オーダー家具の3rd -your life style shop-
2019.10.07

こだわりと寛ぎのお部屋作り -1-

wallstrage desk sofa lattice living walnut order tatami bed

お引越しの約1年前に3rdにご来店いただき、お打ち合わせを重ねてすこしずつ詳細を決めていった家具をお届けした、N様邸!一度でご紹介しきれないので、まずはリビングとお隣の小部屋からご紹介いたします!

「今、上の階でご飯を食べていて!」とヨツバコ店にお立ち寄り頂いたN様ご夫婦。無垢材の家具がお好きという事でぐるっと店内をご覧いただき、家具のご紹介をしながらお話をお伺いしました。「こういう壁面収納をうちにも入れられないかな?」と、店内の大きな引き戸でテレビを隠せる壁面収納を気に入って頂けたご様子。こちらのデザインを元に設計した壁面収納をお届けしました♪

wallstrage living walnut ordermade

“矢張り”という意匠性のある突板の張り方をした大きな引き戸は、無着色で製作しているので、見る角度によって扉の色が違って見えてきます。各店舗に展示してある壁面収納の扉も”矢張り”のデザインでできているので、ぜひお近くのお店で見え方の変化を体感してみてください♪

wallstrage living walnut ordermade

普段はテレビを隠して両サイドを飾り棚として使えるように。テレビを見るときは左右に引き戸を開き、飾り棚の部分を隠せて、お部屋のオンオフの切り替えが自由にできる仕様となっています。
天袋やテレビ台部分などの引出しや扉の木目も繋げて作っているので細かいところまでとても綺麗です。

wallstrage living walnut ordermade

下には雑多なものが沢山入るよう、引出しと扉付き可動棚のスペースに分けてデザイン。デッキが入る部分にはリモコンが反応するようガラスの框扉を使用。配線を家具の中で通しコードが家具の外に出ないようにすることで埃がたまりにくくなるのでお掃除も楽になりますね。

wallstrage living walnut ordermade sofa lattice

「本が沢山あるんです。」と仰っていたので天袋収納にもたくさんの本が入れられるよう、また、サイズに合わせて棚の高さを変えられるような仕様になっています。

お届けの際は配送業者を使わずお店のスタッフと工房のスタッフでご自宅に入れ、自分達の手で組み立て作業を行います。下から組み上げていき、家具の水平レベルを調整しながら壁の端から端までぴったり納めていきます♪

何度もお忙しい合間を縫ってご来店頂き、お引越し先の図面や詳細打ち合わせ時の資料を一緒に確認しながらスタッフとN様ご夫婦の二人三脚でデザインを決めていった壁面収納。設置も一日がかりでしたが、ご満足いただけてとても嬉しかったです♪

リビング横の小部屋は「リビングの隣の部屋は扉が付け外しできるので普段は開けておいて、書斎として。来客時には人が泊まれるような個室になるといいなあ。」とご要望をお伺いしていたので、普段は隣のリビングとのつながりを感じられる様、デザインを合わせて収納兼デスクを壁一面にお作りすることに。

desk wallstrage ordermade workspace

デスクとして使える作業スペースの横両側にリビングの収納に合わせたガラス扉の飾り棚と、上には小物を飾ったりすることもできるスペースを。足元には左右対称に収納を作りファイルなどを立てて置けるようにしました。

desk wallstrage ordermade workspace

desk wallstrage ordermade workspace

引出しは筆記用具やA4の書類なども入るサイズとなっています。壁から移設したコンセントタップをデスクの上に付けているのでパソコン作業をする際などもデスクの天板から電源を取ることが出来ます。デスクの上に照明を入れておりデスクの上に照明を置く必要がないので作業スペースを広くとることが出来ますね!

