそうでした。
「普段は二人だから。」との事で、サイズは生活動線のじゃまにならないようにと450mmに決定。

2388_06

ダイニングテーブルのデザインに合わせて天板の角も脚も丸くしました!

2388_07

「どんなふうになるのか、楽しみにしていますね!」とお引越し前からお届けを楽しみにしてくださったS様。

お届けのとき、「すっかり見違えるようだわ~!生地も明るくしてよかったわ!これからも大事に使いますね!」と
とっても喜んでいただきました。

2388_09

いつもご夫婦、仲良くご来店いただいたS様。
お引越しで少し遠くなってしまいましたが、お近くにお越しの際にはぜひ遊びに来てくださいね!

2388_010

S様、ありがとうございました!

東戸塚店

2014.11.23

椅子補修 お届け

「椅子のお直しなんてできるかしら?」と、ご来店いただいたY様。

座面が擦れてしまったのに加え、背の籐がやぶれてしまったそうです。
以前、補修をした椅子の写真を見ていただくと「多分、これと同じ椅子だわ!」という
以前のお届けがありました。以前のお届けは→こちらから。

「こんなにきれいになるのね!椅子自体は壊れていないので、捨てるのもちょっと。。。と思っていたの。
できるなら直してもらいたいわ。1脚は背の籐も破れてしまって。」

H2266_02

「一緒に布張りの椅子も張替えもお願いできますか?背中も座面も布で張ってある椅子なんだけど?」との事で、
椅子を見せていただきました。

H2266_03

見せていただくと、どの椅子も木部に壊れた箇所はなく、これでしたら張替えできますよ!と
お話をして、お預かりしました。

籐の椅子の張り生地は今までと近い色がご希望との事でブラウンのビニールレザーです。

H2266_04

張りぐるみの椅子は「せっかく変えるのだから思い切って気分転換してみようかしら!」と
濃い色のストライプ柄をお選びになりました。

H2266_09

椅子のお直しが完成したので綺麗に仕上がってきましたよ!と、お電話すると「楽しみにしてるわ!」との
ご返事をいただいたのでさっそくお届けに!

H2266_06

お届けした椅子を見て「ほんとにきれいになったわ!生地もこの生地にしてよかったわ~。」と
とても喜んでいただきました!

—- 椅子の補修をもう1件ご紹介します。 —-

逗子市にお住まいのS様。

「前に雑誌に載っていたのを覚えていたんだ。補修なんてやってくれるかい?」とご来店になりました。
座面も背中もレザー張りの椅子で「座面の革が擦り切れちゃったし、座ると沈んじゃって。」
座ってみると、座面裏からウレタンがポロポロ。
おしりもだいぶ沈み込むような。。。

椅子をひっくり返して確認すると、十字に布の補強がしてあります。

2299_01

3rd「これは??」
S様「おしりが沈んで来ないように止めておいたんだよ(笑)。」と、補強して使っていたそうです!
「さすがにもう無理かなーと思ってさっ。」と、ご来店になったそう(笑)。

座面下は板ではなくウェービングテープが張り込まれているようで、
工場長に確認したところウェービングテープの交換も必要だろうとの事。

補修箇所のご説明をしたところ、「生地はビニールレザーで、色は今のと近い色であればいいから任せるよ。
座面下も直せるならお願いするよ!」との事でお預かりしました。

2299_02

座面のウェービングテープとウレタンも交換し、少しゆるんでいた座面の枠も締め直しました。
見た目も座り心地もすっかり新品同様に!

2299_03

お直しが出来ましたよとご連絡したら、すぐに引き取りにご来店になられたS様。
「お~、きれいになったね!座面もしっかりしたし、鋲もきれいになってるね~。」と、とても喜んでいただきました!

2299_04

Y様もS様も新しく生まれ変わった椅子を見てとても喜んでいらっしゃいました!

H2266_08

H2266_07

2299_05
 
新しく生まれ変わった椅子と、新しい思い出を作っていってくださいね。
また何かありましたらご来店ください!
Y様、S様、ありがとうございました!

