オーダー家具の3rd -your life style shop-
2022.07.11

3役を兼ね備えたカウンターデスク収納


海外赴任からお戻りになられたM様
賃貸に出されていたご自宅を再び快適に住めるようにと、収納家具のご相談に来店くださいました。

M様ご要望の品は、
①お気に入りのグラスやカップを飾って魅せるカウンター下収納
②ダイニングテーブル近くに、窓際を利用したデスク
③収納力のあるサイドボード
の3点。

そこでご提案させて頂いたのが、上記①②③全てが一体型になったようなL字型収納家具!

①「魅せたいカウンター下収納」
お気に入りのグラスやカップを美しく魅せるためのガラス引戸と照明を、上部に採用しました。
下部は日常使用のグラスやカップを収納する場所として、外から見えない仕様+ダイニングテーブルと干渉しないよう引戸にしました。

②「窓際を利用したデスク」③「収納力のあるサイドボード」
ちょっとしたパソコン作業やメールチェック、書類整理などの場所として。
ノートパソコンが仕舞えるスペースもつくりました。
現調にお伺いした際、置き場に困られていた卓上ウオーターサーバーのちょうどいい置場にもなり一安心です。

デスク前の窓ガラスは不透明で、外からも中からも視線が合うことはありませんが、人の気配は気になるもの。
元々、こちらの窓にはローマンシェードが取り付けられていましたが、現調時お話をお伺いする中で、一部視線を遮ったり、解放したりできるブラインドをお勧めしました。

デスク並びのサイドボードには、お子様たちの学校関係の書類など外に出しておきたくない細々したものの収納に。
A4サイズの書類やファイルがしっかり仕舞えるサイズ感となっています。
 

(↓)下の写真は、ご来店時、追加でご検討くださったソファとブラインド。

奥様が座り心地を大変気に入ってくださったソファ「LATTICE」は、「レスピール」という高性能な低反発素材を使用し、下からの反発を無くした、体圧を効率よく分散して体を優しくサポートしてくれるソファ。
ファブリックはブラインドや床、壁色に合わせて落ち着いたベージュをお選びに。
オットマンは足を伸ばしてゆったり座ることができ、離して置けば一人用ソファにも。移動しやすくオススメです。

陽当たりの良いM様邸リビングの吐き出し窓にはバーチカルブラインドを。
バーチカルブラインドには、天井がより高く、空間が広く感じられるという特長があります。 さらに、ホコリも溜まりにくくお手入れが簡単なのも嬉しいポイント。
お部屋がスッキリ見えます。

 

「より美しく魅せるため」機能、デザインにもこだわった収納家具、その後の使い心地など如何でしょうか?

M様、ありがとうございました!

特注カウンター+デスク収納 W2730×D300×H1045 W2250×D400×H700

2022.01.14

落ち着きのあるリビングダイニング

お引越しに伴いリビングダイニングの家具をお探しでご来店のM様
当初は収納力重視でご検討されていましたが、新居はリノベーションを行う予定の為、そちらで収納スペースを確保されることになり、家具はボリュームを抑えたシンプルな設計で進めさせていただきました。

こちらが最終イメージ↓
サイドボードとテレビボードの間の隙間には空気清浄機を設置される予定とのこと。


家具設置前のリビングダイニング。これからこの空間に家具を設置していきます!


徐々に設置されていく家具たち。
3rd家具職人はその場で臨機応変に対応してくれ、毎度心強いです!

下の写真は椅子をお届け前の写真

格子扉のシンプルながらこだわったテレビボード、
ダイニングボードは下段を見せない収納に、上段はオープンスペース部分と飾り棚としても使えるガラス戸棚部分を設けました。
異素材のガラスを中の棚板にも使用したことで、一気に軽さが出ます。
下段と上段の幅を変えると圧迫感も軽減され、後ろに見えるグレーのアクセントクロスがウオールナットの家具を一段と引き立ててくれます。

家具が納まると一気にお部屋らしい空間になりました。

下の写真は後日、椅子をお届けしたときの写真です。人気の椅子の為、椅子のみお届けをお待たせすることになってしまいました。

これでダイニングセットの完成!
こちらの椅子は人気のpepe chair。
徳島にある「宮崎椅子製作所」様にて製作された椅子です、
とても軽くて移動しやすい、けれど椅子を専門に作られているだけに構造もしっかりと安定しているので、とても人気のある椅子なのです。
男女問わず、ゆったりした座り心地も人気の一つ。

M様、お忙しい中、お付き合い頂きありがとうございました。
使いやすい空間になっていますでしょうか??

