オーダー家具の3rd -your life style shop-
2018.10.04

お気に入りの椅子とイメージに合うダイニングテーブル

diningtable chair

今回は、ダイニングセットをお届けした2組のお客様を紹介します!

ご新居にお引越しされ、新しいお家に合ったダイニングテーブルをお探しのT様。
何度もヨツバコ店に来店してくださいました。

まず家族3人で使いたい、椅子を4脚入れたいなど使い方をうかがい、レイアウトのご相談やダイニングテーブルと椅子のお話をして、いろいろな椅子を座り比べてもらいました。そのなかで奥様と旦那様の身長差が30cmくらいあると伺い、同じ椅子じゃ無くてもいいのでは?とご提案。それぞれ座りやすい椅子を選んでいただきました。奥様は『ANELLO chair』で決定!!動線からの座る場所、お子様がまだ小さいので立ち座りがしやすいところや美しく完成度の高いデザインをとても気に入っていただけました。おしり当たりのやわらかさが欲しいとのことで板座では無くパディング。紫の生地を選んでいただきました。ウォルナットと紫は、とてもよく合う組み合わせです!旦那様には「肘が置けてゆったり座れる椅子がいいな」とのことで『NENE chair』をお勧め。旦那様の椅子も奥様に合わせて紫の座面を選んでいただきました。大きさ・デザインに特徴のある2脚が決定!!

diningtable chair walnut

普段はしまっておいても、来客時にも使える様に椅子は4脚ほしいとのこと。残りの2脚はダイニングテーブルの高さ、向かい合せで座ったときハイバックにならないようにしたいとの要望も出ました。実際にイメージしてお店でテーブル、チェアをレイアウトしてみると「本当は一枚板が希望なんだよな・・・」と。サイズぴったりを一枚板で見つけるのは難しく、お店の板も色々と見ていただきました。立て掛けてあるのでイメージとは異なりさらに難しくなります。しばらくして、展示してあった耳付きのW1600のハギ板の表情を気に入っていただきました。「一枚板じゃ無いけどこれ良い!」と。「長さを短くすることはできますか?」との質問に「脚の形、形状が決まればこの板で製作できますよ。」とお答えしました。

無垢材のテーブルには「一枚板」や「ハギ板」があり、一枚板は丸太から切り出した木材だけで作られていて希少価値も高く、木によって異なる表情を見せます。対してハギ板は何枚か接ぎを行って作られているため、反りが出にくく厚みを薄くすることもできます。また、全体の雰囲気や木目などの外観に影響する部分が違ってきます。

「樹種は選べるけど木目を見比べて選ぶのは難しいので、毎日使っているイメージを持てる板が、お客様にとって一番良いですよ!」と。そのテーブルに収めるイメージでご自宅のサイズ感をシュミレーションしながら、あと2脚をいろいろ入れ替え比べながら選びました。「今まで漠然としていた物が見えてきました!」とその日はご帰宅。

diningtable chair walnut

2週間後、改めてご来店され図面と写真を参考に、もう一度シュミレーションを行いました。「普段椅子が4脚有る必要は無く、お部屋の中でフレキシブルに活用させたい。そしてずっとそこに椅子があるイメージはない。背もたれのあるものじゃなくてもいいかも。」とのイメージを聞かせて頂いたのでそれならと、『ORI stool』ご提案。脚を交差させることでスタッキングできてリビングでもダイニングでも様々なシチュエーションで使えるスツールです。通常は大人二人と子供一人で使い、来客の際は自分達がスツールに座ってもいいなと、残り2脚はORI stoolに決定!!ダイニングテーブルは、「日を改めてみてもこれが良い!」とのことで図面を見ながらサイズをご提案。展示のものは鉄のT字脚でしたが木が良いとのことで木の脚をつけました。

待ちに待ったお届けの日、ご家族みんなで楽しみに待っていてくださいました!
T様、この度はありがとうございました。
末永く、使っていただけたら嬉しいです。

【Tradition Dining Table_W1300×840~860×H700】
ANELLO chair_W550×D455×H739×SH420】
NENE chair_W580×D480×H690×SH440】
ORI stool_W430×D375×SH420】

line_03

diningtable chair walnut leather

以前に東戸塚にてソファを購入していただいていたT様。
お子様も大きくなり、ダイニングセットの買い替えをご検討されてヨツバコ店に来店していただきました。

テーブルや木材の説明をすると、「やっぱりほしくなっちゃった!でも他のものも買わなきゃならないしな。」と。店内をみていただくと、『pepe chair』を気に入ってくださいました。

diningtable chair walnut leather

『pepe chair』は、横からみても後ろからみても曲線がとてもきれいに見えるデザイン。脚先では丸い断面が徐々にアームの部分では丸四角になり、アームに少しだけ平らな面があらわれます。この平らな面によって腕が面であたり心地よく感じます。座面も広くゆったりとした座り心地、部材が細く重量が軽いのも使いやすいポイントとなってます。「pepe」とは胡椒という意味で、細かいところにも技術の隠し味が効いているのです。

diningtable chair walnut leather

ダイニングテーブルは、『knot table』をお選びいただきました。26mmの節あり天板とシンプルな四本脚が特徴的でモダンな空間によく合うダイニングテーブルです。

現状のダイニングテーブルは、エクステンションを引き延ばしてW1500くらいで使われているとのことでした。お使いのサイズと同じW1500ですけどテーブルの構造上、脚がギリギリいっぱい外についているので今よりはゆったり座れますよ!とご提案。ご主人様に相談され、再度一緒に水曜日に見にきてくださったそうです。定休日だったので外から見ていただき「OK!」もらいました。
diningtable chair walnut leather

今回は、早く欲しいとのご要望で現品をお届けしました。
T様、ダイニングセット気に入っていただけてとてもうれしいです!
使い心地はいかがでしょうか?
また何かあればお気軽にご相談ください!
ありがとうございました。

knot table_W1500×D850×H700】
pepe chair_W535×D550×H770×SH425】

WANTED
3rdではショップスタッフ、設計デザインスタッフを募集しています。インテリアや家具デザインに興味のある方は是非お問い合わせください。
また工房スタッフ(家具職人)も合わせて募集しております。

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。