オーダー家具の3rd -your life style shop-
2022.01.14

落ち着きのあるリビングダイニング

お引越しに伴いリビングダイニングの家具をお探しでご来店のM様
当初は収納力重視でご検討されていましたが、新居はリノベーションを行う予定の為、そちらで収納スペースを確保されることになり、家具はボリュームを抑えたシンプルな設計で進めさせていただきました。

こちらが最終イメージ↓
サイドボードとテレビボードの間の隙間には空気清浄機を設置される予定とのこと。


家具設置前のリビングダイニング。これからこの空間に家具を設置していきます!


徐々に設置されていく家具たち。
3rd家具職人はその場で臨機応変に対応してくれ、毎度心強いです!

下の写真は椅子をお届け前の写真

格子扉のシンプルながらこだわったテレビボード、
ダイニングボードは下段を見せない収納に、上段はオープンスペース部分と飾り棚としても使えるガラス戸棚部分を設けました。
異素材のガラスを中の棚板にも使用したことで、一気に軽さが出ます。
下段と上段の幅を変えると圧迫感も軽減され、後ろに見えるグレーのアクセントクロスがウオールナットの家具を一段と引き立ててくれます。

家具が納まると一気にお部屋らしい空間になりました。

下の写真は後日、椅子をお届けしたときの写真です。人気の椅子の為、椅子のみお届けをお待たせすることになってしまいました。

これでダイニングセットの完成!
こちらの椅子は人気のpepe chair。
徳島にある「宮崎椅子製作所」様にて製作された椅子です、
とても軽くて移動しやすい、けれど椅子を専門に作られているだけに構造もしっかりと安定しているので、とても人気のある椅子なのです。
男女問わず、ゆったりした座り心地も人気の一つ。

M様、お忙しい中、お付き合い頂きありがとうございました。
使いやすい空間になっていますでしょうか??

皆様と寄り添いながら作っていく3rdのオーダー家具。
お部屋ごとのレイアウトなど、お困りごとがございましたら何時でもお気軽にご相談くださいね。
最後までご覧いただきありがとうございました。

【AFFBLE DINING TABLE:W1600×D800×H700】
【PEPE ARM CHAIR:W535×D550×H770/SH435】
【DINING BOARD:W1800×D450×H2100】
【TV BOARD:W1550×D450×D450】
※樹種全てブラックウォールナットrd

2021.12.14

本革の赤いソファが目を引くゆとり空間


ソファの買い替えをご検討で来店くださったM様
上の写真はお届け時の写真です。

本革の赤が今後どんな風に味わい深く変化していくのか、とても楽しみな存在感のあるソファ「LATTICE」。
M様宅にステキにマッチしています。

ご来店の際お試しされながら商品を絞られ、第一希望となったのは、しっかりとした座り心地の座面高が少し高めに設定された「Sofa LATTICE」でした。
木枠は細めでシンプルなデザイン。座面には体圧分散素材『レスピール』という素材を使用し、身体にかかる圧力を散らして局部にかかる負担を和らげてくれる特徴があります。
また、背クッションにはポリエステル綿100%の『シリコンポラック』を使用しており、こちらは羽毛のように軽くて柔らか。疲れた身体を優しく包み込んでくれます。
ご家庭で水洗いもでき衛生的なので、動物アレルギーのある方にもオススメなソファです。



M様ご自宅はリビングが2Fにあり、お届け前は二人掛用ソファ1台と1人掛用ソファ2台をL字に配置されていました。
買換えのタイミングで、既存ソファと同じサイズで良いのか等々、確認のご希望もあり採寸に後日訪問させて頂く事に。

現調後、サイズは2人掛けの通常サイズW1760と、特注サイズW1500の2台をL字に配置する事に決定しました。
張地は耐久性の良い本革を、色はお部屋のアクセントにもなる赤をお選びに。
圧迫感を感じさせないゆとりのある空間、日当たりのよいリビング、赤いソファに気分も上がります。

搬入時、間口がギリギリでヒヤッとする場面もありましたが、無事に納めることができ一安心。

ソファの設置後、M様より今度はダイニングテーブルのご相談をいただきました。
快適な空間へのお手伝いは続きます。
M様、ありがとうございました。引き続きよろしくお願い致します!

【Sofa LATTICE 2P : W1760×D800×H800】
【Sofa LATTICE 特注 : W1500×D800×H800】

2021.08.23

間仕切りブラインドの活用法

こちらの写真は、リビングの一角にお持ちのタンスを置く為、
パーテーションとしてウッドブラインドの取付を、マンションリフォームの際にご依頼くださったO様宅リビングの一部です。

幅2420mmx高2560mm、素材は桐、色は後ろのアクセントクロスに合わせた濃い目グレーのウッドブラインド。
右側に動線を確保しています。

これだけの大きさになると、操作時に力が必要なのでは?取付け箇所の強度は大丈夫?と
心配になる方もいらっしゃるかもしれません。
ましてやO様宅は天井に取付け・・・

そこで今回、桐材を使ったNORMAN®桐ウッドブラインドを使用しました。
素材の「桐」は日本の暮らしに馴染みが深く、高級家具の素材としても知られています。
調湿性能が高く加工しやすいことから、四季のある日本でも古くから親しまれてきました。
そして、なんといっても世界でもトップクラスに軽いという特徴があります。

