オーダー家具の3rd -your life style shop-
2021.07.19

期間限定!!決算SALE同時開催決定!!


*———————————–*
決算SALE同時開催決定!!
*———————————–*

3rdより皆様へ展示品入替と決算につき日頃の感謝を込めまして”決算SALE”の同時開催が決定致しました!!
・一枚板全て40%OFFセール
・店内展示家具も5〜50%OFFセールの同時開催となります。

※全て一点ものとなりますのでお早めにご来店ください。一部除外品もございます。

*—————————————–*
開催期間:7/22(木)〜7/31(土)まで
*—————————————–*

イベント期間中の混雑を避ける為、弊社では下記の事を遵守致します。

未だ新型コロナウイルスの収束が見えない状況ではございますが、各店舗ごとにコロナ感染防止対策に務め営業致します。

店舗では以下のコロナ対策を徹底してまいります。
1 アルコール消毒液の設置
2 館内消毒・換気・広めの席配置
3 スタッフのマスクの着用

※3密を避ける為、店外にてお待ちいただく場合もございます。
 感染防止策へのご理解とご協力を頂けますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

*———————————–*
  店休日のお知らせ
*———————————–*
営業時間は全店舗変わらず
11:00~19:00となります。

定休日:水曜日/第1,3火曜日

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

────────────────
– 株式会社3rd –
 http://www.3rd-style.com/

■東戸塚店
 神奈川県横浜市戸塚区
 品濃町512-12
 tel.045-823-6496
 fax.045-823-6497
 E-mail:info@3rd-style.com

■たまプラーザ店
 神奈川県横浜市
 美しが丘1-11-10 ポリニアA
 tel.045-532-9798
 fax.045-532-9799
 E-mail:tama_info@3rd-style.com
────────────────

2021.07.02

新たな使い途をリメイクで

在宅勤務が増えたことを機に、お母様から譲り受け使われていたドレッサーをデスクとして使いたい、
その他諸々リメイクのご相談で来店くださったS様。

↓下の写真はリメイク前の様子

真ん中のドレッサーと右側部分のTV台として使われている机、これらがリメイクで変わった姿がその次の写真です。
この機会にと椅子座面の張替もご依頼頂きました。

リメイク後(↓)

ドレッサー上部の収納棚をなくし無垢材で新規天板を製作しました。
在宅勤務に欠かせないPCコンセントを新規設置したことで一気にドレッサーからデスクに様変わり!
「なるべく原型を残した状態でのリメイクを」とのご希望にも添えることができました。

お選び頂いた椅子の張り生地は、高耐久で汚れが簡単に落とせる人気のアクアクリーン カラブの赤。
アクアクリーンは水で汚れが落とせる優れもので、ペットのいるお宅や小さなお子様のいるご家庭では特にオススメの生地です。
S様のお部屋のように家具が同系統色で揃えられている場合は特に、赤は色が映えてお部屋のポイントになります。


(↑写真上段)
右のTVボードは空いた残りの空間にぴったりはまるよう新規で製作しました。天板は無垢材を使用。
右側のマルチコンセントから全ての電源を取り、アンテナなど含め家具内部に配線が回せるよう配線ルートを確保しています。
向かって左は開き扉の収納棚、右はデッキとプリンターの収納に。

(↑写真下段)
プリンターはスライドトレーを入れ、必要時手軽に出せるようにしました。

上(↑)の写真は、ドレッサーの上部収納棚と天板を利用して製作したリビングテーブル(座卓)。
脚は新規で製作しています。
工房に立ち寄った際、研磨の手伝いをすることがありましたが、違う箇所の板材を使って作るリビングテーブルの天板は製作がなかなか難しかったようです。

新しく生まれ変わった姿!
デスク、テレビボード天板は無垢材を使用。素材はオーク材を着色し格段に良い素材感になりました。
サイズ、素材感が統一されお部屋もスッキリして見えます。
大切な家具が別の形で息を吹き返し、その姿を見られたS様の笑顔はわたしたちの次のステップに繋がります。

これまでも、これからも物を大切に使われるS様の姿に、お母様もさぞお喜びのことでしょう。
S様、ありがとうございました!

古くなったから、使い途がなくなったから終わり・・・ではなく、良いものを永く大切に使い続けて頂く為に、
3rdはメンテナンス、リメイクもお客様の状況に応じたご提案をしていきたいと考えています。

「我が家にも元々の用途では使わなくなった、使えない、使いにくい、だけど思い入れの家具がある」と困っておられる方は一度当社にご相談に来られませんか?
新たな使い途が見つかるかもしれません。

2021.06.25

無垢材にこだわったTVボード収納

テレビボード収納をご検討されご来店いただいたS様

大体のイメージやサイズなどがすでにお決まりで、素材についてはフローリングの材質と合わせてナラの無垢、TV下台にはガラス付引戸…etcと
ご希望がハッキリしていたため、あとは細かい要望をお伺いし下のイメージ資料を作成しました↓
下の写真は、TV台との高さを揃えた最初のプランから段差のできるプランに変更した完成写真。
引き出しが増えています。
採寸でご自宅にお伺いした際、リビングに置かれていたお子様たちの本や諸々の物をスッキリ収納できるようにと
S様とご相談の上、当初予定のプランからもう一段引出し部を追加したプランをご提案させて頂きました。
下の写真はお届け〜連結作業風景。
W3400と幅があるため、二つに分けて製作しています。
当初予定よりかなり収納力が増えた為、細々した物の避難先も確保。
こちらは天板と扉の前板をナラの無垢でその他は突板で製作し、床の素材との一体感のある仕上りとなりました。
レールを取り付けた引き出しは、引き出す作業がスムーズにでき小さなお子様にも安心です。
さらに少しでも収納力を増やすため、且つ大きな窓を活かすため、通常70mmの台輪を今回は30mmにて製作しました。
台輪を低くすることで家具の高さを変えることなく収納力upに繋がります。
大きな窓から光の入るとても素敵なご自宅に、木目の揃ったTVボードが映えます。
こちらにソファも置かれるとのこと。
自然の風合い、色味でまとめられたリビングで、S様ご家族が寛ぎの時間をお過ごしになる姿が目に浮かぶようです。

