オーダー家具の3rd -your life style shop-
2011.05.07

地域ケアプラザ様 ブックボードお届け

横浜市都筑区の地域ケアプラザ様へブックボードをお届けしました。以前にソファとテーブルをご依頼いただいている地域ケアプラザ様。ソファを納めさせていただいてからしばらくたったある時、今度はブックボードを作りたいというお電話をいただきました。詳しくお話をさせていただく為に早速お伺いすると、以前納めさせていただいた特注ソファriveraを「みなさんソファとして使ってくれるんです。」というお話を伺うことができました。
以前のものは荷物置きになってしまって、どうしたらソファとして使っていただけるのかと悩んでらっしゃったので、思いが叶った本当に嬉しいお話です。そして今回のブックボードは、以前とは別の場所に、今しまいこんでしまっている本を皆さんが読めるようにとのことから、背のあまり高くなりすぎないものをご希望で、上は扉など付けずにオープン、下には少し隠してしまえる場所として、フラップ式の扉を付けるデザインでお作りしました。シンプルな形状ですが、しっかりと背面も仕上げているので、置き方を変えて後ろ姿を見せても気になりません。でも、背面を仕上げているからって、「そんな簡単にボードの向きを変えられないだろう。」って思いますよね。ここで、このボードの1番のポイント!実は、下にキャスターが隠れているんです!!
いつもなら、このボードの脚となる台輪の部分には、アジャスターという水平を調整できるものを入れることがほとんどなのですが、今回は動かすこともできるように、ストッパー付きのキャスターを入れました。でも、普段は見えないようにフタで隠しているので、言わなければこんな仕組みになっているなんて気が付かないです。スゴイ!!単純に、キャスター付きのボードというと他にもあると思いますが、こんな見た目にわからないものってなかなか無いですよね。以前お作りしたソファやテーブルと同じナラ材でお作りしたので、見た目にも木の印象を壊さず、レイアウトも自由自在な仕上がりになりました。

今回も仕上がりにご満足いただき、またこれからが楽しみです♪
地域ケアプラザ様ありがとうございました!また、何かありましたら、いつでもお気軽にお申し付けください。

2011.04.17

I邸 文机お届け

初めまして!今回は新人の柳田がブログを担当させていただきます。
これからも時々登場しますので、よろしくお願いします!!

横浜市戸塚区I様邸へ文机をお届けしました。PCデスクをお探しということで、お電話にてお問い合わせいただいたI様。
詳しいお話をお伺いすると、和室なので椅子ではなく畳に座って使うPCデスクが欲しいとのこと。
早速、資料をお送りさせて頂き、I様のご要望により近づけるようPCデスクとプリンターが置けるワゴンのプランを2通りご提案。
1つは脚が面になっているものと、もう1つは4本脚のデザインをご用意しました。
電話とFAXでのご連絡を何度か繰り返し、イメージを膨らませて頂きました。後日ご来店頂き、最終的には強度を持たせたロの字脚のデザインに決定!
ご希望のチェリー材を使ってPC用の文机をお作りすることになりました。

文机とは…[床に座って使う低い木製の机のことです。昔は手紙を書いたり読書をする際に使用していました。座って使うことから、座机とも呼ばれています。
椅子を使う机に比べて圧迫感がなく、日本の住宅事情の理にかなったとても便利な家具なのです。]
最近ではI様のようにパソコンを置くという現代的な使われ方もしています。
プリンターを置けるように作ったワゴンは、隣に置いたり、L字型にも置くことができるので、使い勝手によって変えて頂ける仕様になっています。
時代が変われば用途も様々です。お届けにあがると、「イメージ通りです。大切に使います。」と、とても喜んでくださいました。
和室の雰囲気とチェリー材がとてもよく合っていて、これから時を経てこの部屋に馴染んでいくのを想像すると、お届けした私たちも温かい気持ちになりました。
チェリー材の紅く色付いていく過程を楽しみながら、I様に末永くお使い頂ければと思います。
S様ありがとうございました!

2011.04.09

H邸 踏み台お届け

横浜市戸塚区H様邸へ玄関の踏み台をお届けしました。以前にもガーデン用のチェアとテーブルを納めさせていただいているH様。
玄関の上り框が少し高いので、踏み台を作ってほしいというご依頼をいただき、早速お伺いして採寸ののち製作となりました。

広くて素敵な玄関のたたきは、まっ平ではなく石が埋め込まれていたので、足元にはアジャスターを入れ、凹凸に合せて調整が出来るようにしました。ウッドデッキなど屋外で使う材料で製作したので、あえて塗装なしで仕上げましたが、木自体も硬いので、踏み台としての強度も十分あり、雨の日の濡れた靴でも問題なしです! お届けにお伺いすると、ご夫婦そろって縁側でお茶をたしなんでいらっしゃって、その様子がとっても素敵で、なんとも言えず温かい気持ちになりました。
毎日使う玄関の新しいサポーターとして、末長くお使い下さい。
お近くということもあり、いつもお店のことを気にかけていただきありがとうございます!今後もなにかありましたらすぐにお伺いしますので、お気軽にお声かけ下さい♪

