オーダー家具の3rd -your life style shop-
2021.10.28

【3rd家具再生プロジェクトVol.1】


日頃より3rdの商品をご愛顧頂きまして誠にありがとうございます。

当社にて無垢材のテーブルをご購入頂いているお客様を対象といたしました、【3rd家具再生プロジェクトVol.1】

無垢材は樹種に関わらず時間の経過と共に《あじわい》が出てくるものです。
しかし、それと同時に傷や仕上げ材の劣化も進んできます。
そこで、この度3rdでは工場と連携しご希望のお客様へより永く・心地よく3rd製品をお使い頂く為に
《企画1_無垢材テーブルメンテナンス》と《企画_2無垢材テーブル下取り》の企画をさせて頂く事となりましたのでご案内させて頂きます。企画詳細につきましては下記をご確認ください。

《企画1_無垢材テーブルメンテナンス》
現在お使い頂いております無垢材テーブルを工場へ引き上げメンテナンスをした上で再度設置させて頂きます。
通常価格よりお得にメンテナンス頂けます。(価格はテーブルサイズにより異なります。)
この機会に是非ご検討の程よろしくお願い申し上げます。

また、納期に尽きましてはご契約順にご対応させて頂きますのでご了承ください。
その際、ご希望の方にはメンテナンス期間中の代替品をご準備する事も可能ですのでご相談くださいませ。
(貸出品には数に限りがございます。)
作業によるお預かり期間を最小限にする為、お引取・再設置に尽きましては都度、要相談とさせて頂きますのでご了承願います。

《企画2_無垢材テーブル下取り》
ライフスタイル等の変化により買換えをご検討のお客様に尽きましては、テーブル新規購入額の15%にて3rdでご購入いただいた無垢材テーブルを下取りさせて頂きます。
※お引き取りさせて頂きました商品は3rd家具再生プロジェクトの一環によりメンテナンスののち生まれ変わります。

新規ご購入の際の納期につきましては、通常納期の約2ヶ月程頂いておりますので、ご了承くださいませ。

ご興味、ご質問等ございましたら、お気軽にたまプラーザ店、東戸塚店までご相談ください。

良いものを末長くお使いいただく為の必要なメンテナンスとしてご検討いただければ幸いです。
どうぞよろしくお願い申し上げます。
line_02

3rd_東戸塚店
〒244-0801
神奈川県横浜市戸塚区品濃町512-12
TEL:045823-6496 / FAX:045-823-6497

——————————————————————-
3rd_たまプラーザ店
〒225-0002
神奈川県横浜市青葉区美しが丘1-11-10 ポリニアA
TEL:045-532-9798 / FAX:045-532-9799

2021.10.15

異素材の組合せで空間にスパイスを

黒い鉄脚、ウオールナット無垢の天板を使ったダイニングテーブル。
ウッドブラインド、座面と背面に黒革を使ったウオールナットのダイニングチェア。
木と鉄、革という異素材の組み合わせがスパイスのきいた空間を作り上げました。

こちらは、リノベーションしたマンションにお引越しの際、ダイニングテーブルをお探しで来店くださったK様ご夫婦宅。
何度か打合せを重ね、今回ダイニングセットとブラインドのご依頼を頂きました。

広々としたダイニングには、ご両親や友人が来ても余裕があるw.2000 D850のテーブルを。

椅子は、徳島にある宮崎椅子製作所様の人気椅子「pepe arm chair」
デザイン、軽さ、座り心地などを気に入って下さり、店内展示品と同じ仕様のレザータイプをお選びに。

所々に取り入れる異素材の黒は引き締め効果抜群!
ご来店されるお客さまの中で、インテリアに黒を取り入れることに躊躇したりイメージするのが難しい方には、こちらの写真をご覧頂くと納得されることが多いのです。
取り入れ方によって決して暗くなりすぎず、重くもならない。異素材の組み合わせで黒のイメージは覆ります。


窓周りは各部屋の仕様、雰囲気に合わせたブラインドをお選び頂きました。

LDメインの窓と書斎のコーナーにある窓にはレッドシダーウッドブラインドを。

レッドシダー、日本では「米杉」と呼ばれますが、ヒノキ科であるため独特の香は人々の暮らしをリラックスさせると同時に、虫を遠ざける効果も持つと言われています。
様々な色合いを持っていることが特徴として挙げられ、耐水、防腐、寸法安定などの特性もあります。
これらは四季ある日本のニーズとマッチし、部屋の湿度バランスを保持、そして樹種の特性から空気層を多く含むため高い断熱効果も期待できます。