皆様と寄り添いながら作っていく3rdのオーダー家具。
お部屋ごとのレイアウトなど、お困りごとがございましたら何時でもお気軽にご相談くださいね。
最後までご覧いただきありがとうございました。

【AFFBLE DINING TABLE:W1600×D800×H700】
【PEPE ARM CHAIR:W535×D550×H770/SH435】
【DINING BOARD:W1800×D450×H2100】
【TV BOARD:W1550×D450×D450】
※樹種全てブラックウォールナットrd

2021.05.27

収納力重視のオーダーメイド家具

収納力のあるTVボードとダイニングボードをお探しでご来店くださったT様ご夫妻。

当初は既製品のユニットタイプもご検討されていたようですが、
お話をさせて頂く中で、サイズがぴったりと収まる、収納スペースを一から考えられるオーダー家具に興味をお持ち頂き、今回のご提案となりました。

↓ テレビボードとダイニングボード設置前写真

TVをご覧になる際には、リビングやダイニングにその都度移動されていたというキャスター付テレビ台(写真1枚目)、
ダイニングボード設置場所右下には、ガスストーブ用コンセントがあります(写真2枚目)。

今回ご希望されたのは
ダイニング側からもリビング側からもTVを見ることができる収納力のあるTVボードと、
ガスストーブを使用しない時期は本体を収納し、使用する時期はごちゃついて見える配線が隠せる。
その他、洗濯に使う細々した物を収納できるダイニングボードを、とのことでした。

これらのご要望を叶える為、ご提案させて頂いたイメージ資料がこちら↓
↓下の写真は組立風景
分割して製作したものをご自宅に搬入してから組み上げていきます。
↓下の写真は腰高のボードと背の高いボードの連結中!その後、飾り棚を取り付けます。

そして完成した姿が下の写真↓

サイズもぴったりでホッと一安心(笑)もともとスッキリされているご自宅が収納場所が増えたことで益々スッキリと見えます。
今回はTVを壁掛けにするため、壁の補強として背面パネルを取り付けました。
パネルに金具を取り付けることにより、壁に直接取り付けるより強度が増し、壁を補強する分のコストも削減することができます。

首振り金具により、ダイニング側からもリビング側からもテレビを見ることが可能になりました。
収納力も抜群です。

正面向かって右側の背の高いボード下段には掃除機、使わない季節のガスストーブを収納する場所に。
冬場に使うガスストーブの配線を延ばせるよう、下部に床との空きスペースを設けてあります。
使用する場所近くに収納するスペースがあるのは、片付けが億劫にならずすみますね。

上段には洗濯物に使う物干しハンガーや洗濯ばさみ等、細々した物の収納に。
物干しハンガーや洗濯ばさみ等の保管場所にはお困りの方も数多くいらっしゃると思います。
当たり前のように洗面室に置くしかないと思っていた物も、使い方を考えれば置き場所も変わり、それによって生活動線も変わっていきます。

普段の生活の何気ない、「もう少しこうだったらいいな」と感じることを、3rdではお客様と一緒に改善策を考えご提案できればと考えています。

T様本当にありがとうございました。

【テレビボード収納_w1620×d500×h500/1850】
【ダイニングボード収納_w2310×d450×h850/1900】

2021.03.01

開放感のある食器棚 

ダイニング側の壁をスッキリさせたいと、ご来店くださったH様。
使いやすい高さで圧迫感のない、耐震性にも優れた食器棚というご要望でした。製作したのがこちら↓

収納力を確保するため、壁~壁(幅2040mm)で製作。この事により隙間や凹凸感がなくスッキリした印象になります。
高さは奥様が無理なく手の届く範囲で1800mmにしています。通常、耐震性を考慮し天袋収納を入れ天井まで作りますが、上部収納は台に乗らないと使えない事と圧迫感を考慮しこの高さにしています。
耐震性に関しては、隣家との境の背面壁はRCで壁打固定不可の為、食器棚内部より側面壁に固定し、ご要望でもあった耐震性もばっちりです。
素材に関してはお使いのダイニングテーブルに合わせ、ウォールナット材で製作。壁一体となって、元々そこにあったかのようなつくりになっているのはオーダー家具ならではです(^^)

