オーダー家具の3rd -your life style shop-
2020.06.20

大切に長く使うためのメンテナンス

diningtable maintenance repair glay oak

昨年末に“KAKINOISU”についてお問い合わせいただいたM様。
お正月に家族が集まるので2脚、椅子が必要とのことでたまプラーザ店にご来店されました。「掃除しやすく、なるべく軽い椅子を探していて・・・。」とお悩みのご様子。

KAKINOISU”(手前右側の椅子)は、背フレームが大きく湾曲したフォルムが印象的で、背板は背中の面を合わせた削り込が長く座っていても疲れにくくフィットしてくれます。また、“PEPE chair”(手前左側の椅子)は、座面も広くゆったりとした座り心地で脚やアームが細いので重量が軽いのも嬉しいポイント。両方とも座り心地が良く、尚且つ動かしやすく掃除もしやすい椅子になります。実際に座って体感していただき、お気に入りいただきました。そして翌日、現品をお届けすることに。

diningtable maintenance repair glay oak

併せてダイニングテーブルのメンテナンスをご希望のM様。椅子の納品で伺った際に、お使いのテーブルを見させていただきました。塗装を剥がし表面をヤスリ掛けすると、木目が出ているこの雰囲気とは少し変わってくるかもしれないことをお伝えし、「それならば雰囲気を変えるのもいいですね!」とM様。そして、天板のメンテナンスと着色で仕上げるご提案をさせていただきました。

diningtable maintenance repair glay oak

奥様はグレー(オーブントースターの色)がお気に入りとおっしゃっていたので、色合わせでサンプル4種類作り選んでいただきました。木目を生かしつつ塗装をしています。

diningtable maintenance repair glay oak

diningtable maintenance repair glay oak

テーブル天板の色味を変えることによって、リビング空間の雰囲気もガラッと変わります!
家の中の「こうしてみたい!」と思うところがたくさんあると思いますが、悩んだときはいつでも相談しに来てくださいね!M様、この度はありがとうございました^^

KAKINOISU wood_W445×D500×H765×SH445】
PEPE chair_W535×D550×H770×SH435】
【Diningtable_repair】

line_02

diningtable chair repair

店内に展示してある無垢の板を見て、たまプラーザ店に立ち寄って下さったT様。
「長年使っているダイニングテーブル天板の表面に白いシミや傷、汚れがあり気になっているのでメンテナンスをするか、それとも買い替えした方が良いか悩んでいて・・・。併せてチェアの買い替えも少し考えているんです。」と伺いました。そして「実際にテーブルや椅子の状態を見させていただき、メンテナンス可能かどうか判断させていただくこともできますよ!」とお伝えし、後日、訪問することに。

diningtable chair repair

実際に見させていただき、今回はテーブルと椅子一緒にメンテナンスすることに!
無垢板のメンテナンスの場合、汚れている表面を丁寧に削る事でキレイな表面が出るのも無垢材ならでは!3rdでは、ウレタン塗装で表面に薄く膜を作り、水拭きができるよう丁寧に仕上げています。ウレタン塗装ですが、触れるとオイル塗装のような手触り。

diningtable chair repair

お使いの椅子4脚も、中身のウレタンもへたってボリュームがなくなってしまっていたので、ウレタン交換と好みの生地を選んでいただき張り替えすることに決まりました!

diningtable chair repair

メンテナンスすることによって、新品のように生まれ変わりました^^
無垢のテーブルならではですね!!お届けの際には、ご満足いただけてよかったです!
T様、この度はどうもありがとうございました。

【Diningtable_repair】
【Chair_座面張替え】

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2020.03.08

こだわりのデザインで作ったダイニングテーブル

diningtable oridinal ordermade oak

「ダイニングテーブルが欲しくて、色々見てるんです。」とたまプラーザ店にお立ち寄りいただいたI様。3rdはオーダー家具屋なので天板をお選び頂き好きなデザインの脚を付けたり、形を自由に作れるテーブルなど様々なご提案ができますよと、理想のデザインのテーブルのお話をお伺いしながら3rdの家具をご紹介♪

