オーダー家具の3rd -your life style shop-
2019.03.16

思い入れのある家具とこれからも一緒に過ごすための工夫

ベッド リメイク後 組み立て式 bed remake

「母から譲ってもらって大切に使っているベッドがあるのですが、引越しに伴いリメイクしたいんです。」とお問い合わせをいただいたE様。
3rdは家具屋ですので、リメイク・メンテナンスを主としているわけではありませんが、お客様の『大切な家具をこれからも使っていきたい。』という想いにお応えしたく、私達に出来ることがあればお手伝いさせていただいております。「わかりました。やってみましょう!」と、東戸塚店にご来店いただき、お話しをさせて頂くことに。

ベッド リメイク前 bed before remake

ご来店の際は「ベッドが分解できる造りではなく、お引っ越し先のマンションに入らないサイズなので小さいベンチやソファフレームなどに形を変えて、これからも使えるようにしたいんです。」と、いくつか案を考えて来てくださりました。私たちもどう形を変えるのが最善なのか、一緒に考えていきます。別の家具に作り直したり、タイルだけ外して飾れるようにするなどいろいろな案を出しながらお話しをさせて頂いておりましたが、あまり納得のいくものが無いご様子のE様。
なかなかしっくりくる案が見つからないので、お引っ越し先に持って行く家具と持って行かない家具のお話しをしていると「このベッドは作り替えて別の家具になる予定なので寝具は新しく買い直すつもりなんです。」と、教えて下さりました。「それでしたら、今お使いの木材をそのまま使えるかというところは実物を見てみないと判断ができませんが、お部屋に入るようにベッドのサイズや構造を変えるのはいかがですか?」とご提案。すると、「そんなことできるんですか?そっちの方が良いです!本当はベッドとして使い続けていきたかったので!」と喜んで頂けたので、お持ちのベッドをお部屋に入るベッドに作り変え、マットレスも一緒に選んで頂く事に!

ベッド リメイク後 組み立て式 after remake bed

後日、E様のご自宅にベッドを引上げにお伺いし、工房にて材料として使える部分とそうでない部分を見ていきます。タイルが付いていて意匠性のあるヘッドとフット部分はそのまま使用し、他のパーツは新しく作ることになりました。一度分解し、今後も使っていくところはメンテナンスをしてから新規作成したパーツと一緒に組み直していきます。

元の材料のままお作りしたベッドのヘッド・フット部分も、メンテナンスで新品同様!とっても綺麗になりました!

ベッド マットレス リメイク前 before remake bed

ベッド 組み立て式 リメイク後 after remake bed

いつも通りであれば完成した家具は私達スタッフでお届け・組み立てなどもさせて頂くのですが、なんとE様のお引っ越し先は離島! お届けからお引っ越しの日まで少し間もあったので、一度ご自宅へお届けさせていただきお引っ越し先への配送は、E様にお任せすることに。

リメイク前は全てのパーツが一体になっていてお引っ越し先の搬入経路が取れない状態でしたが、サイズ調整と共に構造もリメイクし、お部屋に入れてから組み立てる仕様になりました。

組み立てベッド 分解

一度E様のご自宅で一緒に組み立て、完成形をご覧頂いた後、再度分解してお引っ越しの際スムーズに運んで貰える様に梱包しなおします。また、誰でも組み立て・分解が出来る様、家具と一緒に『組み立て説明書』を作りお渡しさせて頂きました。

生まれ変わったベッドを見たE様は「ここで手放すしかないかなと諦めていたので、凄く嬉しいです!ありがとうございます!」と、とても喜んでいただけました。私達も「頑張って良かった!」と、とても嬉しく思います!E様、そちらでの生活にはもう慣れましたか?これからも大切な家具と、末長く素敵な時間をお過ごし下さいませ!

【特注ベッドフレーム】
【マットレス_980×1950×220】
line1_4
CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2019.03.12

家族が集まるお部屋づくり

クローゼット リフォーム デスク ワークスペース

以前、ダイニングセットをお届けさせていただいたことのあるK様。何度かお打ち合わせをさせて頂く中で「隣の部屋に収納スペースがないので、ここに収納を作りたいのよね。」と、嬉しいご相談を頂きました。ご自宅へお伺いし、お部屋の採寸をしながら、旦那様の作業スペースやお子様の勉強机など様々なご相談を頂いたので、ご希望の収納と合わせてお部屋の奥にあるクローゼットをリフォームすることをご提案!

