オーダー家具の3rd -your life style shop-
2016.11.20

T邸_特注ダイニングテーブル_NENE chair_forestarium

鎌倉市にお住まいのT様、「オーダーで出来ると聞いて来たんですが、ダイニングテーブルを作りたいんです。」とHPをご覧いただきご来店くださいました。

お話しをお伺いすると変形のダイニングテーブルで、家のカウンターの大きさに合わせてつくりたいとのことでした。
だいたいの形をラフに絵に描いて他にご要望はないかお伺いすると
「ウォールナットの無垢でやりたいんです!あと脚部分に小物を収納できるような仕様になりませんか?」
わかりました!特徴的なテーブルに3rd設計スタッフも力が入ります!

2015_0101

カウンターにぴったりつけられるように一辺は直線に。
ゆるくカーブを描いた特徴的な楕円形です。

2015_02

T様のご要望に合わせ、脚部分に軽い収納を作りました。
テレビのリモコンやちょっとした小物類をぱっとしまうのにとっても便利です!

「そのテーブルに合わせる椅子も欲しいんです」
T様にお気に入り頂いたのは『NENE chair』
『NENE chair』はゆったりした座り座面のアーム付チェア。板座と張座をお選びいただけます。
T様はどちらも気に入って頂いたようで板座と張座を2脚ずつ揃える事に。

dsc_1494-2014_11_23-11_00_

T様は店内にディスプレイしてあったフォレスタリウムを見て「素敵ですね!これお家に置きたいなあ!」と一言。
実はこのフォレスタリウム、ただの観葉植物ではありません!
プランター底面部分に内蔵されたLED電球が真下から植物を照らすことで、天井に植物のシルエットを投影させることができます。

ps-forestarium-l-720x1000

こちらも一緒にお届けすることに!

2015_04

3rd職人がお家で脚の取付を行いぴったり納まりました。
「思った通りになってよかった!素敵です!」とT様。
3rdスタッフも必死になって作ったテーブル達が無事お客様の元に届き一安心…!

T様ありがとうございました!

【特注ダイニングテーブル_W2000×D650~1370×H720】
【nene chair wood_W555×D480×H679(SH440)】
【nene chair_W555×D480×H679(SH440)】
【フォレスタリウム_φ440×H510】

たまプラーザ店

2016.08.22

A邸_knot table お届け

「引っ越しを機に新居にダイニングテーブルが欲しくて探しているんです」とご来店頂いたA様。
お話しを伺うと、サイズもどのくらいがいいのかいまいちわからない…とお悩みでした。

2563_02

そこで、まずお部屋のレイアウトを確認していきどのサイズが適正かを出していきました。
ダイニングテーブルを置く位置はカウンター前とのことでしたので、
・カウンターから掃出しまでの距離
・カウンターの長さ
・リビングに向けての動線
・照明の位置
などを考慮してW1600に決定!

2563_03

ダイニングテーブルの形状は店内に展示のあった『knot table』を気に入ってくださいました。
『knot table』は天板の厚さが26mmと薄目なデザイン。木の表情を楽しんで頂くために、節をそのまま残します。
構造としては板の裏にステンレスの反り止めを入れることで、木の反りを抑制。脚は取り外し可能なレッグジョイントになっています!

2365_04[1]

「色は明るめがいいなあと考えているんですが…」
ということでしたので、木材サンプルをお持ちし見て頂きました。
「この種類が家には合いそう!」とA様が選んだのは『ナラ』でした。
『knot table』通常ウォールナットのみのお作りになりますが、今回は特別仕様で『ナラ』で制作する事に!

2563_04

ここで少し『ナラ材』の豆知識♪
特徴としては、どんぐりのなる木としても日本人に親しまれている木材です。
強くて耐久性に優れていること、水分の透過性の悪さを利用し、ウイスキーの熟成樽としても用いられているんですよ!
今回は柾目でテーブルをお作りしたので、節のない仕上がりになりました!

2563_01

お届けすると、サイズ感もバッチリ^^
奥さまがとても喜んでくださったのが印象的でした!

A様ありがとうございました!
またお店にも遊びに来てくださいね!

東戸塚店

【knot table_W1600×D850×H700】

2016.07.12

たまプラーザ店 新商品入荷しました!!

毎日暑い日が続きますが、皆様夏バテなどしていませんか?
暑い夏を楽しく乗り切るための、癒やしのアイテムをご紹介します!

——————————————————————————

ISTANA TERRACE(イスタナテラス)
ロッキングチェア W570×D830×H840・SH430
サイドテーブル W450×D450×H500

高級材として知られる無垢のチーク材を使用してつくられている「ISTANA TERRACE(イスタナテラス)」のガーデンファニチャー。

経年変化が美しいチーク材。
無垢のチーク材は使い込むほどに自然と馴染んだきれいなシルバーグレイへと変化して、使うほどに味わい深いものとなっていく銘木として、世界中で愛されてきました。

terrace_02

油分を多く含んでいるので釘などを使用しても錆びにくい、水に強く塩分や害虫にも強い、という特徴から直射日光や風雨にさらされる豪華客船の甲板の材料として利用されてきました。

Terrace_01

深く座ると、S字の座面と背もたれが身体にフィットするデザイン。
程よい揺れが心地よく、ついうとうとしたくなります。。。(。_ _)。zzz..
これからの季節、お庭やバルコニーでの夕涼みにぴったりのガーデンファニチャーです!

——————————————————————————

Gravity(グラビティ)
W1350×H1220×D730 アッシュナチュラル/布張り

デザイナーであるピーター・オプスヴィックは「人間工学も取り入れながら人に優しい家具をデザインする」ことで有名なノルウェー出身の家具デザイナー。

gravity_img_02

「グラビティ」は「無重力」という意味。

グラビティは少しの体重移動で4段階にリクライニングさせることができます。
デスク作業から読書に最適なポジション、テレビやリラックスタイムに最適なポジションなど、1台で様々な使い方ができ、もっとも深く倒したポジションでは中に浮いたような感覚を味わう事ができるんです!

gravity_img_01

シートを限界まで倒すと足が心臓よりも高く上がるため、全身の血流がよくなり究極のリラックス感と無重力感が体感でき、まるでゆりかごに揺られているかのような座り心地なのです!

gravity_img_03

深い休息をとることは、身体に活力を取り戻し、脳を再活性化させるために、とても大切な事です。
みなさんも是非、この座り心地を体験してみてくださいね!

——————————————————————————

FLOS(フロス)「ROSY ANGELIS floor lamp(ロズィ・アンジェリス フロアランプ)」
H1850 / φ660

ROSY-ANGELIS_img_01

布製の柔らかなシェードと、シャープな3本の支柱の組み合わせが印象的なフロアスタンド。
支柱の真ん中のスティックを左右に回す事でスイッチのON・OFFができるシンプルな構造。

調光が可能で、布製のシェードは風で揺れるため、やわらかな光の表情の変化が楽しめます。

ROSY-ANGELIS_img_02

布には、デザイナーであるフィリップ・スタルクのサインが刺繍されています。
ぜひ探してみてくださいね!

——————————————————————————

こちらの商品はたまプラーザ店に展示していますので、ぜひ一度座り心地など、体験してみてくださいね!
みなさまのご来店をお待ちしております!

2016.06.07

A邸 ダイニングテーブル お届け

4
世田谷区にお住まいのA様のダイニングテーブルをお届けしました!

初めメールでお問い合わせいただいたA様。
ダイニングテーブルをお探しでした。
ご要望としては、
・サイズ:W2000×D800前後×H700
・樹種:ブラックチェリー
・デザインはブリステーブルの脚を細くしたもの

先に図面と概算の御見積をメールでご提案させていただき、
後日、お店で実際に家具の素材感や仕上がりを体感していてもらいました。
ちょうどお店にはチェリー材の耳付き板が蟻あり、A様はブリステーブルをご希望でしたが、
「なるべく矧ぎ枚数が少ないのがいいけど、この木目はいいですね!」とお気に入りいただきました!
8
そこで、せっかく木目や色目を気に入っていただいたので、
中々無いことですが耳を落としてお気に入りいただいた板をそのまま製作する事に!!

A様ご希望のブリステーブルは幕板をなくし極力シンプルにスッキリとデザインしたテーブルで、
幕板(天板の反り止め)の代わりに「蟻形追入れ継ぎ(ありがたおいいれつぎ)」という技法を用いています。
7
9
厚さ40mmある天板の下に3/900のテーパーをかけた溝を数カ所ほり、そこに部材をはめ込んで接着します。
そうする事で幕板がなくなり、座った時に足元のスペースが広く取れて
ゆったりとイスに座ることができる利点があります。
3
A様は、脚を下に向けて絞った仕様でよりスッキリに仕上がりました!

また、今後片側にベンチを置く可能性があるという事で、
脚をつけるレッグジョイントの数を増やして脚の位置を変えられる仕様に。
2ベンチの場合、脚が端によっていると脚がぶつかってしまうので、
その場合は脚を内側に入れてなるべく邪魔にならないようにしました。
1
サイズについては現調させて頂き、MAXでとれる大きさでW2000×D820×H700で製作させていただきました。
これから椅子も少しずつ替えていくそうです◎

これから素敵なダイニングになっていくといいですね^^

また何かございましたらお気軽にお問い合わせ下さいませ。
A様、ありがとうございました!

【特注ブリステーブル:W.2000 D.820 H.700/アメリカンブラックチェリー】

2016.03.11

I邸 デスクと吊り戸棚のお届け

青葉区にお住まいのIさん。お引っ越しが決まっていて、寝室に置くデスクと本棚を作ってほしいとご来店頂きました。
お話をお伺いすると、絵を描くのが趣味で天板の角度が変わる(イーゼル的な使い方が出来る)ものがご要望でした。
“もちろんお作り出来ます!”とお伝えしたものの実際に設計してみるとなかなか…かなり苦戦しました…
ネットで調べたり本見たり、段ボールで実寸作り大きさや角度をみながら、なんとか図面完成!
後日、ご来店頂き図面とイメージ図を見て頂きながらお打ち合わせ。
”すごい!イメージ通りです!予算的にもOKです!!”という事でご注文頂きました!
001
まずはデスク上の吊り戸棚(本棚)の設置です。
1.壁の芯の位置を探ります。
2.棚をつけるため9mm厚のベニヤ板(バックアップ材)を壁に打ち付けます。これが曲がってしまうと棚も曲がってついてしまうので慎重に水平をみていきます。
3.バックアップ材に棚を引っ掛ける様に突け、最初に探った芯の位置にビスで固定します。
4.最後にビスの頭が目立たない様にキャップを付け完了!

002
デスクを置いてコンセント差し込み完成です!天板のコンセントは照明用と吊り棚に置くオーディオ用です。吊り棚の地板に配線孔を入れオーディオの電源が通せる仕様になっています。

003
天板の角度は4段階に調整出来ます。この仕組みを設計するのに、とても悩みましたが、出来た物は想像以上の仕上がりで興奮しました!(笑)
紙が落ちないよう手前に10mm程の落ち止めをつけています。普段、邪魔にならないよう出来るだけ小さくし、面取りをしています。

005
お客様にもとても喜んで頂き、悩んだ分、嬉しいお届けとなりました!Iさまありがとうございました!!

2015.10.09

K邸 カウンターテーブル&デスク お届け

5
HPをみてご来店されたK様。

長年使用していたデスクの作りかえをご検討中でした。
メゾネットになっているご自宅の1階部分の自由に使えるお部屋に、
デスクに替えてそのお部屋にお友達とお酒を飲めるスペースと、
奥様が使用しているデスクスペースもほしいとの事でした。
K_5
はじめバーカウンターのような形をイメージしていたK様。
実例写真等もみていただき、
「ほんとはお店みたいに出来るといいけど、デスクも欲しいし、部屋のイメージとだいぶ違っちゃうかな〜」
とあれやこれやとスタッフと悩みながらお話を進めさせていただきました。
image_1
その結果、デスクは壁につけて、
カウンターテーブルの方は向かい合って座れるように壁からスペースを空ける変形のデザインに!
image_1
バーカウンターは通常高さが1m程あり、お店だとかっこ良く見えますが、
お部屋の中に入れると圧迫感が出やすくなってしまいます。
そこで、高さはデスクでも使用しやすく、圧迫感が出ないように、700mmの高さでおつくりすることになりました。

実際にご自宅にお伺いさせていただき、イメージをみていただきながら、詳細を決めていく事に。
K_3カウンターのちょうどコーナーの内側に、
お酒などをしまえるよう棚板をいれました。

カウンター内側を隠しスッキリ見せるため、箱と板(突き板)で天板(無垢)を支える構造に。
カウンター下部分は安定感出す為にT字型に(上から見て)し、座った時に構造体が邪魔にならないよう
なるべく小さくしました。

デスクスペースには、小物を入れる引出しを1つと、プリンターを置く台をデスク下に設置。
キャスターがついているので、使用する時は外に出せるので使いやすいです。
K_2トータル幅は決まってたので、奥様のデスクと、ご主人のカウンターを
お互いにどれぐらいのスペースをとるのかで少し悩みました。
スタッフも含め相談しながら割り振りも決定!

素材は、周りにある家具や建具に合わせてチェリー材に。
写真はまだ出来上がったばかりなので薄いピンク色をしていますが、
経年変化で徐々に濃い飴色になってくるチェリー。
使っていくうちに艶もでて味わいが増してきます〜^^

さらに、テーブルに合わせて、オリスツールもお届けさせて頂きました。
すっきりとしたデザインの上に、3脚までスタッキングできるので使用しないときはコンパクトに収納出来ます。
K_6
お届け時には、
「この形はオーダーじゃないとつくれないね!頼んでよかったです!」
と喜んでいただけました。

新しいテーブルで
この夏はお酒楽しめたでしょうか^^?

またなにかありましたらお気軽にご相談下さいませ。
K様、ありがとうございました!

たまプラーザ店

2015.08.11

S邸 ダイニングセット ソファ お届け

ダイニングテーブルの買い替えをご検討でご来店頂いたS様。
ご自宅は東戸塚に近いのですがHPを見て
「たまプラの方が広いし、いろいろありそうだから~」
とたまプラーザ店にご来店頂きました。

まずはお部屋の間取り、現状のお写真等を見せて頂きながら家具の大きさやレイアウトを決めていきました。

店内の商品をいろいろ見てもらいテーブルはシンプルでスリムなデザインの【 T+S-02 】テーブルに。
DSC_635230mm厚の天板とシンプルな四本脚のデザインが特徴で、洋風和風に限らず、
モダンな空間にフィットするダイニングテーブルです。

ダイニングチェアはご主人と奥様でそれぞれ気に入った物を2脚づつお選びいただきました。
ご主人はアーム付きで脚のデザインが特徴的な【 Cervo セルボ 】、
奥様は立ち座りする回数も多いのでアーム無しで横からの見た目が印象的な【 Arco アルコ 】に。
DSC_6354セルボ、アルコ、ともに座面の横幅と奥行きがゆったりしているため、長時間ダイニングで過ごされる方におすすめのイスです。
座面には、人間の脂肪の感覚に近いと言われ身体にフィットする座り心地を実現する「ダイメトロール」という素材が使われています。ダイメトロールは、布バネが荷重を面で支え、硬すぎず柔らか過ぎない座り心地。
布バネのため大幅な軽量化と、金属の軋み音がなく錆や折れといった心配もないということもあり耐久性が高いのも特徴です。

ダイニングをお探しでご来店頂きましたが、ソファ【 LATTICE ラティス 】の座り心地をとてもお気に入り頂き、
「この際一緒におねがいしちゃおうかしら~」ということでご注文いただきました。

ラティス は細めの木枠でスッキリラインが特徴のソファです。
img_sofa_11[1]後ろの格子デザインも素敵ですよね。
座面には体圧分散素材「レスピール」が使用されています。
もともとは、NASAでロケット発射時の強い重力から宇宙飛行士を守る為に、宇宙服の内張り材として開発されたもので、その素材に改良を加えてできたのが「レスピール」という最新素材です。

体圧分散性素材とは、体にかかる圧力を効率よく分散し、座った時にかかる部分的な圧迫を和らげ、
長時間座っていても疲れにくい特性があります。

また、「レスピール」は体のラインに合わせて形を変化させ、最適な形で安定してくれるので、
抜群のサポート力も発揮します。

背中のクッションには「シリコンポラック」という、こちらも新素材が使われています。
「シリコンポラック」はポリエステル綿100%の中空糸をシリコンコーディングし、ボール状に丸めた直径約3mmの球状素材です。

羽毛のように軽くやわらかで、ソフトで繊細な風合いが得られます。
また、動物アレルギーのある方にもお使いいただけ、
ご家庭で水洗いもできるのも衛生的でおすすめしたいポイントです。

DSC_6346ソファに合わせてリビングテーブルは、軽やかな印象の3rd定番【 Hella ヘラ 】に。
天板と側板の接合部を45度に仕上げ、木目が通るように接合する「留め加工」で製作された、
職人の技が光るリビングテーブルです。

納品日はあいにくの天気でしたが、ゆかいなご夫婦でとても喜んでくださいました^^
「ソファ…大きすぎたかも。」と心配されていましたが、
DSC_6344搬入してみると、「ちょうどいい!」と喜こんで下さり何よりでした^^
DSC_6344

DSC_6353
ゆったりと過ごされてますでしょうか?
S様、ありがとうございました。

たまプラーザ店

2015.07.20

K邸 カウンターテーブル お届け

blog3
都筑区にお住まいのK様にダイニングテーブルをお届けしました!

K様のご要望はキッチンカウンターに付けて使用するカウンターテーブル。
はじめはキッチンカウンターと同じ高さでおつくりするイメージでしたが、
やはりゆっくりお食事をしたりするには高すぎるということで、
ダイニングテーブルで使用しやすい700mmの高さでおつくりすることになりました。
blog9
ご自宅にお伺いし採寸をし、製作期間をいただいてお届けさせていただきました。
blog8カウンターに合わせて幅が2070mmと長かった為、安定感とたわみ防止に中脚を入れています。
また、なるべくスッキリ見せる為に脚は60角の脚です。

今回はテーブルを付けるカウンターと壁に段差があったため、その部分は欠き込んで製作。
また奥行き方向にも窓があるのでサイズの制限がありました。
クリアランスはみて製作したものの、ちょっと入らず、、、、、(゚口゚;
工場長にその場で削ってもらいました。
お子様もはじめてみた鉋(かんな)を珍しそうにみていました^^
blog4
3rdでは自社工房を持って家具を製作し、お届けしているので、
このように何かあった時にはすぐ対応できます!
blog2
ぴったり納まりました!!ほっ!
blog-1
K様にも仕上がりを喜んでいただけけたようで良かったです!

これから末長くご使用していただければと思います。
またなにかありましたらご相談下さいませ。

ありがとうございました!

