オーダー家具の3rd -your life style shop-
2017.06.15

S邸 トータル お届け

HPを見てご来店下さった、小さなお子様がいらっしゃる3人家族のS様。
新居にマンションをご購入予定で、生活のしやすい空間がイメージできないとの事でご相談頂きました。これまでの住まいから新居に家具をあまり持っていかずに、物を減らしてスッキリとしたお部屋にしたいとのことです。そこで、これまでの3rdの実例をご覧頂き、イメージを膨らましてもらってその日は帰宅になりました。

後日、ご新居のお図面をお持ち頂きました。お図面から、動線とお子様が遊べるスペースを確保しながら、スッキリとしたお部屋のレイアウトをご提案。

一般的にお部屋のメインはダイニングであり、ダイニングテーブルは家具の王様と言われる程のポジションなんです。しかし、S様のお子様が小さいことから「テーブルを囲む事よりも、リビングでくつろぐ事の方がメインになるのではないか」との社長の考えと、今までS様がソファを使ったことがないという事でしたので、リビングをメインにご提案させて頂く事になりました!
リビングをメインにするため、キッチンとの距離をあけたレイアウトに。

店内でソファを実際に見て座って頂いたたところ、SOFA LATTICEをお気に入り頂きました。
このソファは座面にレスピールを使用しており、この素材は体温に触れる事で徐々に身体に馴染み、体重が分散される事で身体への負担を軽減してくれます。背クッションにはシリコンポラックというポリエステル綿を100%使用し、羽毛のようにふわふわとした触り心地です。羽毛を使用していない為、動物アレルギーの方も安心してご使用頂けます。
カバーがウォッシャブル仕様の為、ドライクリーニングに出す必要がなく、汚れたらすぐにご家庭で洗う事ができるので、小さなお子様のいるご家庭にはオススメです!

S様は当初3人掛けをご検討されていましたが、W1920ではご新居のお部屋では少し動線を邪魔してしまう…。そこで「W1760の2人掛けと、オットマンをつけることで変形可能なスタイルでしたら、お部屋にも丁度いい大きさになりますよ」とご提案させて頂いたところ「実際に部屋に入った時のソファがどんな風になるのか不安で…。内覧会に一緒に来てもらえませんか」とお話を頂き、ご一緒させて頂く事になりました。実際に計って見て頂き、安心したご様子のS様。ご提案させて頂いた2人掛けとオットマンの組み合わせに決定!樹種はウォールナット、張地はダークブルーで重厚感がありつつも爽やかな組み合わせとなりました!

店内をご覧になり、無垢材の天板に脚を止めた奥様。板一枚一枚の表情の違いと、ご家庭に合ったサイズに変更出来るところに惹かれ、耳付きのTRADITION TABLEをお気に入り。耳というのは木の皮の白い部分のことです。一般的なストレートタイプと言われる、端を90度に切り落とした天板と違い、耳付きの板は木の皮を残した状態なので、表情がより際立った商品となっております。
S様は「祖父母が来た時にも」と少し大きめサイズをご希望でしたが、1つ問題が…。スッキリした部屋にしたいとの事で、来客用の椅子をなるべく置きたくないとのこと。そこで、3rdではテーブルの天板と脚を別でお選び頂いているため、T字脚のテーブルをご提案させて頂きました!この脚は天板とジョイントする事無く、天板を乗せているだけです。なぜ乗せるだけなのか、それは天板を一度取り外し、脚を90度倒すと座卓として使用出来るからです!座卓にしてしまえば来客用の椅子も必要なく、大人数でも使用出来るため「これはいいですね」とのことでT字脚に決定!脚の素材が鉄製と木製のご用意があり、S様は温かみのある木製をお選び頂きました。

更に奥様、商談中に座っていたT+S-02 chair armの背当て付きをお気に入り!
T+S-02 chairは座面に板を使用しておらず、ダイメトロールというトランポリンのようなシートを張っています。板が無いため長時間座っていても疲れず、脚を組んでもお尻への負担も少ない仕様となっております。背の作りにもこだわりがあり、背の当たりは腰の少し上で傾斜角度は104度。これは人間工学に基づいた数値で、筋肉に負担をかけない角度と位置となっており、パソコン作業や食事に適した形でありながら、背が横に広い為、ゆったりとした座り心地となっております。樹脂はウォールナット、張地はグレーをお選び頂きました。
奥様のみのご契約予定でしたが、後日ご主人がもう一度座り心地を確かめにご来店下さりました。その際、奥様と同じT+S-02 chair armと、お子様用の椅子も欲しいとのことで、大人まで使え姿勢を守ってくれるアップライトも合わせてご契約頂きました。樹種は家具と合わせたウォールナット、カラーは人気のグリーンの布地です。

