オーダー家具の3rd -your life style shop-
2019.09.24

空間の役割を分ける

diningtable_epochchair_yardchair_walnut「新築を建て始めている間、海外長期出張になってしまい、出張が明けたら家が建っていたので、家具一式を揃えたいと思ってるんです。出来るなら、間に合わせではなく、しっかりと愛着が持てるものを選びたい」とご来店されたS様。
折角建てたマイホームですから、愛着のあるものに囲まれて過ごしたいですよね。
ソファとベッド、ダイニングチェアはまず確保したいとご要望があり、店内のテーブルやソファを見て貰いながら、お客様の理想の家具を探っていきます。その話の中で、ご自宅のお図面やお写真を頂けると事となり、是非、トータルコーディネートでいくつかプランを提案させて下さい、とプランニングシート作成期間を頂きました。

後日、ご来店頂いたS様にいくつかプランニング提案をさせて頂きました。その中でも特に、一部屋で「リビングダイニング」とするのではなく引戸のお部屋を「リビング」に、キッチンと続くお部屋を「ダイニング」に分けた提案を気に入って下さいました。空間の役割を分ける事で、来客時はダイニングでお迎えすれば、リビングをプライベート空間としてより寛げる場所にする事が出来ます。

diningtable_epochchair_yardchair_walnut「海外出張中に使用していたステンレス脚のテーブルがお気に入りで、そのテーブルを引き続き使用したい」とのお話しがあったので、同じステンレスの脚を持つ、ソファと同様にウェービングテープ+ウレタン座面構造で、柔らかすぎず、しっかりとした座り心地のEPOCH Chairをお勧めさせて頂きました。ゆったりとダイニングでも腰かけられるEPOCH Chairの座り心地を気に入って下さったS様。長身の旦那様に合わせて、脚を長くし、SHを高く設定してあります。
海外でご使用のテーブルに関しては、海外から日本に持ち込む際の不備で組み立てられない状態になってしまったとお伺いし、テーブルも併せてご提案させて頂きました。当初は「天板の側面は真っすぐがいい」とご要望でBLISS TABLEを提案させて頂きましたが、店内に飾られているトラディションの板を見ている内に「この板でテーブルを作りたい」と耳付の板に心惹かれていきました。

diningtable_epochchair_yardchair_walnutEPOCH Chairは脚がステンレスで華奢な分、座面の部分がより重厚感が増して見える為、テーブルの脚も細い鉄脚にしてしまうと、テーブル天板が重く、華奢な脚が心もとなく見えてしまいます。そこで、ずっしりと構える木のT字脚にする事により、見た目のバランスも重過ぎず、軽過ぎず、すっきりと安定して見えます。

diningtable_epochchair_yardchair_walnut立派なキッチンカウンターを使わないのはもったいないので、前回ご覧頂いた際に、デザインを気に入って下さったYARD Chairを元に脚の高いデザインにしたYard Counter Chairを並べて、簡単に食事をしたり、キッチンで作業する奥様と対面でお話しをしたり、ご夫婦で晩酌したり、ご多忙な旦那様と奥様が時間や寛ぎを共有出来るよう空間を無駄なく使えるご提案も気に入って下さいました。
張地の色味も悩みに悩んだ末、最初に見た店頭展示の色が一番しっくりくる、と濃いグレーの生地で決まりました。カウンターテーブルと色味が合い、よりシックな装いになりますよね。

お忙しい合間を縫って、ようやくお届けする事が出来ました!是非、素敵な食卓をご家族で囲んで下さいませ!