たまプラーザ店

2014.09.30

A邸 ダイニングセット・サイドボードお届け

opennig595
『お引っ越しを機に、ダイニングセットを新しいものにしたい。』
ということで、3rdにご来店になったAさま。

ご来店時は新築中という事で、お部屋の図面を持ってきて下さいました。
Hさまは、
『どのサイズのテーブルがこの部屋に合うのか?』
『この部屋にはどの様な家具がいいのか?』
などの、トータルでのご相談!

まず、図面を基にサイズ感のシミュレーションをさせて頂き、
おおよその必要な大きさが分かったので、一度店内を見て頂くことになりました。
その中でAさまが急に立ち止ったのが、トラディションコーナー!
トラディションコーナー595
『こんな表情の板が部屋に入ったら、温かいなぁ。』とAさま。

それなら、一度家具の色を決めてみるのもいいかもしれませんね!
Aさま邸の床の色や扉の建具の色などお伺いした中で、
お部屋に合いそうなチェリーなどはどうですか?
とご提案したところ、Aさまは『私も、チェリーが好きなんです。』

ということで、もう一度トラディションコーナーのチェリー材の板を見てもらうことに!
木にも人間と同じで表情があり、その並んでいる板の表情を眺めているAさまは、とても楽しそうでした♪
そして、その中に一目見て気に入って頂けた板があり、
突然Aさまから、『是非この天板で一度お部屋のイメージ作りをさせてほしい。』

早速椅子を置いてお部屋のイメージ作りをすることになりました。
ここでは皆さまに一脚ずつ座り比べて頂き、座り心地もデザインも気に入って頂いたのが、
こちらのPePeチェアです。
pepe arm chair
さらに、椅子の他にベンチもご検討中のAさま。

それなら、ダイニングに合わせたサイズとデザインのベンチを製作しましょう!
とご提案させて頂き、『是非。』ということなのでデザインを一緒に考える事になりました。
まず、ベンチのサイズはゆったりとした大きさの横幅が1300㎜のベンチをご提案。
今のところリビングにソファを置く予定ははなく、
そのかわりに、『ダイニングで過ごす時間を大切にしたい。』ということでした。

長い時間過ごせるようにベンチに背もたれを付け、
座面には座っていても痛くならないように張座仕様にするなど、
こだわったデザインのベンチの出来上がり!
ベンチ595

こうしてAさまご家族とお話しをしている時にご主人さまから、

『この椅子座り心地いいね。』

実は、お話しをしていた間、ずっとお座りになっていたのがこちらのセルボチェア。
セルボWNアーム
ご主人さまにとても気に入って頂いたのです。
実は、ここまでのダイニングセットのイメージは全てチェリー材だったのですが、
唯一セルボチェアだけは、ウォールナット材のみでのご案内になってしまうんです。
と、その事をお伝えすると、
『私はウォールナットでいいよ。』とご主人さま。

奥様から、『それならいいんじゃない!』

ということで、ご主人さまの特別な椅子『マイチェア』の完成♪

これで、ほぼイメージが出来上がったAさま邸のダイニング!
とっても気に入って頂き、あとはベンチのイメージを一度図面などで確認してもらうことになり、
数日後に完成したベンチのイメージをお伝えし、とっても気に入って頂けました。
そして、Aさまより
『やっぱり、あのチェリーの板がいいです。』
『脚は、座卓タイプにもなるT字脚でお願いします。』
それと、初めにご提案したPePeチェアとセルボチェアも一緒にご契約いただきました。

椅子の生地選びの際、ご主人さまの『マイチェア』というのをを皆さまが気に入って頂き、
それぞれの椅子の座面を好きな色を選んで頂いたんですが、
その色を選んでいるご家族のとても楽しそうな姿が印象的でした。
椅子595

ベンチ2595
さらにAさまから、『小物を収納できるサイドボードも欲しいんですが・・・』
実際に置くとしたら、その大きさと置き場所が決まらないとお悩み中でした。
もう一度図面を見ながら、それなら階段とキッチンの間に置くサイドボードはどうでしょう?
幅はちょうど1000㎜位の大きさ。
チェスト595

チェスト2595
お店にあるサイドボードの幅が2000㎜なので、ちょうどこれの半分の大きさですね。
とご案内すると、その半分にしたサイズとデザインを気に入って頂き、
Aさまより『これでお願いします。』と、サイドボードのご契約も頂きました。

一ヶ月後の内覧会の日に、私たちもお伺いさせて頂き、
サイドボードの置く場所の採寸をさせて頂きました。
この時、お部屋に入る家具のシミュレーションをした際に、

Aさまより、『ますます、楽しみになって来ました!』

と嬉しそうな笑顔を拝見し、私たちもいい緊張感を感じる事が出来ました。
ラスト595
それから、約1か月後のお届けの日。
一つ一つ運び込まれていく家具達を眺めているご家族の皆さま。
梱包を剥がしオリジナルの椅子やこだわったベンチ、一目ぼれしたテーブルにサイドボードたちが、
お部屋に収まった瞬間のご家族のとても嬉しそうな笑顔が拝見できて良かったです。

Aさま、その後いかがお過ごしでしょうか?
お近くにお越しの際は、是非また遊びに来てください。

ありがとうございました。

【Tradition Table:W1630xD900xH700】
【PePe arm chair:W535xD540xH755】
【Cervo widearm chair:W510xD570xH750】
【特注Bench:W1300xD490xH650】
【特注Side Board:W1000xD450H850】

たまプラーザ店。

2014.08.10

H邸 TVボード、ソファ、電話台、デスク、本棚、座卓 お届け

戸塚区にお住まいのH様。

テレビボードを探してご来店になりました。

2123_09

置く場所は決まっていて、左側にドアがあり、壁と壁の間にTVボードとストーブを並べて置きたいとのご希望でした。

間取りをお伺いしながらサイズの確認。
いろいろお話をお伺いしていくうちに。。。
「主人のパソコン用の机と本棚があったらいいなと思っているの。プリンター置き場も。」
「ソファの前に座卓があるんだけど、重くって。掃除するとき大変なのよ。」
「部屋の角に電話台があるんだけど、コーナー用だから使いにくくって。中にたいした物が入らないのよね。」

「この部屋に、こんなに置けるかしら??」

一度、お部屋を見せてください。とさっそくお伺いしました。
実際にお伺いすると、お話から想像していたよりずっと広いお部屋でした!

2123_03

まずはテレビボードとソファ。

テレビとソファが対面する壁につけて置いてありました。
「テレビまでが遠いのよね~。」とのお話でしたので、ソファの位置を替えましょう。
ソファをお部屋の真ん中に持ってきても、後ろを通るスペースは十分にありますから。と、
お話したところ、「ソファを壁から離して置くなんて考えたことがなかった!
それでもスペースが取れるならレイアウトを替えて、あのソファに買換えようかしら!」

ソファは展示していたパウンドを気に入っていただいていました。

2123_04

「座り心地もいいし、生地も赤いラインが入っていてとてもいい!赤が好きなの。」

2123_05

TVボード。
今、お使いのボードだと、左側のドアの開け閉めに邪魔になりませんか?と確認したところ、
「左側のドアからは、ほとんど出入りをしないの。孫が来て遊ぶときに開け閉めするだけだから。」との事で、
今までお使いのものとほぼ同じサイズでおつくりしました。

2123_07

真ん中はDVDデッキが入るのでガラス扉に。
両サイドはお孫さんのおもちゃやDVDをしまっておくスペースです。

電話台。
壁にコンセントがありますが、かきこみやコンセント用の開口を開ける手間を抑えるため、
コンセントが隠れないギリギリのサイズになっています。
小物を入れるための引き出しと、下は雑誌や新聞など入れるために可動棚付の収納になりました。

2123_08

デスクと本棚。
初めはデスクと本棚を一体のものも考えていましたが、お孫さんが大きくなったとき、
このお部屋にピアノを入れるかもしれないとの事で別々につくりました。
本棚は右側の壁に移動して使い、デスクは他のお部屋に移動できるようなサイズでおつくりしています。

2123_09

プリンターは使っていないときはデスク下に収納。
出し入れがしやすいようにキャスターを付けて、
予備のコピー用紙が収納できるようになっています。

2123_02

座卓。
お孫さん達がここでご飯を食べるとの事で、今まで使っていたものより少しサイズを大きくしました。

「今使っていたテーブルは重くて、掃除の時に動かすのが大変なの」との事でしたが、テーブルの天板は
使用頻度やキズのことも考えて無垢材を使用したほうがいいですよとおすすめしました。
その代わり天板の厚さを薄くし、少しでも軽くなるようなデザインに。

2123_010

走り回るお孫さんのことを考えて天板の角は丸くしてあります!

ご希望が盛りだくさん!
部材や手間を抑えたり、突板を使用したりと、いろいろやりくりしてご予算内に収め、
「これでお願いします!楽しみにしてます!」とご契約いただきました!

お届けのとき、「すっきり収まってよかったわ!」と喜んでいたH様。

2123_012

ソファでくつろいだり、お孫さんとお食事したりと、3rdの家具をフル活用していただけているでしょうか?

2123_013

使い心地はいかがですか?

なにかございましたら、また遊びにいらしてくださいね!
H様、ありがとうございました!

【Sofa POUND 2P W1760×D880×H820 WALNUT】
【TVのボード W1500×D500×H500 WALNUT/FL】
【電話台 W860×D450×H900 WALNUT/FL】
【デスク W1200×D600×H700 WALNUT/FL
 本棚  W860×D450×H816 WALNUT/FL】
【特注座卓 W1500×D850×H350 WALNUT】

東戸塚店

2014.06.01

T邸 N邸 ダイニングセット お届け

今回は、いろんな種類の椅子を組み合わせたダイニングセットをご紹介します。
5まずは宮前区にお住いのT様。
T様はご夫婦でご来店され、3rdのトラディションテーブルを気に入ってくださいました。
その中でも気になったのがウォールナットのトラディションEX。
トラディションEXは、あえて節(枝が生えていた跡)を入れ込むことで木の自然な表情を存分に楽しめるテーブル。
3rdでは通常節のある部分は除いて製作しているのですが、
EXは節を入れ込むことで使える材料の幅が広がる為価格的にもお求め安くなっています。
さらに、天板の厚みを通常4cmの所を3cmにしているので軽やかでモダンな印象になります。9T様には木目や節の表情をとてもきにいっていただいたので、
実際に使うときのように立てかけてあった板を横に寝かせて改めてみていただき、
「これでおねがいします!」とその場でご注文を頂きました!

椅子は、ご夫婦でそれぞれ気に入ったものを1脚ずつ。
あと2脚も別の種類でもいいかも!ということで、4脚とも椅子の種類をかえました。

その4脚が、AD chair・KAKI no isu chair・Aruco chair・2031 chair。7
絶妙な腰あたりが特徴のAD chairと細い線と柔らかな曲線がかわいらしいKAKI no isu。
Aruco chairはお尻あたりがとても柔らかいのが特徴的で、
2031 chairは緩やかにカーブした格子の背もたれが背中全体をしっかり支えてくれます。

T様ご夫婦は身長差があり椅子の座面の高さに悩んだのですが、
身長の小さい奥様に合わせて座面の高さを390mmにカットしました。
4
統一感を出すために、樹種はダイニングテーブルと同じウォールナットで揃えました。
それぞれ特徴が違う椅子をそろえてみるとダイニングに集まるのが楽しくなりますね!92
つづいて千葉県にお住いのN様。
N様は、お引越しを期に家具をトータルでお探しでした。
店内の家具をくまなくみていただき、3rdのモノづくりについてお話させて頂きました。
何から揃えていこうか迷っていたN様に、ダイニングテーブルをまず決めてみては?とご提案。
ダイニングテーブルは家族が集まって過ごすのにはとても大事な場所です。
家族みんなが集まる場所をつくってからリビングづくりをしていくとお部屋のまとまりがでるのではないでしょうか?
という提案に、Nさまもそれがいいですね!と賛成。

木の表情が感じられるトラディションテーブルを気に入っていただき、
お店にある板を何枚かみていただきました。
しかし当時たまプラーザ店にある板は大きいものでw1800までしかなく、
もう少し大きめのモノをご希望だったので東戸塚に展示してあるw2000の板の写真を見ていただきました。1するととNさまもこれがいい!と一目惚れされその場でご注文頂きました。

椅子は、奥様にはハイバックチェアを気に入っていただき、
ご主人はお尻あたりの柔らかいT+S-02チェア。来客用に2031チェア2脚の組み合わせに。
8
「種類ばらばらで置くのはおかしいですか?」というN様に、
体型のちがう人たちが座るのでそれぞれに合ったものがいいのでは?とおはなしさせていただき、
それぞれお気に入りの椅子をいれたダイニングセットにきまりました!
3
素材と張地を合わせたことでスッキリおさまりましたね^^

ダイニングセットは椅子が全て揃っているのもとてもステキですが、自分の気に入ったもの、
体に合わせたものをそろえていくことでより愛着がわきずっと使ってもらえる家具になっていくと思います。

気になった方はぜひ3rdにお越しください^^

Tさま、Nさま、ありがとうございました!

たまプラーザ店

2014.02.06

H邸・sofa pound  F邸・sofa square お届け

今回は2件のお宅にお届けした、sofaの実例をご紹介します!

H邸sofa【pound】お届け
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
以前からお店をご存じでいてくれたH様。
ソファを求めて、実際にお店へご来店下さりました。ありがとうございます!
H様の欲しいソファはpound!!
理想のサイズも、ご自分でしっかり測ってきて下さっていました。流石です(^^)
生地は、お部屋の家具や床が落ち着いた暗めな色が多いとのことで、「白系」で、というのも決まっていました。
そうなるとお話はとんとん拍子ですよね♪

img_sofa_10[1]

パウンドケーキの断面のような木部フレームが特徴のpound。
座面はワンシートで「ふっく
ら」とした見た目ですが、6層の硬さの違うウレタンを使用した固めの座クッションとなっています。
また背クッションにはシリコン加工ポリエステル綿で、高密度のウレタンを包む事でふわっと体を支えてくれます。

実際に座ってみると、ちょっと背中がやわらかいようにお感じになられていたので、
背クッションを少し硬めにお作りしました。
クッションの硬さ調節ができるなんて、やっぱりオーダー!イイです☆

こちらがお届けしたH様のpound
POUND

お日さまの光とpoundの白い生地が、お部屋をとっても爽やかに演出してますね!

つづいて、
F邸sofa【square】お届け
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ガラステーブル・2031

以前東戸塚店で、ガラスのダイニングテーブルとchair【2031】をお買い上げ下さったF様。
ガラス天板を支える脚は工場長デザイン!
ガラスに無垢材。匠の技により、お部屋がより一層オシャレになりますね!

お引っ越しをされ、今度はたまプラーザ店にソファを買いに来て下さいました。
「ソファを買い換えたかったけれど、子供がまだ小さかったので・・・。子供も大きくなったし、そろそろ買ってもいい頃かな~!」とF様。
F様が気になっていたソファはsquare!!
展示品サイズはW2000ありましたが、間取りを聞くと全く問題なし!
色も希望色とのことで、現品でのお届けとなりました。

square

squareはしっかりとしたイメージのソファですが、背もたれが低い作りなのでお部屋の中程に置いても圧迫感を与えません。
いろいろなレイアウトが楽しめそうですね♪
新しいお家で、ダイニングセットやソファの使い心地は如何ですか??

3rdsofa
3rdには、固め・やわらかめ、木枠・布張り、シャープ・優しい、など、作り方や雰囲気の違いに
それぞれ良いところがあり、個性豊かなソファを沢山ご用意しています。
また、お客様のご都合にあわせて、1mm単位でのサイズ変更も可能です!
「ソファは心安らげる場所」であると私は思うので、妥協せずに求めているモノに出会って欲しいです!!

『ソファを買いに3rdへ♪』

きっと欲しいソファが見つかるはずです!

H様、F様、ありがとうございました!!
また是非遊びに来てくださいね!お待ちしています!!

たまプラーザ店

2014.01.20

K邸 BlissTable・ADchair・sofa square お届け

以前、壁面収納をお作りさせていただいた、K様。
しばらくぶりに3rd東戸塚店にご来店して下さいました!!
時間を経て、こうして3rdに来て下さる方々が沢山いらっしゃいます。
誠にありがたく、とってもとっても嬉しく思います!

店内に展示してあった【square】ソファに腰掛け、いいな~と、K様。
いろいろお話に花は咲きましたが、その時はそのままお帰りに・・。

半年ほど月日は経ち、今度はたまプラーザ店に、
気になっていたsquareソファを、「購入したいと思って!」と、ご来店下さいました!!

square説明画像

squareは、がっしりとした形が特徴で、木部のロッキングで組んだ広いアームは脱着可能となっています。背もたれを低くお作りしているので、お部屋の中程に置いていただいても空間に圧迫感を与えません。また密度の違うウレタンを何層にも重ねて仕上げる座面は、シッカリとした座り心地になっています。座った時に沈み込み過ぎることが無いので、腰痛持ちのお客様にも人気のソファです。少し幅の広めのアームは、サイドテーブルの代わりにもなるので、コーヒーを飲みながらゆったりと座っていただけると思います♪
特注で、同じ生地でクッションも製作させていただきました!
たまプラーザ店にはレザーでお作りしたカチッとしたイメージのものが展示してありますが、ファブリックでお作りしたsquareは、また違った表情でやわらかい優しい雰囲気になりますね!

square

またお話をしていく中で、ダイニングテーブルセットもご検討中でしたので、3rdオリジナルで、幕板の無いスッキリとしたデザインが人気の【BlissTable】をご紹介させていただくと、
「引っ越しも考え中なので」と、引っ越し先の図面も見せていただき、
次のお部屋でもご使用いただけるように、W1900mm、D850mm、H700mmのサイズでご提案。
もちろん現在お住まいのお家でのご使用も考慮して
お客様のご使用環境に合わせた、世界中で1つしか無いテーブルのお届けとなりました!!

テーブルが決まってから、それに合わせた椅子のご提案には、大人気の【ADchair】
すると「これイイネ!」と即決!
奥様が「お友達とお料理をしたり、パンを作ったりしてみたい」と、6脚ご注文して下さいました。
 (ADチェアが6脚・・・!どんな感じになるんだろう!?)

こんな感じになりました☆

ダイニングセット

ダイニングセット02

今回はブリステーブル、ADチェア共にチェリー材でお作りしましたが、
ADチェアの一番広いところで約560mm、ブリステーブルがW1900mmでお作りしているので、
アームのあるADチェアが並んでも、余裕がありますね!座布団も、特注で製作させていただきました。
ADチェアが6脚! ん~羨ましい!!! 贅沢な空間ですっ!

ダイニングセットが決まり、店内をご覧いただいていると、最後にチラッと目に飛び込んできたのが【ORIstool】
玄関やダイニング、リビングなど、場所を選ばず活躍してくれます。座ることはもちろん、座面がフラットなのでサイドテーブル代わりにもなってくれる万能なスツールです。
折り紙を折ったようなような繊細な形状のウラには、細かなディテールが宿っています。 狭い空間では壁にぴったりフィット。3脚まで積み重ねも可能です!
もうおわかりかと思いますが、名前の由来は「おりがみ」なんです☆

ORIスツール01

ORIスツール02

何度も足を運んで下さり、ソファ、ダイニングセット、スツールとご購入頂きました。
ありがとうございます!
初めてご来店いただいてから6年程のお付き合い。
新に3rdの家具達が仲間入りできて、うれしく思います。
これからもどうぞよろしくお願い致します!
またお会いできることを楽しみにしています!
ありがとうございました!!