気に入って頂いたのは”BLISS TABLE“でした。天板の一番外側にレッグジョイントで脚を直付けしており幕板の代わりに”蟻型追い入れ接ぎ”という技法で天板の反り止めを作っているので人が座ったときの内寸を広く取れるテーブルです。

「この脚がテーブルの上まで突き抜けてるみたいなデザインだったらかっこいいと思うんですけど、そういったのも作れますか?」とI様。「作れますよ!こんな感じですか?」と簡易的に絵に描いたものを覧頂き、話しが盛り上がってきました。

天板と脚の間に少し隙間が欲しいとご要望を頂きましたが、BLISSと同じ構造で天板を浮かせるのは難しそう・・・ということで「脚の付け方も含めて一度スタッフ間で話し合い、資料をお作りします。少しお時間を頂けますか?」と図面と完成図を見に来て頂くお約束をしてこの日はお帰りに。

diningtable oridinal ordermade oak

後日、今度はご家族皆様でご来店くださいました。デザインの大枠が決まり、店内の展示品テーブルで大きさや幕板の高さ、天板の面取りなど細かいところの確認を進めていきます。
中でもこだわったのは、天板の面取りと、天板と脚の間に隙間をあけた浮遊感のあるデザイン。

diningtable oridinal ordermade oak

糸面取りの幅を外周3mm、脚と天板の間は1mmと変え、外側は角張った印象を和らげ脚の内側部分は天板が凸凹した印象にならないようにしています。

はじめ、脚と天板の間の隙間は「子どもがまだ小さいし、ここにごみがたまりそう…。」と奥様がご心配されていましたが、「必ず自分が掃除するから!」と旦那様。熱い思いが通じ、4mm開けることに決定しました^^

天板と脚の間に隙間を作る為、構造的にどうしても天板の裏に幕板が必要になりました。天板が幕板の分だけ厚く見えてしまわないかというところを気にされていたので、スッキリ見える様、脚を80mm角で製作し幕板が出来るだけ天板の内側に入るところで脚との接合部分を作っています。

diningtable oridinal ordermade oak

普段使いの人数と、お部屋の広さに合わせてサイズはW1500×D850×H720でお作りしています。海外製のチェアを気に入って使われているということでこちらの座面高に合わせてテーブルも少し高めの設定となっています。

床やお部屋の他の家具と合わせてオーク材でお作りしました。無垢材で出来ているので長く使っていくうちに傷が付いてもだんだん馴染んできて”味”として楽しんでいただけるものではありますが、もし目立つ傷が入ってしまいどうしても気になるという場合は3rdの工房でメンテナンスができるので、お気軽にご相談くださいませ!
I様、使い心地はいかがですか?この度はありがとうございました!

【特注Dining Table_W1500×D850×H720】

line_02

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2020.03.02

二人三脚で作る、理想のテーブル

livingtable ordermade oridinal oak

ヨツバコ店にお立ち寄り頂いたW様邸に、ローテーブルをお届けしました!
「サイズが、W1300×D1000くらいのリビングテーブルが欲しいんです。」と、ご自宅のサイズを測り、ご希望のサイズを決めてご来店いただいたW様。

お店の展示やこれまでお届けしたことのあるリビングテーブルは、ソファに座っている時にお茶や本などを置いたり床に座って書き物なども出来る様W1000×D500前後のサイズが多く、ダイニングテーブルの場合は4人掛けでW1400~1800×D800~900くらいのサイズをご提案する事が多いので、W様の仰るサイズは「3rdでご提案しているサイズと比べると、大きいリビングテーブルだなぁ。」というところが初めの印象でした。

(※図の商品詳細はこちら:HELLA Living Table / NENE Living Table

3rdはオーダー家具屋ですのでご希望サイズを製作する事は可能ですが、どうしてそのサイズがよいのか、更にW様のライフスタイルに寄り添ったご提案が出来ないかと思い、サイズを決めてきた経緯をお伺いしました。
すると、「気に入って使っているカウチソファがあるんですけど、このスペースにラグを敷いてその上に収まる様テーブルを置きたいと思っています。ソファに座っているときはリビングテーブルとして使い、食事の時などは床に座って座卓のような感じで使いたいんです。旦那がよく雑誌や広告などを広げて見ているので、それを置いておけるスペースが欲しくて。」とW様。

