オーダー家具の3rd -your life style shop-
2014.09.07

N邸 ダイニングテーブル お届け

今回は2組のN様の『bliss table』のお届けです。
ベースは『bliss table』ですが、樹種や形が少し変わると雰囲気も変わります!

ブリステーブル

最初は戸塚区にお住まいのN様。

お引っ越しが決まり、ダイニングセットをお探しでご来店になりました。

0668_00

店内を見ていただき、気に入っていただいたのは『bliss table』。

お届けして、実際にお部屋に置いてみた写真も見ていると「角が丸くて、脚が細くなるデザインもいいな。」とN様。
『bliss table』でも角を丸くし、脚を内こぎにして細くすることが出来るのでそちらの写真も見て頂きました。

0668_01

「こんな感じがいいね!」と気に入って頂けたので、お見積りまでお出ししましたが。。。
「ん~、帰ってもう一度二人で相談してみます。」と、その日はお帰りになられました。
後日、「もう少しゆっくり考えてみます。今回はすみません。」とお断りのお返事を頂いておりました(;へ:)。

それから約半年後。
「以前、見積もり出して頂いたNです。いろいろ見てまわったんですが、
やっぱり3rdさんにお願いしようと思って。」と、再来店いただきました!

さっそくテーブルのデザインを再確認。
「やっぱり角は丸いほうがいいな~。」との事で、affable tableの写真も見ていただきました。

0668_04

N様「このデザインもいいですね。実物を見ることは出来ますか?」
3rd「東戸塚にはないのですが、たまプラーザ店には展示があります。」
N様「たまプラーザ店も見てみたいので、行ってみます!」と
affable tableの展示がある、たまプラーザ店まで足を運んでくださいました。

現物を見て頂きましたが、やっぱり選ばれたのは最初に見て気に入っていただいた『bliss table』。
N様の最初からのご希望通り、角を丸くし、脚は内こぎにしたデザインに決定!

0668_03

椅子も最初から候補に上がっていた『Arco chair』。
曲線の後ろ姿が美しく、座面にはダイメトロールという布バネを使用しているので、
お尻に優しく疲れにくい椅子です!

0668_05

いつもはカッチリした印象のブリスですが、角を丸くし、アルコとの組み合わせで優しい雰囲気になりました!

お届けの時、「お願いしてよかったです!」とお褒めの言葉を頂きました!

0668_02

使い心地はいかがですか?
お近くですので、お散歩がてらぜひまた遊びに来てくださいね!

【bliss table W:1500×D:850×H:700/ウォールナット】
【Arco W:480×D:530×H:800×SH:420/ウォールナット】

9

次は泉区にお住まいのN様。

ご自宅のリフォームを期に新しいダイニングテーブルに買い換えようとご来店くださいました。
「ダイニングテーブルは家族みんながそろって使うものなので、良い物で贅沢しようと思って!」

2168_01

「天板の厚みとか、雰囲気がいいね〜。」と一目見て『bliss table』を気に入ってくださいました。
贅沢に無垢材を使用した、3rdで人気の定番のダイニングテーブルです。

2168_02

床材と合わせてチェリーを選ばれ、「せっかく作ってもらうんだから天板をなるべく厚く!厚く作ってください!!」と
こだわりのご希望が!
「う~ん、わかりました!出来る限りがんばります!」と工場長と約束して、ご契約となりました(笑)!

2168_03

できたては薄いピンクかかった色のチェリーですが、時間とともにオレンジへ。
さらに時間がたつと濃い赤茶色に変化してくチェリー。
無垢材ならではの色の変化も楽しんで頂きたいです!

2168_04

お届けを「楽しみにしてました!」ととても喜んでくださったN様。
工場長、天板の加工がんばりましたよ!
製作図面にも忘れないように「天板なるべく厚く!」と大きな字でメモがありました(笑)。

2168_06

いつもより、ちょっと天板が厚めの特注『bliss table』。
使い心地はいかがですか?
テーブルを囲みながら、ご家族みなさまでの楽しい時間をお過ごしくださいね!

【bliss table W:1700×D:900×H:710/チェリー】

9

戸塚区のN様

0668_07

泉区のN様

2168_05

ありがとうございました!

東戸塚店

2014.08.25

ソファ お届け 特集

こんにちは!

さてさて、今回は、ソファのお届け特集です!!