たまプラーザ店

2013.08.30

S邸 ダイニングセット お届け

111
緑区のS様にダイニングセットのお届けです。

4月の終わりに、
「ダイニングテーブルを探しているんです」
とご来店されたS様。

展示品を一通りみていただいて、ブリステーブルをお気に入りいただきました。
3rdでも一番人気の定番商品です!

天板の反り止めとして、幕板の代わりに“蟻形追入れ接ぎ(ありがたおいいれつぎ)”という技法を使用。
ブリス
厚さ40mmある天板の下に3/900のテーパーをかけた溝を堀り、そこに部材をはめ込んで強度な接着をしています。
そうすることで、差尺を合わせてテーブルに座った時に足元のスペースが広く取れて
ゆったりとイスに座ることができるのです!

テーブルは、どっしりと存在感のあるブリステーブルに決定しました!

次はイスを決めていきましょう!
展示品の中から気に入っていただいたのが、PePeチェア。

ゆったりと背中を支えてくれる笠木と、丸みのあるアームが可愛らしいデザインです。
持ち出しやフィンガージョイントという技法を用いて、細いフレームながらも、強度を出しています。

DSC_0879のコピー

ブリステーブルだと、アームも納まりよく入るので相性ぴったりなんです!

そして、マイチェアのお話をさせて頂きました。
イスは座る人に合わせて使うものなので、身長差や座り心地・デザインなど
使う人に合わせてイスを選んでいただきたいと思い、3rdではマイチェアをお勧めしています。

PePeチェアを気に入っていただいたS様ですが、マイチェアの考えに共感し、
「デザインが一緒でも自分のイスってわかるようなイスがいいわね!」
と奥様からご要望がでました。

そこで、座り座面の配色を4脚すべて変えることになりました。

DSC_0880のコピー
これで、自分のイスがどれだかすぐわかりますね!

フレームの樹種や色のトーンは合わせているので、
統一感が出て、スッキリおさまりました。

ダイニングセット
個性的で素敵ななダイニングセットになったのではないでしょうか?

また何かあれば、お気軽にご相談ください!

S様ありがとうございました!

たまプラーザ店 横尾

2013.08.21

K様 特注リビングテーブル脚 お届け

軽快でしょ

「ガラスの天板があるんだけどさ。脚がなくってね。なんとかならないかな?」
とK様ご夫婦でご来店いただきました。

3rdでは、家具の補修もお受けしていますが、今回のご紹介のようにお手持ちのものを生かす、
リメイク等もお受けしています!

話を伺うとお持ちのものは、ガラスのオーバル型の天板で、サイズは改めないとわからないな、との事で、
リビングテーブルとして使いたいとご希望でした。

「確かに四角の天板なら長さと幅を測れば大丈夫ですけど、変形型であれば、お伺いしてお預かりしたうえで、
形にピッタリの脚を製作しますよ!?」
と言うことで、K様のご帰宅を待って、その日のうちに天板を預かりにいきました。

脚のデザインへのリクエストは、極力シンプルである事。
それならお勧めの物がありますとお見せしたのが、組脚と呼んでいるコチラ!

久美脚

必要最小限の部材で構成したもので、3rdでは、一枚板等を乗せてリビングテーブルの脚として使っているものです。
今回は、こちらをガラスの天板のサイズに合わせて、ウォルナットで製作です!

計盛トップ

「お!シンプルで良いじゃん!」
とご主人が大変気に入ってくれた様子!

楕円ガラストップ

脚先には、シリコン製の滑り止めをつけています。これで誤って天板がずれる事はありません。

ちゃんと合せて製作

K様のお宅は、ダイニングテーブルもガラスの天板で、この天板も大変気に入っていらっしゃいました。
なんとか生かそうとしばらく考えていたそうで、
そんな時に3rdのチラシを見てのご来店だったようです。

お気に入りの天板を新たに使っていただけるようになって、とても嬉しく思います!
お力添えできてよかったっ!

僕もそうですが、思い入れがあってなかなか捨てられないものってありますよね。。。
そんなときにはぜひ3rdに相談してみて下さいね!

K様ありがとうございました~!

たまプラーザ店 靍田

2013.01.11

H邸 ダイニングセット お届け

川崎市宮前区のH様にブリスダイニングテーブルとPePeチェアをお届けしました。


「ブリス」ダイニングテーブルW1800 D850 H700
PePeダイニングチェアW536 D540 H755 SH425
PePeチェアを見に来ました!」
と3rdでも人気の高いPePeチェアをご指名のH様。
3rdのホームページでご覧になり、一目惚れしてしまったとの事!
早速、PePeチェアをお試しいただくと、
「座り心地もバッチリですね!デザインも良いし、軽い!これに合せてダイニングテーブルもお願いします!」
とダイニングセットでのご注文となりました!
ダイニングテーブルは、3rdが最もおすすめするブリステーブル!
天板の反り止めに幕板を使用しないタイプですので、肘付きのPePeチェアもしっかりと納める事ができます。こちらの写真は以前ナラ材でお届けした時の写真です。

H様のお部屋の挿し色は優しい赤い色。
収納ボックスやカウンター下の棚の色にあわせて張地をお選びいただきました!
お届けの際には、
「うんうん、いい感じだね!お気入りのものが使えるって本当に嬉しい!」
とのこと!
H様ありがとうございます。そのように言っていただけると私たちも大変嬉しいです!!
是非、みなさまもお好みの一脚を探しに来てください!

お待ちしています!!
2012.12.23

K邸 サイドテーブル お届け

横浜市戸塚区のK様へサイドテーブルをお届けしました。

特注サイドテーブル W300×D320×H650

以前にsofa waveをお届けしているK様。
ソファ横に電話を置けるようにサイドテーブルが欲しいとご相談をいただきました。

最初にご提案したのはシンプルなサイドテーブルでしたが、

「せっかくソファの横に置くし、高さとデザインを揃えてつくったらどうかな!?」

とご要望をいただきました。
なるほどっ!と、Sofa waveのアーム部分の高さと背もたれのデザインに合せてご提案すると、

「イイじゃない、イイじゃない!こっちの方が一体感がでますねっ!」

とイメージ通りのテーブルができました!樹種はもちろんソファに合せてウォールナットです。
引出しを一杯もうけているので、リビングの小物の収納となり、中棚は可動棚になっています。
今回は、下段にルーターも設置!

天板に開口を設けているので配線もバッチリ!

お届けに伺い、ソファの横に配置するとサイズ、デザイン共にまさに理想通り!

「やっぱり良いですね!楽しみにしていた甲斐ありました!気に入ってるソファがより際立つ感じ!」

と大変喜んでいただけました!

K様ありがとうございました!
これでまた居心地のいいスペースが充実しましたね!
またのお越しをお待ちしていますっ!

2012.12.15

K様 ダイニングセット・ソファ お届け

横浜市都筑区のK邸にブリステーブルとセルボアームチェア、セルボチェア、ソファbuilt(ビルト)3Pをお届けしました。

ダイニングテーブル「ブリステーブル」 W1600×D850×H690
ダイニングチェア「セルボアームチェア」 W504×D595×SH430 ※背クッション付き
ダイニングチェア「セルボチェア」 W504×D595×SH430

ソファ「built(ビルト)」 W1800×D845×H790

3rdのチラシをご覧になり、ダイニングセットの買い替えを希望されてご来店いただいたK様。最初は奥様とお嬢様のお2人でいらっしゃいました。

「木の無垢材をしっかりと使った家具が欲しいんです!」

とのご希望通り、ダイニングテーブルは、3rdのテーブルの中でも一番人気のブリステーブルをおススメさせていただきました。

ブリステーブルは、厚さ40mm程もある天板に80mm角の脚が四隅に付く、無垢材を贅沢に使用したテーブルです。

お部屋の間取りをお伺いし、大体のサイズを決めた後、もう一回り店内をご覧いただきました。
そこでもうワンアイテム、お気に入りいただいのがソファbuiltです。

こちらのソファも木の無垢材をふんだんに使った枠を持ち、木材の温もりが伝わります。
横一直線に伸びた構造材がシンプルでモダンな雰囲気!

「こんなソファも欲しいのよね~!」

とフェザーの入ったクッションの座り心地も気に入っていただけたようで、あとはご主人のご相談もあるということで、一度お帰りになり後日、ご主人と改めてご来店されました。

まずは、ダイニングセットの検討です!
テーブルのサイズについては、キッチンカウンター下にのみ込ませつつ、4人のご家族がゆったりと使えるように幅が1600mm、奥行きを850mmとしています。

ダイニングチェアーは、このブログでは初お目見えの「セルボアームチェア」と「セルボチェア」をお選びいただきました。
なんと言ってもそのフレームの形が特徴!座面の奥行きもゆったりしているので、ダイニングでも長い時間を過ごせるのもいいところ!

そして、ご主人にもソファを大変気に入っていただき、

「横幅はどうだろう。。。三人掛けのサイズで欲しいし。。。」

とお悩みの様子です。
もちろん図面上では、納まる事はわかっていたのですが、やっぱり実際にお部屋に入ったところを見て決めたいですよね!!
ということで、翌日ご主人のお帰りになる時間帯に合せてお伺いし、実際にお部屋の中にレイアウト!!するとご主人、

「おお~、バッチリですね!今使ってるソファよりもすっきりするし、生地の色も部屋と合うな!それじゃ、ソファも一緒にお願いします!」

とご注文をいただきました!ご家族みんなで試し掛け!

ビルトの横格子とセルボの背のデザインも共通していて、お部屋の一体感もバッチリ!

記念にソファに座って写真をパチリ!

実はお嬢さん、お絵かきが大好きで、3rdにご来店の際はスタッフとずっとお絵かきを楽しんでいました!またあそぼ~ね~!!

K様ありがとうございました!お近くにお越しの際は、また遊びにいらしてください!
ダイニングセットやソファのその後の様子を伺いできればと思います!
お待ちしています!

2012.12.06

O邸 ダイニングセット 照明 お届け

川崎市高津区O邸に特別仕様3rdオリジナルアファブルテーブル、ダイニングチェア2031、KuKuチェア、HUGチェアとペンダントライト、スポットライトをお届けしました。

ダイニングセットの買い替えでご来店いただいたO様。
ご主人が海外赴任が多く、世界各地で集められた家具に囲まれたお部屋に馴染み、大勢で使えるダイニングセットがご希望でした。

お部屋の床や家具が濃く着色されているものが多く、製作の樹種はウォルナットに決定。
ダイニングチェアは、ご主人、奥様がそれぞれお気に入りいただいたチェア2031の肘付きとKuKuチェアを張地の色を揃え各一脚づつ。

そして、ブログで初めてご紹介するHUGチェアを4脚ご用意しました。

HUGチェアの特徴は、まずスタッキング(積み重ね)できること。
4脚まで積み重ねることができます。

スタッキングできることで使わない時に省スペースで置いておくことができるんです。
ハーフアームの形状で座り心地も良く、アーム付きの椅子ながらサイズもコンパクトなのでサブチェアとして大活躍が期待できる椅子となっています!

テーブルは角を丸くしたデザインが特徴のアファブルテーブルです。
アファブルテーブルは幕板の入るタイプのテーブルでどうしてもこの幕板に椅子の肘があったてしまいます。

その肘を逃がし、ダイニングチェアをしっかりとテーブルの中に納められるように幕板に欠き取り加工をしています!

「雰囲気もバッチリだし、サイズも大き過ぎる事もなくちょうど良いですね!
ありがとうございます!!」

と大変お喜びいただけたところで、

「この部屋は前にリフォームをしているんだけど、シーリングライトとダイニングテーブルの位置が合わないのが気になっていて。。。どうにかならないものかしら?」

とご相談をいただきました。

もちろん電機工事で位置をずらすこともできますが、大きな工事を伴う為今回は、ライティングレールを使用して照明の位置を調整できるようにしました。
このレールは、回転し伸縮するタイプのものなので、任意の位置でライトの吊元を設定することができます!

このペンダントライトは3rdでも人気のデザイン!
東戸塚店では常時、展示もしています。

スポットライトも合せて取り付つけて落ち着いた雰囲気でお部屋全体を照らします。

3rdでは、オーダー家具以外にもグリーンや照明などインテリアのことならなんでもご相談いただけます。
今回ご紹介したようにシーリングライトからペンダントライトへ工事をせずに変更する事も可能です。
照明を工夫するだけでお部屋の雰囲気もグッと変わっていきます。
照明の取り替えなどご検討されている方がいらっしゃいましたら、3rdにご相談ください!

O様ありがとうございました!!

2012.10.30

F邸 ダイニングセット お届け

横浜市青葉区のF様に3rdオリジナルダイニングテーブル、ブリスとチェア2031をお届けしました。

以前からダイニングセットをお探しで何度もご来店されていたF様の奥様。
お部屋のイメージやすでに使われている周りの家具との相性を考えて、ウォルナット材でダイニングセットを作りたいとお話を伺っていました。
脚が四つ角について、椅子などを置くスペースにゆとりがあり、厚みがあり木の無垢材の魅力をしっかりと伝えてくれる天板をもったブリステーブルに

「やっぱり無垢材は高級感もあるし、温かい雰囲気もありますよね!」

と奥様は一目惚れ!

迷われたのは椅子でした。
奥様は何度かのご来店の中でチェア2031の座り心地をお気に入りいただいていたのですが、
ご主人が大変お忙しい方でなかなか試し掛けできず、決めかねていました。
椅子の座り心地とテーブルのとの高さの関係がダイニングでの居心地を決めます。

「ちゃんと主人にも試して貰ってから椅子を決めたいんです!」

とダイニングセットに妥協したくない奥様のお気持ちに私たちも共感!しばらく待ちする事になりました。
そしてある日曜日、ようやくご主人も一緒にご来店され早速、チェア2031を試していただくと、

「お~!これいいじゃん!背中をしっかりと支えてくれる感じだねっ!」

とようやくダイニングチェアは2031で決定!
そうでしょう!という奥様の表情がとても印象的でした~!
そして高さについては、椅子のシートハイが420mm、テーブル700mmの理想的なサイズでご用意。

このような経緯で決定したチェア2031。

今回は張地が特別仕様となっています。
3rdでは、ご紹介している椅子にはそれぞれ定番の張地をご用意していますが、リクエストがあれば特別に生地を取り寄せて張り込む事もできます!
F様ご夫妻がご希望されたのは、この2パターン。

光沢があり手触りがサラッとした質感のある生地と型押しが特徴の本革のタイプをそれぞれ2脚づつでご用意!

樹種をウォルナットで統一されているので張地が変わっていてもダイニングセットとして違和感などはまったくありませんし、両方ともF様ご夫妻にお似合いのもの!
お届けするとお部屋の雰囲気との相性もバッチリでした。

実は、テーブルのサイズも細かくご注文いただきました。

ヒアリングの中で幅1500mm×奥行き800mmのサイズでご提案させていただいたのですが、実際にそのサイズのテーブルを試していただき、もう1cm、もう1cmと細かくサイズ感を想定し、今回は幅1550mm×奥行き830mmというサイズでのお届けになっています。

「決定までに少し時間がかかったけど、お願いして良かった!ウォルナットの木目もしっかりとしていてきれいですね!」

とお喜びの奥様。ご主人も

「うん、かっこいいし落ち着きもあるね!」

とご納得の様子!F様ありがとうございました!

3rdでは、

「あるものを選ぶのではなく、一緒につくっていく」

という考えで家具をデザイン、製作していきます。
それは例えば壁面の収納や特注の家具ばかりではなく、この様なダイニングセットも同じです。
基本の形からサイズを考え、素材を選び、仕様にとことんこだわる。
そうする中でつくった家具は、家庭の中で一生付き合っていける道具となっていくのだと思います!

皆様もぜひ3rdにお立ち寄りいただきご希望やお悩みをお話し下さい!
3rdと一緒に一生ものの家具をつくっていきましょう!

お待ちしています!

2012.10.15

K邸 ダイニングセット お届け

横浜市青葉区のK邸に3rdオリジナルデザインのブリステーブルとneneチェア、ADチェアをお届けしました。


 

ご自宅をお引っ越しされて、ダイニングの雰囲気と合うダイニングセットが欲しい!とご来店されたK様ご夫妻。
お部屋の雰囲気を伺うとメープル材の床に白い壁、幅木や建具も白木が使われていて、やさしさのあるナチュラルな雰囲気の様でした。
そこで、床材と合せてメープル材でのブリステーブルをご提案。

もちろんウォルナットやチェリー材など濃い色を入れてお部屋のポイントとなるようにご提案する事もありますが、今回はご夫婦の雰囲気やお部屋の様子を伺う中で、より明るく、そして爽やかになるようなコーディネートを心掛けました。

メープル材は、その名の通りメープルシロップの採れるカエデの木。

その木肌は非常に緻密で木目も優しい雰囲気。ですが、ボーリングのレーンやビリヤードのキュー、最近では野球のバットに使われる程、非常に硬い打ち傷の付きにくい材料なのです。

ダイニングチェアも素材を合せ、メープル材でハーフアームのADチェアとフルアームのneneチェアを二脚づつご用意。

なんと言ってもポイントはパッと目を引く色鮮やかな張地ですよね!
ビビットながら、かわいらしい色ですし平織りの生地ですので雰囲気はとてもナチュラル!

このたくさんの中からのベストチョイス!K様ご夫妻のセンスが光る色合わせです!

Neneチェアは張地のタイプでお作りしましたが、ADチェアは後乗せのクッション仕様。
これなら板座の椅子としてもお楽しみ頂けますね!

実は、
「テーブル天板の厚みは出来る限り厚くして下さい!」
とオーダーされる程、木の無垢材に魅せられているK様ご夫妻。

お子様もまだ小さく、これから傷もたくさんついていくと思いますが、その傷も「味」として将来に残してくれる無垢材のダイニングセットはきっとK様のご家庭の中で素敵な道具として使われていくのだと思います!

K様ありがとうございました!

3rdでは、ダイニングテーブルを家具の王様と呼んでいます。
ダイニングは家庭の中で、家族が集い顔を合わせる家の中の中心。
将来ずっと使っているけるダイニングテーブルをお探しの方は是非、3rdまでご来店下さい!

お待ちしています!!

