オーダー家具の3rd -your life style shop-
2021.11.19

水槽台と飾り棚のあるやわらかな陽が差し込む空間


以前、ご主人の部屋の本棚とデスクを製作させて頂いたN様。
以前のブログはこちら

その時と同じご主人の部屋の反対面の壁に、水槽台が置けるサイドボードをご検討中とのことで来店くださいました。
その際、お店に展示している格子パネルを大変気に入ってくださり、採用することに。

この格子パネル、板を差し込むだけで飾り棚になるため、ご来店されるお客さまから大変ご好評頂いています。
只、温度、湿度などの環境によって収縮する木の特性ゆえ、板を差し込む際きつくなったり緩くなったりと差し込み辛くなることがあります。その特性をご理解頂き、製作させて頂きました。

下図(↓)はプラン図

向かって右側のサイドボード本体には、水槽を置く上で必要な工夫が施してあります。

まず、家具と壁に隙間をつくらないよう側板に配線孔を設け、パイプや電源が取り回せるように。
また、ごちゃつく配線は構造上厚さをもたせた天板内に収め、天板下端に設けた3口コンセントで見た目スッキリと。
使いやすくもなっています。

水槽は水を入れるとかなり重くなってしまうため、荷重を考慮し外から見えない台輪の中にアジャスターを通常の倍の8個取り付けています。
また、サイドボードの上に厚さ3㎝の天板を後乗せし強度を持たせました。この天板には水に濡れても問題のないウオールナット柄のメラミン化粧板を貼っています。

下の写真は作業風景。
左は、配線ルートを取り、隙間をフィラー処理するところ。
右は、窓枠が干渉する為、天板の長さを現場にて調整しているところです。

完成品がこちら(↓)

天井までパネルを張り詰めると圧迫感が出るため、高さは左隣のドア高さに合わせました。
窓枠との高さにも合っており、全体的な調和が取れています。

左側のオープンボードのコーナーには丸みを持たせて。
出入り口付近にある家具に少し丸みを持たせるだけで、出入りがよりスムーズになります。ケガの危険も最小限に抑えられるように。

掃出し窓には枠内で収まるようハニカムシェードを設置しました。
それまでカーテンをご使用でしたが、枠内に収まるハニカムシェードに換えられたことで空間を有効的に使えるようになり見た目もスッキリしました。
こちらはレースの優しい採光も取り入れることができ、水槽の中の魚たちも安定した環境で過ごせるのではないでしょうか。
また、ハニカム構造により断熱効果が得られ、冬はより暖かくお過ごし頂くことができます。

前回に続き、ご主人様のお部屋がより快適にお過ごし頂ける場となっていれば幸いです。
N様、今回もありがとうございました!

格子/フラットパネル 2705×50×1345
オープンボード 1205×520×710
水槽台 1500×520×710
ハニカムシェード 805×1790

2021.10.29

新旧ソファのコラボレーション

同じソファがL字に並べられている落ち着きのあるリビング風景。

この写真を見てそう思われた方が多いのではないでしょうか?

実はこの写真、
向かって左側が今回新たにご購入頂いたソファ「WAVE
右側が13年程ご使用のソファ「FR

違和感なく新旧二つの異なるソファが並んでいるのは、以前ソファ「FR」をご購入頂いたT様邸リビング。
よーく見ると、確かに違いはあるものの、そう違和感はありません。

今回、カタログをご覧になられたT様より、以前ご購入のものとは別のソファ「WAVE」を、新たに追加希望とのご連絡を頂きました。
後日、お部屋に置けるsofaのサイズを確認するため生地サンプルを持参しT様宅へ・・・

お伺いするまでは、既存sofaの樹種(Oak)と合わせたソファのご提案を予定していましたが、T様宅の現状家具の割合としてリビングテーブルなどウオールナット系が比較的多く、またT様のご希望もウオールナットだったので、ウオールナットのWAVEに決定しました!
ただ、そうなると心配なのは既存オークのソファと、新しいウオールナットのソファの樹種の違いによる違和感・・・
そこで、その違和感を和らげるため、お使いのソファ生地を新しいソファ生地と揃えることをご提案しました。

