オーダー家具の3rd -your life style shop-
2021.10.02

見た目も美しいTVボードとカウンター


こちらは、とてもかわいいワンちゃんと一緒にご来店くださったS様宅にお届けしたテレビボード。
中にはスピーカー、デッキが納められています。

TVボードとカウンター(ワークスペース)をお探しだったS様のご希望は、壁~壁 隙間のないスッキリしたテレビボードと、安定感のある機能的なカウンター。
スッキリした印象を持たせる為、テレビボードには横格子を採用しました。
どちらもお使いのダイニングテーブルの素材に合わせ、ウォールナットで製作。

お伺いした内容を元に作成したプラン図がこちら(↓)
後日ご自宅にお伺いし、寸法を正確に測り設計図を作成します。

まずはテレビボードからご紹介。
壁~壁 隙間のない家具を製作するのに欠かせない加工がこちら(↓)

コンセント部分を開口し、家具内で配線のやりとりができるよう設計・製作しました。
また、幅木(床面に接する壁の下部に取り付ける部材)厚さ、高さ分も考慮し、壁との隙間がない仕上りに。
隙間がないメリットは、幅木やコンセントの上に埃がたまることも、隙間に物が落ちる心配もないことです。
大掃除や模様替え、引越しのタイミングで見つけるごっそりたまった埃にショックを受けることも、こんなところにこんなものが?!と驚くこともありません。
見た目もスッキリ。
オーダー家具だからこそできる加工です。

デッキ、スピーカー収納部は上開き家具扉のフリッパー扉。左側二つは深めの引出し仕様となっています。
このフリッパー扉も引出しも、軽く押すだけで開閉出来るプッシュオープン式。
開閉のストレスがありません。

次にワークスペースのカウンターをご紹介

ご主人が以前DIYで作られたものは安定が悪く、よりスッキリ機能的なものをご希望とのこと。そこで壁に板を付ける仕様にしました。

① まずカウンター土台を高さに合わせて壁に取り付けます。どこに取り付けるかが強度を持たせるために重要。
壁奥にある間柱の位置を確認し、柱にしっかり取り付けます。

② こちらは①の土台上から被せるL字型カウンターの調整。製作したカウンターを現場に合わせ微調整します。
 

③ 土台(①)とカウンター(②)を固定


完成品、見た目はとてもシンプル。
けれど、シンプルに見せつつ強度を出すための内部構造は少し複雑。
現場では少しずつ削り合わせ様子を見ながら調整していく、なかなか大変な作業なのです。

つい家具を置きたくなってしまう空間に、敢えてシンプルなカウンターのみという潔さ!
結果、シンプルの中に強度と美しさのどちらも併せ持つ奥の深いカウンターが完成しました。

S様、ありがとうございました!

特注格子TVボード W1940×D450×H450
DESK天板 W1941×D368 t.50