オーダー家具の3rd -your life style shop-
2021.02.05

壁を生かした理想のワークスペース


新しくマンションをご購入し、ご来店頂いたTさま。ご入居予定の約2年前にご来店頂き時間をかけてお打ち合わせをしていきました。漠然としたイメージはあるが部屋のレイアウト、家具や照明など、どうすれば良いか分からないとご相談を頂きました。ご家構成やインテリアのお好み、どのように暮らしたいかなどなどヒアリングし、まずは大まかな家具のレイアウトを考えていきました。
リビングダイニングは壁を無くし広い空間に変更されていたので、抜けた空間を壊さないよう空間と家具のボリュームとバランスを気を付けながら考えました。お客様のご要望を踏まえながら少しずつ修正を加えていき大凡のレイアウトが決まったところで家具のデザインをしていきます。

当時からご自宅をお仕事をする時間が多いのでメインはワークスペース。PCやOA機器も多いのでキッチン側の壁一面を使い機能性、収納力、デザイン性を考え設計しました。PC以外に執筆作業も考慮し天板面を幅2m、奥行き60cmと広く取っています。


下部の右収納は上段が大型のプリンター、下段がA4用紙の在庫を収納。共に操作や取り出しがしやすいようにスライドトレーを入れています。プリンター収納の扉は上びらきの水平収納扉とし閉めているときはプリンターが隠れます。扉を開けた時も邪魔になりません。中段はモニターの大きさや圧迫感を考慮しH.70cm。こちらも広めに取っています。上部にテープLEDを設置しデスクを全体的に照らしてくれます。
今回は使用する機器が多かったので家具にはあえてコンセントはつけずOAタップで電源を取っていただくようにしています。家具の天板や内部に沢山の家具コンセントを付けてしまうと美しくない事、配線の自由度が無くなる為です。その代わりに下台収納部分、デスク天板に関しては配線が自由に通るように設計しています。

家具の分解図です。搬入経路を考慮し細かく分割していますが、組み上がった時は一体感が出るように合わさる板がダブルに見えないように設計しています。中段はノックダウン式(板物で製作、組立式)としています。毎度のことですがなるべく余分な線が見えないように気を付けています。

取付風景(終盤のフィラー中)。壁の梁が多く奥行きの調整やフィラー作業(隙間埋)に時間がかかってしまい、お客様にご迷惑をおかけしてしまいましたが、”間近で職人の技を見れて楽しかったですよ”と仰って頂き救われました!

パース図です。設計する際に少し悩むのが背面の配線ルート。無駄なくなるべく最小限のコード長さで収まるように考えます。照明は上段と中段で別系統になりますのでスイッチやトランス(変圧器)の位置を使い勝手やゆくゆくのメンテナンスも考慮して決めていきます。

後日ご注文頂いたソファもお届けいたしました。もともとSOFA SHAPEをカウチ+2pワンアームでご提案していましたが、そこまで大きくなくて良い+模様替えするかも、との事で幅2mのワンアーム、高さ+40mmの特注仕様で製作しました。幅はソファの周りを回遊できる導線を考慮し2m、座面高さは低いと立ち座りが。。。との事でお店で実際に高さを調整しお客様が最適な4cm上げとなりました。念の為、低くする事(通常の座面高)が出来るような仕様になっています。生地は展示品の質感を気に入って頂き同じものに。光に具合や見る方向により表情が変わる面白い生地で、ふわっさらっとした質感もとても良いです。SHAPEワンアームは個人的に座り心地、デザイン共におすすめです!

