オーダー家具の3rd -your life style shop-
2019.10.24

一緒に過ごす空間を心地よい場所に

walnut tradition diningtable

こだわって作った3つのダイニングテーブルをご紹介します!
ダイニングはご家族皆様で時間を過ごす空間になるので心地よい場所としてより長く過ごせる様作っていきたいスペースですね^^

まずご紹介するのはお店の木の雰囲気をお気に入りくださり、ご要望に合わせ新規製作をしたS様のテーブルです。
テーブルの買い替えを考えていましたので、展示のテーブルを見ていただいたところTRADITION EXをお選びいただきました!

walnut tradition diningtable

TRADITION EXは北米産の丸太を日本で製材し、耳を残したまま板にしています。自然の表情なのでひとつひとつ耳の角度が違ったり、心材と辺材の割合が違ったりと唯一無二の表情をお楽しみいただけます。

「心材(赤身)」は木の芯側の色の濃い赤っぽい部分のことをいい、「辺材(白太)」は木の皮側の色の薄い白っぽい部分をいいます。心材と辺材であまり色味の差がでない樹種もございます。ウォールナットは色の差が濃くでるのでそこをお気に入りいただくことも多い樹種です^^

一枚一枚違う表情を見せてくれる無垢材の板ですのでたまプラーザ店とヨツバコ店は店内にサイズ別で数枚板を展示しております。その中からお好みの板を選んでいただくことが多いのですが、今回はS様のご要望に合わせ新しく板を製作しました♪
自社で木工の工房を持っているので板もオーダーして製作することができます。耳・木目・色味等の木の表情は自然のものなので完全にイメージを再現することはかなり難しいですが、、、長年木を扱ってきた職人にお任せいただきお客様のご要望にできるだけ合わせ製作をします!
今回S様のご要望でTRADITION EXの特徴である『節あり』『天板厚30㎜』をそのままに、ウォールナットの色味を『濃い目』で職人に依頼をし製作をすることになりました!

walnut tradition diningtable

板が決まったところで脚を決めていきます。シンプルな形がお好きとの事で、幕板なしの70角脚に決定!
幕板は通常天板と脚を固定する役割を持っていますが、幕板をつけると足周りが狭くなってしまったり、アームチェアが収まらなくなったりしてしまうことがあります。足周りをすっきりさせようと幕板を内側につけると脚も一緒に内側に入ってしまうので今度は座るスペースが狭くなってしまうんです。そこで、3rdでは幕板なしのダイニングテーブルを製作できるよう『レッグジョイント』という六角レンチで取り外しのできる金物を使用します。
レッグジョイントは幕板に関係なく脚を固定することができるので変形型のテーブルや、内寸を広く取りたいテーブルに最適です!

walnut tradition diningtable

濃い目のウォールナットの雰囲気はいかがでしたでしょうか?
インテリアに関する事何かございます際は是非ご相談下さい^^
S様ありがとうございました!

【TRADITION EX Dining Table_W1600×D900×H700】

line2_2

walnut tradition bookmatch diningtable

次にご紹介するのは先程と同じTRADITIONの板ではありますが、ブックマッチという特徴的なはぎ方をしているダイニングテーブルです!

以前にもチェアや、小物をご購入してくださっているT様。今回はダイニングテーブルを買い替えたいとご来店下さいました^^
現在お使いのテーブルやについてお伺いするとW2000mm以上あり大きめとの事でした。テーブルの大きさはあまり変える予定はないということで近いサイズの板を見比べていただきました。一枚板が気になっているとのことで店内の板をご案内させていただきましたがあまりピンとは来ていないご様子。ハギ板もご案内させていただいたところ、ブックマッチの板をお気に入りくださいました!

