オーダー家具の3rd -your life style shop-
2020.01.09

「出来たらいいな」を叶えるAVボード

TV Board walnut oridinal ordermade

以前3rdでワードローブをお届けしたことのある、T様。東戸塚店にお立ち寄りいただきました。
※前回お届けしたワードローブはこちら。→「T様 玄関収納お届け

当時のお話しに花を咲かせていると「実は、テレビボードを新しくしたくて。」と、T様。詳しくお伺いすると、今あるテレビボードが作り付けで壁に付いており、その中にコンセントタップや天井のスピーカーに繋げるタップなどが入っているとのこと。「いろんな配線を繋げなきゃいけないんですけど、コードがぐちゃっとなるのは嫌で・・・。なんとかなりそうですか?」とご相談いただきました。

3rdはお客様のお部屋の広さ、置きたい場所、ライフスタイルなどに合わせて1から家具を設計していくためご要望にはお応えできそうでしたが、お店の中のお話だけでは判断ができず、T様のお住まいがお店のご近所だったため「家具の状況と電源位置などの採寸もしたいので今から見に行っても大丈夫ですか?」とまずはご自宅にて実物を確認させていただくことに。

tv board walnut ordermade printer

ご訪問しお部屋を見せて頂いたところ、家具の取り外しも電源の移設も問題なく出来そうな事が分かったので今度は新しくお作りする家具のサイズやデザインを決めるために電源位置や巾木の高さ・壁の幅など細かく採寸していきます。「今使っているものを中に入れたい。」というご要望もあり、お使いのプリンターやスピーカーのサイズも確認していきます。そして後日、出来た図面をご確認いただきT様の理想に合ったテレビボードが完成しました♪

向かって一番左側はプリンターが入るスペース。扉の中にスライドトレーを入れているのでプリンター使用時は手前に出して給紙などがしやすいように設計しています。
スライドレールの左部分にコンセントタップを作っているのでプリンターの電源はこちらから取ることができます♪

TV Board walnut oridinal ordermade speaker

一つ右隣は低音スピーカーの入るスペースに。こちらの扉は無垢で作った框にサランネットを張り、中に入れたスピーカーの音がきれいに聞こえるよう工夫しています^^
隣に収納してあるアンプからこのスピーカーに繋がる配線は、帆立の奥行きを少し浅くして作った家具内部の後ろ側のスペースを通しています。また、壁にある天井スピーカーへの接続タップは家具の背板を開口し、ここから繋げられるようにしました。

TV Board walnut oridinal ordermade

テレビの下のスペースはアンプとデッキ、引出しにはDVDやCD等が入れられるスペースに!

TV Board walnut oridinal ordermade

こちらも、電源位置が引出しの後ろに当たるところにあったので低音スピーカーの後ろと同じように背板を開口し、タップを壁から家具の内側に移設。引出しの奥行きを少し浅くつくることでコンセントを差せるようにしています。アンプとデッキの電源はここから取り、テレビの電源はテレビボードの天板に移設したコンセントタップから取ります。テレビとデッキは、テレビボードの天板を開口し作った配線孔を通して繋げています^^

TV Board walnut oridinal ordermade concent

3rdの家具はお部屋の壁にぴったり付くよう製作致しますので、壁にあるコンセントタップなどを移設し様々な配線のやりとりを家具の内部で行う事もできます。こうすることでお部屋の角でコードがぐちゃっとすることがなくとってもすっきりして見えますね。埃も溜まりづらいのでお掃除も楽々です♪

TV Board walnut oridinal ordermade

引出しの前板は無垢材を使用しており、木目を通しています。押すと開くプッシュオープンの仕様になっており、人の手が触れることで少しずつ家具に味の出てくるはず!
お持ちのゴミ箱を横に置いて壁~壁ぴったりサイズのテレビボードが完成しました。