天袋収納は大きく二区画に分け、可動棚にする事で収納力を上げています。扉を開くための取っ手などは付けず、押すと開くプッシュオープンの扉となっています。

desk wallstrage ordermade workspace

こちらのお部屋も、デスクのデザインが固まることで書斎として便利に使えるお部屋のイメージが見えてきましたがこの部屋にベッドを置くとなるとスペースが足りず扉を付けた時に閉まらなくなってしまうという難点が。
どうするのがベストか、スタッフも悩みました。「ベッドを置くスペースを取るのは難しいので、布団を敷いて寝てもらうことも考えているのですが・・・その布団を入れておく収納がないんですよね。」と漏らしたN様の一言から、「それであれば普段は布団を入れておいて、必要な時は上で人が寝ることもできるような収納を作ってみましょう!」とアイディアが浮かんできました。そして完成したのがこちら。

wagon walnut tatami order bed

キャスター付きの収納を3つ、蓋を付け替えることでリビングテーブルになったり畳のベッドとしても使えるようにデザインしお届けしました。普段は中に布団をしまい、畳の蓋を付けておくことで小上がりの和室のようなイメージで上に上がり込んでくつろぐことができるように。キャスターを付けているので場所を問わず、気分によって向きを変えたりしながらフレキシブルに使えます♪

wagon walnut tatami order bed wallstrage desk

ソファの前に置いてあるリビングテーブルは畳のワゴンの天板(蓋)を木製のものに付け替えたもの。来客時にはこちらと、書斎にある3つのワゴンを合体させることで人が一人上で寝られるスペースが出来るので中から布団を出して敷き、畳のベッドとしてご使用いただけます。

wallstrage walnut wagon tatami sofa lattice livingtable

マンションの住宅相談会の後、「今、床や扉を決めてきたんですけど、家具の配置に悩んでいて!」とお立ち寄りいただき、お話をお伺いしながらお部屋全体のレイアウトイメージもご提案!ソファはお店で座り心地を試して頂き、気に入っていただいたSofa LATTICEをお届け。

sofa lattice walnut blind livingtable order wagon

Sofa LATTICEは座面にレスピールという宇宙服の中材にも使われている特殊な高密度ウレタンを使用しています。座り始めは少し固く感じられますが、体温で柔らかくなる素材なので長時間座っているとだんだん身体のかたちに沿って柔らかく沈んできます。座っていないときは元に戻ってくれるのでご自身でお手入れをする手間が殆どかからない仕様。

wallstrage walnut sofa lattice desk wagon tatami

木枠は細い格子状のデザインになっており背中のデザインが特に綺麗なのでお部屋の仕切りとしても活躍してくれます。
背クッションとサイドクッションは、”シリコンポラック”というポリエステルの綿が入っているのでご自宅で水洗いも可。病院の掛け布団などにも使われている、アレルギーフリーの素材です♪
ソファカバーは飽きのこないグレーをお選びいただきました。替えカバー式となっているので長く使っていく上で汚れてしまったり、気分を変えたい時などは違う色や素材のカバーに変えていただくこともできます。

blind order topdown bottom up white

窓に取り付けたブラインドはトップダウン・ボトムアップの上からも下からも開けられる仕様なので、昼間は外からの目線を防ぎながら外の日光をお部屋に取り入れられます。
窓枠内に設置しているので、カーテンを取り付けた場合と比べるとお部屋が少し広く、すっきりとしてみえますね♪

blind order topdown bottom up white

はじめにご提案資料をご覧頂いてから製作期間に入る間も「家具の形が見えてきて、使っているところを想像できるようになったので!」とお部屋のイメージが膨らむことで出てきたご要望を持って何度もヨツバコ店にお立ち寄りいただきました。お打ち合わせを重ね、デザインに反映させ・・・と、細かいところまでこだわりぬいたリビングの家具たち!実際に生活してみて、いかがですか?

wallstrage walnut sofa lattice

次回はK様邸のダイニング収納と照明などをご紹介させて頂きます。お楽しみに♪

【特注壁面収納_W4110×D500×H2400】
Sofa LATTICE 3P_W1920×D800×H820(SH420)】
【特注Desk_W1800×D500×H2400】
【特注wagon_W1100×D600×H400(畳天板×3、無垢天板×1)】
【blind×4_W1005×H2300】