ブックマッチは本を開いて対称に合わせるように接ぐので木目が左右対称になり、真ん中からたけのこ杢が広がる一枚板とはまた違った美しい木目に仕上がります。また今回はほぼ垂直なので分かりづらいですが、耳の向きも対称になるのが特徴です。ブックマッチは一枚ものと同様に珍しい板なのでまさに出会いですね♪

walnut tradition bookmatch diningtable

お気に入りいただいたウォールナットはお部屋の雰囲気、お持ちの家具との相性もばっちりです!
あまり重たい印象にしたくないとのことで脚を細くすることをご希望でしたが、強度の面を考慮し天板との接地面の大きさはそのままに床に向けて絞った丸脚デザインに決定。これで特別な木目の天板に、印象が重くなりすぎないテーブルができました!
3rdではお客様の理想をかたちにできるよう受注生産のオーダーメイドで製作をしていますが、「家具の永年使用」をコンセプトにしておりますので強度に関わるデザインについてはご相談をさせていただきながらイメージに合わせて設計させていただいています。

walnut tradition bookmatch diningtable

T様板としてご覧いただいた印象と、実際にテーブルになった印象はいかがでしょうか?
黒やグレー調のお部屋とウォールナットがマッチして素敵な空間に仕上がりましたね!
またお近くにお越しの際はお店に遊びにいらしてくださいませ^^

【TRADITION Dining Table_W1930×D1230×H730】

line1_2

walnut roudn diningtable

最後はラウンドテーブルを変形で製作したN様のテーブルのご紹介です!
お引越しに向け新しいダイニングテーブルをお探しだったN様。他の家具屋さんも見て回っているとのことで、3rdの製作方法をお話しさせていただきました。

3rdは長く使用できるいい素材を丁寧な日本技で作ることを大事にしています。素材は北米産の広葉樹を使用する事が多く、丸太で仕入れたのち日本で製材・乾燥をしています。木は製材をしても生きているので家具として一定のかたちを保つには「乾燥」がとても大切になります。乾燥は天然乾燥と人口乾燥がありますが、3rdが使用する木材はどちらも行っています。天然乾燥→人口乾燥→天然乾燥と板の含水率を確認しながら日本の環境に馴染ませます。
それから世界のどの国と比べてもより丁寧で高度の技術をもった日本の職人に加工を施してもらいます。かたちの精密さ、表面の仕上げはもちろん、角の加工等細かな所まで丁寧に製作をすることで、使っていて心地の良い家具が完成します^^また、3rdのテーブルは横浜市旭区にある自社工房で職人が製作をしているので職人とお話しをしたり、都合が合えば実際に製作を見れるのが面白いところです♪近くに自社工房があるので無垢材のアフターメンテナンスもお任せください!

工房と職人の写真です↓

話しを聞き3rdに興味を持ってくださったN様がお引越し先のお部屋について話してくださりました。
普段あまりダイニングで過ごすことはないので大きくなく家族3人でゆったり使え、お客様がいらっしゃったときは4人で囲める大きさとのご要望。
お部屋を決める際にモデルルームで見たかたちが理想とのことでそれに近いかたちで大きさをN様のご自宅に合わせ設計しました!

walnut round diningtable

丁度お店の展示にハーフラウンドテーブルがあったのでそれで大きさを疑似体験していただきながら確認してもらいました。普段ラウンドテーブルは座るスペースと一緒にテーブルを囲む方との距離感を考えΦ1050mmでおすすめをすることが多いのですが、今回ご要望頂いたかたちはラウンドを欠いたかたちであった為どれぐらいカットするか、天板の大きさはどれくらいにするかを調整します。

カットした面は普段壁につけるが人が来た時には座れるようにとのことでしたので、脚と脚の巾600mmは確保することを前提にしました。4本脚の全方面W600mm以上確保でき、天板の一人一人の有効寸法をD400~500mm確保できるあまり大きくなりすぎないサイズとして店内でご確認頂いた結果、Φ1250mmの一面125mmカットに決定!

walnut round diningtable

展示のハーフラウンドテーブルと同じように面取りをし、丸の絞り脚で製作をしました♪
Φ1250mmは少し大きめではありますが、面取りをし脚を絞っていることで圧迫感なくお部屋に馴染んでいます^^
椅子との相性もばっちりですね!!

walnut round diningtable

N様ありがとうございました!
その後テーブルの使い心地はいかがでしょうか?
何か御座います際は何なりとお申し付けくださいませ。

【変形テーブル_W1250×D1000×H700】

INFORMATION
10/19~10/31の期間、イベントを行っております。
気になる家具がございましたら、数に限りがございますのでお早めにお越し下さい!

