オーダー家具の3rd -your life style shop-
2016.02.29

M邸 TVボード お届け

TVボードを探しているとご来店になった、大田区のM様。
「イメージはあるんです。」との事でしたので、詳しくお話をお伺いすることになりました。

「ボードの高さは極力低くしてください。デッキが3台置ければよくて、他に収納力はいらないです。1番の希望は1枚板でつくることなんです!」
ここが一番大事なご希望だったそうで、オーダー家具ならできるのでは!?とご来店になったそうです。

T1577_001

耳付きの1枚板できたトラディションテーブルは、雰囲気も木の質感もしっかりと楽しめる3rdでも人気のアイテムです。
TVボードにしても、しっかりと雰囲気や質感のあるボードになりそうですが。。。

T1577_002

今回はTVボードとして「極力高さの低いボード」がご希望のM様。
板の厚みがしっかりと取れないため、1枚板でつくると反りが出てしまう可能性がある事、反りが出るとボードがゆがんでしまうため、薄い1枚板よりもハギ板でおつくりする事おすすめしました。

通常ダイニングテーブルの天板で1枚板を使用する場合、ある程度の厚みがしっかりと取れた板を使います。
それは板の厚みで反りを抑制することがきる為なのです。

ハギ板とは無垢の材料を幅方向に何枚か合わせてつくられた板の事。
材料同士を木表、木裏と組み合わせてお互いの反りを抑制し、ハギ板を作ります。

板にも表と裏があり、木表とは樹皮に近い方。木裏は樹の中心に近い方。
1枚板にしたとき、水分が抜けていくにつれて木表側に向かって反ってしまう事があります。
それを抑えるために木表、木裏、木表。。。と交互に組み合わせてハギ板をます。

140711_12

3rdでは「共木(ともぎ)」といって、同じ丸太からとれた材料を使いハギ板を制作しています。
木目や表情、色合いなどにまとまりのある板に仕上がるので、1枚板と勘違いされる方もいるくらい!

M様にはお店で展示しているトラディションテーブルの天板(40mm厚)を見ていただきながら「この板で厚みを30mmまで抑えることができれば、M様ご希望の低いTVボードも可能ですよ。一度、板をご希望のサイズで板を制作してみますので、ご覧になってみませんか?」とお話をしました。
「こんな雰囲気になるなら。。。お願いしてみようかな。」とご了解いただき、板を制作する事になりました!

T1577_003

製作時間をいただき再度ご来店。
板を見ていただいたところ。。。「すごくいい雰囲気なんだけど、他の板があったら見てみたいな。」とのご要望が。
頑張って制作したので、ちょっと残念(ノд・。)でしたが、せっかくオーダーでつくっていただくので気に入ったものをお届けしたい!と新たに板を制作しました!

T1577_004

新しい板が完成したので再度ご来店いただきました。
板を見たM様は「無理なお願いして申し訳なかったけど、つくり直してもらってほんとによかった!」ととっても気に入っていただきました!

予定より一か月遅れのお届けとなりました。
木目を選んでいただき家具を製作することは通常はありませんが、今回はM様の思い入れがたっぷり籠った家具をお届けすることが出来ました。
「イメージ通り!!」と喜んでいたM様を見て、こちらも嬉しくなるお届けでした!

T1577_005

M様、ありがとうございました!

【TVボード W900×D500×H300 】

たまプラーザ店

2016.01.21

H邸 ダイニングテーブル/ソファ/TVボード/ワードローブ/ベッド お届け

base&LTご結婚と同時に新居へお引っ越し予定だったH様。
駅前で配っていたチラシをみてご夫婦でご来店いただきました。

家具を見ていただきながら、高耐久品の家具を永くご使用していただきたいという
3rdのコンセプトをご説明させていただき、
「こんな雰囲気の家具でせっかくならずっと使える物がほしい!」と
奥様にもお気に入りいただきました。

さっそく、ご新居に必要な家具をヒアリングしていくと、
ダイニングテーブル、ソファ、TVボード、ワードローブなどなど….
それぞれ素材を合わせて揃えたいとの事でした。
ただ、ご新居は賃貸のため引越の可能性を考えてサイズを悩んでいたそう。。。
そこで、今の部屋にサイズを合わせるのではなく、どんな物が欲しいかで決めてみては….?
とご提案させていただきました。141028まずはリビングダイニングのテーブルとソファのお話をしていきました。
H様のご要望はトラディションテーブル。
トラディションテーブルは、樹皮がついていた部分を残したテーブルのことで、
いわゆる耳付きといわれているものです。
通常はまっすぐにカットしてしまうところを、あえて耳を残す事で、
無垢材の象徴になり、樹本来の風合いが楽しめるテーブルとなっています。

