オーダー家具の3rd -your life style shop-
2017.01.30

S邸 カウンター下収納 お届け

「カウンター下収納を探しているんです。」とご来店になったS様。

「サイズは図ってきました。イメージもほぼ考えてあるんです。」との事でしたので、詳しくお話をお伺いし、おおまかなイメージとお見積までお出しました。
その日は「一度帰って考えてみます。」とお帰りに。
後日「実際に設置場所を見てもらえますか?」とご連絡をいただき、お家が近かったので早速その日のうちにお伺いする事になりました!

設置場所のサイズを図りながら、仕様の修正と素材を決めました。素材は白のポリ合板。
白でも微妙な色の違いで迷いましたが、カウンターや建具と見比べて、あまり差がない色を選びました。

カウンターの天板すぐ下は小物などを入れるための小さな引き出しを。
ここはカウンターの出幅と合わせています。
下台の奥行きはカウンター向かって左側の柱に合わせています。

オープンになっている棚は可動棚で、お子様の本がたっぷり収納できる本棚になっています!
今はオープンですが、今後扉を付けられるよう内側の棚板は側板よりも短くしています。
お子様が成長して収納するものが変わった時にも対応できるよう、設計しています。

カウンターの右側は動線になっているので、じゃまにならないよう角を丸くした飾り棚にしました。
小さな一輪挿しや写真などを飾るのにぴったりです!

設置が完了すると「これで沢山ある本もやっと片付けられます!」と喜んで頂けました!

S様、扉が必要になったらご連絡くださいね!
これからもよろしくお願いいたします!

【カウンター下収納 W1750×D309×H1075】

東戸塚店

2017.01.22

U邸 TOTAL PLAN




TV Board
※写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。





Sofa SQUARE

※写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。


Blind -Luminette-



Blind -Duette honeycomb shades-



Desk



Other


U邸
TV Board / W2370×H500/2000×D500
Sofa SQUARE / 3P W2000×D900×H700 / 2P W1700×D900×H700
Blind / Hunter douglas -luminette- -Duette Honeycomb Shades-
Desk / W1265×D550×H720
Desk chair / hermanmiller -Aeron Chair-

2016.12.15

O邸 キッチンボード お届け

キッチンボードを探していて。。。とご夫婦でご来店になったO様。
写真とおおまかなサイズをお持ちいただいてご来店されたので、すぐに具体的なプランをご提案。
以前お届けした写真を見ていただきながら、ご希望をかたちにしていきました。

下台はカトラリーや小物を収納する為の引出しと、食品のストックや食器を入れるため、中が可動棚になった収納を。

炊飯器もすっきり収納させたいとの事で、使う時に引き出して使える炊飯器置き場と、O様もゴミ箱の置き場所に悩まれていたので、下台の中にゴミ箱を収納するスペースもご提案しました。
最初のご来店で仕様がほぼ決まり、後日収納する電化製品や実際の設置場所を採寸する為にご自宅にお伺いしました!

今後お引越の可能性もある事を考慮して設計。
家具は壁に打ちつけず、下台と側板で上台を支え自立する仕様にしています。

高さはお届けの時に微調整。
天井から床まで、ぴっったり収まりました!

下台の台輪の中にアジャスターが入っていて、水平を保ちつつ、壁にぴったりつけることができるので耐震性もバッチリです!

「洗い物がサッと置けるように水に強い素材で、少し変わったデザインがいいかな。」とのご希望で、下台の天板は白いタイル張りにしています!

お届けを楽しみにしていただいていたO様。
完成を見て「いいですね。とっても気に入りました!!」と嬉しいお言葉をいただきました!

O様、使い心地はいかがでしょうか?
お近くに起こしの際には、ぜひお立ち寄りくださいね!
ありがとうございました!

