オーダー家具の3rd -your life style shop-
2018.09.28

お部屋の雰囲気を明るくする照明

light chandelier pendantlight

wallshelf walnut

本日はO邸にお届けした、照明とスラット棚をご紹介します!

O様は初めお買い物のついでにヨツバコ店にご来店下さいました。
オーダー家具屋であることをご説明したところ、「壁付け棚も作れますか?」とのことで、たまプラーザ店に展示のあるスラット棚をご紹介致しました。

たまプラーザ店に展示しているスラット棚(↓)
wallshelf walnut

棚板だけのようなシンプルな形の壁付け棚がいいなとお考えだったO様ですが、
こちらのスラット棚を見ていただくと、「これいいわね、素敵ね。」と気に入ってくださいました!
その日は奥様お一人でのご来店でしたので、旦那様に相談してみますと一度お帰りに。

それから一ヶ月ほど後、旦那様とご一緒にご来店してくださいました!
その時にスラット棚と共にご相談をお受けしたのが照明でした。
現在のお家に住み始めてから長く同じ照明をお使いで雰囲気を替えたい!とのこと。どんなものが合うかしらとお悩みでしたので、『もしよろしければ一度お部屋の雰囲気を見させて頂いて、一緒に考えてみませんか?』とご提案したところ、「是非お願いします!」とのお言葉を頂き日程を決めご訪問させていただく事になりました!

今回O様が照明を替えたいと考えていらっしゃるのはリビングダイニング。
長く使用している照明は装飾が少し入ったリビングとダイニングお揃いのシーリングライトでした。
『リビングとダイニングでタイプの違う照明にするのはどうでしょう?』とご提案すると、「それもいいなと思っていたの!でも雰囲気が合うかどうか…」とO様。そこで素材や色で統一感をだして、照明のタイプを替えてお部屋の雰囲気を変えましょう!とご提案。

light chandelier

まずはリビングの照明を選んでいきます。現在がシーリングライトなのでガラッと雰囲気を変えるシャンデリアをおすすめ!奥様も初め素敵!とおっしゃってくださいましたが、なんとも言えない表情。
シャンデリアは憧れるけど、家には合わないかも…と考えている方は多いと思いますが、O様もその内のお一人でした。

豪華なイメージのあるシャンデリアも最近では家庭に馴染みやすいデザインのものも多く、好みや雰囲気に合わせたものを選ぶことが出来るんです!O邸ではリビングにシャンデリアをということでしたので、吊り下げではなく天井付けのものをピックアップしました。お選びいただいたシャンデリアは天井を照らす形の照明なので、お部屋全体を明るくしてくれるリビングにぴったりの照明です!
様々な照明を見ていただきながら、今までお届けしたお写真なども見ていただくとO様も安心した表情になりました^^

light pendantlight

それからダイニングの照明はタイプを変えて吊り下げのペンダントライトをご提案!
「今までがシーリングライトなので照明が下がってくるイメージが湧かなくて…」とこちらも少し不安そうなO様。ペンダントライトはダイニングテーブルの天板から照明までの高さが80cm前後に来るのが理想ですので、実際にモノを80cmの高さに持ってきて感覚を掴んでもらいます。するとO様もこれなら邪魔にならなそうねとペンダントライトにご納得下さりました!

ダイニングテーブルの天板から80cmの高さというのは
・テーブルを明るく照らす
・お料理を美しく見せる
・座っている人の目線を遮らない
と多くの利点を持っている高さなのです!

light chandelier pendantlight spotlight

O様にお選びいただいた照明はリビングのシャンデリア、ダイニングのペンダントライト共ガラス製のクリアで合わせたので、お部屋の雰囲気は今までとガラッと変えながら統一感がでています!お届け時はO様も「すごく綺麗ね!」とご納得のご様子でした^^

spotlight ligtingrail

リビング照明は天井を照らすことでお部屋全体を明るく、ダイニング照明はテーブルや目線の高さを明るく、そこにさらにスポットライトを追加することで光の届きにくいお部屋の角や壁も明るく照らしています!
真っ白では無く、少しオレンジがかった電球なので明るくありながら落ち着いた雰囲気のあるお部屋となりました!

light chandelier pendantlight spotlight

それからスラット棚です。O様は猫ちゃんを飼っていらして、猫ちゃんのお写真をカウンターにたくさん飾っていました。そこで、カウンターの上に壁付棚を設置し、飾る場所を増やしたいとお考えでした。