耳付きのテーブルでも、1枚板と矧ぎ板がありますが、
今回は1枚板よりも厚みを薄く製作出来る、矧ぎ板(横に短手方向に4~6枚つなげている板)を選んでいただきました。
ちょうど工房で製作したばかりの仕上げ前の板があったので、
何枚か並べて仕上がりの感じを実演しながら、お好きな木目、色目をお選びいただきました140414_02仕上前のウォルナットは、乾燥しているので出来上がりより薄い色に見えます。
ウレタンや、オイルで仕上をするとぐっと色が深くなり、表情もはっきりとでてきます。
板の仕上がりの雰囲気を見てもらう為に、オイルやウレタンの代わりにその場でお水を含ませることで、
それに近い風合いをだすことができるんです。TR.TVBサイズは幅1400のサイズでおつくりしました。
1400のサイズがあれば、4人掛けでも狭く感じる事無くお使い出来るサイズであり、
お引越先でも使用できることが多いサイズです。
ご新居のスペースから、今回は座卓の高さで製作しましたが、
椅子を使用したくなった場合は、脚を高い物に交換するとご使用出来るようになっています!

ソファはBASE(ベイス)に決定!
一目惚れだったそうです^^baseがっしりとしたデザインで固めの座り心地のベイス。
広めにおつくりした木部はサイドテーブル代わりになり、
棚もついているのでちょっとした小物も置けるので便利です〜!
また、奥行きを950を大きめにしているので、
腰まくらを取るとソファの上であぐらをかける位の広さになり、
ゆったりとお使いいただけます。

また、ベイスの前に展示していたHELLA TV BOARDも気に入っていただき、
リビングダイニングが決定!LD_1「チラシを見てふと入ってみたけど、3rdの家具が気に入ってしまいました!何かのご縁かもしれまんせん!」
と、その日に座卓のダイニングセット、ソファ、TVボードのご注文をいただきました。

そして、お届け時にワードローブとベッドのご依頼もいただき、
後日資料を作成しご提案させていただきました。WD_2ワードローブは、H様のご要望で服を吊るせるスペースを多めにデザイン。
チェストも兼用しているので機能的にお洋服が整理出来ますね。
また、扉は1枚引き戸でご提案しました。WD
2枚の引き違い戸にしてしまうとどうしても扉分の奥行きが大きくなってしまうためです。
日頃使用する物はみえていた方が使いやすくスッキリしますね。
引き戸のデザインはお気に入りいただいていた展示の壁面収納と同じ矢張りにしました。

ベッドはダブルサイズでご提案。
フレームデザインは実例写真を見ていただき選んでいただきました。bed_2また、3rdではフレームをつくる際に一緒にマットレスも何社かご提案しています。
今回H様にお選び頂いたのが日本ベッドのビーズポケットでした。
日本ベッドのマットレスの特徴はポケットコイル。
「シルキー」と「ビーズ」の2シリーズに分かれています。nihonbedシルキーは1200個(日本ベッド比で約2倍!)ものコイルできめ細かく体をサポートし、
体をしなやかに支えてくれます。
H様がお選びいただいたビーズは、固めの寝心地で、
太く大きめのコイルが体を姿勢よくしっかりと支えてくれる仕様になっております。
今回はビーズポケットのハードタイプでご注文いただきました。
フレームの下面は、隙間が出来てしまうすのこに比べて無圧効果が高い、有効合板を張っています。bed_1お届け時には品物の組み上げを楽しそうにみていていただき、
「イメージぴったりです!」と喜んでいただけました。

ご新居ではいかがおすごしでしょうか?
今後お家が変わる事があっても、3rdの家具を少しでも永くご使用していただけるとうれしいです^^

H様、ありがとうございました!

