オーダー家具の3rd -your life style shop-
2017.06.19

O邸、T邸、A邸 リビングテーブル お届け

以前、椅子やサイドボードをお届けしていて、長いお付き合いをさせていただいているO様。
以前のお届けはこちら→O邸 サイドボード、収納 お届け
ご近所なので時々ふらりとお立ち寄りいただいています(笑)。

「玄関入ったとことにちょっとした飾りものが置けるボードを探しているんだよね。ただ、サイドボードみたいな大げさなものじゃなくていいんだけどなー。」とのこと。
少し背の高い花瓶や置物を飾りたいと思っているので、ボードのように高さのあるものというよりは高さの低いものを探していたそうです。

「何かいいものはないかな〜。」と店内を探して、箱脚を見つけこれに1枚板にを乗っけるのはどうだろう?と試して見たりしましたが。。。
「これがいいかも!」と気に入っていただいたのがNENEのリビングテーブルでした。

「天板がガラスなので圧迫感もなく、サイズも高さもいいんじゃないかな。」とのことで、そのままご自宅へお持ちして置いてみることに。
「いい感じだね!ガラス天板が飾るものの邪魔もしないし!このまま置いていってよ。」と気に入っていただき、ご契約となりました(笑)。

いつもお店に来ると楽しそうに店内を見ていかれるO様。
次のお届けを楽しみにしています!
ありがとうございました!

NENE Living Table / W1200×D600×H400

以前、テーブルと椅子の脚カットのご依頼をいただたT様。
「リビングに座卓のテーブルを探しているんです。」と改めてご来店いただきました。

「ソファは使っていないんです。だからリビングテーブルのようなサイズじゃなくて、子供が勉強や宿題もできるような、ノートや教科書が広げられる大きさのテーブルが欲しいんです。」との事でした。
展示していた『NOBテーブル』を見つけたT様。
「三角形ってどうなんだろう??うちに合うかな?合えばいいかも!」と興味を持っていただいたので、実際に置いてみる事に!

『NOBテーブル』は毎年秋にたまプラーザで開催されるイベント「Arts&Craft」から生まれた、3rdの工房職人がデザインした新しいテーブルです。

「ここに置きたいんです。」と見せていただいたお部屋はスッキリとしていて、実際にテーブルを置いてみるとサイズもぴったりでした!
「このまま置いていってもらってもいいくらい!」との事でしたが、TVボードがチェリー材で出来ていたので、素材を合わせてチェリーで新しく製作してお届けとなりました!

「こうやって持ってきてもらえるなんて普通はないから、わかりやすくてとってもよかったです!次に家具つくるときにも、また絶対にお願いしますね!」と、とても喜んでいただきました!

T様、ありがとうございました!

NOB Table / 900×900×H350

お嬢様が寮生活になり、寮の部屋で使うのにあまり大きくないテーブルを探しているんですとご来店になったA様。
ご来店いただいたのが、ちょうど新作のリビングテーブルが入荷した日でした。
届いたばかりのテーブルを見ていただくと、とても気に入っていただきました!

アイアンと無垢材を組み合わせた「FENE」シリーズの新作リビングテーブル。
お店の展示用にはテーブルやサイドボードと同じ、ウォルナットと黒のアイアンの組み合わせです。

通常はコンパクトなリビングテーブル。
スライドさせると約倍の長さのリビングテーブルに。

必要な時にまっすぐに引き出せば横に広々と使え、90度曲げて引き伸ばせばコーナー置きにも対応できます!

「色がちょっと重いかな。。。」との事でサンプルを見ていただき、アイアンの色と樹種を選んでいただきました。
アイアンパーツはスッキリ、爽やかな水色に。木部はしっとりとした肌触りのメープルでお届けしました。
お届け先が寮なため、写真は店内で撮ったものでご紹介しています!

A様、お勉強に女子会に、このテーブルを囲んで寮生活を楽しんでくださいね!
ありがとうございました!!