なるほど、このサイズであれば雑誌などをテーブルの上に広げたままの状態でも、奥様が使えるスペースが確保出来ますね。
細かいデザインなどのご提案をさせて頂くためにお部屋の広さや雰囲気、ソファの大きさなどお伺いしていると、W様ご希望のサイズではソファとテーブルの間にゆとりが少なく座るスペースが狭くなってしまうという懸念点が見えてきました。

livingtable ordermade oridinal oak

そこで、お食事などをする時はテーブルの上の雑誌などをサッとしまえるよう、天板の下にW1000×D400の棚を付ける事をご提案。ページを開いたまま置いても余裕のあるサイズ感になっています。
床に座る時の普段お二人がいる位置は”ソファを背もたれにして座れる所”と決まっているということで、置いた物が向こう側に落ちないよう棚に落ち止めを付け、あぐらをかいても膝が当たらないように高さを調整しています。

「これなら雑誌を避けるための広さがいらなくなるので、D1000無くて大丈夫そうです!」とW様。テーブルの大きさはW1400×D850に決定しました。高さは展示のリビングテーブルでご体感頂いた後、お持ちのクッションに厚みがあるということでご自宅でも高さの再検討をして頂き、H430でお作りすることに!

livingtable ordermade oridinal oak

来客時テーブルを囲んで座った際も脚を伸ばして座れるよう、面脚ではなく4本脚にしています。
また、脚は六角レンチで取り外しのできる”レッグジョイント”で付いているので、今はダイニングテーブルを置かず『ソファ中心の生活にしたい』というお話でしたが、将来的にライフスタイルが変わり、『ダイニングテーブルを使う生活がしたい!』となった際は長いテーブルの脚を新しく製作し、付け替えてご使用いただくこともできます^^

「あんまり重厚感のある見た目は好きじゃないので、スッキリ見えるデザインがいいです。」とリクエストを頂いたので天板を面取りし、脚にしぼりをいれました。

livingtable ordermade oridinal oak

天板を横から見ると30mmの天板を真っ直ぐ10mm落としたところから、内側に角度を入れているので目線の高さから見ると実際の厚みより薄くすっきり見えるところがポイント。
「ソファがえんじ色で、床がグレーっぽい明るい色なのでバランスが取れる色の木で作りたいです。」ということで出来たてはグレーがかったような黄褐色が特徴的で、長く使っていくと経年変化で少しずつ黄色味が増してくるナラ材でお作りしました。
テーブル周りを中間色で揃えることでえんじ色のソファがお部屋のアクセントになる素敵な空間になりました♪

ナラの板目は力強い木目がはっきりと出るのでナチュラルにお部屋に馴染むよう、柾目取りをしています。

livingtable ordermade oridinal oak

W様、細かい図面の確認やご自宅での検証など、ありがとうございました!理想が形になったテーブルの使い勝手はいかがですか?
また何かお手伝い出来ることがございましたら今度はぜひ、たまプラーザ店にもお立ち寄りくださいませ♪

【特注ローテーブル_W1400×D850×H430】

line2_3

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2019.06.18

探し求めていたラウンドテーブル

round_table_ork_ordermade白木で、かつ引き出しのあるテーブルを作りたいと考えていたH様、インターネットで「ラウンドテーブル」を検索していた所、3rdブログ「H様 引き出し付き丸テーブルお届け」を見つけて頂き「まさにこのデザインで欲しい!」と東戸塚店にご来店下さいました!
「今、使用しているダイニングチェアがオークなので、オークで製作出来ますか?」とご相談頂きました。もちろん、3rdではオークでもテーブルを製作しております!
3rdのブログで見た引出付きのラウンドテーブルとデザインは同じで2人で使用する事、置く場所のスペースから予めテーブルサイズ直径1100mm位がいいと完成イメージが明確にあったので、よりH様のイメージに近付けるべくお話しを伺っていきます。
round_table_ork_ordermade「ワークデスクとしても使いたいので引き出しにはA4サイズの書類を入れたいんです」とのご要望で引き出しの内寸は横幅390mm×奥行359.2~404mmとA4サイズの書類を平置きの状態で縦でも横でも入れられるようデザインしました。こうする事で、ファイルに綴じた書類を収納する事も出来ます!
引出は両サイドに設置しているので、2人仲良く向かい合って作業する事が出来ますね!また座った時に足を圧迫せず、椅子から立ち上がる際に足に当たらないよう引出の深さは幕板の高さに収まるようにしています。