収納も確保したいとのことで、当初はスッキリ見える壁面収納をご提案させていただきましたが、物も多くなく壁が少ない為、現状の壁面収納の必要性を再度考え直しました。そこで壁面収納ではなく、収納力のあるTVボードを配置するご提案をさせて頂いたところ、TVボードはAFFABLE TV BOADに決定!

TVボードは背面が気になり窓際に置きにくいですが、Hunter Douglasのブラインドで掃き出し窓を隠す事によって壁の様な役割を持たせ、TVを置きやすくしました。トップダウンという上からも開くタイプのブラインドのため、上部から採光も取れる上に、TVも見やすいよう調節出来る仕様に。

内覧会にご一緒した際「玄関に姿見を置きたい」とのことで鏡のサイズやイメージを話し合い、W600×H2100の姿見もご契約頂きました。

最初のご来店から約9ヶ月後、お引越に合わせてお届け!
姿見のみ後日お届けいたしました。

お届け後、ご家族でご来店下さり「本当にイメージ通り」と大変喜んで下さいました!

スッキリとしていながら、温かみのある家具の空間との暮らしはいかがでしょうか?
S様、ありがとうございました!

【sofa Lattice_W1760×D800×H820】
【Lattice OT_W510×D600×H420】
【Patch work rug_W2000×D1400】
【TRADITION_W1800×D940~955 t40】
【T字脚_H670】
【T+S-02chair_W510×D550×H730×SH420】
【UPRIGHT_W460×D550×H830】

2016.05.21

T邸 壁面収納 お届け

チラシを見て「インターフォンを設置している壁に収納を考えているんです。少しくぼんでいる場所もあって、そこを飲み込むようにオーディオラックを作ってほしいんですが。」と電話でお問い合わせいただいたT様。

058

「他にも相談しているところがあったんだけど、ピンとこなくて。」とのお話だったので、すぐにお伺いすることになりました。
設置場所を見ながら採寸し、ご要望をお伺いすると「テレビとステレオ、スピーカーをすっきり収納できるスペースがほしいんです。」とT様。

051

その場で絵を書き、イメージを見ていただきながらご提案。
「とってもいいね!」と、気に入っていただきその日のうちにご契約となりましたが。。。

後日、図面を製作中に「ちょっと待って!!デスク兼キーボードスペースもお願いしたいです!」」とご連絡をいただきました。

T_01

改めてスケッチと図面を書き直し、再提案に。
「ここの角はもう少し丸くしてほしいです。ここも、ここも角は丸くお願いします。」と細かな修正のやりとりが何度がありましたが「これこれ!これが思い描いてたものです!」とT様のご希望にピッタリのデザインが完成しました!

057

壁や建具に合わせて素材は白いポリ合板、デスク天板とキーボードスペースの天板は木目柄のメラミン材を選んでいます。

まずは既存の収納棚の解体から。
作り付けの収納のため、取り外すと床のフローリングも壁の壁紙もついていません。
壁は新しい家具で隠れてしまうので問題ありませんでしたが、床は家具の天板と同じ素材で貼り直しをしました。

052

床をキレイにした後、左側のボード、デスク兼キーボード置きと収納を設置。

053

次に解体した空間にTVとAV機器を収納する棚を設置し、最後にRの天板を付けて完成!

050

梁も柱もあるコーナースペースに、曲線でつながる天板部分。

054

図面上の計算ではぴったり制作できますが、実際の家は図面上のようにまっすぐではありません。
mm単位での組み上げがうまくいくのが、現場でどこまで微調整ができるのか、配線ルートなども含めて設計していた店長はかなり苦戦していましたが。。。

水平レベルの調整をし、現場で微調整をしながらきっちり収めて綺麗に完成しました!
細かい設計と工場長の長年の勘と技術のたまものです!!o(*≧д≦)o

055

お伺いしたときにダンスが趣味というT様から「練習用に大きなちゃんとした鏡を付けたいんだけど、そんなのもお願いできますか?」とご要望をいただき、大きな鏡もお届けしました。

060

鏡はT様に位置を確認していただきながら直接壁に貼り付けています。

059

ベランダから見た時、鏡に家具が写り込んでとってもいい写真が撮れました!