2011.03.20

W邸 パソコンデスクお届け

横浜市戸塚区W様邸へパソコンデスクをお届けしました。最初、ご夫婦でお店にみえ、今使っているパソコンデスクを新しいものにしたくて色々探しているとのことでした。

今お使いのもののサイズや形状のスケッチを持って来られて「こんな感じで。」と。さらにお話をお伺いしているうちに、実は娘さんのお誕生日のプレゼントにしたいと考えてのご相談だということが分かり、これはちょっといつもとは違うご相談だ!と、なんとか喜んでもらえるものを、一緒に考えて行くことに。しかもこれをサプライズで考えていらしたので、持ってこられたスケッチも、こっそり娘さんのお部屋を見て、測ってこられたものだとおっしゃっていて、それを思うと、心がなんだかあったかくなりました♪
いつもなら私たちでお部屋の採寸に伺うところなのですが、今回はお父様とお母様のスケッチと、今お使いのものがピッタリそこにハマっているとのお話から、現状のパソコンデスクのサイズを参考に、まずはプランを考えて後日絵と図面を製作し、見に来ていただくことに。

スケッチは2プラン挙げ、そのうちの1プランをお気に入りいただき、お作りすることになったのですが、本当は、お誕生日に完成品を間に合わせたい!・・・ところだったのですが、お誕生日に日にちがちょっと近すぎたため、まずお誕生日には、完成予定のスケッチを送ることになりました。(店長が気合入って仕上げてました♪)数日後にお店にお立ち寄りいただいた際に、スケッチを娘さんに渡したところ、とっても喜んでいて、「待ち遠しい!」と、おっしゃっていたとのお話をお伺いし、ホッと一安心。製作を進めて行きました。

以前お使いだったものがパイプ柱の作りのものだったのですが、使いやすく気に入ってみえたとの事だったので、デザインもそれを元に、無垢材を使った仕様に。
天板より上は窓に少しかかるということだったので、面で囲ってしまうのではなく柱を立てるデザインにし、少しでも光を遮らない軽い印象に。
上棚はプリンタを置くことができるようにしました。
素材もお部屋の雰囲気を壊さない明るい印象のものにしたいということで、ご両親とも悩んだ末にメープル材にしたのですが、これにして大正解♪
デスクの天板も下丸の面を取り、より女性らしい柔らかい印象になりました。デスク天板より下は、キーボードを置くスライドテーブル、その下は紙などを入れられる小引出し、足元には可動棚を入れた収納部分を作り、全てを余すことなく使っています。
デスクを動かしてお掃除ができるようにと、足もとにはキャスターをつけました。お届けの際に娘さんはいなかったのですが、とっても喜んでいただけたみたいで、「ずっと大切に使います!」とおっしゃっていたというお話をお伺いし、素敵なプレゼントのお手伝いができたことを、ホッとした思いと共に、とても嬉しく思いました。最初はきめの細かい白肌のようなメープル材は、使い込むうちにどんどん飴色になっていきます。お優しいご両親のサプライズの思い出と共に、これからも末長くお使いいただければと思います。W様ありがとうございました!!

2011.01.15

W様クリニックの待合一式お届け

横浜市港南区W様のクリニックへ、nene chair、楕円サイドテーブル、飾棚、壁のオブジェをお届けしました。クリニックオープンの際に受付~待合スペース、さらにごスタッフルームの家具など、様々なものをご依頼いただいているW様。
3rdでは年に何度かイベントや、新作等のお知らせをDMというかたちでご案内させていただくことがあるのですが、今回W様にも「新作の椅子が出来ました。」というご案内をお送りしたところ、まさにその椅子を見てお気に入りいただき、ご来店いただいたのでした。
その椅子というのが、工場長オリジナルデザインのnene chair。入口の待合とは別の、診療室の待合に置きたいとのことだったので、スペースに対してサイズが少し大きいのではないか・・・という不安もあり、実際にその場所に置いてみることになりました。
実際に置いて見ると、少し大きいかな?というのはありましたが、たくさんの人が待ったり行き来する場所でもなく、置くのは1脚。何よりこの椅子をとってもお気に入りいただき、この椅子を置きたいと思って下さったこともあり、この椅子をメインに、待合室一式の家具をお作りすることになりました。アイテムは椅子、棚、サイドテーブル、そして、壁に掛ける木のオブジェ。今回1番苦労したアイテムです。もしかしたらこのブログで紹介するのも初めてのアイテムかもしれません。
クリニックの名前にちなんで「ハト」をモチーフに、W様の持つイメージをお伺いしながら社長も店長も(私もちょこっとだけ)頭をフル回転させてデザインを考え、何度もW様と打ち合わせを重ねてようやく完成!!いつもの家具のデザインとはちょっと違うので、いつもとは違う部分の頭を使いました(笑)樹種を変えてモチーフに変化を持たせ、平面的にならないように組み合わせによって立体感を出しました。
出来あがったものをみて、「いい感じだね~。よかった~。」と、まず私たちが喜んでました(笑)。
デザインが決定~製作まで、お待ちいただく時間が少し長くなってしまいましたが、W様もご納得のご様子でホッとしました。少しずつ木の色が変わってオブジェの雰囲気も落ち着く頃に、また改めて見せていただく機会があればと思います。W様、ありがとうございます。これからも何かありましたら、いつでもお気軽にご相談下さい。