オーダー家具の3rd -your life style shop-
2019.04.02

お部屋を美しく整える収納を

sideborad walnut order

今回はウォールナットの木目がきれいなダイニングボードのご紹介です!

お引越し先のお部屋に置くボードをお探しだったM様。壁~壁ぴったりで収納を置きたいが既製のものだとちょうどいいものがないとお悩みのところで、3rdのHPを見てご来店下さりました。ありがとうございます!
壁ぴったりサイズでの製作は3rdの得意分野!ということで置く場所や入れるものをお伺いしていきます。

M様がボードを置きたいと考えていたのは壁と梁の間、腰高窓の下のスペースでした。収納するものはカップやお皿等、普段使いではなく特別なときに使う食器類との事。サイズの決まったものを決まった位置に入れるというわけではなかったので、入れるものの大きさが決まってしまう引き出しを必要最低限数にし、入れるものに合わせて高さを変えられる可動棚の部分を多く取れる設計にしました。中央を観音開き扉で、両サイドを上部に引き出し一杯ずつ、下部に開き扉とシンメトリーのデザインにしています。
浅めの引き出しがあるとカトラリーや、筆記用具などの小物も収納しやすく、使いやすくなるので両サイドに一杯ずつ用意しています!

sideborad walnut order

「部屋で一番目に入る場所なのできれいに作りたいんです。」とご要望を頂きましたので全体的にシンプルにデザインをし、扉の木目を横に揃えることで意匠性もアップしています。
扉から扉はもちろん、引き出しから扉も木目がそろっています!日本の職人が目で見て手で合わせるからこそできる細かな技です!

sideborad walnut order

ぴったりサイズを叶えるオーダー家具ならではの方法がこちら。壁にある既存のコンセントに合わせボードの側板に開口をすることで、コンセントをつぶすことなく壁にくっつけることができ、コンセントタップ分のクリアランスを取らなくても使う事ができます!
ですが既存のコンセントを扉の内側に隠してしまうので普段使いをするには少し使いづらくなってしまします。外側にそういった生活感を出さないように工夫をすることもありますが、今回はボードの天板にコンセントを移設しました!これで照明を置きたいときや、充電器を使用したいときにも便利です♪
また今回は設置していませんが、台輪にもコンセントを移設しておくとお掃除の際に便利です^^

M様ありがとうございました。
ボードの使い心地はいかがでしょうか?
M様のお部屋にきれいに馴染んでよかったです!
また何かございます際はぜひご相談ください!

【特注Side Board_W1690×D450×H770】

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2019.03.30

自分だけの、オーダーメイドチェア

NENE 回転式 座椅子 こたつ walnut

3rdのことをホームページで見て知って下さり、ご家族みなさまで東戸塚店にご来店いただいたH様。入り口近くに展示してあったANELLOチェアやNENEチェアのデザインや座り心地を気に入って頂き、「ご身長に合わせて脚のカットもできますよ。」とお話ししながら店内にある椅子の座り心地をお試し頂いていると、「実はこたつで使用する座椅子を探しているんです。使っているこたつの寸法を計ってきたのですが・・・。」と教えてくださりました。

「さっきそこで見た、回転椅子の脚を短くして座椅子として使えないかしら?」とご提案いただきました。とても良いアイディアだったのですが、頂いたテーブルの寸法を見るとH様がご自宅でお使いになられているこたつテーブルはH370~380mmくらいで、5cm高くできる脚のパーツをお持ちとのこと。
まずは今お使いの状態でテーブルトップから座面までの差尺を計算しカットする脚の長さを割り出し、スケールをあてながらチェアを見てみると、脚が殆ど残りませんでした。パーツを取り付けテーブルを5cm高くする場合も脚が殆ど残らず、背の部分にも高さがあったため座った時の安定感に不安が残るような状態となってしまいました。「工房で脚のカットは出来るのですが、これだと座った時に後ろに倒れないようにする補強が必要かもしれません。時間とコストはあまり変わらないので、補強ではなく、一からデザインを起こしてH様のためだけの椅子をお作りしてみませんか?」と、ご提案。