キッチンから壁までと長いカウンターの上にスラット棚をつけるので、スラット棚の出幅はカウンターと合わせて製作する事になりました!横幅もカウンターと壁とのバランスを見て、大きいものと小さいものの二つを製作することに!

wallshelf walnut

3rd仕様のこちらのスラット棚は下が長めのコの字型のベースに板をスライドで差し込むというシンプルなデザイン!棚の長さと、ベースの長さを調整することで強度をしっかり保っています。猫ちゃんが乗っても大丈夫です!

wallshelf walnut

取付時にはまず、壁芯を探します。石膏ボードに打つのではなく、壁芯に打ち込むことで強度があがります。壁芯を見つけた後は取付位置を決めて行きますが、綺麗なバランスでズレの無いように何度も確認をして位置を決定!

マスキングテープで印をつけながら直線になっているかを確認し設置します。
そうして完成したのがこちら!(↓)
wallshelf walnut

バランスも綺麗に真っ直ぐ設置することが出来ました!
O様も喜んでくださり、私たちも嬉しい限りです!

wallshelf walnut

O様ありがとうございました!
雰囲気の変わったリビングダイニングで猫ちゃんと楽しく過ごせていますでしょうか?
また何かございましたら是非ご相談ください!

【照明 CHANDELIER_φ630×H250】
【照明 MEGA BLUB_φ180×H230】
【スラット棚_W600×D200/W450×D200】

WANTED
3rdではショップスタッフ、設計デザインスタッフを募集しています。インテリアや家具デザインに興味のある方は是非お問い合わせください。
また工房スタッフ(家具職人)も合わせて募集しております。

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2018.09.27

無垢の美しさを活かしたソファ

sofa walnut 3P feather

ヨツバコ店へふらりとご主人がお立ち寄り下さったM様。店内の『sofa SURF』に座っていただくと「いいなあ、デザインもかっこいいし」と興味をもっていただきました。

3rdで扱っている木枠のソファは全て無垢を使用。その中でもSURFは背を支える部分に十分な強度を与えるため、フィンガージョイントという技法を用い作られています。通常の接合方法と比較しても接合部の接着面積が大きくなるため安定した強度を保つことができるんですよ!強度だけではなく見た目のデザインを気に入って頂く方がとっても多いソファです。

sofa walnut 3P feather

「ちょっと考えてきますね」と一度店内を出られて数時間後、奥様と一緒に再度ご来店頂きました。
「これこれ、座ってみて!」と旦那様。奥様にプレゼンして下さりました!奥様もとても気に入って頂き「生地も素敵だねー!」と嬉しいお言葉。
SURFで選べる生地は全てイタリア製。なんとその数300種類以上の中からお選びいただけます!M様は当時展示してあった生地がイメージぴったりだったそうで、同生地でお届けです^^
ゆったりおくつろぎ頂けてますでしょうか、M様ありがとうございました!

sofa SURF 3P_W1800×D850×H790】
Hella Plug table_W350×D450×H530】

line_03

repair cushions of sofa

東戸塚店にご来店頂いたY様、「今使っているソファがだいぶくたびれてきていて…」とご相談頂きました。
展示であったソファに座って頂き、しっかりと座面にハリのあるものが理想的とのこと。「今使っているソファが木枠のものだから、クッションのみ新しくできないかしら」とのことでしたので、座って頂いた硬さを参考に、3rdでクッションを新しく製作する事になりました。

repair cushions of sofa

Y様のご自宅へお邪魔し、どのように製作するかお打合せ。現状のクッションよりも座面は少し硬めに、背は現状と同じくらいの硬さでとのご要望をいただきました。一度背・座クッションのワンセットをお預かりし、そこから型紙を引いて製作することに!

repair cushions of sofa

せっかく新しくするなら!と生地もとてもお悩みになりましたが、少し光沢のあるグレーの生地ですっきりとした印象に生まれ変わりました。
お届け時には、ご夫婦揃って細かくチェック頂いて、一言「よし」とご納得頂けたご様子。
ご満足頂ける形でお届けすることが出来てほっとしました。
また何かございましたら宜しくお願いします!

【repair】

WANTED
3rdではショップスタッフ、設計デザインスタッフを募集しています。インテリアや家具デザインに興味のある方は是非お問い合わせください。
また工房スタッフ(家具職人)も合わせて募集しております。

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2018.09.17

お部屋全体の収納力を上げる壁面収納

wallstrage bookboard ordermade white

T様邸の書斎に、壁面収納をお届けしました!

