オーダー家具の3rd -your life style shop-
2020.03.08

こだわりのデザインで作ったダイニングテーブル

diningtable oridinal ordermade oak

「ダイニングテーブルが欲しくて、色々見てるんです。」とたまプラーザ店にお立ち寄りいただいたI様。3rdはオーダー家具屋なので天板をお選び頂き好きなデザインの脚を付けたり、形を自由に作れるテーブルなど様々なご提案ができますよと、理想のデザインのテーブルのお話をお伺いしながら3rdの家具をご紹介♪

気に入って頂いたのは”BLISS TABLE“でした。天板の一番外側にレッグジョイントで脚を直付けしており幕板の代わりに”蟻型追い入れ接ぎ”という技法で天板の反り止めを作っているので人が座ったときの内寸を広く取れるテーブルです。

「この脚がテーブルの上まで突き抜けてるみたいなデザインだったらかっこいいと思うんですけど、そういったのも作れますか?」とI様。「作れますよ!こんな感じですか?」と簡易的に絵に描いたものを覧頂き、話しが盛り上がってきました。

天板と脚の間に少し隙間が欲しいとご要望を頂きましたが、BLISSと同じ構造で天板を浮かせるのは難しそう・・・ということで「脚の付け方も含めて一度スタッフ間で話し合い、資料をお作りします。少しお時間を頂けますか?」と図面と完成図を見に来て頂くお約束をしてこの日はお帰りに。

diningtable oridinal ordermade oak

後日、今度はご家族皆様でご来店くださいました。デザインの大枠が決まり、店内の展示品テーブルで大きさや幕板の高さ、天板の面取りなど細かいところの確認を進めていきます。
中でもこだわったのは、天板の面取りと、天板と脚の間に隙間をあけた浮遊感のあるデザイン。

diningtable oridinal ordermade oak

糸面取りの幅を外周3mm、脚と天板の間は1mmと変え、外側は角張った印象を和らげ脚の内側部分は天板が凸凹した印象にならないようにしています。

はじめ、脚と天板の間の隙間は「子どもがまだ小さいし、ここにごみがたまりそう…。」と奥様がご心配されていましたが、「必ず自分が掃除するから!」と旦那様。熱い思いが通じ、4mm開けることに決定しました^^

天板と脚の間に隙間を作る為、構造的にどうしても天板の裏に幕板が必要になりました。天板が幕板の分だけ厚く見えてしまわないかというところを気にされていたので、スッキリ見える様、脚を80mm角で製作し幕板が出来るだけ天板の内側に入るところで脚との接合部分を作っています。

diningtable oridinal ordermade oak

普段使いの人数と、お部屋の広さに合わせてサイズはW1500×D850×H720でお作りしています。海外製のチェアを気に入って使われているということでこちらの座面高に合わせてテーブルも少し高めの設定となっています。

床やお部屋の他の家具と合わせてオーク材でお作りしました。無垢材で出来ているので長く使っていくうちに傷が付いてもだんだん馴染んできて”味”として楽しんでいただけるものではありますが、もし目立つ傷が入ってしまいどうしても気になるという場合は3rdの工房でメンテナンスができるので、お気軽にご相談くださいませ!
I様、使い心地はいかがですか?この度はありがとうございました!

【特注Dining Table_W1500×D850×H720】

line_02

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2020.03.02

二人三脚で作る、理想のテーブル

livingtable ordermade oridinal oak

ヨツバコ店にお立ち寄り頂いたW様邸に、ローテーブルをお届けしました!
「サイズが、W1300×D1000くらいのリビングテーブルが欲しいんです。」と、ご自宅のサイズを測り、ご希望のサイズを決めてご来店いただいたW様。

お店の展示やこれまでお届けしたことのあるリビングテーブルは、ソファに座っている時にお茶や本などを置いたり床に座って書き物なども出来る様W1000×D500前後のサイズが多く、ダイニングテーブルの場合は4人掛けでW1400~1800×D800~900くらいのサイズをご提案する事が多いので、W様の仰るサイズは「3rdでご提案しているサイズと比べると、大きいリビングテーブルだなぁ。」というところが初めの印象でした。

(※図の商品詳細はこちら:HELLA Living Table / NENE Living Table

3rdはオーダー家具屋ですのでご希望サイズを製作する事は可能ですが、どうしてそのサイズがよいのか、更にW様のライフスタイルに寄り添ったご提案が出来ないかと思い、サイズを決めてきた経緯をお伺いしました。
すると、「気に入って使っているカウチソファがあるんですけど、このスペースにラグを敷いてその上に収まる様テーブルを置きたいと思っています。ソファに座っているときはリビングテーブルとして使い、食事の時などは床に座って座卓のような感じで使いたいんです。旦那がよく雑誌や広告などを広げて見ているので、それを置いておけるスペースが欲しくて。」とW様。