TRADITION Dining Table_W2200×D920~960×H710t40】
EPOCH Chair_W620×D660×H790SH450】
YARD Counter Chair_W400×D660×H850SH700】

line1_2

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2019.09.20

木の風合いが心地よいリビングダイニング

diningtable chair tvboard white ash oak

ダイニングセットとTVボードをお届けしたI様のお宅のご紹介です!
お引越しのご予定があり、DMのハガキを持ってヨツバコ店にご来店くださりました。
店内に展示してあった赤い椅子が目を引くダイニングセットを一目見て気に入ってくださったご様子!実際に座り心地を試していただきました^^

diningtable chair tvboard white ash oak

写真奥側に置かれた『HUG chair』は、見た目のインパクトがある椅子で背の丸みは寄りかかったときに包み込まれるような安心感があります。コンパクトで軽量な作りになっていて、3脚まで重ねられるのも嬉しいポイント!手前に置かれた『chair S2』は、座面にダイメトロールというトランポリンのような適度な柔らかさと反発力をもつ布のバネを張っています。そのため、長時間座っていても疲れにくくゆったり座れます。

diningtable chair tvboard white ash oak

写真左側の2脚は、後ろ姿も美しい『BECK chair』。三次元曲げ木によって曲げられた背もたれは、木のしなりによって体をやさしく受け止め、背中を包み込むように支えてくれます。個性豊かなそれぞれ違う椅子を並べても、素材や色合いを合わせることでまとまりのあるダイニングとなります。そして、ホワイトアッシュの天板は色味が白く美しい木目が印象的で、椅子の張座の暖色系の色味との相性も良くお部屋全体を明るくしてくれますね!

※『BECK chair』は、メーカーの諸事情により今回のお届けで廃番とさせていただくことになりました。とても人気のあった椅子でお使いいただいているお客様にはご迷惑おかけしておりますが、引き続きメンテナンス等は承ります。

diningtable chair tvboard white ash oak

ダイニングセットのお届け日が近づき「やっぱりTVボードも相談したくて・・・。」と、たまプラーザ店にご来店。店内に展示してある『HELLA TV Board』を見てお気に入りいただきました。
『HELLA シリーズ』は、フレームの角の木目が通るように「留め加工」で製作されていてシンプルながら職人の技が光る作りになっています。縁の部分は面を大きく斜めにカットしているので、軽やかでかつシャープなデザインが魅力のある人気のシリーズです!

diningtable chair tvboard white ash oak

「せっかくなのでテーブルに合わせた素材で作りましょう!」とご提案させていただき、同じホワイトアッシュ材でお作りしています。ホワイトアッシュ材は粘りと強度があり野球のバットになるくらい衝撃に強いので、硬く傷がつきにくいんですよ!また、タモ材と近縁な木材で、清潔感のある白っぽい色合いは洋風にも和の空間にも合い、タイル貼の壁面とも良く合っています!!

diningtable chair tvboard white ash oak

引き出しにはDVDがたっぷりと収納できます!!上の部分はデッキを置くスペースに!

diningtable chair tvboard white ash oak

木の風合いが心地よい雰囲気を作ってくれますね。
I様、この度はありがとうございました!
また何かありましたらお気軽にご相談くださいませ!

DEMAND table_W1600×D850×H700】
【BECK chair_W440×D530×H770×SH430】
chair S2_W470×D550×H840×SH445】
HUG chair_W463×D475×H720×SH415】
HELLA TVBoard_W1800×D450×H500】

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2019.09.12

お気に入りの板の表情でお部屋を彩る

dining-table walnut bunny-chair green console-table

「以前ヨツバコ店に立ち寄ったとき色々見せてもらって。こっちの店舗だとまた展示が違うのかなと思って来てみました!」と嬉しいお言葉を頂き、たまプラーザ店にお越し頂いたK様。店内をご覧頂きながらいろいろお話していく中で、今使っているダイニングテーブルが元々ダイニングテーブルとしての作りでは無いので少し高くて使いにくいと思っていることや、テーブルの高さに合わせたスツールの様なもので食事をした後テレビを見たりしているのでなかなか寛げないというお悩みがあると教えて頂きました。