FENE Living Table / W900×D400×H350 メープル×アイアン

WANTED
3rdではショップスタッフ、設計デザインスタッフを募集しています。インテリアや家具デザインに興味のある方は是非お問い合わせください。
また工房スタッフ(家具職人)も合わせて募集しております。

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2017.05.27

K邸 アンティークテーブル補修

「昔から使っていて、とても思い入れがあるんです。」

そう言ってご相談して下さった、近々結婚予定のK様。ご実家でお使いだったテーブルを譲り受けたそうです。
ご実家で使用されていたのは伸張式のラウンドテーブル。
このテーブルは、実家ではもう使わないので実家を出る際、傷や剥げなどが気になるので、そこをを補修してから新居に持って行きたいとのことでお話を頂きました。

実はこのテーブル、3rdで何度か販売しているデンマーク製のDINETTE。
DINETTEはデンマークのデザイナー「ハンス・オルセン」がデザインした機能性とデザイン性を両立させたテーブルです。
現在は伸張式ではないため、今回お持ち頂いたものはアンティークのDINETTEとなります。

早速、補修に取りかかります!
伸張式のテーブルはこまめに内部の天板を出していないと、同時に製作したものでも経年変化で色に大きな差が出てしまいます。
なぜ色の差ができてしまうのか。
経年変化とは光によって起こるもので、特に紫外線の影響が大きな割合を占めます。
伸張式のテーブルの内部の天板は、閉まったままでは上部の天板により光を遮断されてしまいます。
よって経年変化が少なくなるのです。

そこで、経年変化の少ない内部の天板の色を基準に調色していきます!


まずは天板を荒く削り直し、塗装をおおまかに削ります。
削るだけでは落としきれないため、剥離塗装で残りを剥がし、塗装がない状態にします。

塗装が少しでも残ってしまうと、後の塗装の際に残った部分が目立ってしまうため、
サンディングで更に表面を整え滑らかにし、天板に色に調色した塗料を塗ります。

脚については、グラつきがあるとのことで脚を一度外して固定し直しました。

ご相談頂いてから約1ヶ月後、新しい姿で戻って来ました!



K様は「元々の形や色を知らなかった。思っていたよりキレイ」と大変喜んでくださいました!

キレイになった思い出の家具との新しい生活はいかがでしょうか。

 

K様、ありがとうございました!

【アンティークテーブル補修_φ105×H700】Walnut

2016.06.13

E邸 エクステンションダイニングテーブル お届け

新宿区にお住まいのE様。
「エクステンションテーブルを探しているんですが、希望通りのテーブルが見つからなくて。オーダーで作ってもらえますか?」とメールでお問い合わせいただきました。

001

まずはメールでご希望をお伺いし、ご要望を元にデザインを起こしプラン制作をしました。
プラン完成後、3rdで作った家具の仕上げや質感を実際に見て、触っていただくためにE様にもご来店いただきました。

デザインを見て頂きながら、お部屋のサイズや雰囲気なども詳しく聞かせていただき、サイズや樹種についてなど詳細なお打ち合わせを。
その後、お忙しいE様とはメールで図面の確認のやり取りをし、デザインを決めました。

zu_01

樹種は床材やお部屋の雰囲気にあわせて、メープル材を選ばれました。
メープルは白色~クリーム色の優しい色合い。経年変化でゆっくりと飴色に変化します。
木目が細かく、仕上がるとほほずりしたくなるような滑らかな肌触りが特徴の木です。

普段はお二人で使うとの事でしたのでサイズはW1000×D850mmに。
お客様が来た時に大きく使うため、300mmづつ、2段階にに伸ばせるようなデザインになっています。
幅は1000→1300→1600と、一番大きくしたときには4名でゆったりと使える大きさです。

505

天板は框組というデザイン。
もともと框組とは四方枠を作り、中に鏡板と呼ばれる平たい一枚板をはめ込んだ構造で、木の伸縮を極力抑えることができ軽くするための構造ですが、E様はデザインとしての框組がご希望でした。

005

天板縁もRの曲線がデザインで施されていて、いつものテーブルデザインとは一風変わったデザイン。

003

002

脚も3rdでは珍し仕様の角絞りに。
緩やかなカーブがエレガントで、E様のお部屋の雰囲気にぴったりの美しいテーブルになりました!

004

お届けをとっても楽しみにしてくださっていたE様。
「希望していたデザインにピッタリ!お願いしてよかったです!!実はもう一つ、お願いしたいものができたんですが。。。」と新しいご相談をいただきました。

そのお届けは後ほどご紹介させていただきます!

0044

E様、ありがとうございました!

【エクステンションダイニングテーブル W1000/1300/1600×D850×H700 】

たまプラーザ店

2015.05.01

K邸 エクステンションテーブル お届け

kDSC_6098ダイニングテーブルの買い替えのご相談で来店されたK様。
ネットで3rdの商品を見て気に入って下さりご来店となりました。

A様のご要望は、
・大人数に対応できる伸長式のテーブル
・無垢の素材感を楽しみたい
・デザインはすっきりしていて、高級感のあるもの
という3点。「希望通りに作れますか?」とK様。
もちろんご希望にお応えします!