まずは、3rdの定番人気の木枠シリーズをお選びいただいたお客様からご紹介!
と、その前にこの木枠シリーズについてご説明を少々。。
木枠のデザインや、細かな仕様が異なりますが、構造や座り心地はほぼ共通しているのがこのソファ達。

140822_01-2

手掛けから、背面にかけてぐるりと木枠で囲われていて、
3rdのソファ達の中で、1番無垢材の雰囲気を味わえるソファです。
木枠にクッションが乗っているタイプなので、全て替えカバーが可能〜。
背面のデザインにもこだわっていますので、リビングダイニングの間仕切りとして
ソファを配置される方にはもってこいです!

中には、たっぷりのフェザーと積層ウレタン。
土台には弾力性のあるウェービングテープというゴム状のシートを使用しております。

140822_02-2

フェザーとウェービングテープのコンビから生まれる、身体をもっちりと包みこんでくれる座り心地が、
なんともいえぬ安心感を感じられるソファです。

そんな木枠シリーズをお気に入りいただいたお客様達をご紹介〜。

line

まずは、K様

003

使っているソファが、ぐったりしていまい、買い替えをご検討で来店されました。
様々な座り心地のソファを取り揃えているたまプラ店。

いろいろお座り頂いて、K様にお気に入りいただいたのは、sofa INNOSENCEです。
INNOSENCEは木枠シリーズの中でも、もっとも存在感のある木枠デザインになっています。

カタチ・座り心地のお気に入りが決まったところで生地選び。
生地は種類も多く、みなさんとっても悩まれるところです。
なにせ100種類近くご用意がありますから。笑
K様は、グリーン系の生地を選ばれました。

002
004

お届け時、、、
もともとお使いのソファがw2000の為、搬入の心配はしていなかった店長ですが、
実際に持ち込んでみると廊下の天井高は、搬入するのにギリギリ!
斜めにしたり横にしたり、慎重に慎重に運び入れました。K様、ご心配かけて申し訳なかったです。

001

無事に納まり、
「よかったわ〜お疲れさま」
とK様にお声をかけて頂き一同ほっといたしました。。。よかった。

オリーブ色のソファがはいって、とっても優しい印象の空間になりましたね。
K様、ありがとうございました!!

【sofa INNOSENCE 3P / w1940 d900 h800 / walnut】

line

続いても木枠シリーズの中から。
Sofa builtをお届けしたK様をご紹介。

140822_04

ご近所にお住まいのK様。
ある日立ち寄っていただいて目にした展示中のチェリーのBUILTにひとめぼれ^^

生地も、サイズも、樹種もイメージ通り!
座り心地も気に入っていただき、展示のソファをそのままお届けすることになりました。

K様のご自宅にお持ちすると、イメージどおりとおっしゃっていた意味が一目で分かりました。
まるでK様のご自宅用につくったのでは!?と思うくらい、サイズ感も、チェリー材の木枠も、
オフホワイトの生地もぴったりでした!素敵です。

140822_05
140822_06

K様のご自宅には、もともとソファがなかった為、ソファを置けるように
一緒にレイアウトを少し変更して、、、とってもいい雰囲気に納まりました!

「すごいぴったりでよかった。より一層このソファ気に入りました。」

と嬉しそうにソファを見ているK様。。
そんなK様を嬉しそうに見ているスタッフ一同なのでした。。

運命的な出会いをしたK様とsofa BUILT。
末長くお付き合い頂けることを願っております!
ありがとうございました。

【sofa BUILT 2P / w1500 d845 h790 / cherry】

line

続いてご紹介するのは、木枠シリーズの元祖!Sofa WAVEをお届けのS様。

140822_07

ずっとソファのない生活をされていて、「ゆっくりソファでくつろぐのもいいかな」
と思い立ち、いろんなお店をまわられていたそう。

S様もこの木枠シリーズ独特の、モッチリとした至極の座り心地を気に入って頂きました。

サイズはw1800の3Pサイズをご希望でしたが、お部屋は大きいかなとご心配されていました。
そこでお部屋の間取りをお聞きしてサイズを確認。
十分に置けるスペースが確保できることが分かり、w1800に決定しました。
お店で見ても中々掴みづらいサイズ感。ご心配な方は、お気軽にスタッフにご相談くださいね!

そしてこちらがお届けしたWAVEです。
140822_08
140822_09

おしゃれな千鳥格子の柄です。
オリーブ色の生地の替えカバーも合わせてお届けしました。
雰囲気の違う2枚なので、季節や、気分に応じて模様替えを楽しめそうですね!