dining-table walnut bunny-chair green

「それであれば、K様のご身長に合わせてチェアを作りましょう!もちろんダイニングテーブルも高さを合わせて。」とご提案!
K様には座面に傾斜角度がついており、背中をしっかりと広い面で支えてくれるBUNNY Chairの座り心地を気に入って頂いていたのでこちらのSHを調整をしていきます。
チェアは奥まで深く腰掛けた際に足の裏が床にぴったり付く座面の高さであれば、腰と足で体圧を分散してくれるため長時間座っていても疲れにくいです。展示のチェアは日本人の平均身長から算出し、SH420のものが多くなっていますがSHの調整をする際は足元に雑誌などを置き床の高さを細かく調整し、座り心地を試して頂きます。こうしてK様のチェアの座面高は400mmに決定。

チェアの座面高に合わせてテーブルの高さも決めていきます。椅子の座面からテーブルトップまでの距離を”差尺”といい、一般的にはどの体型の人でも27~30cmが座りやすい高さとなっています。
差尺が短くなると前屈みの姿勢になりやすく、長すぎると少し上に手を乗せなくてはならなくなるので食事や書き物がしにくくなってきます。たまプラーザ店の展示のチェアに座って頂き、差尺はこのままでも大丈夫かな。と仰って頂けたので、テーブルの高さは680mmに。

テーブルのサイズは、お話してくださったお部屋の広さから計算しご提案をさせて頂いていましたが、実際に置いたときキッチンへの動線が狭くならないかご心配されていたK様。「それであれば、お部屋の中でサイズを決めていきましょう!」とテーブルのサイズ模型を持って後日、K様邸にて少しずつ確認しながらサイズを決めることに。BUNNY Chairの張り地の色もご自宅の雰囲気に合わせこの場でグリーンに決定しました。

dining-table walnut bunny-chair green dining

「天板は厚みがあって、脚も太めで重厚感のあるものを置きたいの。」とご要望を頂いていたので「丁度良い板がありますよ!」と北海道の自社工房、3rd blocから板を送ってもらいお店で見て頂くことに。たまプラ展示の一枚板と悩まれていましたが、1枚だった物をあえて半分に割り、少しずらして接ぎ合わせた個性のある板をお選びいただきました。

dining-table walnut bunny-chair green dining

木目と形からお選び頂いた天板に、K様リクエストの重厚感のある黒で着色した無垢材の脚を付けてお届けとなりました。アームチェアを入れたときもアームがぶつからない構造になっています。

dining-table walnut bunny-chair green dining

ダイニングテーブルの板を見にご来店頂いた際、「この位のサイズで欲しいと思っていたのよね」とお選び頂いた、一枚板で製作したコンソールテーブルも一緒にお届け。もともと両側に耳のある一枚板でしたが、板の片側を切り落しガラス張りの壁にぴったり付くよう、真っ直ぐな面をつくりました。ダイニングテーブルと合わせた黒い脚で製作していますが、こちらは鉄製なので見た目は細く軽い印象です。

walnut console-table iron

walnut bunny-chair green console-table

ダイニングテーブルと同じウォールナットの天板と、黒い脚で製作しているので統一感も出て、素敵なお部屋になりました。
嬉しいことに、ベンチの製作もご依頼いただき現在制作中ですので、お届けまでもう少しお待ち下さいませ!
K様、今後とも宜しくお願い致します!

【特注Dining Table_W1650×D800~900×H680】
BUNNY Chair_W555×D536×H840_SH400】
【特注Console table_W850×D350×H760】

