オーダー家具の3rd -your life style shop-
2012.06.29

青葉区I様邸にサイドボード、キッチンボードお届け

青葉区I様邸にサイドボード、キッチンボードお届け致しました。

ご新居へお引っ越しをきっかけに、収納をお探しにご来店されたI様。
新しいマンションには収納が少ないので、今のご自宅の押し入れにしまっているものをどこにいれたら良いのか…というお悩みをご相談頂きました。

まずは、キッチンの収納。
キッチンは作業動線が一番重視されるので、機能と使いやすさを兼ね備えたデザインをご提案。
天袋は吊り戸にし、上下を分割させ、上の箱の奥行きを下台より小さくすることで圧迫感を減らし
すっきりとした見栄えになります。

吊り戸は壁の中に入っている芯の部分に打ちつけるので、耐震的にも安心です。
実際、どのように吊り戸が設置されているのか工場長の動きを追ってみました。
まずは、壁の下の芯を探し打ちつける部分を採寸していきます。

続いて、天袋を引っ掛ける為の根太と呼ばれる下地をネジでもんでいきます。

②で固定した根太に天袋を打ちつけます。

最後に、棚板、扉を取付けて、しっかりと固定されているかを確認し、全体調節します。

一見、簡単そうに見えますが、これも職人さんの経験によって仕上がりと作業スピードが全然違います。

吊り戸の設置が完了してから、下台を搬入します。
下台は、上部にキッチン小物をいれる浅い引出しをいれ、その下向かって右側にはゴミ箱用のワゴンと、
左側には炊飯器を置くスライドトレーを。そして、その下には乾物等がストックできる深い引出しをいれています。

天板には、電子オーブンをのせるため、下台全体の少し奥行きを大きめにとっています。
入れるもの、乗せるものの大きさを考えながら微妙な寸法調整をすることも3rdの得意とする仕様の一つです。
下台の奥行きもきれいに納まり、キッチンの使い勝手もワンランクアップです。

続いて、ダイニングの収納です。

リビング、ダイニング、キッチンが一体となった空間には、収納スペース
を工夫して取り入れることで、生活動線が変わります。
近年の住宅の多くは、掃き出し窓の位置や他の部屋に続く扉の開き方向等によって、
壁の大きさが制限されてしまうので、既製品の収納では納まりきらないことがほとんどです。
この悩みを解消する為に3rdでは、ご自宅の図面とそれぞれの生活スタイルを当て込みながら、
必要とされるカタチをデザインします。

I様も同様に、外に出しておきたいもの、普段は使わないのでしまっておきたいもの等を
区別していくことで、お部屋をすっきりとさせる収納をご提案させて頂きました。

さらに、ダイニングテーブルの後ろに配置することを考え、扉は開き戸よりスペースを省ける引き戸にすることに。

向かって左側は、ワークスペースとしてパソコンとキーボードを収納するスライドレール(引き出すと丁度ダイニングチェアを使える高さにしています)
その下の引き戸を開けると、プリンターを使う時だけスライドレールごと引き出せるような仕様にしています。
隣の配線スペースは、もともとのマルチコンセントから家具自体にコンセントを移設する際に、
配線しやすいように作りました。

もちろんパソコンとプリンターも配線がすっきり納まるよう、背板に配線孔を開けています。

真ん中の引出しは横幅が大きいので、中には仕切り板を入れてより整理整頓がしやすいように、
浅い〜深い引出しと入れるものを区別できるようにしています。

右側の扉は可動棚になっているので、入れるもののサイズを選ばずに収納が可能です。

一番上のオープンのスペースは、新聞や机に出してあるものをさっとしまえるようになっているので
出し入れがしやすい高さを意識しました。

素材はキッチンボード、サイドボード共にナラ材の突き板です。
柾目の流れがキレイに出ていて、木種選びに悩まれていたI様も、「やっぱりナラ材にして良かったです!」と
お喜び頂きました。

お届けまでの間、お引っ越しの準備等でとてもお忙しかったようで、
「素敵な収納が出来て片付けもできるので、ようやく一段落しました。」とのお言葉を頂き、お届けした私達も一安心。

