オーダー家具の3rd -your life style shop-
2020.10.26

限られたスペースを有効的に

以前ご主人のお部屋に家具を作らせて頂いたKさま。今回は奥様のお部屋の改造計画です。収納をまとめること、ベッドの向きを変え部屋のスペースを有効に使う事、テレビを設置し横になりながら見れる事が今回の計画です。

まずはベッドの配置方向です。今まで縦に置きうまく収納スペースが取れなかった為、横向きに配置します。この際、規定のベッド寸法では壁の寸法が足らず入らない為、長さ1760mmのベッドフレームを作成しました。
テレビは壁掛け仕様ですが壁に直接ですと壁下地やクロス工事、電気工事も入ってしまう為、パネルを作りテレビを掛ける仕様にしました。この事により配線も隠せ自由な位置にテレビを設置できます。デザイン面では梁やベッドの位置関係により縦のラインはずれてくるので、横のラインをパネルと収納扉で合わせ美しく見えるよう調整しています。また、それぞれの奥行き感が変わるので、木目の方向をパネルと上部オープンの吊り戸棚は横に、収納棚扉は縦にする事で奥行き感が強調され圧迫感が軽減しアクセントにもなります。

今回難しかった点が、お部屋の梁です。奥行き方向と右側に梁がありパネルを壁に取り付ける為、ある程度の壁の不陸を奥行き方向、幅方向共に考慮し設計しなければいけません。少なすぎると家具の各パーツがずれますし、大きすぎると隙間が大きくでてしまう。。一箇所でも合わないと全てがうまく収まらないという。。。
採寸は慎重に、細かく寸法をとりました。お陰様で大きなズレはなくうまく収まりました。

↓1点、パネル右上のみ右収納棚と高さが合わず、その場にて欠き込み調整しています。

テレビパネルの裏側です。配線ルートをとり、最後コードが垂れないよう下端凹みにワイヤーマネージャー(配線を通すもの)を取り付けています。

ハードディスクレコーダー収納棚は連結しないで、動かせるようにしています。初案ではパネルに棚板をつけレコーダーを置く予定でしたが収納力、置台を考慮し別パーツとして棚を作ることになりました。
新しい家具が入ることにより、以前よりも広く感じ、くつろげる空間となりました。

【Wall storage_W2700×D450×H2415】
【bed_W1000×D1760×H360】

2020.06.20

大切に長く使うためのメンテナンス

diningtable maintenance repair glay oak

昨年末に“KAKINOISU”についてお問い合わせいただいたM様。
お正月に家族が集まるので2脚、椅子が必要とのことでたまプラーザ店にご来店されました。「掃除しやすく、なるべく軽い椅子を探していて・・・。」とお悩みのご様子。

KAKINOISU”(手前右側の椅子)は、背フレームが大きく湾曲したフォルムが印象的で、背板は背中の面を合わせた削り込が長く座っていても疲れにくくフィットしてくれます。また、“PEPE chair”(手前左側の椅子)は、座面も広くゆったりとした座り心地で脚やアームが細いので重量が軽いのも嬉しいポイント。両方とも座り心地が良く、尚且つ動かしやすく掃除もしやすい椅子になります。実際に座って体感していただき、お気に入りいただきました。そして翌日、現品をお届けすることに。

diningtable maintenance repair glay oak

併せてダイニングテーブルのメンテナンスをご希望のM様。椅子の納品で伺った際に、お使いのテーブルを見させていただきました。塗装を剥がし表面をヤスリ掛けすると、木目が出ているこの雰囲気とは少し変わってくるかもしれないことをお伝えし、「それならば雰囲気を変えるのもいいですね!」とM様。そして、天板のメンテナンスと着色で仕上げるご提案をさせていただきました。

diningtable maintenance repair glay oak

奥様はグレー(オーブントースターの色)がお気に入りとおっしゃっていたので、色合わせでサンプル4種類作り選んでいただきました。木目を生かしつつ塗装をしています。

diningtable maintenance repair glay oak

diningtable maintenance repair glay oak

テーブル天板の色味を変えることによって、リビング空間の雰囲気もガラッと変わります!
家の中の「こうしてみたい!」と思うところがたくさんあると思いますが、悩んだときはいつでも相談しに来てくださいね!M様、この度はありがとうございました^^

