オーダー家具の3rd -your life style shop-
2021.07.02

新たな使い途をリメイクで

在宅勤務が増えたことを機に、お母様から譲り受け使われていたドレッサーをデスクとして使いたい、
その他諸々リメイクのご相談で来店くださったS様。

↓下の写真はリメイク前の様子

真ん中のドレッサーと右側部分のTV台として使われている机、これらがリメイクで変わった姿がその次の写真です。
この機会にと椅子座面の張替もご依頼頂きました。

リメイク後(↓)

ドレッサー上部の収納棚をなくし無垢材で新規天板を製作しました。
在宅勤務に欠かせないPCコンセントを新規設置したことで一気にドレッサーからデスクに様変わり!
「なるべく原型を残した状態でのリメイクを」とのご希望にも添えることができました。

お選び頂いた椅子の張り生地は、高耐久で汚れが簡単に落とせる人気のアクアクリーン カラブの赤。
アクアクリーンは水で汚れが落とせる優れもので、ペットのいるお宅や小さなお子様のいるご家庭では特にオススメの生地です。
S様のお部屋のように家具が同系統色で揃えられている場合は特に、赤は色が映えてお部屋のポイントになります。


(↑写真上段)
右のTVボードは空いた残りの空間にぴったりはまるよう新規で製作しました。天板は無垢材を使用。
右側のマルチコンセントから全ての電源を取り、アンテナなど含め家具内部に配線が回せるよう配線ルートを確保しています。
向かって左は開き扉の収納棚、右はデッキとプリンターの収納に。

(↑写真下段)
プリンターはスライドトレーを入れ、必要時手軽に出せるようにしました。

上(↑)の写真は、ドレッサーの上部収納棚と天板を利用して製作したリビングテーブル(座卓)。
脚は新規で製作しています。
工房に立ち寄った際、研磨の手伝いをすることがありましたが、違う箇所の板材を使って作るリビングテーブルの天板は製作がなかなか難しかったようです。

新しく生まれ変わった姿!
デスク、テレビボード天板は無垢材を使用。素材はオーク材を着色し格段に良い素材感になりました。
サイズ、素材感が統一されお部屋もスッキリして見えます。
大切な家具が別の形で息を吹き返し、その姿を見られたS様の笑顔はわたしたちの次のステップに繋がります。

これまでも、これからも物を大切に使われるS様の姿に、お母様もさぞお喜びのことでしょう。
S様、ありがとうございました!

古くなったから、使い途がなくなったから終わり・・・ではなく、良いものを永く大切に使い続けて頂く為に、
3rdはメンテナンス、リメイクもお客様の状況に応じたご提案をしていきたいと考えています。

「我が家にも元々の用途では使わなくなった、使えない、使いにくい、だけど思い入れの家具がある」と困っておられる方は一度当社にご相談に来られませんか?
新たな使い途が見つかるかもしれません。

2020.09.12

リビング学習をオーダーで

リビングダイニングでお子さまの学習をする為、デスクとオープンシェルフ(本棚)をご検討でご来店いただきました。お父さまが大凡のプランを考えていらっしゃったので、それを基に使い勝手、バランスや動線を考慮し設計していきました。

後日資料を持ってご自宅にお伺いし寸法などを確認。リビング側からはお父さまの本、デスク側からはお子さまの参考書といったようにオープンシェルフの可動棚は両面から使いますので、ものが落ちないように片側に落ちどめをつけています。またデスクの高さと合わせられるよう棚ダボの位置を調整しています。デスクの貫は足をのせることも考慮し設計。大人になっても大切に使って頂けそうです。


後日ご来店いただきソファも一緒に変えたいとの事で色々座ってもらいそれぞれのご説明をし決定したのが木枠のフレームデザインが特徴でフェザーとウレタンを使用したSOFA SURF。モチっとした包み込まれるような座り心地は他のソファではなかなか味わえません。動線を考慮し2人掛けと1人掛けをリビングテーブルとあわせて配置、今までお使いのソファは、とてもボリューム感のあるものだったので、すっきりとしたまとまった空間になりました。庭を見ながらゆっくりと気持ちよく寛げそうです。

ご家族で相談し決めた張生地のターコイズブルーがとても綺麗でウォールナットとの組み合わせもバッチリでした。

【Book board_W1600×D350×H1200】
【Desk_W1200xD535xH700】
【sofa SURF 2p_W1500×D845×H800】
【sofa SURF 1p_W830×D845×H8000】