061

T様にも「すごいわ!すごくいい!!」と、とってもご満足いただけました~。
店長は無事、綺麗に収まってホッとしたそうです(笑)。

056

すっきり収まったオーディオスペース、使い心地はいかがでしょうか?
全身映る大きな鏡をみながらダンスの練習、がんばっていますか?

またなにかございましたら、お気軽にご来店くださいね!
T様、ありがとうございました!

【特注壁面収納 W1000×D600/400×H1500 W1700×D600×H2270】
【ミラー W800×H1800 t.5】

東戸塚店

2015.12.25

T邸 納戸収納とカウンター下収納 お届け

たまプラーザ店、近くのマンションにお住まいのT様。納戸が使い難くどうにかしたい、食器の収納が足りないのでカウンター下収納を作りたい、とご来店いただきました。001カウンター下収納はお持ちのキッチンボードとイメージを合わせましょうという事でグレーのポリ化粧合板にて製作。カウンター下収納の前にはダイニングテーブルがあるので椅子の引き幅、収納する物など考慮し奥行サイズに気をつかい設計しています。黒の手掛がアクセントになり引き締まった印象になりました。

002

納戸は2カ所ありました。たしかにこのままじゃどうにもこうにも、どう使えばよいでしょう。。。という感じです。オプションで何かしら棚を入れて下さい的な空間でした。写真は引きで取れずわかりにくいので上記図面参照ください。機能性と強度、そしてコスト重視で考えました。素材は白ポリ材でガチャ柱(自由に棚の高さを変えることができる可動棚を設置する際に使用する棚受けレール)を使用しています。来客用の寝具、水のストックなどなど収納します。

004

005

採寸にお伺いした際に、鏡の取り付けもお願いできますか?という事で、お手洗いに鏡も設置させて頂きました!こちらも引きで写真が撮れず分かり難くて申訳ありません。。。。006

設置後、”うれし〜!これでいろいろと片付くわっ!”とご満足頂きました。T様ありがとうございました!!!

 

2015.06.29

K邸 特注ミラー お届け

00以前、neneリビングテーブルをお届けしているK様。
(以前のblogがコチラ)
今回は、姿見をお探しでご来店されました。
ご希望の大きさは高さ1800mm、幅1000mmほどの大きな鏡でしたが、
賃貸なので壁に固定する(打ち付ける)事ができません。。。。もちろん、引っ越しても持っていきたい!!
とのご要望をいただきました。

その日は検討されるという事で、こちらでは仕様を工房と相談しつつお見積させていただきました。

後日、お伺いして現場をみてみる事に。すると、ちょうど良い所にフックが!
そのフックを取って、空いている穴の部分を利用して木の桟(棒)をベースとして固定し、
それに鏡本体をジョイントボルトで固定するという設置方法でカンペキな納まりになりました!
04
これで、壁に一切傷つけずに安定感もあります。
さらにお引っ越ししても取り付けしやすいです!

サイズはフックの位置に合わせて、高さ1700に変更になりました。
フレームは、ソファやリビングテーブルに合わせてチェリー材に!
03
すっきりと納まり、とても良い仕上がりになりました!!
06
K様にも、想像以上の仕上がりにとても喜んでいただけたよう^^
ありがとうございます!

また何かありましたらいつでもご相談下さいませ。

たまプラーザ店

2014.08.12

O邸 玄関収納棚 お届け

002

メールでのお問い合わせをいただいたO様。初めはもともと使用していた収納棚の補修依頼でした。
ですが、実際に現物を見てみないと詳しい事は何とも言えないということで、まずO邸へお伺いすることに!

大木さん
補修という事であれば、勿論直せない事はないですが・・・
今回の収納棚、ご希望部分の補修の御見積をするとコストが高額になってしまいました。
思い入れがあったり大切な家具であればもちろん補修も可能ですが、
新しくお造りするした方がいい場合もあります。
とご案内したところO様は少し考え、、、

『そうですね。であれば、新しいものにします。』

という事でその場でスケッチし、一緒にデザインと仕様をある程度決め、ご契約頂くことになりました。
詳細について、Oさまとは何度もメールでのお打合せを重ねて来ました。

