オーダー家具の3rd -your life style shop-
2018.05.27

O邸 TVボード お届け

TVボードを探してヨツバコ店へお越しくださったO様。
初来店は奥様お一人でのご来店でした。

「TVボードの置き場を設定した上でリフォームをしたのですが…」ということでお話を伺っていくと、
・今は簡易的なTVボードがあるけれどもっとお部屋のイメージを良くしたい。
・TVは階段下に置きたいけど、TVのサイズもありどうしようか悩んでいる。
というご相談をいただきました。

お話しをしながら店内をご覧いただいていると、バッグや小物を置いている箱脚にのった一枚板のディスプレイ棚をみて「こんな感じのTVボードもいいわね」とお気に召した様子。
そこでお店に置いてある一枚板の天板を何枚か見てもらいました!「これもいいわね」と完成写真にもある一枚板を気に入って、その日はカタログをお持ち帰りに。

後日再び奥様お一人でご来店くださり、現場を見て提案してくれますか?とのお言葉をもらい、先日ご覧になって気に入っていた一枚板の写真とTVボードの完成イメージ図を持ってご訪問しました。
その時のイメージ図がこちらです!

ご訪問して階段下のスペースを見せてもらうと、大き目のテレビを置くにはTVボードを低めに設定しなければ難しそう…
デッキ類は必要最低限しか置かないということで箱脚の中に納まるようにしました。

奥様は一枚板の特に耳を部分を気に入ってくださっていました。
旦那様とご相談され「ガッチリしているよりは軽くていい感じ」と、旦那様にも気に入っていただけました!
そしてその日のうちにうれしいご連絡をもらいお届けすることに。

お届けの際「イメージ通りすっきりしていて、奥行きと横幅もバッチリ!」と気に入って頂きました!

【TV board_W1700×D620×H300】

WANTED
3rdではショップスタッフ、設計デザインスタッフを募集しています。インテリアや家具デザインに興味のある方は是非お問い合わせください。
また工房スタッフ(家具職人)も合わせて募集しております。

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2018.05.24

ダイニングセット お届け

W2200の大きなダイニングテーブルをお届けしました。
当初はW2400ほどでお探しだったK様。お部屋の間取図面をお持ちいただいていたので、動線などを考慮しながらテーブルの適正サイズを出していきました。

K様邸はリビングとダイニングが別れており、ダイニングの空間は3600×2500でした。
テーブルに横並びで3人座れるということを最低条件に、普段の生活に邪魔にならずゆったりとお食事を楽しめるサイズとしてW2200をご提案。
サイズを出すのは毎回とっても気を使います。オーダー家具はどんなサイズにも対応できるので、お客様によって適正なサイズが変わるのもよくあることなのです。

テーブルのデザインはfeneT字脚をお気に入りいただきました。T字脚は天板と脚がくっついておらず、乗っているだけの仕様。T字脚を90°回転させると座卓にもなる優れもの!

天板は脚とのバランスをみて、天板厚30mmのTRADITION EXをお選びいただきました。厚みが増すと重厚感が出てかっこいいのですが、今回は大きめのサイズで座卓にする際天板を持ち上げることも考慮し、厚みは抑えた形に。

椅子はご主人にダイメトロール座面の感触をお気に入りいただき、『T+S-02』に決定!ダイメトロールはトランポリンの様な素材です。座面に板を使用していないため、お尻の形に合わせてくれて柔らかくフィットし長時間座っていても疲れません。

納品の際「すごい大きい!!これでゆったり食事ができます」とお喜びいただきました。

【TRADITION EX_W2200×D800 t.30】
【fene Tleg_H710】
T+S-02chair_W460×D545×H730】

line_02

「家で使っている椅子が体に合わなくて、家族みんな腰を痛めていて。ダイニングセットは良いものを揃えようと思ったんです」とヨツバコ店へご来店くださったK様。
日々使用する椅子が合わないのはお辛いですよね…。3rdでは「マイチェア」の考えをモットーに、ご身長や体型にあった自分の椅子をご提案させていただいております。K様にも店内の椅子を試して頂くことに。

「あ、これ、すごくしっくりきます」
お選び頂いたのは『CERVO chair』。ダイメトロール座面を奥様にも息子さんにもお気に入りいただきました。「旦那に相談してみます」とのことでその日はご帰宅されました。
一週間後、テーブルをすごく熱心にご覧になっている男性が。それぞれの特徴をお話していると、椅子にもお座りに。一通りテーブル、椅子共にご覧いただいたところでK様親子がご来店。男性に近づき「どれがよかった?」「あの椅子がよかったよ」とCERVO chairを指差す男性。そうです、K様のご主人でした。しかも家族みなさんCERVO chairをお気に入り!ということで満場一致で椅子は決定に。

ダイニングテーブルはギリギリまでTRADITIONのT字脚と定番の『BLISS TABLE』と悩みましたが、お部屋の雰囲気に会う『BLISS TABLE』に決定!
体にあった椅子で、毎日のお食事が楽しくなっていますでしょうか。