NENE回転座椅子 図面 イメージ図

「ここに来るまでに色々見て回ったけど、なかなか気に入ったデザインや座り心地の物がないので、好みにあわせてオーダーするのもいいかなと思っています。」と前向きにご検討くださり、3rdスタッフによるデザイン会議を経て図面と絵が完成しました!この資料を叩き台に座面やアームの高さなどをお店にある展示品を使い体感して頂きながら話し合い、H様の理想の形に近付けていきます。そして、お届けした座椅子がこちら♪

NENE 回転式 座椅子 walnut

NENE 回転式 座椅子 walnut

「立ち座りの時、身体を支えられるようにアームのあるものが良いな。」とご要望を頂いていたので、はじめのご来店時に気に入って頂いていた、3rdオリジナルデザインのNENE Chairを元にデザイン!
アームの付き方などはNENE Chairと同じ構造となっておりますが、座面は広めのW833×D660で、あぐらをかいてゆったり座れる大きさになっています。また、アームのデザインもNENE Chairと比べると座面の形状に合わせて少し外に丸く広がるように進化! 無垢材をこの形に削り出すための治具から工場長に作って貰いました!

NENE 回転式 座椅子 walnut 側面

座面の下には、こたつから出入りがしやすいよう回転する金物が入っています。また、大きめの土台に小さい脚のパーツを円状に7つ取付けることで座った時の安定感が生まれました。

NENE 回転式 座椅子 walnut 側面 脚

「木の座面が好きだけど、座面の高さを調整出来た方が良い」と、この座椅子専用のクッションもお作りすることになりました。クッションの厚みは実際に完成した椅子に座ってみてから決めることになり、先に椅子のみお届け。H様のご自宅のこたつのところで、お店から持って行ったクッションのサンプルに座ってみていただき厚みを決定しました。

NENE 回転式 座椅子 walnut クッション無し

NENE 回転式 座椅子 walnut クッション有り

NENE 回転式 座椅子 walnut クッション有り

後からお届けしたカバーリング式クッションは、座っていて前にずれてこないように後ろで椅子本体とくっつけられるようになっています。底にファスナーが付いているカバーリング式なので、メンテナンスも楽々です。先に一緒にお届けしていたRADIUS Chairと合わせた洗える生地でお作りしています。

NENE 回転式 座椅子 walnut クッション有り RADIUS chair living room

RADIUS Chair walnut living room

RADIUS Chairは、座面にダイメトロールという人の脂肪に近いといわれるクッション材がトランポリンの様な構造で張られており、長時間座っていても疲れにくいソファに近い作りになっています。
「普段は座椅子に座って、疲れてきたら今後はこっちの椅子で、足だけこたつに入れて過ごすの♪」と嬉しそうにお話ししてくださり、お選び頂いた椅子です。

H様、2脚の椅子の使い心地はいかがですか?こたつが出ている間にお届けが間に合ってよかったです・・・!またいつでもお店にお立ち寄り下さいませ。

【特注回転座椅子_W833×D660×H430_SH110】
【特注クッション_φ590×H60】
RADIUS Chair_W595×D510×H747_SH420】