ブラインドの「軽さ」はあらゆる面でメリットを生みますが、最も気になる操作の軽さについてもこちらのウッドブラインドは製造サイズに合わせて操作荷重と昇降速度の最適なバランスを実現しています。
毎日の操作が楽になれば気持ちも軽やかに。
このような大きなブラインドでも快適にお使い頂けること間違いなしのオススメブラインドです。

下の写真は取付風景。
安心して操作ができるよう、下地を入れブラインドを引っかける金具をしっかり取付けしています。

また、この桐ウッドブラインドの秘密は「柾目材」の採用にあります。
柾目材とは、切り出し面に対し木目が平行に整列するよう裁断された木材のことをいいます。
素材採りのコストが板目材の数倍にもなり、一般的に高級家具などでのみ使用されている素材ですが、反りや収縮は最小限に抑えられ、簡単に取替えられないものや永く使いたいものの素材選びとして間違いありません。

今回使用したオスモカラーの原材料は、自然由来の植物油・ワックス。
化学物質を使用しておらず有害物質を排出しない、最も安全な塗料として世界に知られるドイツ生まれの良質な塗料です。
浸透性の塗料なので木の呼吸を活かしたまま、素材の劣化も抑制。桐の風合いを楽しめる艶無しの仕上げで、木の魅力を大きく引き出すハイエンドカラーです。
これだけ色の選択肢があれば、ご自宅に合ったカラーが見つかりそうですね。

このような素材選びをされたO様のタンスに対する想いが伝わります。

家具に限らず、普段目隠ししておきたいもの、でもその存在を忘れてしまわないように、そして痛まないように風を通してあげたいときや、
個室を作るまでもないけれど、一人の空間、半個室が欲しいとき、
時々オープンにして広々とした空間を楽しみたいとき・・・etc
そんなとき間仕切りとして使用するブラインドは、空間の有効活用に最適なアイテムとなります。

O様の想い出のタンスも、存在を忘れられることなく傷むことなく、永く大切に使い続けていかれることでしょう。

O様、今回はありがとうございました!

2020.10.10

オーダー家具だからできる機能の追加

11年程前にAVボードをお届けしているT様。(当初のお届けは↑の状態)
実は少しづつ機能を追加されています。
1回目の追加はオープンシェルフ(青の点線)のような棚を追加。
2回目の今回は赤の点線にデスクの追加をお考えとのことでご来店頂きました。
ご相談いただいた時期的にも在宅ワークまたこれからお子様が大きくなった際のリビング学習にとライフスタイルの変化を踏まえてご検討されているご様子。
デスク部の仕様は右下部に引き出しとプリンター収納。
その下のスペースはルンバ収納にし大きな物は隠せるようになっています。
デスク上部は可動棚と扉付き収納。
扉付き収納の地板にはピクチャーレールが仕込んであり照明を吊るせるような仕様に。
こちらは今はご紹介できませんが、またの機会がありましたらブログにてご紹介させていただきます!!
お届け当初と比べるとAVボードが大きな壁面収納に変わりました!
今回はライフスタイルの変化によって少しづつ機能を追加していくお届け事例でした。
最後までご覧いただきありがとうございました!!

【Wall storage_W3720×D540×H2085】

2020.09.07

多機能を壁に収める

壁面収納をご要望でご来店いただいたYさま。展示を見て頂き3rdの収納の特徴や作り方をご説明させて頂きました。立って作業するワークスペース、大型のTVを置くスペース、飾りたな、本棚などなど、大凡のご要望をお伺いし
ご提案資料に。後日、ご自宅にご訪問し採寸と詳細のお打合せをし完成したのがこちらです!

大型の壁面収納ですので搬入経路など考慮し今回は8個のパーツにわけ製作。仮組みし壁に収まるか、開口の位置はあっているかなどを確認し裏面の配線関係を繋いでいきます。家具が組み上がったら家具内部下側(台輪)にあるアジャスターを調整し家具の水平垂直を合わせます。これで壁に打たなくても家具の安定感が出ます。

フィラー作業(隙間埋め)の様子です。3mの壁に3mの家具を作ってしますと入らないので家具は壁実寸より約-1cmして製作します。その1cmの隙間を同材のパーツを削り埋めていく作業です。

同時に扉や引き出しがスムーズに開くかなど微調整をし設置完了です。

向かって左側からワークスペース、立って作業をする仕様ですので高さを1mにし下の空間はプリンターを収納します。中央は55インチのTVが収まるよう広めに区画をとり下にAV機器収納+引き出しの仕様、右側は本棚/飾り棚/収納スペースになっています。圧迫感を軽減する為、目線の位置はガラス扉や照明を入れることにより抜け感を出しすっきりした印象になるようデザインしています。

最初ご訪問時にお持ちしたスケッチ。お打合せして仕様が変わっております。

↑プリンター収納部はスライドトレーにスキャンや後ろ給紙も使いやすいように。
↓お部屋のコンセント位置は開口し家具のコンセント、照明のコンセントをとっています。配線が干渉しないように可動棚板は欠き込みしています。

今回お客様にも色々とご協力いただきスムーズな設置ができました。Yさまありがとうございました!

■壁面収納:ウォールナット突板ウレタン全消し仕上げ
w.3470 d.500/400 h.2425

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。