オーダー家具の3rd -your life style shop-
2017.02.07

H邸_ウッドデッキ

西麻布にお住いのH様。
3rdのブログをご覧頂きお電話でお問い合わせくださいました。
「ポーチにウッドデッキをつくりたいんですけど…」
お任せください!と一度現場を見させて頂いてご提案させていただきました。
何箇所か問題点がありましたがそれをどのようにクリアしていったのか…!
店長は大変頭を悩ませたそうです(笑)

ウッドデッキを作る際、とても難しいのが水平レベルを一定にすることなんです。
ポーチは水はけをよくするために、地面は水平でなく傾いています。
ウッドデッキを水平にするためにアジャスターを使用して、ごくごく微妙に高さを変えます。
地味に見える部分ですがとってもとっても大事な作業!

水平レベルをクリアすると、もうひとつ難点が…
避難はしごを避けなければいけない!!
こちらも必ずクリアしなければならないところです。
設計の際とても悩んだ店長、解決策は全面ウッドデッキで埋め込むのではなく、避難はしごの上だけ蓋を作る事で問題はクリア!
このように…ぱたんっと!
工場長がぴったりにおさめてくれました^^

H様「室外機ってどうしても生活感がでてしまって、こちらもどうにか見た目を綺麗にできないかしら…」とこちらもなかなか悩ましい部分…
ウッドデッキと同じ素材を使って囲いを作ってみました!空気が抜ける部分は格子のようなデザインで、周りはしっかり囲んで横からは室外機が見えないようになっています。これなら、室外機の上にグリーンを置いても様になります♪

せっかくウッドデッキにするならちょこっとくつろげるスペースも!ということで腰を掛けられるベンチも組み込んでみました!

「お部屋の中も少し使いづらいスペースがあるんです。」ということでいざ確認!
壁掛けTVの下に小物を置けるスペースと、反対側の壁に少し作業ができるスペースを。とのことでしたので、小さな棚をそれぞれに壁付しました。

「ベッドの方も気になるところが…」
お部屋の間仕切りにぴったりとベッドを横づけしているのですが、ちょっとだけ隙間が…これは気になります。
ということでしっかり埋めましょう!
服やかばんをちょこっとかけられるフックも取り付けました。両側から使用できるのでとっても便利です^^

全ての取りつけが終了すると
「こんな工夫ができるんですね!とっても過ごしやすくなりました^^」
とお喜びいただきました。
実はこちらお届けが真夏でした。(ブログをあげるのが遅くなってしまいすみません…)工場長、室外機の前での作業がとっても熱く大変だったそうです。それでも妥協無しにいつもいつも綺麗におさめてくれる工場長はやはりさすがです!
これから春に向けて、ウッドデッキでお花見なんてできたら素敵ですね!

H様、ありがとうございました!

たまプラーザ店