【キッチンボード W1270×D350/500×H2150】

たまプラーザ店

2016.12.06

I邸 キッチンボード お届け

「キッチンボードを新しくしたくて。上部に吊り戸棚はあるので、それに合わせた下台だけでいいんですけど。」とご相談をいただいたI様。
設置場所のサイズ、収納するものなど決まっていたので、おおまかな仕様やデザインはすぐにかたちにすることができました。
仕様のお話をし、ほぼご希望のデザインが出来た時「3rdが気になっていて、いつかここで何かお願いしよう!思っていたんです。これでお願いします!」と即決していただきました!

収納したいものは、炊飯器、電子レンジ、トースター、食材のストック場所など。
一度図面に起こし、設置場所の採寸の為に後日改めてご訪問させていただきました。

完成したのがこちら!

t2098_01

炊飯器はご飯を炊く時にはトレーを引き出し、使用しないときはボードの中に収納します。
天板に電子レンジやトースターを置くので、置き場所に迷った炊飯器もしっかり収納することができました。

t2098_05

内部に移設コンセントをつけているので、電源確保もしっかり出来ています!

t2098_03

ゴミ箱もボードの中に収納しています。
キッチンの中でゴミ箱の置き場所って、皆さんの悩み所。
3rdでもご相談いただく事は多いです。

t2098_07

出しっぱなしで見えてしまうのは嫌だけど、見えにくいところに置いてしまうと必要なときに使いづらいし。。。
I様もそんなお悩みがあったため、ゴミ箱もボードの中に収納しました。

t2098_04

キャスター付きのワゴンにしたので、必要なときはサッと引き出してゴミをポイッと捨てられて、
使い終わったらボードの中に収納できるのでキッチンの中はいつでもスッキリ!
ワゴンの取手はキッチン内の建具に合わせたシルバーのものを取付ました。

素材は既存の吊り戸に合わせるためサンプルを何点か取り寄せて、実際の吊戸と合わせて選んだので色味も木目もピッタリにできました!
横幅は壁にピッタリ!オーダー家具ならではです!

t2098_06

お届けを楽しみしていただいていたI様。
使い心地はいかがでしょうか?
またなにかございましたらお気軽にご相談くださいね!

t2098_02

I様、ありがとうございました!!

【キッチンボード W1200×D600×H850】

2016.11.29

K邸 トータルプラン 追加お届け 

2度目の引越の際にもご来店いただき、家具をお届けしているK様。
「自宅を事務所と兼用にするとの事になったので家具を追加でつくってもらいたくて。」とご来店いただきました。
以前のお届けはコチラ→K邸 TOTAL PLAN / ブログ→K邸 トータルプラン お届け

「前に届けてもらった家具を活かして、追加して欲しいパーツがあるんです。今回もデザインは店長に全ておまかせします。いい感じにしてください(笑)。」

space-design_H2430_K01

新たに追加する家具は、
ベッドを隠すパーテーション・人数が増えたので人数分のデスク・書類を入れるための鍵付きのロッカー。
クローゼットの追加としてパンツ収納とネクタイ収納 がご希望でした。

前回お届けしている図面を再確認。
元の家具を活かしつつ、家具の仕様を変えたり追加しても使いやすいレイアウトになるようにと、店長、試行錯誤でとっても悩みました(笑)。

完成がこちら!
まずはベッドを隠すためのパーテーション。

003

以前お届けしたオープンシェルフにフレーム付きのデザイン硝子、ネクタイ収納ケースのパーツを追加で制作しはめ込み、シェルフの奥にあるベッドが見えない様にリメイクしています。

002

鍵付きロッカーとパンツ収納は一体型収納として製作し。。。

009

ベッドを完全に隠す事ができました!

010

チェストと壁面収納の位置を替え、スーツと靴を収納していた壁面収納を資料用にリメイク。

000

以前はシューズクローゼットだったとは思えないほど、収納力たっぷりの書類用の収納に変身しました!

101

011

デスクは以前製作したものと同サイズで、二人での作業がしやすいように両袖の収納を無くした仕様でもう一台製作。
収納をなくした替わりに、可動式のワゴンを制作しました。

0000

お客様とのお打ち合わせ用にダイニングテーブルとベンチ、椅子もご用意。

014

K様には展示していた3rdで大人気の鉄脚のfeneシリーズをとっても気に入っていただき、テーブルとベンチとセットで、板座のベンチには特注のクッションも制作してお届けしました!