2012.10.12

M邸 特注チェスト お届け

横浜市青葉区のM邸に特注のランプ用チェストをお届けしました。

ご自宅や身の回りもモノに、とてもこだわりをお持ちのM様は、ダイニングでお使いのテーブルランプ専用のチェストをオーダーしたいとご来店されました。

ご要望は、

地震などでランプが倒れない構造とすること

ダイニングの動線をしっかりと確保すること

引出しが一杯ついていること

この三点。

そのご要望を叶えるべく3rdが製作した仕様はこちらになります。

 

まず、地震等の転倒防止のために、ランプ用チェストの下に既存のオープンラックまで伸びたステージを設けました。

このステージとチェストをボルトで連結することで、テーブル自体の転倒を防ぎます。


ボルトを外してしまえば、もちろん単体としての使用も可能です。



さらに、チェスト天板ではランプのスタンドの高さギリギリのところまで近づけたところにクリアアクリルを配置しランプ自体が暴れるのを防いでいます。


ちなみにクリアアクリルのスリットは、ランプのスタンドに配置されたスイッチを押すための開口と、ランプをチェストに収める際のガイドを兼ねています。

 
サイズについては、ランプシェードの大きさを意識しながら、既存のオープンラックと奥行きを揃えています。

このようにすることで、歪だったダイニングの動線をすっきりさせています。

一見すると本体は四角い箱形。

しかし、ダイニングとは逆の方に引出しが仕込まれています。


 
これは「留め」という角を直角に組み上げる際の木の小口を見せない仕口の応用です。

引手のないシンプルなデザインは培われてきた3rdの技術だからこそ。


オーダーならではの見せ場となっています。


 

天板の回り縁もしゃくり上げになっていて、幾何学の外見の中に有機的な優しさを出しています。

 

「なかなかのできだね!」


とこだわりのあるM様からお褒め頂いた時は正直、ほっとしました!

 

M様ありがとうございました。

またM様のこだわりあるご要望におつきあいできればと思いますので、よろしくお願いします!


 


皆様も「こんなの出来ないかな〜。」と考えたことがあると思います。


それを実現するのが私達、3rdのお仕事!


ぜひぜひ私達にご相談下さい!


お待ちしていますっ!

2012.10.05

A邸 ダイニングセット お届け

横浜市都筑区のA邸にBlisstable、nenechair、kakinoisuをお届けしました。

今まではリビングテーブルでお食事などを済まされていましたが、お引っ越しを機にダイニングセットの購入を検討されご来店いただいたA様ご夫婦。

3rdのダイニングテーブルには様々なタイプがあります。その中でも大変人気のあるモデルが、Blisstableです。

Blisstableは、幕板ではなく蟻型吸い付き桟という古来の伝統技法を用いて木の無垢材の反りを抑制したテーブルです。
幕板を必要としないため、肘付の椅子もしっかりと奥まで納める事が出来ますし、何より脚の取り回しがすごく楽になります。

またシンプルなデザインであるため、置くお部屋を選びませんし、その安定感のある雰囲気は木の無垢材の魅了を十分に感じさせます。

そんなBlisstableに合せてお選びいただいた椅子は、3rdオリジナルのnenchairとKakinoisuです。

ダイニングセットの場合、椅子のデザインをそろえる方が多い中、今回はそれぞれがお気に入りのマイチェアを選ばれました。
実は奥様は腰をしっかりと支えてくれる椅子を以前からお探しでしたが、なかなか見つからないとお悩みでした。
そこでお勧めしたのが、nenechairです。

椅子には大きく分けて二通りの体の支え方があります。
まずは、nenechairのように腰を支えるもの。
そして、kakinoisuのように背中を支えるもの。

腰をしっかり支えつつ、背中のS字カーブに沿うように削り出された笠木は、すべて手作業。座りやすさと職人の技術が詰まったnenechairに一目ぼれ頂きました!

そしてご主人は、背中をしっかり受け止めてくれるkakinoisuをチョイス!
それぞれお部屋の雰囲気に合せて木部をウォルナットで製作し、張地はオフホワイトのビニールレザーでお作りしました。

お届けの際、ご主人がご不在で感想をお聞き出来なかったのが残念ですが、奥様は椅子の座り心地やBlisstableの出来上がりに大変ご満足の様子でした。

「引っ越しがだいぶ落ち着いてきたので、次はソファかな!?照明やブラインドも考えたいな♪」

と、これからの先の充実したご自宅を想像されていた奥様が大変印象的でした!!

・・・実はご主人がブログの更新を大変楽しみにされいたそうで、なかなか更新できず、本当にごめんなさい!
お近くにお越しの際は、3rdにお立ち寄りいただき感想をお聞かせ下さい!
展示品も大きく変わっていますのでお楽しみいただけると思います!

それではまたのご来店、お待ちしています!!

2012.08.05

I邸 テーブル、チェア お届け

東京都世田谷区のI邸に特注Blissテーブルと1000アームチェア、チェア2031をお届けしました。

I様は以前からコーヒーテーブルをお探しで色んなお店を見て回られていたそうですが、なかなか気に入るものが見つからなかった様で、そんな中、3rdの雑誌広告をご覧になり、オーダーで作っちゃおう!とご来店いただきました。

I様の最初のイメージは、丸型のテーブルでしたがお部屋の間取りや置く場所等をお伺いすると、壁につけるレイアウトがお部屋を広く有効に使えることが判明!二人向かい合って使っても充分な大きさというご希望を踏まえ、幅750mm、奥行き650mmのサイズでお作りする事になりました。

さらにI様の当初のイメージを取り入れて天板の四つ角を丸くし、面取りも大きなRを取りました。脚も丸脚で先細りにすることで柔らかい印象を受けるデザインです!

椅子については、二脚置くなら別々のものを用意して、それぞれの座り心地を楽しんではいかがですか、とご提案させていただきました。

まずこちらがI様にご用意した1000アームチェア!

1000アームチェアはクッションの下にソファに使われるSバネを敷いているので、非常にリラックスした座り心地です。肘を掛けて、少しのんびりしながら過ごす時間にピッタリなチェアです!

そしてもう一脚がこちらのチェア2031です。

チェア2031は、3rdでも人気の定番の椅子!
シンプルながら細かい造形に見とれてちゃいます。
テーブルに向って読み書きなどに良いかもしれませんねっ!

テーブル、椅子共にI様のお部屋の家具に合せてチェリー材で製作。
椅子の張地は、平織りのベージュで合せ、優しいナチュラルなコーディネートとなっています。

設置場所は、キッチン越しの腰高壁の前。
丸型ではなく、四角の形にすることで、見た目の納まりがスッキリとしました!テーブルの形状も周りの家具との相性もピッタリです!

「これで欲しいものが全部揃いました~!出来あがりもバッチリですねっ!お願いしてよかった、ありがとうございます!」
と大変お喜びいただきました!

周りの家具もチェリー材のI様のお部屋。
チェリー材の経年変化は色が濃くなる味わい深いもの。使い込むことでますます自分の道具となっていく木の無垢材の家具達。

これから先も大変楽しみですね!

I様、ありがとうございました!
またのご来店をお待ちしています!

2012.05.08

マンションエントランス カウチ・オットマン・リビングテーブル・アームチェア・ラグ お届け

前回、東京都渋谷区上原にある新築マンションエントランスホールへのお届けを紹介しましたが、今回は恵比寿にある新築マンションへの納品をご紹介します。

こちらのマンションは、最寄駅から徒歩五分ほどの大変利便性の高い立地ながら、雑多な雰囲気はなく落ち着いた地域に建設されました。

その雰囲気に呼応するようにエントランスは、白の石材と黒のウッドパネルや建具、既に敷き込まれたカーペットとのモノトーンの組み合わせで、とてもシックな内装となっていました。

また、少し無機質な印象の中にも、鉄製の木立をイメージしたものやガラスのスクリーンの有機的な造形がより落ち着いた印象を与えてくれます。

まずは、今回のためにデザインを起こした特注リビングテーブルと特注アームチェアのご紹介です。
リビングテーブルは大きさの違いで2タイプ。

サイズは、小さいタイプで幅600mm、長さが1200mmでご家庭でも充分使用できるサイズです。
大きい方は幅1200mm、長さ1200mmとなり、見ていて安心感のある大きさです。
ウォルナットの無垢材を贅沢に使用し、3rdの基本である、シンプルかつシャープなデザインのリビングテーブルは、ブックラックをレイアウトし、金物の脚を使用する事で、木材、ガラス、金属と適材適所、素材のコントラストが最大の特徴です。

アームチェアは、スクウェアなデザインの中に、背もたれか後ろ脚の先に掛けての緩やかなアーチが独創的です。
角の多いデザインですが、座り心地にもこだわったオリジナルデザインのアームチェア。
木材での製作が多かった3rdですが、また新たな挑戦でもあります。

ラグは、前回と同様ドイツ製のものです。
色はパールがかったシルバーで、毛足が45mmと大変長くまた一本一本の太さもあり、シックでありながら存在感のあるものをセレクトしました。

ソファは、座のクッションがワンシートであることが特徴のSHAPEを特注カウチタイプ(w3260×d1050(2300)×h780 sh350)と特注サイズ(4人掛け w2920×d1050×h780 sh350)のもの、そしてこちらも特注サイズ(w1200×d1050  sh350)のオットマンとともに白のビニールレザーで仕上げました。
マットな質感と明るすぎないアイボリー調の白をセレクトする事で、自己主張をしすぎず、内装、周りの家具やラグを生かすよう心掛けました。

エントランスホールは、その建物の顔となるものです。
設計者やデザイナーの気持ちやコンセプトが溢れる場所でもあります。
そこに私たちの企画したものを納品させて頂けたことを大変嬉しく思います。
しかも今回はこのためにオリジナルでデザインしたものを納めています。
これは私たち3rdにとって、自信と勇気を与えてくれました。

いかがだったでしょうか。
前回と今回、それぞれの建物のコンセプトをうまく消化した、対照的なご紹介となったと思います。

この様な建物だけではなく、個人宅のトータルコーディネートも行っています。
皆様のリフォームやご新築、マンションの新規購入などの機会にご提案できる事も多数!
何時でもご相談お受けしますので、お気軽にショップへご来店ください!

それでは皆様のお越しをお待ちしております。

2012.04.29

K邸 ダイニングテーブル・チェアお届け

横浜市青葉区のK邸にglowテーブル・チェアS2・1000アームチェアをお届けしました。

お引っ越しを機に、ダイニングテーブルをお探しだったK様は、
「家族みんなで集まるダイニングテーブルは、いい物が欲しい!」
とたくさんのインテリアショップを回られていて、その中で、3rdにもご来店いただきました。

3rdでは、家庭の中で毎日の暮らしの時間を心地よいものにする場所として、ダイニングをとても重要視しています。

家族が集まる場所、そこから生活が始まり、帰ってくる場所がダイニングです。

そこに置かれるダイニングテーブルを私たちは、家具の王様と呼んでいます。

この様な3rdの考えにご納得いただき、シンプルなデザインに確かな素材を使用したGlowテーブルに一目ぼれ!

さて、K様のリビングダイニングは、吹き抜けになっていてとても解放感があります。

そこに木製の窓枠やカウンターと白い壁が柔らかい雰囲気で濃い色のAVボードやキャビネットが印象的なお部屋です。

製作する樹種も色々と迷われていましたが、お手持ちの家具に合わせてテーブル、椅子の木部をウォルナットでの製作に決定!

椅子の張地はラグとの質感を揃え、柔らかいベロア調の生地をセレクト!ご契約後、何回も打ち合わせをさせていただいた奥様こだわりの生地です!

濃い色をセレクトされ、お部屋のアクセントとなるコーディネートですね!

さて次はお選びいただいた椅子のご紹介です。

左の椅子がチェアS2です。
張り込みの中にダイメトロールという弾力のある特殊な生地を使い独創的な座り心地。
こちらは奥様のお気に入り!

右手の椅子が1000アームチェアで、こちらはソファに使うSバネを張座に仕込んでいます。おおらかな大きさがあり、ハーフアームもゆったりとした座り心地に一役買います。
そして、こちらはご主人のセレクト!

さて、今回の椅子の座面の高さを39cm、テーブルの高さは、67cmで設定させていただきました。

一般的なテーブルの高さは70cmですが、それよりも3cm低いそのわけは、「差尺」にあります。

この「差尺」のお話は、前回詳しくお話させていただきましたが、まずは、椅子の高さを設定し、そこからテーブルの高さを決めていきます。その高さの差を「差尺」と呼び27cmから30cmの間で使い心地によって決めていきます。

今回は、奥様のご身長に合せて椅子の高さを決め、そこから使い心地を考えながら追ったテーブルの高さが67cmとなりました。

この椅子の座面までの高さとテーブルの高さのバランスが悪いと、肩こりやふくらはぎのむくみなどの原因となります。
楽しいはずの食事がなぜか疲れる。外食などの時に経験された方もいらっしゃるかも知れませんね。
家庭の中でこの様な事が起こってしまうと、ダイニングテーブルを使わないって事になってしまいます。

ダイニングテーブルは、家族を見守る家具の王様!
家族がダイニングに集まらない、使っていてなんだか落ち着かない。
そんなことを少しでも感じたら私たちに是非一度ご相談ください!

心と体の健康は、ダイニングから!
3rdでは、サイズも形もご家族にピッタリのダイニングテーブルをお作りおします!
K様ありがとうございました!

またのご来店をお待ちしております!

2012.04.27

K邸 トラディションテーブル、チェアお届け

横浜市戸塚区のK様邸へさくらトラディションテーブルとADチェア・ハイバックチェアをお届けしました。

K様の初来店は一年ほど前。その時にはお子様がお腹の中にいらして、生まれてからまた来たいと一度お帰りになりました。 その後お子様も無事生まれ(おめでとうございます!)再度ご来店いただきました。 K様がお探しだったのは桜で出来たダイニングセット。というのもK様のお子様のお名前が桜ちゃんだったのです。『同じ名前でテーブルセットを作りたいんです♪』とご相談を頂きました。

ご希望を伺いながら店内の商品をご紹介すると、お気に入りいただいた椅子がADチェアとハイバックチェア。以前にご来店頂いた際にも気になっていて、再度座って頂くと『やっぱりイイね~♪』と笑顔で決定!

続いてテーブルのご希望が下の三つ。 ・耳付きのトラディションテーブル ・W2000のサイズ ・桜材 そこでご提案したのがカバザクラのトラディションテーブルでした。 こちらはW2100のご希望に近い大物。ですが残念ながら東戸塚店に展示がなかったので『サイズやお部屋に置いた時の雰囲気を確認できるので、もしよかったら一度お持ちして仮置きしてみましょうか?』とご提案すると『良いんですか!?そんなことが出来るならお願いしたい!』とK様ノリノリで後日仮置きにお伺いしました。

実際に設置させていただくと、『家に入ると想像してたサイズ感のイメージが変わりますね!存在感ありますね!』と仮置きしたことで本当に納得して頂けたことが印象的でした。 サクラの色味も大変気に入っていただけてこちらのトラディションテーブルに決定です! 上の写真は仮置き時の写真です。

こちらのカバザクラトラディション、写真では分かりづらいのですが二枚剥ぎになっています。 実際に見ても『本当に?』と言われるぐらい木目がキレイに合っていて、見事な職人技が楽しめるテーブルになっています。

また、この樹は白太が多い種の一つです。フローリングに使われることも多く、白太と赤味のコントラストがキレイな表情になります。 ですが裏を返すと白太が多く、赤身がバッチリと残ることが少ない樹でもあります。 今回のテーブルのようにキレイに赤身の残っている表情にはなかなか会えないものです。 このような樹との出会いはタイミングしかありません。K様とこのカバザクラは見えない赤い糸で結ばれていたということですね♪

ちなみに樺桜の花はこんな感じ。白くキレイな花です♪

仮置きの際はT字脚といって板と脚を固定せずに使える物だったのですが、4本脚のデザインに魅力があり、固定脚に加工させていただくことになりました。

お届けに伺い設置していると、お子様が作業している風景に興味津々♪『これはなに?なにしてるの?』と色々聞いてくれて、おじさん達もなんだか楽しそうな届けとなしました(笑) 一度仮置きで見ているものの実際に設置が完了すると、『いやぁやっぱりイイね!』と嬉しそうな笑顔をいただけました。 K様ありがとうございました! お子様の成長と共に家具の成長も楽しんで下さい。

2012.04.17

K邸 チェア・テーブルのお届け

横浜市青葉区のK様邸にADテーブル、chair205、chair1000アームをお届けしました。

K様は、ご自宅を新築中にご来店いただきました。
はじめはソファをお探しで、展示しているソファを大変お気に入りいただけたのですが、
「引っ越してみないとわからない部分もあるから・・・。」
との事でした。

しかし、お話を伺っていくと、既にお持ちのダイニングテーブルに合せたダイニングチェアもお探しのとの事。
3rdでは、バリエーション豊かにダイニングチェアをご紹介しています。
張ぐるみのものから板座、アームのあるものやアーム無しのもの、協力工房が製作するものや著名なデザイナーによるもの等本当に様々!それぞれが素敵な個性を持っています!
そんな中、今回、K様にお選びいただいたのがchair205、chair1000アームです。

先ずはchair205です。

シャープな形が印象的な椅子で、軽快な見た目通りすごく軽いんです!
K様も
「ほんとに軽いですね~!お掃除のときとか動かすのに楽そうですよね!。」
とお気に入りいただけました。
シンプルですが、座や背は体に合う様に曲げてあるので、座り心地も快適なんです。

次にchair1000アームのご紹介です。

こちらは、ご主人用にとお選びいただきました。
特徴として、座面には、ソファ等で使われるSバネが入っていて、やわらかい座り心地です。適度なハーフアームは、ちょうどいい手掛けとなって、立ち上がりもサポートしますし、アームが椅子の前脚まで伸びていないので、座った時の足の取り回しも楽にできます。

それぞれの仕様は、お手持ちのダイニングテーブルとご新居の床材がウォルナットだったので脚部はウォルナットで製作し、張地はお部屋に溶け込むようにと、壁の色と合せてホワイトをご提案させていただきました。

さて、今回はご家族の中で奥様のご身長に合せて椅子の高さを設定させていただいたのですが、今度はお手持ちのダイニングテーブルの高さが高い!

椅子の座面の高さとテーブルの天板の高さには、「差尺」と言って理想的な高さの関係があります。
奥様に合せた椅子の高さでは、テーブルの高さが理想の高さより1cmほど高いことがわかりました。
この1cmという高さの違いで、本当に使い心地が違ってくるんです!
幸い、脚が組み立て式の脚でしたので、脚だけお預かりして、椅子の高さに合せてカットしてお届けしました。

ダイニングセットのサイズ決めは先ず椅子の高さから。
その高さに合せて、テーブルの高さを決めることで、抜群の使用感を持ったダイニングセットになるんです!
(高さ合せの様子は、また詳しくご紹介します!)

ところで、木製品が映えるインテリアを考えるとき、皆様はポイントをどの様にお考えになりますか?