S様ありがとうございました。
【特注テレビボード収納 : w3400×d450×h450】

2021.04.16

エコカラット装飾でホテルライクな佇まいに

約3年前にトータルで家具を作らせていただき、いつもお世話になっているお客様です。→以前のお届け
その後もたびたび追加のご依頼をいただいて、今回は壁面TV収納の上部にエコカラットの施工、子供部屋に収納棚設置、寝室にフレーム付きエコカラットの施工を承りました。
まずリビング壁面TV収納上部と窓周りのエコカラット施工。

サンプルを何種か取り寄せ、落ち着いた雰囲気の『グラナスルドラのグレー』に決定しました。エコカラット最大の特徴は、室内の湿度を上手くコントロールしつつ優れた消臭効果も発揮。機能性だけではなく、種類・大きさ、色柄が豊富な大変美しいタイルです。

既存のクロスを剥がし、タッカー留め、接着剤塗布、タイルを丁寧に貼ってゆきます。壁面TV収納のウォールナットと、タイルのグレーのバランスが絶妙で、引き締まった印象に。
窓周りは窓横の吸気口の汚れを隠したいとのご要望にもしっかりお応えする事が出来ました。

トイレは『カームウッド』を施工させていただきました。優しい質感とグレーベージュ色が明るい印象で素敵なトイレ空間に。エコカラットの特徴から、トイレや水回りは機能を特に実感頂ける場所かと思います。

後日、工房にて製作した寝室につけるフレーム付きエコカラットと子供部屋収納棚のお届け。

まず取り付け位置、芯の位置を確認しパネル吊り金具の取り付け。
今回フレームをなるべく薄くしたいとのご希望から、LAMPのパネル吊り金具AUHを使用。アルミで薄くできているのでパネル自体の厚みも抑える事ができます。パネルの外寸はw.2000×h.680×厚28mm。
その分、壁の歪みも拾ってしまうので心配でしたが、問題なく綺麗に取り付ける事がきました。

ホテルのような雰囲気になり、お客様にも大変喜んでいただきました。畳とエコカラットのカラーバランスも綺麗に整いました。

最後にご紹介するのが、子供部屋の収納棚。娘様が中学になり収納が足りなくなったとの事でご依頼。素材は以前製作させて頂いた家具に合わせオーク材。

ご主人のアイデアを基に、通学バックや学用品を充分に収納出来るよう設計させていただきました。部屋の入り口側は角アールにし動線を取りやすくしました。右側は家具開口ではなく天板を伸ばしプラグが抜き差しできるようスペースを確保。大きく3区画にわけ引戸を2枚にし奥行き有効寸法も確保。内寸高さをできるだけ取りたいとのご要望があった為、強度を踏まえ通常より棚板や地板を薄く製作させていただきました。
M様、この度も誠にありがとうございました!

エコカラットパネル:w.1998 d.28 h.672
サイドボード:w.1800 d.350 h.500

2020.10.26

限られたスペースを有効的に

以前ご主人のお部屋に家具を作らせて頂いたKさま。今回は奥様のお部屋の改造計画です。収納をまとめること、ベッドの向きを変え部屋のスペースを有効に使う事、テレビを設置し横になりながら見れる事が今回の計画です。

まずはベッドの配置方向です。今まで縦に置きうまく収納スペースが取れなかった為、横向きに配置します。この際、規定のベッド寸法では壁の寸法が足らず入らない為、長さ1760mmのベッドフレームを作成しました。
テレビは壁掛け仕様ですが壁に直接ですと壁下地やクロス工事、電気工事も入ってしまう為、パネルを作りテレビを掛ける仕様にしました。この事により配線も隠せ自由な位置にテレビを設置できます。デザイン面では梁やベッドの位置関係により縦のラインはずれてくるので、横のラインをパネルと収納扉で合わせ美しく見えるよう調整しています。また、それぞれの奥行き感が変わるので、木目の方向をパネルと上部オープンの吊り戸棚は横に、収納棚扉は縦にする事で奥行き感が強調され圧迫感が軽減しアクセントにもなります。

今回難しかった点が、お部屋の梁です。奥行き方向と右側に梁がありパネルを壁に取り付ける為、ある程度の壁の不陸を奥行き方向、幅方向共に考慮し設計しなければいけません。少なすぎると家具の各パーツがずれますし、大きすぎると隙間が大きくでてしまう。。一箇所でも合わないと全てがうまく収まらないという。。。
採寸は慎重に、細かく寸法をとりました。お陰様で大きなズレはなくうまく収まりました。

↓1点、パネル右上のみ右収納棚と高さが合わず、その場にて欠き込み調整しています。

テレビパネルの裏側です。配線ルートをとり、最後コードが垂れないよう下端凹みにワイヤーマネージャー(配線を通すもの)を取り付けています。

ハードディスクレコーダー収納棚は連結しないで、動かせるようにしています。初案ではパネルに棚板をつけレコーダーを置く予定でしたが収納力、置台を考慮し別パーツとして棚を作ることになりました。
新しい家具が入ることにより、以前よりも広く感じ、くつろげる空間となりました。

【Wall storage_W2700×D450×H2415】
【bed_W1000×D1760×H360】