T様、この度はありがとうございました!またいつでもお店に遊びにいらしてください♪

【特注TV board_W2800×D570×H500】

line_03

EVENT
3rd your life style shop. 13周年記念セールを開催しています。

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2020.01.07

隠れた遊び心のあるテレビボード

TV board HELLA Living table walnut ordermade oridinal stool orbis

3rdのチラシを見て、東戸塚店にご来店いただいたK様。「今度マンションをリフォームするのでシンプルなテレビボードが欲しいと思っているんですけど、なかなか気に入るものが見つからなくて。」と教えて頂きました。

3rdはオーダーの家具屋ですのでご自宅の寸法から生活動線や使い勝手を考慮し全体のレイアウトを含めた家具のサイズ、デザインをご提案させて頂いています。「リフォーム後の間取りが決まった段階でお部屋の図面を見ながら、サイズ等細かいお話をしていきましょう。」と、この日は店内の展示をご覧頂きながら3rdで出来ることをご紹介いたしました。

お話をお伺いしながら店内をご覧頂いていると”HELLA Living Table“が気になるご様子のK様。こちらは3rd定番としてお作りしているリビングテーブルで、45度に接地面を削って形を作る「トメ加工」という職人技の光る手法でデザインされたもの。

「縦がち」や「横がち」で組み立てたものと比べると見た目がとてもスッキリとシャープになります♪ HELLAのデザインは面を尖らせるのではなく、正面からみて平らな部分を作りそこから斜めに角度を付けて面取りしているので少し優しい印象にも見えますね。

「気に入っていただいたリビングテーブルと同じように、トメ加工でデザインしたテレビボードもありますよ。」とリビングテーブルと同じシリーズの”HELLA TV Board“をご紹介させて頂きましたが「ちょっとシンプルすぎるかな・・・」とK様。「それであれば、トメ加工を使ってぱっと見はシンプルだけど遊び心のあるデザインで作りましょう!」と、K様のご要望を元にご提案をさせて頂きました。

TV board HELLA Living table walnut ordermade oridinal

TV board HELLA Living table walnut ordermade oridinal

一見シンプルなテレビボードですが、K様のこだわりと職人技のつまったデザインになっています。
ポイントは、テレビボードの背の部分。板で塞ぐのでは無く、縦の格子を入れる事で見えない部分の個性が光るデザインとなりました!

TV board HELLA Living table walnut ordermade oridinal

こちらのデザイン、実はお店の展示品を見てとても気に入って頂いた”Sofa CHILL”の木枠デザインを取り入れたもの。真っ直ぐではなく傾斜角度の付いた格子の背を付ける作業には職人も苦労しました・・・!製作期間を通常よりも少し長めに頂き、世界に一つだけの特別な家具が生まれました。

TV boaard oedermade walnut oridinal design

沢山お持ちのCDを収納したいということでしたので真ん中部分にはデッキを、両サイドのスペースにはCDが沢山収納できるよう区画を分けています。
デッキとテレビの配線は天板の欠き込みを通して壁のコンセントタップから取れるようになっており、家具は壁にピッタリ付くよう作るので家具と壁の間に埃がたまりにくくなっています。

TV board HELLA Living table walnut ordermade oridinal

初め見た時から気に入って頂いていたHELLA LIVING TABLEと一緒にお届けさせていただきました。デザインを合わせてつくっているのでお部屋に統一感が生まれますね。
先にお持ち帰り頂いていたORBISスツールも活躍しているようで、良かったです!
お届けまでの期間もお店にお立ち寄り頂きありがとうございます。またK様の理想のお部屋作りのお手伝いが出来ますことを楽しみにしております♪

【特注TV Board_W1600×D450×H450】
【HELLA Living table_W1000×D450×H350】
【ORBIS_W430×D180×H420】

line_03

EVENT
3rd your life style shop. 13周年記念セールを開催しています。

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2019.12.26

アイディアとこだわりの詰まった収納家具

sa-002 walnut ordermade open-shelf

これまでにも何度かたまプラーザ店にご来店いていたI様。この日は「新居に置くデスクの横に、L字型の棚が欲しいんです。」とお店に足をお運び頂きました。

「これ、初めて見たときから気になっていて。壁~壁ぴったりに置きたいけど圧迫感が気になるので、こんな感じのが良いなと思っています!」と、SA-002の二架一対で伸縮可能なところや、オープンで軽やかなデザインを気に入ってくださっていたのでこちらを元にI様のライフスタイルに合わせてお作りすることに♪