東戸塚店

2014.09.03

W邸 ダイニングセット・TVB・家具補修 お届け

140830_01

都内にお住まいのW様。
中古のマンションをリフォームしてお引越予定で、家具も買い替えを検討されていました。
今回3rdが製作させて頂いたのは、ダイニングセットと、TVボード、それから既存の家具の補修です。

ネットの検索で3rdを見つけて、ご来店されたW様が店内をぐるりと巡り
お気に入り頂いたのは、ブリステーブルと、ADチェア。
どちらも職人の技が光るこだわりの作りです。

ブリステーブルは、一見本当にシンプルなデザインですが、丁寧な作りのテーブルです。
天板の反り止めに追い入れ蟻継ぎという技法を使用。
天板裏に溝をほって、桟木を入れています。
溝の幅は先に行くにつれてほんの少し細くなっています。
長さ方向が900ミリに対して、幅方向が3ミリ細くなるという、
目で見てもほとんど分からない微妙な角度ですが、
これにより、一度入れた桟木は、そう簡単に抜けないしっかりしたつくりになります。
反り止めには、金物を一切使用しないつくりになっているのです。

140830_05

また、この技法により、幕板つきのテーブルよりも下にでてくる部分が少ないので、
椅子に座った時の脚まわりを広く確保できたり、肘付の椅子がすっぽり納まるなどのメリットあります。

140830_04

脚のついている位置は、天板の一番端なので、テーブルの有効寸法も広いのです^^

ADチェアは、背の当たり心地が絶妙な椅子。

140830_06

背にクッション等はついていませんが、その計算されたつくりで、優しくしっかりと身体を受けとめてくれます。
一度座ると、これだ!と決めるお客様も多いほど。
個人的意見ですが、私もお店の中でこの椅子が一番のおすすめです。
職人が最小限の機械で1脚1脚丁寧につくっているため、丈夫で長く使っていただける椅子なのです。
ADチェアは板座(写真左)と座面にクッションのついた張座(写真右)の2種類。
板座には、オプションで専用の取り外し式クッション(写真中)の製作も可!
140830_14

W様にお気に入り頂いたのは、張座。
革の風合いと、無垢材と同じように経年変化を楽しめるオイルレザーで製作することになりました。

お届けしたダイニングセットがこちら。

【bliss table / w2000 d850 h700 / walnut】
140830_07

140830_08

オイルレザーの風合いが、お部屋との相性ばっちりですね!
とってもいい雰囲気!!
奥様が監督となり、お子様のお勉強もここでされるということで、ゆったりめのサイズになっています^^

TVボードは、ご主人の希望でシンプルで、直線的に。
本体下の台輪は小さめにして、床からの立ち上がりをすっきりみせる形状になっています。

【TV board / w1800 d500 h500 / walnut】
140830_10

140830_09

それから、お手持ちの家具を補修しました。
ひとつは、リビング用のローテーブル。
お引越前のご自宅で使用されていた物で、大きなキャスターと低めの高さは気に入っているけれど、
コップのシミなどがたくさんついてしまって気になっているとのことでした。
こちらはもともとがオイル仕上げのものでしたので、表面を削り直して、再度オイル塗装でお仕上げ!

140830_02

本来の美しい木の表情が戻り、かさついていた木肌もオイルでしっとりとなめらかな手触りが蘇りました!
これからまたご新居で活躍しそうですね!

140830_03

もうひとつは子ども用の椅子の補修。
W様自身の幼少期と、W様の3人のお子様達が代々使われていたW家思い出の椅子なのです。

140830_010

140830_011

塗装がはげて汚れてしまっていた木部を補修し、
座面は、新しく張り替えて、弾力のなくなってしまっていた中身のウレタンを交換して
新品の様に生まれ変わりました。
もう1世代下の子達まで使えそうですね。
140830_12

今回、生産時期の関係で、椅子の納期を大幅に頂いた為、
お引越したてのお届けと、それからおよそ3ヶ月後のお届けと、時期をずらしてのお届けとなりました。
(W様、大変お待たせいたしました。。)
最初のお届け時は、お引越直後の為ダンボールだらけのご自宅でしたが、
椅子のお届け時には、すっかり素敵なお部屋になっていました。

風通しと景色の良い気持ちのいいご自宅〜。

140830_13

すべての納品完了時には、
「待ってましたよ〜。最高!!」
と嬉しいお言葉をいただきました。
「せっかくの新居なのに夏休みで家にいるうちの子たちが、暴れて家壊れないか心配ですよ〜」
と、ご心配されていた奥様でしたが、笑
無事に夏休みを過ごされたでしょうか。
これから、ご家族と一緒に変化していく、無垢材・オイルレザーの表情も楽しんでくださいね。
W様ありがとうございました。