お届け時、ご主人にはお会いできませんでしたが、評判はいかがだったでしょうか。
このソファと、家族団らんの時を過ごしてください。
S様、ありがとうございました。

【sofa WAVE 3P / w1800 d845 h790 / walnut】

line

続いてのご紹介は、sofa ample。

140822_11

ampleは、ゆったりしたサイズ感が特徴。
ソファの上であぐらをかいたりもできるほどのサイズ感なので、
いろいろなくつろぎ方のできるソファです。
中の構造は先程ご紹介した木枠のソファと同じ、フェザーと積層ウレタン、
ウェービングテープを使用しています。

木部は脚のみで、背面はファブリックの為、お選び頂く生地でガラリと表情を変えます

line

このampleをお届けしたW様をご紹介。

140822_10

「こんなところに家具屋があるんだね〜。ソファの補修はできます?」
と、ある日ご来店されました。
買い替えか補修かでご検討されていたW様。
せっかくだからとお店の中も見ていただくと、、、お気に入り頂いたのがampleでした。
背の高いご主人には、ゆったりサイズのampleが、しっくりきたご様子でした。

140417_04

その日は一度ご帰宅されて、2ヶ月後。。。
「ソファを直すか、買い替えようか、まだ結論がつかないんだよね〜」
と、再来店してくださいました。

もしampleを購入するのであれば、お店の展示と同じカウチつきの、ゆったりとした形状をご希望でした。
ご持参いただいたご自宅の図面を元に、ソファが納まるかの確認。
十分に納まる事が分かると、

「う〜ん。やっぱりこれがいい!これにするか!」

と、ampleをご自宅にいれる事を決めていただきました。
…そうとなればすぐにほしい!
という事で、ショップの展示品をそのままお届けすることに。
こちらがW様のご自宅の様子!

140822_12
140822_13

ご自宅でこのサイズ感のソファ!!
かなり羨ましいです!!
リビングから動けなくなりそうですね。。

W様、ampleでくつろぎの時間をお過ごし頂けているでしょうか。
ありがとうございました。

【sofa ample 2.5P / w1940 d1100 h800 / walnut】
【sowa ample couch / w1050 d2000 h800 / walnut】

line

最後にご紹介するのは、sofa square。

140822_14

squareは、座面・背の高さが低いのが特徴。お部屋に圧迫感を与えません。
すっきりとしたシャープな印象のソファは、一目惚れのお客様も多数!
中は、密度の違うウレタンが積層してあり、しっかりとした座り心地です。

幅の広い木部の手掛けは、サイドテーブル代わりにもなりますよ^^

そんなsuqareをお気に入り頂いた2組のお客様をご紹介です。

line

まずご紹介するのは、T様。

140822_15

T様は、お友達が使われていたsquareをお気に入りいただいて、お店に見に来てくださいました。

実際に使われているお部屋も見ているだけに、イメージはかなり固まっていました。
張り地の革で迷われていましたが、ショップ展示使っていた本革の雰囲気をお気に入り頂き、
同じ、ブラックのレザーでおつくりしました。

140822_16

140822_17

配送時、間違えてお隣のマンションへ行ってしまい、
お客様のお部屋が当然のごとく見当たらないというアクシデントもありましたが、
(T様丁寧にご対応頂いてありがとうございました。お待たせしてすいませんでした。)
無事に納品!お喜びいただきました。

理想の空間へ向けて構想が膨らむT様。
是非、今後ともお手伝いさせてください!ありがとうございました!

【sofa square 3P / w2000 d900 h700 / walnut】

line

最後にご紹介するのはK様。

140822_18

ご自宅のお引越の際、以前のおうちでつかっていたソファが入らず、やむなく処分してしまったため、
新しくソファを探していました。

Squareを気に入って頂き、squareは脚の木部がはずれる事で搬入も問題ないことをご説明すると、
一安心したご様子のK様。
一度ご自宅に戻り、サイズや張り地のイメージを再確認されてから、ご注文いただきました。

張り地は、白の本革で製作しました。

140822_20

140822_19

黒のクールな表情とはまた違い上品な雰囲気のsquare。張り地で印象が変わりますね。
納品完了したソファを見て、

「いいですね〜、このソファにして良かった!」

とK様。ありがとうございます!!

line

今回6件のお届けをご紹介させて頂きました^^
この他にもいろいろなソファを取り揃えていますので是非座り心地や素材感を体感しに、
店舗に遊びに来て下さい。

ペットがいて、、来客が多くて、、使っているソファが柔らかすぎて、、引越先に合うソファって、、、
ご家庭によって、使い方、レイアウトが様々。ご希望も多種多様です。
3rdではお話を伺って、それぞれのライフスタイルにあったソファのご提案をしています。
お気軽にご相談ください!

