オーダー家具の3rd -your life style shop-
2020.10.26

限られたスペースを有効的に

以前ご主人のお部屋に家具を作らせて頂いたKさま。今回は奥様のお部屋の改造計画です。収納をまとめること、ベッドの向きを変え部屋のスペースを有効に使う事、テレビを設置し横になりながら見れる事が今回の計画です。

まずはベッドの配置方向です。今まで縦に置きうまく収納スペースが取れなかった為、横向きに配置します。この際、規定のベッド寸法では壁の寸法が足らず入らない為、長さ1760mmのベッドフレームを作成しました。
テレビは壁掛け仕様ですが壁に直接ですと壁下地やクロス工事、電気工事も入ってしまう為、パネルを作りテレビを掛ける仕様にしました。この事により配線も隠せ自由な位置にテレビを設置できます。デザイン面では梁やベッドの位置関係により縦のラインはずれてくるので、横のラインをパネルと収納扉で合わせ美しく見えるよう調整しています。また、それぞれの奥行き感が変わるので、木目の方向をパネルと上部オープンの吊り戸棚は横に、収納棚扉は縦にする事で奥行き感が強調され圧迫感が軽減しアクセントにもなります。

今回難しかった点が、お部屋の梁です。奥行き方向と右側に梁がありパネルを壁に取り付ける為、ある程度の壁の不陸を奥行き方向、幅方向共に考慮し設計しなければいけません。少なすぎると家具の各パーツがずれますし、大きすぎると隙間が大きくでてしまう。。一箇所でも合わないと全てがうまく収まらないという。。。
採寸は慎重に、細かく寸法をとりました。お陰様で大きなズレはなくうまく収まりました。

↓1点、パネル右上のみ右収納棚と高さが合わず、その場にて欠き込み調整しています。

テレビパネルの裏側です。配線ルートをとり、最後コードが垂れないよう下端凹みにワイヤーマネージャー(配線を通すもの)を取り付けています。

ハードディスクレコーダー収納棚は連結しないで、動かせるようにしています。初案ではパネルに棚板をつけレコーダーを置く予定でしたが収納力、置台を考慮し別パーツとして棚を作ることになりました。
新しい家具が入ることにより、以前よりも広く感じ、くつろげる空間となりました。

【Wall storage_W2700×D450×H2415】
【bed_W1000×D1760×H360】

2020.10.10

オーダー家具だからできる機能の追加

11年程前にAVボードをお届けしているT様。(当初のお届けは↑の状態)
実は少しづつ機能を追加されています。
1回目の追加はオープンシェルフ(青の点線)のような棚を追加。
2回目の今回は赤の点線にデスクの追加をお考えとのことでご来店頂きました。
ご相談いただいた時期的にも在宅ワークまたこれからお子様が大きくなった際のリビング学習にとライフスタイルの変化を踏まえてご検討されているご様子。
デスク部の仕様は右下部に引き出しとプリンター収納。
その下のスペースはルンバ収納にし大きな物は隠せるようになっています。
デスク上部は可動棚と扉付き収納。
扉付き収納の地板にはピクチャーレールが仕込んであり照明を吊るせるような仕様に。
こちらは今はご紹介できませんが、またの機会がありましたらブログにてご紹介させていただきます!!
お届け当初と比べるとAVボードが大きな壁面収納に変わりました!
今回はライフスタイルの変化によって少しづつ機能を追加していくお届け事例でした。
最後までご覧いただきありがとうございました!!

【Wall storage_W3720×D540×H2085】

2020.09.25

生活スタイルの変化

サイドボードをお探しでのご来店。
まずは収納する物と、どのような形で使うのかをヒヤリングしていきました。
サイドボードをお探しとのことでしたが、お仏壇を置くということが前提でした。
収納する物は既存のサイドボード(w1200×d310×h750)があり収納してある楽譜、アルバム、アイロン、スチーマー等。
サイズはサイドボード横に置くものなどを踏まえてW1500×D450×H850に決定。
ご要望以外の仕様に関してはある程度お任せいただけたのでプリンターとWi-Fiルータは正面右下の電源近くにフリッパー扉のスライドトレーへ収納することをご提案。
使わない時は隠しておきます。電源は側板に開口を設け電源確保しています。
写真などは天板をスッキリさせるため壁に飾り棚を取り付けて置く事に。
台輪には追加で移設コンセントを設けています。
サイドボードの配送の際には追加でテレビボードとリビングテーブルのご相談をいただきました。
採寸と打ち合わせを済ませ後日資料を作成しご提案させていただきました。
テレビボードの基本仕様は既存の物に合わせ追加で正面左側に置いてあったゴミ箱を隠して置ける場所をつくりました。
リビングテーブルは既存テーブル天板の形を元にしサイズは少し小さかった為、もう少し使いやすいサイズにしています。
こちらも追加でリモコン、ティッシュなどを置けるように棚板をつけました。
テレビボードとリビングテーブル共に既存の物より少し使い勝手のよくなるようにご提案させていただきました。
最後に吊り下げ照明からスポットライト照明に交換をして全て完了となりました。
K様、その後いかがでしょうか?最後までありがとうございました。

