オーダー家具の3rd -your life style shop-
2021.09.26

念願のキッチン収納

今回はキッチン収納をご紹介!

お使いになられていたキッチン収納下台の引き出しが重みで勝手に開くことがお悩み、
そして、キッチン収納と冷蔵庫の300mm程の隙間を有効的に使いたいとご希望のS様にお届けした完成品がこちら(↓)

当初からイメージされていたという、オーク、アイアン、ステンレスのキッチン収納。
これら素材の相性が抜群で、とにかく格好いい!!
お使いになられている冷蔵庫、奥のタイル壁とも相性バッチリです!

天板をステンレスでとご希望されたのは、ご主人がパンやお菓子を作られるから。
ステキ過ぎます★
ステンレスは水や熱、汚れに強く、臭いがつきにくく且つ衛生的。
お手入れもし易く、お料理やお菓子作りには最適な素材です。
ここで何を作られるんだろう~想像が膨らみます!

下の写真はお使いになられていたキッチン収納

古くて使いにくいという訳でもなさそう。
キッチン収納と冷蔵庫の隙間も、収納力や用途を考えられて木のワゴンを設置されるなど工夫して使われています。
でも、よく見ると下台収納の引出し前に瓶が!これが勝手に開いてしまう引出し対策とのこと。
毎日のことだと瓶を動かす手間も確かにストレスですよね。
そして、キッチン収納と冷蔵庫の隙間上部は、普通なら諦めてしまいがちな奥行き違いの壁。
うーん、確かにどうにかなるのならどうにかしたい・・・
そこを如何に、より有効的に使うことができる方法はないものか?
ここからがオーダー家具屋の出番です。

まず、吊り戸は既存のものを生かし、扉のみを交換します。
こちらは扉だけの交換なので中はそのまま。


収納下台は、同じ場所にレンジを収納することと現状の引出しに合う収納方法だった為、あえて同じ形で設計しました。

一番の悩みどころの収納と冷蔵庫の隙間はアイアンラックとアイアンフレームの吊り棚をご提案。
アイアンラックと収納下台、冷蔵庫が一直線に並ぶよう、アイアンラックの奥行きを調整し、素材をステンレスに統一すると、こんなにもすっきり広く見えるようになりました。

上部のアイアンフレームの吊り棚は、奥行きの違いを生かした作りに。
見せる収納場所として、アイアンの黒が引き締め効果をもたらした存在感のある仕上りとなりました。
キッチン収納から冷蔵庫まで、床から天井まで、余すところなく有効的に目一杯使えるキッチン空間です。

「こんなキッチン収納が欲しい!」
そんな風に思われた方は是非ご相談にご来店ください!(笑)

設置後、S様よりこんなお言葉を頂きました。

「念願の夢が叶いました」

とても喜んでくださったご様子に安心し、とても嬉しく思いました。
この言葉を今後の励みとさせて頂きます。

S様ありがとうございました!
今後ともよろしくお願い致します。

【オークボード : W1415×D460×H850 / 吊り戸棚 : 扉交換】
【 アイアンラック : W280×D730×H850 / アイアン吊り棚 : W483×D605×H665】