オーダー家具の3rd -your life style shop-
2021.07.02

新たな使い途をリメイクで

在宅勤務が増えたことを機に、お母様から譲り受け使われていたドレッサーをデスクとして使いたい、
その他諸々リメイクのご相談で来店くださったS様。

↓下の写真はリメイク前の様子

真ん中のドレッサーと右側部分のTV台として使われている机、これらがリメイクで変わった姿がその次の写真です。
この機会にと椅子座面の張替もご依頼頂きました。

リメイク後(↓)

ドレッサー上部の収納棚をなくし無垢材で新規天板を製作しました。
在宅勤務に欠かせないPCコンセントを新規設置したことで一気にドレッサーからデスクに様変わり!
「なるべく原型を残した状態でのリメイクを」とのご希望にも添えることができました。

お選び頂いた椅子の張り生地は、高耐久で汚れが簡単に落とせる人気のアクアクリーン カラブの赤。
アクアクリーンは水で汚れが落とせる優れもので、ペットのいるお宅や小さなお子様のいるご家庭では特にオススメの生地です。
S様のお部屋のように家具が同系統色で揃えられている場合は特に、赤は色が映えてお部屋のポイントになります。


(↑写真上段)
右のTVボードは空いた残りの空間にぴったりはまるよう新規で製作しました。天板は無垢材を使用。
右側のマルチコンセントから全ての電源を取り、アンテナなど含め家具内部に配線が回せるよう配線ルートを確保しています。
向かって左は開き扉の収納棚、右はデッキとプリンターの収納に。

(↑写真下段)
プリンターはスライドトレーを入れ、必要時手軽に出せるようにしました。

上(↑)の写真は、ドレッサーの上部収納棚と天板を利用して製作したリビングテーブル(座卓)。
脚は新規で製作しています。
工房に立ち寄った際、研磨の手伝いをすることがありましたが、違う箇所の板材を使って作るリビングテーブルの天板は製作がなかなか難しかったようです。

新しく生まれ変わった姿!
デスク、テレビボード天板は無垢材を使用。素材はオーク材を着色し格段に良い素材感になりました。
サイズ、素材感が統一されお部屋もスッキリして見えます。
大切な家具が別の形で息を吹き返し、その姿を見られたS様の笑顔はわたしたちの次のステップに繋がります。

これまでも、これからも物を大切に使われるS様の姿に、お母様もさぞお喜びのことでしょう。
S様、ありがとうございました!

古くなったから、使い途がなくなったから終わり・・・ではなく、良いものを永く大切に使い続けて頂く為に、
3rdはメンテナンス、リメイクもお客様の状況に応じたご提案をしていきたいと考えています。

「我が家にも元々の用途では使わなくなった、使えない、使いにくい、だけど思い入れの家具がある」と困っておられる方は一度当社にご相談に来られませんか?
新たな使い途が見つかるかもしれません。

2021.06.25

無垢材にこだわったTVボード収納

テレビボード収納をご検討されご来店いただいたS様

大体のイメージやサイズなどがすでにお決まりで、素材についてはフローリングの材質と合わせてナラの無垢、TV下台にはガラス付引戸…etcと
ご希望がハッキリしていたため、あとは細かい要望をお伺いし下のイメージ資料を作成しました↓
下の写真は、TV台との高さを揃えた最初のプランから段差のできるプランに変更した完成写真。
引き出しが増えています。
採寸でご自宅にお伺いした際、リビングに置かれていたお子様たちの本や諸々の物をスッキリ収納できるようにと
S様とご相談の上、当初予定のプランからもう一段引出し部を追加したプランをご提案させて頂きました。
下の写真はお届け〜連結作業風景。
W3400と幅があるため、二つに分けて製作しています。
当初予定よりかなり収納力が増えた為、細々した物の避難先も確保。
こちらは天板と扉の前板をナラの無垢でその他は突板で製作し、床の素材との一体感のある仕上りとなりました。
レールを取り付けた引き出しは、引き出す作業がスムーズにでき小さなお子様にも安心です。
さらに少しでも収納力を増やすため、且つ大きな窓を活かすため、通常70mmの台輪を今回は30mmにて製作しました。
台輪を低くすることで家具の高さを変えることなく収納力upに繋がります。
大きな窓から光の入るとても素敵なご自宅に、木目の揃ったTVボードが映えます。
こちらにソファも置かれるとのこと。
自然の風合い、色味でまとめられたリビングで、S様ご家族が寛ぎの時間をお過ごしになる姿が目に浮かぶようです。