私たちがコーディネートを考えるとき、もちろんお客様のお好みが一番ですが、基本として樹種や色を揃えまとまりのある部屋を演出し、壁やカーテンなど広い面積の部分は白や薄いベージュなど色味を抑えたものにすることで、家具やグリーン等がアクセントとして映るようにコーディネートしていきます。

今回は、まさにお手本のようなコーディネートとなりました。

・・・しかしお届けしたのが、お引っ越しの最中。ダイニングセットを配置した写真を撮ることができませんでした。。。
脚の長さを調節したダイニングテーブルも後日の組み立てとなり、写真がありません。。。

しかし!きっと素敵なインテリアになったはず!
全ての家具が収まった様子を拝見できなかったのが非常に残念です。。。

後日、玄関先に置くコンソールテーブルとして、ADテーブルも合せてご購入して頂きました。
こちらもウォルナットの無垢材で製作されていて、K様のご新居の雰囲気にピッタリだと思います。

K様ありがとうございました!!
機会がございましたら、お使いの様子を拝見させて下さい!

さて、3rdでは家具をお選びの際、インテリアのコーディネートもアドバイスをさせていただきます。理想のお部屋の様子を想像しながら、スタッフとの打ち合わせをお楽しみください!
それでは、ご来店お待ちしております!

2012.04.01

N邸 ダイニングテーブル、椅子補修お届け

横浜市港南区N様邸の、ダイニングテーブル、椅子の補修をさせていただきました。
お電話で『テーブルの補修って出来る?』とお問い合わせをいただいたN様。

実際に見て欲しいとご依頼をいただいたので、早速ご自宅へお伺いする事に。
そこには2mを超える大きなダイニングテーブルがありました。
天板にはたばこで焦がしてしまったという場所や、塗装が取れてしまっている場所など様々な様相になっておりました。
実はこのテーブルはご主人のお父様がご購入された物。
立派なテーブルで愛着もあり、これからも長く使っていきたいとのことでご依頼をいただきました。

補修は決して容易に出来る物ではありません。ですが、愛着がある家具は捨てがたいものです。私たちも長く使ってもらう家具を作っているので、そのような家具はこちらとしても頑張って補修の対応をさせていただくことがあります。

今回は着色され厚めの塗装がほどこしてあるテーブルだったので、まずは今ある塗装を全て剥がし、キズの深さに合せて削り直し、再塗装をしました。
元々の色を参考にしながら改めて染色・塗装をすると、買ったばかりの状態に戻ったような美しい仕上がりに!
これは努力した甲斐がありました♪
 
お届けに伺うと『ずっと気になってたんだよ!やって良かった!』と、N様も大満足!
『こんなにキレイにやってもらえるなら椅子も張替えたい!』と改めて椅子補修もご依頼を頂きました。
 
お使いの革張りの椅子は割れや脱色があり、こちらも年季のはいった立派な椅子。
 
今までは明るいブラウンの生地張りだったのですが、もう少し落ち着いた色にしたいとのご要望もあり、濃いめのブラウンをご提案。
 
背面もキレイに張替えました。

出来あがりは椅子も新品に生まれ変わったような仕上がりで、『イイじゃん!イイじゃん!色もイメージ通りだよ!』と喜んでいただけました。

N様ありがとうございました!
生まれ変わった家具とこれからも長く長く大事にお付き合い下さい。
今度はお店にも遊びに来て下さいね♪

2012.03.01

S邸 トラディションテーブル&M・テレビボードお届け

今回のブログですが、実は昨年暮れのお届け事例で少し遅い更新となります。
S様、大変お待たせしました!

さて今回のお届けしたトラディションテーブルですが樹種はモンキーポット、サイズが1700mm×960mm、厚みは70mmと本当に立派な一枚板でした。

馴れ初めは、お引っ越しを機にダイニングテーブルをお探しのS様が、昨年の12月初旬に3rdが掲載された雑誌<Discover Japan Design>をご覧になり、たまプラーザ店へお越し頂いたところから始まります。

マンション購入後の内覧会を終えて、幾つかのインテリアショップを回っていましたが、まだまだボンヤリとしたご自身の持つイメージに近い商品を模索検討中だったS様。
3rdにご来店されて、真っ直ぐ引き寄せられるように一枚板のコーナーに!!
お声を掛けさせていただくまでの時間、ジーっと板を見つめていらっしゃいました。

しばらくして如何ですか!?とお声掛けすると、
「これ、イメージにすごく近いのですが、今度の部屋には大きいかも知れない・・・。」
と板の前で一言。

当然、一枚の無垢板なので多少の長さであれば調整可能ですが、一枚板は樹齢を重ねて幅方向を作ります。そして切り出した後の乾燥にかける時間が本当に長い!
そして、単純に大きな木から良い板が取れるという訳でもないのです。

伐採後、乾燥工程を経ていない木材は<生材>と呼ばれていて、その含水率は樹種にもよりますが、広葉樹で70%前後という状態。
十分に乾燥されていない木材は重くて腐りやすく、収縮・変形して強度もありません。材料として適した含水率に調整するためにたっぷりと時間を掛けて乾燥させるんです。
そのあと職人が削りだし製材して行きます。
下の写真は、含水率を計測しているところです。

木材は乾燥中に<反り・捻じれ・割れ>を起こし、とくに水分を多く含んだ木表(樹皮側)の方向に反り上がります。
その反り上がった木表の底辺と木裏(中心側)の両端に合せて厚みを決めるので、中々大きい厚みに仕上がった材が取れないし、割れてしまうために長さも取れません。

「今ご覧になっている板は、その過酷な工程に耐えて勝ち残ってきた希少な板なのです。本当は、今製作し得る最大限を使っていただければ・・・。」
と、力説するスタッフに「そうですよね!一度帰ってよく確認してきます。」とその日はお帰りになりました。

その後、数日たった夕方にS様からお電話を頂きました。

「先日見た一枚板はまだありますか!?」
色々悩んだ結果、どうしてもあの板が気になって仕方がないので部屋のレイアウトを相談したい。可能であれば、先日見た大きさをそのまま使いたいとの事でした。

翌日、再度ご来店いただき、リビング・ダイニングのプランについてお話をさせていただきました。すると一枚板の大きさはまったく問題ありません!

今は座卓として使用し、将来はダイニングテーブルとしても使いたいとのご要望でした。
それであればウォルナットのT字脚を組み合わせて使用されては!?素材こそは違いますが、雰囲気は合うと思います。と紹介させていただくと「これは良いですね!」とすぐにOK!こちらでお届けすることになりました。

そして、もう一点
座卓の前に置くAVボードもお探しだったS様は、新作として展示してあったTVボードを見ながら「そこにあるTVボードは、この部屋に入りますか?セットで欲しいんです。」とウォルナット材でサイズ1600mm×450mm×330mmのM・TVボードもご注文頂きました。

座卓を置く空間での使用に合せたTVボードなので、高さの無いテレビ台をお探しだったS様のご要望にピッタリです!
翌週の引っ越しに間に合うようにと展示品でのご購入となりました。

配送時、当初のレイアウトを何通りか実演しながらのお話で盛り上がってしまい、ついつい長居をしてしまいました。
S様ありがとうございました。
木材の経年変化とライフスタイルの変化を楽しみながらご新居での生活を存分に楽しんでください!

2012.02.12

F邸 ダイニングテーブル、ベンチ、チェアお届け

茅ヶ崎市F様邸へbliss table、ベンチ、kuku chairをお届けしました。ご自宅のリフォームに合せてテーブルセットをお探しだったF様。
ご家族で色々とお店を回られているなかで、3rdにもお立ち寄りいただきました。
こんな感じのものがいいというイメージをお持ちで、「楕円形状もいいかな。」とおっしゃられていたのですが、面積的に多く取れる四角いbliss tableの角を丸くして製作した実例をご覧いただくと、「これくらいの丸みでもでもいい」と、お気に入りいただき、見た目の可愛さや座り心地にもご満足いただいたkuku chairが3脚横に並べられるように脚の間の距離を考え、W1800のサイズでお作りすることになりました。
やっぱりメープル材は白肌がキレイです。テーブルは定番のbliss tableの角丸タイプで製作。
通常の角丸仕様よりも、より四角に近いものをご希望だったので、角のR寸法を少なくして製作。それによって脚と脚の間の距離も少し広がりました。
小さなお子様がいらしたので、角を気にされて少し丸みが欲しいということだったのですが、そのポイントは十分クリアー。四角いイメージを崩さず、程良い柔らかさです。一緒にお届けしたベンチは、あまり角を丸めない方がいいということで、テーブルの脚の角を丸めたのと同じようなイメージで面を取り、テーブルの脚とのクリアランスも最小限使いにくくないサイズで製作。
もちろんぴったりです。kuku chairの可愛らしい形とメープルの滑らかな木肌、そこにグリーンの張地の組み合わせがとってもキレイで、無垢材だからこそ醸し出される存在感に、大人の可愛らしさみたいなものを感じました。
ベンチにも同じグリーンのマットをご用意されていて、とっても素敵でした。後日、改めてお喜びいただいている旨のメールをいただき、「実際にお伺いしたかったなぁ・・・。」と、お届けに伺えなかったことを後悔するくらい嬉しかったです。
F様ありがとうございました。また是非何かありましたらご来店下さい。心より待ちしております。

2012.02.05

H邸 ダイニングテーブル、チェアお届け

川崎市宮前区のH様邸へダイニングテーブルとチェアをお届けしました。

お引越しの為に新しいダイニングテーブルをお探しでご来店いただいたH様。
3rdのテーブルは木の質感を残す為のこだわりや裏面もしっかりと仕上げている事などご説明させていただくと『テーブルってどこ行っても形が同じだからなにが良いのか分からなかった』とH様のお悩みが少し解決出来た所でご相談いただいたのが『テーブルに棚板付けられる?』ということでした。

お話しを伺うと『ティシューとか細々した物をテーブルの上に置きたくないから、天板の下に棚板があればスッキリすると思うんだけど、なかなかイメージピッタリの物がないんだよね・・・』ということで『H様の理想を教えて下さい!』とご指定いただいたサイズがW1500mm×D850mm。
棚板はティッシュや新聞・雑誌を置く為ゆとりのあるサイズでご提案。
『これが出来るなら良いな~♪主人と相談してきます!』と検討される為に一度お帰りに。

後日、『やっぱり棚板付きが諦めきれないのでお願いします!』とご主人と一緒にご来店いただき、最終段階の樹種選びとなりました。
ウォールナットかチェリーで悩まれていたのですが、艶っぽい肌触りと赤味が増す経年変化をお気に入りいただきアメリカンブラックチェリーに決定!

『椅子も合わせて欲しいんです』とH様。
ご主人はアーム付きが好みで、奥様は立ち座りの回数も多いのでとアームレスが良いとの事。
また、使うほどに味が出る板座にしたいとのご要望もあり、それではと椅子の講釈の始まりです。

3rdには3種類板座の椅子があります。
広い座面のnene chair
幅・奥行きが少し小さめのAD chair  
そして体圧分布を形にした2031 chair
H様の条件を満たす椅子がコレ、2031アームが2脚とアームレスが2脚で決定です。

お届けの際は奥様が大変興味を持って組み立てを見られていて、奥様だけで組み立て直せるぐらい理解してくれました♪
構造に興味を持っていただくとついつい話し込んでしまうので、ご飯時に危うく長居してしまうところでした(笑)

今回のお届けにはチョットしたアクシデントが・・・。
お届けを間近に控えH様へ『仕上がりの目処がたちました!』と連絡をした後に工房から連絡が。
H様の配送日を変更できないかと工場長からお店に電話がありました。
何事かと思い聞いてみると乾燥続きのせいか仕上げの工程前には見当たらなかったクラックを発見!板剥も終わっているので急遽作り直したいとの事。
これは一大事とH様にも事情をご説明して板選びからやり直し(泣)
結果H様には納期遅れでご迷惑をおかけしてしまいましたが快くご理解いただきまして本当にありがとうございました。

欲しかった形状、大きさでお作りした棚板付きテーブル、載せたい物を思う存分載せて楽しんでください♪

2012.02.02

N邸 ソファ、ダイニングテーブル、チェアお届け

横浜市青葉区のN様邸へソファとダイニングテーブル・椅子をお届けしました。

お引越しに合わせてリビングダイニングの家具をお探しでご来店いただいたN様。
最初は奥様がご来店いただき、ソファから始まりダイニングテーブルや椅子などご紹介させていただくと、『気に入りました!自宅に近い家具屋さんを探していたの♪また主人と来ますね。』と笑顔でその日はお帰りになり、後日改めてご主人様とご来店下さいました。

初めていらっしゃったご主人様にもダイニングテーブルやチェアはもちろんソファの中身や構造までご説明させて頂くと、『中身をこんなに説明されることってないよね。』とご納得いただき、リビングダイニングをトータルでコーディネートさせていただく事になりました。

まずはダイニングスペースですが、展示のテーブルを一通りご紹介すると、耳付き3枚剥ぎのトラディションテーブルに『カッコイイ!』と一目惚れ。

また、椅子はお気に入り頂いたのがchair2031とnene chair。
『どっちも良いんだよな~』と悩んでいらっしゃったのですが、『2脚ずつレイアウトすれば綺麗なダイニングセットになりますよ』と実際に組み合わせてみると、『そうだね!どっちも気に入ってるしそうしよう!』とchair 2031とnene chairを2脚ずつお作りする事になりました。
ダイニングセットだけでも椅子のレイアウトを変えて楽しむ事が出来ますね♪

樹の表情が残る耳付きテーブルにする事で、落ち着いた中にも迫力のあるダイニングとなり、存在感あふれるスペースになりました!

そしてリビングに置くソファは木枠が好みという事で3rdの2つのタイプで迷われていたのですが、アームが太くゆったりしているデザインをお気に入りいただき、『イイね♪座り心地もデザインも気に入りました!』とsofa innocenceに決定!

『リフォーム完成までまだ日があるから生地はゆっくり決めます』ということで、その後何度かご来店いただきじっくりと生地選びとなりました。
『N様の生地どれが良いかな~♪』とイメージに合うご提案をする為にスタッフの間でもミーティングを何度か繰り返しOKを頂いたのがシルバーグレーの生地!
ウォールナットとの良い組み合わせもバッチリ!納得のリビングダイニングスペースとなりました。 
 
お届け当日は奥様の体調が優れず、ご主人の立ち会いのもと設置させていただいたのですが、ついにお部屋が完成した事にもご満足いただき大変お喜びいただきました。

その後も『3rdの家具を知り尽くした!』と思えるくらいに何度もご来店いただき、木の小物を見に来て下さったり、こんなのが欲しいとご相談下さったりとお会いできる機会が多いのも嬉しいかぎりです。
N様ありがとうございました!
またいつでも遊びに来て下さい!心よりお待ちしております♪

2012.01.23

T邸 ダイニングテーブル、チェアお届け

横浜市旭区T様邸へbliss table、pepe chairをお届けしました。お引越しを機にテーブルセットをお探しでご来店下さったT様。
お店にあるbliss tableの無垢材の質感や、シンプルな形状をお気に入りいただき、即決定!チェアもご夫婦ともにお気に入りいただいたpepe chairという組み合わせでお届けすることになりました。テーブルは3rdでも定番のbliss table。
40㎜ある天板の厚みも、80㎜ある脚の太さも、無垢材を感じるには十分なボリューム感で、お部屋にちょうど良い存在感を与えてくれます。
合わせたpepe chairはアームタイプなのですが、こちらも問題なく納まる、障害物の無いスッキリ感が嬉しいですね。また、このpepe chairは、見た目の可愛さに反して、結構ゆったりとしているので、男性の方でも十分なサイズがあります。
細身で軽いので、男性だけでなくお掃除をする女性にも優しいのですが、ただ華奢と言う細さではなく、接合部分に工夫をすることで強度的にも問題なく、丈夫に使っていただけます。

セットとしてもウォールナットで揃えて、全体的に落ち着いた雰囲気になりました。今回はお引越しに合せてのお届けだったのですが、椅子が間に合わず、テーブルの方だけ先にお届けして代わりの椅子をお持ちしていたのですが、お引越し後すぐだったこともあり、「まだ片付いてなくてまだテーブルが使えないんです・・・。」とおっしゃっていたT様。
後からお届けした椅子も揃って、やっとこれから本格的にお使いいただけるようになるのではないかと思います。そして、お届けの際にお見えになったお母様にもお喜びいただけて良かったです。
T様ありがとうございました!またのお越しを心よりお待ちしております。

2012.01.13

M邸 ダイニングテーブル、チェアお届け

横浜市旭区M様邸へbliss table、pepe chairをお届けしました。テーブルと椅子をお探しでお立ち寄り下さったM様。
最初にご来店下さったのはご主人様で、お店の家具やどのように作っているのかなど、色々とお話させていただきました。
「また今度家族と来ます。」とおっしゃられてから程なくして改めてご来店下さり、ご主人様のお気に入りだったpepe chairとbliss tableをお届けすることになりました。すでに奥様とお子様用にウォールナットでお気に入りの椅子を持ってみえたので、今回はご主人様用の椅子としてアームが有りゆったりと掛けられるpepe chairをブルーの生地で製作しました。
他の椅子がオフホワイトの張地なので、ちょっとしたアクセントになっていいですね。そしてもちろん、この幕板の無いbliss tableは、天板の下に反り止め用の桟という障害物しかないので、アームチェアでも問題なく納まります。
腿上を気にせず脚を組める自由さも嬉しいです。お手持ちのデザインが違う椅子を合わせても、同じ樹種なので雰囲気は壊さすことなく、急がず気に入ったものを揃えたいとおっしゃっていたご主人様と奥様の、コラボダイニングセットが出来ました。

お届けの際、うちの工房からもとってもお近くにお住まいでビックリしましたが、何かありましたらすぐに駆けつけられる距離ですので、お気軽にお問い合わせ下さい♪
M様ありがとうございました。

2012.01.10

M邸ダイニングローテーブルお届け

東京都国立市のM様邸へダイニングローテーブルをお届けしました。

前からお使いだったテーブルから買い替えをしたいとご来店頂いたM様。
『今のテーブルが古くなってきちゃって、ずっと探してるんだけど気に入った物が見つからなくて』と言う事でお話しを伺うと、≪サイズをW1400mm×D750mmにしたい≫それと≪出来るだけ軽くしたい≫というご希望でした。

サイズについてはオーダーメードの強み!!お客様のご希望通りで製作できます。
次のご希望≪軽くしたい≫に関しては、天板厚を調整することで、無垢材の重みを軽減。
脚の形状も細くして外側にハの字に広げ、天板下に幕板を回し脚を固定することで、見た目にもしっかりと安定感のあるテーブルが出来上がりました。
 
また、デザインも≪角に丸みが欲しいけど丸すぎるのもイヤ≫というご希望があり、店内の商品をご紹介していると、目に止まったのがコチラ!
3rdの職人・丸山が【将来、自分の子どもに使わせたい】とデザインして作ったKids用のテーブルとイス。
『この丸みが丁度いい!』とまさにM様の理想のデザインが見つかりました♪

樹種は明るいフローリングとも合うウォールナットをお気に入りいただき決定。
ウォールナットの経年変化は特別で、切りたてが一番濃くだんだんとまろやかな茶色に変わってくれます。
無垢材ならではの味が日を追うごとに体感していただけます♪

お届けの際はテーブルを見ていただくなり『コレいい!頼んで良かった!ずっと悩んだ甲斐がありました!』と大変喜んで頂きました。
今まで以上に長く使って頂き、テーブルにM様の歴史を刻んでいって頂ければとお思います。
M様ありがとうございました!