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2019.09.24

空間の役割を分ける

diningtable_epochchair_yardchair_walnut「新築を建て始めている間、海外長期出張になってしまい、出張が明けたら家が建っていたので、家具一式を揃えたいと思ってるんです。出来るなら、間に合わせではなく、しっかりと愛着が持てるものを選びたい」とご来店されたS様。
折角建てたマイホームですから、愛着のあるものに囲まれて過ごしたいですよね。
ソファとベッド、ダイニングチェアはまず確保したいとご要望があり、店内のテーブルやソファを見て貰いながら、お客様の理想の家具を探っていきます。その話の中で、ご自宅のお図面やお写真を頂けると事となり、是非、トータルコーディネートでいくつかプランを提案させて下さい、とプランニングシート作成期間を頂きました。

後日、ご来店頂いたS様にいくつかプランニング提案をさせて頂きました。その中でも特に、一部屋で「リビングダイニング」とするのではなく引戸のお部屋を「リビング」に、キッチンと続くお部屋を「ダイニング」に分けた提案を気に入って下さいました。空間の役割を分ける事で、来客時はダイニングでお迎えすれば、リビングをプライベート空間としてより寛げる場所にする事が出来ます。

diningtable_epochchair_yardchair_walnut「海外出張中に使用していたステンレス脚のテーブルがお気に入りで、そのテーブルを引き続き使用したい」とのお話しがあったので、同じステンレスの脚を持つ、ソファと同様にウェービングテープ+ウレタン座面構造で、柔らかすぎず、しっかりとした座り心地のEPOCH Chairをお勧めさせて頂きました。ゆったりとダイニングでも腰かけられるEPOCH Chairの座り心地を気に入って下さったS様。長身の旦那様に合わせて、脚を長くし、SHを高く設定してあります。
海外でご使用のテーブルに関しては、海外から日本に持ち込む際の不備で組み立てられない状態になってしまったとお伺いし、テーブルも併せてご提案させて頂きました。当初は「天板の側面は真っすぐがいい」とご要望でBLISS TABLEを提案させて頂きましたが、店内に飾られているトラディションの板を見ている内に「この板でテーブルを作りたい」と耳付の板に心惹かれていきました。

diningtable_epochchair_yardchair_walnutEPOCH Chairは脚がステンレスで華奢な分、座面の部分がより重厚感が増して見える為、テーブルの脚も細い鉄脚にしてしまうと、テーブル天板が重く、華奢な脚が心もとなく見えてしまいます。そこで、ずっしりと構える木のT字脚にする事により、見た目のバランスも重過ぎず、軽過ぎず、すっきりと安定して見えます。

diningtable_epochchair_yardchair_walnut立派なキッチンカウンターを使わないのはもったいないので、前回ご覧頂いた際に、デザインを気に入って下さったYARD Chairを元に脚の高いデザインにしたYard Counter Chairを並べて、簡単に食事をしたり、キッチンで作業する奥様と対面でお話しをしたり、ご夫婦で晩酌したり、ご多忙な旦那様と奥様が時間や寛ぎを共有出来るよう空間を無駄なく使えるご提案も気に入って下さいました。
張地の色味も悩みに悩んだ末、最初に見た店頭展示の色が一番しっくりくる、と濃いグレーの生地で決まりました。カウンターテーブルと色味が合い、よりシックな装いになりますよね。

お忙しい合間を縫って、ようやくお届けする事が出来ました!是非、素敵な食卓をご家族で囲んで下さいませ!

TRADITION Dining Table_W2200×D920~960×H710t40】
EPOCH Chair_W620×D660×H790SH450】
YARD Counter Chair_W400×D660×H850SH700】

line1_2

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2019.09.22

お気に入りの座り心地でソファを選ぶ。

sofa ample 2.5P walnut order white blue living

たまプラーザ店にお立ち寄りいただいたT様。ソファを前々から変えたいと思っていて、近くのお店でお食事をされた後、家具屋さんがないか調べたら3rdが出てきたということでご来店くださいました。ありがとうございます!