扉のデザインや、鏡のサイズは予定より小さめにして面を取り、その面取りの幅も調整したり、
右上部の斜めの角度具合には、かなりこだわってOさまと造り上げました。
ドアを開けて入った時の圧迫感を和らげますし、人の動線としても斜めの方がいい。
このように一つ一つ話し合って話し合って、ついに完成しました。

001

ゆくゆくは引っ越しをするかもしれない。
ということなので、収納棚だけでなく台輪部分にコンセントも移設して鏡台としても使用出来る仕様にしました。

納品当日は、ご本人不在のため、ご両親の立会いでした。

003

004

嬉しいことに、後日Oさまよりメールを頂きましたので紹介します。

『こんばんは、お世話になります。
鏡付きシェルフ、とっても気に入っています!!イメージどおりです。
丁寧に仕上がっているので玄関がひきしまって見えて、まるで前からここにあったかのように馴染んでます。
いい感じです〜 大切に使います。』

メール本当に嬉しかったです。
ありがとうございました。
私たちも、ずっと大切に使って頂ける家具を、これからもつくっていきます。

Oさま、その後使い心地はいかがでしょうか?

たまプラーザ店

2014.07.22

M邸 特注壁面収納 ドレッサー補修 お届け

4枚まとめ595
お引っ越しを機に収納家具をお探しだったMさまは、3rdの広告を見てご来店!

はじめに、一通りお店の中をご覧いただき、まず気に入ってい頂けたのが壁面収納。
【WALLSTORAGE】
【W4430 x D500 x H2413】
img_wall_01
『こういうのが欲しい!』 とMさま。

まずは、ご新居にどのような場所に、どのような物が必要かなどをじっくりお伺いしました。
Mさまが測ってくれたお部屋の寸法を基に、一度デザインにして絵に起こしてみました。
デッサン1595
しかし、実際のサイズ感やMさまが気になっているお部屋のハリこともあり、
後日ご新居へお伺いすることになりました。
厚木市からお越しくださったMさま宅へ、今度は私たちが!

早速お部屋を見てみると、確かにハリが複雑でしたが、
そこは私たち3rdの得意分野! 
職人がどのようなハリにでも合わせて一つ一つ作りますので、お任せください。
ハリ595
ここでもう一度、イメージ図と共に再度ご提案したところ、
とても嬉しそうにMさまから,,,
デッサン2595

『やっぱり、こういうのがしたいのでお願いします!』

『なんか、ワクワクしてきましたね♪』

その場でご契約いただいた時のとても嬉しそうな笑顔が印象的なMさまでした!
それと一緒に椅子もご注文いただいたMさまは、
ご来店の際に気に入っていた2031チェアを迷わず決定。
【2031 chair】
【W455 x D540 x H807】
2031-595
椅子の座面は、ご自宅で使用していた椅子の座面の色に近い色にしたい。
というご希望をいただき、あとは私たちにお任せいただきました。

帰り際にMさまより『こんなことお願いしてもいい?』

お伺いすると、Mさまが愛用しているドレッサーをご新居に持って行きたい。
というご希望でした。

『ただ持って行くのではなく、玄関周りに置きたいんだけど何かいい方法ある?』

それであれば、鏡部分は壁掛の姿見にして、下台は玄関脇の収納箱にする。
というお話になり、その日にお預かりする事になりました。
本来なら、一度図面なのでご提案してからお預かりして、製作に入るのですが、

Mさまは、『3rdさんに全てお任せです。』

と、とても嬉しいご注文を頂きました。

それから数ヶ月経ち、待ちに待ったお届けの日。
Mさまが、駐車場や配送の段取りをしてくれていたお陰で、搬入もとてもスムーズでした!
3rdの職人が一つ一つ組み上げて行くのを楽しそうに眺めているMさま。
組み立て595
組み立て2595
組み立て3595
壁面収納 2枚595
組み上がった物を見て、『すごい!!!』 『イメージ通り!!!』

ここに合わせた椅子を見たMさま『これも、イメージ通り!!!』

それと、最後まで検討していた壁面収納の天袋の縦格子。

『ここは、妥協しなくてよかった。』

『本当にお願いして良かったです。』

と、とても嬉しいお言葉をいただきました♪

最後にお預かりしていたドレッサーを、姿見と収納箱として配置。
ドレッサー595
ミラー595
Mさま、その後いかがお過ごしでしょうか?
また、お時間あるときは遊びに来てください。

ありがとうございました。

たまプラーザ店

2014.02.24

U邸 リフォーム & TVボード・デスク・ソファ お届け

140222_12

3rdたまプラーザ店のご近所にお住まいのU様。
TVボードをお探しでご来店!

