オーダー家具の3rd -your life style shop-
2014.04.15

J邸 トラディションテーブル・TVボード・リビングテーブル お届け

140414_00

お引越たてのJ様。
家具は、ひとまず今まで使っていたものを持って引越たけど、ダイニングテーブルは買い替えたくて。。
ということでご来店されました。

リビングダイニングの空間で、中心的存在のダイニングテーブル。
そのご家族にあったサイズ感は大切な要素の1つです。
話を伺うと、お部屋の大きさをおおよそ把握することができたので、おすすめのサイズをご提案。

ご提案したのは幅1600〜1650×奥行き900前後のもの。
幅1600あれば、来客時にも6人でテーブルを囲んでの使用が可能です。

というお話をして、お店に展示してある様々なサイズのテーブルを体感してもらったところ、
「丁度それくらいのサイズがいいですね。」
とJ様。サイズ決定です。素材は、ご夫婦揃ってウォルナットがお気に入りでした。
そこでおすすめしたのが、耳付きの板がずらりと並ぶトラディションシリーズのブース。

140414_01

イベント中で豊富に種類もご用意がありました。
近いサイズのものでお好みの板を横にして、雰囲気を見て頂くと、すっかり気に入って頂けたご様子。
「いいねー。決めちゃいたいところだけど、安い買い物ではないので一回帰って検討します。」
とご帰宅されました。翌日、来週もう1度板を見に行きます。とのご連絡がありました。

1週間後、J様がご来店です。
前回は、お話の中から、おおよそのお部屋のサイズ感をお話したので、
今度は図面をご持参いただいて、先週のおさらいをしながら改めてサイズを確認しました。

そして、お気に入りいただいていた板と再会。J様の板は、できたてホヤホヤ。塗装の仕上前の板です。
仕上前のウォルナットは、乾燥しているので出来上がりより薄い色に見えます。
ウレタンや、オイルで仕上をするとぐっと色が深くなり、表情もはっきりとでてきます。
板の仕上がりの雰囲気を見てもらう為に、オイルやウレタンの代わりにその場でお水を含ませることで、
それに近い風合いをだすことができるんです。

140414_02

早速オーナーがその場で実演。
「他のものを見ても違うなあと感じます。やっぱりこの板だ!」
と、ご契約いただきました。

そして、2ヶ月のお時間を頂きお届けしたテーブルがこちら!!

【tradition table / w1600×d900×h700 / walnut】
140414_04
140414_03

リビングダイニングのシンボルにふさわしい、とっても良い表情の板です。
椅子は、柔らかいお尻当たりと、曲線の美しいアルコチェア。黒の人工レザー張りで高級感あるダイニングに。

テーブルと雰囲気を合わせて家具を置きたいということで、
合わせて、お店に展示されていたTVボードとリビングテーブルもお気に入りいただきお届けとなりました。
リビングテーブルのお届けの写真が残念ながら無いのですが、側板が斜めにカットされている、お揃いのデザインです。

【TV board / w1800×d500×h500 / walnut】
140414_05
img_table_09

納品時、
「ありがとうございます。3rdさんのショールームみたいですね。」
と大変喜んで頂きました。

長く使える、しっかりとした無垢材のテーブル。ご家族の思い出を刻みながら、末長くご愛用頂ければと思います。
J様、ありがとうございました。

たまプラーザ店