たまプラーザ店

2014.04.01

S邸 ダイニングテーブル・ダイニングチェア・ベンチソファ 補修 

現在お使いの家具を引っ越しに合わせて補修したいとご来店頂いたS様。

S様は以前、他のお店に補修を依頼したことがあったようですが、
「このような補修は難しい」と、断られてしまったようです。
ご依頼内容は、
① ダイニングテーブルのグラつきを直してほしい。
② ベンチソファをダイニングテーブルで利用できる高さにして欲しい。
③ いすのクッション張替をして欲しい。

私たち3rdでは、補修も行っています!また簡単に”できない”とは言いたくないので、現状を確認する為、S邸へ。
修復前 改111
ご依頼内容は全て直せそうでしたが、問題はテーブルのグラつきをどう直すか。。。
工房の職人と相談し既存の棚板の下に幕板を入れ補強する事に決定。
デザインも崩さず、邪魔にもならない最善の方法です!
このような補修ができるのは、自社工房がある強みですね!

新しい物を生み出すだけではない。
今までの想いでの詰まった物を、これからの物へと手掛けて行くのも私たちの仕事です。

出来上りの①ダイニングテーブルがこちら。
テーブル 改1112
幕板を入れることにより、ダイニングテーブルのぐらつきはなくしました。
これで、ゆっくりとダイニングテーブルでも過ごせますね。
ちなみに幕板とは、
テーブルのデザインや素材によって役割は変わりますが、大まかに三つあげられます。
1、 天板と脚を固定させる
2、 無垢の板の場合、反り止めに使用する
3、 強度を持たせる
っという際に使用する板のことです。

② ベンチソファがこちら。
ベンチ 改1112
ベンチソファには、ナラ材を脚下にくっつけて高さ調整をしました。
ただ単にくっ付けただけではなく、凸凹を脚に掘り、シッカリとはめ込むことにより
強度面もバッチリ! 

③ いすのクッション張替。
椅子 改1112
生地選びに悩まれていた様子のS様。
生地サンプルから気になる物をセレクト。その中から消去方で3種類にしぼりました。
一度持ち帰り、最終的にお店の展示にあるラウンジチェアと同じ生地に決定!
落ち着きのあるいい雰囲気になりました。

これまでの想いでも残しながら、これからも一緒に楽しい食卓を
このテーブルで囲んでいってください。

後日S様がたまプラーザ店にご来店。
『すごいイイですよ~! ベンチの高さもいいし、テーブルも全くぐらつかない!』
っと、嬉しい声をかけてくれました。
S様ありがとうございました。

これからも末永く、大事にお使いください。
3rdでは、皆様のお使いの家具とお気持ちを大事にして補修をします。
ご相談いただければお伺いしますので、是非お声掛けてください。
お待ちしています。

たまプラーザ店

2013.09.06

Y様 椅子補修 お届け

東戸塚店の1階の改装準備で、床板にオイル塗りしていたときに「これは何してるの?」と
興味を持って声をかけてくださったY様。

これから床板の張り替えをするので、その準備をしているんです。と、お話したところ、
「そんなこともできるの。椅子のお直しなんかもできるかしら?」とご相談いただきました。

「革張りの椅子で背もたれがついてるんだけど、留め金具が外れてきちゃって。」との事でしたので
お伺いし、状態を見せて頂くことに。

2079_01

背もたれの鋲が外れているくらいで、他に痛んでいるところはなさそうです。
これならすぐ直りそうですよ!と、お預かりしました!

鋲が外れてしまったせいで背もたれの革がゆるんでいたので、中のウレタンを新しくし、キュッと引っ張り、
外れてしまった鋲を留め、ピンッ!と張り直し!

2079_02

補修後↓

2079_03

革の状態がよかったので、これだけでも見違えるような仕上がりになりました!
10年以上も使っている椅子には、見えないでしょ?

2079_04

気に入って毎日使っている椅子も、長年使っているとちょっとくたびれてしまいます。
ちょっとしたメンテナンスや手を掛けてあげることで、道具はがんばってぐんと長持ちしてくれますよ!

