オーダー家具の3rd -your life style shop-
2014.07.13

W邸 ダイニングテーブル、椅子、マイ・ギャラリー お届け

戸塚区にお住まいのW様。
お引越しが決まり、ダイニングチェアを探しでご来店になりました。

初めは「テーブルは親戚が1枚板で作ってくれるので。」とのお話でした。
お祝いにプレゼントされるという事で、楽しみですね!と話していました。

椅子はそれぞれ気に入ったデザインに座るのでと、デザイン違いで4脚選ばれました。
床も壁も白っぽいとの事で、引き締めるイメージで張り座を黒のビニールレザーで統一しました!

2181_01

椅子選びで何度かご来店いただいているうちに、
「インターネットでいろいろテーブルを調べていたら、モンキーポッドの板が気に入ってしまって。。。」
との事。ご親戚にお願いしているテーブルは樹種の指定ができないそう。

3rdでお届けしたテーブルを見ていただくと、
「そうそう、この板!これいいな~。」
とかなりお気に入りのご様子でした。(↓これまでのお届け一例です^^)

2181_02

それではと、たまプラーザ店に展示していた板をご提案し、見て頂いたのですが、サイズが大きい事、
天板の厚みがありすぎる事、ご予算の関係で断念。。。

後日、ご来店になられた時
「テーブルはやっぱり気に入ったものにしようと思って、ゆっくり探すことにしました。
気に入ったのがどうしても見つからなかったら、この板も気に入っているのでこれにします。」
と展示していたウォルナットのトラディションを候補に挙げつつも、モンキーポッドが忘れられないご様子で。。。。。

「お時間いただけるのなら、ご希望に合う板を探してみますか?
ちょうど展示用の板を探しにいくところなので。」
と、お話したところ「ぜひ!」と板探しが始まりました!

「サイズと予算内であれば、お任せします!」とのお言葉をいただき、見つけ出したのがこの板です!

2181_03

テーブルの横幅がご希望より少し大きくなってしまう事、天板厚を35~40mmに抑えるので
幕板付の脚になる事をご説明しながら、仕上げ前の板を写真で見ていただきました。

「分かりました。お任せしますのでお願いします。楽しみにしています!」
とご契約いただきました!

2181_04

椅子選びから始まり、ダイニングテーブル、後日、マイギャラリー(壁掛けできる観葉植物)
のご契約をいただき、すべてお届けが完了するまで約5か月!

2181_05

「写真、撮ってくださいね!マイギャラリー、ちゃんと育てられるかしら?
うちのお姫様、テーブル傷つけたりしないかしら~(><)」
とあれこれ心配しつつ、お届けをとっても楽しみにしていたW様!

2181_06

いろいろとご心配なさっていましたが、その後いかがですか?
何かありましたら、また遊びに来てくださいね!

W様 ありがとうございました!

東戸塚

2014.02.18

N邸 ダイニングテーブル/つり鐘ケース お届け

1
青葉区のN様にダイニングテーブルとつり鐘ケースのお届けです。

N様はダイニングテーブルをお探しでご来店されました。

お話をお聞きしていると、
お手持ちのつり鐘を玄関に飾るためのケースも探しているとの事。
現物を見ながらお話させて頂ければと、訪問させて頂くことに。

お店では、ダイニングテーブルをみていただき、
気に入っていただいたのが和くるみの板でした!
通常3rdで扱っている北米産のアメリカンブラックウォールナットの重厚感ある色味にくらべて
日本産の和くるみは軽く優しい色合いです。
2
そして後日訪問。
たまにお茶室として使用しているおうちだそうで、
つり鐘を置きたいといっていた玄関は、竹をふんだんに使用して和風に統一された
とても雰囲気のある玄関でした。
DSC_0321
図面とスケッチを作成しご提案させて頂きお届けしたのがこちら。

まずは和くるみのダイニングテーブル。
DSC_1004
国産材にこだわり脚はタモ材で製作し、棚を付けて少し物が置けるようにしました。
DSC_1013
天板は木表と木裏の両方の表情を見ていただき
気に入っていただいた木裏面を上にし、片耳をおとして使用しやすいサイズに。
3
カットした端材はお茶室にかっざてみると雰囲気がピッタリでした^^

つづいてつり鐘ケース。

取り付けは職人が直接伺わせていただきました。
下台を水平にみながら柱に固定していきます。
DSC_1021
ケースを設置して、、、
DSC_1028
つり鐘をつけて、完成!
DSC_1033
側面には金槌をかけるフックをつけ、フックも和金具をしようしこだわりました。
正面には、N様が持っていた壁に張った竹材と同じものを張ることで
玄関の雰囲気に統一感がでましたね。

きれいな音のなるつり鐘。
たまに音を鳴らすと癒されそうですね^^

美味しいお茶もたてていただきありがとうございました!