たまプラーザ店

2014.08.24

T邸 ソファ リビングテーブル お届け

以前、ブックボード、ベッド、特注AVサイドボード、ダイニングセットなどお届けしているT様。

2116_01

2116_02

「引っ越しが決まったので、ソファとリビングテーブルを新しくしようと思って。」とご来店いただきました!

いろいろ座り比べ、木枠のデザインを見比べ、気に入って頂いたのが『sofa WAVE』でした。
『sofa WAVE』は波の動きをイメージした背面が特徴的。
積層ウレタンとハンガリー産マザーグースのスモールフェザーをたっぷり使用し、
もっちりとした座り心地抜群のソファです!

2116_03

樹種は以前にお届けした特注AVサイドボード、山桜のトラディションテーブルに合わせて、
ソファもリビングテーブルもチェリーでのお届けです。

2116_04

リビングテーブルは「nene living table」を見て気に入っていただいたのですが
「ガラステーブルがいいけど、子供がまだ小さいからどうかしら?」とお悩みに。

木枠をつけてみてはいかがですか?とおすすめしたところ、
「そうですね!新聞や雑誌がちょっと置けるスペースもあったらいいな!」とのことで、
以前お届けした写真など見ていただきながらデザインを作成しました。

「棚は板にしようか?格子のほうがいいかな?」とあれこれ案が出ましたが、
ガラスから格子が見えるデザインがいいね!と完成したのがこちら!

2116_06

チェリーは出来立てはピンクがかった明るい茶色から、経年変化で赤みの強い茶色に変化していきます。

2116_08

前回、お届けしたチェリーの特注AVサイドボードの前に真新しいチェリーのソファとリビングテーブルが並びます!

2116_07

ソファもリビングテーブルも、これからゆっくり変化していくんでしょうね〜。
それもまた、楽しみですね!

「引っ越しのとき、以前に届けてもらったものを運び出すのに気を付けた方がいいことってありますか?」
とのご質問が。
「ここを持つときだけ気を付けてくださいと引っ越し屋さんに伝えてください。あとは大丈夫ですよ。」
「せっかく作っていただいた大事な家具なので気になって。」と、
こんなご相談をお受けできるのもお届けまでをしているからこそ!

2116_09

無事にお引越しも、お届けも済みました!
T様、また何かございましたら、お気軽にご相談くださいね!
ありがとうございました!

【リビングテーブル W1000×D500×H400/チェリー】
【ソファ WAVE 3P W:1800×D:845×H:790/チェリー
        0P W:680×D:580/チェリー】

2116_010

東戸塚店

2014.08.14

M邸 ダイニングセット/照明/額縁 お届け

5
ダイニングセットをお探しでご来店頂いたM様。
耳付の板がお好みという事で、トラディションコーナーを見て頂きました。

M様に見て頂いたのは奥行方向に何枚かつなぎ合わせたハギ板。
同じ樹種でも一枚一枚表情に個性があるので、お客様にビビっときたものを選んでいただいています。
ブラックチェリーの家具がお好みという事だったので何枚か並べてみていただき、
幅1600mm、奥行890mmのM様お気に入りの板に決定しました!

脚の高さに関しては、まず椅子を決めてから、座面の高さに合わせてダイニングテーブルの高さを決めていくことに。

椅子は、ご夫婦そろってADチェアとNENEチェアをお気に入りいただきました。
ADチェアは絶妙な腰あたりが特徴のイスで、ハーフアームなのでテーブルからの出はいりも楽ちん。

NENEチェアは3rdの山下谷工場長がデザインした1脚。
奥行き感のあるしっかりとした座り心地で、
ゆるくカーブした笠木とそこからのびるアームが体を優しく包んでくれます。
6
残りの2脚は3rdがオープン当初からご提案している2031チェアをおすすめさせていただきました。
シンプルなデザインなのでお部屋にも馴染みやすい椅子。
座面はお手入れがしやすようにビニールレザーで落ち着いた紫にしました。

椅子が決定したところでダイニングテーブルの脚を決めていきます。
通常、板の反り止めとして幕板を天板の外側につけますが、それではneneチェアのアームに当たってしまうので、
板の中心部に寄せて幕板を入れることで長手方向に椅子がしっかりおさまるような脚にしました。
1のコピー
2
お届けは製作の都合によりNENEチェアのみ遅れてしまった為、先にNENEチェア以外のお届けとなりました。
テーブルのセッティングをしながら、
「照明と、タイルの額縁をつくりたいんです~」
とのご相談があり、後日お店の照明を見に再来店頂きました。