なるほど、このサイズであれば雑誌などをテーブルの上に広げたままの状態でも、奥様が使えるスペースが確保出来ますね。
細かいデザインなどのご提案をさせて頂くためにお部屋の広さや雰囲気、ソファの大きさなどお伺いしていると、W様ご希望のサイズではソファとテーブルの間にゆとりが少なく座るスペースが狭くなってしまうという懸念点が見えてきました。

livingtable ordermade oridinal oak

そこで、お食事などをする時はテーブルの上の雑誌などをサッとしまえるよう、天板の下にW1000×D400の棚を付ける事をご提案。ページを開いたまま置いても余裕のあるサイズ感になっています。
床に座る時の普段お二人がいる位置は”ソファを背もたれにして座れる所”と決まっているということで、置いた物が向こう側に落ちないよう棚に落ち止めを付け、あぐらをかいても膝が当たらないように高さを調整しています。

「これなら雑誌を避けるための広さがいらなくなるので、D1000無くて大丈夫そうです!」とW様。テーブルの大きさはW1400×D850に決定しました。高さは展示のリビングテーブルでご体感頂いた後、お持ちのクッションに厚みがあるということでご自宅でも高さの再検討をして頂き、H430でお作りすることに!

livingtable ordermade oridinal oak

来客時テーブルを囲んで座った際も脚を伸ばして座れるよう、面脚ではなく4本脚にしています。
また、脚は六角レンチで取り外しのできる”レッグジョイント”で付いているので、今はダイニングテーブルを置かず『ソファ中心の生活にしたい』というお話でしたが、将来的にライフスタイルが変わり、『ダイニングテーブルを使う生活がしたい!』となった際は長いテーブルの脚を新しく製作し、付け替えてご使用いただくこともできます^^

「あんまり重厚感のある見た目は好きじゃないので、スッキリ見えるデザインがいいです。」とリクエストを頂いたので天板を面取りし、脚にしぼりをいれました。

livingtable ordermade oridinal oak

天板を横から見ると30mmの天板を真っ直ぐ10mm落としたところから、内側に角度を入れているので目線の高さから見ると実際の厚みより薄くすっきり見えるところがポイント。
「ソファがえんじ色で、床がグレーっぽい明るい色なのでバランスが取れる色の木で作りたいです。」ということで出来たてはグレーがかったような黄褐色が特徴的で、長く使っていくと経年変化で少しずつ黄色味が増してくるナラ材でお作りしました。
テーブル周りを中間色で揃えることでえんじ色のソファがお部屋のアクセントになる素敵な空間になりました♪

ナラの板目は力強い木目がはっきりと出るのでナチュラルにお部屋に馴染むよう、柾目取りをしています。

livingtable ordermade oridinal oak

W様、細かい図面の確認やご自宅での検証など、ありがとうございました!理想が形になったテーブルの使い勝手はいかがですか?
また何かお手伝い出来ることがございましたら今度はぜひ、たまプラーザ店にもお立ち寄りくださいませ♪

【特注ローテーブル_W1400×D850×H430】

line2_3

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2020.02.25

生活動線を意識したダイニングテーブル

roundtable diningtable walnut

今回は、特注ダイニングテーブルをお届けした2組のお客様のご紹介です!

3年程前から3rdのソファやサイドボードなどの家具をご愛用いただいているT様!
ご家族に車椅子の方がいらっしゃって「テーブルの脚が車椅子に干渉してしまうので長方形より丸い形のテーブルの方が動きやすいですか?」とご相談いただきました。「使い勝手やサイズ感など使ってみてわかることもあると思いますよ!店内に展示してあるラウンドテーブルを今回は特別に貸し出しするので、ぜひ一度お試しください!」とご提案!試していただいた結果、とても気に入っていただきラウンドテーブルをお作りすることに!

roundtable diningtable walnut

↑今までお使いいただいていた『Fene Dining Table』(W1450×D850×H700)

roundtable diningtable walnut

「Feneの鉄脚を気に入っているのでそれを生かしたデザインで作ることはできますか?」とT様。天板の外側の4本脚だと車椅子に干渉してしまうので脚をなるべく中央に寄せたデザインを提案させていただきました。以前使っていたfeneの脚に近いデザインと、鉄脚と言う特徴を残して直線ラインを作ったデザインの2案!シンプルでシャープなデザインを気に入っていただき左の直線ラインのデザインに決まりました。ウォールナットとの相性も抜群です!