早速展示品のソファの座り心地をお試し頂くことに。3rdでは、ソファもご注文いただいてから職人の手作業で1点1点作っているため横幅を自由に決められます。まずは座り心地や、見た目のデザインで選んでいただく方が多く気に入ったものが見つかったら、お部屋の広さと座る人数・ソファでの過ごし方などお伺いしお客様ひとりひとりに丁度良い横幅のサイズをご提案させていただいています。

座り心地は固めがお好きということでSofa SHAPEの座面を気に入って頂けました。こちらは座面がワンシートのオールウレタンで出来ており、クッションの分かれ目が無くどこに座ってもフラットなので上がり込んでゆったりとくつろいでいただけるソファです。

座面には、柔らかいものでも40kg/㎥以上、通常50kg/㎥以上の密度のウレタンを使用箇所によって変えながら積層したものが使われています。座クッションの下にはイタリア製の、伸びの良いウェービングテープを入れる事で座った時の体圧をしっかりと分散してくれます。ソファのウレタンは通常20~30kg/㎥以上のものを使用している事が多いのですが、ウレタンはどうしても劣化しへこんでしまったり、固くなってしまったりするもの。SHAPEに限らず、3rdのソファに使われるウレタンは、木枠や内部構造の無垢材に負けないくらい長くご使用いただけるよう通常よりも高い密度のへたりにくいものを使用しています。

Sofa SHAPEはD900mmと通常の日本仕様のソファに比べると少し広めの奥行を取っていますが「この座り心地、好きなんだけどもう少し奥行のあるソファでゆったり過ごしたいわ。」と、奥様。

「それであればこちらはいかがですか?」とご紹介させていただいたのが、今回お届けしたSofa AMPLEです。

sofa ample 2.5P walnut order white blue living

sofa ample 2.5P walnut order white blue living

Sofa AMPLEはD1100mmある3rdの中でもかなりゆったりと座れるソファです。OTも一緒に置けば、上がり込んで脚を伸ばしごろんと過ごしたいというご要望にピッタリ!

sofa ample 2.5P walnut order white blue living

通常仕様だと座と背のクッションにウレタンとフェザーを使用しており、ふかふかでもちっとした座り心地。こちらも座クッションの下にはウエービングテープが入っており、しっかりと体重を受け止めてくれます。替えカバー式になっているため、同じ場所に座っているとどうしてもフェザーが端に寄ってきてしまいますが、中を開けてフェザーバッグに空気を入れることでご自宅でのメンテナンスが出来る仕様になっています。
使用しているフェザーは水のきれいなハンガリー産のスモールフェザーを使用しているのでフェザー独特のにおいがほとんど無く、高密度で体を包んでくれます。

「奥行と、見た目のデザインはAMPLEの方が好きなんだけど、座面の固さはこっちがいいな・・・。」とお悩みのT様。それでしたら・・・と、座面のみ通常のウレタン+フェザーの仕様ではなく、Sofa SHAPEと同じオールウレタンの特注仕様でお作りすることに!

sofa ample 2.5P walnut order white blue living

「今使っているソファの生地がベージュなので、新しいソファはお部屋のアクセントになるような色にしたいな。」と、生地を選びながらお話してくださりました。たまプラーザ店展示のAMPLEの色合わせを気に入って頂いていたので、白い部分は展示と同じものを選び、土台と小さいクッションの部分は無地ではなくブルーの柄入りの生地をご提案させて頂きこちらでお届け。

事前にソファの搬入経路を確認しに一度ご訪問させていただき、吊り上げで窓からお届けしました。T様、ご協力いただきありがとうございました。
お届けしたソファでの暮らしは、いかがですか?また何かございましたらいつでもお立ち寄りくださいませ♪