皆さんの家にも、ちょっとくたびれている家具はありませんか?
お気に入りの家具はメンテナンスして、ながーーーいお付き合いをしてみませんか!

Y様、ありがとうございました!

2013.07.20

K邸 椅子補修 お届け

「お手持ちの椅子を買い換えるか。。。補修してこれから先も使っていくか。。。」
悩んでご来店いただいたK様ご夫婦。

25年前、ご結婚の時に購入されて、今まで大切に使ってこられた無垢材でできたダイニングセット。
椅子の座面がへたってしまって買い換えるか、補修するかでとてもお悩みでした。

ダイニングテーブルは多角形の珍しいデザイン。
そのテーブルに合わせて購入された椅子は家族の思い出がいっぱいつまった思い入れのある椅子です。

0497_01

店内の椅子をあれこれと座り比べてみましたが、「やっぱり捨てるのは気が引ける。。。」とのお話でしたので、
そこまで思い入れがあるならぜひ補修しましょう!直してこれから先も末永くお使いください!とおすすめしました。

そうと決まると、ご主人から
「実は昔から板座の椅子に憧れていたんだけど。。。」というご主人は『NENE chair』の板座が気になっているご様子。

0497_02

『NENE chair』の板座の座面は長い時間座っても疲れにくいように、お尻にフィットるすように座面を削ってあります。
「板座にすることはできませんか?」とのお話が!

これまで椅子の補修は何度もお受けしてきましたが、張り座の椅子を板座に変えるのは初めて!
「椅子に思い入れもあるし、デザインは気に入っているので板座にできたらほんとーに嬉しいんだけど。」
そこまで言われてしまうと。。。
なんとかご希望に沿えるようがんばります!とお預かりすることになりました!

張り座から板座にかえるために椅子のシートの高さなど調整し、張り座のとき座面をささえていた木枠がえぐれていて、
板座をのせるのには不向きだったため、隙間をうめてから板座をのせました!

0497_03

お届けの日。
ご主人は届いた椅子に何度も立ったり座ったりしてすわり心地を確認し、「とてもいい出来でうれしい!!」と大喜び!

0497_04

補修前の写真がなくて残念なのですが。。。
新しく生まれ変わった椅子が、これからもご家族皆さまと楽しい思い出を作っていけますように!

0497_05

K様、ありがとうございました!

たまプラーザ店

2013.05.31

Y邸 椅子補修/特注オットマン お届け

や3

大磯のY様に補修の椅子、特注オットマンをお届けです!

Y様には去年の夏に、既存の家具に合わせた収納棚をお届けしています。
空いたスペースにピッタリつくられた収納棚の仕上がりに、大満足いただきました!
blogは→ こちら

納品から半年、、、

3rdをとても気に入っていただいたY様。
今回は椅子の補修をして欲しいと3rdにご来店頂きました。

111

Y様がお持ちの椅子はチーク材の革張りの椅子。

その椅子を寝室に移動するので、生地の変更とウレタンの交換に加えて、
寝室の雰囲気に合わせてチーク材を着色することにしました。

チーク材に着色をする事は本当はもったいない事なのですが、、、
お部屋や好み合わせておつくりするのは大切なことです!

店内のウェンジの一枚板をみて、一番ベッドフレームの色に近いという事で、
色はウェンジ色に決定!

さらに、テレビを観るのにオットマンが欲しいということで、椅子の高さに合わせてお作りすることに!
店内にあった、イージーチェアのオットマンをご提案したところ、一目でお気に入りいただきました。

雰囲気が変わってしまわないように椅子と同じようにチーク材を使用し、
それから着色していく製作方法に。こだわりました!
同じ色でも素材によって雰囲気が変わってしまうんです!

DSC_0112のコピー

そして、生地は数あるものの中から、Y様のアジアンテイストなお部屋にも合う、アイボリーに決定です!

それから約二か月、、、、、
1
以前は明るい印象だった椅子は、、、、
や11

落ち着いた仕上がりに!

寝室に違和感なく馴染んでいますよね~!
よりくつろげる空間になったのではないでしょうか?

や2

椅子とオットマンの高さもピッタリです!