roundtable diningtable walnut

roundtable diningtable walnut

長方形の天板を丸い形にした時に面積が小さくなり過ぎないよう、貸し出したΦ1050より少し大きめのΦ1150のサイズでお作りしています。また、キッチン横のカウンターとの間に通路ができたことによってより動きやすくなりました。

roundtable diningtable walnut

無垢材は木の内部の水分が蒸発・乾燥を繰り返すことによって収縮が起こり反りやすいという特徴があります。そのため天板の裏側には反りを抑制するのため金属製のプレートが入っています。
脚の裏側にアジャスターを取り付け、置いた時にガタつかないよう微調整し床面に凹凸があっても水平に保つことができます。

roundtable diningtable walnut

ANELLO chairと併せてお使いいただいて丸みのある柔らかい雰囲気になりました♪
使い勝手はいかがでしょうか?困ったことあればいつでも相談にきてくださいね!
T様、この度はありがとうございました!

【特注Round Table(鉄脚)_Φ1150×H700】

line_02

diningtable cherry

続きまして2組目のお客様は、「ひょうたんのような形をした天板のテーブルを探していて・・・。」とヨツバコ店にご来店いただいたA様!ネットで検索してご夫婦一緒にダイニングテーブルを見に来てくださいました。既製のものはないけれどオーダーでお作りできることをお話しさせていただき、ご自宅の現調とサイズ感を見るためにご訪問させていただきました。

A様はご主人様、奥様、子供2人の4人家族。
2対2の対面式ではなく4面に1人ずつ座るダイニングテーブルの使い方で、ダイニングまわりの動線を考慮し出来るだけ奥行きを大きく取りたいとのご希望がありました。横幅の中央部分を少しアールで切り取った形にすることによって後ろ側に人が通るスペースを確保しました。ピアノ側の壁に対してダイニングテーブルを斜めに配置するため、正確に寸法を測り丁度よいサイズを決めていきました。また、お使いの丸みのあるソファとも形が合っていて統一感が出ました!

diningtable cherry

写真で見て右の壁側にご主人様がいつもお座りになるとのことで、脚の位置を少し内側にずらし出入りをしやすくしています。3rdでは幕板のないダイニングテーブルの脚に『レッグジョイント』という六角レンチで取り外しのできる金物を使用します。レッグジョイントは幕板に関係なく脚を固定することができるので、変形型のテーブルには最適です!

今回は床の色味に併せてチェリー材でお作りしています。明るい雰囲気になりますね!
A様、この度はありがとうございました!
末永く使っていただけると嬉しいです!

【特注Dining Table_W1350×D900×H700】

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2020.01.31

フレキシブルに楽しむリビングダイニング

今回は『sofa SHAPE』をお届けした2組のお客様をご紹介いたします。どちらも特注の仕様で作っているので生地や形によって変わる印象をご覧下さい♪

diningtable chair walnut

以前から3rdのお客様でいらっしゃるN様!たまプラーザ店の近くに引っ越して来るとのことでオーダーで家具を作りたいとご来店されました。
「以前作った机をリメイクして自宅のダイニングテーブルにできたらいいなと考えていて・・・。」と何度かご相談いただいていましたが、使い勝手を考え悩んだ末、大きいサイズの幅2000mmの無垢材の耳付きテーブルを新規でお作りすることに!脚は、向きを変えると座卓にもできる所を気に入っていただきFENEのT字脚に決定!座卓で使用時には、お子様3人いらっしゃるので一緒にお絵描きしたり、お勉強をしたり、お料理のお手伝いをしたり・・・また、来客で大人数で囲むときも椅子の数以上に人が座れるようになるのでとても便利に使うことができますよ!通常は30mm角の鉄でお作りしていますが少し太めの脚にしたいとのご希望で通常より10mm太い40mm角の特注サイズで製作しています。椅子はPepe chairを6脚。座面も広くゆったりとした座り心地!!部材が細く重量が軽いのでお子様でも楽に動かすことができます!