KAKINOISU wood_W445×D500×H765×SH445】
PEPE chair_W535×D550×H770×SH435】
【Diningtable_repair】

line_02

diningtable chair repair

店内に展示してある無垢の板を見て、たまプラーザ店に立ち寄って下さったT様。
「長年使っているダイニングテーブル天板の表面に白いシミや傷、汚れがあり気になっているのでメンテナンスをするか、それとも買い替えした方が良いか悩んでいて・・・。併せてチェアの買い替えも少し考えているんです。」と伺いました。そして「実際にテーブルや椅子の状態を見させていただき、メンテナンス可能かどうか判断させていただくこともできますよ!」とお伝えし、後日、訪問することに。

diningtable chair repair

実際に見させていただき、今回はテーブルと椅子一緒にメンテナンスすることに!
無垢板のメンテナンスの場合、汚れている表面を丁寧に削る事でキレイな表面が出るのも無垢材ならでは!3rdでは、ウレタン塗装で表面に薄く膜を作り、水拭きができるよう丁寧に仕上げています。ウレタン塗装ですが、触れるとオイル塗装のような手触り。

diningtable chair repair

お使いの椅子4脚も、中身のウレタンもへたってボリュームがなくなってしまっていたので、ウレタン交換と好みの生地を選んでいただき張り替えすることに決まりました!

diningtable chair repair

メンテナンスすることによって、新品のように生まれ変わりました^^
無垢のテーブルならではですね!!お届けの際には、ご満足いただけてよかったです!
T様、この度はどうもありがとうございました。

【Diningtable_repair】
【Chair_座面張替え】

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2020.03.08

こだわりのデザインで作ったダイニングテーブル

diningtable oridinal ordermade oak

「ダイニングテーブルが欲しくて、色々見てるんです。」とたまプラーザ店にお立ち寄りいただいたI様。3rdはオーダー家具屋なので天板をお選び頂き好きなデザインの脚を付けたり、形を自由に作れるテーブルなど様々なご提案ができますよと、理想のデザインのテーブルのお話をお伺いしながら3rdの家具をご紹介♪

気に入って頂いたのは”BLISS TABLE“でした。天板の一番外側にレッグジョイントで脚を直付けしており幕板の代わりに”蟻型追い入れ接ぎ”という技法で天板の反り止めを作っているので人が座ったときの内寸を広く取れるテーブルです。

「この脚がテーブルの上まで突き抜けてるみたいなデザインだったらかっこいいと思うんですけど、そういったのも作れますか?」とI様。「作れますよ!こんな感じですか?」と簡易的に絵に描いたものを覧頂き、話しが盛り上がってきました。

天板と脚の間に少し隙間が欲しいとご要望を頂きましたが、BLISSと同じ構造で天板を浮かせるのは難しそう・・・ということで「脚の付け方も含めて一度スタッフ間で話し合い、資料をお作りします。少しお時間を頂けますか?」と図面と完成図を見に来て頂くお約束をしてこの日はお帰りに。

diningtable oridinal ordermade oak

後日、今度はご家族皆様でご来店くださいました。デザインの大枠が決まり、店内の展示品テーブルで大きさや幕板の高さ、天板の面取りなど細かいところの確認を進めていきます。
中でもこだわったのは、天板の面取りと、天板と脚の間に隙間をあけた浮遊感のあるデザイン。

diningtable oridinal ordermade oak

糸面取りの幅を外周3mm、脚と天板の間は1mmと変え、外側は角張った印象を和らげ脚の内側部分は天板が凸凹した印象にならないようにしています。

はじめ、脚と天板の間の隙間は「子どもがまだ小さいし、ここにごみがたまりそう…。」と奥様がご心配されていましたが、「必ず自分が掃除するから!」と旦那様。熱い思いが通じ、4mm開けることに決定しました^^

