オーダー家具の3rd -your life style shop-
2021.12.06

1台3役のサイドボード

3~4年前にテーブルや椅子、照明などをご購入くださったF様。
テーブル、椅子のブログはこちら※2番目に紹介しています

照明のブログはこちら

お引越しのため、以前取り付けた照明を新居に付け替えて欲しいとご依頼があり、その際、新居の壁に収納が欲しいとご相談を受けました。

こちらが製作させていただいたサイドボード(↓)

設置場所は、幅4.3m、上部に腰高窓のある壁面。
壁いっぱいに設置のため、長さのあるサイドボードです。

このサイドボードには、

「ワークスペース」
「お気に入りの食器などを収納する飾り棚スペース」
「外から中身が見えない色々仕舞えるスペース」

これら3つのスペースがあることがF様のご希望でした。

そこでご提案させて頂いたのがこちら(↓)

シンメトリーのテーブルの配置や生活スタイルを元に、開き扉、引出し、ガラス引戸など勝手のよいものを取り入れ、バランスを考慮しました。

長さがあるため、4分割構成で製作しています。

まず、向かって左側のワークスペース。
デクスはスライドトレーとし、使わない時はノートPCやキーボードを仕舞えるようにしました。
これで常にスッキリした印象を与えることができます。
下の引出しはA4サイズのものがピッタリ納められる寸法で製作し、整理整頓しやすくなっています。

中央の飾り棚スペースは、ガラス引戸仕様+LEDダウンライトを取り付けました。
その上、中の棚板もガラス仕様!
Wガラス+照明!
これで、中に飾るモノを最大限美しく見せてくれる最強の飾り棚スペースが完成です。
何を飾るか、考えるのも楽しくなりそう!

最後に「外から中身が見えない、色々仕舞えるスペース」をご紹介。

どこのお宅にも付いているコンセント。
この部分はどうしても家具と壁との間に隙間が空いてしまうところ・・・そう諦めてしまう方も多いのではないでしょうか。
ブログ作成者自身もオーダー家具ならではのこの加工を知るまで、隙間が空いてしまうことを当たり前だと思っていました。コンセント部分を差し引いた寸法の市販の家具を探したり・・・そうなると本当に欲しいものに出逢える確率は相当低くなるわけです。
家具自体に開口してしまうことに戸惑う方もいらっしゃるかもしれませんが、もし開口部を塞ぎたいときはご相談頂ければご対応させて頂きますのでご安心を!

引出しはスライド金具を取付け、スムーズに引き出せるように。

下の写真は取付風景の様子
家具を一から製作した弊社工場長が自ら組立や配線を行います。

収納するためだけの家具ではなく、一部にワークスペースがあったり、ワクワクする飾り棚があったりの1台3役のサイドボード。
天板には無垢材を使用し、永く使って頂ける家具が誕生しました。

F様、今回もありがとうございました。

SIDEBOARD W4312×D500×H850