ブルーグレーのアクセントカラーを使った壁の一部とウッドブラインドとの相性もステキです☆

下の写真(↓)
LD小窓と書斎の腰高窓は上下開け閉めできるハニカムシェードをお選びに。
ハチの巣状の構造は、夏は断熱効果、冬は保温効果と快適な室温にしてくれるのです。
断熱効果と保温効果があるので、エアコン代の節約にもつながり、外部の音を和らげる効果も。 上品な生地は柔らかく優しい光をお部屋に注ぎます。
インテリアとしても楽しめ、省エネにもつながることができる優れもの。

ゆったり座れる寸法のダイニングテーブルはウオールナットで製作しました。
明るめの床に濃い色の家具を置くことをためらわれる方、想像がつかない方などには参考になるのではないでしょうか。

鉄と革という、ちょっとハードな素材も取り入れつつ、全体は木の暖かさに包まれているグリーンの映えるK様邸。
素敵な笑顔のご夫婦にピッタリな空間になりました。

K様、ありがとうございました!

2021.09.10

経年変化を楽しむ木製家具

お引越しの度、家具をご提案させて頂いているW様
今回のご依頼は、本や雑多なものを納める収納棚です。

奥に見えるTVボードは以前製作させて頂いたもの。そのときには他にベッド、ダイニングテーブル、照明などもご提案させて頂きました。
ソファ、リビングテーブル、飼っていらっしゃる犬がソファに上がるための階段も製作させて頂いています。

↓下の写真は過去にお届けした品の数々・・・

(↓写真)
今回製作させて頂いた向かって左の背の高い収納棚は、上部が神棚、下部左がスティック型クリーナ、下部右は細々としたものを収納する場所として設計しました。
掃除機の収納場所がすぐ近くにあると掃除が億劫にならずにすみますね。
細々としたものも、これだと何処に何があるか一目瞭然。探す手間がなくなりストレスなくお過ごし頂けそうです。

神棚部分は垂直収納扉仕様。
開き戸仕様と違い、扉をサイドにすっぽり仕舞える仕様となっています。
神棚として開け放していても扉の存在が邪魔になりません。

↓下の写真は、向かって右の背の低い収納。
ローボードは背面のタイルが生きるよう敢えて背板はなし、箱は全面ウォールナットでどの区画にも入るように設計しました。
隠しておきたいものは箱に入れて目立たぬように、見せたいものは飾り棚風に飾ってみても。
箱の位置を替えるのも楽しみの一つです。

ローボードの幅は2500mmあるため、二つに分割して製作しています。
側板を全て同じ厚さで製作してしまうと分割した所を合わせた時その部分だけ分厚くなってしまうため、分割合わせ部が均等に見えるよう側板の厚さを調整しました。
つまり、側板厚さを左右で変えているということです。
また、分割部の固定に使用するボルトが長さの合う物がなく、カットしながらベストな長さを見つけ固定しました。
見た目ではわからない細工があらゆる所に施されています。

下の写真は数年前に納めたテレビ台の経年変化がよくわかる一枚。
木は年月を経てゆっくりと色が変わり、徐々に揃ってくるのも味わい深いものです。
今回の収納棚含め、W様のお部屋がどんな風に変化していくのか楽しみで仕方ありません。

W様、今回もありがとうございました!