伸長式テーブル(エクステンションテーブル)は
お店の展示としては置いていないため
K様には構造について詳しくご説明しました。

エクステンションテーブルは大きく分けて3種類の作り方があります。

①「バタフライテーブル」
天板の側面に垂れ下がった伸張部分の天板を引き上げて拡張するテーブル。
kbt01

②「ドローリーフテーブル」
天板の下に収納されている伸張部分の天板を引き出してさせて拡張するテーブル。
kdr01
この2種類は、脚の位置は固定で天板が大きくなるタイプの伸長式テーブルです。

一方、3rdがおすすめしたのは、
③「天板追加型」
テーブルの真ん中が割れて板を乗せて拡張するテーブル。
天板と幕板の裏側に伸縮用のレールが付いており、
脚を両側に拡げて、間に中天板を挿します。
ƒGƒNƒXƒeƒ“ƒVƒ‡ƒ“ƒe[ƒt?ƒ‹@Ž‘—¿k2DSC_6104
「こういう仕組みなんですね~」
過去の事例と合わせてご説明すると、K様もご納得。

10人近くが集まる事もあるK様のお家。
過去の事例をご覧いただきながら、まずはサイズについてご相談。
「家の大きさにも限りがあるんですけどね〜
ゆったり座れなくてもいいから、
みんなが集まった時に対応できるテーブルにしたいです。」

間取りを伺いながら、使い勝手を考えていくと
普段はW1700mmの長さで、ご家族がゆったり座れるサイズ。
そして大人数が集まる時にW500mmの天板を挿すことでW2200mmの長さに
伸ばせるテーブルをご提案しました。
「サイズはこれでいいと思います!」とK様。

次に、木の色と素材感を決めます。
家にある黒っぽい家具に合わせたいとおっしゃるK様に
ウォールナットをおすすめすると、
「素材感はとてもいいですね!でも色がちょっと薄いかな〜…」

「それなら」とご提案したのが、“ウエンジ”という木。
アフリカ原産で、ウォールナットよりさらに色が濃いダークブラウンに
細かく入る縞の木目が特徴的です。
kDSC_6875「う〜ん、色はいいですが、木目はウォールナットの方が好きだな〜」とK様。
「それでは、ウォールナットをご希望の色味になるように着色してみましょうか!」
3rdで作っている無垢材の家具は基本、
自然の木の色を生かすために着色をしていませんが、
今回はK様のご要望にお応えして、
色の調合を含めた着色サンプルを作ってみることをご提案しました。
「そんなことができるんですか?ウォールナットで作れるならうれしい!」

K様は、サイズも含めて一度持ち帰って検討したいとのことで、この日はご帰宅されました。

そして後日お電話をいただき、
「前回3rdさんでいろいろお話を聞いてから他のお店もまわってみたんです。
でも、3rdさんの作り方に興味があるのと、
ウォールナットの無垢材の表情がいいのでお願いしようかと思って。
着色サンプルを見せてもらえますか?」
そこで何種類か色を調整したものをK様にお送りしました。

再びお電話をいただき、
「サンプルありがとうございました!
色の感じや、木の表情がとてもよかったのですが、
送って頂いた中の1番色の濃いサンプルよりも
もう少し濃く着色できますか?」
DSC_6876再度、色の調整をしてサンプルを送りすると、
「手間をおかけしてすみません。とてもいいですね!
これでお願いします!」とK様。

それから約2ヶ月後、K様こだわりのテーブルが遂に完成しました。
K様のご自宅にお届けに伺うと、
奥様とご主人が「首を長くして待っていました!」と迎えてくださいました。
kDSC_6097何度も打ち合わせを重ねて、こだわって作った分、愛着もひとしお。
脚を組み上げていく様子をじっと見ながら、とても満足されている表情のK様ご夫婦でした。
これから、大勢でこのテーブルを囲んで、にぎやかに食事をするのが楽しみですね。
K様ありがとうございました!

2014.10.04

T邸 エクステンションテーブル お届け

000

【エクステンションテーブル】というワードをインターネットで検索したところ、
3rdを見つけてご来店いただいたTさま。

『新築を機にテーブルを買い替えたい。』
『それと、孫達が来た時に皆で座れるように伸長式のテーブルにしたい。』

というのがTさまのご要望でした。
サイズは直径1050㎜ののラウンドテーブルを基に、幅が1500㎜になる様な伸長式のテーブル。
そこで考えたのが、ラウンド天板の間に450mmの追加天板をはめ込むことで、
サイズの調整が出来るテーブルです。

006
以前製作した写真なども見て頂きながら、テーブルのデザインも気に入って頂きほぼ決定!
もともとインターネットで調べて下さっていたので、話がスムーズに進みました。

そして、次に椅子のご案内を!と思ったのですが、既にADチェアが気になっていたTさま。
早速座って頂き、座り心地と腰あたりを大変気を入っていただき椅子はADチェアに決定!