line1_3
CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2019.03.17

椅子から着想するダイニングテーブル

特注Dining Table/pepe chair引越してまだダイニングセットがないとご来店されたI様。テーブルはもう目ぼしいものを他店で決めているのとの事。そのテーブルに合うチェアを探してたまプラーザ店に来店下さいました。
店頭で色々座り比べてみて、広め座面のPEPE chairを気に入って頂きました!
PEPE chairは座面が広くゆったり座れ、脚先では丸い断面が徐々にアームにかけて丸四角になり手にやさしい触り心地がまた心憎い椅子でもあります。
テーブル購入日に合わせて、後日、PEPE chairの座り心地をもう一度、確認しに来て下さいました。
改めてPEPE chairの色味を確認し、旦那様はウォールナットでお作りを希望。しかし、「濃い茶色のウォールナットの椅子と、購入を予定していた白色のオークのテーブルと素材も色味も変わってしまうのは、気になる」と奥様。
また、購入を検討されていたテーブルには天板の反りを抑える為の幕板があるとの事。アームのあるPEPE chairでは、幕板にぶつかってしまう懸念があり、実際に店頭の幕板のあるテーブルにPEPE chairを合わせて見るとこんな風にアームと幕板がスレスレに。
特注Dining Table/pepe chairそこで、「ちょうど良いウォールナットの耳なしの天板があるので、当店でテーブルも合わせて作りませんか?」とご提案。
「気に入って頂いたPEPE chairと統一感も出せますし、何より、幕板をなくして作成する事も出来ます!」とメリットをお伝えして、テーブルも当店で購入頂ける事に!ありがとうございます!

テーブルはBliss tableをベースに特注で作成しています。
本来のBliss tableは天板が40mmと厚みがあるので、天板の反り止めに“蟻形追入れ接ぎ”という宮大工の技法を用いて幕板をなくしています。今回は天板がBliss tableより薄い30mmの為、溝を彫り込む“蟻形追入れ接ぎ”ではなく、ステンレスを埋め込み幕板をなくしています。
特注Dining Table/pepe chair幕板をなくした事で、テーブル下に椅子が収まるだけでなく、角脚をBliss tableで採用している80角から70角と細くした事で、側面から見た時もすっきりと見えますよね。PEPE chairと合わせてもアームと天板の間にゆとりが出来ました。
特注Dining Table/pepe chairPEPE chairは座面の生地を選ぶ事が出来ます(今回の様な背張りタイプは背板の部分も)。選ぶ生地によって表情がガラッと変わるので、選び甲斐もありますよね。
店頭にあったレザーの座面と布の座面と座り比べて頂き、「こちら(店頭のPEPE chair)のレザーは少し特殊で滑り難くて、座ってて滑らないのでいいですよ」とオススメし、店頭のPEPE chairと同じレザーの種類で作成する事に。色は、1脚ずつ分ける事も出来ましたが「折角素材を揃えたので生地も分けずに統一感を出そう」と奥様。ウォールナットをより引き立ててくれる艶のない黒革になりました。
ウォールナットは使い込んで行くことで艶も出て味のある風合いになるので、天然皮革の座面と合わせて経年変化を楽しめます。
特注Dining Table/pepe chair仕上がるまでの間、何度かご来店頂きました。仕上がり待ち遠しかったですよね!
これでお気に入りの座り心地をいつでも自宅で体験出来ますね!
是非是非、末永くご愛用下さいませ!

【特注Dining Table_W1650×D850×H700(T30)】
pepe chair_W535×D550×H770×SH420】


CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2019.03.16

思い入れのある家具とこれからも一緒に過ごすための工夫

ベッド リメイク後 組み立て式 bed remake

「母から譲ってもらって大切に使っているベッドがあるのですが、引越しに伴いリメイクしたいんです。」とお問い合わせをいただいたE様。
3rdは家具屋ですので、リメイク・メンテナンスを主としているわけではありませんが、お客様の『大切な家具をこれからも使っていきたい。』という想いにお応えしたく、私達に出来ることがあればお手伝いさせていただいております。「わかりました。やってみましょう!」と、東戸塚店にご来店いただき、お話しをさせて頂くことに。