sa-002 walnut ordermade open-shelf

置きたいお部屋と場所が決まっていたので詳しくお話をお伺いし、サイズやデザインを考えていきます。L字の長い部分はご希望通り、お部屋の壁ピッタリサイズでお作りしました。設置の際、特に壁に打ち付けなどはしておらず置いているだけなので将来的に違うお部屋に置いたり、L字をやめて真っ直ぐ伸ばしてご使用いただいたり、フレキシブルにお使いいただけます♪

sa-002 walnut ordermade open-shelf

お部屋のコーナーに当たる部分の1スペースのみ、「細かい雑多な物を置きたいので」というI様のリクエストにお応えし可動棚を入れています。置く物によって高さを調整できるので、スペースを無駄なく活用できますね。

壁にコンセントや照明のスイッチがあるとのことで製作前にご訪問し、電源位置を確認しお部屋の中で実際に入れた時どの位のサイズ感になるのかという所もお話をさせて頂きました。細かい外寸サイズや棚の一区画の広さを話し合い、完成したI様のこだわりの詰まった収納、使い勝手はいかがですか?

line_01

お次は一緒にお届けした、カウンター下収納をご紹介します。デスク横の収納のお話の際、「実はカウンター下収納も考えていて。」と教えてくださったので、ご訪問時に資料を作って持参していました。

counterstrages walnut ordermade oridinal

「収納の中を隠したいけど、全部扉を付けると圧迫感が出そうですよね。」と気にされていたI様。圧迫感を軽減するためにはじめは1レールの2枚引き戸をご提案をしていました。実際にお部屋の中でお話を進めていると「ここってこっち側は扉を作らないで、棚みたいにすることも出来るんですか?」と旦那様。「収納の強度を出すために、可動棚ではなく動かない棚になりますが、もちろん出来ますよ!」とこのアイディアを奥様にも気に入って頂き、向かって一番左のスペースはオープンラックで飾り棚にすることに。収納の中は扉で隠せて、圧迫感も少ない理想通りの家具が出来ました♪ここに本や植物など飾ってもおしゃれですね!

counterstrages walnut ordermade oridinal

樹種は他の家具と合わせてウォールナットでお作りすることに。扉の木目をきれいに通しているところは3rdのこだわりポイント。職人が一つ一つ、細かいところまでこだわり手作業で作っている証です♪

カウンターとダイニングテーブルの高さ、どちらに合わせて収納を作るか悩んでいると、奥様が「この小物入れたち、この辺においてダイニングテーブルで使えるようにしたいのよね。」とカウンター下のスペースを見ながら一言。実際のサイズを測り、カウンター下に200mmスペースがあれば納まりが良く使い勝手も良いことが分かったので収納の高さはH770に決定しました♪

お話の中で、「ここに神棚が欲しいんです、お店にあったみたいなシンプルなものがよくて。」とご相談いただき、ダイニングの壁にスラット棚も設置しました。

slat strage walnut oridinal ordermade

壁の面積に対して棚の幅をすっきりとコンパクトな500mmにするか、ゆったり広めの700mmにするか旦那様と奥様の意見が分かれましたが、日を改めてご来店いただきW600に決定しました。
ご夫婦2人で棚の幅を決められる際のやりとりがとても微笑ましかったです^^
I様、この度はありがとうございました!またいつでもお店にお立ち寄りくださいませ!

