オーダー家具の3rd -your life style shop-
2012.04.29

K邸 ダイニングテーブル・チェアお届け

横浜市青葉区のK邸にglowテーブル・チェアS2・1000アームチェアをお届けしました。

お引っ越しを機に、ダイニングテーブルをお探しだったK様は、
「家族みんなで集まるダイニングテーブルは、いい物が欲しい!」
とたくさんのインテリアショップを回られていて、その中で、3rdにもご来店いただきました。

3rdでは、家庭の中で毎日の暮らしの時間を心地よいものにする場所として、ダイニングをとても重要視しています。

家族が集まる場所、そこから生活が始まり、帰ってくる場所がダイニングです。

そこに置かれるダイニングテーブルを私たちは、家具の王様と呼んでいます。

この様な3rdの考えにご納得いただき、シンプルなデザインに確かな素材を使用したGlowテーブルに一目ぼれ!

さて、K様のリビングダイニングは、吹き抜けになっていてとても解放感があります。

そこに木製の窓枠やカウンターと白い壁が柔らかい雰囲気で濃い色のAVボードやキャビネットが印象的なお部屋です。

製作する樹種も色々と迷われていましたが、お手持ちの家具に合わせてテーブル、椅子の木部をウォルナットでの製作に決定!

椅子の張地はラグとの質感を揃え、柔らかいベロア調の生地をセレクト!ご契約後、何回も打ち合わせをさせていただいた奥様こだわりの生地です!

濃い色をセレクトされ、お部屋のアクセントとなるコーディネートですね!

さて次はお選びいただいた椅子のご紹介です。

左の椅子がチェアS2です。
張り込みの中にダイメトロールという弾力のある特殊な生地を使い独創的な座り心地。
こちらは奥様のお気に入り!

右手の椅子が1000アームチェアで、こちらはソファに使うSバネを張座に仕込んでいます。おおらかな大きさがあり、ハーフアームもゆったりとした座り心地に一役買います。
そして、こちらはご主人のセレクト!

さて、今回の椅子の座面の高さを39cm、テーブルの高さは、67cmで設定させていただきました。

一般的なテーブルの高さは70cmですが、それよりも3cm低いそのわけは、「差尺」にあります。

この「差尺」のお話は、前回詳しくお話させていただきましたが、まずは、椅子の高さを設定し、そこからテーブルの高さを決めていきます。その高さの差を「差尺」と呼び27cmから30cmの間で使い心地によって決めていきます。

今回は、奥様のご身長に合せて椅子の高さを決め、そこから使い心地を考えながら追ったテーブルの高さが67cmとなりました。

この椅子の座面までの高さとテーブルの高さのバランスが悪いと、肩こりやふくらはぎのむくみなどの原因となります。
楽しいはずの食事がなぜか疲れる。外食などの時に経験された方もいらっしゃるかも知れませんね。
家庭の中でこの様な事が起こってしまうと、ダイニングテーブルを使わないって事になってしまいます。

ダイニングテーブルは、家族を見守る家具の王様!
家族がダイニングに集まらない、使っていてなんだか落ち着かない。
そんなことを少しでも感じたら私たちに是非一度ご相談ください!

心と体の健康は、ダイニングから!
3rdでは、サイズも形もご家族にピッタリのダイニングテーブルをお作りおします!
K様ありがとうございました!

またのご来店をお待ちしております!