たまプラーザ店

2016.01.15

I邸 ダイニングテーブル TVボード ソファーお届け

川崎市にお住いのI様。

「ダイニングに大きくて低めのテーブルと、テーブルに合わせたくつろげる椅子を探しているんです。」と
ご来店頂きました。

テーブルのご説明をしながら店内を見て頂き、その中でI様の目にとまったのが、綺麗なチェリー材の耳付き板でした。

サイズなど詳しいお話をお伺いしてみると「ソファーとTVボードも探しているんですけど部屋が狭くて。。。」と
気にされていたので、お部屋の雰囲気を見せて頂く為、ご自宅にお伺いしました。

001

実際お伺いしてみると、おはなしよりも広く、明るく抜け感がとても気持ちの良いお部屋でした。
お部屋が狭く感じる事を気にされていたので「今のレイアウトのテレビとソファーの位置を変えてみてはどうですか?」とお話をし、ソファ、TVボード、ダイニングテーブルを含めたレイアウトプランをご提案することになりました!

再度、ご来店頂いた時「あの後、テレビとソファーの位置を変えてみたんですけどすごい良かったです!」と嬉しいお言葉を頂ました!

MX-3140FN_20160117_101453

まずはダイニングテーブルのご提案。
テレビとソファの位置を変え、レイアウトがすっきりしたことでテーブルサイズは当初お話していたより少し大きくすることが出来ました。
3rdでは通常テーブルの高さは通常700mm。
お客様のご希望や身長、体型に合わせて高さのご提案をしますが、I様は少し低めをご希望されてたので、680mmでお届けしています。

005

さらに脚はT字脚を選ばれたので、座卓にして使うこともできます!

CSC_5358

次はTVボード。
TVボードは当初、台輪でご提案しましたが「なるべくすっきり見せたい」との事で脚付きに変更。
さらにルンバが使えるように脚元には120mmのスペースを確保しました。
右側の壁にはコンセントがあるため開口部を設け、開口部から電源を確保しTVボードの下スペースでルンバの充電をする事が出来ます!

ガラス扉の中にはAV機器を収納しています。

003

次はソファです。
ソファは、お店で何度も座って頂き「やっぱりこれいい~~~!」と『AMPLE』に決定。

「ソファの上で寛ぐ」をコンセプトにデザインされた奥行きゆったりサイズの『AMPLE』。
家族みんなで座ったり、寝転んだりとお好みのスタイルで寛げます!
フェザーと高密度ウレタンを合わせた、もっちりとした座り心地のクッションを最高級のウェービングテープで支えているので、長時間座っていても疲れず身体を癒してくれるソファです。

さらにI様は植物がお好きという事もあり、壁に飾れる『MY GALLERY』もお届けしました!

002

I様、ありがとうございました。
また何かございましたらお気軽にご来店下さい!
スタッフ一同お待ちしております!!

【SOFA AMPLE2.5P:W2150×D1100×800 / チェリー】
【TV BOAD:W1800×D500×500 / チェリー突板】
【MY GALLERY L:W900×D500×H90 / クリア】
【TRADITION TABLE:W1800×D500×t40 / チェリ―耳付き板】
【T字脚:H640 TH680】

たまプラーザ店

2015.09.28

Y邸 ダイニングセット・ソファ・AVボード お届け

DSC_7062マンションにお住まいだったY様。
一戸建てを購入され、お部屋の雰囲気に合った家具をと、ご来店くださいました^^

図面をお持ちということでしたので、早速シュミレーションしてみることに!
Y様のリビングは横長で、仕切りの壁がまったくない広々としたお部屋。DSC_7056南側にお庭につながる掃出し窓が中央の壁(1500mm)を挟んで2面あり、
解放感と明るさを持ち合わせた素敵なリビングでした。DSC_7058
Y邸のような、ひろびろとした空間に家具等を配置する場合は、
壁を使ってモノを置くと、どうしてもうまく動線が取りきれないこともあります。
加えて、見た目的にもバランスが難しくなってきます。

そこでY様にはソファ等の家具を、真ん中付近に配置することを提案させていただきました。
リビングの掃出し窓に挟まれた壁を有効利用し、ここにはTVを持ってくる。
TVを中心としてキッチン寄りにダイニングを、
和室に少し寄るようにソファを配置する。

DSC_7062-1そうすることで、動線の確保とともに空間をやわらかく仕切るということができます。
解放感を残しつつ、さらにはお部屋の機能性を持たせるというわけです。

