オーダー家具の3rd -your life style shop-
2015.06.08

鮨 みやもと 様 虹イス お届け

m01IMG_07702月のある日、あざみ野駅の看板を見て3rdにご来店されたお客様。
ekikanbanお話をお聞きすると、たまプラーザのお鮨屋さんで修業を積まれてきた職人さんで、
この春、地元茅ヶ崎でお鮨屋さんを開業される予定とのことでした。

「鮨 みやもと」と新しいお店の名前が入った名刺をくださったご主人、
長年の修行を経て独立されるまでの経緯や、新たなお店への意気込みなど
とても情熱的にお話ししてくださいました。

現在は、お店の内装工事を進めている段階だそうで
今ご主人が悩んでいるのは、カウンターの高さについて。
「カウンター席用の椅子がまだ決まっていないので、
カウンター自体の高さも未だに決められずにいるんです。」

カウンターを椅子の高さに合わせるのか?
椅子の高さにカウンターを合わせるのか?
使いやすい高さはどのくらいなのか?
といったことのご相談で、3rdにご来店くださったのでした。

「それではまず、ご主人が、お店で食事をされるお客様に
“どういう状態で座ってもらいたいか”
ということを考えた方がいいかもしれませんね。
もし、ゆったりと食事をしてもらいたいなら、
カウンターチェアより、しっかりと床にかかとをつけて
座れる高さの椅子にしてはどうですか?
そして、椅子の座面の高さから270mm~300mm以内の差尺で
カウンタートップの高さを決めるのがベストではないでしょうか?」
と、ご提案しました。すると、
「なるほど~!そうやって決めればいいんですね。
確かに、お客様にはゆったり落ち着いてお鮨を食べていただきたいので
カウンターチェアではなくて、床にしっかり足が付く椅子のほうがいいかもしれません。」
とご主人。

そこで、お店の雰囲気を考えてご提案したのが、白木の“虹イス”です。
nijiishu[虹イス / W420×D460×H750 SH450]

後脚を垂直に立ち上げることで、
後方のスペースを圧迫しないようデザインされています。
しっかり席数を確保つつ、導線も考慮したいお店などには、
こうしたコンパクトな設計の椅子がぴったり。

でも、コンパクトなところだけでなく、座り心地も考えています。
背もたれの部分が腰にフィット。
加重を腰から支えることで安定した座り心地が得られる椅子です。
落ち着いてお鮨を楽しんでほしいというみやもとさんのお店には
とても合っているのではないでしょうか。

虹イスをご提案すると、ご主人は
「いいですね!白木の椅子はイメージしてたんですよ。
座面の高さが450mmということなので、
それに合わせてカウンターの高さを決めようと思います。」
というわけで、その場で虹イス8脚をご契約いただきました!

後日、座面の張地決めのため、ご主人に再びご来店いただきました。
取り寄せた生地サンプルの中から
上品で落ち着いた色味、白木にもよく映えるえんじ色に決定しました!
proceed-Epalpa104それから約1か月後のご配送日、
茅ヶ崎のお店を訪れると、すっかりお店は完成していました。
2日後にはプレオープンで、3月末にいよいよオープンとのこと。
椅子も間に合ってよかったです!
m01IMG_0773ピカピカのカウンターに並んだ虹イスはとてもいい感じ。
ここでゆったりとおいしいお鮨を食べてみたいですね~^^

P.S. 後日、みやもとのご主人からご連絡をいただくと、
オープンしてからお店の方はとても盛況なようで、お客様の座る椅子が足りないとのこと。
2脚追加でご契約いただきました。ありがとうございます!

★気になった方は是非行ってみて下さいね!
「鮨 みやもと」
神奈川県茅ヶ崎市東海岸南2-6-12 ル・ファール東海岸 103
ホームページ

たまプラーザ店