お店の展示で気に入っていただいた照明がCANCAN。
cancan
CAN CANは、オランダモダンデザインを代表するデザイナー、マルセル・ワンダースによる作品。
シンプルでクラシックなラインのフォルム、見上げると美しいフラワー模様が目に飛び込んできます。
ベルエポック時代(19世紀ヨーロッパ)のフレンチカンカンを踊る美しいダンサーの姿にインスピレーションをうけ、
その姿を照明に表現したのだそう。。。
フラワー模様のディフューザーは交換可能なので、時々色を変えて雰囲気を変えるのも楽しいですね。
10
M様は本体はホワイト、ディフューザーはamber(琥珀色)でのお届けとなりました。
お部屋の雰囲気が重くなりすぎず、チェリーとも相性良しです!
(お昼に写真を撮ったため、暗くて少々わかりにくいですが(´ω`;)、、、)
8
さらに、ライティングレールをとりつけ、ペンダントライトの他にスポットライトも設置。
4
スポットライトを何個かいれて光を四方に飛ばすことで部屋が広く見える効果があります。

また、タイルは奥様が海外に行ったときに購入したものだそうで、4枚合わせると1つの絵になるというものでした。
額に入れてダイニングルームの壁に飾ることに~!
7
額縁を付けるだけで素敵な絵が完成しました!

すべての納品が完了し、
「悶々としていたものがやっと解消されました!」
とM様も大満足^^

お近くなのでまた是非遊びにいらしてください。
M様、ありがとうございました!

たまプラーザ店

【TRADITION TABLE:w1600×d890×h700/black cherry】
【NENE Chair:w555×d480×h679 sh420/black cherry】
【AD Chair:w555×d480×680 sh420/black cherry】
【2031 Chair:455×d540×h807 sh420/black cherry】
【CAN CAN:φ347×h360 全長1000mm/white×amber】

2014.07.15

一枚板テーブルお届け

140711_01

こんにちは!!
今回は表情豊かな一枚板テーブルのお届け特集です!

通常、テーブルの幅(750〜900くらい)を無垢材でつくろうと思うと、
それだけ樹齢の高い太い幹の木は中々ないので、細い材料を幅方向に何枚かつなぎ合わせて一枚の板をつくります。
これをハギ板といいます。
それに対して一枚板は、一本の木の幅、そのままを使用します。
なので、それだけ年月をかけて育った大木が必要になってくるので、希少で、ハギ板よりも高価なのです。

140711_12

また、ハギ板に比べて反りや狂いがおきやすい為、それを抑制するため板厚をしっかりととります。
それゆえ木の雰囲気を味わえるかなり存在感のある仕上がりになります!
9

といったところで、お届けのご紹介です。
まずは、T様。
新居を建てるにあたり、家具をお探しでした。
お仕事で忙しくとびまわるご主人が、帰ってきてほっと安らげるような木のテーブルがご希望でした。

T様にお気に入り頂いたのは、モンキーポッドの一枚板です。
—♪この〜木なんの木〜気になる木〜—のCMでおなじみのあの木はモンキーポッド。
板になると、こんな表情です。

140711_03

辺材と呼ばれる、木の表皮に近い部分と、心材と呼ばれる木の中心部の色がはっきりと分かれているのが特徴です。
木目は不規則な縞模様をしており、表情豊かな、おしゃれさんです。

【dining table / w1950 d850~900 h710 / モンキーポッド】
【脚 / T字脚 / ウォルナット】
140711_05
耳(板の端の部分)はご主人のご希望で、なめらかに仕上げて、やさしい表情になりました。
140711_04

モダンな雰囲気のお部屋に、モンキーポッドの板がとてもよいアクセントになっています。
脚はウォルナットのT字脚でお届けしました。この脚は、3rdでも定番人気の座卓にも変えられる脚なのです。

お届け時、明るい奥様が、笑顔で納品を見届けてくれたのが印象的です。
ご主人にはお会いできませんでしたが、ご満足いただけたでしょうか。
ご家族でほっとできるダイニングになればと思います^^ありがとうございました!