特注収納棚
W3350×D450×H850/1800

2021.08.05

一日の終わりを快適に過ごすために

これまでにneneliving table特注の姿見鏡の製作をさせて頂いたK様。

今回はロフトに置く、分解できるベッドのご注文を頂きました。

フレームはお持ちのチェストに合わせウォールナット、すのこはヒノキ。
共に総無垢材、木の質感を最大限生かすため仕上げはオイルで製作しました。
マットレスを置きたくないくらい、ヒノキとウォールナットの対比が大変美しい仕上りです。

ヒノキにはリフレッシュ、リラックス効果、抗菌、消臭、防虫、調湿効果・・・等、、大変優れた効果が多数あり、
心身を整え一日の疲れを癒やすベッドには最適な素材となります。

快眠の為にはマットレス、寝具が大切ですが、それらを支える屋台骨となるベッドにもこだわりたいものですね。


ロフトに置くためベッドの高さは低め、大きさは置けるスペースギリギリとしました。
ダブルのマットレスも置くことができます。
また、引越しなどを考慮し、長手方向も解体できるよう設計しました。(↑写真パース図)

快適な生活を送るために体を預ける重要な家具であるベッドは特に、構造強度をしっかりと考える必要がある為、
詳細な仕様に関しては製作工房の工場長にも構造や木の特性を考慮してもらい、意見を交えながら熟慮を重ね慎重に設計しました。

↑組立風景
パーツは細かく分けましたが、総無垢なのでそれなりの重さがあります。

足を引っ掛けないように角は面取りしました。
ついつい引っかけて痛い思いをしたこと、一度は経験ありますよね。
こうした細かい加工こそ、オーダー家具ならでは・・・なのです。

お客様と打ち合わせを重ね、木のもつ暖かみの感じられる理想のベッドが完成しました。

以前お届けした家具も綺麗にお使い頂き、大切に使って下さっていることに感謝の気持ちでいっぱいになりました。
経年変化でいい味が出ており今後も楽しみです。

人間は人生の1/3を睡眠で過ごすと言われています。
古来より日本人の生活に取り入れられ、馴染みのある素材であるヒノキの香りに癒やされながら
K様にとって一日の終わりに心も体も安らげる場所となっていれば幸いです。

K様、今回もありがとうございました!

2021.05.14

快適な在宅ワークを目指して

在宅ワークが増えたことを機に、デスク周りを快適に、且つ機能的に使いたいとご来店くださるお客様が増えています。
以前ヤコブセンのベルビューフロアランプをご購入頂いたY様も、今回書斎を改造したいとご相談に来店くださいました。
デスク、ファイルその他細々した物全てを収納でき、一日の大変を快適に過ごせるようなシステムデスク。
ご要望をお伺いしながらプラン作りを進めます。

設置前のご自宅へ取付位置、壁芯の位置など確認にお伺いさせて頂きました。
設置壁向かって右側の壁に造作の棚がある為、取付け面の壁全部を使わずホビーワゴンがピタリと入る寸法の空間を設けます。その完成イメージがこちら↓(下図)(ワゴンの仕様変更有り)

下の図は家具裏面から見たコンセント、照明配線ルートの指示図です。
吊り棚に取り付けたLEDライン照明の電源は、左側コンセントから壁の隅をモールを使ってあげていることがわかる図となっています。


余分な配線をなくし明るさも得られたスッキリとした空間。

下の写真は組立作業風景。搬入経路を考慮し分割しています。

吊り戸棚の奥行きは350mmとしファイルや本などを収納します。また向かって左にはオーディオを置けるようコンセントを設置しました。壁にある元のコンセントはデスク側板に移設しています。

永く使って頂けるよう、引き出し内部は桐無垢材となっています。桐は古くより大事なものを仕舞うのに重宝され、カビの発生を抑制してくれます。また、引出しの開け閉めにかかるストレスの軽減にスライドレールを入れました。

天板は無垢材ですが、万が一反りや割れなどが生じた際、天板のみ取り外しメンテナンスできるよう後乗せの仕様になっています。
天板上面には2人並んで作業できる用にコンセントを設置し、下段引出しはファイルが背上で入る寸法に。
こちらのシステムデスクは吊り棚、デスク共にワイド2.5mと幅広の為、横に2分割して製作していますが、一体感を出すため無垢天板の木目を繋げた加工を施しています。
また、吊り棚にすることにより圧迫感なくスッキリした印象となりました。

在宅ワークで使用する周辺機器、書類、その他細々したもの全てを快適に使いこなせるよう、細かなところに配慮したシステムデスクが完成です。

オーディオから流れる音色、仕事に集中できる機能的なシステムデスク。ストレスのない快適なY様の在宅ワーク生活となれば幸いです。
今回もありがとうございました。

吊戸棚 w.2500 d.350 h.550
デスク w.2500 d.600 h.735