後日、ご来店時にしたお話をもとに資料を作成してご連絡したところ、
他も見てほしいところがあるということで、ご自宅にお邪魔しました。

ご相談内容
・造り付けのカウンターが微妙な高さで使いづらい
・リビングを和室とつなげて広くするのはどうか?  
・壁紙を変えたい
・玄関に鏡をつけたい
・エコカラットを入れたい
などなど。。。
                  
上記をもとにご提案して、U邸のリフォームです!

まず、カウンターは撤去し置き型のデスクに。

140222_01

カウンター上にあった棚板もデスクに合わせてウォルナットでつくり直し。
既存の棚板は、ご主人が手をいれて再利用するそうです!
カウンターを撤去して棚板を入れ替えるため、壁紙も張り替えました。

140222_03-01

デスク左下の扉の中にルーターなどコードぐちゃぐちゃとしがちなものとプリンターを収納できます。
デスク周りがすっきり!コンセントも扉の中でとりまわせる設計です。
お子様もこのデスクでお勉強できるようにサイズはゆったりめに。

140222_02
【Desk / w1570×d550×h710・790 / walnut】

カウンター下にあった扉付きの収納は、出し入れの頻度が低いということで、今回はデスクで塞ぎました。
必要なときはデスクを移動できる、置き方の家具になっています。

今まで二部屋として使っていた和室とリビングは、
広い1つのお部屋として使えるようにレイアウトを変更です。

140222_04
140222_05

和室の奥の壁一面は、アクセントカラーの壁紙に貼り替え〜。
お部屋の印象を大きく変える、面積の大きな壁。。。
色は非常に悩みましたが、いい感じに仕上がりました!!
かざり棚はとり外し、大きめのTVボードを新規製作。

140222_13
【TV board / w1730×d430×h550 / walnut】

TVは、このボードに合わせて買い替えるそうです。

140222_06
140222_07
【sofa surf 3P / w1800×d850×h790・sh400】
【sofa surf OT / w680×d580×h400】

展示品を座り比べて頂き、ソファはsurfに!
張り地は紫。紫色の色素を含むウォルナットと非常に相性の良い色です。
緑の壁とも、いいコンビネーションですね!

玄関には鏡を取付けました。

140222_09
【mirror / w300×h2350】

両脇はエコカラットというタイルを貼っています。

140222_10

「エコカラット」は空気をきれいにするデザインタイル。
調湿・吸着機能に優れ、結露、 シックハウス、カビ、ダニなど室内の悩みも解消してくれます。
タイルなので、壁紙よりも高級感のある雰囲気がでます。

カタチも様々なものがあるので、これも非常に悩まれていました。

140222_08

入って正面の壁にもエコカラットを貼り、統一感を持たせています。

140222_11

今回、工房の製作の都合上、何度かに分けてのお届けとなってしまいました。
何度もお時間を頂き、申し訳ありません。。

全てのリフォーム完了時には落ち着いた印象に変わったご自宅に、
U様も喜んでくれました!
生まれ変わったご自宅で、素敵な生活を送ってください。

U様ありがとうございました!

たまプラーザ店

2013.06.23

H邸 壁面収納 etc…お届け&リフォーム

0001

今から約1年前にご来店してくれたH様。
新築マンションにご入居予定のH様は、壁面収納、カウンター下収納、デスクなどをご検討中でした。
お話していく中で、3rdの家具の仕上がりの丁寧さや、オーダー家具ならではの、
デザインの自由度の高さを気に入って下さり、ご依頼をいただきました!!

まず始めにご紹介するのは、壁面収納です。
H様のお宅の壁の形状はなかなか複雑なかたちです。天井の梁が段差になっていて、左側の柱の奥は窪みがあります。

130621_01-服部様

そこでお客様からのご要望で、左端には大きな扉を取付け、窪み部分を棚にしました。
扉を開き、左を向いて棚を使う形状になっています。
右上の梁の部分も家具に段差をつけて、しっかり壁の形状に合わせてつくっています。
棚の中間部分は、ガラス扉にして照明を入れ、飾り棚のスペースになっています。
こういった空間の抜けている部分を、収納の間に組み込むことで、家具の圧迫感が軽減され
壁面いっぱいの収納でも見た目に重たくならないようにしています。
壁の凸凹に家具をいれたのでフラットな印象になり、すっきりした仕上がりに!