2020.06.11

引き継がれる家具

repair「大正時代に造られたタンスの補修は出来ませんか?」とお電話でお問い合わせ下さったS様。
代々受け継がれて来た大切なタンスだと言います。祖母の自宅を整理して出てきた年代物のタンスを、出来れば活用したいのだと。
タンスの状態を分かる範囲で教えてもらうと「タンス自体は大丈夫なんですが、引き出しの中にカビが生えていてとても中に何かを入れておける状態ではないんです」とS様。
repairカビが生えているということは湿気で引き出しの底板などが歪んでしまっている可能性があります。
引き出しが引き出しにくいなどの症状があるか確認すると、引き出しによっては固く感じる箇所もあるとの返答でした。
引き出しだけの補修なのか、タンス全体の部品を取り換えなければならないのか、電話口では判断が出来ないのでご自宅にお伺いする日程を決めさせて頂きました。
ご自宅にお伺いし、タンスを拝見すると引き出しだけでなくタンスの背中部分にあたる背板もカビで木の表面が波打っていました。
一番カビの酷い引き出しは、引手金具と丁番部分を残し、前板・底板・妻板・先板と全部を取り換える必要がありました。
「代々受け継がれていたタンスだけど、全部取り換えるぐらいなら、もう新しいものを買うわ」と半ば諦めていたS様はタンス天板や側板がそのまま残るのであれば修繕したいと修繕をご依頼下さいました。
repair長年受け継がれていたタンスをこの先も長くご愛用頂くため、また、経年と共に色あせてしまっていたタンスの色も元の艶やかな色味になるよう補修致しました。
repair一番カビの浸食が酷かった引き出しは、前板に丁番金具をはめ込み、今までと変わらず鍵付きの引き出しとして使用出来るように。もちろん、引手金具も残しています。
色むらの出ていたタンスの塗装を施して、面影をそのままに見事に復活しました。
またS様からお子様へ受け継がれていくことを心から願っております。

【箪笥補修】

remake娘様が幼少期から使用しているテーブルを、娘様の結婚を機に買い替えようと考えていたA様ご家族。
子どもと食卓を囲めるようにと少し小さなダイニングテーブルを使用していたが、A様ご夫婦、娘様ご夫婦と大人4人で囲むには手狭になってきていると教えて下さいました。
ダイニングテーブルとは別に、立派な花梨のリビングテーブルをお持ちだと言います。
テーブルサイズがW1500×D800程あり、リビングテーブルとして使用するには少し大きいかな、と思いつつ、勿体ないので花梨の天板だけでも活かせないか?とA様のご希望で娘様がインターネットで3rdを見つけて下さいました。
しかし、花梨の天板を支える脚のデザインを気に入っているので脚をそのまま活かせないのか?と奥様。
写真を拝見すると、重厚感のある、厚みのある天板。この天板を支えるには継ぎ足し脚にするよりは、しっかりと天板に固定できるダイニングテーブル用の脚を製作した方が強度面で安心感がありました。
「やっぱり重い天板を支えるために鉄の脚でないとダメですかね?」とA様。以前もダイニングテーブルにしようと思ったことがあるが、無機質な鉄の脚になってしまうなら、と断念した経験があったと言います。
木の脚で製作することは可能ですよ、とお伝えし、天板をしっかりと支えるために幕板4本脚をご提案致しました。
提案内容を聞いて「木の脚で作れるなら、ダイニングテーブルにしよう!」と笑顔でリメイク決めて下さいました。
remake「完成を心待ちにしてます」と嬉しいお言葉と共にテーブルを引上げさせて頂きました。
大切に使ってきたテーブルを脚を付け替えるだけではなく綺麗にメンテナンスを施し、再度A様のご自宅へ。
綺麗に生まれ変わったテーブルを見て、大変喜んで下さいました。
素敵な仲良し家族の食卓に新たな花を添えられますように。

【Table remake】

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2020.03.02

二人三脚で作る、理想のテーブル

livingtable ordermade oridinal oak

ヨツバコ店にお立ち寄り頂いたW様邸に、ローテーブルをお届けしました!
「サイズが、W1300×D1000くらいのリビングテーブルが欲しいんです。」と、ご自宅のサイズを測り、ご希望のサイズを決めてご来店いただいたW様。