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2019.10.07

こだわりと寛ぎのお部屋作り -1-

wallstrage desk sofa lattice living walnut order tatami bed

お引越しの約1年前に3rdにご来店いただき、お打ち合わせを重ねてすこしずつ詳細を決めていった家具をお届けした、N様邸!一度でご紹介しきれないので、まずはリビングとお隣の小部屋からご紹介いたします!

「今、上の階でご飯を食べていて!」とヨツバコ店にお立ち寄り頂いたN様ご夫婦。無垢材の家具がお好きという事でぐるっと店内をご覧いただき、家具のご紹介をしながらお話をお伺いしました。「こういう壁面収納をうちにも入れられないかな?」と、店内の大きな引き戸でテレビを隠せる壁面収納を気に入って頂けたご様子。こちらのデザインを元に設計した壁面収納をお届けしました♪

wallstrage living walnut ordermade

“矢張り”という意匠性のある突板の張り方をした大きな引き戸は、無着色で製作しているので、見る角度によって扉の色が違って見えてきます。各店舗に展示してある壁面収納の扉も”矢張り”のデザインでできているので、ぜひお近くのお店で見え方の変化を体感してみてください♪

wallstrage living walnut ordermade

普段はテレビを隠して両サイドを飾り棚として使えるように。テレビを見るときは左右に引き戸を開き、飾り棚の部分を隠せて、お部屋のオンオフの切り替えが自由にできる仕様となっています。
天袋やテレビ台部分などの引出しや扉の木目も繋げて作っているので細かいところまでとても綺麗です。

wallstrage living walnut ordermade

下には雑多なものが沢山入るよう、引出しと扉付き可動棚のスペースに分けてデザイン。デッキが入る部分にはリモコンが反応するようガラスの框扉を使用。配線を家具の中で通しコードが家具の外に出ないようにすることで埃がたまりにくくなるのでお掃除も楽になりますね。

wallstrage living walnut ordermade sofa lattice

「本が沢山あるんです。」と仰っていたので天袋収納にもたくさんの本が入れられるよう、また、サイズに合わせて棚の高さを変えられるような仕様になっています。

お届けの際は配送業者を使わずお店のスタッフと工房のスタッフでご自宅に入れ、自分達の手で組み立て作業を行います。下から組み上げていき、家具の水平レベルを調整しながら壁の端から端までぴったり納めていきます♪

何度もお忙しい合間を縫ってご来店頂き、お引越し先の図面や詳細打ち合わせ時の資料を一緒に確認しながらスタッフとN様ご夫婦の二人三脚でデザインを決めていった壁面収納。設置も一日がかりでしたが、ご満足いただけてとても嬉しかったです♪

リビング横の小部屋は「リビングの隣の部屋は扉が付け外しできるので普段は開けておいて、書斎として。来客時には人が泊まれるような個室になるといいなあ。」とご要望をお伺いしていたので、普段は隣のリビングとのつながりを感じられる様、デザインを合わせて収納兼デスクを壁一面にお作りすることに。

desk wallstrage ordermade workspace

デスクとして使える作業スペースの横両側にリビングの収納に合わせたガラス扉の飾り棚と、上には小物を飾ったりすることもできるスペースを。足元には左右対称に収納を作りファイルなどを立てて置けるようにしました。

desk wallstrage ordermade workspace

desk wallstrage ordermade workspace

引出しは筆記用具やA4の書類なども入るサイズとなっています。壁から移設したコンセントタップをデスクの上に付けているのでパソコン作業をする際などもデスクの天板から電源を取ることが出来ます。デスクの上に照明を入れておりデスクの上に照明を置く必要がないので作業スペースを広くとることが出来ますね!