【Side Board_W1500×D450×H850】
【Slat Board_W520×d180×h80】
【Living Table_W1000×D500×H350】
【TV Board_W1500×D450×H500】

2020.09.12

リビング学習をオーダーで

リビングダイニングでお子さまの学習をする為、デスクとオープンシェルフ(本棚)をご検討でご来店いただきました。お父さまが大凡のプランを考えていらっしゃったので、それを基に使い勝手、バランスや動線を考慮し設計していきました。

後日資料を持ってご自宅にお伺いし寸法などを確認。リビング側からはお父さまの本、デスク側からはお子さまの参考書といったようにオープンシェルフの可動棚は両面から使いますので、ものが落ちないように片側に落ちどめをつけています。またデスクの高さと合わせられるよう棚ダボの位置を調整しています。デスクの貫は足をのせることも考慮し設計。大人になっても大切に使って頂けそうです。


後日ご来店いただきソファも一緒に変えたいとの事で色々座ってもらいそれぞれのご説明をし決定したのが木枠のフレームデザインが特徴でフェザーとウレタンを使用したSOFA SURF。モチっとした包み込まれるような座り心地は他のソファではなかなか味わえません。動線を考慮し2人掛けと1人掛けをリビングテーブルとあわせて配置、今までお使いのソファは、とてもボリューム感のあるものだったので、すっきりとしたまとまった空間になりました。庭を見ながらゆっくりと気持ちよく寛げそうです。

ご家族で相談し決めた張生地のターコイズブルーがとても綺麗でウォールナットとの組み合わせもバッチリでした。

【Book board_W1600×D350×H1200】
【Desk_W1200xD535xH700】
【sofa SURF 2p_W1500×D845×H800】
【sofa SURF 1p_W830×D845×H8000】

2020.09.07

多機能を壁に収める

壁面収納をご要望でご来店いただいたYさま。展示を見て頂き3rdの収納の特徴や作り方をご説明させて頂きました。立って作業するワークスペース、大型のTVを置くスペース、飾りたな、本棚などなど、大凡のご要望をお伺いし
ご提案資料に。後日、ご自宅にご訪問し採寸と詳細のお打合せをし完成したのがこちらです!

大型の壁面収納ですので搬入経路など考慮し今回は8個のパーツにわけ製作。仮組みし壁に収まるか、開口の位置はあっているかなどを確認し裏面の配線関係を繋いでいきます。家具が組み上がったら家具内部下側(台輪)にあるアジャスターを調整し家具の水平垂直を合わせます。これで壁に打たなくても家具の安定感が出ます。

フィラー作業(隙間埋め)の様子です。3mの壁に3mの家具を作ってしますと入らないので家具は壁実寸より約-1cmして製作します。その1cmの隙間を同材のパーツを削り埋めていく作業です。

同時に扉や引き出しがスムーズに開くかなど微調整をし設置完了です。

向かって左側からワークスペース、立って作業をする仕様ですので高さを1mにし下の空間はプリンターを収納します。中央は55インチのTVが収まるよう広めに区画をとり下にAV機器収納+引き出しの仕様、右側は本棚/飾り棚/収納スペースになっています。圧迫感を軽減する為、目線の位置はガラス扉や照明を入れることにより抜け感を出しすっきりした印象になるようデザインしています。

最初ご訪問時にお持ちしたスケッチ。お打合せして仕様が変わっております。

↑プリンター収納部はスライドトレーにスキャンや後ろ給紙も使いやすいように。
↓お部屋のコンセント位置は開口し家具のコンセント、照明のコンセントをとっています。配線が干渉しないように可動棚板は欠き込みしています。

今回お客様にも色々とご協力いただきスムーズな設置ができました。Yさまありがとうございました!

■壁面収納:ウォールナット突板ウレタン全消し仕上げ
w.3470 d.500/400 h.2425

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。