2012.01.06

Y邸ダイニングテーブル、ベンチお届け

川崎市宮前区のY邸へダイニングテーブルとベンチをお届けしました。

引き出し付きダイニングテーブルとベンチをお探しでご来店いただいたY様。
お話しを伺うと、『いろいろと探したんだけどイメージばっちりなものがなくて』と希望に合う大きさ+引き出しというダイニングテーブルがなかなか見つからなかったとの事。

更に『せっかく買うんだから一生物にしたい!』というご希望もあった為、『オーダーメードで無垢材のY邸だけのテーブルとベンチを作っちゃいましょう!』とおススメすると、条件をいくつか頂きました。
① お子様の勉強道具などを入れるための引出が欲しい
② 4人家族なのでW1400以上の大きさをキープ
③ スッキリとしたデザイン
ということだったので、具体的なお話しに。

①の引き出しは幕板の高さと合わせて長手に1杯ずつ付けることにしました。
また、取手については、いくつか金物のサンプルをお見せしたのですが、なかなかお気に入りが見つからず、木製のオリジナルを製作する事に。

デザインは『お任せします!』とご依頼いただき、何通りか作ってお見せしたところ、この四角いデザインの取手をお気に入りいただき決定!

テーブルのデザインは脚をうちこぎの角絞りにして、シャープな印象になりました。
絵にしてみると、『欲しかったテーブルはこれです!』と、笑ってOK頂いたのが印象的でした。

樹種は悩む事無くチェリー材をお選びいただいたので、出来立てはピンクのきれいな色で仕上がりました。
だんだんと赤みを増して出来あがるテーブルを楽しんでいただけたらと思います。

椅子については現在お子様用の物を2脚お使いだった事、近い将来お友達を連れて来ても座れるようにベンチもご提案しました。
テーブルと同じデザインでお作りすることになり、合わせて作った事でスッキリとまとまりのある、ステキなダイニングテーブル&ベンチが完成です。

お届けの際は、お子様が『やったやった!』とベンチに飛び乗るほど喜んでくれて、奥様ももちろん喜んでいただいたのですが、≪主人が一番楽しみにしていて、朝出社する時に『今日帰ってきたらテーブル来てるんだよね♪』とワクワクしていていましたよ≫とお伺いしました。
ご主人様、テーブル&ベンチはいかがでしたでしょうか!?
お子様たちの成長と共に出来あがる“味(キズや経年変化)”を楽しみながら、いつまでも近くに置いて使って下さい。
Y様ありがとうございました!

2011.12.10

U邸 ダイニングテーブル、チェアお届け

横浜泉区U様邸へbliss table、AD chairをお届けしました。テーブルセットの買い替えをお考えでご来店下さったU様。
Bliss tableの無垢材の質感やボリューム感、こだわりの作りなどをお気に入りいただき、いくつか椅子もご案内させていただいたのですが、最後にご案内させていただいた、お店の2階に展示していたAD chairの座り心地をお気に入りいただき、お作りすることになりました。テーブルは、3rd定番のbliss table。天板と脚という本当にスッキリとしたテーブルなのですが、ちゃーんと無垢材の切っても切り離せない特徴でもある、「反り」を抑制する為の桟が天板の下側に入っているので安心です。
幕板(天板の下、脚と脚の間の四方に入っている7cmくらいの板)が無くても、天板の厚みがしっかり4cmあるので、物足りなさも感じません。椅子は、AD chairを2脚セットにしているのですが、実はこの椅子、幕板の無いbliss tableでもアーム部分はテーブルの下に納まりません。でも、アームが前脚まで無い半アームタイプなので、椅子の半分まではしっかり納まりますし、何より、納まった時の椅子とテーブルのバランスがキレイです。
こだわりの高さのアーム部分を生かす為の半アームは、腰当たりや肘の置き位置の高さが絶妙で、木の座面でもお尻の形に削られているので、「痛い」という感じはなく、ダイニングで長く過ごせるような場所になるはずです。また、長く使う為にはサイズも大切で、テーブルの高さもそうなのですが、実際に自分の体をあずけるのは椅子の方。自分の身体に合った椅子の高さを細かく確認して、ご夫婦それぞれがちょうど良いサイズになるよう製作しました。
まさに、オーダーならではの細かい調整により、お2人の為のダイニングセットになりました。ご来店の際には、迷って1度はお帰りになられたのですが、お届けの時にはご夫婦でとっても心待ちにして下さっていたU様、ありがとうございました!
これからの毎日の食卓が今まで以上に楽しいものになりますように・・・♪

2011.12.08

M邸 ダイニングテーブルお届け

横浜市栄区M様邸へbliss tableをお届けしました。お引越しを機に、今まで使っていたものを少しづつ変えていこうと、ダイニングテーブルをお探しでご来店下さったM様。

ご自宅のダイニングの照明を、「ダイニングテーブルを新しくした時には、このサイズにしたらちょうどいいところにスポットが当たるように。」と、設計されていた為、サイズも長手を1600㎜でというのは決まっていて、ご希望のサイズに合うようお作りすることになりました。

今回はナラ材です。(ナラはどんぐりの木です♪)
木目の雰囲気がとってもキレイですねー。このテーブル、仕上はオイル塗装なので、時々メンテナンスとしてオイルを塗っていただくので、ちょっと手が掛かるかもしれませんが、手をかけてあげればあげるほど、輝きや風合いも増しますし、それ以上に愛着のあるテーブルになってくれると思うので、私までこの先の成長にワクワクしてしまいます♪形状を、角を丸くしようか・・・、脚にも少し丸みを持たせようか・・・と、迷っていらしたのですが、最終的にはシンプルな四角タイプで制作しました。
脚元も幕板という腿上の障害物が無くとてもスッキリしているので、アームチェアでも、どんな椅子でも合わせやすいです。
今後買い替えをご検討されている椅子の方も、選ぶのが楽しくなりますね♪M様ありがとうございました!
また何かございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせ下さい。

2011.12.01

I邸 ダイニングテーブル、チェアお届け

川崎市中原区I様邸へbliss table、chair2031、ベンチをお届けしました。以前に東戸塚にご来店いただき、その後お引越しを機にダイニングセットをお探しで、たまプラーザ店にご来店いただいたI様。
お店にあるbliss tableとchair2031をお気に入りいただき、お子様と一緒に座れるベンチと組み合わせてお作りすることになりました。

どんなお部屋にもすんなり溶け込むbliss tableは、40㎜の厚みのある天板と80㎜の太さの脚が絶妙なバランスで、シンプルだからこそ違和感ではない、素材の持つ存在感のあるテーブル。それに合せたchair 2031は、背中の格子が美しく、張座のアームレスタイプと、板座のアームタイプを1脚づつ合せました。
上からの見た目には同じ椅子ですが、さりげなくタイプが違うところがI様の個性となっているのですが、アームタイプの椅子がスッキリ納まっているからこその景色もポイントだったりします。

ベンチはなんとなくお持ちだったI様のイメージにより近付けるように何度も打ち合わせを重ねて出来たのがこれ。ベンチはお部屋や家族構成などで向き不向きもありますが、小さなお子様がいらっしゃる方などは、ぴったりと真横でより添えたり、2.5人~3人掛けとして使えるので、こんな組み合わせ方もいいですね。4本脚のタイプではなく、箱型にすることで座るだけじゃなく本等もしまえるようになっており、強度を保ちながら抜け感もあるので、箱なのに重い印象にならず機能的なベンチに、I様もお喜びいただきました。タイミング的に、ベンチだけ少し遅れてお届けに伺うことになったのですが、今か今かと待ちわびて下さっていて、すべてが揃った時にはご家族で笑顔の記念撮影をさせていただきました。

I様ありがとうございました!
新しい生活、お子様の成長とともにこのダイニングも育てていって下さい♪

2011.11.17

I邸リビングテーブルお届け

世田谷区I様邸へリビングテーブルをお届けしました。

ガラス天板のリビングテーブルをお探しでご来店頂いたI様。
I様の中には既にイメージがあり、そのイメージに合わせて3rdでデザインを起こし、お作りさせていただくこととなりました。

当初I様はどこかで見たという、金属脚に天板がガラスのテーブルを、木の脚で作ることは出来ないかというご相談を頂きました。
木と金属では素材が違う為、構造やデザインをまったく一緒にすることは難しい事をお伝えしたのですが、ここは3rdの腕の見せ所と、たまプラ店デザイン担当者が出来るだけイメージに近づけたデザインを作成!
早速I様にご確認頂いたところ、形状のデザインはイメージに近い物だったのですが、オリジナル感も欲しいというご希望をお聞きし、再度デザインをお作りする事に。

ここで登場は工場長です!
木ならではの表情を活かせないかと工場長を含めて試行錯誤の末できたデザインがこちら!
最初のデザインは直線的なラインを特徴としてお作りしていますが、金属ではなく木でお作りするので、木の加工性の良さを生かした曲線をモチーフにデザインをしております。
I様もこのデザインをお気に入り頂き製作が始まりました。

樹種はフローリングの色とも合うアメリカンブラックチェリーでお作りする事になり、だんだんと赤味が強く濃い色へと変化してくれる経年変化をガラス越しに見る事ができますね。

細身の脚とガラスの天板で圧迫感のないスッキリとしたデザインとなり、リビングにこれ以上ないぐらい馴染んでくれています♪
黒革のソファとガラス天板とチェリーの組み合わせが高級感漂う雰囲気を醸し出しています。

後日お届けに伺うと、オーダーメードという事もあり、どんな感じで出来あがってくるのかと不安を抱いていたI様も、お届けの際は「想像以上にカッコイイです!」と大変喜んで頂き、苦労して作った甲斐があったと3rdスタッフもうれしさ満点でした♪

I様ありがとうございました!
ご家族みなさんでこのリビングテーブルを囲んで、くつろいで頂ければと思います♪

2011.11.08

I邸 ダイニングテーブル、チェアお届け

横浜市戸塚区I様邸へbliss table、chair2031をお届けしました。

以前に東戸塚店でソファをご購入いただいているI様は、オープン当初からのお客様で、とっても思い出深い方のお一人。というのも実は、ソファをお届けした日がちょうど奥様のご出産の日で、お届けに伺う前に「産まれました!」とのご連絡をいただいて、お届けをしたという、なんともすごいタイミングでのエピソードをお持ちの方。
その後もソファのカバーをご注文いただいたりと、ご自宅にお伺いすることもあったのですが、その時からずっとおっしゃっていたダイニングテーブルを、晴れてご依頼いただくことになりました。

今回のテーブルはbliss tableをご依頼頂き、サイズはかねてからのご希望だったW1650mmでお作りしています。
大人4人が座っても広々と使えるサイズですので、お子様の成長や来客にも十分対応できます。

また、bliss tableは色々な意味でも広々と使えるテーブルになっているのですが、座った時に太ももから天板の間が広く取れるように、障害物となってしまう天板の下に四方をぐるっとまわした7cmぐらいの幕板といわれるものがないのです。

幕板がないとは簡単に言ってしまいますが、木は切って乾燥させた後でも、反りや曲がりが出てしまう可能性がありますので、その反りや曲がりを止める為に幕板を付けています。「じゃあ、このbliss tableは反り止めの幕板が付いていないので反ってしまうか?」、ということではなく、上の写真のような形に削りだしたパーツを天板に入れ込んであげる事で木で木の反りを抑制して、反り止めをしているので幕板を付けないでお作りする事が出来るのです。

合わせてお届けしたチェアは格子の美しい2031のデザインをお気に入りいただき、板座にしようか張座にしようか・・・、アームにしようかアームレスにしようか・・・と、悩まれた結果、アームレスタイプの張座を合わせることに。
張座の色も展示の雰囲気をお気に入りいただき、ビニールレザーのベージュでお作りしました。
ウォールナットの渋い茶色に明るいベージュの色が冴えて、落ち着きすぎない垢ぬけた印象を与えてくれています。

テーブルと合わせてみるとchair2031の縦の格子ラインがbliss tableの直線的なラインとあいまって、木の圧倒的な存在感の中にシャープで綺麗な印象を与えてくれます。

お届けの際には以前お届けしたソファからも写真を一枚。
「4年越しのテーブルです。これで3rdの家具が揃いました!」と、とても喜んでいただき、それを見た奥様も、「よかったね。よかったね。」と、嬉しそうで改めて物作りをしていて良かったと感じていました♪
I様ありがとうございました!

井出

2011.11.06

K邸 ダイニングテーブル、TVボードお届け

横浜市青葉区K様邸へ特注bliss table、TVボードをお届けしました。

K様はTVボードをお探しという事で、ご来店頂いたのですが、オープン当初は普段お店に立たない工場長も店頭に立っており、作り手自らご対応させて頂くというレアなケースでした。
お話しはTVボードから始まり、工場長ならではの物作り話しで盛り上がり、せっかくだったらダイニングテーブルも同じチェリーの素材で合わせて作ってほしいとのご依頼をいただき、お作りすることになりました。

TVボードは今回特徴的なのがキャスター付きの仕様にした事です。
レイアウトを変えることもあるかもしれないのでと、気軽に動かせるようにキャスターを付けてお作りしています。キャスターを付ける事で下に空間が出来て少し軽い印象も与えてくれています。

気分を変えたいときなど、移動も楽々ですね♪

また、あまり高さを出したくしたくないというご要望もありましたので、キャスターも大きい物を使わず、引き出しやオープンの部分もデッキやDVDを入れるために最低限必要なサイズでお作りさせていただきました。
細かいところですが、お客様の理想とするサイズでお作り出来る事がオーダーメードならではです♪

ダイニングテーブルは、もともとアームチェアをお持ちだったので、アームがしっかりと納まる、幕板の無いbliss tableのデザインがピッタリ。
W1250mmとちょっと小ぶりですが、普段使われるのはお2人なので、1人の区画としてはゆったりです。

また、今回天板と脚を少し丸い面取りをしてお作りしているのですが、通常のbliss tableはしっかりと角が立ったシャープなイメージなので、角を落とすだけで柔らかい印象に変わります。
少しの違いでイメージがこんなに違うなんて面白いですよね。

今回の面取りは工場長自らがお話の中からご提案させていただいたものだったのですが、K様がお持ちだった椅子の柔らかいイメージとも統一感が出ていて見事なマッチングになりました♪

お届けの際も、お話をさせて頂いていた工場長がお伺いし、最初から最後までご対応させていただいた事で、K様と工場長はどこか赤い糸で繋がっているのではないかと勝手に想像してしまいました(笑)

最近はなかなか、たまプラーザで接客をすることもない工場長ですが、時々お店に現れることもありますので、繋がった赤い糸をたどって、お店に遊びに来て頂ければと思います。
K様ありがとうございました!

         井出

2011.11.03

I邸 トラディションダイニングテーブル、チェア

横浜市青葉区I様邸へトラディションダイニングテーブル、chair2031をお届けしました。

ご夫婦で1枚板のダイニングテーブルをお探しでご来店下さったI様。
ちょうど店内に展示してあったウォールナットの1枚板に一目ぼれ。

この板はお店に展示していた一枚板の中でも少し特徴的な一枚板だったのです。
木目を見ていただくとまっすぐな木目になっていまよね。
これは柾目の中でも正柾といって、丸太を平行に切って行った時、中心部だけに表れる木目で、あまりお目にかかれない表情となっています。
また、木の中心ならではの心割れが起きていますが、その独特な表情も特徴的な一枚ですね。
このような独特な表情をお気に入りいただいたのですが、一枚板はその板毎に取り方や、板の成長の過程などで全く表情が異なります。一枚として同じ木目はないのでこの出会いが本当に素晴らしいものだったと、改めて出会いのすばらしさをしみじみと感じています♪

でも実はこれ、お店に展示していた時点では長さが2400mmもあって、それではちょっと長すぎる。でも切ってしまうのももったいないし・・・。ということで、ご提案させていただいたのが、幅1600mmと幅800mmにする事でした。
奥行きが800mmだったこともあり、幅800mm残れば正方形のテーブルが作れるということをお伝えすると、それであれば気兼ねなくお願いできますとおっしゃっていただき、お届けすることとなりました。

今回のテーブルの素材ウォールナットは切りたてが一番濃い色をしているという特徴的な樹種になります。
というのも、木は使っていくとだんだんと色が変化してきます。これを経年変化と言うのですが、その木によって色の変化も様々。
今回のウォールナットは切りたては紫を含んだような濃い茶色をしていて、だんだんと明るくまろやかな茶色へと変わってきてくれるのです。

この経年変化の色味は長く家具を使って頂いている方にしか味わえないことでもあり、それをこの一枚の板で贅沢に味わえるI様がとてもうらやましいです。

そして実は、板をご契約後すぐに、「ちょっと他も見たけれど、やっぱり3rdでテーブルとセットで椅子もお願いしたい。」とご来店下さり、chair 2031をお届けすることになりました。
この椅子、張座、板座、アームチェア、アームレスチェアとバリエーションも豊富なのですが、張座のお尻当たりの安心感と、立ち座りのしやすさなどをお気に入りいただき、張座アームレスタイプを4脚お作りしました。

一枚板の天然のままの表情と椅子の作りだした表情とが合わさって、落ち着いた中にも迫力のある雰囲気を醸し出していますね。

お届けに伺うと、お店ではまだ仕上がってない状態での展示だった為、板仕上がりのキレイさにI様もビックリ!「仕上がると雰囲気がよりよくなりますね。」とお喜びいただきました。
これから少しずつ経年変化で変わってくる色味を楽しみながら、ウォールナットと共に時間を過ごして頂ければと思います。
I様ありがとうございました。今後もなにかございましたらお気軽にご来店ください。

         井出

2011.10.04

M邸 TVボード、リビングテーブルお届け

横浜市旭区M様邸へ特注TVボードをお届けしました。お届けの1年ほど前にご新築されるということでご来店下さり、お話させていただいていたM様。ご自宅の方もより具体的になり、改めて家具のお話をと、再びご来店下さったのでした。
今回のご依頼は、TVボードとリビングテーブルです。リビングダイニングの家具の配置もおおよそ決まっており、窓も多く、開放的で明るいリビングにはあまり壁がないこともあって、TVはお部屋の角に置くとのこと。
その為形状は六角形。大きさもその場所の壁サイズに合わせているので、全体的にそんなに大きくなく、TVが置けるちょうど良いサイズで納まりました。実際角置きタイプのTVボードの場合、壁からの出幅を大きくし過ぎてしまうと、かなり邪魔になってしまうので、そんなに大きなTVを置く場合にはあまり向きません。というのも、例えば50インチサイズのTVだと、TVのサイズとして1m20cmほどのサイズを要するので、壁からのサイズも70㎝ほど出張ってくることになるのでご注意を。
まだご自宅の完成前だったことから、コンセントの位置も背面の家具が干渉しない位置に設定してもらい、ボードの背面から配線することが出来たので、すべてばスマートに納まりました。デザイン的には外側はメープル材を使い、中と両サイドの扉は白。デッキなどを入れるガラス扉は、中身が見えない乳白色のガラスにし、全体的に可愛らしい印象で、床の色も含めたお部屋の印象ともバッチリです。一緒にお作りしたリビングテーブルはメープルの無垢材でお作りし、450㎜角と小さいながらも棚板が付いて、充実の仕上がりとなりました。お届けの際はまだお引越し前の段階だったので、お部屋全体でのイメージを見ることはできなかったのですが、「やっぱりオーダーでお願いして良かったね。」と、完成品には満足いただくことが出来、良かったです。
M様ありがとうございました!末長く新しい生活を新しい家具と共に楽しんで下さい♪