今回マンションのオプションの打ち合わせにも同席し家具に合わせコンセント位置、ダウンライト位置のご提案をしました。全体的に適度な明るさをご要望でしたのでダウンライト多めで、落ち着きたい時は間接照明で調整できるように考えています。コンセント位置は家具の仕様や置き方を決めそれに合わせ追加して頂いたので配線ルートを綺麗にまとめることができました。

お客様にはお打ち合わせから取付まで長い時間お付き合い頂きました。ご一緒に考えた理想の家具が完成したと思います。誠にありがとうございました!
また、設計側からすると今回は梁の多さや搬入経路など心配事もありましたが無事綺麗に収まり、毎度のことですが工場の職人には感謝です。

お客様によっては在宅にてお仕事をする時間が長くなった方も多いと思います。快適な理想のワークスペースをご提案&製作いたします。

2020.12.04

シンプルに使いやすい作業スペース

久々の投稿になってしましました。。。在宅ワークや自宅にいる時間が増えてきた為、ご自宅をもっと快適に過ごしたいとご相談いただく機会が増えてきました。なかなかブログが更新できず申し訳ございません!

以前キッチンボードやTVボードを作らせていただいたKさまより新たなご依頼をいただきました。以前のお届けです→K邸TVボードお届け
今回は趣味やお仕事をするためのワークスペースのご相談です。お裁縫やパソコン仕事などマルチに使える作業スペースと本棚を合わせた収納を製作いたしました。素材はいつも通りのメープル材。お客様と打ち合わせしながらデザインを作りました。

構造は左側本棚の中段固定棚と左側収納に天板を渡し一体化する仕様です。右下壁に吸気口がある為、約15cmほど避けて棚を置いています。左壁から電源をとり天板にコンセント設置、ミシンやPCの電源として使います。配線は家具、壁のコーナーにモールを使い隠しています。

天板は現場にてカットし長さを合わせました。床、壁のレベルがよかったのでほぼ調整なしで綺麗におさまりました!

右側の引き出しの内寸を入れたいものに合わせ左側を小さい引き出しに。この様な調整はオーダー家具ならでは!
イメージ通りに仕上がりお客様にも喜んでいただきました。こうやって追加でご注文頂けることはとても嬉しく思います。Kさまありがとうございました!


【DESK+BOOKBOARD_W2027×D595×H1960/725】

2020.09.07

多機能を壁に収める

壁面収納をご要望でご来店いただいたYさま。展示を見て頂き3rdの収納の特徴や作り方をご説明させて頂きました。立って作業するワークスペース、大型のTVを置くスペース、飾りたな、本棚などなど、大凡のご要望をお伺いし
ご提案資料に。後日、ご自宅にご訪問し採寸と詳細のお打合せをし完成したのがこちらです!

大型の壁面収納ですので搬入経路など考慮し今回は8個のパーツにわけ製作。仮組みし壁に収まるか、開口の位置はあっているかなどを確認し裏面の配線関係を繋いでいきます。家具が組み上がったら家具内部下側(台輪)にあるアジャスターを調整し家具の水平垂直を合わせます。これで壁に打たなくても家具の安定感が出ます。

フィラー作業(隙間埋め)の様子です。3mの壁に3mの家具を作ってしますと入らないので家具は壁実寸より約-1cmして製作します。その1cmの隙間を同材のパーツを削り埋めていく作業です。

同時に扉や引き出しがスムーズに開くかなど微調整をし設置完了です。

向かって左側からワークスペース、立って作業をする仕様ですので高さを1mにし下の空間はプリンターを収納します。中央は55インチのTVが収まるよう広めに区画をとり下にAV機器収納+引き出しの仕様、右側は本棚/飾り棚/収納スペースになっています。圧迫感を軽減する為、目線の位置はガラス扉や照明を入れることにより抜け感を出しすっきりした印象になるようデザインしています。

最初ご訪問時にお持ちしたスケッチ。お打合せして仕様が変わっております。

↑プリンター収納部はスライドトレーにスキャンや後ろ給紙も使いやすいように。
↓お部屋のコンセント位置は開口し家具のコンセント、照明のコンセントをとっています。配線が干渉しないように可動棚板は欠き込みしています。

今回お客様にも色々とご協力いただきスムーズな設置ができました。Yさまありがとうございました!