(↓)下の写真は13年程お使いのソファ「FR」
樹種オーク、生地は薄いグリーン
この生地を張り替えると・・・

         ↓ ↓ ↓    


張替え後の「FR」
生地の色が変わると別物に見えますね!
生地の色は何色かご提案させて頂いたのですが、ダイニングテーブルがパープルハートという、名前の通り紫色をした樹種だったので、生地はそれに合わせて紫に。

(↓)下の写真は今回新たにご購入されたsofa 「WAVE」
後ろに小さく見えるkuku chairもウオールナット

波の動きを描くような背面デザインが特徴的な「WAVE」
こちらはフルカバー交換可能、座面下の構造にイタリア産のウエービングテープを使用し耐久性のあるソファです。

慣れ親しんだソファと新しいソファのコラボレーション。
生地を揃えることで一体感が生まれました。

全て買い替えるのではなく、今ある物も大事にしながら気分も一新できる・・・今回のT様を参考にする方も増えるのではないでしょうか。

T様、今回もありがとうございました!

2021.10.21

既存収納の扉交換でより快適に

20年程前、工務店にて設置された備え付け収納の3枚開戸を、引戸に交換したいとご来店くださったM様。

こちらが既存の開き戸。〔↓写真〕

交換希望の理由として
1.湿気がひどく扉を開けて換気をしたいが、開けっ放しだと扉が大きく邪魔になるため
2.在宅ワークの際、カメラ越しに扉が見える為綺麗にしたい
とのことでした。

しかし元々が開戸の為、残念ながら開戸を引戸に交換することはできず・・・。
幸い扉分前に出てきても大丈夫そうなスペースがあったので、新たに引き戸のレールを上下に入れるための枠を製作する事をご提案させて頂きました。

「引戸にできて綺麗になるならお任せします」
とご依頼頂き、イメージ資料を作成したのがこちら下図(↓)。

まずは扉と蝶番を取外します。
収納力は結構ありますね!

新たに四方に枠を固定していきます。
これらの枠、長さがある為搬入が心配でしたが無事搬入完了。
レールを入れるのは上下で、左右は扉の戸当たりとなります。


工房で製作したものを既存のものに取り付ける際にどうしても必要となる微調整や現場加工を経て、開き戸から引戸に交換完了!

こちら引戸の取っ手は、既製品ではなくウオールナットで一から工房にて製作しました。
既製品にないもの、探してもなかなか見つからないものも工房で可能な限り製作します。

換気の際、扉を開けていても邪魔にならなくなりました!

取り付けのご様子を終始ご覧になっていたM様より

「家具屋さんにお願いして良かったです」
「次はキッチン収納の扉もお願いしたいです」
とのお言葉を頂きました。

嬉しいお言葉です。ありがとうございます!
その際はまたブログにてご報告させてください。

オーダー家具屋である弊社は、新しく家具を作るだけではなく、M様邸のように今お使いのものを生かしつつ一部替えることでより快適に使えるようなご提案もさせて頂いています。

少し気分を変えてみたい方、考えがまとまらない方・・・一度ご相談に来店されてみませんか?

M様、ありがとうございました!
今後もどうぞよろしくお願い致します。

2021.10.15

異素材の組合せで空間にスパイスを

黒い鉄脚、ウオールナット無垢の天板を使ったダイニングテーブル。
ウッドブラインド、座面と背面に黒革を使ったウオールナットのダイニングチェア。
木と鉄、革という異素材の組み合わせがスパイスのきいた空間を作り上げました。

こちらは、リノベーションしたマンションにお引越しの際、ダイニングテーブルをお探しで来店くださったK様ご夫婦宅。
何度か打合せを重ね、今回ダイニングセットとブラインドのご依頼を頂きました。

広々としたダイニングには、ご両親や友人が来ても余裕があるw.2000 D850のテーブルを。

椅子は、徳島にある宮崎椅子製作所様の人気椅子「pepe arm chair」
デザイン、軽さ、座り心地などを気に入って下さり、店内展示品と同じ仕様のレザータイプをお選びに。

所々に取り入れる異素材の黒は引き締め効果抜群!
ご来店されるお客さまの中で、インテリアに黒を取り入れることに躊躇したりイメージするのが難しい方には、こちらの写真をご覧頂くと納得されることが多いのです。
取り入れ方によって決して暗くなりすぎず、重くもならない。異素材の組み合わせで黒のイメージは覆ります。