“クローゼットの中で”という条件を崩さず、デスクとしての使いやすさを考慮し2つのプランをご覧いただきながら打合せを進めていきます。

クローゼット 施工前 before

クローゼット プラン plan

PLAN1は元々の収納部分を活かし、仕切り代わりにしたデザイン。PLAN2はクローゼット内部を一度解体し、作業スペースを広くとったデザインとなっています。
2つのプランを見比べて「どちらもすてきですね!」と、お悩みでしたが元々のクローゼットの仕切りを活かしたPLAN1で製作することに決定!

クローゼット内 施工後 after デスク ウォールナット walnut

お部屋の壁のコンセントから電源を取り、配線コードは壁を這わせ、それぞれの足下にコンセントタップを設置しています。天板の幅が普通のデスクよりも狭いので配線孔を開け、テーブルの下のコンセントから電源を取れるようにすることでパソコンや照明を置いたとき、デスクの上で配線が絡まないよう工夫しています。

デスク自体は壁に打ち付けたりせずクローゼット内部に置いてあるだけなので、将来的にはデスクを取り出して別の部屋で使用することもできますし、クローゼットも扉を付けると元に戻せるようになっています。

クローゼット内 デスク スライドトレー

引き出しは付けず、天板の下にスライドトレーを入れました。作業場所を広く取ったり、書類やノートパソコンなどを収納しておくスペースにもなります。クローゼット内にデスクを収めたときは、段差の高さを考慮しスライドトレーの高さが、ご自宅でお使いの椅子に合わせた700mmになり、デスクをクローゼット内から取り出し別のお部屋に置く際は天板の高さが700mmになるよう、サイズを細かく調整しています。
 
クローゼット デスク スライドトレー 天板

そして、元々はこのクローゼットの隣に収納が欲しいとおっしゃっていたK様。ピアノをどこに置くかがネックで・・・とお悩みだったので「ピアノが入る収納スペースを作っちゃいましょう!」と、壁一面のオープンラックをご提案。

壁面収納 ピアノ収納 ピアノ オーダー家具 吊り戸棚 施工前後

壁面収納 ピアノ収納 ピアノ オーダー家具 吊り戸棚 施工中

壁~壁ではなく、壁~扉の引き込み部分のスペースまで使っているため扉枠を避け、ご自宅で組み立てながら、上部収納の後側のすきまを埋めるパーツを入れて後ろの壁にぴったり付けています。ピアノが入るスペースは、足元にコンセント、壁にお部屋の電気のスイッチがあったので背板は付けず、ピアノの上の収納部分は吊り棚となっています。吊り棚の後ろにはコンセントと換気口がありましたがこちらは使わないとのことでしたので塞いで家具を設置。

壁面収納 ピアノ収納 ピアノ上収納 オーダー家具

オープンラックには、「このボックスを入れたいです。」と入れる物が決まっていたので、こちらに合わせてサイズを設定しています。可動棚にしているので、ボックスを使わなくなっても、中にいれる物の大きさに合わせフレキシブルに棚の高さを変えられますね。
天袋収納には、普段頻繁に出し入れしないものを入れるので、扉を付けて隠せるようにデザインしました。

隣接しているリビング側にも棚を作りました。こちらも収納力抜群です♪ 真ん中に一杯、小さいお子様の手の届かない高さに引き出しを付けていて、旦那様や奥様の大切なものなど細かい物を入れておくのに便利なデザインになっています。
そしてこの収納部分のピアノ側の面はなんと上から下まで一面ホワイトボードになっており、磁石もくっつくので絵を描いたり、家族のメモを貼ったりできるスペースになっています。

壁面収納 ピアノ収納 引き出し オーダー家具 側面ホワイトボード

壁面収納 ピアノ収納 オーダー家具 ホワイトボード

デスク上とピアノの上のスペースを有効活用することで空間の収納力がぐっと上がりました!デスクは左側を旦那様、右側をお子様がお使いになるということで、自然と家族の集まるお部屋になりそうですね^^
K様、その後、お部屋の使い心地はいかがですか?また何かご相談事がございましたら、いつでもご連絡くださいませ♪

【特注デスク_W775×D545×H714】
【特注壁面収納_W1960×D400×H1155/2455】

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2019.03.11

良い家具で気持ちのいい暮らしを

blissdiningtable beachchair walnut covering fablic gray

3rd定番のBLISS Tableと新作椅子BEACH Chairをお届けしたダイニングセットのご紹介です。

ヨツバコ店にご来店くださり「ダイニングセットを探しているんです。」とご相談をして下さったN様。そこでまずは展示のテーブルをご紹介させていただきながらN様のお好みに合うものを探していきます。お話しをお伺いしていくとご友人とご来店をしたことがあるとのこと!「その際にお話しを聞いてからずっと気になっていたんです。」ととても嬉しいお言葉を頂きました。