【特注Sofa AMPLE 2.5P_W2100×D1100×H800_SH400】
【特注OT_W680×D600×H400】

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2019.09.12

お気に入りの板の表情でお部屋を彩る

dining-table walnut bunny-chair green console-table

「以前ヨツバコ店に立ち寄ったとき色々見せてもらって。こっちの店舗だとまた展示が違うのかなと思って来てみました!」と嬉しいお言葉を頂き、たまプラーザ店にお越し頂いたK様。店内をご覧頂きながらいろいろお話していく中で、今使っているダイニングテーブルが元々ダイニングテーブルとしての作りでは無いので少し高くて使いにくいと思っていることや、テーブルの高さに合わせたスツールの様なもので食事をした後テレビを見たりしているのでなかなか寛げないというお悩みがあると教えて頂きました。

dining-table walnut bunny-chair green

「それであれば、K様のご身長に合わせてチェアを作りましょう!もちろんダイニングテーブルも高さを合わせて。」とご提案!
K様には座面に傾斜角度がついており、背中をしっかりと広い面で支えてくれるBUNNY Chairの座り心地を気に入って頂いていたのでこちらのSHを調整をしていきます。
チェアは奥まで深く腰掛けた際に足の裏が床にぴったり付く座面の高さであれば、腰と足で体圧を分散してくれるため長時間座っていても疲れにくいです。展示のチェアは日本人の平均身長から算出し、SH420のものが多くなっていますがSHの調整をする際は足元に雑誌などを置き床の高さを細かく調整し、座り心地を試して頂きます。こうしてK様のチェアの座面高は400mmに決定。

チェアの座面高に合わせてテーブルの高さも決めていきます。椅子の座面からテーブルトップまでの距離を”差尺”といい、一般的にはどの体型の人でも27~30cmが座りやすい高さとなっています。
差尺が短くなると前屈みの姿勢になりやすく、長すぎると少し上に手を乗せなくてはならなくなるので食事や書き物がしにくくなってきます。たまプラーザ店の展示のチェアに座って頂き、差尺はこのままでも大丈夫かな。と仰って頂けたので、テーブルの高さは680mmに。

テーブルのサイズは、お話してくださったお部屋の広さから計算しご提案をさせて頂いていましたが、実際に置いたときキッチンへの動線が狭くならないかご心配されていたK様。「それであれば、お部屋の中でサイズを決めていきましょう!」とテーブルのサイズ模型を持って後日、K様邸にて少しずつ確認しながらサイズを決めることに。BUNNY Chairの張り地の色もご自宅の雰囲気に合わせこの場でグリーンに決定しました。

dining-table walnut bunny-chair green dining

「天板は厚みがあって、脚も太めで重厚感のあるものを置きたいの。」とご要望を頂いていたので「丁度良い板がありますよ!」と北海道の自社工房、3rd blocから板を送ってもらいお店で見て頂くことに。たまプラ展示の一枚板と悩まれていましたが、1枚だった物をあえて半分に割り、少しずらして接ぎ合わせた個性のある板をお選びいただきました。

dining-table walnut bunny-chair green dining

木目と形からお選び頂いた天板に、K様リクエストの重厚感のある黒で着色した無垢材の脚を付けてお届けとなりました。アームチェアを入れたときもアームがぶつからない構造になっています。

dining-table walnut bunny-chair green dining

ダイニングテーブルの板を見にご来店頂いた際、「この位のサイズで欲しいと思っていたのよね」とお選び頂いた、一枚板で製作したコンソールテーブルも一緒にお届け。もともと両側に耳のある一枚板でしたが、板の片側を切り落しガラス張りの壁にぴったり付くよう、真っ直ぐな面をつくりました。ダイニングテーブルと合わせた黒い脚で製作していますが、こちらは鉄製なので見た目は細く軽い印象です。

walnut console-table iron

walnut bunny-chair green console-table

ダイニングテーブルと同じウォールナットの天板と、黒い脚で製作しているので統一感も出て、素敵なお部屋になりました。
嬉しいことに、ベンチの製作もご依頼いただき現在制作中ですので、お届けまでもう少しお待ち下さいませ!
K様、今後とも宜しくお願い致します!