I様ありがとうございました。
また、お部屋のお悩みがありましたら、お気軽にご相談下さい。

2012.04.05

O邸 リビングボード、キッチンボードお届け

横浜市磯子区O様邸へリビングボード、キッチンボードをお届けしました。

ご新居へのお引越しを機に家具をお考えでご来店下さったO様。
TVボード・デスク・収納をリビングに、ダイニングボードをキッチンの対面壁にということでご相談を頂きました。
入居はまだ少し先だったのですが、オーダーメードで出来ることなどご説明させていただくとお話も盛り上がり「せっかくだから3rdのオーダー家具で揃えたい!」と、早々とリビングボードとキッチンボードをご依頼いただくことになりました。

何度か仕様のご相談を重ね、内覧会の際に採寸をさせていただくことに。
内覧会時の採寸だと入居時期に合せて家具をお作り出来るのもメリット。
新しい生活のスタートに合せて新しい家具!素敵です♪

リビングボード・キッチンボード共に木目を柾目で統一したことでスッキリ感が強調されたデザインになっています。木目の違いで見え方が変わるのも樹の家具の面白いところです。

キッチンボードの使い勝手を考慮してお作りしたのがこちら。
『キッチンだと汚れが気になるんです・・・』ということでキッチンボードの内部にプリント化粧板を使用しています。
水や汚れに強いのが良いところ。気を使わずに使って欲しいとご提案したところ、O様もご納得!

また、『できるだけ収納スペースがたくさん欲しい』とご要望も頂き、ご満足いただく大容量なデザインに出来ました。


リビングボードについてはTVボード・デスク・サイドボードが横一列に並んでいますが、機能ごとに分割してお作りしているので、後々生活スタイルが変わり『デスクだけ移動したい』となった時には単体で動かすことが出来ます。

全ての区画の天板には電源を移設しているので、延長コードなどが必要なく、雑然としがちなコード類もまとめやすくなります。

デスクの区画はノートパソコンを置く為のスライドトレーと、開き扉の中にはプリンター用のスライドトレーを用意しました。
使う時だけ引出すことで、常にキレイな状態で保たれる工夫。
 
O様のご要望をいっぱい詰め込んだ家具が出来あがり、本当に楽しみにお待ちいただいていたようで、お届けの際は「オーダーメードで作って本当に良かったです!」と納まったスッキリ感に大変喜んで頂けました。

実は私、お届けの時が一番楽しい時間なんです。
ご提案している段階や作っている最中ももちろん楽しいのですが、家具が出来あがり、お客様が待ちわびた家具と対面した時のあのハッピーな空気が病みつきなんです(笑)
 
O様ありがとうございました!
新しい家での生活を3rdの家具と共に満喫して下さい!

2012.03.10

F邸 リフォーム完成

今回はF邸のリフォームをご紹介します。

以前、施工中の様子も紹介させて頂いていますのでこちらをご覧ください。

http://3rd-style.blogspot.com/search?q=リフォーム
(2011.11.24の記事です!)

実は工事は昨年の12月中に終了しており、遅れてのご紹介となります。
F様、大変申し訳ございません。今回、しっかりと紹介致します!!

さて、どこからお話すればよいのか迷うほど本当に盛りだくさん!

それでは、はじめにお部屋に入ってすぐ右手にあるキッチンからスタートです。

リフォーム前は、キッチンの背面に腰高のものと高さのあるキャビネットを置いて、キッチンの収納とされていたF様 。


実は、背の高いキャビネットが置かれているところは、本来であれば冷蔵庫を置くスペース。
そして居場所を失った冷蔵庫は、キッチンとなりの和室の中へ。。。

そこで今回は、収納力をましたキャビネットと吊り戸を設けてキッチン用具や食材を網羅!


プッシュオープン式の引き出しは両手が塞がりがちなキッチンにピッタリです!


晴れて冷蔵庫の居場所を確保する事ができました!

さらにキャビネット天板は樹脂系の素材を使用しているので、水気、熱、油に強く、お掃除も楽な仕様になっています。

次は冷蔵庫のあった和室です。

今回のリフォームでは、和室にあったお仕入れと壁を一度取り払い、隣接した洋室を広く確保しました。
和室では、残りのスペースで取り壊したお仕入れとほぼ同様の容量を持つ新規のお仕入れと向かいになる冷蔵庫と箪笥が並んでいたスペースにはクローゼットを新設しました。

間口が狭くなりますが、まるでウォークインクローゼットの様です!