天袋収納は大きく二区画に分け、可動棚にする事で収納力を上げています。扉を開くための取っ手などは付けず、押すと開くプッシュオープンの扉となっています。

desk wallstrage ordermade workspace

こちらのお部屋も、デスクのデザインが固まることで書斎として便利に使えるお部屋のイメージが見えてきましたがこの部屋にベッドを置くとなるとスペースが足りず扉を付けた時に閉まらなくなってしまうという難点が。
どうするのがベストか、スタッフも悩みました。「ベッドを置くスペースを取るのは難しいので、布団を敷いて寝てもらうことも考えているのですが・・・その布団を入れておく収納がないんですよね。」と漏らしたN様の一言から、「それであれば普段は布団を入れておいて、必要な時は上で人が寝ることもできるような収納を作ってみましょう!」とアイディアが浮かんできました。そして完成したのがこちら。

wagon walnut tatami order bed

キャスター付きの収納を3つ、蓋を付け替えることでリビングテーブルになったり畳のベッドとしても使えるようにデザインしお届けしました。普段は中に布団をしまい、畳の蓋を付けておくことで小上がりの和室のようなイメージで上に上がり込んでくつろぐことができるように。キャスターを付けているので場所を問わず、気分によって向きを変えたりしながらフレキシブルに使えます♪

wagon walnut tatami order bed wallstrage desk

ソファの前に置いてあるリビングテーブルは畳のワゴンの天板(蓋)を木製のものに付け替えたもの。来客時にはこちらと、書斎にある3つのワゴンを合体させることで人が一人上で寝られるスペースが出来るので中から布団を出して敷き、畳のベッドとしてご使用いただけます。

wallstrage walnut wagon tatami sofa lattice livingtable

マンションの住宅相談会の後、「今、床や扉を決めてきたんですけど、家具の配置に悩んでいて!」とお立ち寄りいただき、お話をお伺いしながらお部屋全体のレイアウトイメージもご提案!ソファはお店で座り心地を試して頂き、気に入っていただいたSofa LATTICEをお届け。

sofa lattice walnut blind livingtable order wagon

Sofa LATTICEは座面にレスピールという宇宙服の中材にも使われている特殊な高密度ウレタンを使用しています。座り始めは少し固く感じられますが、体温で柔らかくなる素材なので長時間座っているとだんだん身体のかたちに沿って柔らかく沈んできます。座っていないときは元に戻ってくれるのでご自身でお手入れをする手間が殆どかからない仕様。

wallstrage walnut sofa lattice desk wagon tatami

木枠は細い格子状のデザインになっており背中のデザインが特に綺麗なのでお部屋の仕切りとしても活躍してくれます。
背クッションとサイドクッションは、”シリコンポラック”というポリエステルの綿が入っているのでご自宅で水洗いも可。病院の掛け布団などにも使われている、アレルギーフリーの素材です♪
ソファカバーは飽きのこないグレーをお選びいただきました。替えカバー式となっているので長く使っていく上で汚れてしまったり、気分を変えたい時などは違う色や素材のカバーに変えていただくこともできます。

blind order topdown bottom up white

窓に取り付けたブラインドはトップダウン・ボトムアップの上からも下からも開けられる仕様なので、昼間は外からの目線を防ぎながら外の日光をお部屋に取り入れられます。
窓枠内に設置しているので、カーテンを取り付けた場合と比べるとお部屋が少し広く、すっきりとしてみえますね♪

blind order topdown bottom up white

はじめにご提案資料をご覧頂いてから製作期間に入る間も「家具の形が見えてきて、使っているところを想像できるようになったので!」とお部屋のイメージが膨らむことで出てきたご要望を持って何度もヨツバコ店にお立ち寄りいただきました。お打ち合わせを重ね、デザインに反映させ・・・と、細かいところまでこだわりぬいたリビングの家具たち!実際に生活してみて、いかがですか?

wallstrage walnut sofa lattice

次回はK様邸のダイニング収納と照明などをご紹介させて頂きます。お楽しみに♪

【特注壁面収納_W4110×D500×H2400】
Sofa LATTICE 3P_W1920×D800×H820(SH420)】
【特注Desk_W1800×D500×H2400】
【特注wagon_W1100×D600×H400(畳天板×3、無垢天板×1)】
【blind×4_W1005×H2300】