お届の際には、毎回納品写真を撮らせてもらっているのですが、ちょうどバッテリーが切れてしまい、
ご主人の立派なカメラをお借りして無事撮影することができました!

ありがとうございます!助かりました!

とても景色の良い、空気もきれいな場所にあるY様のお宅。
お届けに行ったのに、癒されて帰ってまいりました(笑)
お届の際に次のご依頼も、、、!
お届け次第、またブログにアップしますのでお楽しみに~♪

ありがとうございました!!

2013.04.29

T邸 椅子補修 お届け

「よく店の前を通っていたのよ。」というご近所にお住まいのT様。

「以前から気になっていたんだけど、椅子の張替なんてやってもらえないかしら?」とご来店いただきました。
ご依頼いただいた椅子はすらりとした優美なハイバックチェアです。

0468_01

「海外で買ってきたものだから、テーブルも少し高くて気になるのよ。」とのご相談もいただき、
「一度、見せていだけませんか?」とお話したところ、「近くだから今からでもいいわよ。」と、
そのまま生地見本をお持ちしてお伺いすることになりました!

ご自宅にお伺いして椅子とテーブルを見せていただき、テーブルの脚はカット、
椅子は5脚あったうちの4脚の座面と背もたれを張替することになりました。

なんと、ご自分で椅子の塗装のお直しをしたいのでスペースが欲しいとの事で、
先にテーブルをお預かりしました。

「座面と背もたれも張替をする前に、椅子の塗装が気になるから自分で直してみるわ。」とチャレンジャーなT様!
「以前もやったことあるから!」と、ご自宅に残っていた材料の他に、足りないものをホームセンターに
さっそく買いに行かれ、表面のウレタン塗装をリムーバーでふき取り、サンドペーパーでささっと表面を磨き、
仕上げにウレタン塗装し、乾かしてから張替のお預かりとなりました。

0468_02

「4脚やるのは大変ですよ~。」と言っていたのですが、「やりだしたら夢中になって仕上げちゃったわ!」
と楽しそうにお店に報告に来てくれました。
椅子の塗装が乾いた頃にテーブルの脚カットもできたので、テーブルをお届けして椅子をお預かりしました。

0468_03

張り地をどんな生地にするかかなり悩んでいましたが、仕上がったのを見て、
「雰囲気が明るくなってこれにしてよかったわ!テーブルの高さもちょうどいいし!!」と喜んでいただきました!

椅子をお届けした日、娘さんが遊びにこられる日だったそうですが、
きれいになった椅子の評判はいかがだったでしょうか?

0468_04

ダイニングから見えたお庭に、きれいに藤の花が咲いていました。
新しく生まれ変わった椅子で四季折々、楽しい食事の時間をお過ごしください!

何かありましたら、また遊びに来てくださいね。
T様、ありがとうございました!

たまプラーザ店

2013.04.24

Y様 ダイニングチェア 補修

tvkハウジングプラザ横浜のブースにお立ち寄り頂いたY様。
ご自宅やお嬢様のお宅のリフォームのお話などいろいろ聞かせていただきました。

木の家具が好きでご自宅でお手持ちの一枚板用のテーブル脚を探していたそうなのですが、
展示していたトラディションテーブルを見て「もうちょっと早く出会えていたら~(涙)」と。

0483_4

展示していたトラディションテーブルは天板と脚を固定していないもので、
普段はダイニングテーブルとして、お客様や人がたくさん集まるときなどは座卓にも出来るようにできるものでした。
「こんなの探していたんだけど、なかなか見つからなくて(泣)」
他のお店で作ってしまった後だったそうです。。。

気に入っていただいたのにお役に立てずとても残念ですが、
お店の方にもぜひ遊びにきてくださいね。とその時はお別れしました。

つい先日、「修理なんてお願いできますか?叔母が大切に使っていた椅子なんだけど
なかなかお直しをしてくれるところが見つからなくて、tvkでお会いしたのを思い出して
連絡してみたのですが。」とお電話をいただきました。

状態を見せていただけますか?こちらからお伺いしますので。とお返事をしたところ、
後日、叔母様とご一緒にわざわざお店に持ってきてくださいました。

0483_1

椅子の状態を見せていただき、木部の修理は必要なかったので、背中の籐の部分の張替と塗装仕上げ、
座面の張替えの補修でお受けしました。

0483_2

補修が出来上がってきましたとご連絡したときも、小雨の降る中取りにきて頂きました。
「とてもきれいになったわ!」と喜んでいただきました!
入院なさっている伯父様に、退院してきたらこれに座ってほしいと、叔母様の思いのこもった椅子でした。

0483_3

大切にしている家具を修理して、これからも大事に使っていただけるようお手伝いが出来ることは
私たちにとっても、とてもうれしい事です!