2011.09.30

O邸 ダイニングテーブル、チェア、ソファ、オットマン、リビングテーブルお届け

横浜市青葉区O様邸へbliss table、chair2031、sofa innocence、オットマン、トラディションリビングテーブルをお届けしました。実は1年半ほど前に東戸塚店にもご夫婦でご来店いただいていたO様。
その際には、ウォールナットの耳付き板のテーブルや、その他の商品等色々とお話させていただいていました。月日は流れ、たまプラーザ店オープンのお知らせをお送りしたのをきっかけに、「オープンおめでとうございます!」と、お住まいがお近くだったことから改めてご来店下さり、再びお話をさせて頂くことになったのでした。

とはいえ、月日とは長いもので、今のお住まいにお引越しの際に、家具はすべて揃えていたO様。
それでも、ソファやテーブルなど「置くならこれ。」と楽しそうに、でも少し残念そうに一通り選ばれて、迷いながらお帰りになられたのですが、翌週には「買い替えます!」と、再びご来店下さり、お届けすることになりました。まずテーブルと椅子は、3rd定番のbliss tableとchair2031は、どちらも直線的なデザインが特徴的で、スッキリとしたイメージの組み合わせです。
天板の下に障害物の無いbliss tableだからこそ、アームチェアもしっかり納まるので、ぱっと見わかりにくいかもしれませんが、張り座と板座、アーム付きとアーム無しという、表面的にはすべて格子で同じように見えるのに、すべて違う椅子を揃えているというさりげない個性が光るダイニングになっています。今回お届けした、sofa innocenceは、O様が初めてのお届けになります。
たまプラーザのお店にはソファが4台あって、その中でも木枠のソファは3台で、このソファが一番重量もありガッチリとしたソファです。アーム部分も太くなっているので、腕をゆったりと乗せる事が出来ます。このソファよーく見ると、アーム部分から脚にかけて、木目がつながっているんです!
これは言わないとなかなか分かりづらい事かもしれませんが、こういった細かいところにこそ、こだわりがギュッと詰まっていたりするんですね。(拡大写真が無いので、気になる方はお店でご覧ください♪)
部材1つ1つが太くしっかりしているので、ごついソファというイメージになりがちですが、こういった細かい作りや後ろから見たときのスッキリ感、フェザーとウレタンのコンビネーションによるモッチリとした座り心地には繊細さも感じられ、まさに豪快さと繊細さを兼ね備えたソファです。また、sofaの前に置いているリビングテーブルはウォールナットの一枚板なのですが、箱状の脚に乗せているだけなので、ひっくり返して使うと新しい表情になるので、1枚で2通り楽しむことも出来ます。この板の真ん中に割れた黒い部分が一筋入っているのですが、木は自分がケガをした部分を体内に入れて治そうとする性質があり、皮や傷が入っても木目の表情となって残ることがあります。これは傷が入るからダメということは決してなく、むしろその木独特の表情となって2つと無いものになってくれます。
O様もそんな表情をお気に入りいただき、無事納まることになったのですが、世界に2つとない木目を持つ一枚板は、その時その時の縁なので、今回のO様とこの一枚板との出会いはまさに運命だったのでしょう・・・。
実はO様は東戸塚でお伺いしていたお住まいから今のご自宅へお引越しの際に、住所変更のお電話をいただいていました。ずっと気にしていていただいていたからこそいただいたお電話だと思っていたので、今回このような形で家具を納めさせていただけて、とても嬉しく思います。
もし、お電話をいただいていなかったら今回のたまプラーザ店オープンのお知らせをお送りすることもなかったのかと思うと、すべてがO様の思いと、ご縁を感じずにはいられません。

「3rdでスタッフとして販売出来ると思います!」と、おっしゃられていたご主人様。語りつくせるほどに、家具達を気に入って頂けて、嬉しいけどなんかちょっと照れくさいですね(笑)。

3rdではお客様に合わせてオーダーメードでお作りするので、ご来店頂いた方にはどのような物づくりをしているかを丁寧にお伝えしています。
そうすると、ご契約の頃には3rdの家具を語れるぐらいに知っていただけるんだと思います。さらにその後の使い心地もご体感いただける訳ですから、O様は最強のスタッフになっていただけるかもしれませんね♪(心強い!!)O様ありがとうございました!スタッフとして?お客様として?(笑)いつでもお待ちしておりますので、またお気軽に遊びに来て下さい♪

また、もし今までにご来店いただき、お引越し等で住所が変わる方がいらっしゃいましたらお気軽にご連絡ください。
イベント等がある際に新しい住所へ御連絡させて頂けますので宜しくお願いします。

2011.09.17

S邸 テーブルとチェアのお届け

新店たまプラーザから初のお届けです!

横浜市緑区S様邸にbliss table、chair2031 板座、張座をお届けしました。

たまプラーザに新店が出来たことをきっかけにご来店下さったS様。
元々お使いのテーブルが少し小さいとのことで、家族4人でゆったりと座れるテーブルと椅子を探しにみえたのでした。
そこでご紹介したchair2031の板座をご主人と奥様にお気に入り頂き、ご主人と奥様用に板座、お子様は張り座で椅子を揃え、テーブルはbliss tableという組み合わせでお届けする事になりました。

3rdの中でも定番のbliss tableは厚み40㎜の天板に80㎜角の脚が天板の角に合わせてついていることで、足下がすっきりとしたシンプルなデザインのものです。さらに、反り止めが天板の裏側に入っているので幕板をつける必要がなく座った時に太ももが幕板にあたらないという優れもの。

また、椅子はchair2031の板座のタイプと張座のタイプをお届けしましたが、みなさん板座とはどのようなイメージをお持ちでしょうか?
「座り心地が固そう」や「疲れそう」などのイメージをお持ちの方もいるのではないでしょうか。
確かに平らな座面ではお尻の骨も当たってあんまり長く座っていられないかもしれません。
でも、3rdの板座の椅子は長時間でも座っていられる魔法の椅子なんです。
なぜなら座面が座刳り(ザグリ)と言って体圧分布を考慮して職人が一枚一枚お尻の形のように削り込みをしているので、板座でも座り心地のよい長時間座っても疲れにくい椅子になっているんです。
もし板座が気になる方がいらっしゃいましたら是非一度3rdの座刳りの椅子を体感してみてください。

bliss tableとchair2031の色味はお部屋の印象から濃い色の木がいいのではないかということで、木種はウォールナットに決定。
お部屋に置いた時にキッチンのカウンターに妻手側をつけずに配置することでお客様がいらしたときに最多6人でお使いになってもゆったりできるように、椅子の引き幅も考慮してW1600×D850のサイズのものをお届けしました。

ちなみに妻手側とはいわゆるお誕生日席ですね。
おめでたい事があった時には主役がこの妻手に座りお赤飯を炊いてみなさんで楽しんでください。

今回記念すべきたまプラーザ店からの初お届けをさせていただいたS様、ありがとうございました。
これからたまプラーザ店も東戸塚店に負けず劣らずのドラマをお届けできるよう邁進してまいりますので、S様ならびに皆様方、たまプラーザ店を今後ともよろしくお願いいたします!!

2011.09.10

T邸 ダイニングテーブル、チェアお届け

横浜市港南区T様邸へ特注bliss table、kuku chair、pepe chair、nene chairをお届けしました。東戸塚のお店がオープンした初めのころ、お母様とお住まいだったご自宅へsofaをお届けしているT様。この度ご結婚でお引越しをされる際に、テーブルセットを作りたいとご来店くださいました。
久しぶりにお越し下さった時にはお母様とご一緒で、まだお部屋が決まっていないとの事。その後改めて旦那さまとお越し下さり、今回のセットでお届けすることになったのでした。今回は、特注のbliss table。天板の角を丸くし、脚も下に行くにしたがって細くなる、円錐形の脚にしています。
今までこの形状で幾つか制作しているのですが、ウォールナットでお作りするのは実は初めてです。
通常のものは、すべて四角で構成されているのですが、全体的にその角を無くし丸くしているので、全然印象が違います。構造的には変わらないので、幕板もなく足元はスッキリしており、椅子はすべてアームのあるタイプで揃えているのですが、しっかり納まります。
実はこの使用の場合、通常のbliss tableより脚が少し内側に入るので、チェアの納まりが結構ギリギリだったのですが、椅子のサイズを測って、納まることを確認してお作りしたので、問題なく納まりました。

そのアームチェアは、名前がみんな似ているのですが、座り心地はそれぞれに違う3種類をセレクト。
T様用には小ぶりで可愛く、女性には座りやすいkuku chair。ご主人様用にはゆったりとして腰当たりもいい、3rd工場長オリジナルデザインのnene chair。お客様用として、ゆったりとしているのにゴツすぎず、無垢材なのに持ってみるととても軽いpepe chair。どのセットにするか、種類も2種類にするか3種類にするかなど、かなり迷われていたのですが、このセットでよかったなぁと思える納まりに、T様もお喜びでした。お届けしているソファも「とってもいいです。」おっしゃっていたお母様も、きっと遊びに来た時にはお喜びいただけるのではないかと思います。
T様ありがとうございました!
ご主人様との新しい生活を、このテーブル楽しんで下さい。

2011.08.28

K邸 テーブル補修お届け

横浜市保土ヶ谷区K様邸へリビングテーブルをダイニングテーブルに変更してお届けしました。お母様が膝を悪くされ、今お使いの座卓をダイニングテーブルに変えたいとご来店下さったY様。

無垢のウォールナットのテーブルを使ってらっしゃるということで、まずは今、どのように脚が付いていて、取り外しが可能かどうか、新しく脚を取り付けられるかどうかを確認する為に、一度テーブルを見せていただくことになりました。元々の座卓は面脚が付いていて、内側の幕板に固定されていたのですが、脚がどんな風に固定されているかというのは、なかなか見る機会があるものでもないので、K様も「こんなふうになっているんだ~」と、驚かれていました。

(私たちも、なかなか自分たちの製作したテーブルでないもの作りを見せていただく機会もないので、勉強になりました。)

座卓用の脚も取り外せるタイプで、ダイニング用の脚も問題なく取り付けられることが分かり、4本脚のタイプでお作りすることになりました。元々あった座卓用の幕板は残して、さらに外側に幕板を回し、4本の脚を取りつける作りにしています。

横から見ただけではわからないですし、下からのぞきこまないと、こんなふうになっていることには気づきません。今回製作した幕板は、いずれ座卓に戻すことがあった場合にも、取り外しが出来るように制作したので、元の脚をまた取り付けられるように、元の幕板を残すカタチでの製作になったのです。

テーブル自体とてもおキレイにお使いのご様子で、色もちょうど良い感じに変化して、落ち着いた雰囲気になっていたので、あえて天板は表面を少しだけ塗装でお手入れをして、納めさせていただきました。

なので、脚と天板の色が少し違っているのですが、使っていくうちにどんどん変化していき、馴染んできますので、気長に使っていただきたいと思います。テーブルをお預かりしている間、代替えの椅子とテーブルを貸出させていただいていたのですが、お出迎えしていただいたお母様は、「膝が楽でした。」とおっしゃっていたので、今まで馴染みのあったテーブルが、これからは新しいスタイルで使えるようになり、落ち着いてお食事も楽しんでいただけるのではないかと思います。お届けの際にお見えでなかったK様から後日お礼のお電話をいただき、改めて「良かったなぁ。」と、温かい気持ちになりました。

K様ありがとうございました!

また、何かありましたら、お気軽にご相談下さい。

2011.08.22

T邸 ソファ、リビングテーブルお届け

鎌倉市T様邸へsofa waveとトラディションリビングテーブルをお届けしました。お引越しを機に家具をお探しでご来店下さったT様。色々ご紹介させていただいた中でも、ソファの座り心地をお気に入りいただき、改めてご来店下さった際に、テーブルと共にお作りすることとなりました。お届けしたsofa waveは、3rdのブログでも幾度となく登場している人気のソファ。

さらにこの紫も、お店の展示でお気に入りいただく方がとっても多い、テッパンカラーです。

やっぱりこのソファの人気は、デザインと座り心地がとってもいいところ。

無垢材の木枠は、簡単に壊れることが無いほどにしっかりと組まれていて、片側を持ち上げてもひねったりたわんだりすることもありません。また、背中の格子も、よく見ると傾斜が付いていて、これによって背もたれの角度を決めてくれているという無駄のないデザイン。座面にはテンションの強いウェービングテープが細かいピッチで貼られている上にウレタンとフェザーで出来たクッションが乗っていて、ウレタンが押しつぶされないようになっているので、座面のウレタンにかかる負荷を軽減してくれて、ウレタンも長持ちするようになっています。

柔らかい座り当たり、包まれるようなもっちり感はウレタン+フェザーが入っているから。

水のきれいなところで育った水鳥の羽根は、匂いも少なく、高級とされているのですが、そんなフェザーをふんだんに使い、作られている座面は、柔らかいけど沈み込みすぎない座り心地が気持ちよくて、いつの間にか寝てしまう人も多数いらっしゃるようです(笑)そんな木枠とクッションが組み合わさったsofaですから、この人気も納得です。一緒にお作りしたリビングテーブルも、ソファの木枠と同じウォールナットで製作。

木の自然な表情がお部屋のいいアクセントになっています。

足元には棚板を付けたので、ちょっとしたリモコンやティッシュなども置けちゃいますね。

お引越しに合せてのお届けだったので、ご注文いただいてから半年ちょっとのお時間があり、バッチリご希望のお日にちにお届けすることができ、半年ぶりのソファとの対面にT様も喜んでいらっしゃいました。

ご自宅の完成とともに、新たな生活が始まるT様。

きっとすこしずつリズムが出来、このリビングで過ごされる時間も長くなっていくのではないかと思いますので、たくさん使ってあげて下さい。

ありがとうございました!

2011.08.21

H邸 壁面収納お届け

横浜市金沢区H様邸へ壁面収納をお届けしました。お部屋をもう少し片付けたいと、ダイニングの壁1面の壁面収納をお考えだったH様。

今までの実例や、お店の壁面収納などでイメージはだいだい掴んでいただけたようで、もう少し落ち着いてから連絡します。と、しばらくたった後日改めてご連絡頂き、「どうにかしたい!」という気持ちをお伺いし、実際のお部屋を見せていただくことになりました。お伺いすると、少し壁をもったいない使い方をしていらっしゃる印象のダイニングスペース。素敵な食器もたくさんお持ちだったので、もっとたくさん見せて収納出来るように、飾るダイニングボードをメインとした壁面収納と、それに合せたテーブルセットを、お作りすることになりました。もともとあるものを収納したいというのがベースのお話なので、食器棚をベースにしたカタチがある程度決まった中で、どこに何を入れたいということが、ほとんど決まっていて、向って左にはレコードプレーヤー、真ん中の端にはスピーカー、向って右にはCDコンポと、音楽系の電化製品はオープンの部分に使いやすいように並べています。上のガラス扉の中には、ガラスのコップやティーカップなどの食器類をメインで収納。

下台の見えないところは、かなりの収納スペースになるので、今まで納めたいのに納まりきらなかったものもしっかり入ると思います。キッチンに一番の近いところにはワゴンを入れて、プリンターも置けるように設計。

・・・なのですが、後からお伺いした時には、プリンターが入っておらず、違う使い方ですっかり落ち着いていました。(使い勝手を決めるのはお客様ですから、こういうこともありますよね。)

今回上を天井まで作らなかったのですが、将来もっと物が増えた時に、パワーアップ収納として、天袋を付けることも出来ます。難点は、新しく作ったものと、最初だけ色がちょっと違ってしまうことぐらいですかね。

これも、着色をしていない、木の経年変化なので、しばらくすると同じように落ち着いてくるので、問題は無いんですけどね。テーブルはbliss tableとpepe chairの組み合わせでお届け。

直線的でスッキリとしたテーブルは、シンプルなデザインですが、無垢の素材感があるからこその存在感を醸し出してくれています。

合わせたpepe chairは、こちらも無垢材で出来ているので、存在感は軽くなり過ぎないのですが、持ってみるととっても軽いので、女性には嬉しいですね♪(お掃除もらくらく~。)

張地もざっくりとしたベージュの生地で揃えて、全体的に落ち着いた印象になりました。

後日、「色々収納していたら、思った以上に収納が多くて、もう少し棚板があると食器がちょうどいい高さで納まるから」とのご連絡をいただき、再度棚板を製作してお持ちすると、すでにバッチリ食器も納まっており、すっかりH様のご自宅に馴染んでいました。

H様ありがとうございました!

「100%満足です!」と、とっても嬉しいお言葉をいただき、私たちも嬉しい限りです。

テーブルと共に揃えたダイニングスペースで、ご家族やお友達と共に、楽しい時をお過ごしください♪

2011.08.19

D邸 リビングテーブルお届け

横浜市港南区D様邸へリビングテーブルをお届けしました。以前にサイドボードをお届けしているD様。

新しくsofaをご購入されたということで、そのソファに合せるオットマンとリビングテーブルをご依頼いただきました。以前お届けしたサイドボードに合せて、リビングテーブルもウォールナットでお作りしました。

一見するとただの四角い塊のようですが、実は両側に引出しが付いているテーブルなんです。角の部分を小口面(木の年輪が見えるところ)などが見えない45°の留め加工にしているのですが、どこがどうなっているのか分からないくらいの精度なので、パッと見ただけでは、引出しが隠れているなんてわからないですね。ちょっとでも角度が狂うと四角にならないので、結構加工も難しいんですけど、もちろんそこはぴたーっと付いて、しっかり出来ているのが、パッと見ただけでは分からない職人の光る技です。

私たちもお届け前に見て、「すごいなー。」と感心していましたが、D様も、「これはどこにも売ってない!」と、ご満悦のご様子で、とっても喜んでらっしゃいました。一緒にお届けしたオットマンは、木部フレームのものをお届け。

張地をsofaの黒い革に合わせて、木部はテーブルやサイドボードのウォールナットに合せてお作りしました。リビングがどんどんウォールナットでまとまっていくD様邸。

やっぱり、素材を合わせて揃えていくと、カッコいいですね♪

D様ありがとうございました!ウォールナットの木部も、張地の革もどんどん使い込んで、味わいのある家具に仕上げていって下さい。

2011.08.15

N邸 座卓テーブルお届け

横浜市戸塚区N様邸へトラディションの座卓をお届けしました。お引越しを機に家族みんなで囲める座卓をお探しでご来店下さったN様。お店に展示してあった、見た目にもとっても特徴的なウォールナットのくびれ板の雰囲気をお気に入りいただき、お届けすることになったのでした。この板、何枚もツギハギしたものではなく、自然が作ったカタチそのままの1枚でできた板です。広いところだと1000㎜ほどあるのですが、細いところだと600㎜程しかない、女性にはうらやましいほどのくびれを持っています。枝の分かれ方、根の分かれ方でこんな形になるなんて、ほんとに自然はスゴイですね♪脚は同じウォールナットを使い、みんなで囲むということだったので、一番すっきりとした4本脚で製作。お届けにあがると、待ってましたとばかりに粋なN様が、「やっぱり1枚板はいいね~。」とお出迎えしてくれました。

サイズもバッチリで、これからリビングとご家族にとって欠かせない存在となってくれることでしょう!!