013

K様のお届けは、いつも総出でお伺いして作業になります(笑)。

004

012

お届けが無事に終わって、全てがスッキリと収まった様子を見てホッとした店長(笑)。

K様の新しいお仕事が順調に進むよう、全力でお手伝いさせていただきます!
お近くですので、また遊びにいらしてくださいね。

K様 ありがとうございました!

【特注収納 W1150×D380×H1640】
【デスク W1800×D600×H700】
【デスクワゴン W350×D530×H590】
【Fene Table W1600×D850×H700】
【Fene Bench W1300×D400×H420】

2016.10.24

K邸 キッチンボード お届け

「冷蔵庫を大きいものに買い替えたので、キッチンの中がなんだか狭くなってしまって。。。レイアウトを替えたいんだけどできるかしら?」とご相談をいただいたK様。
ご近所なので、すぐに現状を見せていただくことになりました。

現場を見せていただきましたが、冷蔵庫の位置を変更するのはちょっと無理がありそう。。。
一度、持ち帰ってプラン考えてみますね。とお話したところ「それなら一緒にカウンターもお願いします。キッチンカウンターが大きすぎて、出入りするのにちょっと邪魔だなと思っているの。なんとかなるかしら?」とご相談をいただきました。

収納力は減らさずに、工事はなるべく最小限で済ませたい。とのご希望を受け、ご提案したのは新たにカウンターを作り直すプランでした。
カウンターは元のものよりも60cm小さくし、収納力を確保するために上部に吊り戸棚を設置します。
これなら冷蔵庫を移動させることもなく、動線をしっかり確保することができます。

素材や色は「個性的でかわいい感じで!」との事で、色のついたポリ合板を材料に使用することになりました。
天板と木口はメープル材にし、配色はパターンをいくつか作りK様に選んでいただきました。

01

仕様が決まり、工事に取り掛かります。
まずは既存のカウンターの撤去からですが、これがなかなか苦労しました(笑)!

0001

カウンターをはずしてみると、フローリングの張っていないむき出しの床が。
「似たような素材で探すよりも、思い切って質感まで変えた方が面白そうね!」との事で、新しい床は石目調のタイル張りを選ばれています。

0002

床が有る場所と無い場所の水平レベルを出すため慎重に下地作り。
接着剤を塗布しタイル張り完了!

004

まずは下台から設置をします。
元々あったカウンターの天板位置に、新しい天板をはめ込みます。
ここは採寸の時、とっても気を使いました(笑)。

0003

新しい天板がぴったりはまり、ほっと一安心!
下台の壁側にはダイニング側に開く扉の中には電源を確保するための配線口が開けてあります。

007

吊り戸棚を支えるため、ブラウンに着色した鉄のパーツをアクセントに入れました。
上部はキッチン側からしか開きませんが、下台はキッチン側とダイニング側の両方から使える仕様にしています。
取り皿やグラスなど、キッチンへ回らなくてもサッと取り出せとっても便利!

005

左:キッチン側から見たところ  右:ダイニング側から見たところ

001

キッチン側にはアクセントに淡い水色を。ダイニング側のアクセントは淡いグリーンのポリ合板を使用しています。

仕上げに吊り棚を固定し、キッチン側には壁との隙間を埋めるためのコーキングをして完了です!

0004

完成を楽しみにしていただいていたK様。
「とっても満足です!」と嬉しいお言葉をいただきました!

また何かございましたらお気軽にご相談くださいね。
K様 ありがとうございました!

008

【キッチンカウンター:下台 W1050×D450×H1100】
【キッチンカウンター:上台 W1050×D350×H450】

たまプラーザ店

003

2016.09.08

Y邸_キャビネット お届け

以前チェアをお買い上げいただいたY様。
「今度は新しい食器棚を探してるんですが耐震性も考えて天井ぴったりに作りたいんです」
とのご相談をいただきました。

しかし、そのためにはいくつかクリアしなければならない難点があったのです。

1

(1)食器棚を置きたい場所に分電盤がある!
(2)さらに!大きなハリがある!
(3)さらにさらに!ダウンライトまである!