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2019.08.29

シンプルで落ち着きのある空間に

diningtable chair avboard walnut

お引越しを控え、ご新居の家具を検討されていたY様!ヨツバコ店にご来店くださいました。奥様のお父様お母様は以前3rdに来ていただいており今回ご家族皆さんで見に来てくださったこと、とても嬉しく思います!
まずはダイニングセットを検討中ということで、実際に展示品の椅子に座って試していただきました。気に入っていただいたのは『BLISS Table』と『2031Chair』。飽きのこないシンプルなデザインは、どちらも人気のシリーズです。その他、店内のTVボードや家具もご案内させていただき「今度、主人も一緒に来ますね!」とその日はお帰りに。

diningtable chair avboard walnut

翌日、ご主人様も一緒に皆様でご来店くださり実例を見ながらお話を聞かせていただきました。
ご希望に近いテーブルは、『BLISS Table』と同じ40mm厚の天板と80mm角の脚を使った『dirittatable』!横から見た時のスリットが特徴的で無垢材の力強さと美しさがあるシンプルでモダンなテーブルです。『dirittatable』は、脚部で反り止めの役割を、また天板の下の幕板でたわみ止めの役割をもつ構造となっています。そのため横幅、長さに対して一定の限度はありますが、サイズの大きいものまで製作可能です。一方、『BLISS Table』は、天板の反り止めに“蟻型追入れ接ぎ”という古来の技法を使うことで幕板をなくし、さらに脚を外側に寄せて配置することでゆったりと座れる仕様のテーブルです。

dirittatable

BLISS Table

この2つのテーブルは、形状だけでなく構造上異なる点もありますのでライフスタイルやデザインの好みにあわせてお選びいただけます。そして「2031Chairdirittatableをあわせてダイニングで使いたいです!!」とおしゃっていただきました!

diningtable chair avboard walnut

2031Chair』は、座り心地を大切にしている椅子です!細身の格子が特徴的で座ったときに背中を面で受けてくれるように1本1本角度を変えて並んでいます。今回は、好きな生地を選べる張座タイプでアクアクリーンという汚れに強くカラーバリエーション豊富な生地をお選びいただきました。肘付きタイプはハーフアームなので立ち座りのしやすい仕様に!同じシリーズのアーム有り・無しで組み合わせているので、スッキリとまとまってくれますね!

diningtable chair avboard walnut

「実は、TVボードも考えていて・・・」とお悩みのご様子。3rdの収納家具は、お客様との対話と空間から必要なサイズ・デザインを作っていきます!そして、空間に合わせて機能性等を考慮しながらディテールを決めていきます。数日後、ご自宅に訪問させていただき、実際に置く場所でヒアリング・採寸させていただきました。イメージを伺うと格子のデザインがご希望のY様!格子をベースに2つのプランをご提案させていただき、横格子のTVボードに決まりました!

diningtable chair avboard walnut

TVボードの上部はデッキ、ケーブルやコードの配線を収納するスペースに!テレビの裏側のまとまらない配線もしまうことでスッキリし、格子の後ろにはめ込んだガラスが埃を防ぎます。また、壁コンセントからTVボードの天板にコンセントを移設しより使いやすく!移設コンセントの横を開口しているのでデッキのコードはこちらからTVにつなげます。下部の引き出しはプッシュオープンになっていて前板を軽く押すだけで開きます。ハンドルやつまみが不要で格子のデザインが引き立ちます!!

diningtable chair avboard walnut

diningtable chair avboard walnut

新しいご自宅とともに、末永く使っていただけたら嬉しいです。
無垢材ならではの経年変化もぜひ楽しんでみてください!
この度はありがとうございました。

diritta table_W1800×D900×H680】
2031 chair_W455×D540×H807×SH440】
2031 chair arm_W532×D540×H807×SH440】
【特注TVボード_W2000×D500×H500】

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2019.08.18

座り心地を叶える椅子

bunny-chair-walnut-ordermade「ダイニングチェアがボロボロで買い替えようかと思ってた」と東戸塚店にご来店下さったW様。
ダイニングテーブルはそのまま使用されるとの事でしたので、今まで使っていた椅子とデザインが近いもので探しているのか、ガラッと雰囲気を変えた椅子にしたいのかお伺いすると「今理想として探しているのは、見た目よりも、背もたれが高くて、アームがある、ゆったり座れる椅子なの」とご要望があり、店内にある背もたれの高いアームチェアのBUNNY Chair2031 Arm Chairを紹介致しました!
ゆったり座れるかどうかは、個人差があるので、実際にそれぞれ座って体感して貰いました!
奥様の中ではどちらにするか決まっていたようでしたが「旦那と一緒に座り比べてもいいですか?」と後日、旦那様とご一緒にご来店下さいました。
改めて、二人で椅子を座り比べて「深く背中を預ける時に背中のクッションがいい」「アームは広い方がいい」と旦那様の好みと奥様の好みが一致しBUNNY Chairに決定!