blissdiningtable beachchair walnut covering fablic gray

展示品やこれまでお届けしたダイニングセットのお写真を見ていただく中でN様のお好みに合ったのがBLISS Table
BLISS Tableは脚が天板のギリギリ外側についていることが特徴の一つです。テーブルの脚は通常天板から100mm~150mm程内側についているものが多いです。ですが、脚と脚の内寸を天板ギリギリまで大きく確保できるよう設計したBLISS Tableは天板が同じ大きさのテーブルと比べてもゆったり座っていただけます^^

blissdiningtable beachchair walnut covering fablic gray

もう一つの特徴は『蟻形追入れ継ぎ』という木工の技法を使って天板の反りを抑制し製作をしていることです。この技法は宮大工などが使う技法であり、木で木を抑制するので無理な圧力がかからず、反りだけでなく割れのリスクも低くしてくれます。蟻形追入れ継ぎを三か所使うことで、通常反り止めの役割を果たす幕板を取り払うことができ天板下がすっきりします。そのため足周りを広く使うことができ、アーム付きの椅子をテーブルの下にしまうことができます!

テーブルのサイズはN様が使用していたテーブルと同じW1350mmで設計しました。私達がテーブルのサイズをご提案する際には人一人のスペースが600mm、脚が両端に100mmずつと大体の必要寸法から計算をします。イスを2脚ずつ並べて4脚置きたいとお伺いしましたので初めは〈600×2+100+100⁼1400mm〉でご提案をしておりましたが、「普段は2人で使うから大きくある必要はないんです。」との事で変更。実際の距離感などを体感してもらいサイズ決定しました。使いやすい大きさや高さ、デザインはライフスタイルによって変わってきますのでそこを追求できるのがオーダー家具の良さであり楽しさですね♪

blissdiningtable beachchair walnut covering fablic gray

BLISS Tableとご一緒にお選びいただいたのはBEACH Chair。こちらは3rdの新作チェアです。ソファと同様の構造で製作をしているチェアの為座り心地が別格です!一見、既視感のあるデザインの為”普通”といった印象を受けるかと思いますが、、、座ってみると柔らかなお尻あたり、体重を預けるのに絶妙なかたちの背当たりがどんな姿勢でも気持ちよくサポートしてくれます!
その秘訣は、座面の『ダイメトロール』と背もたれの『立体的なカーブ』です。BEACH Chairに使用しているダイメトロールは体圧分散性に優れた素材で体への負担を軽減することができます。さらに密度を変えたウレタンでお尻あたりを調整をしているんです!
そしてもう一つの特徴である背もたれは人の背中の丸み、反りに合わせた立体的なカーブに調整したかたちで設計をしているので自然と身体を楽にしてくれます!

そんな新感覚の座り心地をお気に入りいただき、生地も展示と同じもので決定。ソファやお部屋の雰囲気との相性バッチリです^^BEACH Chairはカバーリングのチェアですので、10年後、20年後生地が悪くなってきてしまった際には生地だけ新しく製作しご自宅で替えていただく事ができます!季節によって生地を変えるのもありですね♪

blissdiningtable beachchair walnut covering fablic gray

「良いものを使いたくてきたの。」とおっしゃってくださったN様。3rdをお選びいただきありがとうございます。
サイズの調整に何度もご来店頂きましてありがとうございました!
またのご来店をお待ちしております!

BLISS Table_W1350×D800×H700】
BEACH Chair_W450×D580×H830(SH420)】

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2019.03.10

一目惚れの木目を活かしたダイニングテーブル

Trdition table/YARD Chair以前にもよつばこをご利用頂いた事のあるT様。
今回は、新居へのお引越しとの事で、ご夫婦でダイニングテーブルをお探しにご来店頂きました。

具体的にどんなテーブルにしようか決めていないとの事でしたので、新居の写真や寸法、ご夫婦2人での使用が主と伺い、当初はラウンドテーブル等2人で使えるテーブルの提案をさせて頂きました。
展示テーブルを見ている中で、奥様が大きな天板の木目に一目惚れ。
ただ、その天板は横幅が2400mmと2人で使用するには広く、「こんなに大きなテーブルは…」と大きさを気にされていたので「お好きな木目を残してカットする事が出来ますよ」とお伝えすると、即決でその天板に決まりました。
無垢材なので、木目は一期一会。
サイズは「ほとんど2人でしか使わないけど、来客用も考慮して4人掛けにしたい」のと希望もあり、4人掛けで使用するにはちょっと小さめですが半分の1200mmとなりました。
どこの木目を残してカットするか、実際にカットする事は出来ないので、マスキングテープを貼りながら仕上がりイメージをして頂きました。
こうやって木目まで拘って決めて頂くと、仕上がりを確認する楽しみもまた増えますよね。
テーブル脚は木の角脚で決まりました。