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2019.08.29

日吉本町 マンション

日吉本町 エントランス マンション Fene-sideboard

日吉本町 エントランス マンション Fene-sideboard

日吉本町 エントランス マンション Fene-sideboard spacer 日吉本町 エントランス マンション Fene-sideboard

日吉本町 エントランス マンション Fene-sideboard

日吉本町 エントランス マンション Fene-sideboard spacer 日吉本町 エントランス マンション Fene-sideboard

Fene Sideboard / W1600×D450×H850
Sofa 2P / W2160×D950×H800_SH390
Sofa one arm 2P / W1980×D950×H800_SH390
Living table / W900×D900×H400
Rug / W2000×D2000

2019.08.18

座り心地を叶える椅子

bunny-chair-walnut-ordermade「ダイニングチェアがボロボロで買い替えようかと思ってた」と東戸塚店にご来店下さったW様。
ダイニングテーブルはそのまま使用されるとの事でしたので、今まで使っていた椅子とデザインが近いもので探しているのか、ガラッと雰囲気を変えた椅子にしたいのかお伺いすると「今理想として探しているのは、見た目よりも、背もたれが高くて、アームがある、ゆったり座れる椅子なの」とご要望があり、店内にある背もたれの高いアームチェアのBUNNY Chair2031 Arm Chairを紹介致しました!
ゆったり座れるかどうかは、個人差があるので、実際にそれぞれ座って体感して貰いました!
奥様の中ではどちらにするか決まっていたようでしたが「旦那と一緒に座り比べてもいいですか?」と後日、旦那様とご一緒にご来店下さいました。
改めて、二人で椅子を座り比べて「深く背中を預ける時に背中のクッションがいい」「アームは広い方がいい」と旦那様の好みと奥様の好みが一致しBUNNY Chairに決定!

bunny-chair-walnut-ordermadebunny-chair-walnut-ordermade
木部は、今ご自宅でお使いのダイニングテーブルの色味に合わせてウォールナットにしました!
張地の色は1脚ずつ変える事が出来る旨をお伝えすると「折角だから、それぞれ違う色にしようか」と夫婦別々の色を決める事になりました。色を変えると、自分だけの椅子になった特別感が増しますよね!
生地は汚れに強い繊維で織られているアクアクリーンから、奥様はオレンジ、旦那様はホワイトアッシュを選択。
木部が濃茶色なので、張地の色味が引き立つ仕上がりになりました!
ダイニングで過ごされる事が多いとおっしゃっていたので、是非、ゆったり背を預けて寛ぎの空間を楽しんで下さいませ!

BUNNY Chair_W545×D536×H840×SH420】

続いては、Y様にお届けした2031 Woodのご紹介です。
2031wood-chair-walnut-ordermade
Y様も新年の折り込みチラシを見てご来店下さいました!
丁度、ダイニングテーブルの買い替えを検討していたY様。テーブルは他店で目ぼしいものを見つけていたので、ダイニングチェアをどうしようかお悩みでした。
奥様は柔らかい座り心地の張座が好みと仰っていましたが、店内に入ってすぐ目についた2031 Woodの背もたれの格子デザインに惹かれていました。
「板の座面は硬くて長時間座ってると辛いから好きじゃないの」とデザインの好みと座りの好みの相違に悩んでいたので「まず座ってみて下さい!」と2031 Woodに座って貰います。座った瞬間「お尻が平らにならない!」と驚きの表情。そうなんです!2031 Woodは「座刳り」と言って、座面がお尻の形に合うように窪みが彫られている椅子なんです!木工職人が板座の硬さ、当たりの違和感をなくす為に削っては、座り、削っては、座りを繰り返して生み出された独特の窪みは体圧分散に優れ長時間の着席も苦になりません。
また、背当たりのよい細身の格子は、座った時に背中を面で受け止めるように1本1本が背中の曲線に沿うように角度を変えて並んでいます。
2031wood-chair-walnut-ordermade「ずっとクッション座面がいいと思っていたけど、全部板でも、お尻当たりが痛くないんですね!板の座面のイメージが変わりました!」と嬉しいお言葉を頂きました!
2031 Chairには張座のタイプもあります。クッション座がやっぱり好き、という事であれば、気に入って頂いた背のデザインを残しつつクッション座の座り心地を両立する事も可能です。
店内の張座の椅子を幾つか座って頂きましたが「クッション座面だと、メンテナンス大変よね」と心配されていたので、当店でメンテナンスを行っている旨、また、板座であれば、ウレタン塗装をしている為、さっと水拭き掃除が出来、お手入れも簡単ですよ、とお伝えすると「板の椅子のイメージをこんなに変えてくれた、この椅子にします!」と2031 Woodに決まりました!