ベッド リメイク前 bed before remake

ご来店の際は「ベッドが分解できる造りではなく、お引っ越し先のマンションに入らないサイズなので小さいベンチやソファフレームなどに形を変えて、これからも使えるようにしたいんです。」と、いくつか案を考えて来てくださりました。私たちもどう形を変えるのが最善なのか、一緒に考えていきます。別の家具に作り直したり、タイルだけ外して飾れるようにするなどいろいろな案を出しながらお話しをさせて頂いておりましたが、あまり納得のいくものが無いご様子のE様。
なかなかしっくりくる案が見つからないので、お引っ越し先に持って行く家具と持って行かない家具のお話しをしていると「このベッドは作り替えて別の家具になる予定なので寝具は新しく買い直すつもりなんです。」と、教えて下さりました。「それでしたら、今お使いの木材をそのまま使えるかというところは実物を見てみないと判断ができませんが、お部屋に入るようにベッドのサイズや構造を変えるのはいかがですか?」とご提案。すると、「そんなことできるんですか?そっちの方が良いです!本当はベッドとして使い続けていきたかったので!」と喜んで頂けたので、お持ちのベッドをお部屋に入るベッドに作り変え、マットレスも一緒に選んで頂く事に!

ベッド リメイク後 組み立て式 after remake bed

後日、E様のご自宅にベッドを引上げにお伺いし、工房にて材料として使える部分とそうでない部分を見ていきます。タイルが付いていて意匠性のあるヘッドとフット部分はそのまま使用し、他のパーツは新しく作ることになりました。一度分解し、今後も使っていくところはメンテナンスをしてから新規作成したパーツと一緒に組み直していきます。

元の材料のままお作りしたベッドのヘッド・フット部分も、メンテナンスで新品同様!とっても綺麗になりました!

ベッド マットレス リメイク前 before remake bed

ベッド 組み立て式 リメイク後 after remake bed

いつも通りであれば完成した家具は私達スタッフでお届け・組み立てなどもさせて頂くのですが、なんとE様のお引っ越し先は離島! お届けからお引っ越しの日まで少し間もあったので、一度ご自宅へお届けさせていただきお引っ越し先への配送は、E様にお任せすることに。

リメイク前は全てのパーツが一体になっていてお引っ越し先の搬入経路が取れない状態でしたが、サイズ調整と共に構造もリメイクし、お部屋に入れてから組み立てる仕様になりました。

組み立てベッド 分解

一度E様のご自宅で一緒に組み立て、完成形をご覧頂いた後、再度分解してお引っ越しの際スムーズに運んで貰える様に梱包しなおします。また、誰でも組み立て・分解が出来る様、家具と一緒に『組み立て説明書』を作りお渡しさせて頂きました。

生まれ変わったベッドを見たE様は「ここで手放すしかないかなと諦めていたので、凄く嬉しいです!ありがとうございます!」と、とても喜んでいただけました。私達も「頑張って良かった!」と、とても嬉しく思います!E様、そちらでの生活にはもう慣れましたか?これからも大切な家具と、末長く素敵な時間をお過ごし下さいませ!

【特注ベッドフレーム】
【マットレス_980×1950×220】
line1_4
CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2019.03.12

家族が集まるお部屋づくり

クローゼット リフォーム デスク ワークスペース

以前、ダイニングセットをお届けさせていただいたことのあるK様。何度かお打ち合わせをさせて頂く中で「隣の部屋に収納スペースがないので、ここに収納を作りたいのよね。」と、嬉しいご相談を頂きました。ご自宅へお伺いし、お部屋の採寸をしながら、旦那様の作業スペースやお子様の勉強机など様々なご相談を頂いたので、ご希望の収納と合わせてお部屋の奥にあるクローゼットをリフォームすることをご提案!

“クローゼットの中で”という条件を崩さず、デスクとしての使いやすさを考慮し2つのプランをご覧いただきながら打合せを進めていきます。

クローゼット 施工前 before

クローゼット プラン plan

PLAN1は元々の収納部分を活かし、仕切り代わりにしたデザイン。PLAN2はクローゼット内部を一度解体し、作業スペースを広くとったデザインとなっています。
2つのプランを見比べて「どちらもすてきですね!」と、お悩みでしたが元々のクローゼットの仕切りを活かしたPLAN1で製作することに決定!