【特注SA-002_W1670/890×D400×H1640/1500】
【特注カウンター下収納_W2150×D255×H770】
【特注スラット棚_W600×D120×H80】

EVENT
13周年を迎えるに当たり、3rdにご来店頂いたお客様、HP・メルマガをご覧頂いたお客様へ特別価格でオーダー家具をご提供する優先販売会を行っております。

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2019.10.24

一緒に過ごす空間を心地よい場所に

walnut tradition diningtable

こだわって作った3つのダイニングテーブルをご紹介します!
ダイニングはご家族皆様で時間を過ごす空間になるので心地よい場所としてより長く過ごせる様作っていきたいスペースですね^^

まずご紹介するのはお店の木の雰囲気をお気に入りくださり、ご要望に合わせ新規製作をしたS様のテーブルです。
テーブルの買い替えを考えていましたので、展示のテーブルを見ていただいたところTRADITION EXをお選びいただきました!

walnut tradition diningtable

TRADITION EXは北米産の丸太を日本で製材し、耳を残したまま板にしています。自然の表情なのでひとつひとつ耳の角度が違ったり、心材と辺材の割合が違ったりと唯一無二の表情をお楽しみいただけます。

「心材(赤身)」は木の芯側の色の濃い赤っぽい部分のことをいい、「辺材(白太)」は木の皮側の色の薄い白っぽい部分をいいます。心材と辺材であまり色味の差がでない樹種もございます。ウォールナットは色の差が濃くでるのでそこをお気に入りいただくことも多い樹種です^^

一枚一枚違う表情を見せてくれる無垢材の板ですのでたまプラーザ店とヨツバコ店は店内にサイズ別で数枚板を展示しております。その中からお好みの板を選んでいただくことが多いのですが、今回はS様のご要望に合わせ新しく板を製作しました♪
自社で木工の工房を持っているので板もオーダーして製作することができます。耳・木目・色味等の木の表情は自然のものなので完全にイメージを再現することはかなり難しいですが、、、長年木を扱ってきた職人にお任せいただきお客様のご要望にできるだけ合わせ製作をします!
今回S様のご要望でTRADITION EXの特徴である『節あり』『天板厚30㎜』をそのままに、ウォールナットの色味を『濃い目』で職人に依頼をし製作をすることになりました!

walnut tradition diningtable

板が決まったところで脚を決めていきます。シンプルな形がお好きとの事で、幕板なしの70角脚に決定!
幕板は通常天板と脚を固定する役割を持っていますが、幕板をつけると足周りが狭くなってしまったり、アームチェアが収まらなくなったりしてしまうことがあります。足周りをすっきりさせようと幕板を内側につけると脚も一緒に内側に入ってしまうので今度は座るスペースが狭くなってしまうんです。そこで、3rdでは幕板なしのダイニングテーブルを製作できるよう『レッグジョイント』という六角レンチで取り外しのできる金物を使用します。
レッグジョイントは幕板に関係なく脚を固定することができるので変形型のテーブルや、内寸を広く取りたいテーブルに最適です!

walnut tradition diningtable

濃い目のウォールナットの雰囲気はいかがでしたでしょうか?
インテリアに関する事何かございます際は是非ご相談下さい^^
S様ありがとうございました!

【TRADITION EX Dining Table_W1600×D900×H700】

line2_2

walnut tradition bookmatch diningtable

次にご紹介するのは先程と同じTRADITIONの板ではありますが、ブックマッチという特徴的なはぎ方をしているダイニングテーブルです!

以前にもチェアや、小物をご購入してくださっているT様。今回はダイニングテーブルを買い替えたいとご来店下さいました^^
現在お使いのテーブルやについてお伺いするとW2000mm以上あり大きめとの事でした。テーブルの大きさはあまり変える予定はないということで近いサイズの板を見比べていただきました。一枚板が気になっているとのことで店内の板をご案内させていただきましたがあまりピンとは来ていないご様子。ハギ板もご案内させていただいたところ、ブックマッチの板をお気に入りくださいました!