お仕入れの後にお仕入れ、ワードローブの後にクローゼット、と仕様を変えても勝手を残すことで、物の配置など体が覚えている記憶を崩さず、違和感なく使用していただけるのではないでしょうか。

しかも、お仕入れ、クローゼット共に引き戸で構成する事で狭くなった室内でも導線をしっかりと確保しています。
開き戸や折れ戸では、開くときにどうしても手前に戸の幅それ以上のスペースが必要になります。
引き戸では、戸が手前に出ることはありません!


そして快適な生活に必要なものなのですが、できるだけ見せたくないエアコン。
エアコンを周りの建具や家具と仕様を合せた箱をつくりその中に収めて隠す方法がよく見られます。
今回は、エアコンと取り付けられている梁の奥行きを足した寸法より深く、クローゼットの奥行きを設定しています。


さらに、エアコンの幅を逃げたところから天井までを造作することで影に隠れるようになり、エアコンの存在を感じさせません。


また、エアコンのダクトを逃がすスペースは点検口の確保も兼ねており、普段はゴルフバックや、スキー道具などの長さのあるものをしまうスペースとして利用できますね!

お仕入れ横ウォークインクローゼット入口側にもスペースがあります。
梁が下がっているために生まれたスペースですが、こちらには可動棚を配置しました。
見せたくないけど、使用頻度の高いもの・・・、たとえばそうじ道具の収納にもってこい

そして、壁を取り払いリビングダニングと一体となった洋室の紹介です。
以前はご主人の書斎として使用されていましたが、今回は壁一面を取り払うことでリビングダイニングと一体化させ、大きなスペースを作り出します。


さらに、ワーキングデスクと飾り棚、そしてAVボードを一体とした壁面収納を製作することで、ご主人のコレクションや書籍、また以前のリビングダイニングに置かれたAV関係機器が一カ所に集りました。
壁の幅・高さいっぱいの壁面収納は、壁面一面を利用しますので十分な収納力を確保でき、引き出しや扉の構成によって様々な機能を集中させることが出来るのです。

F様は多くのコレクションをお持ちでしたので、オープンスペースやガラス扉ではコレクションを飾っていただきながら、天袋で収納力を充実させています。

そして今回は特別な姿見を設置。

クローゼットで服を選び、ここで身支度を整える。
格子の中に浮くように配置されたその姿見は、その存在を主張しながらも圧迫感なくデザインされています。

メープル材や白い壁に映えるウォルナット材で作られた壁面収納と特製の姿見が実用とアクセントとなり、上質な空間を生み出しました。


そして、もう一つ。
新設した壁に天然大理石モザイクタイルをあしらいました。

「もっと住まいの中に自然を取り込んでいきたい。」
「木の無垢材を使った家具を軸に天然素材の可能性をより追求していく。」

このような3rdの考えをご提案させて頂いたものです。


天然の異素材の組み合わせは、私たちにとってもF様にとっても、大変特別なものとなりました。

壁を抜いて、お部屋のレイアウト変更し機能をシンプルにするという引き算のリフォームになりましたが、解放感が生まれ、お部屋の使用のメリハリができました。

メリハリがあると、モノの場所が決まり雑多になる事もありません。


普段、何かと足すことで問題の解決を考えがちですが、削ぎ落とすという考え方も非常に大事なこと。
私たちも大変勉強になるお仕事をさせていただきました。

F様、本当にありがとうございました。

3rdでは、戸建てやマンションを問わずリフォームも積極的に行っており、3rdならではのご提案をさせていただきます。
より充実した生活を過ごせるよう、何かお悩みがあるようでしたら、是非お声掛け下さい!

よろしくお願いします!!

2012.03.08

S邸 キッチンボードお届け

横浜市都築区S様邸へキッチンボードをお届けしました。

ご友人のお宅でオーダーメイド家具をご覧になったのがきっかけで、3rdにご来店頂いたS様。キッチンにぴったり納まり長く使える収納を作りたいとのお話から、ご希望の機能や仕様に沿ったかたちをご提案させて頂きました。

今回のキッチンボードは下台の天板がポイントです。
素材を決める時「天板を人工大理石にすることは出来ますか。」というS様のこだわりで現在お使いのキッチンの天板と同素材となりました。
人工大理石は、割れにくく耐久性があり、お風呂や洗面台等の水回りにも広く使用されています。汚れもつきにくい上にお掃除もしやすいのでキッチンにはぴったりの素材ですね!

