オーダー家具の3rd -your life style shop-
2012.06.18

Y邸 SIDEBOARDお届け

今回、個人的に念願の仕様でサイドボード作らせていただきました!
ご近所(歩いて3)にお住まいのYさん。

カウンター下に置く収納をさがしているとご来店いただきました。

お店で打ち合わせをし、資料を持って後日お伺い。いつもの3rdスタイル!

お部屋を見せていただき気づく事は多いです。テーブルの配置、お部屋の間取り、導線、梁の位置から”これはカウンター下に収納を作っては使い難い”と判断しました.。やはり実際にお部屋を見せていただかないと箱物の家具はつくれません!

カウンター向かって左側に、両サイド奥行400mmの梁、幅1600mmの空間があり、ここにサイドボードを置た方が部屋も広く感じますしテーブルの配置からしても使いやすいですよと提案させていただきYさんもご納得。


一度、持ち帰り再度、提案資料(図面)をかいていたら、奇跡が!! !

もともとボードの中にはMUJIの収納BOXを入れたいと伺っていたのですが、

図面をかいていると、その収納BOXがクリアランス5mmでばっちりぴったり8個収まるのです!

興奮した僕は、鼻息を荒くし、すぐさまご連絡、凄いです!ピッタリです!”と

しかしYさんは”そうですか、よかったです”と、とても冷静でしたw

また素材に関しては白のポリ材でお話をしていたのですが、

チェリーのテーブルをお使いでしたし、全部白じゃなんかつまらんなぁと思い、

個人的に前々からやりたかった木口面に木を使いその他はポリ材を使うという仕様をご提案しました。(ご提案というかほぼ僕のゴリ押しでしたが!)

Yさんも”かわゆいです!”とご賛同いただき、僕も”絶対かわいいです!”を連呼していたのをよく覚えてます。

もちろんいい物ができる自信がもりもりあったんです!

何パターンかバランスをみながらデザインを起こし最終的に決定したのがこちら!


悩み所は台輪部分でしたね。

白くしてしまうとどうしても浮いた感じになってしまうし、チェリーにすると少し重くなってしまうかなと

最終的には床の色、お部屋の雰囲気を考慮し台輪部分はチェリーにしました。

また配線の回し方も、中に入れる収納BOXがビチビチの為ボード内部を回せないので側面に欠き込みを入れる仕様に。職人さんは大変だったとおもいます。


製作中、気になって工房に何度も見に行っちゃいました。職人のマル(丸山君:僕と同期で同い年。先月子供が生まれました!おめでとう!工房主任)に”いいね、いいよね、かわいいよね”と同意を求め製作の邪魔してました。

いよいよお届け。

長くやってますがお届け前はいつも、楽しみと不安が半々です。

もちろん採寸し十分に確認して図面もかいているので間違いは無い筈ですが….

ちゃんと壁~壁の間に収まるかなとか、コンセントの開口の位置合うかなとか….お客さん気に入ってくれるかなとか…..とか…..


 

ぴったりビシッと奇麗に収まりました!

想像通りお部屋に雰囲気も形状もバッチリ!白のポリ材も壁紙と合わせて慎重に選択した甲斐がありました。

残念ながらお届けの際にはMUJIさんの収納BOXが無かったので写真ないですが、Yさんにもご満足頂きホッとしました。

異色、異素材の組み合わせはおもしろいです。今回はチェリーx白の組み合わせでしたが、ウォールナットx黒の組み合わせになるとかっこよい違った雰囲気になるはず。

今後は鉄とか石とかも積極的に使っていきたいですね。

ものづくりってほんとに刺激的です

Yさん!ありがとうございました!ご近所ですしまた遊びにきてくださいね。