ブックマッチは本を開いて対称に合わせるように接ぐので木目が左右対称になり、真ん中からたけのこ杢が広がる一枚板とはまた違った美しい木目に仕上がります。また今回はほぼ垂直なので分かりづらいですが、耳の向きも対称になるのが特徴です。ブックマッチは一枚ものと同様に珍しい板なのでまさに出会いですね♪

walnut tradition bookmatch diningtable

お気に入りいただいたウォールナットはお部屋の雰囲気、お持ちの家具との相性もばっちりです!
あまり重たい印象にしたくないとのことで脚を細くすることをご希望でしたが、強度の面を考慮し天板との接地面の大きさはそのままに床に向けて絞った丸脚デザインに決定。これで特別な木目の天板に、印象が重くなりすぎないテーブルができました!
3rdではお客様の理想をかたちにできるよう受注生産のオーダーメイドで製作をしていますが、「家具の永年使用」をコンセプトにしておりますので強度に関わるデザインについてはご相談をさせていただきながらイメージに合わせて設計させていただいています。

walnut tradition bookmatch diningtable

T様板としてご覧いただいた印象と、実際にテーブルになった印象はいかがでしょうか?
黒やグレー調のお部屋とウォールナットがマッチして素敵な空間に仕上がりましたね!
またお近くにお越しの際はお店に遊びにいらしてくださいませ^^

【TRADITION Dining Table_W1930×D1230×H730】

line1_2

walnut roudn diningtable

最後はラウンドテーブルを変形で製作したN様のテーブルのご紹介です!
お引越しに向け新しいダイニングテーブルをお探しだったN様。他の家具屋さんも見て回っているとのことで、3rdの製作方法をお話しさせていただきました。

3rdは長く使用できるいい素材を丁寧な日本技で作ることを大事にしています。素材は北米産の広葉樹を使用する事が多く、丸太で仕入れたのち日本で製材・乾燥をしています。木は製材をしても生きているので家具として一定のかたちを保つには「乾燥」がとても大切になります。乾燥は天然乾燥と人口乾燥がありますが、3rdが使用する木材はどちらも行っています。天然乾燥→人口乾燥→天然乾燥と板の含水率を確認しながら日本の環境に馴染ませます。
それから世界のどの国と比べてもより丁寧で高度の技術をもった日本の職人に加工を施してもらいます。かたちの精密さ、表面の仕上げはもちろん、角の加工等細かな所まで丁寧に製作をすることで、使っていて心地の良い家具が完成します^^また、3rdのテーブルは横浜市旭区にある自社工房で職人が製作をしているので職人とお話しをしたり、都合が合えば実際に製作を見れるのが面白いところです♪近くに自社工房があるので無垢材のアフターメンテナンスもお任せください!

工房と職人の写真です↓

話しを聞き3rdに興味を持ってくださったN様がお引越し先のお部屋について話してくださりました。
普段あまりダイニングで過ごすことはないので大きくなく家族3人でゆったり使え、お客様がいらっしゃったときは4人で囲める大きさとのご要望。
お部屋を決める際にモデルルームで見たかたちが理想とのことでそれに近いかたちで大きさをN様のご自宅に合わせ設計しました!

walnut round diningtable

丁度お店の展示にハーフラウンドテーブルがあったのでそれで大きさを疑似体験していただきながら確認してもらいました。普段ラウンドテーブルは座るスペースと一緒にテーブルを囲む方との距離感を考えΦ1050mmでおすすめをすることが多いのですが、今回ご要望頂いたかたちはラウンドを欠いたかたちであった為どれぐらいカットするか、天板の大きさはどれくらいにするかを調整します。

カットした面は普段壁につけるが人が来た時には座れるようにとのことでしたので、脚と脚の巾600mmは確保することを前提にしました。4本脚の全方面W600mm以上確保でき、天板の一人一人の有効寸法をD400~500mm確保できるあまり大きくなりすぎないサイズとして店内でご確認頂いた結果、Φ1250mmの一面125mmカットに決定!

walnut round diningtable

展示のハーフラウンドテーブルと同じように面取りをし、丸の絞り脚で製作をしました♪
Φ1250mmは少し大きめではありますが、面取りをし脚を絞っていることで圧迫感なくお部屋に馴染んでいます^^
椅子との相性もばっちりですね!!

walnut round diningtable

N様ありがとうございました!
その後テーブルの使い心地はいかがでしょうか?
何か御座います際は何なりとお申し付けくださいませ。

【変形テーブル_W1250×D1000×H700】

INFORMATION
10/19~10/31の期間、イベントを行っております。
気になる家具がございましたら、数に限りがございますのでお早めにお越し下さい!