はじめ「お部屋のリフォームを期に相談事があるのですが・・・。」とお電話を下さったT様。実は、何年も前に旦那様が東戸塚店に立ち寄られた際の話を聞いていたという事を思い出し、3rdに連絡をくださりました!

お話しをお伺いすると「天井までぴったり、高さのある物が欲しいと思っているけど傾斜天井なのと、部屋の形状を説明するのが難しいので実際に見に来て貰えませんか?」ということで「分かりました!お店から近いので一度見せてください!」と、東戸塚店からすぐにお伺いすることに。

bookboard before

T様のご要望は、書斎で使っているブックボードが前に倒れてきている様に見えるので、お部屋のリフォームを機に新しい物に変えたいとのこと。
実際に見てみると、確かに少し前に倒れていて一目見ただけでもT様の不安が容易に分かる状態でした。
原因を調べてみると、ブックボードの後ろに書斎に入るための引き戸を収める扉枠がありました。扉枠があることで凸凹状になっている壁に背面が平らな家具が置いてあるせいで、壁と家具の間に隙間が出来、家具が不安定な状態となっています。もちろん、簡単には倒れてこない様に壁にビスで打ち付けてありましたが、自重や本の重さも原因でしょうか・・・、床から天井にかけて前に倒れ、斜めになっていました。

wallstrage bookboard illust

新しい物も家具の背面を平らに作ってしまうと、また同じ現象が起きてしまいます。扉枠を無くし壁を平らにする事は難しいので、扉枠を避けて何も無い部分は後ろの壁にぴったり付くように9つのパーツに分けました。図の赤い部分はD535、青い部分はD550で、家具の厚みを調整し製作しています。家具の背面と壁の間のクリアランスをできるだけ少なくできたので隙間があっても他の部分が天井と壁でしっかりと支えられ、自重や中に入れる物の重さで前に倒れてくることはなくなります。

T様は、ブックボードの中の本を整理すると同時に、服・小物・美術書や文庫本などの大切な思い出の品を整理して収納したいと考えていらっしゃいました。捨てずに残しておきたいものが沢山あるので、とにかく沢山入るものが欲しいとのこと。他のお部屋の収納を見ると、収納家具を置けば全てきれいに収まるということでも無さそうでしたので、一度ご自宅全体の収納を見直しながら、打ち合わせを進めていきます。

ご自宅の収納を確認していると、ウォークインクローゼットの中に奥様の和箪笥が収納されているのを発見しました!箪笥としても、クローゼットとしても機能を十分に発揮できていなかったので、新しく作る壁面収納に箪笥を入れられるようにデザインすることに。

wallstrage bookboard ordermade white

奥様は和装の機会も多いと言う事で、写真左側の細い棚には、和装の小物を入れられるようにもなっています。箪笥をこちらに移動したことで、ウォークインクローゼットの容量も増え、ご自宅全体の収納力がぐんと上がりました!

そして、取り付けた一枚引戸には、奥様の姿見として鏡を付けました。箪笥を隠すよう扉を右側にスライドさせると、反対側は本棚になっていて、下は美術書などの大きい本、上は文庫本などの小さい本が入れられるようになっています。右の写真に少し写っているように、中の棚は手前と奥に分かれた可動棚になっており、奥の物を出すときは手前の本を一度出さなくてはなりませんが、沢山収納できる工夫が施されています。中に入れる本は、保管したいものであって頻繁に出し入れするものではないということで、こちらの仕様に。


天袋収納の部分は、リフトダウン型の扉を取り付けています。こちらはキッチンでよく使われているもので、扉の出幅を軽減することができます。天井に傾斜角度がついているので観音開きの扉を付けても開かないですよとなった時、ご提案させて頂いたものです。
天井近くということもあり、台に乗っての開け閉めとなりますがこちらも、「頻繁に出し入れするものを入れるわけではないし、こんなのあるならこれにしてください!」と、こちらを取り付けることに!

見た目としては、重厚感のあるデザインではなく軽くしたいということで白い素材を選んで頂き、お届けの際もご自宅で長い時間の組み立て・取付け作業となりましたが、完成した家具を見て「圧迫感が無くて良いですね。」と、喜んで頂けてほっとしました。

wallstrage bookboard ordermade white

旦那様がつなげて下さったご縁で、喜んでいただけるご提案が出来て、私たちもとても嬉しく思っております。

T様、この度はありがとうございました。
また何かございましたら、いつでもご相談ください!