9

続いては、ご新築を機にテーブルの買い替えをご検討中、以前から欲しかった一枚板がやはり気になる!
という事でご来店頂いたのはオープン当初より、3rdが業務上お世話になっているT様。
お仕事でのご来店当初から、「いずれ自宅で一枚板のテーブルを使いたいな〜」とおっしゃっていたのでした。

それから、およそ7年。。。
3rdはおかげ様でお届けの実績も増えて、店舗も増えて、見て頂ける板も増えました。
奥様と一緒にいろいろな板をご覧になられてT様が気に入ったのが、ボセの板。
ピンク色の美しい木材。経年で色味が深まっていきます。
アフリカの木で、大きなものだと、樹高50mにもなるんだとか!
チェリー材に似た色味から、別名アフリカンチェリーとも呼ばれています。

あまりの立派な板で、2Fのダイニングまであげるのに、男3人がかり。。一苦労でした。
脚を組み立てて、フェルトをペタペタっと。。

140711_08

どーんと!お部屋のシンボルの完成です^^
美しいやわらかい木目の板ですね。

【dining table / w1800 d1050 h700 / ボセ】
【脚 / 4本脚 / チェリー】
140711_06

140711_07

無事におさまると、
「想像以上のテーブルです。長い付き合いになりそうです。ありがとうございます。」
とお喜びいただきました。こちらこそ!いつもありがとうございます!

9

そして最後にご紹介するのは、H様。
既存のダイニングテーブルが低いために、ダイニングセットの買い替えをご検討されていました。
お店にご来店いただいて、テーブル、椅子を様々ご覧になって、気に入ったのは、
3rdの数ある椅子の中で、最もゆったりとしたサイズ感の「03chair」

140711_14

テーブルは、ご自宅に伺って、ウォルナットの一枚板をご提案しましたが、日本の木がご希望とのことでした。

通常は、見やすいように製品に近い状態に仕上げられた、ショップに展示してある板からお選び頂くことが多いのですが、
ウォルナットや、チェリーといった外国産の木が多いので、それならばと、
お客様と一緒に製材したままの材料から選定したのでした。

140711_09

真剣な眼差しで板を見つめる、オーナーの青木とH様。
これから長い間、一緒に過ごす板を選びます。

140711_10

まだ工房で加工する前の迫力ある大きな板。その存在感に圧倒されそうですね。
お気に入り頂いたのは屋久杉の板。今では、伐採が禁止されていまっている樹種です。
こうして市場に出回るのは、自然に倒れたものや、禁止される以前に伐採された貴重な材料です。
無事に天板が決まり、脚の形状を打ち合わせ。H様のご希望は、同材の脚でした。。
なにかいい材料はないかと探していると、、、巡り合わせとはあるものです。
この時、たまたま何か利用できないかと保管していた中枯れしてしまった同材の丸太の切り株があったのです。

140711_11

「おお、これでできませんか」

ということで、さっそくどう使うかを検討して、
形の違う2つの丸太を上下に重ね合わせものを縦に割り、2つの脚にすることに。
工房に持ち帰り、工場長が2つの丸太が自然につながるように、削りました。

140711_13

じゃんっ!

上の写真をよく見て頂くと、脚の一番下に数センチの樹種の違う板が見えるかと思いますが、
これはH様にお気に入りただいた03チェアーのアームが、天板の下に納まる寸法にするため、
少しだけ脚をかさあげしました。材料は、チェリー。
どちらも赤く経年変化していくので、年月が経つごとに色味が馴染んでいくかと思います。

工房で、進行途中の様子も見て頂き、、、

140711_15

140711_16

ついにお届けです。
【dining table / w2000 d880〜980 h710 / 屋久杉】
【脚 / 屋久杉・チェリー】
140711_17

風格ある佇まいですね〜。
脚をかさ上げしたおかげで、椅子のアームもすっきりとおさまりました。

テーブルの脚は、完全に固定していません。
こんな感じでガイドが入っていて、丸太同士を重ねた状態でずれないようになっています。
また、丸太を抜き差しする事で座卓にもできるようにつくられています。

140711_22

座卓にして和室に持っていくと、これまた素敵な雰囲気です。

140711_19

140711_20

最後に、お気に入り頂いたori stoolも合わせてお届け!

140711_21

H様のダイニングセット完成です!
こだわり光るダイニングとなりましたね。ありがとうございました!

9

一言に一枚板テーブルといえど、ご希望を伺いながらつくることで、それぞれのご家族の個性がでてきますね。
お部屋のシンボルとなった、1枚板のテーブル達。
それぞれのご自宅で、これからどのような思い出が刻まれていくのでしょうか。

皆様、ありがとうございました。
今後とも末永いお付き合いをお願いいたします。

たまプラーザ店