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2019.10.07

こだわりと寛ぎのお部屋作り -1-

wallstrage desk sofa lattice living walnut order tatami bed

お引越しの約1年前に3rdにご来店いただき、お打ち合わせを重ねてすこしずつ詳細を決めていった家具をお届けした、N様邸!一度でご紹介しきれないので、まずはリビングとお隣の小部屋からご紹介いたします!

「今、上の階でご飯を食べていて!」とヨツバコ店にお立ち寄り頂いたN様ご夫婦。無垢材の家具がお好きという事でぐるっと店内をご覧いただき、家具のご紹介をしながらお話をお伺いしました。「こういう壁面収納をうちにも入れられないかな?」と、店内の大きな引き戸でテレビを隠せる壁面収納を気に入って頂けたご様子。こちらのデザインを元に設計した壁面収納をお届けしました♪

wallstrage living walnut ordermade

“矢張り”という意匠性のある突板の張り方をした大きな引き戸は、無着色で製作しているので、見る角度によって扉の色が違って見えてきます。各店舗に展示してある壁面収納の扉も”矢張り”のデザインでできているので、ぜひお近くのお店で見え方の変化を体感してみてください♪

wallstrage living walnut ordermade

普段はテレビを隠して両サイドを飾り棚として使えるように。テレビを見るときは左右に引き戸を開き、飾り棚の部分を隠せて、お部屋のオンオフの切り替えが自由にできる仕様となっています。
天袋やテレビ台部分などの引出しや扉の木目も繋げて作っているので細かいところまでとても綺麗です。

wallstrage living walnut ordermade

下には雑多なものが沢山入るよう、引出しと扉付き可動棚のスペースに分けてデザイン。デッキが入る部分にはリモコンが反応するようガラスの框扉を使用。配線を家具の中で通しコードが家具の外に出ないようにすることで埃がたまりにくくなるのでお掃除も楽になりますね。

wallstrage living walnut ordermade sofa lattice

「本が沢山あるんです。」と仰っていたので天袋収納にもたくさんの本が入れられるよう、また、サイズに合わせて棚の高さを変えられるような仕様になっています。

お届けの際は配送業者を使わずお店のスタッフと工房のスタッフでご自宅に入れ、自分達の手で組み立て作業を行います。下から組み上げていき、家具の水平レベルを調整しながら壁の端から端までぴったり納めていきます♪

何度もお忙しい合間を縫ってご来店頂き、お引越し先の図面や詳細打ち合わせ時の資料を一緒に確認しながらスタッフとN様ご夫婦の二人三脚でデザインを決めていった壁面収納。設置も一日がかりでしたが、ご満足いただけてとても嬉しかったです♪

リビング横の小部屋は「リビングの隣の部屋は扉が付け外しできるので普段は開けておいて、書斎として。来客時には人が泊まれるような個室になるといいなあ。」とご要望をお伺いしていたので、普段は隣のリビングとのつながりを感じられる様、デザインを合わせて収納兼デスクを壁一面にお作りすることに。

desk wallstrage ordermade workspace

デスクとして使える作業スペースの横両側にリビングの収納に合わせたガラス扉の飾り棚と、上には小物を飾ったりすることもできるスペースを。足元には左右対称に収納を作りファイルなどを立てて置けるようにしました。

desk wallstrage ordermade workspace

desk wallstrage ordermade workspace

引出しは筆記用具やA4の書類なども入るサイズとなっています。壁から移設したコンセントタップをデスクの上に付けているのでパソコン作業をする際などもデスクの天板から電源を取ることが出来ます。デスクの上に照明を入れておりデスクの上に照明を置く必要がないので作業スペースを広くとることが出来ますね!