暮らしの中で『食べる場所』『くつろぐ場所』『寝る場所』等を分けることは、
生活にメリハリをつける意味でも大切なことですよね。
しかもそこには、その目的の場所に対して、ストレスなく行き来できるということが基本になければなりません。

どこからどのような配置にすれば・・・と迷っている方は、こうして空間の軸になるところを決めてから、
動線を意識しつつ展開していく方法もあるのでぜひ試してみてくださいね^^

Y様のご希望としましては、
・ダイニングテーブルは部屋の雰囲気に合ったものを。
・できればお庭も見れるような配置に。
ということでしたので、それを踏まえながらお話をさせていただきました。
そして、おおよそ決まったところで、イメージ見えてきました!とこの日はお帰りに。

それから1週間。もう一度お話しをということで再度来店してくださいました^^
「あれから、私達もイメージつけた上で部屋をもう一度見てみました。」
「他の所にも行ってみたのですが、、やはり3rdのものが~」
と嬉しいお言葉まで!ありがとうございます!!

さらにお聞きすると、約1ヶ月半ほどで引っ越しすることが決まっておられました。
「それまでには欲しい。。
 とにかく決められるものから、決めたいと思います!」とY様^^

それでは!と、寸法をもう一度確認し、まずはテーブルから見ていくことに。

ご希望はお部屋の雰囲気にあったものをということでしたので、
これからご家族でお使いになる上で、雰囲気が出てくるもの、味になっていけるものとして
無垢材一枚板の【 トラディションEx 】をご紹介しました。

板写真(お店)595[1]通常3rdの定番商品のテーブルに使われる天板は、節と呼ばれる枝の生えていた痕を表面に出さないように
多くの剪定を加えながら作っていくのですが、このトラディションExは、
もともとの剪定過程を少なくし、木のもつ本来の表情、形状を極力自然な状態で板剥ぎをして製作しています。
本来当たり前にある表情を当たり前に。それがトラディションEXです。

サイズは、W1600 x D900
この板であればお部屋にぴったり!板はこれに決めます!!ほぼ一目ぼれに近い状態で決まりました♪

あとは付属する椅子ですね。
すると、ご主人は前に来た際にもう決めていたという椅子が^^
それが【 NENE chair 】DSC_7077NENEは、3rd工場長 山下谷(やましたや)デザインのオリジナルチェアで、
男性でもゆったりとできる大きめの座面に、長時間座っていても疲れないように
お尻当たりにはなめらかな座刳り(ざぐり)を施した椅子になります。

張り座もあるのですが、奥様も同意見で板座になりました♪DSC_7088

ただ、フルアームな為、立ち座りの多い奥様はそこが気になるご様子。
「さっと出れた方がよいのだけど、全くないのも...。」
そうですよね。少しだけでも肘が乗せられると楽なんですよね~ということで、
ハーフアームの【 AD chair 】をご紹介しました。

NENE chair フルアーム                 AD chair ハーフアームDSC_7085深くなり過ぎない奥行き感と、腰を支えてくれる背もたれから流れるように少しだけ前に突き出したアームのAD。
これですと、条件が満たされているのでは?DSC_7082-1奥様にも気に入っていただき、完成したダイニングセットがこちらです。
お部屋の雰囲気にしっくりと合ってますよね^^
DSC_7076-1DSC_7066
おつぎは~お部屋の中心となりますリビング空間のTVボードです。

壁のサイズに合わせたこんな感じは?と【 HELLA TVB 】を見ていただきました。
「引き出しがあるのは助かるなぁ~」とY様。
そこで、一度お部屋を見せてもらい、細かく採寸後お作りすることに。

出来上がったのがこちらです!DSC_7074HELLAは、切断面を見せないように板の接合部を45°に仕上げて組み立てられており、
職人芸の光るスッキリとシンプルながらも機能的に作られているボードなのです!
さらに木目が通るように接合されていますので、細部まで美しいボードなのですよ~

さらにテレビを見ながらゆったりと過ごすソファは~と♪
お店にあるもの全てにに座っていただきました。
3rdでは、座り心地の違うものを揃えていますので、
みなさまにも、どれかは!おそらく!気に入っていただけるのではないかなと思います^^