伯父様が一日も早くお元気になって、この椅子を見て喜んでいただけるといいな~と思っています。

お土産に頂いたお菓子、とてもおいしかったです!
ありがとうございました!!
あっと言う間にみんなで食べてしまいました(笑)。

何かありましたら、ぜひまたご連絡くださいね。
Y様、ありがとうございました!!

たまプラーザ店 鈴木

2013.01.14

Y様 ソファ・ダイニングチェア補修 お届け

横浜市金沢区のY様にソファWAVEと補修したダイニングチェアをお届けしました。

 ソファ「WAVE」2P W1500 D845 H790

以前テレビボードを納めさせていたY様。

久しぶりのご来店で、以前から気になっていたというソファWAVEをお求めいただきました。
「テレビボードをお願いした時から気になっていたんですよ!」
とデザインと座り心地にご納得のご様子。

今回お選びいただいた生地は、去年の秋に届いたばかりの新作の生地。

厚めに織られた生地は高級感があり、グリーンの鮮やかな色調も落ち着いたトーンなのでアンティーク家具を置かれたY 様のお部屋にピッタリのカバーです。

ダイニングチェアの張地の張替えも一緒にご相談いただいたので、今回はソファと同じ生地を使って張替えをさせていただきました。
家具の補修も得意の3rdならではのコーディネート!
同じ生地を使う事で、リビングとダイニングの統一感を出す事ができます!!

お届けの時に拝見した、以前お届けしたテレビボードもしっかりと味わい深く経年変化をしていて、オーダーで製作されたという真空管アンプやスピーカーとの相性がますます良くなっていました。
「2 人掛けだけど、ゆったりと座れるし、生地も雰囲気があってバッチリですね!ますますいい環境で音楽を聴けそうです!」
とご夫婦お揃いで大変喜んでいただけました!

Y様ありがとうございました!

今回、あまり詳しくはお伺いできませんでしたが、アンプやスピーカーについても色々と教えていただきたいな、と思います!
お近くにお越しの際は、また遊びに来て下さい!!

2012.11.06

S様 椅子補修 お届け

川崎市高津区のS様のダイニングチェアを補修しました。

「ダイニングチェアが壊れてしまったんですが、修理はできますか!?」

とお電話でのお問い合わせを頂き,後日、ご自宅までお伺いして早速、診断!!
と、いくところですが一目瞭然。。。

座面下の貫のホゾ先がむしれてバラバラになっていたんです。。。

後ろ脚と貫の接合部分は椅子の構造の中で一番負荷がかかる場所です。
木の部材が割れてしまったり、ホゾが抜けたりする壊れ方は良くあるのですが、ホゾ先がむしれてしまっているのは初めてです。

お話しを伺うと以前にもこの箇所を修理されたとの事。
その時は、金物のL字アングルを取りつけただけの応急処置だったようです。

これだけでは、形としては一応直りますが、普段の使用に耐えるだけの強度は全くありません。

そこで私たちは、貫に新たにホゾを作り、後ろ脚にもホゾ穴を開け直してしっかりと組み上げる補修をさせていただきました。

座り心地が大変気に入っていると何度も修理をしているS様のダイニングチェア。
ここまで使ってもらえる椅子もなかなかありません。

私たち3rdがこれまでにご紹介してきた椅子もこんな風に使われていってもらえたら・・・。
これからもしっかりとお客様に合うものを紹介していかないと!
と、気持ちが引き締まる補修のお仕事となりました!

S様ありがとうございました!

今回の補修で強度をしっかりと出しました!この先もずっと使い続けていって下さい!

皆様も昔からお使いになっている家具はありませんか?
修理をしてみようかな、と思ったら一度、3rdにお声掛けください。
一度拝見させていただき、それに相応しい補修をご案内させていただきます!!

ご相談お待ちしています!