 

0002

h_002

左下の写真は、壁面の一番上、天井の梁の部分です。
壁いっぱいに家具を作る場合、ぴったりのサイズでつくってしまうと、家の壁や天井は、
きっちりと水平垂直が出ている訳ではないので、家具が入らない可能性があります。
そのため、あらかじめ10mmほどの余裕をもって製作します。しかし、これでは隙間ができてしまう…
この家具と壁との間にある隙間を埋める作業をフィラー作業と言います。家具を納めた後に職人が現場作業で、
板を隙間に合わせて微調整しながら切り出して、家具と壁の間をぴったりと埋めていきます!
こういった職人の現場での微調整があってこその、このきっちりとした納まりなんです。
この作業を終始見て下さっていたご主人も、この職人の仕事ぶりにびっくりされていました!
そして、右下の写真をご覧下さい!家具をつくる場合、事前に現場にお伺いして、
壁サイズ・コンセント位置・巾木サイズ等を採寸し、図面化していくので、写真にあるように
コンセント位置に開口をして、巾木分をよけるように製作することができます。
これによって、家具を壁ギリギリまで近づけることができるんです!既製品では不可能な、
オーダー家具ならではの仕様です!
さらに家具の外側にコンセントを移設して、掃除機等の使い勝手もばっちりです!

0003

0010

 

カウンター下収納もぴったり納まりました!もともとの打ち合わせでは、この半分の幅でご提案していました。
しかし実際に内覧にお伺いして、ここは壁いっぱいでつくった方が、良くなりそうと判断し、こちらのサイズに変更!
壁いっぱいにした事で、見栄えも収納力も格段に良くなりました!
ご主人のお好きな焼酎もこの中に納めるそうです!新居での晩酌が楽しみですね〜。

0004

0006

デスクは、なるべくシンプルに。また、お手持ちのカウンタースツールと合わせるために、通常より高さの高いものに!

0005

H邸では、壁紙などのリフォームもさせて頂きました!
3rdは家具だけではないんです。ちょっとした小物もあれば、照明やウッドデッキ、リフォームまでやっています!

0011

こちらは、玄関の様子です。
玄関にはエコカラットを貼り、姿見を取付け。廊下には腰壁の柄の壁紙をはりました。
エコカラットとは、内装用のタイルで、表面に細かい孔を持っています。
そのため、家の中の湿度に合わせて、湿気を吸ったり出したりして、調節してくれます。
さらに、家の中の嫌な生活臭を吸着したり、ホルムアルデヒドなどの有害な物質をキャッチしてくれたり
という性質のある、優秀な壁材なのです!

0008 0009

こちらは寝室の様子です。

1 壁紙張替えをしました。梁の部分にはピクチャーレールをとりつけて、
  壁に飾るものを上から吊るすことができるようになっています。
  張替えのため、新築のお家の綺麗な壁紙をバリバリはがすのは、中々勇気が必要でした!笑

2 以前のお手持ちのボードをリメイクしたもの。以前のお写真がこちら。

130621_02-服部様

  下の部分はそのままお使いになるとのことで、上下をカットして、面材を貼り、調色してリメイクしました。
  こういった加工ができるのは、工房を持つオーダー家具屋ならではの楽しみです!

3 このような金属製のブラインドフックのお取扱いもしています。帽子や、服をかけるためのフックです。
  ウォルナットで統一されたH様のお宅にアクセントで金属のものがあることで、
  ぐっとモダンな雰囲気になりますね。

下の写真はリビングです。向かって左側の壁は、玄関でもご紹介したエコカラットを貼っています。
ネイビーの壁紙でシックな印象のお部屋になりました。どちらの壁の上にもピクチャーレールが入っています。
この他に、ガラスのフィルム貼りといったこともさせて頂きました。

0007

シックな雰囲気で統一された素敵なお部屋になりました〜!
H様新居でのご生活はいかがでしょうか。
またのご来店、心よりお待ちしております!