「すべての難点をクリアした上で装飾性のあるものにしたいんですが……」とY様。

お任せください!
問題が難しいほど燃え上がるのが我々3rdスタッフです。
アイデアをふり絞り一つひとつ課題をクリアして行きました。

まず天袋の幅を小さめに作り、余裕を持って分電盤の扉を開けられるスペースを確保しました。
そして扉を引き戸にすることで扉が梁に当たってしまうのを防ぎました。

2

3-2

素材はお部屋の色味に合わせてナラに決定!
引手部分のウォールナットがデザインのアクセントになっています。

3

扉の中は可動棚でどんな大きさの食器も対応できます。
カトラリーの出し入れがしやすい様、引き出しは左右の真ん中の位置に作りました。

4

設置の際には職人がダウンライトの位置を移動。
明かりをふさぐことなくすべての難点をクリアしました!

「耐震性の部分もクリアできてこれで安心です。やっぱりオーダー家具ってすごい!」
Y様にも大変喜んでいただけました。

これからどんな食器を入れていただけるのでしょうか?
沢山使っていただけると嬉しいです。

Y様、ありがとうございました。

【特注キャビネット W1000×D450×H2254】

たまプラーザ店

2016.08.16

S邸 サイドボード お届け

DSC_0414のコピー
3rdのHPよりブログをご覧いただき
「サイドボードをお探し」との事でご来店くださったS様。
DSC_0390
サイドボードには、「アルバムや書類、本をメインに収納したい」との事。
実例写真など見ていただきながら仕様をお話ししながらきめていきました。
実際に木材の質感や作り方をみていただき、
素材は床や建具に合わせたウォールナットに決定!

その後ご自宅にお伺いし、採寸と仕様の最終調整を行い、いよいよ製作。

収納力たっぷりのサイドボードが完成!
DSC_0403
搬入経路を考慮の上分割して製作し、職人がその場で組立ていきました。
カウンターの出幅があったので、カウンターの下端に合わせて高さを設定。
DSC_0411のコピー
可動棚メインの収納スペースで、小物もしまえるよう引出しを小さいものを2杯、大きいものを1杯つけました。
DSC_0407
本棚も欲しいとのご要望から、フルオープンの棚を一部に設置し、
背板のないすっきりとしたデザインに仕上げました。
天井に梁がでていたので、その部分はよけて製作し、清掃面も考慮しました。
DSC_0415のコピー
今後、「もしかしたらテレビを置くかも」
との事だったので、天板に配線孔と移設コンセントも設置しています。

幅、高さともに制限がある物だったので、ぴったり納まり安心しました〜

お部屋に仲間入りした3rdの家具、使用感はいかがでしょうか?
これから沢山使用していただけると嬉しいです。

また是非、遊びに来てください。

東戸塚店

2016.07.08

N邸 オープンボード お届け

3rdのHPをご覧になって「このような物を作ってほしいんですが、お願いできますか?」と図面を書いてご来店いただいたN様。

001

持ってきていただいた図面を確認したところ、仕様や構造にほぼ問題のない図面でしたので、N様のイメージ通りのデザインと構造で制作しました。

002

ソファの背面にリアスピーカーを置くためのオープンシェルフです。
「自宅の他の家具と素材や色を合わせたいんです。それがなかなか見つからなくて探していたんです。」とのことで、後日、ご自宅に訪問させていただき家具の確認させていただきました。

005

TVボードやサイドボードはウェンジ色で統一されているため、家具の一つから棚板を預かり、同じ素材、同じ色で制作しました。
棚板を通常より厚くし、色もウエンジ色にしたので重厚感がしっかりとある仕上がりとなりました。
他の家具との色合いもバッチリ!