【特注Dining Table_W1650×D800~900×H680】
BUNNY Chair_W555×D536×H840_SH400】
【特注Console table_W850×D350×H760】

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2019.08.30

お部屋のかたちを変える壁面収納

wallstrage walnut order tv-board

「今、部屋の中に家具が多くて・・・。収納を一つにまとめたいんです。」とご相談をいただいたのは、以前カウンター下収納をお届けしているS様!ありがとうございます!(※当時のお届けブログはこちら
お部屋を見てほしいと嬉しいご連絡を頂きましたので早速ご自宅にお伺いすることに。

折角家具を入れるなら床から天井までぴったり、横幅もぴったりで作りたいとご要望のS様。しかし、設置場所をみてみると、天井に奥行きの違う梁が二つありました。
「色々な家具を見たんですけど、手前の大きな梁までの高さで家具を入れると奥の小さな梁にひっかかってしまうし、奥の小さな梁までにすると家具と梁までの間に少しだけ隙間が出来てしまいますよね?どうすればいいのか悩んでいて。」とS様。おまかせください。3rdはオーダー家具屋ですので梁やコンセントを避けるなどのご要望は難なくクリアできます!

家具を入れたときのお部屋の雰囲気を資料でご覧頂き、空間がスッキリまとまって見えるということで大きい梁までの高さで作ることに。高さが決まったので、今度は横幅です。壁~壁の幅ぴったりで作りたいとご要望でしたが、なんと向かって右側の壁に扉が付いており、開けると中は収納スペースになっていました。

wallstrage walnut order tv-board image

「ここの収納は、普段頻繁に使うわけじゃ無いけど、完全に塞いでしまうのはちょっと・・・。」とS様。右側の収納は塞げないので「それであれば、収納の扉にあたる部分の壁面収納を動かせるようにしてしまいましょう!」と、完成したのがこちらです。シンプルなデザインの黒い取っ手が映えますね。

wallstrage walnut order tv-board

右側部分の足元にキャスターを付けることで収納部分ごと手前に引き出し、動かせるようになっています。これにより、元々あった壁の収納扉を必要なときに開けられるようになりました。動く部分はテレビ台から上の収納に合わせた奥行きに合わせて作っているため圧迫感も無く、すっきりと収まっています。この部分はS様にも「すごい!」と気に入って頂けたポイントの一つです♪

wallstrage walnut order tv-board

上部は奥の梁の大きさにぴったり合うよう設計しているため、L字の凹みが入っています。もちろんキャスター付き部分だけでなく、壁面収納の部分も一番上の収納部分は扉の中で梁を避ける仕様に。こちらは梁がある分、奥行きが少し浅くなっていますが入れる物としては特に問題ないとのことで収納スペースを出来るだけ大きく取れる、こちらの仕様に。

wallstrage walnut order tv-board

壁の電源は、家具の背板を開口しテレビ台にコンセントタップを移設。こちらからTVやデッキの電源のやりとりが出来る様になっています。壁にぴったり付いた家具の中で配線のやりとりをするため、埃がたまらずお掃除も楽になりますね。

wallstrage walnut order tv-board

wallstrage walnut order tv-board

下の引出しは少し大きめのH373となっています。A4ファイルの背を上にして手前から奥に並べていける高さになっており、書類の整理ができるようになりました。左隣のスペースにはプリンターを収納。スライドトレーを入れているので給紙やインク交換の際は、手前に引くと使いやすい仕様に。

wallstrage walnut order tv-board

テレビの横のスペースは飾り棚としてもご使用頂けるよう、ガラス棚板+上部に照明を入れ込みました。グラスやお酒など飾ってもきれいですね♪TVの周りに扉を付けず、オープンにすることで家具に奥行きが生まれて空間の圧迫感も軽減できます。

wallstrage walnut order tv-board

実際に使って生活してみて、いかがですか?またいつでもお店に遊びにいらしてくださいませ♪

【特注壁面収納_W2590×D500/350×H2075】

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。