お店の展示やこれまでお届けしたことのあるリビングテーブルは、ソファに座っている時にお茶や本などを置いたり床に座って書き物なども出来る様W1000×D500前後のサイズが多く、ダイニングテーブルの場合は4人掛けでW1400~1800×D800~900くらいのサイズをご提案する事が多いので、W様の仰るサイズは「3rdでご提案しているサイズと比べると、大きいリビングテーブルだなぁ。」というところが初めの印象でした。

(※図の商品詳細はこちら:HELLA Living Table / NENE Living Table

3rdはオーダー家具屋ですのでご希望サイズを製作する事は可能ですが、どうしてそのサイズがよいのか、更にW様のライフスタイルに寄り添ったご提案が出来ないかと思い、サイズを決めてきた経緯をお伺いしました。
すると、「気に入って使っているカウチソファがあるんですけど、このスペースにラグを敷いてその上に収まる様テーブルを置きたいと思っています。ソファに座っているときはリビングテーブルとして使い、食事の時などは床に座って座卓のような感じで使いたいんです。旦那がよく雑誌や広告などを広げて見ているので、それを置いておけるスペースが欲しくて。」とW様。

なるほど、このサイズであれば雑誌などをテーブルの上に広げたままの状態でも、奥様が使えるスペースが確保出来ますね。
細かいデザインなどのご提案をさせて頂くためにお部屋の広さや雰囲気、ソファの大きさなどお伺いしていると、W様ご希望のサイズではソファとテーブルの間にゆとりが少なく座るスペースが狭くなってしまうという懸念点が見えてきました。

livingtable ordermade oridinal oak

そこで、お食事などをする時はテーブルの上の雑誌などをサッとしまえるよう、天板の下にW1000×D400の棚を付ける事をご提案。ページを開いたまま置いても余裕のあるサイズ感になっています。
床に座る時の普段お二人がいる位置は”ソファを背もたれにして座れる所”と決まっているということで、置いた物が向こう側に落ちないよう棚に落ち止めを付け、あぐらをかいても膝が当たらないように高さを調整しています。

「これなら雑誌を避けるための広さがいらなくなるので、D1000無くて大丈夫そうです!」とW様。テーブルの大きさはW1400×D850に決定しました。高さは展示のリビングテーブルでご体感頂いた後、お持ちのクッションに厚みがあるということでご自宅でも高さの再検討をして頂き、H430でお作りすることに!

livingtable ordermade oridinal oak

来客時テーブルを囲んで座った際も脚を伸ばして座れるよう、面脚ではなく4本脚にしています。
また、脚は六角レンチで取り外しのできる”レッグジョイント”で付いているので、今はダイニングテーブルを置かず『ソファ中心の生活にしたい』というお話でしたが、将来的にライフスタイルが変わり、『ダイニングテーブルを使う生活がしたい!』となった際は長いテーブルの脚を新しく製作し、付け替えてご使用いただくこともできます^^

「あんまり重厚感のある見た目は好きじゃないので、スッキリ見えるデザインがいいです。」とリクエストを頂いたので天板を面取りし、脚にしぼりをいれました。

livingtable ordermade oridinal oak

天板を横から見ると30mmの天板を真っ直ぐ10mm落としたところから、内側に角度を入れているので目線の高さから見ると実際の厚みより薄くすっきり見えるところがポイント。
「ソファがえんじ色で、床がグレーっぽい明るい色なのでバランスが取れる色の木で作りたいです。」ということで出来たてはグレーがかったような黄褐色が特徴的で、長く使っていくと経年変化で少しずつ黄色味が増してくるナラ材でお作りしました。
テーブル周りを中間色で揃えることでえんじ色のソファがお部屋のアクセントになる素敵な空間になりました♪

ナラの板目は力強い木目がはっきりと出るのでナチュラルにお部屋に馴染むよう、柾目取りをしています。

livingtable ordermade oridinal oak

W様、細かい図面の確認やご自宅での検証など、ありがとうございました!理想が形になったテーブルの使い勝手はいかがですか?
また何かお手伝い出来ることがございましたら今度はぜひ、たまプラーザ店にもお立ち寄りくださいませ♪

【特注ローテーブル_W1400×D850×H430】

line2_3

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2020.02.16

FENE living table

FENE living table

サイズ
W:1000~1800 D:450 H:350
※素材、サイズ等オーダー可
価格
¥195,000(税別)〜

鉄と天然木を組み合わせたFENEシリーズのリビングテーブル。L字置きや広げて置いたりと使用する場面に合わせ色々な置き方が可能です。棚板も付いているのでリビング周りの雑多な物を収納出来ます。