渡邉

2012.06.15

K邸 カウンター下収納・姿見・スツール お届け

横浜市都筑区のK邸にカウンター下収納と玄関壁面へ姿見、コードスツールをお届けしました。

K様のご自宅のキッチンは、対面式となっており、そのカウンターのスペースを生かしたいとご来店いただきました。

「カウンターの下に収納を入れたいと考えているんだけど、部屋が狭くなるんじゃないかと思っているんです。どうしたらいいのかな?」
とご相談いただきました。そこで、ダイニングやリビングの間取りについてお聞きし、お部屋のレイアウトや収納のサイズ、奥行きなど一回、二回と打ち合わせを重ねていきました。

そして三度目の打ち合わせの時に私たちの提案や説明の内容、また実際の商品に触れていただく中で、3rdのものづくりに対する考え方をお気に入りいただき、
「3rdさんであれば、お願いしても良さそうです!」
とより具体的なプランを作成する事になりました!

「でも実際に収納が部屋に入った時の雰囲気がなかなかつかめないんだよな~。」
とお悩みになっていたので、それならば!と、お部屋を実際に拝見させていただいた上で、打ち合わせさせて下さいとお願いし、K様のお宅にお伺いする事になりました。

図面を見たり、ヒヤリングをさせていただく中で、プランを組み立てることはできますが、やはり現場に足を運ぶことで見えてくることもあります。設置場所の採寸をし、収納したいものやライフスタイルなどをしっかり拝見し、パースとともにプランをお作りすると、
「これなら、狭くなるようなこともないし、収納力もありそうですね!このプランでお願いします!だけど実はもう一つお願いがあって・・・、どうしてもキッチンの側面も収納と一体化させたいんです。」
と改めてご要望をいただいきました。

了解です!とお約束し、K様のこだわりを盛り込みながら格子状のパネルを配置するプランをパースに起こして、後日改めてご提案させていただくと、
「この形なら、収納との相性も良さそうだし、部屋の中のアクセントにもなりますね!これでお願いします!」
と晴れて契約となりました。

さて、今回は設置の際にもポイントがいくつかありました。
実はキッチンカウンターのレンジフード前にコードを通す開口がありました。
その開口から電話の電源を落とし、真下のコンセントへ。
「電話を置く位置は変えたくないんです。」
とK様のご要望をかなえるべく現場にてカウンターの開口位置に合せて収納の天板にも穴あけ!

もちろんコンセントもしっかりと使用できるように収納内部の背板をコンセントに合せて開口し、可動棚の奥行きを少し減らすことで、その後ろをコードが通るように工夫しています。

このコードは、収納のオープン部分に移設するコンセント用です。以前より電源の取り回しもスッキリしますし、ここに電話の電源を差し込むので、電話の位置も変わりません。
しかもコンセント自体の使い勝手もバッチリですね!

そして、K様こだわりのカウンター側面に取り付けるパネルの設置です。
今回は強力な両面テープとコーキングで、貼り付けを行いました。
これであれば、ねじ止めする必要がなく、壁本体を痛めることはありません。

天板の形状は、人工大理石のカウンターの角の形状に合せて製作することで、一体感のでるデザイン。

さらに、
「ダイニングで使う小物をまとめるトレーがあったら繁雑にならずにすむかも!それぞれを家族のめいめい持ちにして、自分のものをしまうのにもいいですよね!」
というK様のアイディアから生まれたこのトレーは、オープンスペースにしまう事ができます。
大きさの違う2種類を用意したので、入れるものによって使い分けられるのもいいですね!

そして、合せてご契約いただいていた玄関先の姿見がこちらです。
実は設置の際、角を欠けさせてしまって一週間後製作し直して改めて設置をさせていただきました。K様本当にごめんなさいっ!

その玄関先には、ご来店されたときに購入された、コードスツールが!

このコードスツールは、ペーパーコードという再生紙を縒って作った紐で座面を編み込んでいます。
防水加工もしてあり、すごく丈夫なもので、座り心地は最初は硬く感じられますが、次第に体に合せて馴染むように伸びていきます。
大きさや軽さから、そして積み重ねることができるためK様の様に玄関先で使用や、ダイニングでサイドスツールとして人気のある商品です。

盛りだくさんの打ち合わせから、こだわり詰まった製作までこだわり抜いたK様。
「鏡のハプニングもあったけど、素晴らしいものができました!!これはとても自慢できるものになりましたよっ!本当にありがとうございます!!」
と大変お喜びの様子!

K様ありがとうございました!
またK様のこだわりにお付き合いできればと思います!

皆様もご来店し、打ち合わせるときにはこだわりをトコトンお伝えください!
私たちも頑張って応えていきます!

それでは、みなさまのお越しをお待ちしております!