天板と脚の間に隙間を作る為、構造的にどうしても天板の裏に幕板が必要になりました。天板が幕板の分だけ厚く見えてしまわないかというところを気にされていたので、スッキリ見える様、脚を80mm角で製作し幕板が出来るだけ天板の内側に入るところで脚との接合部分を作っています。

diningtable oridinal ordermade oak

普段使いの人数と、お部屋の広さに合わせてサイズはW1500×D850×H720でお作りしています。海外製のチェアを気に入って使われているということでこちらの座面高に合わせてテーブルも少し高めの設定となっています。

床やお部屋の他の家具と合わせてオーク材でお作りしました。無垢材で出来ているので長く使っていくうちに傷が付いてもだんだん馴染んできて”味”として楽しんでいただけるものではありますが、もし目立つ傷が入ってしまいどうしても気になるという場合は3rdの工房でメンテナンスができるので、お気軽にご相談くださいませ!
I様、使い心地はいかがですか?この度はありがとうございました!

【特注Dining Table_W1500×D850×H720】

line_02

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2019.09.20

木の風合いが心地よいリビングダイニング

diningtable chair tvboard white ash oak

ダイニングセットとTVボードをお届けしたI様のお宅のご紹介です!
お引越しのご予定があり、DMのハガキを持ってヨツバコ店にご来店くださりました。
店内に展示してあった赤い椅子が目を引くダイニングセットを一目見て気に入ってくださったご様子!実際に座り心地を試していただきました^^

diningtable chair tvboard white ash oak

写真奥側に置かれた『HUG chair』は、見た目のインパクトがある椅子で背の丸みは寄りかかったときに包み込まれるような安心感があります。コンパクトで軽量な作りになっていて、3脚まで重ねられるのも嬉しいポイント!手前に置かれた『chair S2』は、座面にダイメトロールというトランポリンのような適度な柔らかさと反発力をもつ布のバネを張っています。そのため、長時間座っていても疲れにくくゆったり座れます。

diningtable chair tvboard white ash oak

写真左側の2脚は、後ろ姿も美しい『BECK chair』。三次元曲げ木によって曲げられた背もたれは、木のしなりによって体をやさしく受け止め、背中を包み込むように支えてくれます。個性豊かなそれぞれ違う椅子を並べても、素材や色合いを合わせることでまとまりのあるダイニングとなります。そして、ホワイトアッシュの天板は色味が白く美しい木目が印象的で、椅子の張座の暖色系の色味との相性も良くお部屋全体を明るくしてくれますね!

※『BECK chair』は、メーカーの諸事情により今回のお届けで廃番とさせていただくことになりました。とても人気のあった椅子でお使いいただいているお客様にはご迷惑おかけしておりますが、引き続きメンテナンス等は承ります。

diningtable chair tvboard white ash oak

ダイニングセットのお届け日が近づき「やっぱりTVボードも相談したくて・・・。」と、たまプラーザ店にご来店。店内に展示してある『HELLA TV Board』を見てお気に入りいただきました。
『HELLA シリーズ』は、フレームの角の木目が通るように「留め加工」で製作されていてシンプルながら職人の技が光る作りになっています。縁の部分は面を大きく斜めにカットしているので、軽やかでかつシャープなデザインが魅力のある人気のシリーズです!

diningtable chair tvboard white ash oak

「せっかくなのでテーブルに合わせた素材で作りましょう!」とご提案させていただき、同じホワイトアッシュ材でお作りしています。ホワイトアッシュ材は粘りと強度があり野球のバットになるくらい衝撃に強いので、硬く傷がつきにくいんですよ!また、タモ材と近縁な木材で、清潔感のある白っぽい色合いは洋風にも和の空間にも合い、タイル貼の壁面とも良く合っています!!

diningtable chair tvboard white ash oak

引き出しにはDVDがたっぷりと収納できます!!上の部分はデッキを置くスペースに!

diningtable chair tvboard white ash oak

木の風合いが心地よい雰囲気を作ってくれますね。
I様、この度はありがとうございました!
また何かありましたらお気軽にご相談くださいませ!