round_table_ork_ordermaderound_table_ork_ordermadeお持ちのダイニングチェアの横幅がテーブル脚の間に収まるよう、テーブル脚の位置も調整しました!また丸い脚の付け根はΦ70から始まり、足元はΦ40と絞りを入れる事によって、すっきりとした印象に仕上がっています。
ワークデスクとしての機能性と引き出し前板に曲線を持たせ幕板に収める事でダイニングテーブルとしてのデザイン性の両立を意識して設計しました。H様にも気に入って頂けて嬉しいです!
これまでにお届けしたことのあるテーブルのデザインを参考にしつつ、引き出しを付けたい、テーブル脚の付け位置を微調整したい等、テーブル一つにも自分なりのカスタマイズが出来るのがオーダー家具の魅力の一つでもあります!

round_table_ork_ordermade具体的にお話が進む中、自宅にテーブルを置いた際、椅子に座った状態で引き出しを引き出せるスペースが本当にあるのか心配されていたH様。折角イメージ通りのテーブルが届いても使用出来なければ、意味がありません。
お部屋のお図面やお写真を拝見しながら、テーブルの置き場所、引き出しが引ける椅子の配置を確認させて頂き、実際に店頭で引き出しに見立てたファイルをテーブルに配置して引き出しを開けた時の椅子の引き幅やその時のカウンターまでの距離をメジャーで測りつつカウンターに見立てた棚でお部屋に置いた時にどうなるかを疑似体験して貰いました。「これなら大丈夫!安心しました!」と安堵したH様。

そして、思い描いていた理想のテーブルのお届けです!オークで揃えた家具や白い壁にとてもマッチしたダイニングテーブル兼ワークデスクに仕上がりました。
探し求めていたテーブルでの作業も、食事も、格別かと思います!心行くまでご堪能下さいませ!

【特注Round Table_Φ1100×H700】


CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2019.01.20

一つ一つにこだわりのあるサイドボード

今回はサイドボードをご紹介いたします!

まずはI様邸へお届けした”飾る”と”しまう”を分けたサイドボードのご紹介です。

sideboard walnut glass light

sideboard walnut glass light

中央寄りにガラス扉、サイドに木の扉で製作したこちらの収納。ガラスの扉部分は照明を入れ、ガラスの棚板にしていることでモノをきれいに飾り見せる部分としてデザインしました。それから木の扉部分はシンプルなデザインにしていくことでガラス部分をより際立たせながら木を見せる部分となるようデザインしました。

sideboard walnut glass light

右から4枚目の扉部分まではサイドボードとしての使い勝手を重視し奥行きを450mmに設定。そして5枚目部分はコンセント位置と被らないよう奥行きを減らしています。奥行きを変えることで立体感が出ておりシンプルさだけではない魅力が生まれています。

sideboard walnut glass light

引出を2杯つけておりますので、ダイニングでサッと使いたい小物やカトラリーの収納もばっちりです!左右の梁の奥行きの違いやコンセントの位置からサイズを悩みましたが、とてもきれいに収まり私たちも嬉しい限りです。

サイドボードと一緒にお届けをしたTVボードがこちら!

affable tvboard walnut glass

affable tvboard walnut glass

3rd定番のデザインAFFABLE TV BOARDを少しアレンジしお届けしました♪
ベースとなるAFFABLE TV BOARDは上部にフリッパータイプの扉を4枚、下部に引出4杯のデザインですが今回はデッキはあまり多くないというI様仕様にデザインを変更。中央にデッキを収納するフリッパー扉2枚とCDやDVDを収納できる高さの引出2杯、サイドには中が可動棚になっている開き扉を1枚ずつで製作しました。開き扉の部分を作ることで収納力がアップしています!