S様ありがとうございました。
【特注テレビボード収納 : w3400×d450×h450】

2021.06.04

長年の構想を実現した理想のエクステリア


こちらは、以前フロアスタンドをご購入頂き、当時から庭を改装したいと仰っていた、デザイナーであるT様邸のエクステリアリノベーション完成写真です。

↑上は施工前の写真
こちらもとても雰囲気のある素敵な空間です。

今回のリノベーションでのご要望は
・窓とフロアラインがなるべく揃った、リビングから続くもう一つの部屋のような空間
・お隣との境にはパーテーション的なものを
・駐車場から庭への門扉交換
・シンボルツリーの周りには枠+砂利敷き
・タープ用フックの設置
 等々・・・

T様のご要望にお応えすべく、ご提案させて頂いた完成イメージのスケッチがこちら(↓)。

床はコンクリート仕様とウッドデッキバージョンの2パターンを提案。
広い空間の為、全面ウッドデッキにすると少し重厚なイメージになり木ルーバーとのバランスを考慮しコンクリートフロアに決まりました。お手入れもし易いですね。ベンチはブロック積、コンクリート仕上げで背面に背もたれ兼目隠しのルーバーをセラガンバツ材にて設置します。
立水栓交換、パンはコンクリート仕上げ。
使う素材を絞りそれぞれの質感が活きるようミニマルなデザインを意識しました。



上(↑)は施工図面。
作業しながらルーバーの間隔や幅など細かい点はお客様と相談しながら調整していき、いよいよ工事の開始です。

まずは基礎工事から。
墨出し後ブロックを積んでいきます。職人さん作業が早い!


下の写真(↓)
土、砂利を入れ元のフロアラインと合わせていきます。配筋を入れ基礎は大凡完成。


下(↓)写真左、パンをブロックで作っているところ。
下(↓)写真右、枠工事。内側は防草シート+白玉砂利敷きになります。

上面にコンクリート流しこみ。立ち上がり部分はモルタル左官で仕上げます。

お天気の心配等ありましたが無事コンクリート工事が完了!

次に木工事開始。
まずはアーチの下地作り。ラスカット張り→コーナー材取付→コーキングへと進みます。

モルタル+塗装で完了。

下の写真は、ご要望にあったお隣との境になるパーテーション的なもの。




当初、計画になかった上部白い枠のアーチ。
T様がInstagramで見つけられたイメージ写真を元に設計させて頂いたものです。
これが大正解!
このアーチのおかげで、区切られた空間のイメージが出て第二のリビング感が増しました。

お客様からの「こういうもの作れるかな?」「こういうものが欲しい!」というご提案やご希望は、それまでになかった新しい発想、素晴らしいアイデアをを生むことに繋がり、お客様からの言葉で引出しがまた一つ増えていきます。

門扉の交換も終わり、これで工事は全て完了です。

それでは門扉の向こう、その先に見える景色をお見せしましょう

白玉砂利はコンクリートとはまた違った雰囲気が出て、この違いがお互いの良さを引き立てています。
下の写真3枚はシンボルツリー側から見た景色


グリーンや家具を置くことで、スタイリッシュでありながらも暖かみのある空間となりました。


風が通る、静かなもう一つのリビング空間の完成です。
のんびりお茶を飲んだり読書をしたり、洋服のデザインを考えたりお友達と楽しい時間を過ごしたり・・・
T様の大切な空間になれば嬉しいです。

↓後日お客様から頂いたお写真です。

今回のリノベーション、T様の素晴らしいセンスやアイデアに触れることができ、とても勉強になり充実した時間を過ごすことができました。
T様、今回も本当にありがとうございました!

2021.05.27

収納力重視のオーダーメイド家具

収納力のあるTVボードとダイニングボードをお探しでご来店くださったT様ご夫妻。

当初は既製品のユニットタイプもご検討されていたようですが、
お話をさせて頂く中で、サイズがぴったりと収まる、収納スペースを一から考えられるオーダー家具に興味をお持ち頂き、今回のご提案となりました。

↓ テレビボードとダイニングボード設置前写真

TVをご覧になる際には、リビングやダイニングにその都度移動されていたというキャスター付テレビ台(写真1枚目)、
ダイニングボード設置場所右下には、ガスストーブ用コンセントがあります(写真2枚目)。

今回ご希望されたのは
ダイニング側からもリビング側からもTVを見ることができる収納力のあるTVボードと、
ガスストーブを使用しない時期は本体を収納し、使用する時期はごちゃついて見える配線が隠せる。
その他、洗濯に使う細々した物を収納できるダイニングボードを、とのことでした。