DEMAND table_W1600×D850×H700】
【BECK chair_W440×D530×H770×SH430】
chair S2_W470×D550×H840×SH445】
HUG chair_W463×D475×H720×SH415】
HELLA TVBoard_W1800×D450×H500】

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2019.05.25

世界に一つだけのダイニングセット

zelkova diningtable cherry walnut PePe-chair oak ANELLO-chair

何度かたまプラーザ店に足をお運びいただいていた、I様。この日は、イベントのご案内を見てご夫婦お二人でお立ち寄りいただきました。「このテーブル、ずっと気になってたんだよね。」とご覧になっていたのは、店内中ほどに展示してあったケヤキ一枚板のTRADITION Dining Table。天板の形や木目に大きなうねりや穴がある、自然のままの表情を活かした個性的なテーブルです。

zelkova diningtable cherry walnut PePe-chair oak ANELLO-chair

一枚板の天板は、その名の通り継ぎ目のない一枚の板で出来ており、幅が木の育った年月となります。テーブルとして使用できる大きさまで育った木の樹齢は100年越えのものがほとんどで、一枚で木の反りや割れなどの動きを抑制するため厚みがあり重たいものが多いですが、同じ表情の板は無く世界に一枚だけのもの!愛着を持って長くご使用頂けること間違いなしです。

zelkova diningtable cherry walnut PePe-chair oak ANELLO-chair

3rdの家具のなかでは珍しいデザインの脚が付いています。3rdでは、お部屋の雰囲気に合わせて展示以外の脚の形もいろいろご提案させていただいておりますので、お気軽にご相談ください^^
あえて色味の近いブラックチェリー材を脚に使用することで、経年変化でだんだん色が濃くなり艶もでてくる天板のかっこよさにも引けを取らない、素敵なテーブルとなっています。

zelkova diningtable cherry walnut PePe-chair oak ANELLO-chair

このテーブルに合わせるならどの椅子がいいかな?と店内の椅子も座り比べ、広めの座面が特徴で深く腰掛けゆったりと過ごすことが出来るPePe Chairをお選びいただきました。見た目の軽さだけでなく、椅子自体も軽く出来ているため立ち座りや床のお掃除の際も楽々です。木部の細いデザインですが、強度を出すためにつなぎ目の部分はフィンガージョイントで接着面積を広くとっています。
奥様に「張り地や木部の雰囲気も含めてこの椅子が良い!」と、気に入っていただけ、展示品のPePe Chairをお届けすることに。

zelkova diningtable cherry walnut PePe-chair oak ANELLO-chair

もう1脚のANELLO Chairは旦那様のお気に入り。生地を張ったパディングタイプをお選びいただきました。綺麗な曲面は1つ1つ職人の手作業により削り出しで製作されていて、座面が回転するので立ち座りの際に引き幅を取らずに済む仕様。ケヤキの天板の色に近いオークをお選びいただき座面の色は綺麗なブルーに決定!

お二人とも、天板の木目の色と近いものでお好みの樹種を選ばれているので、同じ樹種でなくても家具同士の関係性がある素敵な空間ができました。
I様、この度はありがとうございました!今後のお届けも、楽しみにしております♪

TRADITION Dining Table_W1500×D770~950×H700 t70】
PePe Chair_W535×D550×H770 SH435】
ANELLO Chair_W550×D455×H739 SH420】

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。