BLISS TABLE_W1700×D850×H700】
CERVO arm chair_W504×D595×H765】

WANTED
3rdではショップスタッフ、設計デザインスタッフを募集しています。インテリアや家具デザインに興味のある方は是非お問い合わせください。
また工房スタッフ(家具職人)も合わせて募集しております。

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2018.05.22

I邸 ラウンドテーブル、ソファ お届け

ご夫婦でたまプラーザ店へご来店下さったI様、ソファを中心に見ていらしたのでお話をお伺いすると、「戸建の家が出来て少し時間が経ったけど、なかなかいい家具を見つけられないでいるんです・・・」とのことでした。
お店にあるソファの説明をさせて頂きながら、いくつか座って頂くとLatticeをお気に入り頂きました。

旦那様も奥様も「座りやすい!」と一致したLatticeは、座面に『レスピール』という宇宙服の中材にも使用されるウレタンを用いています。最初の座り心地としては少し硬めではありますが、時間が経つにつれ、体温を吸収しレスピールがやわらかくなってくるという特徴があります。
硬めの座面のネックなところは長い事座っているとどうしてもお尻が痛くなりがちですが、Latticeの座面は長時間座っていた方が楽になるという不思議なソファ。
背クッションはシリコンポラックというポリエステル綿でできています。フェザーに比べ少し反発力が高いので背をもたれたときにもしっかりと支えてくれる感覚があります。
水洗いOKなのもうれしいところ!

生地はグリーンかベージュでお悩みでしたが、アクセントカラーにもなるグリーンをお選びいただきました。
こちらの生地は3rdで一番人気かもしれません!

ソファに座っていた旦那様、「あっ」と目線の先にはラウンドテーブルの板がありました。ラウンドテーブルお探しだったんですか?とお伺いすると、「そうなんです、でもなかなか良いサイズにめぐりあえなくて」と。

もちろん3rdはオーダー家具屋ですから、お好きなサイズでお作りすることが出来ますとご案内。
サイズはお二人でゆったりとお食事ができ、椅子の引き幅の動線はしっかり確保出来る形で。長方形のダイニングテーブルと比較するとラウンドテーブルは対面の距離が少し遠くなります。展示してあったテーブルはφ1050。せっかくだから体感しませんか?とテーブルを立たせて実際に対面で座って頂きました。
「1050だと少し小さいかと思ったけど、十分だね!」とご納得のご主人。大きくしすぎると普段の生活動線の邪魔になってしまうので、サイズはφ1050に決定しました。

脚の形状を決めていく際に、「普通の丸い脚だとつまらないなあ」とおっしゃっていたので、八角脚をご提案。
「オーダー感がでてすっごくいい!」とお気に入り頂きました。

長らく探されていたという家具がやっと納得いく形で決まった!と嬉しそうにおっしゃっていたのが印象的でした!
I様、リビングダイニングの居心地はいかがですか?椅子などもまた見にいらしてください!
ありがとうございました!

sofa Lattice 3P_W1920×D800×H820】
Bliss Round Table_φ1050×H700】

WANTED
3rdではショップスタッフ、設計デザインスタッフを募集しています。インテリアや家具デザインに興味のある方は是非お問い合わせください。
また工房スタッフ(家具職人)も合わせて募集しております。

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2018.05.21

キッチンボードお届け

ヨツバコ店がオープンしてすぐの頃、「新しいお店できたんですね。」とご来店してくださったN様。
初めは奥様お一人でのご来店で、オーダー家具のお話しをすると「主人が好きそう!」と興味を持っていただきました。
お引越しをしてキッチンボードをお探し中との事でしたので、詳しくお話ししてみませんか?と、その日の内にキッチンボードについて詳しくお話しをお伺いしました。

ご希望は、
◦冷蔵庫の横のスペースでW1800の収納
◦ごみ箱・レンジ・トースター・ワインセラーを入れたい
◦オープンのキッチンボードではなく、全部隠したい
とのことで、それなら大きい引き戸にしましょうとヨツバコ店の壁面収納をご紹介し、矢張りの模様を気に入っていただきました。

互い違いの引き戸は収納の全面を隠すことができますが、扉の厚み分奥行の内寸が減ってしまいます。
キッチンボードは家電の配線が必要な為、内寸が多く欲しいところで引き戸は難点に、、、
そこでソフトな開閉で、扉閉鎖時には二枚の扉がフラットになる少し珍しい金物をご提案。

この金物は収納の外側ではなく、中央側で扉を操作するので取っ手の位置が普通の引き戸とは異なります!
左の扉の取っ手を引くと、下の図1のピンク部分の様に手前に出てきてスライドし、赤の部分で止まります。右の扉も同じ仕様です。
フラットになる引き戸は、下の図1の様に扉一枚分のスペースで済みますが、
互い違いの引き戸は、下の図2の様に扉二枚分のスペースが必要になります。
この金物を使用した扉にすることで、配線分の内寸を確保できるように!