加工性や着色性にも優れ、色味や質感が多種多様なのでメーカーさんからサンプルを取り寄せ、お気に入りの一つをお選び頂きました。

天板以外は外側がメラミン材、内側は白ポリ材とこちらも水回りに強い素材に決定。写真だと分かりづらいのですが、白い中にも木目の模様を横目にして貼ってあり、フラットな白ポリよりも優しい質感となっています。

大きさはワイドが1700㎜もあるので、上台も下台も大容量の収納となりました。

上台は吊り戸とし、白い壁を見せてあげることで全体が広く感じるようになっています。しっかりと壁に打ちつけてあるので地震で倒れる心配もありません。中は可動棚になっていて、入れるものの大きさに合わせて棚を可動することで無駄なスペースをつくらず整理でき、さらに観音扉は両開きにすると間口が広くなるので大きな食器も難なく納まり、季節のものや普段あまり使わない食器もすっきり収納できます。

下台は引出しが9杯もあるので上の浅い引出しにはカトラリーやサランラップ等の細々しているもの、下の深い引出しにはお鍋やフライパン等大きなものを入れられるように、それぞれ引出しの深さを変えています。すべてスライドレールをつけているので、中に入っているものの荷重を気にしないで出し引きできるようにしました。

その隣にはゴミ箱が入るワゴンとなっており、奥行を余らせないためゴミ袋のストックが入るクリアランスをとりました。ワゴンと下台は別パーツとなっているので、勢い良くしまってもぶつからないようにクッション材として背板に扉あてをつけています。

スラット棚板もメープル材でおつくりし、白い木目のメラミン材とも違和感なく馴染んでいます。調味料やスパイスの瓶等かわいく飾りたくなるスペースですね。

異素材の組み合わせですが、全体の色調を合わせてあげることでおしゃれにまとまったキッチンボード。人工大理石を天板にすることで構造部分もいつもと違った製作図面を描き、今回もいろいろ勉強させて頂きました。

それぞれの特性を活かし、長くお使い頂ければと思います。S様ありがとうございました。

以前にもメラミン材やポリ材等でお作りしているものをブログでもご紹介していますが、3rdでは木材以外の素材もお取り扱いしておりますので、ご希望のイメージがありましたら、是非ご相談下さい!!

2012.03.05

H邸 ダイニングボードお届け

横浜市神奈川区H様邸へダイニングボードをお届けしました。

以前にTVボードを納めさせていただいているH様。
2011/12/19にもブログにてご紹介中です。
お届けの際に「本物が入っちゃったなー。」と、お部屋を変えたいモードに火が付いてしまったようで(笑)、次はダイニング側をと採寸をし、ダイニングボードをご提案することに。資料をお送りして程なく、改めてお願いしたいとご来店下さり、再びお部屋作りをお手伝いさせていただくことになりました。

前回のTVボードはご主人様のご意見が多く盛り込まれたスペースで、今回のダイニングボードは奥様のご意見を中心にお作りしたスペースです。
一番使う人が使いやすいように相談しながら作れるのが3rdのオーダーメード家具。
今回もこだわりが詰まったダイニングボードになっています。
 
まず、設置したい場所には腰高窓があったので、下台は窓の高さに合せることに。
向って左側の食器棚はカーテンレールまでの大きさにお作りしました。
しっかりと採寸した甲斐あって素晴らしい精度でお作りすることが出来ています。

ご要望として「食器棚は中身が見えない方がいいけど木の扉だと重くなりすぎるのが・・・。」と、言うことで中身の見えにくい摺りガラスにしました。
リビングからも見えるこの場所は、乱雑に置きたくないところ。気になりますよね。

また、収納したい物も多く、引出しを多くお作りしたのも特徴です。
浅い引出しにはカトラリーや文具、爪切りなどを収納できる定位置になりますので、
「使いたい時にない!」なんてことも決められた収納場所があれば心配ありません。

以前にお届けしたTVボードに対面する壁に設置でしたので一緒に撮影することが出来なかったのが残念ですが、お部屋の両側壁にボードがキッチリと納まっているのは本当に素敵でした。
左の写真が以前にお届けしたTVボードです。

お届けの際はご主人様も奥様も一緒に見守っていて下さり、「両サイドに本物が入って部屋が出来あがりました♪」と喜んでいただけました。
私たちも、一度3rdの家具を使っていただいた上でまたご依頼いただくことは本当に嬉しいことで、つい話しも弾むお届けとなりました♪
H様ありがとうございました!

こだわりが詰まったダイニングボード、TVボードを末長く可愛がって下さい。