これらのご要望を叶える為、ご提案させて頂いたイメージ資料がこちら↓
↓下の写真は組立風景
分割して製作したものをご自宅に搬入してから組み上げていきます。
↓下の写真は腰高のボードと背の高いボードの連結中!その後、飾り棚を取り付けます。

そして完成した姿が下の写真↓

サイズもぴったりでホッと一安心(笑)もともとスッキリされているご自宅が収納場所が増えたことで益々スッキリと見えます。
今回はTVを壁掛けにするため、壁の補強として背面パネルを取り付けました。
パネルに金具を取り付けることにより、壁に直接取り付けるより強度が増し、壁を補強する分のコストも削減することができます。

首振り金具により、ダイニング側からもリビング側からもテレビを見ることが可能になりました。
収納力も抜群です。

正面向かって右側の背の高いボード下段には掃除機、使わない季節のガスストーブを収納する場所に。
冬場に使うガスストーブの配線を延ばせるよう、下部に床との空きスペースを設けてあります。
使用する場所近くに収納するスペースがあるのは、片付けが億劫にならずすみますね。

上段には洗濯物に使う物干しハンガーや洗濯ばさみ等、細々した物の収納に。
物干しハンガーや洗濯ばさみ等の保管場所にはお困りの方も数多くいらっしゃると思います。
当たり前のように洗面室に置くしかないと思っていた物も、使い方を考えれば置き場所も変わり、それによって生活動線も変わっていきます。

普段の生活の何気ない、「もう少しこうだったらいいな」と感じることを、3rdではお客様と一緒に改善策を考えご提案できればと考えています。

T様本当にありがとうございました。

【テレビボード収納_w1620×d500×h500/1850】
【ダイニングボード収納_w2310×d450×h850/1900】

2021.05.14

快適な在宅ワークを目指して

在宅ワークが増えたことを機に、デスク周りを快適に、且つ機能的に使いたいとご来店くださるお客様が増えています。
以前ヤコブセンのベルビューフロアランプをご購入頂いたY様も、今回書斎を改造したいとご相談に来店くださいました。
デスク、ファイルその他細々した物全てを収納でき、一日の大変を快適に過ごせるようなシステムデスク。
ご要望をお伺いしながらプラン作りを進めます。

設置前のご自宅へ取付位置、壁芯の位置など確認にお伺いさせて頂きました。
設置壁向かって右側の壁に造作の棚がある為、取付け面の壁全部を使わずホビーワゴンがピタリと入る寸法の空間を設けます。その完成イメージがこちら↓(下図)(ワゴンの仕様変更有り)

下の図は家具裏面から見たコンセント、照明配線ルートの指示図です。
吊り棚に取り付けたLEDライン照明の電源は、左側コンセントから壁の隅をモールを使ってあげていることがわかる図となっています。


余分な配線をなくし明るさも得られたスッキリとした空間。

下の写真は組立作業風景。搬入経路を考慮し分割しています。

吊り戸棚の奥行きは350mmとしファイルや本などを収納します。また向かって左にはオーディオを置けるようコンセントを設置しました。壁にある元のコンセントはデスク側板に移設しています。

永く使って頂けるよう、引き出し内部は桐無垢材となっています。桐は古くより大事なものを仕舞うのに重宝され、カビの発生を抑制してくれます。また、引出しの開け閉めにかかるストレスの軽減にスライドレールを入れました。

天板は無垢材ですが、万が一反りや割れなどが生じた際、天板のみ取り外しメンテナンスできるよう後乗せの仕様になっています。
天板上面には2人並んで作業できる用にコンセントを設置し、下段引出しはファイルが背上で入る寸法に。
こちらのシステムデスクは吊り棚、デスク共にワイド2.5mと幅広の為、横に2分割して製作していますが、一体感を出すため無垢天板の木目を繋げた加工を施しています。
また、吊り棚にすることにより圧迫感なくスッキリした印象となりました。

在宅ワークで使用する周辺機器、書類、その他細々したもの全てを快適に使いこなせるよう、細かなところに配慮したシステムデスクが完成です。

オーディオから流れる音色、仕事に集中できる機能的なシステムデスク。ストレスのない快適なY様の在宅ワーク生活となれば幸いです。
今回もありがとうございました。

吊戸棚 w.2500 d.350 h.550
デスク w.2500 d.600 h.735