また何かございましたらお気軽にご来店ください。
N様、ありがとうございました!

たまプラーザ店

2013.09.03

A邸 特注AVボード お届け

1-4
TVボードを探しにご来店されたA様。

お客様のご要望に合わせて、オーダーでおつくりできることをご説明したところ、

「それなら、イメージしているモノがあるので聞いてもらえますか!?」
と、言っていただき、お話をお聞きすることになりました。

A様のご要望は
・脚部はキャスターであること
・正面には木を使用しない
・全体的に木の雰囲気は出したい
・奥行がゆったりと余裕があるもの

室内にワンちゃんがいるため、汚れないようにしたいというのが一番の理由でした。

その場でザックリなイメージをご説明させていただいたところ、
イメージをみたA様は
「扉は開けづらいものがいいです。」
とのこと。

3rdでは開けやすいようににプッシュオープン仕様のものが多く、
扉は下に開く形状をご紹介しています。

そこで、今回は開けづらいように扉に手掛け付けて上開き仕様にすることに。
通常より少し手間が掛かるようにしました。
1-6

このように、使いやすさだけではなく、
使用する人によって考え方がさまざまです。
そういった、お客様の細かいご要望にも応えていけるのがオーダー家具ならではですね!

素材は、現在使用しているナラ材のTVボードよりも、明るい印象にしたいという事だったので、
ブナ材を使って白めの明るい素材でおつくりすることになりました。

そして完成したのがこちら。(w1000 x d420.5 h400)

1-5

扉は、ご要望によりアルミフレームのもの。
ガラス面はダークブラウンのカラーガラスを使用し落ち着いた雰囲気に仕上げました。

1-7
そして、キャスターは前輪のみロック付きの固定式を使用。
背面には方立てを奥まで入れずに、コードをためるスペースを設けました。

お届の際には
「イメージ通りです!」
と大変喜んでいただきました。

これでワンちゃんが汚すこともないですね!

また何かあれば、お気軽にご相談ください!

A様、ありがとうございました。

たまプラーザ店 横尾

2013.08.27

W様 椅子 お届け

漢方薬局屋さんのW様。
お店で使う椅子をお探しでご来店いただきました。

お客様から症状をお聞きするための席でお使いになる椅子です。

2056_01

お客様用の椅子には『Arco』。
後ろ姿が弓を張ったような大きな曲線が特徴で、コンパクトな印象ですが、ゆったりとした座り心地です。
座面が板ではなく、ダイメトロールというトランポリンのような生地で張られています。

そのため、すわり心地がやさしく、長い時間座っていてもおしりが痛くなりにくい椅子です。
じっくりお客様に症状をお話いただけること間違いなしです!

今回、店内のインテリアに合わせてオークでお作りしましたが、『Arco』をオークでお作りするのは初めて!
張地にレザーを使いましたがふんわりとした色合いと木目で、かわいらしく上品に仕上がりました!

2056_02

スタッフ用の椅子には『2032』。
丸みをおびた優しい印象の『Arco』とは打って変わって、かっちりした印象です。
こちらもオークでお作りしました。

カジュアルになりがちなオークですが、深いグリーンのレザーと木目の相性も良く、
高級感のある仕上がりとなりました!

2056_03

使い心地はいかがでしょうか?
お客様からのご感想も気になるところです!

2056_04

店舗にお届けする機会もだんだんと増えてきました。
3rdの椅子は生地はもちろん、木枠の樹種もタイプによりますが、インテリアに合わせて
たくさんの中からお選びいただけます。

ぜひ、ご相談ください!!

W様ありがとうございました!