【壁面収納_W2800×D550×H3180】

WANTED
3rdではショップスタッフ、設計デザインスタッフを募集しています。インテリアや家具デザインに興味のある方は是非お問い合わせください。
また工房スタッフ(家具職人)も合わせて募集しております。

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2018.09.10

きっちり揃った収納と扉で統一感のある空間に

sideboard ordermade walnut

前回に引き続きH邸のお届けです!
今回は今あるダイニングボードとTVボードを新調したいとのご依頼。

以前お持ちのダイニングボードも使いにくくはないのだけど、古くなったので新しいものをとのことでした。設置場所の向かって左側のスペースがキッチン、ボードを設置する前方向にダイニングテーブルが置いてあり、ボードに収納する物は食器類がメインになります。その他には書類などを隠せるスペースもあればと、お話しをお伺いしながらデザインを組んでいきました。

sideboard ordermade walnut

真ん中をガラス扉にし、大事になさっているグラスを飾れるスペースに。照明も仕込んでありますので、奥行き感がしっかりとでて綺麗に収納する事ができます。実際に収納するグラスの高さを測り、それらが綺麗に収まる寸法を内寸の基準としました。
ガラス扉の両側は2段ずつの引出しに。こちらはカトラリーや文房具を入れる場所になっています。

sideboard ordermade walnut open

ボード下部の開き扉は大きくて平らな食器や書類などを入れられるスペースに。中は可動棚ですので物に合わせて簡単に高さの調節が可能です。

sideboard ordermade walnut

キッチン側のコンセントには写真のように開口をあけています。こうすることで家具と壁に隙間をあけることなく設置することが可能に!

sideboard ordermade walnut

左側のオープンラックには新聞紙を置いたり、使用頻度の高いものを簡易的に収納できるスペースにしました。現場を見させて頂き、キッチンからの動線を邪魔しないように角をとっています。こちらの棚も可動棚になっており、H様は一番下の棚板を外して小さなゴミ箱を置いていらっしゃいました!
天板の移設コンセントは、キッチン回りの作業をする際に補助的な役割を果たします。
また、「テーブルランプをおいてもいいかしら?」とH様。照明がひとつ入るだけでとっても空間の雰囲気が良くなりますよ^^

tvboard ordermade walnut lattice

リビング側のTVボードはヨツバコ店に展示のある『LATTICE TV BOARD』のデザインをお気に入り頂き、設置場所の壁ぴったりの横幅で制作する事になりました。

以前のTVボードはボード自体が小さく収納の機能がほとんどない形。コンパクトではあるのでどこの場所にも置きやすいというメリットはあるものの「配線が丸見えで嫌なんだよ…」と旦那様。

tvboard ordermade walnut lattice

LATTICE TV BOARDのもともとのデザインは両側の扉が引戸ですが、H様は「CDをたくさん入れたい」とのことでしたので、引出し式にして上からCDをのぞき込める仕様に。奥行方向も有効に使え、引出し一杯あたりに約100枚ほどのCDを収納する事ができます。

tvboard ordermade walnut lattice

コンセントの開口は通常よりも大きめにとり、テーブルタップにコンセントを上からさす場合にも使えるようになっています。

tvboard ordermade walnut lattice

ボード中央のオープン部分にはお手持ちのデッキを。こちらも事前に採寸をさせていただき奥行も横幅も問題なく入るように設計をしています。TVボード自体が以前ご使用のものよりもおおきくなったので、TVのサイドにスピーカーを置く事ができました。「今後はTVをもうちょっと大きくしようかな!」と嬉しそうにお話しして下さったのが印象的です^^

他にも「各部屋にある白い扉も新しくしたいの」と奥様。現状を見させていただくと扉を支えている蝶番が劣化してしまっていました。全部屋の扉を採寸し、新しい扉の付け替えも行うことに。

door closet white before

上の写真が施工前と・・・

door closet white after

こちらが施工後です!
施工前は歪みや隙間が顕著に現れてしまっていましたが、ぴったりと綺麗になりました。

door closet handle

取っ手は3種類ピックアップさせて頂いた中からお選びいただいたものでお作りしています。

door closet white after

リビングの小さな収納や、

door closet white after

トイレまで!こちらの収納棚は施工前は歪みで壁に扉が擦ってしまっている状態でしたが、そちらもスムーズに開くようになりました。

全ての作業が終わり、H様も「やっと全部スッキリしたわ!」とご満足いただけたご様子で、一安心でした!
打ち合わせなどもたくさん重ねていただき、とても大変だったと思いますが、いつも笑顔でお話ししていただきとても嬉しかったです。
またお手伝いできることがあればぜひご相談ください^^
H様、ありがとうございました!