ADチェアは3rdでも人気のチェア!
座った時の腰あたりやお尻あたりが絶妙なんです。
お尻が痛くなりそう!?と思われがちな板座ですが、
お尻あたりに合わせて職人がひとつひとつ削りだしているので、とっても優しい座り心地です。
また、ハーフアームなので、程よく肘も置けますし、椅子からの出入りも楽です。

優しい曲線の形状がラウンドテーブルと相性もよく、座りやすさ、使いやすさも考えられてつくられた、
職人さんの心のこもった椅子です。

007

そして、最後にもう一度天板の面取りデザインや脚の形状について一緒に決め、
その日はお見積りをお渡しして、一度ご検討いただくことになりました。

数日後、ご検討頂いてたテーブルと椅子の高さと樹種がチェリー材に決定したということで、
再度ご来店頂きご契約頂きました!

Tさま、ありがとうございました。

005
お届けの日

テーブルとADチェアをダイニングに置き、早速ご主人に椅子に座って頂きました。

『やっぱいいなぁ!』と嬉しそうなご主人さまの笑顔♪

初め大きさを気になさっていたんですが、

『やっぱりこれぐらいがいいね!』と大きさも大満足♪

奥様からは、『境目が目立たなくていいわねぇ!』と嬉しそうな奥様の笑顔も印象的でした♪

002

004
配送後に、お洒落なご自宅のお風呂や和室などを拝見させてもらっちゃいました。
Tさま、新居のご案内ありがとうございました。

帰り際Tさまから『今度はソファ考えてるから~!』

Tさま、こちらこそよろしくお願い致します。
またのご来店心よりお待ちしております!

【エクステンションテーブル:φ1100 x D450 extra x H660 / BlackCherry】
【AD chair::W555 × D480 × H650 sh390 / black cherry】

たまプラーザ店

2012.07.20

K邸 サイドボード・飾り棚 お届け

横浜市青葉区のK邸に特注サイドボードと飾り棚SA-002をお届けしました。

K様は、リビングに置くテレビボードをお探しで、ご来店いただき、
「今使っているのが、古くなっちゃったので買い替えを考えているんです。でも使い勝手は気に入っていて、棚の位置とか高さとかを今のものとあんまり変えずにつくりたいな。」
とご希望でした。
ヒアリングの中で、大まかなレイアウト等をご提案させていただくと、後日ご自宅へ訪問させていただく事に!

その現場訪問で現状お使いのキャビネットの仕様、置かれる場所の採寸やコンセントの位置などをしっかりと把握して改めてご提案、ご契約いただいたのがこちらです!

下台を一体とし、上台をオープンとしたことで、メリハリもあり圧迫感の無い軽快なデザイン!テレビ等置く場所や引き出しのレイアウトは現状と変えることなく、スペースをより有効活用するため壁から壁の間で余分なスペースを作ることなく、しっかり納まるように製作!これは、現場調査でしっかりと採寸させていただいたからこそ!そして、それを製作する3rdの工房の職人の腕の見せ所でもあります!

・・・でも、実際に納まるまですごく緊張します。。。

配線についてもテレビやデッキのレイアウトに合せて電源コンセントを移設し、キャビネット内部で配線の取り回しができるようにしています。

表からは見えてこない工夫からスッキリとした印象と快適な使い心地が生まれるんです!

今回は、このサイドボード前に置いたソファでパソコンを使われるという事で、脚元にLANコンセントを移設しています。移設場所を自由に設定できるのがオーダー家具ならでは
そしてもう一つ。
デットスペースになっていたお部屋の右角にオリジナルの飾り棚SA-002も合せてお届けしました。
こちらの特徴は、左右の箱同士が入れ子状になっているので、幅の伸縮ができ、さらにL字に角度を自由に設定して変形できるすぐれもの!

設置すると直ぐにお子さんがお気入りのおもちゃを飾ってくれました!

設置の途中にお帰りになった旦那さんも
「すごい!ピッタリだね!」
と大喜び!
息子さんには、最近の流行りのおもちゃを教えてもらって、僕らも勉強になりました(笑)
どうもありがとう!