お届けした際は、まだ新しく購入されたテーブルではなかったですが、とても別々に買ったとは思えない程マッチしていました。
木の風合いが楽しめる板座は、きっとこれから届く新しいテーブルにもマッチすると思います!2031 Woodの魅力的な座り心地と一緒に新しいダイニングテーブルで楽しい食卓を送って下さいませ!

2031wood-chair-walnut-ordermade

2031 Wood_W540×D540×H800×SH430】

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2019.08.03

理想を詰め込んだ、ぴったりサイズのカウンター下収納

walnut storage under-counter

3rdのホームページを見てくださったH様。「もう何年も前からキッチンのカウンター下に収納が欲しいと思っているんだけど、なかなか丁度良いサイズのものがなくて・・・。」とたまプラーザ店にてご相談頂きました。既製品にないサイズやデザインで家具をお作りできることが、オーダー家具の醍醐味ですので早速お部屋の広さや収納したいものなどをお伺いしおおまかな仕様を考えていきます。

walnut strage under-counter

「下の収納部分は整理したものを隠せるよう引き戸で作って、上は筆記用具などの細かい物を入れられるよう引出しにしましょう!」とH様のご要望をまとめて図を書きながらご提案させていただいたところ、「なんだかイメージが沸いてきました!」と喜んでいただけました!しかしお話の中で、カウンター下に作り付けの棚があり、その中にコンセントやネット回線の差し口があることが判明。詳細はご自宅にお伺いさせて頂き、決めていくことに。

walnut storage under-counter

この日一度お帰りになったH様は、その日のうちに設置場所のサイズを測ってご連絡をくださりました!ありがとうございます!
後日、頂いたサイズで作成した図面を持ってお伺いし、再度細かく設置場所をみていきます。既存の棚を調べると、作り付けのためこの部分に床が無く壁のクロスも張られていませんでした。このまま収納を収めてしまうと、床の厚みに差が出てしまっているので家具が水平に収められません・・・。

walnut storage under-counter

しかしここは3rdの職人の腕の見せ所!既存の家具を取り外し、新しく作る収納家具の水平を取るために床の無い部分の厚さ24mmのベニヤを家具の底入れ、更に細かく調整するため台輪部分に金物を入れていきます。
また、床と壁が無い部分も家具ですっぽりと隠せるよう、家具のサイズを3mm調整しました。

walnut storage under-counter

家具の背板に欠き込みを入れ、コンセントカバーを再度取付けることでルーターなどの電源も家具背面へと移設しています。こちらも扉で中が見えないように隠したいというご要望でしたが電波が少しでも飛ぶように、扉は全て塞がず欠き込みをいれ手掛けを作りました。

walnut storage under-counter

引き戸も木目がきれいに通るよう製作し無垢材で手掛けを作っているので、使っていくうちにどんどん良い味の出る家具に育っていきますよ♪
収納のお部屋側はカウンターに合わせてアールを作り、ちょっとしたものを飾って収納できるようオープンにしています。

walnut storage under-counter

H様、収納を実際に使ってみていかがでしょうか?また何かお手伝い出来そうなことがございましたら、いつでもご相談お待ちしております!

【特注カウンター下収納_W2200×D298×H940】

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。