【特注Lattice TV Board_W1550×D450×H450】
【特注Side Board_W2200×D450×H900】
【扉付け替え工事】

WANTED
3rdではショップスタッフ、設計デザインスタッフを募集しています。インテリアや家具デザインに興味のある方は是非お問い合わせください。
また工房スタッフ(家具職人)も合わせて募集しております。

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2018.09.09

お部屋全体のカーペットを敷き替えふかふかに!

carpet reform

ヨツバコ店のお近くのマンションにお住いのH様邸のお部屋づくりをお手伝いさせて頂きました。最初のご来店から約半年をかけ完成!家具やカーペットの敷き替え、扉の製作などたくさんのことに携わらせて頂きましたので、今回は記事もボリュームたっぷり二本立てで構成いたします^^

まずはカーペットの敷き替え。
H邸のマンションは基本的に床はカーペットのみと定められているそう。以前のカーペット敷き替えから10年ほど経ち、少しへたってきたように感じているとのことで敷き替えを行う事になりました。水回り以外の全部屋のカーペットの敷き替えになりますので、お図面とお部屋を見させて頂きながら綿密に打ち合わせ。

カーペットの素材はウール100%のものをお選びいただきました。保温性や伸縮性に優れているので上に物を置いた後も驚きの復元力でへたりにくい素材です。また撥水性もあるので汚れにくいのも特徴。簡単に敷き替えが行えないのでこういった性質もとっても大事になりますね。

carpet reform

色は以前のものと同じくらいの色と少し濃いめの色で悩まれましたが「ちょっと落ち着いた感じがいいかしら」とのことで、以前よりも濃いめのお色味に。
上の写真の左側が以前のカーペットで右側が新しいカーペットです。新しい方は暖色が強くでているので、全面に敷いた時に温かみがあり落ち着く空間を作ってくれます。

1日目に書斎と廊下を、2日目に寝室とリビングの施工になりました。
まずは既存のカーペットを剥がす作業。

carpet reform

既存のカーペットをだいたいの大きさにカッターで切っていきます。カーペットの下にはフェルトと呼ばれるクッション材が敷き詰められておりそちらも剥がしていきますよ。

carpet reform

するとコンクリートの底が見えてきました。ヘラで接着剤をきれいに剥がしてから新しいふかふかのフェルトを敷き直します。

carpet reform

その上に新しいカーペットを敷いていくのですがここからが職人技!カーペットを敷く際に切れ目どうしがちぐはぐにならないよう、規則性のある目をみてそれにしたがって繋ぎ合わせていく細かな作業に入ります。

carpet reform

carpet reform

下の写真がつなぎ目部分。全然わかりません…!

carpet reform

カーペット自体に張りがないと歩いた時の違和感やズレが生じてしまうので、ピン!と張りながら目を合わせていく作業はかなりの集中力が必要になります。
左右のカーペット同士がずれないようにカーペットの裏に接着剤を仕込み、上からアイロンをあててぴったりに。

carpet reform

最後に壁の部分に添ってカーペットを切っていき、壁沿いに巻きこんで完了!

carpet reform
carpet reform
carpet reform
carpet reform

施工が終わると、「やっぱり違うね~、ふかふかして気持ちいいよ!」と嬉しいお言葉。色も「最初はちょっと不安だったけど全体にしてみるととってもいいわね」と言って頂けてほっとしました!(笑)

カーペットの他に和室の押し入れ収納が使いにくいとの事で「真ん中の棚をなくしてほしいの」とご要望を頂いたので、簡易的なリフォーム作業も行いました。

closet reform

上の写真の真ん中の棚を取り除くために、構造をチェックする工場長。

closet reform

closet reform

周りのフチ部分を外してから棚を切りました!
棚を残した右側部分に少し段差が出来たので、いらなくなったベニヤをベランダをお借りして加工します。

closet reform
closet reform

触った時にけがなどをされないよう、切りっぱなしにはしませんよ!細かい作業になりますがとっても大事な作業でもあるのです。

closet reform

真ん中の棚が取れた事で「ウォークインクローゼットみたいに使えるわ!」とお喜びいただけました。

次回はいよいよ家具の設置です!H様の一番最初のご要望はダイニングボードで、とってもこだわりの詰まったボードにできあがりましたので、お楽しみに^^

【カーペット敷き替え】
【押入れ棚工事】

WANTED
3rdではショップスタッフ、設計デザインスタッフを募集しています。インテリアや家具デザインに興味のある方は是非お問い合わせください。
また工房スタッフ(家具職人)も合わせて募集しております。

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。