天袋収納は大きく二区画に分け、可動棚にする事で収納力を上げています。扉を開くための取っ手などは付けず、押すと開くプッシュオープンの扉となっています。

desk wallstrage ordermade workspace

こちらのお部屋も、デスクのデザインが固まることで書斎として便利に使えるお部屋のイメージが見えてきましたがこの部屋にベッドを置くとなるとスペースが足りず扉を付けた時に閉まらなくなってしまうという難点が。
どうするのがベストか、スタッフも悩みました。「ベッドを置くスペースを取るのは難しいので、布団を敷いて寝てもらうことも考えているのですが・・・その布団を入れておく収納がないんですよね。」と漏らしたN様の一言から、「それであれば普段は布団を入れておいて、必要な時は上で人が寝ることもできるような収納を作ってみましょう!」とアイディアが浮かんできました。そして完成したのがこちら。

wagon walnut tatami order bed

キャスター付きの収納を3つ、蓋を付け替えることでリビングテーブルになったり畳のベッドとしても使えるようにデザインしお届けしました。普段は中に布団をしまい、畳の蓋を付けておくことで小上がりの和室のようなイメージで上に上がり込んでくつろぐことができるように。キャスターを付けているので場所を問わず、気分によって向きを変えたりしながらフレキシブルに使えます♪

wagon walnut tatami order bed wallstrage desk

ソファの前に置いてあるリビングテーブルは畳のワゴンの天板(蓋)を木製のものに付け替えたもの。来客時にはこちらと、書斎にある3つのワゴンを合体させることで人が一人上で寝られるスペースが出来るので中から布団を出して敷き、畳のベッドとしてご使用いただけます。

wallstrage walnut wagon tatami sofa lattice livingtable

マンションの住宅相談会の後、「今、床や扉を決めてきたんですけど、家具の配置に悩んでいて!」とお立ち寄りいただき、お話をお伺いしながらお部屋全体のレイアウトイメージもご提案!ソファはお店で座り心地を試して頂き、気に入っていただいたSofa LATTICEをお届け。

sofa lattice walnut blind livingtable order wagon

Sofa LATTICEは座面にレスピールという宇宙服の中材にも使われている特殊な高密度ウレタンを使用しています。座り始めは少し固く感じられますが、体温で柔らかくなる素材なので長時間座っているとだんだん身体のかたちに沿って柔らかく沈んできます。座っていないときは元に戻ってくれるのでご自身でお手入れをする手間が殆どかからない仕様。

wallstrage walnut sofa lattice desk wagon tatami

木枠は細い格子状のデザインになっており背中のデザインが特に綺麗なのでお部屋の仕切りとしても活躍してくれます。
背クッションとサイドクッションは、”シリコンポラック”というポリエステルの綿が入っているのでご自宅で水洗いも可。病院の掛け布団などにも使われている、アレルギーフリーの素材です♪
ソファカバーは飽きのこないグレーをお選びいただきました。替えカバー式となっているので長く使っていく上で汚れてしまったり、気分を変えたい時などは違う色や素材のカバーに変えていただくこともできます。

blind order topdown bottom up white

窓に取り付けたブラインドはトップダウン・ボトムアップの上からも下からも開けられる仕様なので、昼間は外からの目線を防ぎながら外の日光をお部屋に取り入れられます。
窓枠内に設置しているので、カーテンを取り付けた場合と比べるとお部屋が少し広く、すっきりとしてみえますね♪

blind order topdown bottom up white

はじめにご提案資料をご覧頂いてから製作期間に入る間も「家具の形が見えてきて、使っているところを想像できるようになったので!」とお部屋のイメージが膨らむことで出てきたご要望を持って何度もヨツバコ店にお立ち寄りいただきました。お打ち合わせを重ね、デザインに反映させ・・・と、細かいところまでこだわりぬいたリビングの家具たち!実際に生活してみて、いかがですか?

wallstrage walnut sofa lattice

次回はK様邸のダイニング収納と照明などをご紹介させて頂きます。お楽しみに♪

【特注壁面収納_W4110×D500×H2400】
Sofa LATTICE 3P_W1920×D800×H820(SH420)】
【特注Desk_W1800×D500×H2400】
【特注wagon_W1100×D600×H400(畳天板×3、無垢天板×1)】
【blind×4_W1005×H2300】

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。