diningtable chair sofa walnut

話は膨らみ、ソファやTVボードも揃えたいと仰っていただきご自宅を採寸しプランニング!
模様替えをできるようにしたいという奥様のご要望から、リビングとダイニングを入れ替えたり色々なレイアウトができるようにご提案をさせて頂きました。

sofa walnut

sofa walnut

ソファはシンプルなフォルムと硬すぎず柔らかすぎない座り心地を気に入っていただきsofa SHAPEに決まりました!
継ぎ目のないワンシート型の座面は、どの位置でも自由に座ることができ、かつシャープな印象を与えます。全てのパーツが替えカバー式ですので、ドライクリーニングに出すことが可能なのは嬉しいポイント!また、季節によってカバーを変えることができきます。小さいお子様もいらっしゃるので、アクアクリーンという汚れに強い繊維で織られている3rd定番の生地をご提案!日常生活におけるあらゆるタイプの汚れを水だけで落とすことができます。清潔・快適に保つことのできる生地です。色味はCARABUの黒に!ダイニングにあるPepe chairの座面と同じ生地で統一しています。

sofa walnut

スチールとウォルナットを組み合わせたFENE living tableをL字置きにレイアウト!
使用する場面に合わせ色々な置き方が可能で、必要に応じて甲板(こういた)の大きさも変えられるテーブルです。棚板も付いているのでリビング周りの雑多な物をすぐに収納できますね!

お部屋全体的に木の見える割合が多くなりすぎず、スチールや生地の割合とのバランスがとれたリビングダイニングになりました!!

tvboard walnut planning

TV boardは、2つのプランをご提案!N様の好みの方を選んでいただき、左のプランに!

tvboard walnut

部屋の動線や入れるものを考慮しつつ、奥行きをかなり抑え350mmで製作。
部屋の中間の壁面のリビング側、ダイニング側のどちらに置いても壁のコンセントタップを避けられるように背板の開口位置を調整しました。また、開口を大きく開けることで内部は、HDD、プレイヤー、ゲーム機等を入れた時、左右どちらからでもコンセントに繋ぎ電源を取れるようにしています。

上部は、リモコン操作のためガラスの仕様に!中が見えないようブラウンのフィルム貼りにしてます。小さいお子様もいらっしゃるので万が一割れたときの飛散防止にもなります!

tvboard walnut

ウォールナットと黒色の組み合わせはとても相性が良くモダンな空間になりました!
N様、リビングダイニングで過ごす時間はいかがでしょうか?長い間、大切に使っていただけたら私たちも嬉しいです^^♪
この度はありがとうございました!!

【特注sofa SHAPE 3P_W2100×D910×H780(SH370)】
【特注sofa SHAPE OT_W1400×D700×SH370】
【特注sofa SHAPE OT_W700×D700×SH370】
【FENE living table_W1000-1800×D450×H350】
【Tradition dining table_W2000×D900-950×H700(t.40)】
Pepe chair_W535×D550×H770(SH425)】
【TV board_W1024×D350×H700】

line_03

sofa walnut

以前3rdでダイニングセットをお届けさせていただいたI様。「リビングにソファを置きたいけれど、スペースが限られているのでどんなソファにしようかと悩んでいるんです・・・。」とご相談を受けました。I様のリビングは三角の形をした間取りでレイアウトが少し難しく、圧迫感のないソファをお探しとのことでした。

sofa walnut

そこでsofa SHAPEをご提案!sofa SHAPEは、イタリア製のウェービングテープを使用し座面の高密度ウレタンを支えていています。背クッションはウレタンの両側にハンガリー産マザーグースのスモールフェザーが入っていて、なんとも言えないもっちりとした座り心地です。また、特注サイズでお作り可能のソファですので、今回はリビングのスペースにあわせてサイズを決めていきました。通常のサイズの奥行きは910mmですが110mm小さくして800mmに。そして、片アームにすることによってより圧迫感がなくゆったり座ることのできるソファになりました。

店内に展示してあった生地の質感を気に入っていただき、同じ生地で色違いのものをお選びいただきました!リビングの中央にレイアウトして背面から見ても素敵ですよね!!

sofa walnut

「このコンパクトなサイドテーブル、一緒に置けたらいいな。」とI様。店内に展示してあるHella Plug tableは、ソファに差し込んで使用し、サイドテーブルとしても重宝します。スペースが限られていてリビングテーブルを置くスペースがない方にも嬉しいですね!
「こちらにあるタイル張りのテーブルも素敵ですね!」と仰っていただき、「3rdはオーダー家具屋なので、Hella Plug tableの形を活かして天板にタイルを張ることもできますよ!」とご提案させていただきました。
2つのテーブルの良いところを併せ持ったテーブルができました!!

I様、この度はありがとうございました!座り心地はいかがですか?悩んだ時はいつでも気軽に相談しに来てくださいね!