東戸塚店

2013.08.21

K邸 ダイニングセット お届け

130819_01

ダイニングテーブルの買い替えをご検討中だったK様

お店の窓際にある1枚板に目をとめて頂き、ご来店されました!
色々な板を紹介した中でK様に気に入って頂いたのは、普段あまり展示していない、ケヤキの1枚板です。
「一旦家に帰って、一度家族とゆっくり検討します。」
と、その日はご帰宅されました。

それから約1ヶ月半程したある日…
やっぱりあの板が気になる!と、ご家族3人で再来店されました!
少し前のブログにも書きましたが、1枚板は、同じものが2つとない、出会いものです。
その時に見たものが、売れてしまったから、もう一枚おつくりします。という訳にはいかないのです。
幸い、K様にお気に入り頂いていた一枚板は、一旦倉庫に保管されていたところでした。
よかった〜、と思いつつ早速お店に運びこみ、もう一度見てもらいました。やはり、木目の表情はバッチリ!
ケヤキは、はっきりとした美しい木目です。

130819_02

という訳で、K様のご自宅に行く事が決定したこの板ですが、あとは、サイズが気になるところ。
このままのサイズでお使い頂くか、少しカットするかで悩まれていました。

天井が高かったり、照明が多かったり、フロアが広かったりと何かとご自宅と条件の異なるショップでの家具展示。
中々ご自宅に入れた時のイメージがつきづらいものです。
そこで3rdでは検討中の商品現品や、同じサイズのベニヤ・ダンボールをつくって、お客様のお宅に持参し、
一緒にサイズを検討するという事もしばしば。

ということで、今回も早速工房でベニヤを検討中のケヤキの1枚板と同じサイズのものと、少し短くカットしたものの、2パターンを製作して、いざK様のご自宅へ!!
既存のダイニングテーブルの上に、ベニヤを置いてK様と一緒に、お部屋に対するサイズのバランスや、
動線等を確認していきます。

お話をしながら実際のサイズ感を確かめるためにみんなでそのテーブルを囲んでいると、しばらくして、ふと
奥様「このままのサイズでいいんじゃない?」
ご主人「俺もそう思った」
とのお話に。体感して納得いただけてよかったです。

1枚板は、材料として使用するためにじっくりと乾燥をさせていくのですが、その過程で割れたり、
反ってしまったりするので、樹齢の高い大きな木からでも、家具に使えるような大きさの、
まっすぐの材料をとるのはとても大変なことなのです。
ここまでで使って下さい、と木が残ってくれた形が、1つ1つ個性ある1枚板として家具になっていくんです。
なので、可能であれば、今あるサイズのままお使い頂けるのが1番!!

K様のお部屋は、動線もサイズのお部屋とのバランスも問題なく、一安心です。

椅子は、既存のものを気に入って使っているとのことでしたが、来店時に展示されていたcode chairに
奥様が一目惚れ!
code chairは、職人さんが、ペーパーコードと呼ばれる、再生紙を絞りながらつくる紐を、丁寧に編んで、
座面と背面をつくっています。使い始めは張りを感じますが、使いこむにつれて使う人の身体に馴染んでくれる、
素敵な椅子です。

130819_05

今の椅子も気に入っているという事で、とっても迷っていらっしゃいましたが4脚のうち、
2脚をcode chairにすることに。

ここでご理解頂かなくてはならなかったのは、材料です。
ケヤキは材料として中々の暴れ馬です。
テーブルは、脚までケヤキでおつくりすることが可能なのですが、椅子程の細い線のものになると、
反りやねじれがおきやすいため、3rdではケヤキの椅子を製作していません。
ここをご理解頂いた上で、椅子はウォルナットで製作することになりました。

無事にセットが決まった2週間後、やはり4脚揃えたいと、再来店してくださいました。
追加頂いた2脚はcode chair のアーム付きでご注文いただきました。

お届けしたダイニングセットがこちら!

130819_03

今回、ダイニングテーブルの脚は、脚に天板を載せているタイプでおつくりしました。
この脚は、天板を一旦おろして90°倒す事で、座卓にもなります。

130819_04

ダイニングテーブルは、どんな大きなサイズでも、椅子分の人数しか使えないものです。
来客の時に、椅子が足りなくても、座卓にする事で、みんなで囲めるテーブルになります。

お届けを家族みな様で楽しみに待って下さっていました。
お嬢様は絵がとっても上手でお届けしたテーブルと椅子の絵を描いて、待っていてくれました。
奥様は「実家の母達が来る時にお披露目できます。」と喜んで頂きました。

椅子は、製作にお時間が必要だったため、後日のお届けとなりましたが
「もう一回人を呼べます!」
と、喜んでくださったK様。

とても仲良しなK様一家。
この食卓を囲んで、素敵な時間を過ごしてください。
K様ありがとうございました!
またお店にも遊びに来て下さいね!

たまプラーザ店