004

最後に船の模型を飾る時「とっても緊張した~(店長)」との事(笑)。
N様には「おぉーー!すごいね!色もバッチリだね!!」と、とても喜んでいただけました!

003

N様こだわりの家具やAV機器で統一されたお部屋に仲間入りをした3rdの家具。
末永くご愛用いただけますように。。。

N様ありがとうございました!

【オープンシェルフ W1120×D500×H800】

たまプラーザ店

2016.06.28

H邸 サイドボード、ピクチャーレール、照明 お届け

ご自宅をリフォームされて「今使っているサイドボードを新しくしたいな。」と探してたH様。
お店の前を時々通っていたそうで「知っていたけど入ったことはなくて。この機会にと思って!」とご来店いただきました。

サイドボードを新しくするにあたって「部屋にいろいろと家具を増やしたくないので、スッキリしたデザインで、収納力があるもの。」とのご希望をいただいきました。

H2487_02

今までお届けしたサイドボードの写真や店内を見ていただきながらお話をお伺いしたのですが「サイズの事までは考えていなかったわ。」とH様。
お伺いして、こちらからサイズのご提案もさせていただきますよとお話すると「つくると決めたらぜひお願いしたいです。」とその日はお帰りになりました。

後日「この前、お話を聞いて家に帰って考えてみました。3rdさんでお願いしようと思うので、サイズを見に来てくれませんか?」とお電話をいただき、リフォーム直後のご自宅にお伺いしました!

2487_07

置き場所やサイズ感、他の家具との兼ね合いも見つつ、物は増やさず、スッキリとさせたいとの事でしたので、まずはお部屋全体のレイアウトについてお話をしました。

ご提案したレイアウトを気に入っていただき、サイドボードの置き場所も決まったのでサイズのご提案に。

H2487_01

リビング・ダイニングに置くサイドボード。
圧迫感ないくスッキリと使いたいとの事で、シンプルなデザイン。高さは腰高くらいまでの高さに抑えています。
中に入れる物の量は沢山では無いとの事なので、奥行きは梁にあわせて400mm、横幅は1800mmに決まりました!

H2487_03

「もう一つ、相談があるんですが。。。壁に絵を飾りたいのだけど、直接壁に釘を打つことができなくて。なにか良い方法ってありますか?」とH様。

天井にレールを取り付けてワイヤーで絵を吊るす事ができるピクチャーレールをお薦めし、取り付けすることになりました。
このピクチャーレールは美術館でも使われています。
レールの範囲内であれば絵を動かす事も可能で、壁に穴を開けることなく、ワイヤーで吊るして鏡や時計を飾る事もできます!

「お店にあった照明も気になっていたので、この機会に照明も新しくしようかしら!」と、合わせてお届けとなりました!

H2487_04

「照明も変わったし、絵も飾れて雰囲気がとってもよくなった!オーダーでお願いしてよかった~♪今後家具は必要になった時に徐々に揃えていくことにします。その時はまたお願いします!」と、H様からは嬉しいお言葉をいただきました ♪

H2487_06

これからも、長いお付き合いをお願いいたします!
H様、ありがとうございました!

【サイドボード W1800×D400×H900】

東戸塚店

2016.06.25

N邸 壁面TVボード お届け

N様はよくたまプラーザ店の前を通ったり、チラシを見ていただいていたそうで「お店は知っていたけど入った事がなかったんです。一度中を見てみたくて。あと、ご相談なんですがテレビボードってお願いできますか?」とご来店になりました。

H2455_01

リフォームをし、リビングダイニングを広くしたそうで「今までは簡易的なボードを使っていたんですが、ちゃんと収納力があるものがほしくて。」と、お部屋をスッキリさせるために壁面収納を考えていらっしゃいました。

H2455_05

テレビやDVDデッキのサイズ、他に収納したい物は?とお伺いしてみると、本とCD、小さな箱に入った雑貨などなど。
詳しくお話をお伺いしていると「この収納を置こうと思っているところの壁にエアコンがあるんです。エアコンにぶつからない高さで、バランスよい高さはどのくらいですか?もしよければ見に来ていただけますか?」との事でしたので、一度プランを作りしてお伺いする事になりました。