affable tvboard walnut glass

そして3rdの力の見せ所である背板の開口!壁のコンセント位置に合わせ開口を作り、方立と地板に配線孔をつけることでコードのやり取りを家具内で済ませられるようにしています。これで家具を壁にぴったりくっつけられるのですっきりとした印象になり家具と壁の間にコードがたまらずお掃除も楽ちんです^^

affable tvboard walnut glass

I様ありがとうございました!
また何かございましたらいつでもご相談ください!

line1_1

sideboard walnut glass light black tile

続いて天板にタイルを使用した特注サイドボードのご紹介です。

こちらは左上部をタワーの食器棚にしたW2700mmと大きめのサイドボードです。サイドボードの奥行きは450mmですが、食器棚部分は背が高いので奥行きを350mmと狭めにし、扉と側板をガラスで製作することで圧迫感を減らしています。ガラスの棚板に照明をいれていますので何がどこにあるかが分かりやすく、さらに食器をきれいに収納することができます。

sideboard walnut glass light black tile

食器棚の下は引出を多めにデザインしました。上から1段目はカトラリー等を、2段目は小皿や小さめのカップ等、3段目はお茶碗やカップ等、4段目は大皿やお鍋まで入れることができます。3段目までを2杯ずつにすることで振り分けやすく、引き出しやすくなっています!
サイドボード中央は黒の引き戸で製作。引き戸は真ん中から右にスライドができます、スライドすると可動棚の収納になっており、しまうモノに合わせ調整することができます。

sideboard walnut glass light black tile

サイドボード右側は引き戸がくる分奥行きを減らして製作しています。
引き戸にはメラミン材のブラックを使用しており、ウォールナットと黒の組み合わせでぐっと引き締まった雰囲気になっています。

sideboard walnut glass light black tile

天板にはHASH TABLEを見てお気に入りいただいたタイル材を使用しています。落ち着いた色味がWNとの相性抜群です!個性的だけど落ち着いたサイドボードに仕上がりました!

お打ち合わせから何度もご来店頂き製作、お届けしたサイドボードです。
N様ありがとうございました!

line_01

続いてカウンター下収納のご紹介です。

床からカウンターまで、壁から壁までのぴったりサイズで製作をしました。シンプルなデザインにすることでタイル材でできたカウンターが映えるようにしています。突板で製作をしているため6枚の扉が板目の縦ラインの表情で揃っています♪

sideboard counter walnut

奥行きが325mmと狭いので中は可動棚にし様々なものを工夫し収納できるようにしました!

sideboard counter walnut

K様ありがとうございました!
またお店にも遊びにいらしてください^^

line_03

sideboard oak

こちらはU様がすでにお持ちの食器棚に合わせ製作したこちらのボード。
置く場所が決まっておりましたので、ご来店頂いた当日にそのままご訪問をさせて頂きデザインやサイズを決めていきました!横幅と奥行きを既存の食器棚と同様のサイズにし、高さを食器棚から天井までぴったりになるよう製作しました。

sideboard oak

木の種類も食器棚に合わせオーク材にしています。出来立ては白木らしい明るさですが、経年変化でどんどん黄色味が濃くなってくるオーク材。現在は既存の食器棚と新しく製作した収納の色味に少し差がありますが、木の経年変化は5年ほどで安定してくるものが多いのでだんだんと色味が近づき馴染んでくることでしょう!経年変化も楽しみながらお使いいただけると嬉しいです!

sideboard oak

ぴったり合うかドキドキしながらお届けしたこちらのボードですが綺麗に収まり安心しました。既存の家具との雰囲気も整っていますね♪
採寸を細かく行い製作をしていく私たちですがお届けの際はドキドキと緊張します、、時間や手間のかかるオーダー家具ですが、想定通りにぴったりと納まった時の達成感や、お客様の嬉しそうなお顔を見られる喜びが大きいので、一度はじめるとくせになってしまいます。
U様も以前からお世話になっているユーザー様!いつもありがとうございます!
今後ともどうぞよろしくお願い致します!

【特注Side Board】
特注AFFABLE TV Board
【特注Dining Board】
【特注カウンター下収納】
【特注Board】

WANTED
3rdではショップスタッフ、設計デザインスタッフを募集しています。インテリアや家具デザインに興味のある方は是非お問い合わせください。
また工房スタッフ(家具職人)も合わせて募集しております。

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。