下台に関しては腰高に桐材の引き出しを入れ、カトラリーや文具など細かいものを収納します。桐材は抗菌作用・湿度調整にも優れており、カトラリー以外にも食品や日常生活で使用する細々したものの保管場所としても適しています。
この家具とテーブルの間の幅を多くは取れなかったので下部は引戸にしています。開扉ですと前に出て邪魔になりますが、引戸にする事により収納物の出し入れもしやすくストレスなく使うことができます。
設計する際、なるべく余分な線を減らしたいので上下左右のラインはなるべく揃えていきますが、今回下台の引戸に合わせてガラス扉を4枚にしてしまうと扉が大きくなりすぎて使いにくい為、ガラス扉は5枚に分けました。
上下のラインは揃っていませんが、全体のデザインをシンメトリーにしているので、まとまりがありスッキリとした印象に仕上がりました。

上台はガラス扉にし照明(LEDダウンライト)を入れ棚板もガラスに。下台と奥行き感を変える事により、圧迫感を軽減し抜け感がでるようデザインしました。

↑ こちらは搬入経路の関係上、合計4つのパーツに分けて製作した図面です。分割ラインを隠し、一体の家具に見えるように設計しています。

↑設置風景。分割されたパーツを運び込み組み上げていきます。照明の配線をつなぎ下台のレベル(水平)を確認しながら家具が壁面にしっかり付くように調整していきます。扉の開き具合や収まりを微調整し最後にフィラー処理をして完成です!

今回、長年大切に使われていたダイニングテーブルの削り直し、塗装仕上げも承りました。左右対称の見事なブックマッチ!
これからもまた、H様ご家族の元で新たな歴史が刻まれ表情を変えていくことでしょう。その変化もまた、無垢材の良さ、面白さ。食器棚共、経年変化が楽しみです。
H様、今回はご依頼頂きありがとうございました!!

2020.09.07

多機能を壁に収める

壁面収納をご要望でご来店いただいたYさま。展示を見て頂き3rdの収納の特徴や作り方をご説明させて頂きました。立って作業するワークスペース、大型のTVを置くスペース、飾りたな、本棚などなど、大凡のご要望をお伺いし
ご提案資料に。後日、ご自宅にご訪問し採寸と詳細のお打合せをし完成したのがこちらです!

大型の壁面収納ですので搬入経路など考慮し今回は8個のパーツにわけ製作。仮組みし壁に収まるか、開口の位置はあっているかなどを確認し裏面の配線関係を繋いでいきます。家具が組み上がったら家具内部下側(台輪)にあるアジャスターを調整し家具の水平垂直を合わせます。これで壁に打たなくても家具の安定感が出ます。

フィラー作業(隙間埋め)の様子です。3mの壁に3mの家具を作ってしますと入らないので家具は壁実寸より約-1cmして製作します。その1cmの隙間を同材のパーツを削り埋めていく作業です。

同時に扉や引き出しがスムーズに開くかなど微調整をし設置完了です。

向かって左側からワークスペース、立って作業をする仕様ですので高さを1mにし下の空間はプリンターを収納します。中央は55インチのTVが収まるよう広めに区画をとり下にAV機器収納+引き出しの仕様、右側は本棚/飾り棚/収納スペースになっています。圧迫感を軽減する為、目線の位置はガラス扉や照明を入れることにより抜け感を出しすっきりした印象になるようデザインしています。

最初ご訪問時にお持ちしたスケッチ。お打合せして仕様が変わっております。

↑プリンター収納部はスライドトレーにスキャンや後ろ給紙も使いやすいように。
↓お部屋のコンセント位置は開口し家具のコンセント、照明のコンセントをとっています。配線が干渉しないように可動棚板は欠き込みしています。

今回お客様にも色々とご協力いただきスムーズな設置ができました。Yさまありがとうございました!

■壁面収納:ウォールナット突板ウレタン全消し仕上げ
w.3470 d.500/400 h.2425

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。