Trdition table/YARD Chair通常天板の反り止め、天板と脚の接合の役割を果たす幕板ですが、今回は幕板をなくしました。
その代わり天板自体にステンレスの板を埋め込み、反り止めを施しています。
また、角脚を出来る限り外側に配置し、天板と角脚の付け根に金具のパーツを埋設しネジで固定するレッグジョイントにしました。
そうする事で座った時の脚周りのゆとりを確保しています。
Trdition table/YARD Chairチェアはテーブルサイズに合わせて、幅の狭いもので且つ、ゆったりと掛けて頂けるようYARD chairAD chairをご提案させて頂きました。
当初は「それぞれ2脚ずつにしようか」とご夫婦で相談して、最終的に「すっきり統一感を出そう」と、4脚YARD chairに決まりました。
座面の色味も悩んだ末に店頭に展示されていたYARD chairのチャコールが「一番落ち着きがあっていい」と展示と同じ色で決まりました。
Trdition table/YARD Chairこれにより、小さめのダイニングテーブルを4人掛けでも圧迫感なく、すっきりとした仕上がりになりました。
完成したテーブルを見て奥様はとても喜んで下さいました!!
木目まで拘ったので、愛着もより一層湧いていると思います!

NENE living tableAFFABLE TVBoardのお届けもまたブログで紹介させて頂きますね。
是非ダイニングと合わせて素敵に変わったリビングでも寛いで戴けると幸いです!

Tradition table_W1200×D850~935×H700】
YARD chair_W460×D500×H700(SH420)】


CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2019.03.05

お部屋の雰囲気を変えるにはどこから始めるべき?

寝室 空間コーディネート

お部屋のリフォームをお考えだったT様、職場がお近くとのことで休憩の合間にヨツバコ店へご来店くださいました。
「息子たちが出て行ったのでお部屋を改造してみたんだけど…」とご自身でお部屋の壁を取っ払ったそう!しかしその後どのようにお部屋をまとめていけばいいか行き詰ってしまったとご相談下さいました。
お部屋の図面を見ながら現状どうなっているのかのお話をお聞きすると、今後使わないけどとっておいてあるものが多いということがわかりました。客観的に残しておくべきものとそうでないものをスタッフで分類させていただき、T様にはそれをもとに処分するものを決めて頂くことに。

レイアウトプラン資料

T様のご要望は「お部屋の一室をホテルの様な空間にしたい!」ということでしたので、最終的な理想の空間をコーディネート。その中から変えていくべきところを少しずつ進めていくことになりました。まずは空間を整えることからスタート。今後の家具選びにも方向性が高まっていくだろうということで、クロス、照明、ブラインドをご提案いたしました。

クロス施工前
寝室 空間コーディネート

一部屋に寝室とプライベートスペースを設けるような空間だったので、ベッドを置く場所にはアクセントクロスをご提案。落ち着いた雰囲気にするため暗めのグレーのクロスに。凹凸と光沢感があるので重すぎる印象にはなりません。ベッド上の照明は布のプリーツが施されているBAUMNという照明をお気に入りいただきました。
各窓にはHunter DouglasのDuette Shadeを。トップダウンボトムアップという仕様で、下からも上からもブラインドを操作することができるので、目線を隠しながら光を取り込みたい時には最適です。ハニカムシェードという構造で断熱性も高く、不織布を用いているので静電気を起こしにくくお手入れもはたきなどでさっとふき取るだけでOK。見た目もスッキリ!

シェード施工前
シェード施工後

他の壁は今後家具を選ぶ際にどんなカラーを持ってきてもいいようにすべて明るめのホワイトのクロスでシンプルに。
くつろぐ空間の照明にはスクエアの形状でモダンな雰囲気が人気のP-FLATになりました。
収納部分は今まで扉がなかったので、目隠しになるようにHunter DouglasのSKYLINEを取り付けました。こちらはT様のアイディアで一枚だけ色を変えています。遊び心がありますね^^

ドア施工前

「階段に鍵付きのドアがあったらいいかもなと思っているの」とT様。ご要望にお応えするべく職人が奮闘してくれました。階段上は天井高が高く、通常のドアではドア自体が大きくなりすぎてしまいます。そこで天井にあえて梁を作りドアを取り付けていきました。なかなか苦戦しましたが、ぴったりに取り付け完了です!

ドア施工後
ドア施工後

「これだけでも今までとは全然雰囲気が変わって嬉しいです!」とご満足いただけてほっと一安心です。少しずつ空間を作っていく楽しみがありますね!これからもよろしくお願いします^^

【HunterDouglas SKYLINE】
【HunterDouglas Duette Shade】
【BAUMN_Φ600】
【P-FLAT_W500×D500】


CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。