クローゼット内 施工後 after デスク ウォールナット walnut

お部屋の壁のコンセントから電源を取り、配線コードは壁を這わせ、それぞれの足下にコンセントタップを設置しています。天板の幅が普通のデスクよりも狭いので配線孔を開け、テーブルの下のコンセントから電源を取れるようにすることでパソコンや照明を置いたとき、デスクの上で配線が絡まないよう工夫しています。

デスク自体は壁に打ち付けたりせずクローゼット内部に置いてあるだけなので、将来的にはデスクを取り出して別の部屋で使用することもできますし、クローゼットも扉を付けると元に戻せるようになっています。

クローゼット内 デスク スライドトレー

引き出しは付けず、天板の下にスライドトレーを入れました。作業場所を広く取ったり、書類やノートパソコンなどを収納しておくスペースにもなります。クローゼット内にデスクを収めたときは、段差の高さを考慮しスライドトレーの高さが、ご自宅でお使いの椅子に合わせた700mmになり、デスクをクローゼット内から取り出し別のお部屋に置く際は天板の高さが700mmになるよう、サイズを細かく調整しています。
 
クローゼット デスク スライドトレー 天板

そして、元々はこのクローゼットの隣に収納が欲しいとおっしゃっていたK様。ピアノをどこに置くかがネックで・・・とお悩みだったので「ピアノが入る収納スペースを作っちゃいましょう!」と、壁一面のオープンラックをご提案。

壁面収納 ピアノ収納 ピアノ オーダー家具 吊り戸棚 施工前後

壁面収納 ピアノ収納 ピアノ オーダー家具 吊り戸棚 施工中

壁~壁ではなく、壁~扉の引き込み部分のスペースまで使っているため扉枠を避け、ご自宅で組み立てながら、上部収納の後側のすきまを埋めるパーツを入れて後ろの壁にぴったり付けています。ピアノが入るスペースは、足元にコンセント、壁にお部屋の電気のスイッチがあったので背板は付けず、ピアノの上の収納部分は吊り棚となっています。吊り棚の後ろにはコンセントと換気口がありましたがこちらは使わないとのことでしたので塞いで家具を設置。

壁面収納 ピアノ収納 ピアノ上収納 オーダー家具

オープンラックには、「このボックスを入れたいです。」と入れる物が決まっていたので、こちらに合わせてサイズを設定しています。可動棚にしているので、ボックスを使わなくなっても、中にいれる物の大きさに合わせフレキシブルに棚の高さを変えられますね。
天袋収納には、普段頻繁に出し入れしないものを入れるので、扉を付けて隠せるようにデザインしました。

隣接しているリビング側にも棚を作りました。こちらも収納力抜群です♪ 真ん中に一杯、小さいお子様の手の届かない高さに引き出しを付けていて、旦那様や奥様の大切なものなど細かい物を入れておくのに便利なデザインになっています。
そしてこの収納部分のピアノ側の面はなんと上から下まで一面ホワイトボードになっており、磁石もくっつくので絵を描いたり、家族のメモを貼ったりできるスペースになっています。

壁面収納 ピアノ収納 引き出し オーダー家具 側面ホワイトボード

壁面収納 ピアノ収納 オーダー家具 ホワイトボード

デスク上とピアノの上のスペースを有効活用することで空間の収納力がぐっと上がりました!デスクは左側を旦那様、右側をお子様がお使いになるということで、自然と家族の集まるお部屋になりそうですね^^
K様、その後、お部屋の使い心地はいかがですか?また何かご相談事がございましたら、いつでもご連絡くださいませ♪

【特注デスク_W775×D545×H714】
【特注壁面収納_W1960×D400×H1155/2455】

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。