K様ありがとうございました!新しいキャビネットの使い心地はいかがでしょうか。
また何かございましたら、ご来店ください!
お待ちしております!

2012.06.24

Y邸 ダイニングテーブル お届け

神奈川県平塚市のY邸にラウンドエクステンションテーブルをお届けしました。

「そちらで作ったテーブルを見たんですけど、同じものが欲しいんです!」
とY様からお電話でのお問い合わせがあり、一度ご来店ください。色々とご説明いたします!と、お伝えすると、
「わかりました!都合をつけてみます!」
と、数日後、早速ご来店いただきました

Y様が見たというテーブルはこちらです。
2008/05/19  K様伸張式丸テーブル お届け ブログ
(お届けブログになります!是非ご覧ください!)

4年前にK様にお届けしたラウンドテクステンションテーブルです。
しかし実は、K様はお仕事で自宅を離れていることから、このテーブルをご両親に預けておいででした。ご両親のお宅では、自宅で教室を開いており、そこへY様が通われていて、そこで出合い、一目ぼれしたのが、いきさつのご様子。

4年間お使いの中で、色艶共に完成に近づいていたのでしょう、Y様は、
「伸び縮みするのも便利だし、木の質感もすごく素敵だったんです!同じものはできますか!?」
とリクエスト。

3rdでは、お使いになる方が家具を完成させると考えています。

私たちができることは、お客様のライフスタイルを汲み取とり、よりよい暮らしができるように形を考え、正直なモノづくりをしてお届けをするところまで。

そこから先、木材の魅力を引き出し、本物の“生活の道具”として完成させるのは、普段の使い方や環境など、お客様のライフスタイルそのものなのです。

最初から、気に入る様な色艶はありません。
Y様が使用される中でY様自身の生活の道具となるのです。
とお話させていただきました。

するとY様は、
「私も自分の生活の道具として、このテーブルを使っていきたいと思います!」
と、ご決意とともにご契約いただきました。

さて、お届けの際にY様のお部屋には以前まで使われていた大きなダイニングテーブルがあり、
「子供たちが、それぞれ家を出て大きなテーブルが必要なくなったから。」
と、今回のご依頼の切っ掛けを改めてお話下さいました。

家族の構成は、お子様の自立などで年月の流れとともに変化し、必要な家具も変わってきます。

今回、Y様が普段は4人掛けとして、そして必要な時に大きくできるテーブルをお選びになったのも、この様な経緯があったからなのでした。

出来あがりの良さに大変驚くY様は、
「すごく丁寧さを感じる作りですね!伸び縮みもスムーズでやりやすそう!本当にきれい!」
と大変嬉しいお言葉を掛けていただきました!

そして、
「次はこのテーブルに見合う椅子を探しに行きますね!」
と楽しそうなY様が印象的なお届けとなりました。

普段の生活はもちろん、ご家族が戻られた時などあらゆる場面に相応しいテーブル、存分にお楽しみください!Y様、ありがとうございました!

またのご来店お待ちしております!

2010.05.27

O邸 シェルフ、AVボードお届け

横浜市戸塚区O様のお宅へ、AVボード、オープンシェルフSA-002をお届けしました。

O様は3rdオープン当初のお客様で、再度買い足しにいらっしゃいました。

以前はウォールナットでダイニングセット、サイドボード、ソファをお届けしており、
今回はテレビの買い替えを機に、テレビまわりをスッキリさせたいとのことでした。

壁面の白さを生かしたいとの事だったので、天井までの壁面収納にしてしまうのではなく、
TVを乗せる台の部分とオープンシェルフでご提案。

TVボードは正面のデッキを入れる部分をオープンにして、下の引出しは凹凸のない
木目を生かしたデザインにしました。

お部屋を見せていただいた時は、TV周りの配線がうしろでたまっている状態でした。
TVの周辺はコードも多く、ボードのうしろをみると配線やほこりがたまっていたりするのに掃除もしにくくて、
コードがあるから家具をうしろにピッタリつけることが出来なかったりしませんか?

でも、そういった配線類のごちゃごちゃは家具の中に納めてしまえば、こんなにスッキリするんです。

シェルフは2つ組み合わせの飾り棚です。
L字にも、ストレートにもできるので、小物の飾りつけや、時には棚の置き方も変えたりして
楽しんでいただければと思います。

以前よりも家具自体の大きさは大きくなっているのですが、隠すところ、見せるところが分かり易くなり、
素材の統一感が出たことで、スッキリしました。

これからも少しずつお気に入りの小物で、お部屋作りを楽しんでいただければと思います。