ですが、この金物は収納の上下のスペースが必要になり、高さの内寸が減ってしまいます。
高さの内寸は減ってしまいますが、収納の一番下と高い所はあまり使わないのでいいのでは?と金物のメリット、デメリットを共にご説明しました。
「主人を連れてまた来ます。」とその日は一旦お帰りに。

後日お図面を持ってご主人と再来店してくださり、旦那様のやりたいこと、そして奥様のやりたいことをお聞きし、もう一度オーダー家具についてのご説明と先日ご提案させていただいたキッチンボードのご説明をさせていただきました。

「買い替える家電が決まっているので、新しい家電に合わせたご相談も可能ですか?」
とのご要望をお受けし、新しい家電の大きさを考慮してキッチンボードのデザインを考えていきました。

ワインセラーは見せたいという事で、約W400のワインセラーを下に、W400のグラスケースを上にして収納の横に設置。
グラスケースの扉は冷蔵庫とワインセラーの雰囲気に合わせ、黒のフィルムを貼ったガラス戸に!
グラスケースの中は、グラスハンガーのついた棚板二枚を可動棚にしています。

引き戸の右側と左側上部はしまうものに合わせ、棚位置を変えられるように可動棚になっています。
左側下部はトースター用にスライドトレーと、ごみ箱が引き出せる仕様になっています。
トースターは使用時に熱を持つので、使うときはトレーを引き出し、使わないときはトレーを戻して扉内に収めることができます。
ごみ箱も隠したいとの事でしたのでボード内にスペースを作り、奥様のご希望通りすっきり収納することができました!

トースターはスライドトレーに、ごみ箱は引き出し仕様にと決まりましたが、今回使う金物は上の図1で見ていただいたように扉が全開になりません。棚を使う分には問題ありませんが、この二つを棚板と同じ幅で作ってしまうと引き出すことが出来なくなってしまいます。
そこでスライドトレーと引き出しは、棚板より少し幅を狭くして製作しました。

大きなキッチンボードになるので搬入の事を考慮して、下の図の様に
扉二枚+収納上部+収納下部+台輪+グラスケースと分解して製作して、搬入した後にお家の中で組み立てて、設置をしていきます。
こうすることで、玄関や階段、エレベーターの心配をせず搬入することができます!

初来店から約二か月、何度もご来店頂きお打合せを重ね、N様の納得のいくものを追求しました!
一生物の家具を自分たちの使い易いように、使っていて気持ちの良いものにと、こだわってお作り出来るのがオーダー家具のいいところです!
お届け後「要望がこんなに叶うものだとは!理想の物ができました!」ととても喜んでくださいました!

N様ありがとうございました!
新しい家具と家電の使い心地はどうでしょうか?
また何かありましたらご相談下さいませ!

【kitchen board_W1795×D500×H2140】

WANTED
3rdではショップスタッフ、設計デザインスタッフを募集しています。
インテリアや家具デザインに興味のある方は是非お問い合わせください。
また工房スタッフ(家具職人)も合わせて募集しております。

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2018.05.17

F邸 サイドボードお届け

以前よりお付き合いいただいているF様、コッタチェアやテーブルセットをご使用いただいています。
いつもありがとうございます!

たまプラーザ店へお越しくださり、「今使っている、食器を入れるボードがぐらついてきてしまって…」とお話しをくださりました。それは早急に対応しないとまずいですね…!と入れる物やデザインをお打ち合わせ。

食器を入れるのがメインですが、天板の上に家電を置くかもしれないとのこと。電源をとる場所をつくる場合移設でコンセントを設置する事もありますが、F様の場合は今後お引っ越しの可能性もあるとのことでしたので、市販の電源タップから電源をとる方法になりました。しかし、タップが天板の上に見えてしまうのは美しくありません。そこで、タップを隠せるスペースをつくりました!これはオーダー家具ならではです。

天板に丸く穴をあけた蓋を付けて…

ぱかっと開くとこんな感じに!ぴったり電源タップが収まります。
丸く開けた穴から配線を通すので家電を置いてもごちゃごちゃすることはありません。

中に凹みをつくっているような形です。

棚板は可動式ですので高さの違う食器も入りますし、いずれお引っ越しした際にも書類を入れるボードなどにも成り得るように。
また、デザインは台輪式ではなく脚にすることで、空間が広く見えとってもスッキリ◎
天板を無垢にしているのでこれから使い込んで頂けたらもっと綺麗に変化してくれるはずです!

F様いつもありがとうございます!
使い勝手はいかがでしょうか。また是非遊びにいらしてくださいね!

【side board_W1500×D500×H950】

WANTED
3rdではショップスタッフ、設計デザインスタッフを募集しています。インテリアや家具デザインに興味のある方は是非お問い合わせください。
また工房スタッフ(家具職人)も合わせて募集しております。

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。