H2455_07

設置場所を確認し、プランを確認しながら調整。
高さは1600mmに決定しました。エアコンにかからず、上部の収納にも手が届く高さに抑えています。

横幅は右側にカーテンボックスと梁があったので、梁を避けたところから。
「テレビのサイズはあまり大きくないです。」との事でしたが、今後の買い替えで50インチのテレビまでは入るように設計しています。

H2455_06

テレビとデッキの収納部の奥行きは500mm。
今はテレビやDVDデッキの奥行きもだいぶ薄くなっていますが、TVボードで大切なのは収納部分の内寸です。
デッキの外寸サイズでTVボードの奥行きを決めてしまうと、デッキの後ろにコードを差し込んだ時、扉が閉まらない!なんて事にならないよう3rdでは奥行きは450~500mmでおすすめしています。

台輪で巾木も避けて、テレビとデッキの配線は壁面収納の中でやり取りしているので壁にぴったりつけることができます。
収納と壁の隙間にコードスペースがないので、ホコリが溜まる心配もありません!

本や雑貨を収納する棚の部分は圧迫感が出ないよう、奥行きを350mmにしています。

H2455_04

樹種は「濃くないほうがいいです。」との事で、お部屋の雰囲気とダイニングテーブルに合わせてチェリー材でおつくりしています。
CDやDVDが入る引き出しに、可動棚の本棚。
箱入りの小物を収納するために上段には棚は付けていません。

H2455_03

「オーダーで家具をつくったのが初めてだったけど、とっても綺麗にできて、お願いしてよかったです!!」と嬉しいお言葉をいただきました!

使い心地はいかがでしょうか?
お近くにお越しの際にはぜひ遊びにいらしてくださいね!
N様、ありがとうございました!

H2455_02

【壁面収納 W1900×D500/350×H1600】

東戸塚店

2016.06.24

G邸 TVボード お届け

3
ご友人の紹介で3rdに来てくださったG様。
TVボードをお探しだったようで、
「デッキ類が多く、スッキリ納められるものはないか…」とお悩みでした。

過去の実例写真を何種類か見て頂きましたが、G様はピンと来ないご様子…
すると、お店に展示してあったHELLA TV BOARDをみて、
「これ、いいかも!」と気に入っていただきました!
img_board_01のコピー

HELLAシリーズ最大の特徴は、”留め加工”です。
留

“留め加工”とは、切断面を見せないように板の接合部を45°に仕上げて組み立てること。
こうすることで、天板と側板の木目が綺麗に繋がり、自然な風合いを出してくれます。
これぞ職人技ですね!
また、内側にも角度をつけているので、分厚さも感じられずスッキリとしたデザインに仕上がっているのです。

デッキ類のサイズや他に収納したいものなどをお伺いし、
G様のご要望に合わせてプランニングしていきました。
名称未設定-1

後日G様のお宅へお伺いして詳細の打ち合わせ。
お悩みの種であったデッキのコード類は、なるべく外に出てこないように工夫を設けています。
まず、ボード内でコード類をとり回せるようにするため、方立を短くして奥の空間を大きくとりました。
さらに、デッキ内に移設のコンセントを増やしたり、配線孔を設けることで、とても使いやすい形になっています。

下段は、真ん中2杯をDVDなどを収納する引き出しに。
両側は、レコードやモデム類を収納するため下開きの扉にデザインしました。
脚の形状もG様と一緒に悩みながら決め、少し内側に入れて目立たなくしています。
1

G様特注のHELLA TV BOARDは、通常よりも奥行き、高さともに大き目サイズです。
搬入経路も事前にしっかりと確認済み!W2200を一体でつくりました。

素材はウォールナットで。
ブラインドの色ととても綺麗に合ってますね!

G様、その後の使い勝手はいかがでしょうか^^
またぜひ遊びにいらしてくださいね!

【特注TVボード W2200×D550×H550】

たまプラーザ店