bunny-chair-walnut-ordermadebunny-chair-walnut-ordermade
木部は、今ご自宅でお使いのダイニングテーブルの色味に合わせてウォールナットにしました!
張地の色は1脚ずつ変える事が出来る旨をお伝えすると「折角だから、それぞれ違う色にしようか」と夫婦別々の色を決める事になりました。色を変えると、自分だけの椅子になった特別感が増しますよね!
生地は汚れに強い繊維で織られているアクアクリーンから、奥様はオレンジ、旦那様はホワイトアッシュを選択。
木部が濃茶色なので、張地の色味が引き立つ仕上がりになりました!
ダイニングで過ごされる事が多いとおっしゃっていたので、是非、ゆったり背を預けて寛ぎの空間を楽しんで下さいませ!

BUNNY Chair_W545×D536×H840×SH420】

続いては、Y様にお届けした2031 Woodのご紹介です。
2031wood-chair-walnut-ordermade
Y様も新年の折り込みチラシを見てご来店下さいました!
丁度、ダイニングテーブルの買い替えを検討していたY様。テーブルは他店で目ぼしいものを見つけていたので、ダイニングチェアをどうしようかお悩みでした。
奥様は柔らかい座り心地の張座が好みと仰っていましたが、店内に入ってすぐ目についた2031 Woodの背もたれの格子デザインに惹かれていました。
「板の座面は硬くて長時間座ってると辛いから好きじゃないの」とデザインの好みと座りの好みの相違に悩んでいたので「まず座ってみて下さい!」と2031 Woodに座って貰います。座った瞬間「お尻が平らにならない!」と驚きの表情。そうなんです!2031 Woodは「座刳り」と言って、座面がお尻の形に合うように窪みが彫られている椅子なんです!木工職人が板座の硬さ、当たりの違和感をなくす為に削っては、座り、削っては、座りを繰り返して生み出された独特の窪みは体圧分散に優れ長時間の着席も苦になりません。
また、背当たりのよい細身の格子は、座った時に背中を面で受け止めるように1本1本が背中の曲線に沿うように角度を変えて並んでいます。
2031wood-chair-walnut-ordermade「ずっとクッション座面がいいと思っていたけど、全部板でも、お尻当たりが痛くないんですね!板の座面のイメージが変わりました!」と嬉しいお言葉を頂きました!
2031 Chairには張座のタイプもあります。クッション座がやっぱり好き、という事であれば、気に入って頂いた背のデザインを残しつつクッション座の座り心地を両立する事も可能です。
店内の張座の椅子を幾つか座って頂きましたが「クッション座面だと、メンテナンス大変よね」と心配されていたので、当店でメンテナンスを行っている旨、また、板座であれば、ウレタン塗装をしている為、さっと水拭き掃除が出来、お手入れも簡単ですよ、とお伝えすると「板の椅子のイメージをこんなに変えてくれた、この椅子にします!」と2031 Woodに決まりました!

お届けした際は、まだ新しく購入されたテーブルではなかったですが、とても別々に買ったとは思えない程マッチしていました。
木の風合いが楽しめる板座は、きっとこれから届く新しいテーブルにもマッチすると思います!2031 Woodの魅力的な座り心地と一緒に新しいダイニングテーブルで楽しい食卓を送って下さいませ!

2031wood-chair-walnut-ordermade

2031 Wood_W540×D540×H800×SH430】

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。