Y様に選ばれたソファは【 INNOSENCE 】
ゆったりとした形の中にも、もっちりと体を支えてくれる、そんな座り心地を気に入っていただけました。
座面クッションの下にある土台にはイタリア直輸入のウェービングテープを使用しているため、耐久性と体圧分散性能に優れています。
また、クッションには高密度ウレタンとともに、ハンガリー産マザーグースのスモールフェザーをふんだんに用いています。特有の臭いが少ない上に、弾力性と発散性に優れているので、ふんわりとしたクッション性を保つことが出来ます。
天日干しすることで、さらにふんわりさせることができますよ♪DSC_7095生地選びは少々悩まれていましたが、お部屋に合うものを選ぶのですから当然ですよね^^
たくさんある生地の中で、今回は〈 ALDECO アルデコ 〉というブランドの物も紹介させていただきました。
アルデコはポルトガルのブランドで、ヨーロッパ全土で注目を受ける新鋭のファブリックブランドになります。
艶やかでエレガントなものや、多彩な糸を織り込みながらもシックで大人な雰囲気であったりと、ワンランク上の空間を演出してくれます。

Y様にも大変気に入っていただき、オリジナリティのあるソファが出来上がりました。DSC_7096

さらにさらに^^「少しお茶とかも飲みたいけど、リビングテーブルではなくて、そのかわりになるようなものは~?」
ということで、ソファに差し込んで使うサイドテーブルのような【 Plug table 】をおススメすると、

「コレコレこうゆこと!圧迫することなくくつろげそうです。」と喜んで下さったY様。

DSC_7094DSC_7068

居心地はいかがでしょうか~くつろげていますでしょうか?

Y様、ありがとうございました!

たまプラーザ店

2015.09.21

I邸 ダイニングテーブル・椅子・AVボード お届け

I様はお引越しを期にダイニングセットとTVボードを探してご来店になりました。

1418_01

ご新居の図面を持ってご来店頂いたのでさっそくレイアウトのお話から。
まず、レイアウトのお話をするとき、ダイニングテーブルやTVボード、ソファの大きさなど、家具の大きさや
家事動線のお話をしていきますが、その他にも大切な要素があります。

それは照明の位置です。
ダイニングテーブルの位置と照明の位置が決まるとレイアウトも決まってきます。
レイアウトが決まるとテーブルサイズも決まります。
I様のダイニングスペースにはW1500のテーブルをお薦めしました。

1418_02

しかし、I様には1点気になってた事が。。。
3rdで展示していたテーブルは角のあるシャープなデザインが多い事。
I様は角の丸いものがご希望でした。

そこでご提案したのが『T+S-01 table』です!
このテーブルは、前回のブログでご紹介した『T+S-02 table』と同じデザインで角が丸くなったものです。
シャープなラインはそのままに角が丸くなることで、柔らかな印象になります!

1418_03

「これなら優しい感じで部屋にも馴染むね!」とテーブルは『T+S-01 table』で、椅子は座り心地で選ばれた『T+S-01 chair』で決定となりました!

1418_04

『T+S-01 chair』は「3次元曲木」を使った背もたれが印象的なデザインの椅子です。
背もたれから脚までが緩やかな曲線でつながり、スッキリとし3rdの中では小さめの椅子です。
座面にダイメトロールを使っている為、おしりあたりも柔らかく長い時間座っていても疲れにくいのが特徴です。

座面はシックなチャコールグレーに決定しました!

1418_05

テーブルと椅子が決まると「せっかくだからリビングは同じ質感やテイストで揃えたい!」とI様からご要望があり
一緒にTVボードもご提案させて頂きました!

「すっきりしたデザインで扉は必要ないです。デッキとCDが置けて、高さも低めのものがいいです。」との事でしたので、「HELLA」のシリーズのオープンTVボードを見ていただきました。

1418_06

「HELLA」は3rdでも人気のシリーズです。切断面を見せない工夫がされた「HELLA」。
正面から見えるパーツは内側に向かって斜めになっているので、圧迫感がなくシャープな印象です。

1418_07

特に扉がないので、奥行きもコンパクト。
高めの脚がついたすっきりとしたデザインで「イメージにぴったり♪」と、とても気に入っていただきご契約となりました!

1418_08

お届けの時。
「本当に楽しみに待ってました!!」と、首を長くして待っていてくださったI様。
お近くにお越しの際には、ぜひお立ち寄りくださいね!

【T+S-02 table W:1500×D:850×H:700】
【T+S-01 アームレス chair  W:430× :485×H:770×SH:420】
【HELLA OPEN TVBOARD W1500×D450×H450】