【特注sofa SHAPE_W1400×D800×H780】
【特注plug table(タイル張り)_W350×D450×H530】

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2020.01.25

リフォームで暮らしを新しくする -ダイニング編-

livingroom diningroom sofa table chair walnut order blind reform

約10年前に一度家具をお届けさせて頂いているT様。「リフォームを考えているんですけど、そういった相談もできますか?」と、東戸塚店にご来店いただきました。T様のイメージや理想の暮らしの事などご要望をお伺いし、お打ち合わせを重ねリビングダイニングやキッチン、寝室、水回り、カーペットやブラインドなどトータルでお届けさせて頂きました!
今回のブログでは、ダイニングをご紹介させて頂きます♪

ダイニングルーム大改造前のお写真が、こちら。

元々はラウンドテーブルをお使いでしたが少し使いづらく感じられているというT様。普段はお二人でのご使用ですが、息子様がご家族連れで遊びにいらっしゃった時もみんなで囲めるようにしたいということで早速お部屋全体の広さから、動線、椅子の引き幅などを考慮しテーブルの大きさを算出していきます。

今回T様邸にお届けしたのは”BLISS DINING Table“と”2031 Chair”
テーブルはW1400×D850×H700でお作りしています。人が座った際のスペースを出来るだけ広く取れるよう、通常のテーブル天板の裏にある「幕板」を無くし、代わりに「蟻型追い入れ継ぎ」の技法で金属を使わずに入れた反り止めと「レッグジョイント」の脚がついています。

レッグジョイント金物を使用することで脚を天板の一番外側に直付けができるため、テーブルの脚から脚までの内寸を広く取れます。また、六角レンチで取り外しが可能なのでライフスタイルに合わせて長さの違う脚に付け替えることも可能に。

大人が二人横に並んで座った際、肩がぶつかり合わずキッチンへの動線もしっかり取れるようW1400。向かい合って座った時の対面距離を実際にご体感頂きながら、座っていない時に椅子同士がぶつかり合わず、立ち座りをする時の引き幅もしっかり取れるということでD850に。チェアはスッキリとしたデザインと座り心地を気に入って頂いた”2031 Chair”をお届け。背の格子が1本1本背中にフィットする角度になっています。

腰高窓のスペースはカーテンからブラインドに付け替えることでかなりスッキリした印象になりました。こちらは、上がレースの仕様になっており日中は採光しながら外からの目線を防ぐことができます。紐やリモコンでの操作ではなく、ブラインド本体に付いたハンドルで直感的に操作できるのも嬉しいポイントです。

ダイニングの収納は元々3つばらばらの収納を並べて置いていましたが、一つにまとめて作ることでお部屋の印象が大きく変わりました^^

何がどこに何が入っているか一目で分かるよう、ガラス扉に。お気に入りの食器を選んで飾ることもできます。扉は押すと開くプッシュオープン式で大きく開き、棚は全て可動棚でお作りしているので入れる物にあわせて高さを調整できるのも嬉しいポイント。

天袋収納には普段使わない大きな物を入れられるようにしています。下の収納は引出の深さを変えて作った事で大きさ別に中に入れる物を整理することが出来ますね^^ 引出しの両側を引き戸にすることで扉の開き幅が無くなるためダイニングテーブルの周りに人がいる時も邪魔にならず物の出し入れができるようになりました。

腰高の位置に浅い引出しも作っているので、こちらにはカトラリーなど細々したキッチン周りのものを入れていきます。

窓側には電話と作業スペースを作りました。電話機の下はスライドトレーを入れ、手前に引出すとパソコン作業ができるスペースに。スライドトレーの高さをダイニングテーブルに合わせたH700にしているので、ダイニングチェアをそのまま作業用に使う事ができます。

手元を照らせるよう食器棚の側面にLEDライトも取り付け!実はこのライト、USBの充電ポートがついているので携帯の充電などもここで出来ちゃいます♪パソコンの電源が取れるように天板に開口、コンセントタップの移設もしているので、ダイニングのスペースにマルチに活躍する食器棚兼ワークスペースができました。

照明をJAKOBSSON LAMPに付け替え、理想のダイニングの完成です♪
こちらの照明はスウェーデンのデザイナー、ハンス・アウネ・ヤコブソンのデザインで、時間を掛けて自然乾燥させたパイン材を薄くスライスし組み合わせたデザインが特徴的。ダークブラウンに着色されているのでウォールナットとの相性も抜群!明かりをつけるとお部屋にやさしい光が広がります。

家具を搬出し、床の張り替えからはじまり新しい家具の搬入は3rdの男性スタッフ総出で行いました!
T様邸のご紹介はまだまだ続きます、次回もお楽しみに・・・♪

BLISS DINING Table_W1400×D850×H700】
2031 Chair_W445×D530×H790 SH420】
【特注壁面収納_W2300×D450×H2400/850】
【JAKOBSSON LAMP_Φ540×390】

line_02

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。