窓周りは各部屋の仕様、雰囲気に合わせたブラインドをお選び頂きました。

LDメインの窓と書斎のコーナーにある窓にはレッドシダーウッドブラインドを。

レッドシダー、日本では「米杉」と呼ばれますが、ヒノキ科であるため独特の香は人々の暮らしをリラックスさせると同時に、虫を遠ざける効果も持つと言われています。
様々な色合いを持っていることが特徴として挙げられ、耐水、防腐、寸法安定などの特性もあります。
これらは四季ある日本のニーズとマッチし、部屋の湿度バランスを保持、そして樹種の特性から空気層を多く含むため高い断熱効果も期待できます。

ブルーグレーのアクセントカラーを使った壁の一部とウッドブラインドとの相性もステキです☆

下の写真(↓)
LD小窓と書斎の腰高窓は上下開け閉めできるハニカムシェードをお選びに。
ハチの巣状の構造は、夏は断熱効果、冬は保温効果と快適な室温にしてくれるのです。
断熱効果と保温効果があるので、エアコン代の節約にもつながり、外部の音を和らげる効果も。 上品な生地は柔らかく優しい光をお部屋に注ぎます。
インテリアとしても楽しめ、省エネにもつながることができる優れもの。

ゆったり座れる寸法のダイニングテーブルはウオールナットで製作しました。
明るめの床に濃い色の家具を置くことをためらわれる方、想像がつかない方などには参考になるのではないでしょうか。

鉄と革という、ちょっとハードな素材も取り入れつつ、全体は木の暖かさに包まれているグリーンの映えるK様邸。
素敵な笑顔のご夫婦にピッタリな空間になりました。

K様、ありがとうございました!

2021.10.02

見た目も美しいTVボードとカウンター


こちらは、とてもかわいいワンちゃんと一緒にご来店くださったS様宅にお届けしたテレビボード。
中にはスピーカー、デッキが納められています。

TVボードとカウンター(ワークスペース)をお探しだったS様のご希望は、壁~壁 隙間のないスッキリしたテレビボードと、安定感のある機能的なカウンター。
スッキリした印象を持たせる為、テレビボードには横格子を採用しました。
どちらもお使いのダイニングテーブルの素材に合わせ、ウォールナットで製作。

お伺いした内容を元に作成したプラン図がこちら(↓)
後日ご自宅にお伺いし、寸法を正確に測り設計図を作成します。

まずはテレビボードからご紹介。
壁~壁 隙間のない家具を製作するのに欠かせない加工がこちら(↓)

コンセント部分を開口し、家具内で配線のやりとりができるよう設計・製作しました。
また、幅木(床面に接する壁の下部に取り付ける部材)厚さ、高さ分も考慮し、壁との隙間がない仕上りに。
隙間がないメリットは、幅木やコンセントの上に埃がたまることも、隙間に物が落ちる心配もないことです。
大掃除や模様替え、引越しのタイミングで見つけるごっそりたまった埃にショックを受けることも、こんなところにこんなものが?!と驚くこともありません。
見た目もスッキリ。
オーダー家具だからこそできる加工です。

デッキ、スピーカー収納部は上開き家具扉のフリッパー扉。左側二つは深めの引出し仕様となっています。
このフリッパー扉も引出しも、軽く押すだけで開閉出来るプッシュオープン式。
開閉のストレスがありません。

次にワークスペースのカウンターをご紹介

ご主人が以前DIYで作られたものは安定が悪く、よりスッキリ機能的なものをご希望とのこと。そこで壁に板を付ける仕様にしました。

① まずカウンター土台を高さに合わせて壁に取り付けます。どこに取り付けるかが強度を持たせるために重要。
壁奥にある間柱の位置を確認し、柱にしっかり取り付けます。

② こちらは①の土台上から被せるL字型カウンターの調整。製作したカウンターを現場に合わせ微調整します。
 

③ 土台(①)とカウンター(②)を固定


完成品、見た目はとてもシンプル。
けれど、シンプルに見せつつ強度を出すための内部構造は少し複雑。
現場では少しずつ削り合わせ様子を見ながら調整していく、なかなか大変な作業なのです。

つい家具を置きたくなってしまう空間に、敢えてシンプルなカウンターのみという潔さ!
結果、シンプルの中に強度と美しさのどちらも併せ持つ奥の深いカウンターが完成しました。

S様、ありがとうございました!

特注格子TVボード W1940×D450×H450
DESK天板 W1941×D368 t.50