■壁面収納:ウォールナット突板ウレタン全消し仕上げ
w.3470 d.500/400 h.2425

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2020.08.25

生活の変化に合わせて家具をリメイク

久しぶりの投稿になってしましました!今回は家具のリメイクです。
テレワークが多くなり、持っているリビングテーブルをデスクにしたいとご連絡をいただきました。大凡のお値段をお伝えし現状を見せて頂くことに。

長年使われておりましたがとても綺麗なウォールナットの無垢材のテーブル。幕板付きの脚を新規で製作し天板をのせる仕様に。小ぶりな天板なので内寸をなるべく広く取るため外側に脚を設置し細くテーパーをつけすっきり見えるように設計しました。

空いているスペースにはテーブルの奥行き、高さと合わせたオープンの収納棚を製作。近くに間接照明を置かれていたので収納の台輪にコンセントつけました。扇風機や除湿器など季節家電も使え便利です。元々の仕上げがオイルだったので、デスク、収納共にオイル塗装にて仕上げてます。新規で作った収納とテーブルを並べるとウォールナットの経年変化の様子がよくわかります。家具コンセントのコードはご主人さまがモールを取り付けてくれるとの事でした!

このように生活に合わせてリメイクし使うこともできる事は無垢材の家具の良いところの1つだと思います。3rdでは他社さんの製品もリメイクしたり補修したりしておりますのでお気軽にお問い合わせください。

line_03

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2020.06.26

家具と空間のバランス

お引越し後しばらく時間がたち家具のご相談を頂いたMさま。前の家でお使いだった家具を置いてとりあえず使っているのでリビングダイニングをすっきりさせたいとのご相談いただきました。メインは収納家具でご提案したのは、幅5m84cmの大型ローボード。合わせてダイニングセットもご提案しました。

ご提案スケッチです。LDの家具配置と壁(窓)のバランスを考慮し全体をデザインしました。

大型の家具なので5パーツにわけ製作しご自宅で組み上げていきます。手前に見えるのがサイドボードの下面で家具の水平垂直を保つアジャスターです。3rdでは基本的には置き家具の仕様なのでこのアジャスターを調整しお部屋に設置していきます。

窓センターに合わせて2.5mのTVボード、右棚上部はお仏壇収納。窓下(カーテン)、腰高に合わせサイドボード。家具で埋まってしまうコンセントは両サイド台輪にコンセントを付け電源が取れるようにしています。サイドボードは腰高に浅い引出しを入れ収納物を限定しない仕様のデザインに。TVボード、AV機器が入る部分は赤外線を考慮しガラス扉に。今後はHDDでの録画やNetfrixなどのサブスクリクションが一般的になり恐らくデッキ類もなくなっていくと思います。その際は板扉に付け替えて収納にする事も考えて設計しています。

お仏壇収納スペースにはLEDのダウンライトを入れ、ガラス扉下にはスライド式の膳引きを供え付けています。

元のお部屋のコンセント部分の背板に開口し家具につけるコンセントの配線ルートを取っています。サイドボード天板のコンセントは電話用です。

ダイニングテーブルはなるべくなシンプルなデザインが良いとのことで定番のブリステーブルを170cm x 85cmでお作りしました。ダイニングチェアは後日お届けだった為、写真は無いですが軽く、ゆったり座れるpepe chairをお選び頂きました。

壁〜壁の低い収納家具は圧迫感なくとてもすっきりしたお部屋の印象になり、適切なサイズで家具をレイアウトすると何も無い空間よりも広く感じる事があります。マンションの内覧会などで”お客様が思ったより狭い。。。”と仰る事がありますが家具をお届けすると”なんか広くなった気がする!”とい言う事が多々あります。空間とお客様にあった家具をご提案できるのはフルオーダーだからこそです。

【Low board_W5840×D500/400×H850/500/1450】
【bliss table_W1700xD850xH700】
【pepe chair_W535×D550×H770】

line_03

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。