オーダー家具の3rd -your life style shop-
2012.01.05

M邸 TVサイドボードお届け

横浜市戸塚区M様邸へ特注TVサイドボードをお届けしました。ご自宅のリフォームを機に、壁いっぱいのサイドボードをお考えでご来店下さったM様。早速資料をお作りして、お部屋を見せていただくことに。

おおよそご来店の際にお話はお伺いしていたのですが、ご主人様と奥様でなかなかうまく意見が合わないことも多く、何度も何度もお話を繰り返しデザインを決定!
晴れてお作りすることになりました。

今回の素材は、木目をプリントしたポリ合板です。お食事の際のダイニングテーブルが座卓で、床座での生活がメインということだったので、下台はサイドテーブル側も含めて床に座ってテレビを観る高さの低めで統一。4mの長さが同じ高さで抜けているので、スッキリさも増して、見た目でお部屋自体が広く長く感じるのではないでしょうか。

ボード自体の高低差は窓に合せているので、向って左側は下台のみでTVボードとして。そして向って右側は、低めの上台を設置しているのですが、実はここ、3区画の1カ所だけお仏壇が入るように製作。それ以外は普通に収納として使えるのですが、ボードの一部分になって扉も付いているので、扉を開けなければどうなっているかなんてまったくわからないですね。扉も、プッシュオープンの折れ戸になっているので、出張りが全くなく、フラットでかなりスッキリしています。TV台の部分は、配線などをボードの中で取りまわす為、奥行きが500㎜あるのですが、壁ピッタリくっつくように製作しているので、ごちゃごちゃした感じもなく大きさも感じません。
実は今回、TVを2台並べて置きたいということで、向って左側のTVボード部分には移設のコンセントを2カ所付けました。(ちなみにTVは奥様用とご主人様それぞれが好きなものを観たいとのことから。)
もちろんデッキを入れる部分も必要だったので、上台のあるサイドボード側の下台と形状的には左右対称ですが、TVボード側はガラスの引戸、サイドボード側は板の引戸にしています。さらに、このボードの横にはキャスター付きのサイドボードを設置。引戸なのでTVボードと少し重なっている部分があっても扉が開かないことはないのですが、普段あまり使わないようなものでも、いざという時の為にキャスターを付けて動かせるようにしました。引出し部分を作ろうか迷っていらしたのですが、最終的には少し深めのトレイを入れることで製作。意外とこういった奥まで何が入っているのか引出せばわかるボックス型のトレイって便利だったりしますからね。
場所を変えることも出来るので、今後こういった仕様が増えてもいいんじゃないかな~と思ったりします。お届けの際も、ご夫婦で楽しそうにご覧になられていたM様。
色々と細かいところまでどうしようかと悩み、1度ブレイク期間があり、製作までのご相談期間も長かっただけに、想い出深いお届けになりました。
M様ありがとうございました!
また何かありましたらいつでもご相談下さい。