N様ありがとうございました!世界に2つと無いこの板をN様仕様に使い込んでいって下さい♪

ちょうどたまプラーザは1枚板フェア期間中です。

世界に1つ、自分だけの板を探しに来てみてはいかがですか?

樹種によっても全く違う表情を、是非ご自分のテーブルとして楽しんでいただきたいです。

スタッフ一同心よりお待ちしております♪

2011.08.13

I邸 テーブル、椅子お届け

横浜市金沢区I様邸へ特注bliss table、pepe chair、205 chairをお届けしました。今回のbliss tableは、いつもとちょっと違います。

通常は四角いストレートの形状の脚ですが、今回は、天板の角を丸く面取りをし、そのカーブに合せて外側の脚も角を丸く取っています。

また、そのままストレートにするのではなく、角を残した内側を脚元に向かって細くなるよう傾斜を付けているという、見た目には軽いけど、けっこう手間のかかった脚になっています。このbliss tabkeは、天板と脚が取外し出来るように、脚と天板それぞれに連結する為の金具が入っているのですが、その為、天板をあまり大きく欠き取ることが出来ないので、加工しても問題ないサイズのR形状を出して製作しています。I様も、「面取りしてよかった。」とご納得。基本的な作り方は同じなのですが、ちょっとした細部の仕様を変えただけで、I様オリジナルなテーブルになっています。

お届けに行った店長も「脚の感じカッコ良かった。あれいいなぁ・・・。」と、ツイートしていました。

実はI様、最初は天板厚27㎜のものをお考えだったのですが、悩まれた末この天板厚40㎜のbliss tableに変更されており、「天板を厚くして良かった。」と、こちらにもご満足されていました。

やっぱり40㎜厚の方が、無垢材の存在感と質感をより味わっていただけるのではないでしょうか。合わせた椅子はpepe chairと205chair。

どちらも白いビニールレザーでお作りしましたが、明るいお部屋にはいいですね。アームタイプのゆったりとした椅子と、アームレスタイプの軽くて小ぶりな椅子なので、気分やシチュエーションによって変えてみるのもいいかもしれません。お引越しに合せてのお届けだったので、御注文いただいたのは実は約半年前でした。

お届け当日がちょうどお引越し当日で、これから始まる本当のスタートの日にダイニングの顔となるテーブルをお届け出来て、よかったです。

I様ありがとうございました。新しい生活と共に、テーブルも育てていってあげて下さい。

2011.08.02

テーブルのお届けを2軒。

最近テーブルをお届けした方を2軒、ご紹介させていただきます。
まずは、横浜市保土ヶ谷区W様邸のbliss tableのお届け。テーブルをご希望でご来店下さったW様は、3rdのお店の事もホームページですでに見て下さっていたようで、そのホームページ上でご紹介している、先日の大地震の復興の義援金の為に製作した3rdオリジナルのトートバックを真っ先にご購入下さったのでした。

テーブルのデザインはbliss tableを、サイズもある程度決まっていたので、最終的にお店の展示で見て決定!と、あまり迷いもなく製作となった印象が強いW様のテーブルは、W1200×D800という小ぶりサイズ。お部屋に無理のない大きさです。
テーブル天板のサイズに対して脚が通常の80㎜角だとちょっと大きいので、70㎜角にしていますが、ちょうど良い感じです。シンプルだからこそ素材の良さが出るテーブルですね。

そして次は、ちょっと面取りが特徴的な横浜市緑区のM様邸のbliss tableです。最初は丸テーブルもいいなぁというお話から、エクステンションテーブルというお話も出て、最終的に四角いテーブルの角を面取りするというカタチで決まりました。
脚の形状も少し特徴的に八角形の脚になっていて、今までにない遊び心がありますね♪
お店に展示してある丸テーブルの脚が八角形なのですが、四角いテーブルにするとまた少しイメージが変わります。M様からのご希望で、テーブルの裏側に刻印をしています。数字を打刻してご希望の記念日を記しているのですが、実際のものはM様の記念日なので、今回は見本でご紹介します♪こんな感じです。

M様には、伝達の不手際でご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ない気持ちで反省しきりだったのですが、お届けの際には快く受け入れて下さり、温かいお心に感謝の気持ちでいっぱいです。
M様のおかげで学べたことがたくさんあり、忘れてはいけない気持ちを再認識させていただいたこと、本当にありがとうございました。
W様とM様は同じbliss tableなのですが、面取りが違うだけで随分雰囲気も変わりますね。無垢材のテーブルはここからが本当の仕上の時間なので、長く長くお使いいただき、それぞれに進化を遂げて行ってほしいなぁ・・・と、切に思います。
W様、M様ありがとうございました!!

2011.07.24

Y邸 テーブル、チェア、サイドボードお届け

横浜市港南区M様邸へ、トラディションダイニングテーブル、chair2031、pepe chair、サイドボードをお届けしました。以前に、3rdで家具をお求めいただいたお友達のご紹介でご来店下さったY様。
ちょうどご新築だったこともあって、家具を探しにみえたのでした。
お友達の家でご覧になった耳付き板の個性的な表情が気になられており、お店に展示してあった耳付き板にも興味津々。そこで、板をお持ちして、実際の雰囲気を見ていただくことにして、また、ダイニングテーブルの後ろにサイドボードもお考えだったので、そちらのご提案資料もお作りして後日訪問となったのでした。

テーブルは実際置いて見るとサイズも雰囲気もちょうど良く、本当はそのまま置いていきたいくらいだったのですが、先日の地震で、お店に立て掛けてあった時に倒れてしまい、負傷したままの状態だったので、一旦持ち帰り、後日お届けすることになりました。
サイドボードも、ダイニングスペースに合せて、キッチンカウンターの下から、スッキリとした引戸タイプのものをお届けすることになったのでした。テーブルはウォールナットの2枚剥ぎのもの。
遠目からでは分からないと思いますが、同じ丸太から取った、2枚の板を剥ぎ合わせたもの。自然にしか作れない緩やかなカーブが、いつまでも触っていたくなる気持ちいいところです。

合せた椅子は、chair2031の板座と、pepe cbair。
chair2031は、板座でもお尻の形に座面が彫り込まれているので、結構気持ちいいんです。背中の格子も、カーブに合せて1本1本角度を変えているので、ごつごつした違和感もありません。pepe chairは、細身で軽いのにゆったりしているので、男性の方でもしっかり座れます。もちろん、無垢材でしっかりと組んであるので、丈夫です。板座と張座、アームチェアとアームレスチェアという、対極なイメージの組み合わせですが、違和感なく納まっています。
着色の無い無垢材だからこそ、バラバラ感ではなく、個性となってくれるのではないでしょうか。サイドボードはダイニングテーブルの後ろと言うこともあり、扉を開けるクリアランスのいらない引戸タイプにしました。真ん中の扉の木目の貼り方に特徴を持たせて、シンプルな形の中にもポイントを。
一番右側はパソコンスペースということで、スライドトレイを入れ、引出して使えるようになっています。お手持ちのパソコンがノート型だったので、使わない時はパソコンごとしまっておけるのも便利ですね。
実はこのボード、見た目はすべてウォールナットで出来ているように見えますが、中をウォールナットに近い色のメラミン材を貼って作っているんです。普段見える部分ではないですし、物を入れてしまえば隠れてしまうところでもあるので、コストの調整をするにも有効的なやり方です。ボードを置いて隠れてしまったコンセントを脚元に移設して、無事設置完了!
お届けに行った店長も、「カッコ良かった。」と満足げに帰って来ました。Y様ありがとうございました!
年月と共に変化するこのウォールナットの家具達を、Y様仕様に味付けしていって下さい。

2011.07.23

M邸 テーブル、チェア、電話台お届け

川崎市宮前区M様邸へbliss table、ハイバックchair、AD chair、コンソールデスクをお届けしました。お引越しを機に、家具をお探しでご来店下さったM様。
お店の家具や実例などで色々とご案内させていただき、お話をお伺いすると、気になるところが何点かあるとのこと。お部屋の雰囲気や、サイズの感覚などをご提案させていただく為、ご来店の際に、「ちょうどリビングの見えるところになるし、電話を置くには、ちょうど良さそう!」と、デザインや色の雰囲気をお気に入りいただいたコンソールデスクを一緒にお持ちして、お伺いすることになりました。

少し複雑な出張りがあるお部屋だったので、サイズやレイアウトを気にされていたのですが、実際にお部屋でサイズのイメージなどをあらわすことでより明確になり、「テーブルセットはいいものが欲しい」とおっしゃっていただき、今回のお届けとなりました。まずは3rd定番のbliss tableをW1400×D800のサイズでお作りしました。
4人掛けではこのサイズがミニマムかなと思っています。どうしても、椅子、そして人が囲むと、これ以上小さいサイズでは窮屈になってしまいます。脚が天板の四隅に付いているので、脚と脚の間の距離がとても広くとれますし、幕板のないスッキリとしたデザインも、脚元の窮屈さを感じさせません。椅子は、ハイバックチェアとAD chairを2脚ずつ。
高さは全然違いますが、共に木の座面なので、雰囲気も合っていて素敵です。
どちらも腰当たりの良さを感じていただけるので、デザインだけでなく座り心地も体感していただきたい椅子です。
使い込むうちに味わいが増しますので、傷も気にせず使い込んでいって欲しいですね。
コンソールデスクは、横からの見た目が「Z」に見えるのが面白いデザインで、お店に展示として置いてあった際にM様のお眼鏡にかない、晴れてお嫁入りとなったのです。
引出しと棚板が付いているので、電話周りの小物や文具などを収納するにも結構便利ですし、味わいも出てきたところだったので、ちょうど良い時期のお嫁入りだったのではないかと思っています。御夫婦ともに楽しみにお待ちいただいていたM様。どの家具も、長くお使いいただく為の家具ですので、楽しみながら、育てていって下さい。
M様ありがとうございました!!

2011.07.21

O邸 テレビボード、ブックボード、ソファ、テーブル、椅子お届け

横浜市泉区O様邸へ特注テレビボード、特注ブックボード、sofa rivera、モンキーポットテーブル、nene chairをお届けしました。家をリフォームするということでソファを探しにご来店されたO様。
硬めの座り心地とデザインをお気に入り頂き、ソファはすぐにリベラに決定!
その時に、ちょうど片隅に展示されていたモンキーポットの一枚板の木目やサイズ感に一目惚れで、一緒にお届けすることとなったのでした。
その後、また違ったご相談で再度ご来店下さり、今度はテレビボードとブックボードのご依頼をいただきました。まだリフォーム前だったこともあり概略のデザインをご提案させていただき、細かいところはもう少しリフォームの話が進んでからと言うことになったのでした。その後月日がたち、リフォームも後半にさしかかった工事中にご自宅を拝見させていただくことになり、採寸や打ち合わせを何度か重ねて、ついに各々のデザインも決定!
御依頼から随分も時間も経ちましたが、ご自宅の完成も迫っている中、リフォームの完成と共にお届けすべく、やっと製作に突入となったのでした。

まず、ブックボードは当初ポリ、メラミン材でというお話だったのですが、TVボードやソファの素材に合わせてウォールナットに変更。壁一面を覆い尽くすボードとなる為、圧迫感を少しでも軽減させる為に、板の扉ではなく全面ガラスの引戸にしました。板の扉よりも扉厚の薄いガラスの引戸にすることで、よりボード自体のサイズを小さくすることが出来、お部屋の有効面積を広く使えるようになるので、ガラスの引戸はとても有効です。
天井までの大きな本棚ですが、本のサイズに合せているので、奥行きも350㎜程しかなく、壁に打ち付けているので、地震で倒れて来ることもありません。TVボードも同様、カマチの枠を入れてありますが、左タワー部分の扉・側面をガラスにして、ちょっと飾れるボードにしています。なかなかお部屋の中でちゃんとディスプレイをする場所って無かったりするので、テレビボードにこういった部分を取り入れるのは素敵ですね♪全体的に低めに作られたsofa riveraは、スッキリとした本体と、ガッツリとしたアームが特徴的な、カッコいいスタイルのソファです。
柔らかいスムース革でお作りしているので、使っていくうちにシワと艶という味わいが増していくので、どんどん座って味を深めていって欲しいですね。「この~木なんの木気になる木~♪」でお馴染みのモンキーポットのテーブルには、座り心地をとってもお気に入りいただいたnene chairを合せてダイニングセットとして。
板を横から見ると(小口面と言われる部分なのですが)、ちょうど木の真ん中の部分と分かる年輪が見え、「ここからこの木は始まったんだな~」と、ちょっとした歴史まで感じさせてくれます。
お店の片隅で眠っていた状態から、一皮メンテナンスをすると、「こんな表情だったっけ?」と言うくらいキレイに生まれ変わり、nene chairとの相性もバッチリ!全体的に素材、デザインに統一性がでて、まとまりのある空間となりました。
リフォーム工場も予定より遅れてしまっていたり、搬入経路がちょっと心配だったりと、様々な不安もありましたが、お届けが無事完了して綺麗に納まった時にはホッとしました。お届けの際に、椅子の補修のご依頼もいただき、納めさせていただいたのですが、スイマセン・・・写真が・・・。細部やクッションなどもリニューアルして、い、いい感じでしたよっ(汗)

O様ありがとうございました!
新しく生まれ変わったお部屋と共に、家具達も使い込んでいっていただければと思います。

2011.07.16

A邸 ダイニングテーブル、チェア、ソファ、サイドボードお届け

横浜市港南区A様邸へ、bliss table、kuku chair、sofa wave、サイドボードをお届けしました。お引越しを機に家具をお探しだったA様。お住まいがお近くということもあり、お散歩の途中にお立ち寄りいただいたのが最初のご来店でした。
一通りご説明させていただきその日はお帰りになられたのですが、再度ご来店下さったのが、ちょうど震災後の計画停電真っ最中のお昼時。そんな中でもご提案資料が見やすいお店のなるべく明るい窓際でお話させていただき、お作りすることになったのでした。まず、ダイニングテーブルは3rd定番のbliss table。
天板の厚みが40㎜、脚が80㎜の角なので、写真では伝わりにくいかもしれませんが、安定感と存在感があります。
それでも、重たくなり過ぎないのは、幕板のない天板と4本の脚という、足元がとてもスッキリとしたデザインであることではないでしょうか。ごつごつと、たくさんの部材で囲えば、安定感と存在感も得られると思いますが、印象が重くなりすぎてしまい、一緒にお選びいただいたアームのあるタイプの椅子も、納まらなくなってしまいます。
天板の裏に蟻形の桟を入れて反り止めにすることで腿上がスッキリし、このデザインを可能にしているテーブルなのです。可愛らしい印象のkuku chairの張地は、ご家族皆様それぞれ違うものでお作りしました。
自分の椅子も一目でわかりますね。
椅子のデザインも、樹種も統一しているので、遊び心があって楽しいです♪サイドボードは、ダイニングテーブルの後ろにある窪みに合せて、ピッタリと。向かって左側には少し厚みのあるA4サイズの本や、文庫本など、少し重みのある本が入るように棚板も多くはせず、対照的に右側には書類などを細かく分類して入れられるように棚板の数を多めに入れました。
ボードの背面部分の壁にコンセントがあったのですが、ボードで隠れてしまう為、天板部分に電話用のコンセントを移設しています。パッと見ただけではわからないポイントが盛り込まれた、スッキリとしたボードが出来ました。

ソファは、もっちりとした座り心地が気持ちいいwaveを、幅1500㎜の2人掛けでお作りしています。
張地はお店の展示の紫をお気に入りいただき、同じもので。空間をキュッと絞めてくれるキレイな色なので、明るい床のお部屋にも、落ち着いた床のお部屋にも、どちらにも馴染んでくれる万能な紫です。
背面が印象的なwaveのフレームはウォールナットの無垢材でガッチリ組んでいるので、使い込むほどに味わいも増していきます。
全ての家具を同じウォールナットでお作りしているので、お部屋の統一感もバッチリです!お話させていただいた時の状況が、とっても強く印象に残っていたA様。
椅子のお届けのタイミングが少し遅くなってしまいましたが、使い心地もお気に入りいただいているというお話を、お店の前を通りがかられた際にお伺いすることが出来、改めて嬉しさを実感することができました。
A様ありがとうございました。
また何かありましたらいつでもお気軽にお立ち寄りください♪

2011.07.04

N邸 テーブル、ソファお届け

町田市N様邸へsofa wave、特注テーブルをお届けしました。奥様が膝を悪くされて、現在の座卓の生活から、椅子座の生活へ変えたいとご来店いただいたN様。ソファのくつろぎ感と、そこで食事も出来るような高さのテーブルを組み合わせてのダイニングセットとして今回お作りしたのは、sofa waveとキャスター付きのリビングダイニングテーブルです。見た目のカッコよさやゆったりとした座り心地からお気に入りいただいたwaveを、見た目にはわかりませんが、N様仕様で少し硬めの座面でお作りしています。
座面の中は、フェザーと積層になったウレタンで構成されているので、決して柔らかすぎてどこまでも沈み込んで落ち着くところのないsofaではなく、しっかりと身体を支えてくれる部分があるので、硬すぎず、柔らかすぎず、ちょうどよいhold感を感じてもらえます。ただ今回は、ダイニングとしての要素と、立ちあがりやすさを考慮して、座面のウレタンを少し硬めの仕様にしたので、いつもとは少し座り心地の違うwaveとなりました。テーブルは、sofaの高さに合せて設定。
ちょうどよいサイズをN様と共にお店で検証しながら、決定していきました。
キャスターを付けて、簡単に動かすことが出来るようにしたので、ダイニングテーブルとしての役目を終えたら、ちょっと横にずらして、リビングを広く使うことも出来ます。

構造的に結構大変な部分があったり、高さ、斜めに入れた脚の傾斜角度とsofaとの兼ね合い、脚周りなど、制約が多い中での設計は結構大変で、設計、製作共に結構苦労していました。でも、お届けの際にはN様にもお喜びいただけたので、苦労した甲斐があったと思いますよ!N様ありがとうございました!!これからの新しい生活スタイルを楽しんで下さい♪